唐突ですが、皆さんは飽きっぽい性格ですか?

中には飽きっぽい性格に悩んでいる人もいるかもしれませんね。

しかし飽きっぽいというのは、必ずしも悪いことばかりではありません。

では、飽きっぽい性格について色々と掘り下げてみていきましょう。

飽きっぽい性格の人の5個の特徴

飽きっぽい性格には、五つの特徴があります。

では、飽きっぽい性格の人の特徴について見ていきましょう。

好奇心旺盛

基本的に、飽きっぽい人は好奇心旺盛な人が多いです。

だからこそ、色々なことに興味を持つことができるという特性があります。

すぐに飛びついてすぐに飽きるというような印象がある一面もありますが、色々な経験をすることができることから、何か新しいことを始めようとしている時も「この時はこうだったから、こうなるかも」というような予測が立てやすい一面もあり、決して悪いことばかりでもありません。

次から次へと興味の対象が移っていく

基本的に、次から次に興味の対象が移っていく一面があります。

ついこの間始めたと思ったら、もうやめて他のことをしているということもあります。

確かに飽きっぽいというところはありますが、色々なことに果敢にチャレンジしていくというところは、前向きで明るい一面を感じさせるところがあります。

そして嫌な事をだらだらと続けず、好きなことだけを果敢にチャレンジしていくという一面があり、ある意味ポジティブで明るく接しやすい所があります。

熱しやすく冷めやすい


飽きっぽい性格というのは、大抵の場合は熱しやすく冷めやすいからこそ、そのような状態になっています。

ただ熱せられた時の情熱は、すごく何かをやるという原動力は非常に高いところがあります。

このようなことから、色々と果敢にチャレンジするというような原動力があるのが、この飽きっぽい人の特徴です。

決断が早い

そして辞める時の決断が早いというのも特徴のひとつです。

このようなことから、極める前に、もうやめてしまうという所があるのかもしれませんが、その一方で嫌なことをだらだらと続けるというような非生産的なことを行わないところがあり、精神衛生上も非常に良いところがあります。

飽きっぽいお子さんをお持ちの親御さんとしても、ついつい習い事をすぐに辞めたいと言われると、すぐに辞めさせることには躊躇してしまうところがあります。

それはなぜかと言うとこの「やめたい」と思った先に極められるところを見つけて欲しいと思うところがあるからというところもあります。

ただやはり、そのような経験から見てみると、必ず続けたから良い結果になり続けるとは限らないところはあります。

たいして身につかない状態で、結果的に止めるとなると止め癖が就くと心配してしまう事もあるでしょう。

著者自身の経験を言うと、どちらかと言うと下の子がそのようなところがありました。

スイミングについても、すぐに辞めたいというようなところがありましたが、飽きっぽいところがあり、一応「クロールで10M泳げるようになったらいいよ」というようなことを言いました。

もしかしたら、そのようにできるようになったら、また楽しくなるかもしれないと思ったのです。

しかし結果的に10m泳げるようにはなってきたものの、やはりそのような10m泳げるようになった途端に、すぐに辞めてしまいました。

今泳げと言われたら泳げるのかは、非常に謎が残るところがありますが、辞めたがっている状態で無理やり続けさせても、もしかしたらいいことはないのかもしれません。

そのような意味では決断早く、すぐに辞めるというのも一つの方法なのかなとも思います。

さらに後日談ですが、この次女に関しては、新たに習い事を始める時も簡単にやめられないのかもしれないと思うことから、躊躇するようになってしまいました。

無理やり続けさせるというのはいいのか悪いのかというのは、なかなか微妙なところがあります。

目標が高すぎる

なぜ飽きっぽいのかと言うと、大体の場合は目標が高すぎるケースが多いです。

例えば何か楽器を始めるとしても、プロのようにならないといけないと勝手に思っているところがあります。

決してプロのようになる必要もなく、楽しむ程度というのでも全く問題はないのですが、基本的に目標が高すぎ、それを目指し頑張るのは良いけれど、そこから燃え尽きると一気に飽きてしまうというところがあります。

すぐ挫折してしまう

そのような意味では、挫折しやすい性格であるとも言えるでしょう。

少し難しい事があったり、嫌なことがあったりすると、すぐに挫折をしてしまうというところもあります。

そのような意味では、粘り強さがないというのはあります。

ただ粘り強く挫折をしなければ良いのかと言うと、そのようなことばかりでもないので、飽きっぽい性格な人が悪い性格だというわけでもありません。

無理やり向いていないことを、ずっとやり続けるというのも辛いものがあります。

チャレンジし続けているけど、やっぱり駄目だったということで結果的に自信喪失になってしまう可能性もあります。

このような事を考えると、挫折してしまうということは決して悪いことばかりということでもありません。

このような場合は、むしろ自分が向いていることや、好きなことをやって自信を取り戻した方が良い傾向にもあります。

成功体験が少ない

なぜ飽きっぽいのかと言うと、成功体験が少ないというところもあります。

もしくは成功しているのに、自分では成功と見なさないからこそ成功体験をしていないと思っている傾向にあるのかもしれません。

完璧主義で理想が高すぎると、その成功したというような実感を持つことが難しくなることから、なかなか成功体験を積めないというところもあります。

やはり成功体験と言うと、苦労した先に結果、成功したというような経験の方が達成感があるというところがあります。

飽きっぽい人は、この達成する前に挫折をしてしまうというところがあり、結果的に成功体験が少ないところがあります。

達成し自信を得たことがない

基本的に、そのような達成をしてからの自信を得たということは、あまりないというところもあります。

辛いことを乗り越えて、自分もできたという成功体験に積み重なるところがあるのですが、そのような達成感を得た経験があまりないというところもあります。

このようなことから、成功体験と感じられることが少なく、結果的に自信が持てず、すぐに挫折してしまうというところがあります。

集中力がない


さらには、このような傾向の性格の持ち主の方は、集中力があまりないというところがあります。

ある意味熱せられている時は、非常に集中力があるのかもしれないけれど、それも長く持続しません。

だからこそ、すぐに気が散ってから他のことをしてしまうということもあります。

確かに何かを成し遂げるには、そこそこの集中力は必要です。

しかし、そのような集中する力があまりないということも、飽きっぽい人の特徴のひとつです。

飽きっぽいのは悪いことじゃない?!

飽きっぽいと言うと、あまり意味で使われないことが多いですよね。

特に日本人に関しては、続けることに美徳を感じるという人が多いです。

よく仕事でも、1年は続けなさいと言われたりしますよね。

ただ最近は、終身雇用もありませんし、嫌な職場だったらさっさと見切りをつけて新たな所に行くというのも一つの選択肢です。

このようなことから、飽きっぽいことと言うと、あまり良くないことのように言われますが、決して悪いことばかりでもありません。

飽きっぽくて悩んでいませんか?

皆さんは飽きっぽい性格である方に悩んでいる人はいませんか?

さらには、自分自身が飽きっぽいということで悩んでいるということもあるかもしれません。

しかし飽きっぽい性格というのは、決して悪いことばかりでもないのです。

このようなことから、そんなに悩む必要性もありません。

では飽きっぽい人の特徴や、飽きっぽい人のメリットとは、どのようなところにあると思いますか?

色々と飽きっぽい人の原因や、飽きっぽい人のメリットなどについて見ていきましょう。

飽きっぽい人のメリットと言うと意外に思うかもしれませんが、飽きっぽい性格は決して悪いことばかりでもないのです。

飽きっぽい性格は育った環境の影響が大きい

なぜ飽きっぽいのかと言うと、基本的に育った環境が大きいところがあります。

なぜならその感情は、ある程度の環境がものをいうところがあるからです;

子供が飽きっぽくて悩んでいるということであれば、ひょっとしたら家庭環境に何かあるのかもしれません。

では飽きっぽい性格に育つ環境とは、どのようなものがあるのでしょうか。

飽きっぽい人が育つ環境について色々と考察していきましょう。

お子さんが飽きっぽくて悩んでいるという人であれば、もしかしたら少し環境改善することで解決する可能性もあります。

ただ子供はこうすれば必ずうまく成長するとは限らないところがあるので、参考程度に留めてください。

親の性格や教育が左右する

飽きっぽいというのは、基本的に親の性格や教育に左右されるというところがあります。

そもそもこの飽きるという現象ですが、脳科学的に言うと、脳の働きがうまくいかない状態になると飽きてしまうという状態になります。

例えば「テスト勉強を頑張ったらお菓子を買ってあげるよ」と言われたとしましょう。

そうするとお菓子が欲しいがために、本当はやりたくない勉強という作業であっても、脳の働きかすんなりと行くというところがあります。

このようにちょっとした動機づけで、脳の働きというのは出来るようになってくるところがあるのです。

さらには親自身も飽きやすいということであったりすると、お子さんも飽きやすくなる一面はあるかもしれませんね。

飽きっぽい性格にもメリットがある

飽きっぽいと言うと、あまり良くないイメージで使われることがあります。

そう言われると、あまり嬉しくないという人も多いでしょう。

しかし飽きっぽい性格というのが、必ずしも悪いことばかりでもありません。

では飽きっぽい性格のメリットについていろいろと見ていきましょう。

偏見が少なく何でも受け入れる

飽きっぽい性格の人は偏見が少ないという一面があり、とにかく何かを始めてみようという事になる一面があります。

ですので、とりあえずやってみるという精神力があることから、噂などに振り回されず、ひとまず試したみた結、果どのように自分が感じたかということを選ぶことができます。

ですのである意味、周りに振り回されないところがあり、自分の経験から色々と判断ができるというのは決して悪いことではありません。

例えば仕事においても「この仕事は大変だ」と言われ続けていても、実際にやってみたら天職だったということもあるかもしれません。

このように、偏見が少ないというのは、色々な経験をする上で非常に大切なことです。

自分の精神の弱さを理解している

飽きっぽいと言われ続けていると、やはりあまりポジティブな言葉ではないということから、自分の精神的な弱さについて色々と向き合うことがあります。

確かに成功体験が少なく、すぐに挫折をしてしまうというところもあるのかもしれません。

しかしその精神的な弱さを知った上で、どのように対処していくのかを講じる事も一つの賢い対処方法です。

変に自信家にならない

そのような意味では、変に自信家にならないと良いところがあります。

よくありがちなのは、自分もこれぐらいできるという風に言い続けているにもかかわらず、なかなかチャレンジしたがらないという人はいませんか?

このような人は、変に自信家ではあるものの、失敗した時の事を考えるとなかなか行動に移せないというタイプの人なのです。

このような人は、自信家だけど成功体験が少ないという非常に困った事になってしまうことがあります。

自分自身の気持ちに素直

ある意味、このように飽きっぽい人は、自分の気持ちに素直なところがあります。

心にもないことを言ったりすると、自分の心に嘘をついている状態になり、何らかのタイミングでほころびが出てしまうことがあります。

やはり自分の気持ちにはある程度、素直である必要があります。

やりたくないことを無理にやっていると、そのうち精神的な病になってしまうかもしれません。

しかし飽きっぽい人は、自分の気持ちに正直な人なので、やりたいことはやりたい、やりたくないことはやりたくないという気持ちがあります。

自分の気持ちに正直だからこそ、精神的に健康な状態を保つことができます。

いろいろな経験ができる

やはりこのように飽きっぽい人の一番のメリットは、色々な経験ができる一面にあります。

色々な経験をした上で、どのようなことが自分に向いているのか、どのようなことが好きなのかということが分かるところはあります。

いろいろとやってみるうちに、色々な自分の好きな事や向いていることを見つけ出すことが出来るという点から非常に良い一面があります。

知識が豊富になる

色々なことがチャレンジできるということから、知識が豊富になる一面があります。

実際に体験した知識というのは、大きな財産です。

例えば掲示板などで、「〇〇は体験してみてどうでしたか?」というような質問された時に、自分の経験を答えることができます。

その上で自分がどう感じたかということも、アドバイスすることができますよね。

この経験は決して悪いことではありません。

ゆくゆくはお子さんが生まれた場合、子供にどのように教えてあげるのかということも経験を積むことでできるようになるところがあるのです。

確かに飽きっぽくなくて、一つのことを極めるという生き方も大変素晴らしいことです。

ですがその一方で、その道しか知らないというところがあり、柔軟性に欠ける可能性も否定できません。

このようなことから、飽きっぽい性格というのは決して悪いことではないのです。

いろんな人の気持ちが分かる

色々な経験をすることから、色々な人の気持ちがわかるようになります。

さらには飽きっぽいということは、ネガティブな言葉をかけられていると、そのような言葉がけをさせられることに関する心の痛みについてわかっているところがあるでしょう。

だからこそ人に優しく出来たりするというところもあるでしょうし、このような時はこうしたら良いというような対処方法なども色々と分かるところがあります。

このような事を鑑みると、人の気持ちがわかるというのは、色々な経験からくるところがあるのです。

クリエイティブな仕事に向いている

このような人は、基本的にクリエイティブな仕事に向いている所があります。

クリエイティブな仕事というのは、基本的に一筋縄ではいかず、必ずこの方法が向いているということはありません。

このようなことから、クリエイティブで常日頃変化を求められるような仕事については向いている所があります。

最近は、このクリエイティブな仕事というのも、ハードルが下がってきて取り組みやすいようになってきました。

在宅で記事を書くようなお仕事も、その一つなのではないのでしょうか。

文章と言うと、たいていの方は作文を書いた経験があると思われますが、そのような延長上で書くことができます。

さらには仕事内容によっては、フィールドバッグなどもありますので、次はこのようにしたら良いということを取り入れながら書いていくことで、多くの人は収入を得ていくことができます。

もちろん絵が得意という人は、デザイン関係の仕事も在宅でできるでしょう。

最近はブログなどで、漫画を書いていき、そこから声がかかるということもあるようです。

このように今は面白い世の中ですので、クリエイティブな仕事というのも簡単にありつけやすいところがあります。

昔はどちらかと言うと、その専門職でないとというようなところがありましたが、最近は在宅ワークの斡旋をするようなところで、すぐにありつけるようになってきました。

そのような意味では、非常に面白い世の中です。

このようなことから、クリエイティブな仕事を人は試してみるというのも一つの手です。

それで、もしそのクリエイティブな仕事に飽きてしまったとしたら、それはそれでまた違う道を探してみるというのも手ですよね。

刺激の多い高度な仕事

基本的にクリエイティブな仕事というのは、刺激が多いところがあり、飽きっぽい人を飽きさせないところがあります。

一辺倒ではないというところがまた、脳を刺激するところがあるのです。

飽きっぽい人というのは、この脳の働きがすぐに上手くいかなくなるというところにあるのです。

しかしクリエイティブな仕事で、色々と脳の刺激が多いということから、飽きっぽい人でも取り込みやすい所があります。

また個人でブログなどを試してみるのも面白いかもしれませんね。

広告収入などもあるでしょうし、さらにはアフィリエイト的な感じで何か商品を紹介することで、もしかしたら利益が手に入るかもしれません。

最近はいろいろな人が取り組んでいるので、そんなに簡単には利益が出ないかもしれませんが、このようにクリエイティブなことをしながら楽しめるということでやってみても良いでしょう。

最初の行動力が周囲の人を引っ張る

飽きっぽい性格の人というのは、初めの原動力は非常に強いものがあります。

これは無茶だろうと思ったことでも、なんだかんだでできてしまうというような強いエネルギーを発することができるのも、このような飽きっぽい人の特徴です。

何かを始める時の原動力やエネルギーが凄まじいからこそ、それを持続することができないというところもあるのかもしれません。

しかしこのような最初の行動力は、周囲をも引っ張り、結果的に周囲の人も引き込まれていくというところがあります。

確かに、このように引き込まれで何かを始めた人が、言い出しっぺにも関わらず急に飽きられてそっぽを向かれると「え?」と思うかもしれませんが、この最初の行動力というのは非常にエネルギーのいることです。

このようなことを考えると、その初めのエネルギーを出すことに協力するという意味では、飽きっぽい人は重宝されるのかもしれませんね。

まとめ

飽きっぽいと言うと、非常にネガティブな感じで捉えられるところがあり、その事に悩んでいる人も多いでしょう。

自分自身が飽きっぽいということで、悩んでいることもあるかもしれませんし、もしかしたらお子さんが飽きっぽいことで悩んでいるかもしれません。

あまりに物事が持続しないタイプということで、どちらかというと日本においては良いイメージを抱かれないところがあります。

しかしそのような子事は、決して悪いことではなく、初めの原動力は非常に高いものがありますし、さらには色々な経験を積むことができます。

仕事においても、転職が多いということでネガティブに考えられてしまうところもあるかもしれませんが、ある意味一生のうちで色々な仕事を体験することができるというのは決して悪いことではないのかもしれません。

だからこそ飽きっぽい性格というのを、ネガティブに捉えるのではなく、良く捉え色々なことに果敢にチャレンジしていきましょう。

このような果敢なチャレンジこそが、財産になるということもあります。

そして「これは」というものを見つけたら、ちょっと努力してみるという方向性で続けてみるのはいかがでしょうか。

仕事でしたら話は別ですが、趣味の範囲でしたら何もプロになる必要はありません。

気楽に楽しむことを続けるということも、ちょっとした成功体験を積み重ねる貴重な経験になるのではないのでしょうか。