「一生を共にする」と誓い合った相手でも、いざ結婚してみると、「価値観や相性が合わなかった」「お互いに気持ちが冷め切ってしまった」「一緒にいるのも耐えられない程の問題が起きてしまった…」なんて事もあるでしょう。

関係が深まるにつれ愛情が大きくなる場合もありますが、逆に、相手の嫌な部分が見えてきて、思わず「一緒に居られない…」「別れたい…」と考える様になってしまう事もあると思います…。

そこで今回は、妻との離婚を考えている男性の心理に注意し、“妻と離婚したいと思う夫の6個の理由”をご紹介。

さらに、実際に離婚する事を考えている人の為に、“離婚に踏み切る方法”をご紹介します。

男性だけでなく、女性の方も参考になると思うので、是非最後まで目を通してみて下さいね。

妻と離婚したいと思う夫の6個の理由

誰だって結婚する前は、離婚する未来なんてこれっぽっちも考えていないと思います。

「彼女と一生を共にするんだ!」「この人となら絶対に幸せになれるはず!」と信じて疑わなかったでしょう。

しかし、人生何が起こるか分からないものです。

いざ結婚生活が始まると、理想と現実のギャップに打ちのめされ、あんなに大好きで仕方がなかった彼女の事も、思わず嫌いになってしまう事もあるでしょう。

では、夫が妻との離婚を考える程の理由とは何なのでしょうか…?

という事で、次から“妻と離婚したいと思う夫の6個の理由”をご紹介していきたいと思います。

妻との離婚を一度でも考えた事のある男性なら、思わず共感してしまう様な理由ばかりなはず。

もし、これを見ている中に女性の方がいるなら、一応、今後の為に覚えておいた方が良いかもしれませんね。

それではチェックしていきましょう!

1.口うるさい


口うるさい妻に嫌気がさして、思わず離婚を考えてしまう夫は多い様です。

妻の方は、「旦那の為」とか「旦那の事が心配で…」という気持ちで、つい色々と口を出してしまうのかもしれませんが、夫にはそれがお小言にしか聞こえない訳ですね。

妻が口うるさくすれば、夫は「うるさいな…」「ほっといてくれよ…」「1人になりたい…」と思うでしょう。

そうなれば、家庭に安らぎや癒しを見出せなくなくなります。

夫も「家に帰ったら、また奥さんに口うるさく言われるだろうな…」と考え、仕事が終わっても家に直行せず、寄り道をして時間を潰し帰宅時間を遅らせたり、癒し上手な別の女性に魅かれ、次第に妻と距離を置く様になってしまう可能性もあるのです。

一緒にいて窮屈に感じる人が居る家に帰っても疲れは癒されません。

外で他人に気を遣うのは普通ですが、本来余計な気を遣わなくて済むはずの妻にまで、口うるさく言われない様に神経を使わなくてはならない状況は夫にとって酷でしょう。

そして妻の方も、仕事に関係なく帰りが遅い夫に不満を抱き、「私が育児や家事でこんなに疲れているのに、あなたは何やってるのよ!」と、溜まったストレスを夫にぶつけずにはいられないと思います。

そうやって負のスパイラルに陥ってしまえば、夫婦関係は崩れていく一方です…。

主張が強い

主張があまりにも強いと、自己中に映ってしまう事もあるかと思います。

「旦那は自分の意見をなかなか言わないから、私がリードしてあげないと!」と思って意見した事でも、夫の方は「また自己中発言が始まった…」と不満を抱いているかもしれないし、妻に主張を押し付けられる度に、内心ウンザリしているかも…。

特に勝気な性格の人は、自分が悪いと分かっていても素直に謝る事が出来ず、つい余計な一言(文句や憎まれ口)を言ってしまいがちです。

ですが、良好な夫婦関係を築くには、お互いに相手を尊重する必要があります。

上の様に、夫ばかり我慢して妻の意見を聞き入れるのは、どう見ても不公平ですし、間違っているのでは…?

夫自身が妻の主張に心の底から納得していたり、夫の主張が常識的に考えて間違っているなら別です。

ですが、あくまで譲歩の上での納得であり、夫の主張も一理あるならば、妻の意見ばかり通るのはおかしいですよね?

そういう場合は、妻の方も別件で意見がぶつかった時に、夫の主張を受け入れるべきでしょう。

もちろん、夫婦でよく話し合い、お互いが納得出来る折衷案を導き出せるのが理想です。

しかし、毎回そんな風に上手く行くとは限らないので、せめて片方ばかりが我慢しなければならない状況になるのは避けるべきですね。

何でも否定する

自分のやる事・言う事に対して否定的な態度を示す妻に、「意見が合わない…」「自分の事を認めてくれない…」と感じて、離婚を考える夫は少なくありません。

妻にしてみれば、「正直に本音を伝えているだけ」なのかもしれませんが、あまりにも否定的な態度が多くなると、夫は妻に対して苦手意識を持ってしまうでしょうし、自分の事を認めて受け入れてくれる女性に惹かれてしまう事もあると思います。

女性のみなさんなら分かると思いますが、自分が話をしている時に周りが共感してくれたり、自分の意見に周りが賛同してくれると安心しますよね?

逆に「それはない!」とか「それはあなたが悪い!」などと否定されたら、悲しくなったり、「この人達の前ではもう自分の意見は言えない…」と萎縮してしまったり、下手をすればその人達の事が嫌いになってしまう事もあるかもしれません…。

何でも否定する妻の態度も、それと同じ様に夫を傷つけるのです。

また、「何でも否定する」と言えば、夫の好きな事や趣味を否定するのも、夫的にはNGでしょう。

好きな事や趣味を仕事にしているという人は少ないと思います。

もし夫もそうなら、好きな事や趣味をしている時は、例え妻でも邪魔されたくないのではないでしょうか?

それなのに、「いつも遊んでばかりじゃない!」とか「それやめたら…?」などと妻に否定されたら、思わずイラッと来る夫は多いでしょう。

普段、妻や子供の為に仕事を頑張っているのに、趣味まで否定されてしまえば、夫は「好きな事もさせて貰えないのか…」と感じると思います。

色々な事を否定された夫は、同じ様に妻の事を否定する、あるいは、黙る(というより無視をする)という選択を取る様になるかもしれません…。

すべてに口をだしてくる

全てにおいて口を出してくる妻にウンザリして、思わず「離婚したい…」と考える夫もいます。

例えば、「ちゃんと片付けて」「早くお風呂に入って」「明日の準備した?」などと、まるで母親の様に口を出して来られては、夫が煩わしく感じてしまうのも仕方ないでしょう。

女性は言語能力が高くお喋り好きなので、普通に喋って軽く注意をしているつもりでも、夫からするとネチネチ言われてる様に聞こえるものなのです。

また、妻の発言が“要求”や“ダメ出し”ばかりだと、夫はさらに嫌気がさしてしまうでしょう。

言いたい事を全て言わないと気が済まない性格の女性だと、夫の気持ちを考えずにズケズケ言ってしまう事もあるかもしれませんね。

2.夫を見下している

自分を見下してくる妻の態度に、「別れたい」と考える夫は少なくありません。

男性はプライドが高い人が多いですし、そうでなくても、あまりにも失礼な態度を取られれば、いくら身内でも許せないし、耐えられないでしょう。

実は、夫が離婚を考える理由で多いのが、この様に妻の性格がきつい事が挙げられます。

そういう性格の悪さというのは、結婚前には意外と気付けないもので、結婚後に本性が現れたり、環境が変わると共に性格が豹変するパターンもあるので、完璧に本性を見抜くのは至難の業と言えるでしょう…。

だから、「付き合っていた頃は思いやりがあって優しい女性だったのに、結婚したら自分の事を見下す様なキツい性格に変わってしまった…」なんて事も珍しくないのです。

ちなみに、夫が何も言って来ないのを良い事に悪気なしに見下すパターンと、夫への愛情が冷め切っていて嫌味として見下すパターンの2つがあると考えられます。

どちらにせよ、そんな妻の態度にプライドを傷つけられた夫は、妻への愛情が消えるどころか、憎悪を抱く事さえあるでしょう。

バカにする

いくら気心の知れた仲でも、言って良い事と悪い事がありますよね?

例えば、相手を馬鹿にする様な言動は、誰が相手であろうとやってはいけない事。

「そんなの当たり前」と思っている人は多いと思いますが、その常識が欠如している人は少なくないのです…。

自分を見下す様な言動を取る妻に限界を感じ、離婚を決意する夫は多いと言えます。

実は、そういったモラハラ問題で夫婦関係が崩壊するケースは珍しくありません。

ちなみに、「モラルハラスメント」とは倫理や道徳に反した嫌がらせを意味し、具体的には、相手を無視する・暴言を吐く・嫌みを言う・嫌がらせをする・相手を馬鹿にして貶める・相手に対して不機嫌に振舞うなどが挙げられます。

「モラハラは立場や力の強い男性が女性にするもの」とイメージする人もいるかもしれませんが、意外にも妻が夫にモラハラを行うパターンも少なくありません。

夫が必死に我慢して何も言わないのを良い事に、妻の言動は次第にエスカレートしていくのです。

妻から散々馬鹿にする態度を取られた夫の心は当然ボロボロになり、「悪魔の様な妻から逃れたい!」と考える様になります。

そして、夫の口から「離婚」という言葉が出て初めて、妻は自分の仕出かした悪行に気づき、そこでようやく必死になって謝るのですが、時すでに遅し…まさに妻の自業自得という訳ですね。

感謝しない

妻から感謝の気持ちが伝わって来ないと、「妻から大切に思われていないのでは…?」と感じて、思わず離婚を考えてしまう夫もいるでしょう。

もちろん、「やってあげたのだから、褒めて貰うのは当たり前」とか「俺の仕事ではないけど、仕方なく手伝っている」といった感じの恩着せがましい態度では、妻がイラッとしてお礼を言いたくなくなるのも当然です。

実際、家事育児を手伝った時に「俺はこんなに手伝ってるんだ」と妻にアピールしがちな夫は多いと思います。

お礼を言わない妻の場合、「仕事と違って家事育児には休みがないのだから、手伝いをするのは当たり前」「子供じゃないのだから、ちょっと手伝っただけで“やった気分”にならないで欲しいし、いちいち褒めてられない」という考えがあるのです。

きっと妻自身が普段から家事育児を頑張っているからこそ、そういう考えが浮かぶのかもしれません。

それに、「妻に褒めて貰えない」「感謝されない」と嘆いている人は、自身が妻を褒めたり感謝の言葉を伝えていない、というのも良くあるパターンだったりします…。

自分は妻に対して感謝の気持ちを伝えないのに、「妻からは褒めて感謝されたい!」と考えるのは身勝手ですよね?

妻を責める前に自分の行動も見直してみた方が良いかもしれませんね。

話は戻りますが、例えわざわざ褒めて貰う為に、仕事を頑張ったり妻を手伝っている訳ではないにしても、「頑張った時は、労いの言葉を掛けて褒めて欲しい」と思ってしまうのが普通だと思います。

家事や子供の世話など分担を決めていたとしても、やった事に対して「いつもありがとう」「あなたが手伝ってくれて助かるわ」と感謝された方が、やる気もアップしますし、「家族の為にもっと頑張ろう!」と思いますよね?

実際、お互いに相手に対して感謝の気持ちを素直に伝えている夫婦の方が長続きすると言われています。

上でも男性はプライドが高いと話しましたが、妻の感謝・褒め不足でプライドが満たされないのはダメなのでしょう。

子供や友達の前で夫の悪口を言う

子供や友達の前で夫の悪口を言うのも、夫のプライドを傷つける原因に…。

悪口を言われるのも辛いのに、それが人前(しかも、子供や友達が見ている前)となると、立場がありません。

妻も、夫の悪口を言う事が自分自身の評価を下げている事に気づけていないので、平気でペラペラと話してしまう訳ですね。

これでは周りから「残念夫婦」と思われても文句は言えないでしょう。

そして、夫がそんな気の使えない恥知らずな妻と縁を切りたくなるのも当然です。

3.金銭面だけの関係


「金銭面だけの関係で、そこには愛情がない…」というのも、夫が「離婚したい」と考える理由です。

「あなたは仕事をして、お給料さえ渡してくれれば良いの」という態度では、夫が「一緒に居たくない」と思うのも無理ありません…。

さらに、夫が必死に稼いできたお金を浪費する妻は最悪です。

夫に相談なしに高額な習い事をしたり、好きな事に夫の給料を使い果たすなど、あまりにも金遣いが荒いと「家庭を任せきれない…」と判断し、妻との離婚を考えざるを得ないでしょう。

他にも、かつては愛情たっぷりの料理を作ってくれていたのに、徐々に品数が減り手抜きばかりになっていくと、愛情のなさを嫌でも実感して嫌になりますよね…。

金銭面だけの関係という事が、生活の質の低下に拍車をかけ、結婚生活をより虚しいものにしてしまうのかもしれません。

養ってもらうだけの相手

妻のATM的存在になってしまうと、何の為に仕事を頑張っているのか分からなくなってしまいますよね?

愛情もないのに一緒におり、夫からの離婚請求に応じないのは、「自分が働きたくないから一緒にいたい」と考えている可能性があります。

そもそも、女性は夫婦関係が円満にいくことよりも、生活が安定する方が重要だと考えている人が多い傾向にある様です。

確かに、愛情があってもお金がなければ生活は出来ませんし、子供がいるなら尚更、愛情よりも生活の安定が大事になってしまうものなのかもしれません…。

なので妻は、「例え夫に愛されていなくても、生活に支障がなければ婚姻関係は継続出来る」とか「離婚後の収入源や生活レベルを確保するリスクを負うなら、離婚は回避したい」と考えるのでしょう。

特に専業主婦は、安定した収入の確保が難しいので、そう考える人は多いかもしれません。

4.意見が合わない

夫婦が離婚したいと思う理由と言えば、「価値観の不一致」が挙げられるでしょう。

「価値観の不一致」と言っても、物事に対する考え方の違い・相手の趣味や好みが理解出来ない・食事の好みが合わないなど、様々な理由があると思います。

あまりにも意見が合わないと、譲歩したり相手に合わせるのも大変で、「この人とは上手く付き合っていけない」と限界を感じてしまいますよね…。

教育方針の不一致

子供が成長する過程で生じるのが、教育方針の不一致です。

習い事や受験や進路の事など、挙げ出せばキリがありません。

教育方針はこれと言った正解がないので、夫婦間で意見が割れれば片方が折れるしかありませんし、子供がある程度自立するまで付き纏う問題です。

子供が生まれて急に教育熱心になる妻もおり、そんな妻のやり方に「もっと子供の自由にさせるべきでは…?」「それはまだ早いし、やり過ぎだと思う…」と疑問や不満を抱く夫も少なくありません。

愛する子供の事だからこそ、それぞれが真剣に考え、意見がぶつかってしまうのも仕方のない事だと思います。

しかし、そこで上手く折り合いをつけていかないと、最終的に子供が最も悲しむ離婚という結末を迎えてしまう事にもなりかねないのです…。

価値観の違い

そもそも、男と女というだけで価値観には大きな違いがありますし、生い立ち・環境・経験など様々な要素がその人の価値観を作り上げているのです。

つまり、価値観は人によって違うのは当たり前で、相手の事を完璧に理解するのもほぼ不可能な訳ですが、あまりにも価値観が違い過ぎると、相手の考えが理解出来ず、合わせる事に疲れてしまいますよね?
それだと、一緒に居ても窮屈さを感じてしまうでしょう…。

【離婚原因になる価値観の違いは、こちらの記事もチェック!】

5.家庭内別居している

家庭内別居している場合も、離婚への思いが大きくなる原因となりやすいです。

家庭内別居とは、夫婦としての関係は破綻しているが、何らかの理由で離婚をせず、また別居をすることもなく同居を続けている夫婦の事を言います。

離婚をせず家庭内別居を選択する理由としては、「子どもの為」「経済的な事情(1人で子供を育てていけるだけの力がない)」「気持ちが踏みきれない」「妻が離婚に応じない」「周囲の目が気になる」などがある様ですね。

1人になる時間を作ったり距離を置く事で、愛情が復活するケースもありますが、完全に愛情が冷め切っており、お互いに「1人の方がラクだ」と感じてしまうと、離婚するのも時間の問題と言えるでしょう。

もうずっと話していない

家庭内別居をしていると、お互い必要以上に話さなくなるので、夫婦間の会話も劇的に減ってしまいます。

なので、「気づけば、もうずっと話していない…」なんて事も珍しくありません。

何も言わなくても相手の気持ちが分かる仲なら良いのですが、挨拶すらない毎日に寂しさを通り越して、「俺達何で一緒にいるんだ…?」と会話のない結婚生活に疑問を抱く夫もいるでしょう。

一緒に居る意味がなければ、「妻と離婚したい」と考えるのは当然の事と言えます。

話しかけても無視される

話しかけても無視され、まるで存在しないかの様に振舞われる…。

「厳しい」とか「冷たい」を通りすぎて、自分に対して妻が無関心だと気づいてしまえば、孤独感を感じ、一緒に居られなくなってしまうと思います。

人間は人に認められたい生き物です。

それなのに、本来愛し愛されるべきはずの妻に存在を否定されたら、誰だって結婚した事を後悔するのではないでしょうか…?

6.甘えられすぎている

妻から頼られるのは夫として嬉しいですが、甘えられ過ぎるのは、煩わしく感じたり負担に感じる原因に…。

甘えは身勝手な行動に繋がる場合もあります。

普段は我慢出来ても、あまりにもワガママな妻の行動に、ある日突然我慢が爆発してしまう可能性もあるでしょう。

自分では何もしない

甘え過ぎな行動の中には、家事をさぼる事も含まれます。

特に専業主婦や時短パートで時間があるにも関わらず、家事や育児を全くやらないという様な、夫に甘えて自分は何もしない妻は、夫から離婚を切り出されても文句はいません。

夫は妻に家庭的な部分を強く求める傾向があるので、部屋の中は散らかり放題、ご飯は用意されていない、仕方なく夫が仕事も家事も全て1人でこなす横で妻はダラダラ…なんて状況に、思わず「耐えられない…!」「離婚したい!」と考えてしまう事もある訳です。

やはり、夫婦として一緒に生活していく以上は、妻としての役割を全うして欲しいですよね…。

妻が病気など何らの事情があって家事が出来ない、あるいは、共働きで夫も家事分担に協力していないのであれば、妻ばかり責める訳にはいきませんが、そうでなければ妻の怠慢でしかありません。

また、夫に甘えてばかりで、妻としての役割を果たさなければ、当然、夫の負担ばかりが大きくなります…。

そういうところも、夫が「妻と別れたい」と思う点と言えるでしょう。

妻と離婚したいと思う夫が離婚に踏み切る方法

子供がいると離婚後の親権問題もありますし、金銭的な理由などでなかなか離婚に踏み切れないというケースもあると思います。

しかし、「どうしても耐えられない」「この人と一緒に居ても自分には何のメリットもない」という時は、離婚に踏み切るべきです。

そんな相手と一緒に居ても自分はもちろん、相手も幸せになれないと思います。

それに、我慢が積もりに積もって限界を感じているなら尚更、今すぐにでも行動を起こすべきでしょう。

不満な気持ちが爆発してしまえば、物事を冷静に考えられなくなりますし、そうなれば円満な離婚は出来ないと思います。

きちんと縁を切って再スタートを踏み出す為にも、余計なトラブルは出来るだけ避けるべきです。

また、何かしらの行動を起こす事で、事態が良い方向に変わり、離婚せずに済む可能性もあるかもしれません。

まぁ、実際に離婚するしないは置いておいて、行動を起こさなければ事態は何も変わらない事は確かですよね?

そこで続いては、“妻と離婚したいと思う夫が離婚に踏み切る方法”をご紹介します。

現在、離婚を考えている人は是非参考にしてみて下さい。

それでは見ていきましょう!

1.離婚した友人の話を聞く

本格的に離婚の準備を進める前、あるいは、本当に離婚するか迷った時は、離婚経験者から話を聞くと良いでしょう。

経験者なら離婚するに当たってのアドバイスを貰えるでしょうし、メリットやデメリットについても詳しく話を聞けるはずです。

不安な事や心配な事を相談する事で心も軽くなり、落ち着いて離婚の準備を進められると思いますし、経験者の話は円満離婚をする為の参考になると思います。

離婚後の心境

経験者に話を聞く時は、離婚後の心境について聞いておきましょう。

「気持ちの変化はあったのか?」「離婚してからのメリット・デメリット」など。

離婚してからの変化を聞く事で、本当に離婚すべきかを決める良い判断材料になるはずです。

2.夫婦で話し合いの時間をもつ

離婚するにしろしないにしろ、準備を勧める前に、まずは夫婦間で良く話し合う必要があります。

離婚するにも相手の同意が要りますし、相手に離婚する気がないのであれば、今後の事をしっかり話し合わなければなりません。

しかし、離婚話というのは決して明るい話題ではないですし、かなりデリケートな問題です。

当然、ネガティブな気持ちにもなりますし、場合によっては感情的になって話し合いにならない場合もあるかと思います。

だからこそ、出来るだけ冷静を保つ様心掛けなければなりません。

人目があった方が冷静になれるので、共通の友達に付き添ってもらったり、カフェなどに話し合いの席を儲けるのもオススメです。

話す内容や順番を事前に紙にまとめておくのも良いでしょう。

復縁できるか

話し合いでは、今までとこれからの結婚生活についての話し合いを持ちかけてみて下さい。

相手が話し合いに応じる様であれば、今の関係を立て直すか、離婚するのかはわかりませんが、何かしら前に進む気持ちがあるということになります。

ここでもし、相手に離婚する気が全くないのであれば、「関係の修復は出来るのか?」「復縁の可能性はどのくらいあるのか?」という確認をしておきましょう。

上手くいけば離婚を回避出来、夫婦も改善するかもしれません。

決定打になるか

離婚は、良くも悪くも今後の人生に大きく関わる重要な事。

「本当にここで決断すべきか?」と2人で話し合うだけでなく、1人で考えたり、友人や家族に相談したりもしましょう。

なるべく公平に物事を見れる人に相談した方が良いですね。

そういう人に気持ちや状況を話す事で、自分の中にある感情を冷静に整理出来るはずです。

3.別居する

お互いに離婚について考える時間も必要なので、一時的に別居をしてみるのも手です。

1人になる事で少しは冷静に考えられる様になるはずですし、別居は離婚後のリハーサルにもなります。

さらにその別居を利用して、離婚後の資金を貯めたり、離婚について色々と調べ準備を進める事も出来るでしょう。

【別居をする時の注意点は、こちらの記事もチェック!】

期間を定めて

別居をする時は期間を定めた方が良いです。

最短で3ヶ月、最長で6ヶ月程度の猶予期間を作り、1人で過ごしてみましょう。

もし、早い段階で「離婚を避けられる見込みがない」と判断した場合は、出来るだけ話し合いを重ね、早めに準備を進める事をオススメします。

戻りたいと思うか

別居はお互いの大切さを改めて実感する1つのきっかけにもなります。

側を離れる事でどれだけ相手に頼っていたのか分かりますし、少しでも相手への愛情が残っていれば、愛しい気持ちが蘇るかもしれません。

もし、「寂しい」「戻りたい」と思うのなら、離婚はいったん保留にすべきでしょう。

逆に、1人で居た方が快適に感じるのなら、そのまま離婚の準備を始めた方が良いのかもしれませんね。

よく考えて

今回は、“妻と離婚したいと思う夫の6個の理由”と“妻と離婚したいと思う夫が離婚に踏み切る方法”をご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

今回ご紹介した事がみなさんのお役に立てば幸いです。

もし、「1度大ゲンカをして相手の事が信じられなくなった」とか「ものすごく嫌な事を言われた(ただし数回程度)」といった理由で奥さんとの離婚を検討しているのなら、それはもう少し冷静になって考えてみるべきでしょう。

もちろん、ケンカの内容や言われた事の内容にもよりますが、一時的な感情に任せて離婚を切り出すのは良くありません。

感情が高ぶっている内は適切な判断も出来ないものですし、「やっぱり離婚なんてするんじゃなかった…」と後悔しても遅いのです。

お付き合いの段階ならともかく、再婚となるとそう簡単には出来ません。

仮に当人達が心から復縁を望んでも、家族や友達がそれを快く受け入れてくれるとは限らないでしょう。

「どうせまた別れる事になるんじゃないの…?」とか「一度失敗してる相手なら尚更、二度目が上手くいく保証はない」などと、周囲の人間が再婚の障害になる可能性もあるのです。

一度縁を切るという事は、それだけ大きな事。

上でも少し話しましたが、お互いに限界を感じているなら、2人の幸せの為にここで縁を切った方が良いと思います。

しかし、少しでも復縁の可能性が残っているなら、本当に離婚した方が良いのかをよく考え、慎重に行動すべきでしょう。