若いころは、見た目にこだわり自分のルールの中で生きてきたものです。

そのため、たとえ便利そうだとわかっていたとしても、見た目を重視してそれを敬遠する事もあったでしょう。

どんなに寒くても生足を出してみたり、不便だとわかっていても小さなカバンを持ち歩いてみたり。

そうする事によって自分自身の中の自信を保ってきたのかもしれません。

だからこそ、存在は知っていてもあえて使用しないようなものも多々あるのです。

そんな中、最近若い人たちの中にも浸透してきたものがあります。

それがママチャリです。

ママチャリといえば、おばちゃんというイメージが強いかもしれません。

その為、少し前までは若い人たちにはあまり人気はありませんでした。

どちらかというと、マウンテンバイクやおしゃれな折り畳み自転車などが注目を浴びており、ママチャリを乗っていることは恥ずかしい事だと思われてきたのです。

ですが、最近ではその考え方に変化が起きているのです。

見た目重視の自転車にはないママチャリの機能性が注目されてきたという事もあり、最近では街中でママチャリをよく見るようになりました。

このように時代の変化により、いったんは人気が下がったものでも何かをきっかえにして改めて人気が復活する事もあるのです。

まだその人気の秘密に気が付いていない人は、この機会にママチャリの魅力を再確認してみてはいかがでしょうか。

この記事を読み終わった後には、ママチャリを買いに行きたくなっているかもしれません。

ママチャリを侮るなかれ!


「ママチャリ」というと、どうしても地味な自転車のイメージが強くなりがちです。

だからこそ、あまりおしゃれと言えるものではありません。

その為、若い人たちからはどうしても敬遠されてきた時代があります。

ですが、最近ではそのママチャリの人気が再燃してきているというのです。

それはママチャリの機能性の高さにあるのでしょう。

ママチャリというと、どうしても野暮ったいイメージになってしまいます。

ママチャリと聞いておしゃれだと思う人は少ないでしょう。

ですが、自転車にとって一番大事な事は見た目ではなく機能性です。

もちろん、見た目が素敵である事に越したことはないものの、そこだけにこだわるとどうしても機能性がついてこないのです。

そのため、結果的に使いにくい自転車になってしまう事があります。

タイヤが小さかったり、籠が無かったりする自転車は、見た目はおしゃれな場合が多いです。

売り場で見る分には最先端のおしゃれ自転車のように見える事でしょう。

ですが、実際に乗ってみると、いろいろと不都合が出てくる場合があります。

全く使用する事が出来ないほどではないものの、どうしても使いにくさを感じてしまうのです。

そんな時に、より存在をアピールしてくるのがママチャリです。

ママチャリは見た目はいまいちかもしれませんが、機能性に関しては高いものが多いです。

また、ママチャリはスペックが高いだけではなくコスパが良い事でも知られています。

だからこそ、自転車にあったら良いなと思う機能がしっかりと搭載されているのです。

その為、満足した使用感を楽しむ事が出来るでしょう。

いまだに『ママチャリ』というだけで試乗もせずに、ママチャリを敬遠している人も沢山います。

ですが、実際にはとてもいいものをたくさん持っているのです。

昔からあるイメージにとらわれることなく、柔軟な対応をしてほしいと思います。

ママチャリはただの自転車ではない

「ママチャリ」と聞くと、どうしてもおばさんの乗る自転車を想像してしまうかもしれません。

だからこそ、どうしても冴えないイメージが強くなってしまいます。

ですが、実際にはママチャリは単なる自転車ではなく、もっと高い素質を持ったものとなっているのです。

その為、その個性をしっかりと理解して行動する事が出来るようになると、あなたの人生をより豊かなものにしてくれる存在に出会えるのかもしれません。

まず、ママチャリというくらいですからママが使用している機会が多いのでしょう。

その大きな理由としては、荷物をきちんと乗せる事が出来る点です。

というのも、ママになると想像以上に荷物が増えます。

買い物に行こうと用意をした段階で、すでに多くの荷物を持って行動しなければならないのです。

だからこそ、きちんと荷物が乗ることが重要です。

さらに言えば、安全面を重視してあるのも特徴です。

子供を乗せて走る人も多いことでしょう。

その場合、安全に走ることが出来るかどうかも重要なポイントとなります。

フラフラしてしまっては危険です。

命に関わるような事故に繋がってしまう場合もありますので、そういった面を考慮して、作られている自転車を選ぶ事も重要なポイントとなります。

そういった意味でも、それらを加味しているママチャリは大変便利なものであり、ただの自転車とは違うと言っても過言では無いのかもしれません。

シティバイクとも呼ばれる

『ママチャリ』と言うと、どうしてもダサい印象になってしまう事でしょう。

若い女性などからすると、そこに魅力を感じずに乗ることに躊躇してしまう事もあるかもしれません。

そのせいなのか、最近ではママチャリではなく自転車をシティバイクと呼ぶ事もあります。

『ママチャリ』と言われるよりは『シティバイク』と言われた方がやはり、今時なイメージがします。

このように、人はイメージを重視する生き物なのです。

特に若い方の場合には、見た目やイメージを重視する事は珍しい事ではありません。

それがあるからこそ、気合いを入れて世間を渡り歩くことが出来るなんて事もあるかもしれないのです。

だからこそ、自分がそのイメージを大事にしたいという希望があるのであれぼ、そこを重視する事も悪い事ではありません。

ですが、それによって不便を感じているのであれば、それはそれで気をつけなければならない事もあるでしょう。

そんな時に、役立つのが名前の変化です。

実際の内容は変わらずとも、その呼び名を変えるだけでまるで新しいものを試しているような気持ちになる事が出来るのです。

そうすることによって、抵抗感が少なく感じる事もあるものなのです。

今まで『ママチャリ』と言うだけで、使用する事に対して躊躇していた方も、これを機会に使用してみようと思う事が出来るかもしれません。

一度ママチャリを利用してみると、その便利さに気が付き、どんどんと自分の生活の中に無くてはならない物に変化するかもしれません。

それだけママチャリは魅力的なのです。

最近は電動式のものも増えている

少し前まで、電動付きの自転車は高齢者の人に向けて作られたものと思われていました。

そのため、若い人でその自転車に乗っている人は、怠けているような元気が無いような、残念なイメージになってしまったものです。

ですが、それもまた時代と共に変化してきています。

まず、大きな変化としてはママチャリに電動柄搭載されている事が当たり前になりつつあるのです。

その為、若い方が電動付き自転車に乗っていたとしてもそれほどおかしなイメージにはならないのでしょう。

ママチャリの場合、当然の事ながら子供を乗せるために購入を検討される方も多い事でしょう。

その場合、自分の体重と合わせて子供の体重も一緒に運ばなければな無くなってしまいます。

お子さんにもよりますが、一人で自転車に乗れるようになり、公道を走ることが出来るようになるには長い年月が必要となります。

その間に子供はどんどんと大きくなっていくのです。

重さも10キロを超え、お母さんにかかる負担はかなり大きくなります。

荷物の重さを考えれば尚のことです。

だからこそ、そんな時に役立つのが電動付きの自転車なのです。

電動付きの自転車にすることにはよって、体にかかる負荷をいつもと同じ程度にしつつ重い荷物や子供を安全に乗せることが出来るようになります。

そうする事で、より生活に密着したものとして使用していく事が出来るのでしょう。

パンクしないタイヤのものも増えている

自転車で最も困るトラブルの一つにパンクがありす。

パンクしてしまうと、勿論そこから進むことが出来なくなってしまいます。

無理をして自転車に乗り続けようとすれば、ゴムが悪くなってしまう事もあり、更にひどい故障に繋がってしまう場合もあります。

だからこそ、タイヤがパンクする事は自転車にとって死活問題です。

そんな大きな問題となるタイヤのパンクですが、最近ではパンクがしないようになっているタイヤもあるそうです。

タイヤがパンクしない理由にはいくつかあります。

まず、そもそも空気が入っていないというものもあります。

空気が入っていない場合には、例え釘などを踏んでしまった場合にも、そのままパンクとならずに使用することが出来るのです。

また、タイヤのゴムが特殊なもので出来ており、釘などが刺さりにくくなっているのもあります。

それらのタイヤが使用されているものを選べば、自転車のトラブルを回避しやすくなります。

一人で使用している時は勿論ですが、子供が後ろに乗っている際にパンクをしてしまうととても大変です。

荷物もあり、途方に暮れてしまう事もあるかもしれません。

そんな事態を避けることができるという意味でも、パンクしにくい自転車には価値があるのでしょう。

ついつい値段のことを気にしてしまいがちですが、実際問題として安全をお金で確保することが出来るのもメリットとして考えてみれば、決して高いものでは無いのではないでしょうか。

ママチャリでのNG行為に注意

とても便利なママチャリですが、どんなに便利なものでも使用には注意が必要な場合もあります。

むしろ便利なものだからこそ、使用には細心の注意を払わなければならないのかもしれません。

そうしないと、結果的にいいものが悪いものになってしまう可能性があります。

だからこそ、正しい使い方を知る事によって、より便利なものを便利に使用する事が出来るようになるのでしょう。

自転車には自転車のルールがあります。

そのルールをきちんと知らずに使用してしまうと、便利なものが不便なものに変わってしまう場合もあります。

また、予期しないトラブルにつながってしまう事だってあるかもしれません。

ママチャリは、自分一人で乗る場合ももちろんありますが、場合によっては後や前に子供を乗せている場合もあります。

その場合、自分だけではなく大事な子供を危険な目に遭わせてしまう事につながってしまう場合もあるのです。

それは決して良い事だとは言えないでしょう。

だからこそそうならないようにする為にも、正しいルールを知る事はすべての人の幸せの為にも大切です。

たかが自転車と思っている人もいるかもしれません。

ですが、その自転車がきっかけとなり人の命に関わるような出来事につながってしまう事もあるものなのです。

そうならないようにする為にも、自分に出来る事を意識しながら少しずつ学ぶ姿勢を維持していきましょう。

歩道を走っても良いの?


最近よく問題になるのは、自転車を乗る際の走る場所です。

というのも、昔は自転車は当たり前のように歩道を走っているものでした。

ですが、それによって起きる事故が多発した事もあり、最近では自転車が歩道を走る事を禁止する条例が作られています。

そのため、歩道を走った場合には、罰金が科せられてしまう場合もあるのです。

それはママチャリも同じことです。

歩道を走る事が許されているのは、13歳以下の子供か70歳以上の高齢者のみとされています。

たとえ子供が乗っていたとしても、運転しているのが母親の場合には基本的には歩道を走ってはいけない事になっているのです。

ですが、そのルールは絶対ではありません。

道によっては自転車が走る事が許されている歩道もあります。

きちんと標識が出ているので、それを確認する事によって判断をする事が出来るでしょう。

また、あまりにも交通量が多い道などの場合にはあえて歩道が大きくとってある場所もあります。

そうした場所では、速度に気を付け歩行者の邪魔にならないように運転すれば問題ないとされています。

子供を乗せているからといって、すべての場合で許される事ではありません。

ですが、時と場合によっては許可されている事もあるのです。

だからこそ、その状況に合わせて自分が選んでいく必要があるのです。

つい子供を乗せていると、安全面を考えて歩道を走りたいと思う人もいるでしょう。

ですが、ルールで決められている以上必ずしもそれが許されるかどうかはわかりません。

だからこそ、自分の気持ちだけではなく周りの人の意見を参考にしつつ、周りの人の迷惑にならないように行動を決めていく事が重要なのではないでしょうか。

リア無しで二人乗りはダメ

リアとは、子供を乗せる際に使用する専用のシートの事を指します。

いくら「ママチャリ」と言っても、そうしたものが付いていないものの場合には子供を乗せる事は禁止されています。

これには安全面を考慮した考え方もあります。

リアが付いていない状態で子供を乗せてしまうと、ちょっとした段差の勢いで子供が落ちてしまう事もあるかもしれません。

また、倒れてしまった際も、けががよりひどくなってしまう事だってあるかもしれないのです。

どんなに自分が事故に気を付けていたとしても、いつどこで被害に遭うかどうかは分かりません。

だからこそ、自分の身を守るのと同じかそれ以上に子供の身を守るという意味でもリアを使用する事はとても大事なポイントとなるのです。

最近では、リアを後から取り付けたり、反対に取り外す事が出来るようになっているものも沢山あります。

だからこそ、一時の事とつけるのを渋るのではなくその時その時に合った装備をきちんとつける事が何よりも重要なポイントとなる事でしょう。