CoCoSiA(ココシア)

ニートの末路17個のパターン。今のうちに知っておきたい・・・

ニートの末路17個のパターン。今のうちに知っておきたい・・・のイメージ写真
ニートにはなりたくない、と思う人も多いのではないでしょうか?

仮に仕事をしている場所が倒産をしたり、会社を辞めろと言われた後にニートになってしまうのではないかと言うようなことを考えていたりする人が多いと思います。

ニートというのは職もなく、働ける場所が無いため、お金などが入ってきません。

特に最初の方では退職金などが出ると思いますが、その退職金もそこまで高くはなく、直ぐになくなってしまうため、お金がどんどん無くなる一方になっていきます。

ニートというのはどんどんお金が無くなってしまい、最終的には実家の方に帰って親から少し援助をしてもらう形は、そのような人がいない場合はホームレスになってしまう可能性も出てくるのです!

ニートはなってしまうとその後直ぐに仕事をしたいとは思わずにそのまま無職の生活が続くと思います。

仮にその間に職を探すということはできるので、ニートになる可能性というのも少し低いとは思いますが、仮に働きたくないという気持ちが強い場合にはニートになってしまう確率が高く、半年以上もニートをしている、今まででずっと働いていないという可能性になってしまうかもしれません。

その様な状態にならないように、必ず働くということをしてお金を貯めるようにしましょう。

生活ができるような状態を作ることが第一です。

1ヶ月2ヶ月仮にニートになったとしても、その数ヶ月の間に次の職業を見つけられるかが鍵となるのです!

ですがニートになってしまった場合には、その後の末路がとても辛いものになります。

仮にそうなってしまわないためにもいくつかの注意点と、ニートになってしまった場合はどの様なことになるのか、ニートになる人の特長をいくつか教えたいと思います。

人というのは1回でも楽をしてしまうとその楽をどんどん取ってしまうのも特徴の1つですね。

今から知っておきたい!ニートの末路

職業を転職するというのはニートになりません。

仮に1ヶ月の間を休みを取るというのでもニートにはなりません。

ではどの様な人をニートというのかというと、ニートの意味は無職の状態のことをニートと言います。

ですがですが1,2ヶ月ほど病気で長期休暇を取っている、転職をするにあたって1,2ヶ月を仕事休みにするといった形はニートではないと思います。

様々な原因になって、その様なことをする人は多く見ますが、本当にニートという人は数年以上、半年以上と仕事をせずに生活をしている人達のことを言います。

お金があるという人は良いですが、大半の人はお金を持っていない状態にあります。

そうなると生活ができなくなってしまい、親のところに行かざるおえなくなります。

ニートというのは全てがめんどくさくなったり、マイナスな思考が大きくなってしまうため、どんどんその気持ちが強くなっていくのも特徴です。

ニートという言葉をよく耳にしますが、簡易な表現としては遣わないようにしましょう。

もしかすると、仕事の同僚や上司も、ニートの時代があったかもしれませんよ?

ニートになる人の特徴も知っておこう!

ニートになる人
ニートになる人の特徴も知っておくことが大事です。

誰しもそうならないと思っていてもいざなってしまうとそのままマイナスの方向へ下がってしまいます。

ニートというのはそれほど影響を与えてしまうのです。

例えばニートになってしまうと、何もしないということになり面倒くさがりになってしまいます。

人というのは常に楽な方向に考えてしまいがちなので、ニートになってからはどんどんと楽な方に考えてしまうのが特徴でもあるのです。

自制心が弱くなったり、人見知りになったりと、今までそんなことが無かったのに見方が変わってしまいニートでもいいやという感覚になる可能性が高いのです。

そんな状態になるのはとても良くないですよね?でもニートになる人というのはその様な共通な特徴もあり、他にももっといろいろなことを考えるようになります。

ではどの様なことを考えていくのか具体的な特徴を見てみたいと思います。

自制心が弱い

仕事をしている時は自制心があったのにニートになってしまうと自制心が弱くなったり、元から自制心が弱いという人はニートになる人の特徴でもあります。

自制心が弱くなると、感情などがうまくコントロールできなくなり、精神的にも弱い方向に考えてしまいます。

ニートになると仕事をしなくてもいいという考えにもなり、ひたすら楽を取るようになります。

今ままで働いていて自制心が弱いと思ったことがない人でも、ニートになった途端に考えが変わり自制心が弱くなるというパターンもあるのです。

自制心は常に強ければ強いほど意志が固くなり、何かをしようとする力が強く働きます。

しかし自制心が弱いと何もする気力がなくなってしまうので、ニートになる人の特徴として自制心が弱いということがあげられます。

【自制心については、こちらの記事もチェック!】

人見知り

人見知りしているニート
極度の人見知りをする人もニートになってしまう特徴があります。

これは仕事などでうまく他の人と話しをすることができないという人によくあることであり、人見知りをしてしまうと初対面の人に対しても冷たく、そして自分を出すということができなくなってしまうからです。

普段から人見知りだという人は初対面の人に対しては警戒をしがちですが、人見知りではないという人はそのまま友好的に接すると思います。

その差が激しいという人は特にニートになりやすいです。

人見知りをすることで、相手のことを知ろうとするのは良いのですが相手があなたに対しての印象を悪く持ってしまうというイメージがあるからです。