皆さん日本にはとっても多くの苗字がありますよね。

そんな苗字の中でも日本で一番多い苗字などはほとんどの人がご存知ですよね。

だって多いのですから会う機会もそれだけ多いって事ですよね。

今回はこの逆で日本で一番少ない苗字に注目してご紹介していきます。

日本には29万もの苗字があるんです!

私達が暮らしている日本では現在登録されている苗字は約29万にもなります。

この莫大な苗字の中には1世帯しか存在していない超ゲキレアな苗字の人達が存在しています。

登録が1世帯しか存在していない苗字の人達も意外と多いんですよ。

登録世帯が1世帯の苗字は1つだけでは無く複数存在しているのです。

もしこの苗字の人と関わり合いがあった場合にはとっても貴重なめぐりあわせになるでしょう。

日本の全世帯の中からピンポイントで1世帯の人に出会ったのですから…

って言っても苗字に関してですけどね。

苗字に関係しなければどんな人との巡り会わせでも日本全国でたった一人に出会ったという偶然や必然の出会いになります。

もっと言いますと全世界の中でもその一人にめぐり逢ったのですから。

出会いには良いと思える出会いやあまり良くない印象の出会いもあるはずです。

どんな出会いでも必ず自分を成長させてくれます。

人と人とのめぐり逢いを大切にして良くないと思える出会いだとしてもその経験を活かす事は必ずできます。

どんな出会いも大切にして下さいね。

1世帯しかない!一番少ない苗字は!?


それでは、約29万の登録されている苗字の中でも1世帯しか登録されていないとっても珍しい苗字をご紹介していきます。

苗字の漢字もとっても珍しい字を使っている苗字もありますよね。

はじめて漢字を見た人は読めないかもしれませんね。

また、自己紹介された時に「え?今なんて言いました?」(どんな漢字を書くんだろう…)なんて思う苗字もあります。

もしかしたら珍しい苗字だなと思っているだけで既に出会っている人は1世帯しかいない苗字の持ち主だったかもしれませんよ。

東京(とうきょう)

東京と聞くとそのまま東京都をイメージしますね。

東京に住んでいた人が東京さんを名乗ったのが語源だと言われています。

この事から東京都に住んでいるのかなと思ってしまいますが現在ではこの東京という苗字は大阪府に1世帯だけいるようですね。

鹿児島県にもわずかに見られるようですがその真相は…

世帯数的には1世帯とされていますが東京を名乗っている東京が苗字の日とは10人程度いるようです。

苗字ランキングでは全国の苗字順位77,118位となっています。

何だか都会っぽい苗字ではありますが駅や地名で聞きなれていますのでそこまで珍しいのかな?なんて思ってしまう苗字ではないでしょうか?

他にも地名が苗字になっている人は全国には非常に多くいますよね。

この事から東京という苗字ももっと多いイメージがあるかと思いますが実はとっても少ない超ゲキレアな苗字だったのです。

他の地名が苗字になっている人ももしかしたら1世帯とは言いませんが珍しい苗字かもしれませんね。

少なそうだなと思わないのもが少ないということは世の中には他にも多くあります。

自分のイメージや常識だけで判断しないで正しい情報とリサーチ力などが必要ですね。

辺銀(ぺんぎん)

この苗字の漢字は漢字から何となく読めるかもしれませんが、自己紹介の際に口頭で「ぺんぎんです」なんて言われた時には本名だとは思わないでニックネームやSNS上での偽の名前かな?なんて思ってしまう苗字ですね。

「本名です」なんて言われても、免許証などを見るまでは何だか疑ってしまうぐらい可愛くてキュートな苗字ですよね。

しかもこのぺんぎんさんは口頭で言われた場合には漢字がパッと思い浮かびませんよね。

とっても印象が強い苗字で出会った場合には忘れないインパクトがあります。

このインパクトのある苗字はその由来を聞けば納得できるかと思います。

だって日本の昔からある苗字で「ぺんぎん」って何だかイメージし難いですよね。

この答えは1世帯しかいないその地域が分かれば見えてきますね。

現在は沖縄に1世帯だけとなっています。

もう何となくわかりましたよね。

渡米人が日本に帰化した時の帰化苗字なのです。

所謂当て字となります。

沖縄に集中している苗字なのがわかりますね。

蓼丸(たでまる)

蓼丸という苗字を聞いた時にピンと来た人もいるのではないでしょうか?

実はある有名人の本名がこの蓼丸という苗字なのです。

現在は広島県に1世帯だけ存在している苗字となっています。

数え方によっては10世帯ほどになるようですが…

この蓼丸の語源は野原(原野)などに立っている建物が蓼の語源になります。

昔で言うところのお城を守る城壁やお堀がこの蓼にあたります。

伊達氏とも関連しているとも言われています。

皆さんも社会科で勉強してご存知の中臣鎌足が天智天皇から受け賜わったはじまりの氏(藤原氏)山蔭流があります。

城壁などのしっかりした由来の苗字の蓼丸さんですが有名人の名前も知りたいですよね。

皆さんも良くご存知の「綾瀬はるか」さんの本名が「蓼丸」さんなのです。

とっても珍しい苗字ですので日本人では無く日本以外のアジア圏(中国や韓国など?)の国籍の人?とも思われてしまう噂もあったようですが、語源もしっかりとした日本の苗字です。

ただ世帯数が非常に少なく聞きなれない苗字ですので、日本人ではないなんて思われてしまったのかもしれませんね。

ちなみに蓼丸の苗字は全国苗字順位では第88,716位となります。

野ざらし(のざらし)

野ざらしって何だかスゴイ苗字ですよね。

しかも全てが漢字ではなく、送り仮名的な苗字はかなり珍しい苗字になります。

この苗字の語源は今のところ定かにはなっていません。

現在沖縄県に1世帯実在しています。

野ざらしさんの全国苗字順位は第84615位です。

奉日本(たかもと)

奉日本の漢字からその読み方は想像できませんよね。

逆に口頭で「たかもとです」なんて言われた場合には、この漢字は思い浮かびませんよね。

漢字と読み方のギャップの大きい苗字になりますね。

最近の苗字ではなく、名の方の当て字とは違い漢字からは読めない苗字ですね。

奉日本(たかもと)さんは現在大阪府に1世帯実在している苗字となります。

伝統的な由来があるそうなのですが、その語源はまだ明確には解明されていないようです。

今となっては確定できる文献などがない場合は憶測でしかありませんが、珍しい苗字から色々と想像するのも良いですね。

こうだったのかな?もしかしたらああなのかな?なんて夢が広がりませんか?

とっても珍しくて漢字も日本が入っている苗字ですので、絶やしたくない苗字の一つとなりますね。

奉日本は全国苗字順位では第84,443位となります。

凸守(でこもり)

凸守という苗字も1世帯しか実在していない貴重な苗字になります。

しかも凸凹の凸の漢字?を使っている苗字はかなり珍しい事が見ただけで分かりますよね。

この苗字は現在大阪府に1世帯実在しています。

漢字から察すると何かを守っていた人の家系なのでしょうか?

由来などが現在、確定させることのできる文献などが無く定かではない為予想にはなりますが凸を守っていたのかな?なんて思いますよね。

凸って何なのでしょうか?

想像力が湧きたてられる苗字ですね。

凸守は全国苗字順位では第84,615位となります。

蟋蟀(こおろぎ)

蟋蟀さんという苗字の方も1世帯だけ実在している苗字なのですが、その語源や由来などの詳細は不明となります。

蟋蟀というぐらいですので、昆虫のコオロギに関係するのでしょうか?

どんな事が元になった苗字なのか想像力が湧きたてられる苗字ですね。

蟋蟀といっても種類が豊富にありますので、どのコオロギが由来なのかな?なんて考えて調べてみるとコオロギの事がもっと知りたくなってくるかもですよ。

コオロギさんが現在どこに在住しているのかも個人情報保護法の観点から以前のようにどこに在住なのかは調べる事はできません。

どこかで蟋蟀さんにめぐり逢った人はその由来や語源など聞いてみると良いかもですね。

勘解由小路(かでのこうじ)

この苗字は京都府に在住している人はピンと来た人がいるかと思います。

知って見える人も多いかと思いますが京都府にある小路の名前なのです。

勘解由使庁の所在地が由来になっています。

この場所に屋敷を構えて財を成した称号として地名をそのまま苗字として使ったことが由来とされています。

他にも由来とされる節があり元々は公家の苗字だったという由来です。

平安京の勘解由小路がその由来になっているというのは共通していますね。

この勘解由小路は現在登録してある苗字の中で唯一の漢字5文字の苗字となります。

苗字だけでフルネームを書いたようにも思えますね。

とっても重厚で格好良い苗字ですが、テストなどで名前を書く場合には大変そうですね。

ただでさえ漢字の数が多いのに画数もかなり多い重厚な苗字ですよね。

また、小説家の名前?なんて思われた人もいるかと思いますが、そのイメージは合っていますよ。

実は勘解由小路資淳が小説家の武者小路実篤の養子になってから勘解由小路の投手になったとされていますので、小説家のイメージは正しいイメージですね。

というか、どちらも重厚でスゴイですよね。

何処までが苗字でどこから名なのか分からないですよね。

現在では山口県に在住しているようです。

全国苗字順位では第94,531位となります。

邪答院(けいとういん)

この苗字も詳しい詳細は分かっていない苗字になります。

登録では1世帯の登録があるようです、が個人情報保護法の観点からどこに在住しているのかは不明です。

由来についても詳しい書籍などがない為分からないのです。

個人的にはマンガなどで登場しそうな苗字で格好いいななんて思ってしまう苗字ですね。

何だか強そうですよね。

少ない激レアな苗字11選!


他にも珍しい苗字が日本には沢山あります。

その中からいくつか抜粋してご紹介させて頂きますね。

もしかしたらあなたの苗字も激レアな苗字なのかもしれませんよ。

雲母(きらら)

現在登録されている世帯数は5世帯と少ない苗字ですね。

私はこの漢字を見ると「うんも」と読んでしまいます。

鉱石の雲母と同じ漢字なんですよね。

由来の一つとして、鉱石の雲母がキラキラと光っている様からこの苗字が出来たという由来もあります。

他には吉良や雲英の語源と共通する語源を持っているとも言われています。

静岡に多く在住しているようですね。

獅子王(ししおう)

この苗字は伝統的な苗字と言われている苗字になります。

現存する資料で確定できる由来はないのですが、由来は諸説あるようです。

2世帯と少ない珍しい苗字となります。

滋賀県に実在する苗字のようですね。

秀吉(ひでよし)

秀吉と記載があった場合に、名の方ではなく苗字の方をご記載くださいなんてなってしまいそうな苗字ですよね。

私と同じように苗字の印象よりも名の方の印象が強いと思う人は多いかと思います。

この苗字も伝統的な苗字のようで、発祥は備前…ではなく備後発祥らしいです。

あまり聞きなれない地名ですが、現在の広島県東部の当たりがこの備後になります。

秀吉の吉は佳字で、葦や芦の場合もあるそうです。

何だか難しいですよね。

簡単に言ってしまうと珍しい苗字って事ですね。

回り道(まわりみち)

同じまわりみちでと読む苗字で廻り道さんという苗字も実在しています。

どちらがより珍しい苗字なのかというと、廻り道さんの方が珍しいですね。

回り道さんと廻り道さんともに世帯数は少ないのですが人数となりますと、回り道さんが約10人で廻り道さんが約30人になります。

和歌山県に多い苗字になります。

この様に同じ読み方でも漢字が変わることでとっても珍しい苗字になってしまう苗字もありますよね。

例えば桜井さんと櫻井さんとではその数は倍…数十倍…数百倍以上の差があります。

同じ読み方でも元の漢字が変わると異なる苗字として登録されていますので、案外メジャーそうな苗字が珍しい苗字の場合もあるんですよ。

自分の苗字も調べてみると面白い発見があるかもですね。

小浮気(おぶき)

小浮気さんも伝統的な苗字となります。

千葉県の北部にある下総国相馬郡小浮気邑発祥などとも言われています。

その語源としては、小浮気の小はそのまま小さなという意味で浮気は湿地帯を意味します。

小さな湿地帯という意味が語源ですね。

私達が思う浮気とは全然違いますね。

猫屋敷(ねこやしき)

猫屋敷も伝統的な苗字となります。

発祥は今の岩手県の南部と北西部を除いた陸中が発祥と言われています。

登録されている世帯数は5世帯となる珍しい苗字です。

猫好きな人はこの苗字に憧れるかもしれませんね。

この苗字の人に「猫飼っていますか?」なんて是非聞いてみたいですね。