皆さん日本にはとっても多くの苗字がありますよね。

そんな苗字の中でも日本で一番多い苗字などはほとんどの人がご存知ですよね。

だって多いのですから会う機会もそれだけ多いって事ですよね。

今回はこの逆で日本で一番少ない苗字に注目してご紹介していきます。

日本には29万もの苗字があるんです!

私達が暮らしている日本では現在登録されている苗字は約29万にもなります。

この莫大な苗字の中には1世帯しか存在していない超ゲキレアな苗字の人達が存在しています。

登録が1世帯しか存在していない苗字の人達も意外と多いんですよ。

登録世帯が1世帯の苗字は1つだけでは無く複数存在しているのです。

もしこの苗字の人と関わり合いがあった場合にはとっても貴重なめぐりあわせになるでしょう。

日本の全世帯の中からピンポイントで1世帯の人に出会ったのですから…

って言っても苗字に関してですけどね。

苗字に関係しなければどんな人との巡り会わせでも日本全国でたった一人に出会ったという偶然や必然の出会いになります。

もっと言いますと全世界の中でもその一人にめぐり逢ったのですから。

出会いには良いと思える出会いやあまり良くない印象の出会いもあるはずです。

どんな出会いでも必ず自分を成長させてくれます。

人と人とのめぐり逢いを大切にして良くないと思える出会いだとしてもその経験を活かす事は必ずできます。

どんな出会いも大切にして下さいね。

1世帯しかない!一番少ない苗字は!?


それでは、約29万の登録されている苗字の中でも1世帯しか登録されていないとっても珍しい苗字をご紹介していきます。

苗字の漢字もとっても珍しい字を使っている苗字もありますよね。

はじめて漢字を見た人は読めないかもしれませんね。

また、自己紹介された時に「え?今なんて言いました?」(どんな漢字を書くんだろう…)なんて思う苗字もあります。

もしかしたら珍しい苗字だなと思っているだけで既に出会っている人は1世帯しかいない苗字の持ち主だったかもしれませんよ。

東京(とうきょう)

東京と聞くとそのまま東京都をイメージしますね。

東京に住んでいた人が東京さんを名乗ったのが語源だと言われています。

この事から東京都に住んでいるのかなと思ってしまいますが現在ではこの東京という苗字は大阪府に1世帯だけいるようですね。

鹿児島県にもわずかに見られるようですがその真相は…

世帯数的には1世帯とされていますが東京を名乗っている東京が苗字の日とは10人程度いるようです。

苗字ランキングでは全国の苗字順位77,118位となっています。

何だか都会っぽい苗字ではありますが駅や地名で聞きなれていますのでそこまで珍しいのかな?なんて思ってしまう苗字ではないでしょうか?

他にも地名が苗字になっている人は全国には非常に多くいますよね。

この事から東京という苗字ももっと多いイメージがあるかと思いますが実はとっても少ない超ゲキレアな苗字だったのです。

他の地名が苗字になっている人ももしかしたら1世帯とは言いませんが珍しい苗字かもしれませんね。

少なそうだなと思わないのもが少ないということは世の中には他にも多くあります。

自分のイメージや常識だけで判断しないで正しい情報とリサーチ力などが必要ですね。

辺銀(ぺんぎん)

この苗字の漢字は漢字から何となく読めるかもしれませんが、自己紹介の際に口頭で「ぺんぎんです」なんて言われた時には本名だとは思わないでニックネームやSNS上での偽の名前かな?なんて思ってしまう苗字ですね。

「本名です」なんて言われても、免許証などを見るまでは何だか疑ってしまうぐらい可愛くてキュートな苗字ですよね。

しかもこのぺんぎんさんは口頭で言われた場合には漢字がパッと思い浮かびませんよね。

とっても印象が強い苗字で出会った場合には忘れないインパクトがあります。

このインパクトのある苗字はその由来を聞けば納得できるかと思います。

だって日本の昔からある苗字で「ぺんぎん」って何だかイメージし難いですよね。

この答えは1世帯しかいないその地域が分かれば見えてきますね。

現在は沖縄に1世帯だけとなっています。

もう何となくわかりましたよね。

渡米人が日本に帰化した時の帰化苗字なのです。

所謂当て字となります。

沖縄に集中している苗字なのがわかりますね。

蓼丸(たでまる)

蓼丸という苗字を聞いた時にピンと来た人もいるのではないでしょうか?

実はある有名人の本名がこの蓼丸という苗字なのです。

現在は広島県に1世帯だけ存在している苗字となっています。

数え方によっては10世帯ほどになるようですが…

この蓼丸の語源は野原(原野)などに立っている建物が蓼の語源になります。

昔で言うところのお城を守る城壁やお堀がこの蓼にあたります。

伊達氏とも関連しているとも言われています。

皆さんも社会科で勉強してご存知の中臣鎌足が天智天皇から受け賜わったはじまりの氏(藤原氏)山蔭流があります。

城壁などのしっかりした由来の苗字の蓼丸さんですが有名人の名前も知りたいですよね。

皆さんも良くご存知の「綾瀬はるか」さんの本名が「蓼丸」さんなのです。

とっても珍しい苗字ですので日本人では無く日本以外のアジア圏(中国や韓国など?)の国籍の人?とも思われてしまう噂もあったようですが、語源もしっかりとした日本の苗字です。

ただ世帯数が非常に少なく聞きなれない苗字ですので、日本人ではないなんて思われてしまったのかもしれませんね。

ちなみに蓼丸の苗字は全国苗字順位では第88,716位となります。

野ざらし(のざらし)

野ざらしって何だかスゴイ苗字ですよね。

しかも全てが漢字ではなく、送り仮名的な苗字はかなり珍しい苗字になります。

この苗字の語源は今のところ定かにはなっていません。

現在沖縄県に1世帯実在しています。

野ざらしさんの全国苗字順位は第84615位です。

奉日本(たかもと)

奉日本の漢字からその読み方は想像できませんよね。

逆に口頭で「たかもとです」なんて言われた場合には、この漢字は思い浮かびませんよね。

漢字と読み方のギャップの大きい苗字になりますね。

最近の苗字ではなく、名の方の当て字とは違い漢字からは読めない苗字ですね。

奉日本(たかもと)さんは現在大阪府に1世帯実在している苗字となります。

伝統的な由来があるそうなのですが、その語源はまだ明確には解明されていないようです。

今となっては確定できる文献などがない場合は憶測でしかありませんが、珍しい苗字から色々と想像するのも良いですね。

こうだったのかな?もしかしたらああなのかな?なんて夢が広がりませんか?

とっても珍しくて漢字も日本が入っている苗字ですので、絶やしたくない苗字の一つとなりますね。

奉日本は全国苗字順位では第84,443位となります。

凸守(でこもり)

凸守という苗字も1世帯しか実在していない貴重な苗字になります。

しかも凸凹の凸の漢字?を使っている苗字はかなり珍しい事が見ただけで分かりますよね。

この苗字は現在大阪府に1世帯実在しています。

漢字から察すると何かを守っていた人の家系なのでしょうか?

由来などが現在、確定させることのできる文献などが無く定かではない為予想にはなりますが凸を守っていたのかな?なんて思いますよね。

凸って何なのでしょうか?

想像力が湧きたてられる苗字ですね。

凸守は全国苗字順位では第84,615位となります。

蟋蟀(こおろぎ)

蟋蟀さんという苗字の方も1世帯だけ実在している苗字なのですが、その語源や由来などの詳細は不明となります。

蟋蟀というぐらいですので、昆虫のコオロギに関係するのでしょうか?

どんな事が元になった苗字なのか想像力が湧きたてられる苗字ですね。

蟋蟀といっても種類が豊富にありますので、どのコオロギが由来なのかな?なんて考えて調べてみるとコオロギの事がもっと知りたくなってくるかもですよ。

コオロギさんが現在どこに在住しているのかも個人情報保護法の観点から以前のようにどこに在住なのかは調べる事はできません。

どこかで蟋蟀さんにめぐり逢った人はその由来や語源など聞いてみると良いかもですね。

勘解由小路(かでのこうじ)

この苗字は京都府に在住している人はピンと来た人がいるかと思います。

知って見える人も多いかと思いますが京都府にある小路の名前なのです。

勘解由使庁の所在地が由来になっています。

この場所に屋敷を構えて財を成した称号として地名をそのまま苗字として使ったことが由来とされています。

他にも由来とされる節があり元々は公家の苗字だったという由来です。

平安京の勘解由小路がその由来になっているというのは共通していますね。

この勘解由小路は現在登録してある苗字の中で唯一の漢字5文字の苗字となります。

苗字だけでフルネームを書いたようにも思えますね。

とっても重厚で格好良い苗字ですが、テストなどで名前を書く場合には大変そうですね。

ただでさえ漢字の数が多いのに画数もかなり多い重厚な苗字ですよね。

また、小説家の名前?なんて思われた人もいるかと思いますが、そのイメージは合っていますよ。

実は勘解由小路資淳が小説家の武者小路実篤の養子になってから勘解由小路の投手になったとされていますので、小説家のイメージは正しいイメージですね。

というか、どちらも重厚でスゴイですよね。

何処までが苗字でどこから名なのか分からないですよね。

現在では山口県に在住しているようです。

全国苗字順位では第94,531位となります。

邪答院(けいとういん)

この苗字も詳しい詳細は分かっていない苗字になります。

登録では1世帯の登録があるようです、が個人情報保護法の観点からどこに在住しているのかは不明です。

由来についても詳しい書籍などがない為分からないのです。

個人的にはマンガなどで登場しそうな苗字で格好いいななんて思ってしまう苗字ですね。

何だか強そうですよね。

少ない激レアな苗字11選!


他にも珍しい苗字が日本には沢山あります。

その中からいくつか抜粋してご紹介させて頂きますね。

もしかしたらあなたの苗字も激レアな苗字なのかもしれませんよ。

雲母(きらら)

現在登録されている世帯数は5世帯と少ない苗字ですね。

私はこの漢字を見ると「うんも」と読んでしまいます。

鉱石の雲母と同じ漢字なんですよね。

由来の一つとして、鉱石の雲母がキラキラと光っている様からこの苗字が出来たという由来もあります。

他には吉良や雲英の語源と共通する語源を持っているとも言われています。

静岡に多く在住しているようですね。

獅子王(ししおう)

この苗字は伝統的な苗字と言われている苗字になります。

現存する資料で確定できる由来はないのですが、由来は諸説あるようです。

2世帯と少ない珍しい苗字となります。

滋賀県に実在する苗字のようですね。

秀吉(ひでよし)

秀吉と記載があった場合に、名の方ではなく苗字の方をご記載くださいなんてなってしまいそうな苗字ですよね。

私と同じように苗字の印象よりも名の方の印象が強いと思う人は多いかと思います。

この苗字も伝統的な苗字のようで、発祥は備前…ではなく備後発祥らしいです。

あまり聞きなれない地名ですが、現在の広島県東部の当たりがこの備後になります。

秀吉の吉は佳字で、葦や芦の場合もあるそうです。

何だか難しいですよね。

簡単に言ってしまうと珍しい苗字って事ですね。

回り道(まわりみち)

同じまわりみちでと読む苗字で廻り道さんという苗字も実在しています。

どちらがより珍しい苗字なのかというと、廻り道さんの方が珍しいですね。

回り道さんと廻り道さんともに世帯数は少ないのですが人数となりますと、回り道さんが約10人で廻り道さんが約30人になります。

和歌山県に多い苗字になります。

この様に同じ読み方でも漢字が変わることでとっても珍しい苗字になってしまう苗字もありますよね。

例えば桜井さんと櫻井さんとではその数は倍…数十倍…数百倍以上の差があります。

同じ読み方でも元の漢字が変わると異なる苗字として登録されていますので、案外メジャーそうな苗字が珍しい苗字の場合もあるんですよ。

自分の苗字も調べてみると面白い発見があるかもですね。

小浮気(おぶき)

小浮気さんも伝統的な苗字となります。

千葉県の北部にある下総国相馬郡小浮気邑発祥などとも言われています。

その語源としては、小浮気の小はそのまま小さなという意味で浮気は湿地帯を意味します。

小さな湿地帯という意味が語源ですね。

私達が思う浮気とは全然違いますね。

猫屋敷(ねこやしき)

猫屋敷も伝統的な苗字となります。

発祥は今の岩手県の南部と北西部を除いた陸中が発祥と言われています。

登録されている世帯数は5世帯となる珍しい苗字です。

猫好きな人はこの苗字に憧れるかもしれませんね。

この苗字の人に「猫飼っていますか?」なんて是非聞いてみたいですね。

御薬袋(みない)

この御薬袋の漢字から推測するとお薬に関係しているのかな?なんて思いますよね。

この苗字のルーツは甲斐の国巨摩郡薬袋村がルーツとなります。

よくある地名が由来となっている苗字になります。

今でいうところの山梨県のあたりが薬袋村になります。

同じ読み方の苗字で薬袋さんがいますが、こちらも同様の由来となります。

しかし、なぜ薬袋で(みない)と読むのかなと不思議に思いますよね。

この由来もしっかりと残されていて、あの武田信玄が自分の持っていた薬袋を落としてしまいその薬袋を届けた家臣にその中身を見たか?と問い、「見ていません」という出来事から、この薬袋を届けた家臣の苗字として「薬袋、見ていない→みない」となったようです。

何だか納得できますね。

武田信玄は薬袋を持っている事を見たことがないぐらい常に元気でおられるなんて話も多数残されている事もこの由良に繋がるようです。

現在では登録されている世帯数は5世帯になります。

ぜひとも後世に残してこのルーツとなるお話を聞かせて欲しいですね。

降魔(ごうま)

この漢字を見るととっても怖いイメージか、逆の頼もしいイメージのどちらかの印象を持つかと思います。

降魔と言うとゲームなどで結構強力な装備につけられる事も多いですよね。

インパクトの強い苗字となりますが、その由来などを確定させる資料などは残念ながら見つけられていません。

登録世帯数は3世帯と少なくとっても珍しい苗字となります。

とってもカッコいい苗字ですよね。

四月一日(わたぬき)

この漢字だけですと「わたぬき」なんて読む事はできませんよね。

逆に口頭でわたぬきと聞いた場合は、綿貫などの漢字を思い浮かべてしまいますよね。

苗字でもあるのですが珍しい苗字はこの四月一日でわたぬきと読むわたぬきさんです。

もう1つ同じわたぬきさんで珍しい漢字の苗字があります。

四月朔日の漢字でわたぬきさんがいます。

ただ、珍しさは四月一日さんの方が珍しく全国に約10人しかいません。

四月朔日さんは全国に約230人と10人に比べると多いように感じてしまいますが、かなり珍しい苗字の一つです。

最近では漢検で難読漢字として出題されることもあるので、読み方を知っている人もいるかもしれませんね。

焼塩(やきしお)

何だかおいしそうな苗字ですよね。

漢字のままの由来で焼き塩職人をしていた人がその由来となります。

石川県で焼き塩をしていた場所がその起源ですね。

とっても珍しい苗字で全国に約10人しかいない苗字となります。

楽々浦(ささうら)

この楽々浦さんは伝統的な苗字となります。

発祥は但馬の国城崎郡楽々浦が発祥の地とされています。

苗字の多くはこのように地名が由来となっている苗字が多いですよね。

但馬の国とは今でいうところの兵庫県のあたりとなります。

全国苗字順位では第89,757位となります。

女性に聞いた!結婚したい苗字ランキング!

それでは独自に女性にアンケートを実施した結婚したいと思う苗字ランキングをご紹介していきますね。

自分が結婚をして苗字が変わったらなんて想像しながら見て頂けたらなと思います。

ここからは、苗字の由来や語源ではなく女性目線でのランキングした理由などをご紹介していきますね。

五十嵐(いがらし)

この苗字を選んだ人は、とっても多く珍しいけど聞いたことある苗字でカッコいいからなんて意見が多くありました。

確かにカッコいいですよね。

女性ならではの目線ですと、結婚して出来た子供が五十嵐だとカッコいいしそれだけでイケメンになりそうなんて意見もありました。

確かに子供につけたい苗字ですよね。

名前を考える時も何が合うのかな?なんて考えるのも楽しいですよね。

伊集院(いじゅういん)

伊集院は芸能人のあの人のイメージが強いですよね。

多くの人は知的な印象がするからと選んでいました。

確かに知的なイメージがありますよね。

他には珍しい苗字だけど聞きなれているから間違えられることもないし、女性が名乗っても良さそうだから等の意見もありました。

やはりここでも結婚を意識した場合、子供をイメージして子供につけたいからという意見も多かったです。

伊集院なら男の子でも女の子でも会う名前を付けやすいですよね。

田中(たなか)

ここでとってもありふれたイメージのある田中さんがランクインしています。

この田中さんを選んだ理由を聞くと納得できますよ。

田中はありふれているので相手に印象を与える事がない為、個人情報が守られるからなどの個人情報保護の観点から選ぶ人が多かったです。

ネット社会で情報過多の中逆にありふれた苗字に憧れている人も多いようです。

他には自分の名前が変わっているので、苗字ぐらいは普通になりたい等キラキラネームや最近の複雑な名前の人も多く選んでいました。

昔とは逆のイメージになりますね。

昔では珍しい苗字に憧れを抱いていたのですが、最近では名前が珍しくて苗字はありふれた苗字が良いと憧れているようです。

個人情報もありふれた苗字であれば特定されにくいというのも現代社会ならではの考えですね。

名前がかぶることがまずない人が選ぶ気持ちも分かりますね。

二階堂(にかいどう)

二階堂さんも芸能人でいますよね。

ランキングに入る苗字は珍しい苗字でも聞きなれているという条件が当てはまるようです。

この二階堂さんを選んだ人はこの聞きなれているけど珍しそうという意見と、他にアニメ(漫画)で登場している二階堂さんがカッコいいから結婚して二階堂さんになりたいなんて意見もありましたよ。

他にはやはり結婚したい苗字との事で子供に二階堂とつけたいという人もとっても多かったです。

結婚と聞くとやはり子供を意識して考えてしまいますよね。

橘(たちばな)

橘さんはこの一文字の漢字の橘さんが圧倒的に多かったです。

他の漢字の立花さんもいましたが残念ながらランク外となっています。

この漢字一文字の橘さんを選んだ人の多くは、アニメ(漫画)から選ばれた人が多かったです。

私もつい最近マンガ本で橘さんがメーンキャラのマンガを読んだばかりで、そのイメージとってもわかり共感出来ました。

カッコいいですよね橘さん…。

他の意見としては漢字一文字の苗字に憧れているや、漢字一文字の苗字が良いという人も多くいました。

そうですよね、苗字と言うと何だか2文字が基本みたいなイメージがありますよね。

苗字だけでなく名前も2文字が基本のイメージがありますよね。

一文字や3文字以上の漢字になっていると何だか特別感がありますよね。

この特別感が良いんでしょうね。

佐伯(さえき)

佐伯さんはそこまで珍しい苗字ではありませんね。

しかし聞いたことある苗字で友達や知り合い有名人などにもいる苗字ですが、何だか知的な感じがして憧れるという意見が多かったです。

他には画伯っぽいイメージがあるので、芸術センスが増しそうなんて意見もありました。

佐伯に画伯の伯が使われているからなのでしょうか?

結構この芸術的センスが高いイメージを持った人が多かったです。

才能が開きそうな気がしてきますね。

藤原(ふじわら)

藤原さんをはじめ、◯原という苗字を選ばれる人は多かったです。

中でもランクインしたのはこの藤原さんです。

有名人にも多くいますよね。

選ばれた人の意見としては強そうなイメージがあるや、優しそうなど人によって様々なイメージを持たれていました。

共通して良い人で守ってくれそうなイメージを持っているようです。

結婚を意識させるアンケートでしたので、家庭的で守ってくれる男性(結婚相手)のイメージを強く持った人が選ばれている印象が強かったです。

藤原の苗字の男性の皆さん、結婚したいと思っている女性多いみたいですよ。

イメージ通りに優しくて強い印象を与えるとその恋が実って結婚できるかもしれませんね。

佐藤(さとう)

佐藤さんもありふれた苗字なのですが見事ランクインしました。

女性の人からすると佐藤姓になりたいと思う人が多いようです。

男性や子供というわけではなく、単純に自分が佐藤の姓を名乗って女性らしくなりたいという意見が多かったです。

アンケートをした人は佐藤という苗字から女性らしい印象を強く持っている人が多かったですね。

確かに有名人でも佐藤と言うと女性の人のイメージが強いかもしれませんね。

デキル女性や素敵な女性として憧れの女性になる為のキッカケとして佐藤の姓に憧れてしまうようです。

確かに私のまわりでも佐藤という女性は素敵な人ばかりです。

山田(やまだ)

山田の苗字を選んだ人はありふれていそうで意外と山田さんに会ったことがないので、自分が結婚して苗字が変わるなら山田が良いって言う人が多かったです。

コレを聞いて私もまわりに山田の苗字の人って案外少ないなと思いました。

漫画やアニメにメディアでは山田太郎などメジャーな印象を強く持っていますが、案外現実社会では山田さんっていないかも?と同感してしまいました。

他にはやはり個人を特定されにくい苗字だからという意見が多かったです。

単純になりたい苗字というよりも現実的に考えて頂けているんですよね。

メジャーな苗字なのに案外まわりにいない苗字なんですよね。

結城(ゆうき)

結城さんも多かったです。

先にご紹介させて頂きました珍しい苗字でもありましたが、名前っぽい苗字が良いという意見もありましたよ。

他には単純に好きって言う意見も多かったです。

理由がない好きは本当の好きでもはや愛なんですよね。

◯◯だから好きではなて、◯◯だけど好きは愛なんです。

そんな愛にあふれた苗字なのかもしれませんね。

珍しい苗字だからといって恥ずかしがることはない!

日本に登録されている苗字は最初にご紹介した約29万種類もあります。

その中には珍しい(小数世帯)の苗字も当然存在しています。

珍しい苗字でも何にも恥ずかしい事は無いです。

逆にすごい事ですよね。

だって他にない特別なものを産まれたその時から既に持っているんですから。

日本は苗字や名前を真剣に考えて親御さんが付けてくれますよね。

こんな感じで名前の意味やどんな思いを込めて付けたのか等、深く考えて付けている国って案外少ないですよ。

苗字もその由来や語源もない国も多くあります。

例えばインドなどでは、全く同じ名前の人がクラスに数十人いるなんて当たり前で、人が多いところでインドの神様の名前を言ったら誰かが振り返るというぐらい同じ名前の人ばかりです。

アメリカでも色の名前など多いですよね。

当然その時の流行りの名前もあります。

日本では苗字は結構重要なことになりますが、国によっては苗字よりもファーストネームが重要で苗字はそこまで気にしていない人も多いです。

ファーストネームすら気にしていなくニックネームなどになっている人も多いですね。

自分から長いから短く自己紹介している人もいます。

苗字が多いメジャーで同じ苗字だろうが少なくてレアな苗字だろうが特に気にしていません。

大切なのはあなた自身です。

同じ苗字やレアな苗字だろうとあなたはこの世にたった一人だけしかいません。

みんなそれぞれ個性も持った個人です。

違って当たり前ですよね。

珍しい苗字だとしても気兼ねすることなく普通にしていたら良いですよ。

何だったら話のタネを考えなくても、勝手に相手が降ってくれると思えば会話も弾みますよね。

毎回同じ質問なら慣れて緊張することなく会話する事が出来ますのでその時点でもうマウントをとれていますね。

とっても素敵な事ですよね。