CoCoSiA(ココシア)

妻と離婚したいと思う夫の6個の理由と離婚に踏み切る方法


「一生を共にする」と誓い合った相手でも、いざ結婚してみると、「価値観や相性が合わなかった」「お互いに気持ちが冷め切ってしまった」「一緒にいるのも耐えられない程の問題が起きてしまった…」なんて事もあるでしょう。

関係が深まるにつれ愛情が大きくなる場合もありますが、逆に、相手の嫌な部分が見えてきて、思わず「一緒に居られない…」「別れたい…」と考える様になってしまう事もあると思います…。

そこで今回は、妻との離婚を考えている男性の心理に注意し、“妻と離婚したいと思う夫の6個の理由”をご紹介。

さらに、実際に離婚する事を考えている人の為に、“離婚に踏み切る方法”をご紹介します。

男性だけでなく、女性の方も参考になると思うので、是非最後まで目を通してみて下さいね。

この記事の目次

妻と離婚したいと思う夫の6個の理由

誰だって結婚する前は、離婚する未来なんてこれっぽっちも考えていないと思います。

「彼女と一生を共にするんだ!」「この人となら絶対に幸せになれるはず!」と信じて疑わなかったでしょう。

しかし、人生何が起こるか分からないものです。

いざ結婚生活が始まると、理想と現実のギャップに打ちのめされ、あんなに大好きで仕方がなかった彼女の事も、思わず嫌いになってしまう事もあるでしょう。

では、夫が妻との離婚を考える程の理由とは何なのでしょうか…?

という事で、次から“妻と離婚したいと思う夫の6個の理由”をご紹介していきたいと思います。

妻との離婚を一度でも考えた事のある男性なら、思わず共感してしまう様な理由ばかりなはず。

もし、これを見ている中に女性の方がいるなら、一応、今後の為に覚えておいた方が良いかもしれませんね。

それではチェックしていきましょう!

1.口うるさい


口うるさい妻に嫌気がさして、思わず離婚を考えてしまう夫は多い様です。

妻の方は、「旦那の為」とか「旦那の事が心配で…」という気持ちで、つい色々と口を出してしまうのかもしれませんが、夫にはそれがお小言にしか聞こえない訳ですね。

妻が口うるさくすれば、夫は「うるさいな…」「ほっといてくれよ…」「1人になりたい…」と思うでしょう。

そうなれば、家庭に安らぎや癒しを見出せなくなくなります。

夫も「家に帰ったら、また奥さんに口うるさく言われるだろうな…」と考え、仕事が終わっても家に直行せず、寄り道をして時間を潰し帰宅時間を遅らせたり、癒し上手な別の女性に魅かれ、次第に妻と距離を置く様になってしまう可能性もあるのです。

一緒にいて窮屈に感じる人が居る家に帰っても疲れは癒されません。

外で他人に気を遣うのは普通ですが、本来余計な気を遣わなくて済むはずの妻にまで、口うるさく言われない様に神経を使わなくてはならない状況は夫にとって酷でしょう。

そして妻の方も、仕事に関係なく帰りが遅い夫に不満を抱き、「私が育児や家事でこんなに疲れているのに、あなたは何やってるのよ!」と、溜まったストレスを夫にぶつけずにはいられないと思います。

そうやって負のスパイラルに陥ってしまえば、夫婦関係は崩れていく一方です…。

主張が強い

主張があまりにも強いと、自己中に映ってしまう事もあるかと思います。

「旦那は自分の意見をなかなか言わないから、私がリードしてあげないと!」と思って意見した事でも、夫の方は「また自己中発言が始まった…」と不満を抱いているかもしれないし、妻に主張を押し付けられる度に、内心ウンザリしているかも…。

特に勝気な性格の人は、自分が悪いと分かっていても素直に謝る事が出来ず、つい余計な一言(文句や憎まれ口)を言ってしまいがちです。

ですが、良好な夫婦関係を築くには、お互いに相手を尊重する必要があります。

上の様に、夫ばかり我慢して妻の意見を聞き入れるのは、どう見ても不公平ですし、間違っているのでは…?

夫自身が妻の主張に心の底から納得していたり、夫の主張が常識的に考えて間違っているなら別です。

ですが、あくまで譲歩の上での納得であり、夫の主張も一理あるならば、妻の意見ばかり通るのはおかしいですよね?

そういう場合は、妻の方も別件で意見がぶつかった時に、夫の主張を受け入れるべきでしょう。

もちろん、夫婦でよく話し合い、お互いが納得出来る折衷案を導き出せるのが理想です。

しかし、毎回そんな風に上手く行くとは限らないので、せめて片方ばかりが我慢しなければならない状況になるのは避けるべきですね。

何でも否定する

自分のやる事・言う事に対して否定的な態度を示す妻に、「意見が合わない…」「自分の事を認めてくれない…」と感じて、離婚を考える夫は少なくありません。

妻にしてみれば、「正直に本音を伝えているだけ」なのかもしれませんが、あまりにも否定的な態度が多くなると、夫は妻に対して苦手意識を持ってしまうでしょうし、自分の事を認めて受け入れてくれる女性に惹かれてしまう事もあると思います。

女性のみなさんなら分かると思いますが、自分が話をしている時に周りが共感してくれたり、自分の意見に周りが賛同してくれると安心しますよね?

逆に「それはない!」とか「それはあなたが悪い!」などと否定されたら、悲しくなったり、「この人達の前ではもう自分の意見は言えない…」と萎縮してしまったり、下手をすればその人達の事が嫌いになってしまう事もあるかもしれません…。

何でも否定する妻の態度も、それと同じ様に夫を傷つけるのです。

また、「何でも否定する」と言えば、夫の好きな事や趣味を否定するのも、夫的にはNGでしょう。

好きな事や趣味を仕事にしているという人は少ないと思います。

もし夫もそうなら、好きな事や趣味をしている時は、例え妻でも邪魔されたくないのではないでしょうか?

それなのに、「いつも遊んでばかりじゃない!」とか「それやめたら…?」などと妻に否定されたら、思わずイラッと来る夫は多いでしょう。

普段、妻や子供の為に仕事を頑張っているのに、趣味まで否定されてしまえば、夫は「好きな事もさせて貰えないのか…」と感じると思います。

色々な事を否定された夫は、同じ様に妻の事を否定する、あるいは、黙る(というより無視をする)という選択を取る様になるかもしれません…。

すべてに口をだしてくる

全てにおいて口を出してくる妻にウンザリして、思わず「離婚したい…」と考える夫もいます。