自分の彼氏には完璧で居て欲しいと思う人もいると思います。

出来る事なら、自分の理想にぴったりの人と交際したい。

そんな風に思うことも多いはずです。

そんな人と交際する事が出来れば、幸せになるばかりか周りの人に自慢することだって出来るかもしれません。

だからこそ、交際相手に対して理想を押し付けてしまう事もあります。

けれど、それをしすぎてしまうと結果的に相手との仲を不仲にしてしまう事もあります。

自分の中に理想の気持ちがある事は悪い事ではありません。

しかしながら、何事もやりすぎはあまりよくありません。

彼氏に対する理想があったとしても、その気持ちを全て解消させようとする事はいい事だとは言えません。

理想を相手に伝える事によって結果的に相手に求めすぎてしまっているという現実に気が付くことも大切です。

彼氏に求めすぎな願望とは?

あなたは彼氏に対してどんな理想を持っていますか?きっとそれは人によって違うはずです。

多くの人が納得できるようなものもあれば、なかなか他人からは理解されないような事もあるでしょう。

人の好みと同じように、求める理想も変わってくるものです。

だからこそ、他人と合わせる事は悪い事ではありません。

けれど、それが求めすぎなのかどうかという事は冷静に判断する必要があります。

人はつい自分の要求に対して貪欲になってしまうことがあります。

それが強すぎるせいで、相手にとって大きな負担となってしまっている場合もあるかもしれません。

そんな事実をきちんと受け止め、行動に反映させることも彼氏とより長く良好に交際していく為には重要な事だと思います。

ここからは、求めすぎかもしれない願望をいくつがご紹介させていただきます。

自分は大丈夫と思っている人も、実際には求めすぎな場合もあります。

その事実にいかに気が付くことが出来るかどうかが大切です。

それに出来るだけ早く気が付く事によって自分と彼との関係を見直す事が出来るようになる事でしょう。

察してくれない

これは女性からよく聞かれる文句の一つではないでしょうか。

女性としては、自分の気持ちを100パーセント言わずとも相手には分かっていて欲しいと思ってしまいます。

だからこそ、察してほしいという気持ちが出てしまうのかもしれません。

けれど、男性と女性ではそもそも考え方が違っているのです。

だからこそ、自分の気持ちを相手に理解して欲しいと願っても、そう簡単に理解してもらう事は難しいかもしれません。

たしかに、全ての事を口で言わないと伝わらないのはイライラすることもあります。

できる事なら自分の気持ちを理解して欲しいと思うはずです。

けれど、こちら側が当たり前に思う場合でも相手には伝わらない事がある事も覚えておかなければなりません。

だからこそ、相手に自分の全てを理解して欲しいと考えるのは難しい場合もあるという事を理解しておきましょう。

女性は、周りの事をよく見る事に長けています。

一度にたくさんの出来事をこなす事だって出来るでしょう。

ですが、それは男性には難しいことかもしれません。

そのため、それを理解する気持ちを持つことが2人の幸せには重要なのでは無いでしょうか。

言葉にしてくれない

男性の中には、思っている事を口に出す事に苦手意識を持っている人も居ます。

だからこそ、本当は相手の事を思いやる気持ちを持っているのにも関わらず、その気持ちを全く伝えてくれない。

そんな事もあるのです。

それは、気持ちが無いというわけでは無く、恥ずかしいからこそ口に出してくれないということもあります。

相手が何を考えどうしたいのか。

長くいればいるほど、何となくイメージをつかむ事はできるでしょう。

まるでエスパーの様に相手の考えを創造することだってできるでしょう。

けれど、予想がついたとしても相手からはきちんと言葉で聞きたいものです。

分かっている事も、あえて口に出して伝えてくれる事によって安心する事ができるかもしれません。

その安心感がある事が大事なのです。

もっと愛してほしい

愛情の表現方法は人によってまちまちです。

毎日『愛している』『大好き』と口に出して伝えるような人や、記念日には必ずプレゼントを贈るような人も居るでしょう。

けれどその一方で、相手には何も伝えないけれどきちんと自分の気持ちの中では相手の事を思っている人だっているはずです。

どんな形であっても相手の事を思っている事に変わりはありません。

だからこそ、比べる必要は無いはずです。

けれど、それが納得できない人も居ます。

自分がもし分かりやすく愛情表現をするタイプの場合には相手にも同じ事を求めてしまうかもしれません。

本当は相手もあなたの事を同じように愛していたとしても、言葉に出す事が少ない場合にはそれが不満のもとになってしまう事もあります。

もっと愛して欲しいと思うという事はそれだけ相手の事を好きなのでしょう。

だからこそ、相手からの愛を今以上に求めてしまうのです。

ですが、何事を求めすぎるのはあまり良くありません。

例え相手からの愛情を感じる機会が少ないとしても、それが愛していないという事にはつながらないのではないでしょうか。

もしかしたらもっと深いところであなたの事を考えてくれているのかもしれません。

そんな愛情表現の違いに対してもきちんと向き合う心を持つ事が大切です。

サプライズしてくれない

女性の中には、サプライズが好きな人も多く居ます。

確かに予想もしていない時に相手から何かお祝いのような事をされれば嬉しいでしょう。

また、何もないときにプレゼントなどをしてくれれば喜びは更に大きくなるはずです。

だからこそ、サプライズを相手に求める気持ちも分かります。

ですが、それには向き不向きがあるのです。

サプライズをするにはセンスも必要です。

相手がそれを苦手としている場合には、途端にハードルが高くなってしまいます。

自分としては簡単なサプライズも相手からすれば大きな負担になるような事がある事も忘れてはいけません。

自分の欲望だけを相手に伝えていると、相手の気持ちに鈍感になってしまう場合もあります。

そのせいで相手の気持ちの変化に気が付く事が出来なくなる事もあるでしょう。

それが結果的に二人の仲を引き裂く事にもなりかねません。

だからこそ、そうならないようにする為にも自分の気持ちだけでは無く相手の気持ちも考えて行動できるようになりましょう。

もっと連絡してほしい


連絡の頻度は人によってまちまちです。

マメな人からすれば、一日に何度も連絡をする事は当たり前の事です。

ですが、そうではない人からすれば、それはとても面倒な事であり負担に感じる事もあります。

交際初めのころは、お互いに気持ちが盛り上がっている事でしょう。

だからこそ、普段連絡をする事を苦手としている人も積極的に連絡を返そうとするかもしれません。

ですが、交際期間が長くなるにつれて段々と連絡が適当になっていく事もあります。

それは気持ちが冷めてしまったのではなく、相手が素を出してきたという事なのでしょう。

それだけあなたの事を信頼しているという事が言えるのではないでしょうか。

相手の気持ちが見えないと、どうしても連絡の頻度で相手を測ってしまう事もありますが、それ以外でも信用できる何かを見つけてみてはいかがでしょうか。

自分の基準で考えてばかりいると、大事な事を見逃してしまうこともあります。

だからこそそうならないようにする事が大切です。

連絡をして欲しい気持ちがあるのなら、相手にその気持ちを伝える事も良いでしょう。

ですが一方で連絡が来ない場合にも相手を信用するだけの気持ちを持つ事も大切なはずです。

女の子と話さないでほしい

自分の彼氏がとてもカッコいいと思っている人や、実際に多くの人からモテている人の場合などは他の人に取られてしまうのではないかという不安もあるはずです。

だからこそ、そうならないようにする為にも他の女子との接触を出来るだけ持たないでほしい。

そう思う人もいるかもしれません。

ですが、他の女の子と話をしない事は難しいことではないでしょうか。

学生も社会人も、世界には必ず半数は異性なのです。

よほど特殊な環境でもない限り、異性に一切関わらずに生きていく事など難しいと思います。

だからこそ、それを強要する事は相手の負担にもなります。

もちろん、それだけ相手の事が好きなのでしょう。

好きだからこそ誰にも取られたくない。

その気持ちも勿論分かります。

ですが、相手が他の人に取られる事ばかりを心配していると、結果的に二人の仲が悪くなってしまう事もあります。

そうならないようにする為にも、相手の気持ちをきちんと考える事も重要です。

出来るのであれば、相手に異性との交流を避ける事を求めるのではなく、自分が出来る事を少しずつしていく事が重要です。

異性との関わりを心配するのであれば、それに負けないくらい自分に自信を持つ事も大切です。

自分に自信を持って前向きに頑張る事が出来る人の方が周りの人にも魅力を分かってもらう事が出来るのではないでしょか。

そんな前向きな気持ちが二人の関係を維持していく為には大事だと思います。

彼氏に求めすぎないメリット

彼氏に理想を押し付けてしまう気持ちも分かります。

自分の付き合っている相手にはより素敵な人になって欲しいと思う人も多いです。

自分の理想通りの人になってもらう事が出来るのであれば、それだけ安心して過ごす事が出来るのではないかという期待だってあるのかもしれません。

けれど、相手に求める事はいい事だとは言えない部分もあります。

彼氏に求める気持ちは分かりますが、求めない事で得られるメリットもあります。

だからこそ、そのメリットを自分の中できちんと受け止める事が大切です。

そうする事によって、相手に求める気持ちが大きかった人もその気持ちを抑える事が出来るようになるのかもしれません。

自分の行動を理性で抑える事が出来ないという人も、改めて求めないで得る事が出来るメリットを知る事によって前向きに行動する事が出来るのではないでしょうか。

自立した女性になれる


彼氏に求めない事によって得られるメリットはいろいろあります。

その中には自分自身に対するメリットもあるでしょう。

例えば、女性として自立する事が出来るのもその一つです。

彼氏に色々と求めてしまう人の中には、彼氏に依存してしまっている人も居ます。

相手の事が好きだからこそ、いろいろな思いを伝えてしまうのも分かりますが、依存することはあまり良くありません。

依存する事によって、相手に大きな負担を与えてしまう事もあるからです。

誰かに依存していると、その時は楽かもしれません。

相手の事を考えずに自分の事だけを考える事が出来るのであればそれも良いでしょう。

ですが、その関係はいい関係とは言えないかもしれません。

いつか相手の負担になる時が来る可能性があります。

そうなってしまっては別れが近づく事も珍しい事では無いでしょう。

一人の自立した女性になる事が出来れば、それだけ女性としての魅力を相手にアピールする事が出来るようになります。

それが、結果的に自分の魅力となり相手にもっと好意を持ってもらう事にもつながるかもしれません。

相手に求める事は簡単ですが、相手に自分の気持ちを押し付けるのではなく自然と自分の事を好きになってもらう事をイメージしてみてはどうでしょうか。

それが相手との関係を良いものにしてくれるはずです。

重い女と思われない

重い女性は嫌われしまう可能性があります。

きっとそれは誰もが思い当たる事でしょう。

ですが、実際に重い女性になっている時には自分ではなかなか気がつかないかもしれません。

相手に多くの事を求めてしまっているからこそ、結果的に重い女になってしまっている場合もあるのです。

一つの事に熱中しすぎてしまうと、自分の状況を冷静に見る事が出来なくなってしまうこともあります。

実際には相手から重いと思われるような行動をしているのにも関わらず、それに気が付く事が出来なくなってしまっている可能性もあります。

自分を冷静に見る事が出来るかどうかも、二人の関係を維持していくには大事なポイントです。

自分が最近彼氏に対する要求が多くなっていると感じる人の場合には、是非重い女になってしまっていないかどうかをチェックしてみましょう。

そうする事によって自分がしている事を改めて考え直す事が出来るかもしれません。

彼氏に求めすぎない方法

彼氏に求めすぎない方法を身に付ける事によって、彼との関係が今よりもっと良くなる可能性もあります。

今の状況に満足しているという方も、いつ問題が生じるかもしれません。

自分では大丈夫と思っている人も、彼からすれば求めすぎだと思っている事だってあるでしょう。

だからこそ、まず求めない気持ちを持つ事が大切です。

男女の考え方には、違いがあものです。

その違いの差に気が付く事も重要です。

自分では当たり前だと思っている事も、相手からすれば当たり前では無い。

そんな事に気が付く事も大切な事のはずです。

当然の事ながら、どんなに仲の良い二人であったとしても、自分の気持ちが100パーセント理解されるような事は難しいと思います。

だからこそ、その当たり前の違いを理解する事も重要なのではないでしょうか。

そんな当たり前の差を理解して行動する事が二人の愛を長続きさせるコツでしょう。