CoCoSiA(ココシア)

離婚を後悔するパターンとは?「どうして離婚したんだろう…」

今の時代、離婚する夫婦の数は年々増加しています。

アメリカではなんと2組に1組は離婚しているようです。

世界で離婚率が一番高いロシアでは、2度3度離婚を経験する人も少なくないようです。

そして、私たちが生活するこの日本でも離婚率は高くなっています。

特に若年層の離婚率がかなり高く、10代で結婚した女性のうち半数以上の約60%の人は離婚を決めているようです。

そして、20~24歳の女性も半数近くの約40%の人たちが離婚しています。

若い世代のみならず、最近では熟年離婚という50代以上の夫婦の離婚もよく知られるようになりました。

今や3組に1組が離婚していると言われています。

芸能界でも、離婚していないカップルのほうが珍しいほど、離婚する人たちが多いですね。

最初、希望と喜びいっぱいで結婚生活をスタートさせるものの、実際の結婚生活にずれが生じてそのを決定している人たちは珍しくありません。

でも、離婚ってほかの人たちが考えているよりも、当事者にはかなりヘビーなショックと負担を与えるものです。

そして、その離婚を後悔している人たちがいるのも事実。

離婚が珍しくなくなったとはいえ、その決定は人生を多く左右するものになります。

慎重に考えて決定するべきだと言えるでしょう。

では、どうしたら離婚をして一生後悔する、ということを避けることができるでしょうか?

離婚をした人たちの中でその決定を後悔している人たちは、どんな理由で後悔しているのでしょうか?

さらに、後悔しているのであれば復縁の可能性はあるのでしょうか?

もし今あなたが離婚を考えているとしたら、後悔しないためにちょっと落ち着いて、離婚のメリットとデメリットを考えてみてください。

離婚したことを後悔するのはなぜ?

離婚を決断し、今は独身者として過ごしている人たちの中には、その決断に後悔している人たちもいます。

離婚すると決めたということは、それなりの大きな問題や夫婦間の溝というものがあったはずで、決断するのは簡単なものではなかったでしょう。

それでも後悔している、ということにはどんな理由があるのでしょうか?

冷静になると間違った選択だった

離婚する原因は人それぞれです。

でも、離婚を考えるくらいの何か耐え難いものが生活の中であったのは事実でしょう。

その時は、もう相手の欠点とか嫌な部分が見えて耐えられないと思った。

でも、今になってみるとあの時は若すぎて結婚に理想を持ちすぎていたんだ、と気づく人たちもいます。

離婚を考えるほどの何か問題があったり、夫婦間の亀裂があったりするとします。

その時は精神的にもいっぱいいっぱいで、”離婚”という二文字しか浮かんでこなかったかもしれません。

でも、時がたち自分もいろいろと経験を増していったり、一人になった時の寂しさを感じたりします。

そうすると、「あの時どうして・・・」という後悔の気持ちに押しつぶされそうになるときもあります。

問題の渦中にあるときには、物事も自分の将来も冷静に見れなかったりするかもしれません。

しかし、時間がたって物事を冷静に見れるようになった時に、もっと違った考え方や対応ができた、ということに気付くのです。

ですから、何か「もう無理!」と思えるようなことがあったときに早まった結論を出して、すぐに結婚生活から逃げ出すようにすると後悔してしまうことが多いようです。

感情が高ぶっていたり、圧迫されている時というのは、物事を冷静に考えることが難しく、感情的に動いてしまいます。

そうして、後悔するような決定をしてしまうことは誰にでもあります。

でも、結婚生活を終わらせるということは、将来と人生に大きく関係してくるので、衝動的に決めてしまっていいものではありません。

子どもがいないからこそ後悔する

子どものいる夫婦にとって離婚を決定するときに、一番気になるのはやはり子どものことです。

これは、一番の後悔の気持ちとお詫びの気持ちの原因になります。

もし親の勝手な都合で離婚するなら、子どもにとってはかけがえのない自分の片親がいなくなるのです。

そうなると、一番傷つくのは子どもたちですよね。

だからもし、愛する子どもたちがいるなら、できるだけ離婚しなくてもよいように考えることでしょう。

でも、子どもがいないからこその後悔もあります。

子どもがいないから、簡単に離婚を決定できてしまい、その結果後悔するケースが非常に増えます。

でも、子どもという守るべきものがないと、それだけ離婚のハードルが低くなってしまうのです。

それで、いろいろなすれ違いが生じ、相手との将来が見えなくなってしまいます。

一緒にいることが辛くなると、すぐに家を出ていくことができてしまうのです。