今こそニートからの卒業だ!大卒ニートとしてくすぶってきたあなた!

無職から脱出して社会に復帰するための手順をお教えいたします!

意外と多い、大卒ニートの現実!

ニートというと仕事をすることができるのに働かない人々のことを言います。

ニートや引きこもりという問題は、今から数十年前の就職氷河期世代にぶつかった、現在の30代後半から40代後半のロストジェネレーション世代の人間を中心に問題とされてきましたが、今現在、大学を卒業した20代もニートになってしまう大卒ニートが大量に発生して問題が深刻化してきています。

大卒ニートとは?


大卒ニートとは、大学を卒業しているのにもかかわらずその後大学院に進学していないのに、職にもついていない人間のことを言います。

数にして大学を卒業した人の約8%弱があてはまるそうで、これは少ないとは言えない数字であると思います。

高校を卒業後ニートになる人たちは高卒ニートです。

ちなみに現在の全く何の職にもついていないニート人数は合計で70万人強ということで数としては非常に多い水準がまだまだ続いています。

アベノミクス効果によって失業者数は確かに減ってはいますが、ニート問題の根本的解決にはなってはいません。

意外と男子に多い

男子といえば、大学を卒業すればバリバリと働き始めるイメージですが、比率で言うと女子よりも男子のほうが多いということです。

考えられるのは、就職活動に挫折して、働く気がなくなってニートになってしまうパターンや、就職してけれど数か月で会社をやめてしまって、その後再就職先も探すことなくニートになる男性が多いのではないでしょうか。

日本は再チャレンジが難しい社会です。

やはり企業も新卒以外は採用しないというところが多く、一度ドロップアウトしてしまうと行き場がなくなってニートになるということでしょう。

高卒ニートよりも闇が大きい

高卒でニートとなる人もいますが、例えば就職面接で大卒じゃないから受からなくて無職を余儀なくされているというのは理解ができるような気がします。

もし、学歴を重視するような会社に入りたいなら大検を取るなりすることを考えたりすると思いますが、大卒ニートとなるとすでに学業の最終地点と呼ばれるところまで行ったにもかかわらず職についていないのですから、大きな問題を抱えていることが考えられます。

大卒ニートになる5個の原因


無職の人間やニートについては非常に重い問題ですが、ではなぜ大卒ニートになってしまうのでしょうか?大きく分けて5つの原因について考えていきたいと思います。

世の中の経済状況

就職できるかどうかということはその時の世の中の経済状況が大きく左右することは間違いありません。

今の状況はというと、ここ20数年では一番いい状況と言ってもいいでしょう。

アベノミクスによって株価が上がり、大手企業を中心に業績も非常に好調です。

巷では人手不足がささやかれ、企業としては若い優秀な人材をなんとか早めに確保しておきたいと躍起になっているような状況です。

単純労働の分野も人手不足ですが、企業とすれば派遣社員や期間従業員など安い賃金で雇える使い捨ての人材を使うという傾向は変わっておらず、一度就職戦線から離脱した者はなかなか復帰できないという状況は昔も今も同じような状況です。

ロスジェネ世代のニートも多い

そんな今の状況を羨ましい目で見ているのがロスジェネ世代の面々でしょう。

ロスジェネ世代というと就職氷河期の時代でした。

多くの会社が新卒の採用を一切しないという状況で、就職できない大卒の学生たちが溢れた時代です。

その影響は今も続いており、この世代の人間の多くが今も非正規雇用として働いています。

もしくはもう働くのを諦めてしまって長年ニートとして引きこもる者も多数いるような状況です。

今、多くの企業で起きている状況というと30代の正社員、中間管理職がいて、現場で使っている派遣社員や期間労働者がロスジェネ世代の30代後半から40代後半という状況です。

現場の部下がほとんど年下ということもあるでしょう。

そうやって派遣社員でもまだ働いている人々はまだしも、それすら諦めたロスジェネ世代は山ほどいます。

ここに日本の大きな闇があります。

親が経済的に豊か

実家がお金持ちであったり、親が社会的地位が高く裕福であったりする場合、どうしても自立しようという強い気持ちが薄くなることはあるでしょう。

自分が頑張らなくても家は安泰なのでどんどん楽なほうへいってしまいます。

家が裕福であるか貧乏であるかによって自分のお金や仕事に対する考え方というものは大きく変わってくるでしょう。

小さいころから何不自由なく育ってきた人間には、あまり自分の生命に対する危機感というものは芽生えませんが、貧乏な家に育つといろんなことを制限されたりするので、自分がやらないといけないという危機感を常に持つようになるのでしょう。

甘やかされており働く必要性も感じていない

親も甘やかすので子供がつけあがるのかもしれません。

いつまでもこんな状態が続けばいいですが、親のする仕事が失敗などして、家が凋落していった場合などは悲惨でしょう。

親に甘えて何もしてこなかった人間が、いい歳をして自分で自立しなくてはならないとなるのですから。

子供を甘やかしすぎると、子供が大人になった時に自立できない子供に育ってしまう可能性があります。

人生が思うようにスムーズにいっているならいいですが、就職活動などで挫折してしまった時に、もう一度踏ん張って頑張ろうという強い気持ちがないので、すぐに諦めてしまいます。

夢や目標が無い

旅をするにしても、まずはどこへ自分が行くのかを決めると思います。

それは人生も同じで、目的地がないと迷ってしまいます。

自分は何がしたくて、どこへ向かいたいのか、それが夢や目標です。

全くそういったものを持たずに働くと、いつか足取りが止まってしまうでしょう。

皆漠然とした夢は持っているのでしょう。

金持ちになりたいとか、幸せな結婚をして子供を持ちたいとか。

ただ、あまりにも漠然として具体性がないので、現実の自分に反映されるような目標がありません。

ですから夢や目標の到達から逆算をして考えることができないのです。

自分を見失わない人というのは、目標から逆算して今日は何をすべきかをわかっています。

それができていない人は何をやっていても、どこへ向かっているのかがわかりません。

やりたい仕事、自分に向いている仕事を見出せなかった

自分がやりたい仕事や、好きな仕事に最初から就ける人は少数派だと言っていいと思います。

なかなか人生というのは甘くなく、自分の嫌いなことをやらされたり、苦手なことにも挑戦しなくてはいけないこともあるでしょう。

最初は戸惑いながらもやっているうちに自分の居場所を見つけ、徐々に仕事を好きになったり、興味がでてくるものです。

しかし、いつまでたっても自分がやっている仕事に興味を見いだせなかったり、自分の居場所が見つからなかったりする人もいます。

そういう人はやがてストレスが溜まり、消えるように会社を辞めてニートへと堕ちていくのです。

精神的に弱い

社会人として長い年月を生き抜くには強いメンタルが絶対に必要です。

理不尽なことで怒られたり、不条理な出来事が自分に降りかかってくることもあるでしょう。

そんな時でもすぐに切り替えて前を向いていかなくてはいけないのです。

精神的な強さというものは社会人としての経験を積むに従って強くなっていくのが普通です。

最初から何にも動じない強い心を持つというのは難しいですし、皆最初は怖いながらも少しずつ強くなっていくのです。

世の中で成功者と呼ばれているような人の佇まいを見てみると、その人からでてくる精神的な強さ、タフさというのがにじみ出ているのがよくわかります。

特に大きな会社のリーダーなど、人の上に立つ人間には「強さ」というものが常に求められます。

リーダーが精神的に弱いと下の人間がついていきません。

打たれ弱く、すぐ心が折れてしまう

なにかトラブルが起きたり、怒られたりするだけですぐに心が折れてしまう人がいますが、打たれ弱い人は社会人として残っていけません、試練に対する強さというものは、ウイルスに対する免疫力のようなものです。

あまりにも免疫がなく少しのことでへこんでしまうような性格では社会ではやっていけなくなって引きこもってしまうのでしょう。

こういう人の特徴は常に人の目を気にしすぎているところにあると思います。

何か失敗したら周りに何て思われるのだろうと常にビクビクしているので、そんな醜態をさらすくらいならドロップアウトしたほうが楽だということでニートを選んでいるのです。

人間というものはほとんどの人が自分のことで精一杯です。

そんなに注意深く人のことを見たりしていません。

ですから人の目を気にしすぎても何の意味もないということです。

コミュニケーション障害がある

最近よく耳にする言葉に「コミュ障」というのがあります。

コミュニケーション障害の略語ですが、人とコミュニケーションをとることが苦手という人が非常に多いように思えます。

これは時代の背景も大きく影響してるのでしょう。

何といっても今は誰もがスマホなどを利用するネット社会です。

ネットの中の世界に閉じこもって、生身の人間と交流することを拒絶する人が増えています。

人と関わり合うということは、自分の思い通りにばかりにはならないのは当たり前ですが、それに我慢できない人が増えているということなのでしょうか。

コミュ障というのは一つの疾患のように捉えられていますが、自分のことしか考えられない人間が増えたことにも一因はあるのではないでしょうか。

人と協力して何かを成し遂げるのが苦手

最近は大手企業でも協調性という能力が重視され評価の対象になっているようですが、それくらいチームワークを大切にして、皆と上手くやっていく能力というのが問われている時代です。

昔のように同じ世代の同じような能力を持っている人間が一緒に働くというのではなく、能力、性別、国籍などが違う多種多様な人々が入り混じった会社が増えてきました。

ですから人と協力をして何かを成し遂げるのが苦手という人は、社会になかなか溶け込んでいきにくい世の中となっています。

人と協調できないから次第に人と絡むのを避け始め、やがては社会からドロップアウトしていくのでしょう。

ニートのままだと未来は暗い

いつまでニートを続けるのか?どこかで踏ん切りをつけないことにはいけません。

これからの未来の深刻な問題として「80-50問題」というものが言われています。

これはロスジェネ世代が50代に突入した時、その親は80代に入ってくるろいう問題です。

今、親が健在なロスジェネ世代のニートは、親の年金などに頼って家に寄生して生きていますが、親が80代に入り亡くなると頼れるものを失い、路頭に迷う人間がたくさんでてくるだろうということです。

おそらくこの世代のニート達は年金をちゃんと収めている割合も少ないでしょうから、即生活保護の対象となり、政府の財政をさらに圧迫することも考えられます。

経済的に自立できない

ニートを続けている限り誰かに頼らないと経済的に自立することができません。

今の時代パソコン一台で稼いでいる人もいますが、完全に自立できるくらい稼いでいる人など、ほんの一握りです。

実家に引きこもっているということは親のお金に依存しているということです。

もし、親が死んでしまったら今住んでいる実家にい続けることはおそらく出来ないでしょう。

家に住むには税金や維持費などたくさんのお金がかかります。

ニートにそんなお金を払う力はないと思います。

今は働かずに楽して稼ぎたいと考える人間が本当に多いと思います。

一つの例としてYouTubeなどの動画で広告収入を得て生活しているような人間に憧れて、自分もそういったことを真似てみたりする人たちです。

しかし、そうしたことで人気のある人達も、陰でどれほどの努力をしているかということについては考えていないのかもしれません。

楽に稼げるものなんてないのですから。

社会福祉に頼らざるを得なくなる

結局、社会福祉に頼らなくては生きてはいけませんが、ニートの多くは国民年金さえまともに払っていない人が多くいます。

そういった人々は生活保護に世話にならなければならない可能性が非常に高いと思います。

今でさえ日本の国家の借金は1000兆円を越えていると言われています。

働き盛りの人間が減り続け、税金を納める人がどんどん減っている現実を見てみると、厳しい未来が待っていると言わざるを得ません。

現在、派遣社員として一カ月フルで働いても手取りで20万以上もらおうと思うと一日も休んではいけないような計算になると思います。

一生懸命働いても十数万で、働かずに生活保護でも十数万もらえるということになったら、誰もが後者を選びたくなると思います。

ですから、もっと派遣や非正規でも希望が持てるような賃金体系を企業と政府一体となって考えていかなくてはいけないのだと思います。

恋愛や結婚も難しくなる

ニートの人々も自分の人生に希望をもって生きていた時代もあったはずです。

恋愛経験もあると思います。

しかし、ニート、つまり無職になった人間に魅力を感じる女性はまずいないと思います。

誰かと恋愛をするということもなくなりますから、結婚なんて夢のまた夢ということになるでしょう。

ちゃんと働いている人でも非正規雇用の人々は結婚をあきらめています。

それくらい格差社会は日本に完全に根付いてきています。

そんな中、ニートの存在はピラミッドの一番底辺だという位置づけが社会的にされています。

結婚式や披露宴、そして新婚旅行まであわせると普通に考えて数百万はかかります。

下流で生きる人間にそんなお金を捻出する余裕などあるわけがありません。

政府も少子化対策とか言うのならば、こうした問題をちゃんと見ていかなければ根本的な解決には永遠にならないでしょう。

別に今の若者が恋愛や結婚をしたくないのではなく、したいけれど余裕がないという人がほとんどなのではないかと思います。

社会的信用を得られない

生きていく上でお金はもちろん大切です。

しかしそれ以上に大切なものは「信頼」です。

お金がなくなっても信頼さえあればお金を工面することも可能です。

無職の人間に信頼などありません。

クレジットカード一枚も作れないのです。

車や家を買うにもローンも組めませんし、賃貸のマンションを申し込むこともできない可能性は高いでしょう。

ニートになってみるといかに自分が社会的信用を失くした人間なのかを思い知ることになるでしょう。

安月給で働いてるくらいならフリーターやニートのほうが気楽でいいと考えている人もいると思いますが、そういう人達は「信用」という二文字についてもう少し考えるべきです。

いくら安月給でもちゃんとした会社に正社員として働いているということで一つ信用が生まれます。

そうするとカードに申し込むケース一つをとってみても、フリーターやニートとは比べ物にならないアドバンテージがあるのです。

両親が亡くなった後はどうする?

上記のように、いざ親が亡くなった後のことをどうするのか?という大問題があります。

例えば50歳でニートをやめて働かざるをえなくなったとしても、基本的にはどこも雇ってはくれません。

人手不足の単純労働者くらいしか空きはないと思います。

そうすると毎月生活できるだけの給与を得ることは難しく、もし何か病気にでもなってしまうと、もうどうしようもなくなってしまいます。

これは未来を仮定している話ではなく、ほぼ確実に訪れる現実として、あと数年後に何十万人というニート達が生活保護を受けないと生きていけなくなり、今よりもさらに深刻な状況になると思います。

少子化によって働き手、納税者は減り、老人と生活保護受給者が増大化する国、考えるだけでため息が出るような状況です。

無職から脱出して就職する方法

一日でも早くニートを卒業しなければいけません。

ニートになってしまうと再チャレンジして社会に復帰することはもうできないと諦めている人もいるでしょうが、そんなことはありません。

無職から脱出して就職する方法は必ずあります。

その方法を考えていきたいと思います。

まずは仕事を選ばず、どんな仕事でもやってみる

働き口は結構あるのにいつまでたっても働くことができないのは、仕事を選び過ぎているのではないでしょうか。

ニートになる期間が長くなればなるほど社会の一因として活躍するためのブランクができてしまいます。

それを埋めるのは結構大変なことですから、できるだけ早く人と関わり合って仕事をするという体に戻していかなくてはいけません。

ですから、まずは仕事を選ばずどんな仕事でもいいからやってみることです。

たとえ合わなくてすぐにやめてもいいのです。

辞めたらすぐにまた新しい仕事にトライする。

これを繰り返して生きることに対する耐性を身につけることから始めましょう。

つまらないプライドなどさっさと捨ててしまうことです。

自分は今人生の一番底の底にいるんだくらいの感覚を持てばいいのです。

そうすればどんなことでも食らいついて上に上がってやろうというハングリー精神も芽生えてくるというものです。

経験を積み、人と接することに慣れる

何事も経験です。

今までニートでくすぶっていても勇気を持って働き始めたら経験も少しずつついてきます。

何より、職場でいろんな人とコミュニケーションをとるということが社会復帰には一番大切なことです。

そこでいい仲間に出会えたら、それは一つの財産にもなります。

ですから、ただお金を稼ぎに仕事に嫌々行くという考えではなく、いろんな人と接して人間として成長させてもらうという気持ちを持つことです。

求人情報を毎日眺めてはいいところが見つからないとため息をついている暇があるなら、極端な話目をつぶって指を指したところの募集に面接に行ってみるくらいのやり方でもいいかもしれません。

ニートというのは長らく行動することから遠ざかってしまっている人間ですから、とにかく行動するということが一番大切です。

たとえそこが一日でやめてしまうようなひどい職場であっても、一度動いたから次の一歩がでてくると思います。

親に頼るのをやめる

ニートを卒業して自立するための第一歩は親に頼るのを一切やめるということです。

まず経済的に1円でも援助してもらっているならそれを完全に断ち切ることです。

そして悩みがあるたびに親に聞いたり相談したりするのもやめます。

自力で解決する力がなくては生き残ることなどできないという意識を常に持ちましょう。

実家から出て一人暮らしをしながら自立を目指すというくらいの決意が必要だと思います。

実家にいるとどうしても親や家に甘えてしまいますから、思い切って決断するのはいいことです。

最初のうちは全てが大変でへこたれてしまいそうなこともたくさんあるでしょう。

でも、それを乗り越えた時に自分で生きていく強さを手に入れられるのではないでしょうか。

実家に住んでいても親のすねをかじらない

ニートの多くは実家に寄生していますから、いろんな面で親に甘えてしまう構図がありますが、そんな甘えを全て断ち切ることです。

親のすねを今までさんざんかじってきたはずです。

もうかじるすねなどないのにまだかじってることに早く気づくことです。

とにかく経済的に頼らない、実家い住むなら一家の一因としてちゃんと自分の使う分のお金は家に入れるなどの責任を果たすことが大切です。

ニートというのは責任感が完全に欠如して人間です。

まずは自分や家族、そして社会に対して甘えることなく責任を果たしていくことを考えていきましょう。

いつも家族に頼っていて、逆に今までの人生で親孝行や家族に感謝を示したことはあるでしょうか?多分ほとんどのニートはないでしょう。

この辺に自分の人生がうまくいかないヒントが隠されているのだと思います。

今まで世話になった人達に恩を返していく気持ちを持って生きるなら、あなたの人生も少しずつ変わっていくでしょう。

キャリアカウンセラーに相談する

今まで引きこもっていた人間が突然社会に復帰して全てうまくやっていくことなどなかなかできないものです。

そういった社会復帰の道のりは、プロに相談したほうがうまくいく場合が多いです。

キャリアカウンセラーに相談してみるのもいいと思います。

プロの視点であなたがどういった道を進めばいいのかアドバイスをくれるでしょう。

こういう時は客観的に見てくれる人の意見のほうがあなたのためになると思います。

こういう相談というと、自分のプライドが邪魔をして二の足を踏む人が多いですが、とにかく無駄なプライドを捨てることから始めないといけません。

そのプライドに何の価値があるのでしょうか?

あなたが多くの結果を残し、自分の業績や生き方に自信を持っている人ならわかりますが、挫折して、人生から逃げてきた人間のプライドなんて一銭の価値もないんだということを理解しておかなくてはいけません。

ひとりで悶々と悩んでいても先に進めない

とにかくニートというのは常にひとりぼっちですから、何でも自分で考えて自分でどうにかしようとします。

しかし一人で毎日悩んでいても何も解決はしないでしょう。

誰か外の人間に接触して意見を聞いてこそ、自分の弱みだとか解決法が見えてくるというものです。

机上の空論とよく言いますが、一人で悩んで導き出した答えは、社会に出ると全く通用しないものがほとんどです。

いろんな人の意見を聞いてそれを集約した答えを導き出すべきです。

人生の時間というものはもの凄いスピードで刻一刻と進んでいきます。

ですから立ち止まってじっくり考えている時間がもったいないのです。

たとえ時間をかけて考えていても上手くいかないことのほうが多く、それならば常に行動しながら考えたほうが効率もいいしいい結果につながることが多いと思います。

やる気を持つ!

ニートという地獄から生還するには、何よりもメンタルが大切になってきます。

どんなことをしても社会の一員として生還してやるという気持ち、仕事に対するやる気というものをMAXにしていかなくては無理でしょう。

ニートの期間働いていないのですから、周りの人間よりも経験や技術が劣っていることは当たり前のことです。

そこは埋められないところですが、やる気だけは勝つことができます。

まずはやる気を持ってがむしゃらに一生懸命やる!これしかないのではないでしょうか。

歳をとっていくほど、変に結果を予測して「どうせこんなことをしても無理だから。。。」とか「もうそんな歳でもないし。。。」などと自分で結果を決めてしまいがちになります。

しかし人間の人生、運命なんてやる気次第で変えていくことはできるのです。

今までの人類の歴史を振り返ってみても、ありえないような成功を収めた人は、他より抜きんでて能力が高かったかと言われれば、そうではないと思います。

何よりも燃えるような情熱、やる気、そういったものが奇跡を起こしてきたのです。

ですからニートでくすぶっている人間もやる気次第で必ず人生を取り戻すことはできると思います。

未経験でもやる気がある人は魅力的

意欲を持って一生懸命に取り組んでいれば、必ず誰かが手を差し伸べてくれます。

あなたの懸命な、必死で這い上がろうとしている姿を必ず誰かは見ているのです。

そういう姿勢を持って臨むなら、経験の有る無しを関係ないものにすることができるでしょう。

最初はある程度経験のある人材しか雇う気がなかった上司も、やる気と根性があると見たら、この人は育てたら伸びそうだから使ってみるかということになっていくものなのです。

とにかくファイティングスピリッツを持ち続けることが大切です。

まとめ

今現在、ニートとして家に引きこもり、この文章を読んでいる人もいるかもしれません。

どんな気持ちでこの文章を読んでいますか?今すぐ職に就くため行動を起こさなければと思った人は必ず社会復帰できるでしょう。

そうでない人、いつまでこの生活を続けるのですか?辛いのはあなただけではありません、あなたの家族もあなたと同じくらい辛いのです。

しかし、この状況を覆すことができるのはあなたしかいません。

あなたが勇気を持って人生を変えていかなければ何も変わらないでのです。

一度や二度人生に挫折したくらいで諦めるなんてもったいないです。

まずは行動して見ることで人生は変わり始めます。

ニートになってしまった理由というのは一人一人違うとは思いますが、そんな自分の状況を情けないと思わなければいけません。

ですが、それと同時に正社員として社会の一員として活躍している人のことを自分とはかけ離れた上の人間とも思う必要はありません。

人生のボタンの掛け違えによって人間というのはどん底に突き落とされることもあります。

しかし、そこからまた這い上がることもできるのが人生です。

何度も言いますが人生を変えることができるのはあなただけなのです。