「自由になりたいけれど、今の生活が壊れてしまうと思うと、離婚に踏み切りたい気持ちはあっても、なかなか離婚に踏み切ることができない…。」

そんなあなたは、離婚に対する情報や、離婚するときに必要な準備などまた心構えがきちんとできていないのかもしれません。

もし、本気で離婚を考えていてもなかなか踏み切ることができないのであれば、背中を押す一言が欲しかったり、離婚に対して前向きになれるような気持ちに心を整えていきましょう。

そんな時、こちらの記事を参考に離婚について前向きに考えてみてはいかがでしょうか?

なかなか離婚に踏み切れないという人はいませんか?

離婚を考えていても今の生活を手放すことが不安に感じていたり、離婚した後にどのようなことが待ち構えているのか不安になることもありますよね。

しかし、そんなことをあれこれ考えていてはなかなか離婚に踏み出すことができません。

我慢して、結婚生活を続けていくのか、それともあなた自身の幸せのために離婚と言う大きな決断をするのか、今後あなたがどうなりたいかにより離婚に踏み切ることができるのかの分かれ道になることがあります。

なかなか離婚に踏み切れないという人は、後押しが欲しかったり、誰かに背中を押してほしいのかもしれません。

最終的には自分の決断や判断のもと、離婚に対し意思を固めていくようにしてください。

あなたの幸せのために、思い切って一方見出していきましょう。

まだ悩んでいることがある?

なかなか離婚に踏み出せない大きな理由として、離婚に対してまだ悩んでいるところがありませんか?

もし、離婚に対して悩むことがなければすでに、あなたは離婚を決意している事でしょう。

また、離婚を決意した後どのように相手に切り出し、離婚への話を進めていくのかなど道筋を立てることができます。

また、悩んでいると言う事は、離婚したい気持ちはあっても離婚した後の生活や、相手が離婚に応じてくれるか?

など不安に思うことや、「今、本当に離婚すべきなのか?」などと、少々不安に感じているところもあるようです。

このように、まだ悩んでいることがある方の場合、なかなか離婚に踏み出せないことがあるようです。

考えても解決できないときがある

いくら頭の中で離婚を想像したり考えたりしていても、離婚をきちんと決意するまでに解決できないこともあります。

当然ながら、何事にも100%と言う事はあり得ません。

自分の意思が固まっていたとしても、離婚をすることができたとしても、何かしら悩みが出てくる事は仕方のないことなのです。

考えても解決できないときには、無理に考える必要はありません。

解決できない問題こそ、時間がかかったりする場合がほとんどなのです。

無理に焦って答えを出すより、自然と答えが出てくるまで待つことも大切なのです。

離婚に踏み切りたいけど言い出せないという人も多い

離婚に踏み切りたいけれど、なかなか言い出せないと言う方も少なくありません。

結婚当初は、離婚することなど微塵も考えていなかったあなたにとって、離婚を考えるようになり、離婚を切り出すと言う事は非常に心苦しいことなのかもしれません。

また、離婚に踏み切りたいけれどなかなか言い出せない理由の1つに、生活費やお子さんがいる場合、お子さんの養育費等のお金の問題などでなかなか離婚に踏み切れない人も多いのではないでしょうか?

さらに、「離婚」と言う言葉を口に出しただけでも、相手を傷つけることになりまた自分が離婚を撤回したい気持ちになっても相手があなたの言動を許さないケースもあります。

まだ可能性があるからできないという人もいる

離婚は考えていても、まだどこかでやり直せる可能性があると考えている人が、なかなか離婚に踏み切ることもできません。

相手に対してまだ求めるところがあったり、また自分をまだ受け入れてくれると感じることがあるのであれば、無理に離婚する必要がないと思えてしまう事は自然な流れなのかもしれません。

さらに、相手と離婚したい気持ちはあっても、金銭的な面や生活面で離婚を考えたときに、相手にとってまだまだ頼りたい部分があることがあるケースも考えられます。

このように、まだ相手にとって可能性がある場合、離婚をしたい気持ちがあってもなかなか踏み切れない気持ちになってとどまってしまうこともあります。

言うとどうなるのか分からず怖いという人も

「離婚」と言う言葉を、相手に伝えてしまうことで今後2人の生活にどのようなことが訪れるのか正直怖いと感じる人も少なくありません。

相手に対して「離婚」と言う言葉を使ってしまうことにより、相手はあなたが自分と別れたがっていることを意識します。

当然、自分に置き換えて考えても相手から「離婚」と言う言葉を言われるだけで、ショックは計り知れないものになり、また相手を今後どのように受け止めていいのかわからなくなってしまうことがあります。

このようなことから、軽はずみな言動で「離婚」と言う言葉を口に出したくないと言うのも本音なのかもしれません。

離婚に踏み切るための7個のチェックリスト!今あなたはどれくらい?

さて、ここからはそんな離婚に対する気持ちを一つ一つ整理していくために、離婚に踏み切るためのチェックリストをご用意いたしました。

今、あなたは離婚に対してどれぐらい気持ちが高まっているのか、調べる1つの基準にしてみてもいいですね。

また、離婚に踏み切る原因や、離婚した後のことなどきちんと考えて離婚をする手続きを踏んでいかなければ、今後あなた自身が後悔してしまうことになります。

そんなことにならないためにも、きちんとあなたの気持ちに向き合い、離婚に対する考え方をまとめて行ってみてはいかがでしょうか?

1.離婚の原因は何かを理解しているか?


さて、ここで疑問になるのが「あなたが離婚したい理由」についてです。

結婚した相手に対して不満があるなど様々な理由がある中、あなた自身が相手に対してどのように感じ、また今後どのようにしていきたいのかが見えてくる場合もあります。

ここでは、離婚の原因を考えることで、あなた自身が何をどのように理解しているのか?について詳しく考え、答えを導き出していく必要があります。

あなた自身が、相手に対する理解や気持ちなどをよく考え、今後改善が見られないようであれば、きちんと離婚について考えていく必要がありそうです。

ストレス

まずは、結婚生活において欠かせない結婚相手との状況によります。

衣食住を全て共有する相手になりますので、ストレスを感じるようないいけど一緒にでは身が持ちません。

また、結婚してからお互いの嫌な面を見てしまったり、また相手と一緒にいるだけでイライラしてしまうような相手であれば、結婚生活が生き生きしたものだとは言えません。

さらに、相手に対してストレスが大きくなればなるほど、相手と一緒に生活できることが苦しくなってしまいます。

このように、結婚生活していく上で、相手にストレスを感じてしまうような結婚生活であれば、一緒に暮らしてことすら難しいと感じるようになってしまいますよね?

浮気

結婚してから、浮気をされたり、結婚する前からも浮気をされていた人の場合、相手のことを信じることができません。

むしろ、結婚前に浮気された事実があるのであれば、結婚自体を考え直す必要があったのかもしれません。

しかし、結婚してから浮気をされることにより、相手のことを信頼することができなくなってしまったり、裏切りや、ショックな気持ちは隠すことができません。

また、浮気されたことを思い出すたびに傷をえぐられる気持ちになります。

浮気を許すことができない人にとっては、浮気をされたことにより心底信頼していて相手に裏切られた気持ちになるだけでなく、精神的に苦痛な思いを抱える人も少なくありません。

生活

一緒に生活していく上で、価値観の違いや考え方の違い、また方向性の違いなどが出てきてしまった場合、結婚生活を続けていくことが難しいと感じてしまうこともあります。

一緒に生活していて、生活環境が違いすぎたり、また一緒に生活していても仕事の関係などで会うことができない夫婦の場合、寂しい気持ちになるだけでなく結婚している意味がないと感じてしまう人も少なくありません。

このように、生活していく上で、相手との考え方の違いや価値観の違いに悩んでいたり、またお互いの生活スタイルが違いすぎることから一緒に生活していくことが苦しいと感じている人の場合、離婚したい気持ちになることがあります。

2.離婚をした場合は子供をどうするか?

万が一、2人の間にお子様が見えた場合、お子様の親権問題や、養育費などの問題に直面してしまうことでしょう。

また、離婚したときにお互いの子供をどうしていくのか?など、子供たちの意見も取り入れ話し合いを進めていかなければなりません。

特に、経済的に余裕がある方に生活面の資金や金銭援助を行い、子供たちに必要だと感じる方に、真剣を譲るのか?など、夫婦間の間でも子供に対して考えなければならないことがたくさんあります。

また、夫婦で意見が固まったとしても、子供がそれに納得してくれるかは別問題になります。

離婚した後のことの子供の心のケアを考えることと、今後、離婚した場合には子供をどうしていくのか?などもきちんと話し合わなければなりません。

どちらが引き取るのか?

子供にとって、どちらか親を選ぶと言うのは心苦しい状況に陥ることがあります。

また、夫婦2人が仲いいと思っていた子供なら、なおさら子供にショックを与えてしまうことでしょう。

さらに、母親か父親かどちらかに引き取られるほうがいいのか?子供の意見と親の考えが違った場合、また子供に苦しい選択をさせてしまうことにつながります。

このように、親権問題だけでも子供にとっては非常に苦しい選択を迫られるだけでなく、どちらかに引き取られて後、子供との生活が待っているわけです。

子供を引き取ってからも、また親権問題を譲渡しても、子供の親に変わりはありません。

子供と向き合う時間も大切に、2人の問題から離婚を決意してしまったことに関して、子供に対しても申し訳ない気持ちになってしまうことでしょう。

3.家はどちらに渡すか?


もし、フルローンを組み家を購入してしまっている夫婦の場合、家をどちらに譲渡するのかなども、離婚後問題になってくることでしょう。

当然、ローンを組んで支払いをしている方が、家をもらうことができるのではないか?などと主張する方もいます。

ですが、ローンを組んで支払いをしている人が浮気をしてしまった場合、当然浮気をされた方は「ショックを受けた上に、家を追い出されるなんて絶対に嫌だ!」なんて思う気持ちになることでしょう。

さて、そんな家に関する問題ですが、一つ一つ読み解き、きちんと問題を解決できる方向に読み進めていきましょう。

今住んでいる家などをどうするのか

例えば、今住んでいる家をどうするのか?など、具体的な話になることがあります。

賃貸ならまだしも、お互いが出ていくだけで問題はありません。

しかし、家具など家に置いてあるものについても話し合いが必要な場合があります。

特に、高級な家具の場合、売ると値段がかなり上がるものも含まれているため、今住んでいる家も含め家具などの道具も、話し合いになる必要がある場合もあります。

まずは、今住んでいる家をどうするのか?などをきちんと考え、答えを出し、その時に家の中の家具についても話し合いを進めておくべきなのかもしれません。

借りている場合はどちらかが出ていくという方法も

家を購入したばかりで、まだまだローンが残っている場合、どちらかが譲渡したり、また譲り受けた方が家を売り払う場合もあります。

また、賃貸の場合どちらかが出ていくと言う方法もあります。

そうすることで離婚後、住居に関する問題は解決することもあります。

このように、賃貸の場合離婚になっても案外簡単に解決する方法が見つかることもあります。

しかし、新築を購入しローンを組んでいる場合、ややこしい問題に発展してしまうことも少なくありません。

離婚後に、どのような流れになりどのような解決方法があるのか?きちんと調べておく必要がありそうです。

4.弁護士に相談はしているか?

もし、本気で離婚を考えているのであれば弁護士に相談をしていますか?

きちんと弁護士に相談し、間に入ってもらうことで、ややこしい相手とも離婚を成立させることができるかもしれません。

このように、弁護士を介して離婚を持ちかけ相談することにより、口うるさいアイディア、なかなか離婚に応じてくれなさそうな相手に対して有効に働く場合があります。

例えば、あなたが相手からDVを受けていてなかなか離婚に応じてくれないようなパターンの場合、必ず弁護士に相談し解決してもらうことが大切です。

あなたの親族に相談したところで、より問題が悪い方向に発展してしまうケースもあります。

きちんと弁護士に相談し、解決の糸口を見つけていくことが何より近道になるケースもあります。

5.お金の問題は解決できるのか?

離婚を考えたときに、きちんとお金の問題を解決することができるのか?も考えていかなければなりません。

お金の問題は今後必ず必要になってきます。

お子様がいなかったり、夫婦2人だけの問題であれば、それほど悩む必要もないのかもしれません。

また、円満離婚と言う形をとることもできます。

このことから、お金の問題に関してきちんと話し合いを行う状況ができないようであれば、離婚をしたところで相手はあなたの要求したお金の問題に関して、理解を示さないこともあります。

このように、お金の問題をきちんと解決できる見通しを立て、離婚するようにしてください。

子供のための費用など

もしお子様が見えた場合、生活費も含め子供のための費用等また養育費等もかさんでくることでしょう。

離婚後にお金の話をしていなかった人の場合、子供のための費用についてなどきちんと話し合いをしておかなければ、離婚した後にあなた自身が泣き寝入りしてしまうこともあります。

また、相手の良いように都合よくお金を支払わないようにされてしまったり、後々金銭問題であなたが苦しむようなことにならないよう気をつけなければなりません。

離婚をするにあたり、きちんとお金の問題を解決していくことができそうな状況にするためにも、相手とのやりとりや相手がお金の問題に応じそうになければ、弁護士を介して話すことも考えておくことが大切です。

6.勇気はあるか?

そもそも、あなたが離婚したい気持ちが強まっていても、実際に離婚する勇気があるのか?が大切になります。

離婚をすることは、結婚をすることよりもパワーや労力が要ります。

また、離婚した後に受けるダメージも相当大きいものになります。

このように、離婚した後あなた自身が倒れてしまわないためにも、離婚後のことを考えながら離婚を決意する勇気があるのか?また、簡単に離婚を考えすぎていないか?などについて自分自身と向き合い、きちんと答えを出しておく必要があります。

この辺は1枚にしてしまうことで、中途半端な気持ちで離婚を決意してしまったことにより、悲しい結果になってしまうだけでなく、金銭的苦労を強いられる結果になることも考えられます。

離婚をした後も、自分1人でやって生きる勇気や、あなた自身が離婚に対してどれだけの気持ちがあるのか考えるべき時なのかもしれません。

離婚をする勇気があるのかどうか

離婚をするにあたり、離婚をする勇気がなければ離婚することができません。

離婚する事は、世間にとってもあなた自身にとってもあまり良い印象に見える事はありません。

夫婦2人の問題により、離婚したほうがいいと考える内容は、2人にしか理解することができない場合もあります。

そんな中、離婚する勇気がないにもかかわらず、軽はずみに「離婚する」なんて答える必要もありません。

このように、あなた自身が本当に相手と離婚する勇気があるのかどうかを考え、あなた自身の心に問い直し、計画を進めていくことをおすすめします。

また、少しでも離婚に対して弱い気持ちになるのであれば、まだまだ離婚を決意する時では無いのかもしれません。

自分の気持ちや心、タイミング全てがあったときにきちんと離婚を考えるべきでしょう。

感情任せや、その時の気分次第で離婚を決意してしまう事は1番やってはいけないことです。

夫婦喧嘩が多いからといって、すぐに離婚を考えたこともやめてえおきましょう。

7.後悔をしないか?

離婚をするにあたり、後悔するかしないか?自分の気持ちに正直になる必要があります。

また、99%後悔することがなくても、残りの1%後悔してしまうこともあります。

人は、ときには完璧を求めてしまう傾向がありますが、完璧でない人も多いのです。

むしろ、完璧を求めすぎるあまりに、足元が見えず崩れ去ってしまう人も少なくありません。

まずは、あなた自身に100%の気持ちはなくても後悔しない気持ちが強く残るようであれば、それは離婚に向いているのかもしれません。

また、後悔してしまうことで、あなた自身が傷つく結果になることが目に見えています。

後悔しないためにもいくつかのポイントをご紹介していきますので、ぜひそちらも参考に離婚を考えていきましょう。

後悔をすると遅いので今確認をする!

後悔してしまってからでは遅いので、離婚を決意する前にきちんと今の状況を確認しておきましょう。

さらに、少しでも後悔そうな気持ちが残ってしまうのであれば、まだまだ離婚を考えるべき時なのではないのかもしれません。

あなた自身が、なぜそこまで相手と離婚をしたいのか?よく考え、また離婚してから後悔するようでは、意味がありません。

あと先のこともきちんと考えつつ、離婚を計画するようにしてください。

まだまだ、離婚してから後悔してしまうと思う気持ちが少しでもあなたで心に残っているのであれば、今を確認し、やり直せる方法を考えていきましょう。

また、同じことの繰り返しになっている夫婦は、馴れ合いになってしまってることも考えられます。

離婚を考えるのではなく、互いに距離をおくことで解決する場合もありますので、まずは離婚と言う形を取るのではなく、相手と冷静に向き合うためにも距離を置いてみるのも1つの方法です。

後悔しそうであるのであればまだ考える

もし、離婚をするにあたり後悔しそうな気持ちが残っているのであれば、離婚することに今は向かない時期なのかもしれません。

また、相手となぜそこまで離婚したいのかきちんと考えなければなりません。

後悔しそうな気持ちが残ったまま、離婚を決意したところで、あなた自身の心が解放されることもありません。

また、今後体も心も健康に生きていくためにも、少しでも後悔しそうな点が残っているのであれば、離婚を考えるのもやめておきましょう。

このように、少しでも相手に対してまだまだ改善の余地が見られたり、あなた自身が独りよがりで離婚をしたいと思っているのであれば、考え方を改めなければなりません。

また、結婚した時の気持ちを思い出し、相手と折り合えるところがないのか一つ一つ確認していくことも大切です。

あなた自身が離婚後に悲しくなってしまったり、公開してしまわないよう、今をきちんと見つめ答えを出していく必要があります。

チェックリストが全て埋まったら離婚に踏み切ろう

さてここからは、チェックリストが全て埋まった場合、離婚に踏み切る決断をし、準備を整えていきましょう。

まだまだ心に迷いがあったり、離婚に踏み切ることができないのであれば、どこかに離婚に対する後ろめたさや心残りがあるはずです。

そんな時は、必ず原点に戻り離婚しなくて済む方法をいくつか考え出していかなければなりません。

しかし、これまでの項目を全てクリアし、さらに離婚したい気持ちが強いのであれば、きちんとした形で離婚に向かって準備を進めていかなければなりません。

まずはチェックリストが埋まっているかの確認をすることと、いよいよ離婚に向けてきちんと気持ちを整え、抜けのない準備を進めていきましょう。

踏み切れないのには理由が必ずある

ここまで来ても、なかなか離婚に踏み切ることができな人の場合、何か必ず理由があるはずです。

その理由を明らかにし、離婚に対して何がブレーキをかけているのか?を一つ一つ読み解き確認していかなければなりません。

あなたの意思は固まっていても、なかなか離婚に踏み切ることができな人の場合、何か心にブレーキをかけているものがあるはずです。

きちんと、そのブレーキを読み解き、それらが離婚を邪魔していないか?確認する必要があります。

離婚に対して前向きな気持ち悪のに、なかなか離婚することができないのであれば、邪魔しているものを一つ一つ解決していくほかありません。

あなた自身が、幸せになれる道をきちんと考え、選んでいくことが大切です。

あなたが離婚に対して前向きな気持ちがあるにもかかわらず、なかなか離婚に踏み出せないのであれば、邪魔しているものをきちんと見つけだし、解決していくことを最優先にしてください。

幸せだった頃を思い出すと踏み切れない

2人が幸せだった頃を思い出してしまうことで、離婚に踏み切れなくなってしまうことが考えられます。

特に、新婚生活や、結婚を決意した時の状況や感情を思い出してしまうことで、より離婚に踏み切れない気になってしまうことも考えられます。

離婚をすることで、あなた1人の独りよがり的な考えに陥ってしまっていたり、相手のことを顧みず離婚に踏み切ってしまうようなやり方だけはやめておきましょう。

離婚は何のためにするのか?誰のためにするのか?あなたはどのようになりたいので離婚を決意したのか?などをよく考えなければなりません。

幸せだった頃を思い出し、なかなか離婚に踏み切れないのであれば、その時の感情を思い出す意味などを考えていきましょう。

幸せだった頃、今とでは全く違う状況になっていることも考えられます。

過去を振り返るより、この先あなた自身がどうしていきたいのか?どのように生きていきたいのか?をきちんと考えるべき時なのかもしれません。

相談をして解決することもある

まずは、手っ取り早く離婚を考えるのではなく、きちんと相談して解決することもあります。

離婚をしてしまうことで、相手と顔を付き合わせることもなく、楽な道を選ぶことができるのかもしれません。

しかし、お子様がいる場合、お子様の為にも2人で話し合い解決していく道がないのか?何度も会話を重ねて、解決していける方法が見つかる場合もあります。

あなた1人が悩むのではなく、きちんとあなたの思いを相手に伝えることで、相手が改善し解決してくれることもあります。

もし、お互いに信頼関係や相手を思う気持ちが少しでもあるのであれば、あなたの悩みや不安、また離婚したい気持ちに至った原因などを話すことで、相手もあなたのために動いてくれることがあります。

しかし、あなたが心を見せたにもかかわらず、相手が改善したり努力したりする姿が見られないのであれば、2人にとって離婚を決意した気持ちは正しかったのかもしれません。

まずは、あなた1人で悩むのではなく、相手に相談してみることで解決することもありますので、まずはあなたができることから始めて行ってみてはいかがでしょうか?

離婚を踏み切る前にじっくりと考えることも必要です

いかがでしたか?

離婚を踏み切る前に、必ずじっくり考えることも必要です。

感情的になり、喧嘩の延長で「離婚する!」なんて言ってみても、子供の喧嘩が発展したように見えてしまうこともあります。

また、冷静になり考えて時に離婚すると発言してしまったことにより公開してしまわないよう気をつけなければなりません。

また、2人にお子様が見える場合、お子様の問題についてもきちんと考えていかなければなりません。

一言で、「離婚したい」と言ってみても夫婦2人だけの問題で済まされるものでもありません。

お互いの親族やご家族にも挨拶しなければならないこともあります。

また、2人で話し合いをすることで、案外簡単に解決してしまうこともあるかもしれません。

特に、あなたがこれまで悩んできたことを相手に打ち明けることで、相手も「そんなふうに、思わせてしまった自分が悪い。」なんて思う気持ちになってくれる場合もあります。

まずは、離婚に踏み切る前に後悔しない選択のできる方法を考え、この離婚が本当に正しいことなのか?などを常に振り返る必要がありそうです。