CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

似ているけど違うもの25選。違いがわからないものまとめ


この世には似ているけど違いがわからないものが結構あります。

なんとなく違うということは分かっても、どういう違いがあるのか答えられないという人も多いと思います。

もしかしたら間違った呼び方をしている可能性もあるでしょう。

似ていても名前が違うということは、なにか違いがあるということです。

そこでこの記事では、似ているけど違うものを25個ご紹介します。

違いがわからないものをまとめてみましたので、この機会に覚えておきましょう!

この記事の目次

似てるけど…違いがわからないもの25選

似ているけど違いが分からないものと言うと、すぐには思いつかないかもしれません。

しかし「〇〇と□□、この二つの違いは?」という風に聞かれると、よく分からないというものもよくあります。

今回はこの似ているけど、違いがよくわからないものについて、25個挙げて行きます。

皆さんは、この25個の「似ているように見える二つのもの」の違いがわかりますか?

今回は「似ているけど、違いが分からないもの」について25個見ていきます。

1.ウインナーとソーセージ


同じように見えるウィンナーやソーセージですが、ソーセージのくくりの中にウィンナーが入っている状態です。

ソーセージは豚肉・牛肉などを細切りにした物を、香辛料とまぜて、薄い膜状の袋に詰めたものを全般的に指します。

ウィンナーは豚肉と牛肉を塩漬けにしたものを、羊の腸で詰めたものです。

ウィンナーとソーセージと言うと、普段何気に食べていて、あまりよくわからないところもあります。

「この二つの違いは?」と言われて、あまり明確に答えられなかったという人もいるかもしれませんね。

しかし、このような説明をすると違いがわかりますね。

2.ヒラメとカレイ

ヒラメとカレイの違いは、口の大きさを見たら違いが分かります。

口の大きさだけでは見分け方に自信がない場合は、目がある面を向けた場合に、左側にあるのがヒラメ、右側にあるのがカレイです。

「左ヒラメの右カレイ」について聞いたこともある方が多いでしょう。

左ヒラメに右カレイについてご存知なかったという方にとっては、その二つは非常によく似ていて違いがわからなかったところもあるでしょう。

ヒラメとカレイの違いについて説明を求められた時、左ヒラメに右カレイというのを覚えておきましょう。

3.クッキーとビスケット

本来なら、ビスケットよりクッキーのほうが高級品という分け方がなされていましたが、日本においてはクッキーもそこまで高級品でない事から、クッキーのほうが糖分と脂肪分が合わせて40%以上になるものとなっています。

ただ、これも日本だけでアメリカの場合は、ビスケットと言うと柔らかい菓子パンの事をいい、我々がビスケットだと思って食べているものもクッキーに分類されます。

イギリスではそもそも「クッキー」という言葉がない状態ですので、我々日本人がクッキーやビスケットと思っているもの全てが「ビスケット」となっています。

海外に留学をすると、日本語では外来語のように言われていて、当然英語だと思っていたものは案外そうではなかったということがよくあります。

さらにはこのように意味は通じるけれど、指すものが違うということもよくあります。

ですので海外留学や、海外旅行の前にはこの違いについて学んでいきたいものですね。

4.バターとマーガリン


バターとマーガリンの違いは、原料の違いです。

バターは牛乳が原料ですが、マーガリンは植物性・動物性の油脂が原料です。

さらにはバターは、どちらかと言うとパンに塗るのは少々塗りにくい一面があります。

しかし、マーガリンであれば、パンに塗り広げやすい所もあるでしょう。

以前、マーガリンには有害なものがあるというようなことは言われていましたが、日本人が摂取する料理程度だったら、そんなに健康被害がは及ばないということはわかってくるようになりました。

さらには以前バターが品薄になったというようなこともありましたね。

このように原料が違うからこそ、バターは品薄になりマーガリンにはそのままということになっているのです。

5.パフェとサンデー

パフェとサンデー、どちらもアイスやフルーツなどの盛り合わせというイメージがありますが、パフェは長細いグラスが使われていることが多く、サンデーは高さがない容器に盛られることが多いです。

ただ、パフェは主にフランスで作られていて、卵黄に砂糖とホイップクリームを入れて凍らせてアイスを作り、冷やした果物とソースをかけていく形となっています。

ただ、これを「パフェ」と呼ぶのは和製英語で、他の国で「パフェ」と言っても通じません。

それに対し「サンデー」はアメリカ生まれで、アイス屋さんにて日曜日に提供されていたことから、この名前になりました。

6.パンケーキとホットケーキ

英語圏で「ホットケーキ」といっても通じないという話を聞いたことがある方も多いでしょう。

しかし、意外にも和製英語かというとそうではないのです。

日本においては、「パンケーキ」というと甘くないもので、ベーコンや卵などと合わせて食べれるような物で、「ホットケーキ」というとジャムやはちみつをかけて食べるものというイメージがあります。

先ほど述べたように、ホットケーキだと海外では通じないからパンケーキというようにという話は聞いたことがありましたが、意外と和製英語でなかったということも新たな発見でしたね。

7.おかきとあられ

おかきとあられの違いは、ズバリ大きさに関係しています。

一粒の大きさが大きいほうが「おかき」、小さいほうが「あられ」です。

ただ、この違いを分けて呼ぶのは主に関東圏のほうです。

空から降ってくる「あられ」に形が似ていることから、その名前が付けられました。

あられを砕いて細かくしたものを「おかき」と呼ぶのです。

関西圏のほうでは、特にこの二つを区別することなく呼ぶこともあります。

8.卵と玉子

「たまご」を漢字で書くと卵と玉子と二種類あります。

この違いは何だと思われますか?

調理用に用いるものについては「玉子」、ただ鶏などが産んだ状態のたまごを「卵」というという区別があると言われています。

しかし、昨今はそこまで厳密な区別をしていないところがあります。

9.国産牛と和牛

「国産牛と和牛」どちらを聞いても日本が産地の牛肉を想像しますね。

しかし、和牛とは原産地関係なく言われているところがありますが、4種類しかなく、どれも日本国内で作られています。

その4種類とは黒毛和種(日本全国で作られている)、褐毛和種(あかげわしゅ・熊本や高知産が多い)、無角和種(むかくわしゅ・主に山口産)、日本短角種(にほんたんかくしゅ・主に岩手、北海道産)です。

いづれも日本で作られているので、和牛は日本で作られている牛肉と思うのも納得がいく一面があります。

国産牛とは、上記の4つ以外の日本国内で飼育された牛肉を指します。

「国内で飼育されている」という条件が合致すれば仮にその牛肉が外来種であっても国産牛として認められます。

ですので、オランダ産と言われるホルスタインのオスの牛肉であっても、日本で飼育されていたら「国産牛」なのです。

もし本当に日本生まれで尚且つ、日本で育った肉を食べたいということであれば、和牛に限るというところもあるのでしょう。

10.中国料理と中華料理

ラーメンや餃子などの料理は日本人にも親しまれていて、それらのくくりを適当に「中国料理」とか「中華料理」と言ってしまいますが、この二つにも違いがあります。

中華料理は日本人が好むようにアレンジしている料理の事を指します。

よく日本料理である寿司等が世界に広がっていますが、その現地の方の味覚に合うように作られている事も多いです。

例えば、アメリカのカリフォルニア巻きと言う日本のお寿司のようなものがあるように、日本においても、海外の料理を日本風にアレンジしているということはよくあることです。

それと同じような感じと言えるでしょう。

それに対し、中国料理は中国の方が食べている本場の料理です。

四川(シセン)料理、広東(カントン)料理、山東(サントン)料理、江蘇(コウソ)料理の4種類があります。

我々が普段食べ慣れている方は、中華料理の方で、本場の中国料理はレストランなどで食べることも多いですよね。

11.そうめんとひやむぎ

似たような食べ方をすることから一見違いが分かりにくいですが、この二つの違いはズバリ、麺の太さにあります。

そうめんが直径1.3mm未満と細く、ひやむぎが直径1.3mm以上、1.7mm未満となっています。

その一方で、手延べの場合はこの直径関係なしに、そうめんとひやむぎどちらを名乗っても問題ないとされています。

そうめんとひやむぎは、何となくたくさんのお湯で煮てめんつゆをつけて食べるイメージが強かったですが、このように麺の太さなども関係してくるところがあったのですね。

あまり注意深く見ていないと、よくわからない違いともいえるでしょう。

12.おにぎりとおむすび

この二つは特に大きな差はないと言われていますが、「おにぎり」が日本全国で言われるのに対し、「おむすび」は主に関東から東海道にかけてそのような呼ばれ方をすることがあると言われています。

地方によって呼び方が違うというところもあるのですね。

しかし、コンビニでもおむすびという言葉は使われていることがあるなど、そこまで厳密でもなくなってきたというところもあるでしょう。

昨今は日本全国テレビもありますし、そのように全国展開のお店もありますし、この二つの差は曖昧になってきているのでしょう。

13.もりそばとざるそば

もりそばとざるそばの違いは、「竹ざる」に盛って出すものが「ざるそば」と言います。

「もりそば」とは、そもそも「かけそば」が誕生したことから、汁につけてから食べるスタイルの事を「もりそば」と呼ぶようになりました。

その違いの起源は江戸時代にさかのぼり、従来は汁に付けて食べることを主流としていたのですが、麺と汁を一緒にした人が出てきたので、麺と汁が一緒のスタイルのものを「かけそば」と呼ぶようになり、従来のスタイルの物を「もりそば」と呼ぶようになった経緯があります。

もりそばとざるそばの違いについて、特に考えていなかったところもありましたが、このように昔の起源から遡ると違いが分かるところがありますね。

このような点も意識しながら、もりそばとざるそばを食べると、この違いが明確に分かるところがあります。

14.カフェラテとカフェオレ

カフェラテとカフェオレは、コーヒーとミルクという基本的な材料は同じですので、一見何の違いもないように感じられます。

しかし、コーヒー自体の違いがこの二つの差なのです。

カフェオレのコーヒーは通常通りのコーヒー、カフェラテ使われているのはエスプレッソです。

よくカフェやファミリーレストランなどで、色々なドリンクバーや飲み物についていうことはありましたが、なんとなくカフェラテのカフェオレもミルクで割ったコーヒーというようなイメージを持っている人が多いのではないかと思います。

カフェやドリンクバーに行った時に、この二つを飲み比べるというのも面白いかもしれませんね。

15.ソーダとサイダー

ソーダとサイダーはどちらも炭酸飲料というイメージがありますが、微妙な違いがあります。

まずソーダは炭酸水全般の事を指します。

よく炭酸水が売られていることがありますが、甘くない炭酸水もソーダに分類されます。

サイダーはクエン酸に砂糖などで味付けされているものを指します。

甘い飲み物の時はサイダーという事を覚えておきましょう。

16.コカコーラとペプシ

どちらも有名な炭酸飲料ですが、「コカ・コーラ」は元祖炭酸飲料で、今や1日約18億杯を世界で販売しているという驚異の売り上げをたたき出しています。

それに対し、ペプシはコカ・コーラのライバルと言われていますが、味に違いがあります。

ペプシのほうが炭酸少な目で甘さが強い事が特徴です。

17.ミルクティーとロイヤルミルクティー

ミルクティーがお湯で淹れた紅茶にミルクを入れることに対し、ロイヤルミルクティーは、牛乳自体で淹れた紅茶の事を指します。

しかし、牛乳自体で紅茶を淹れる事は牛乳に含まれるタンパク質の成分が紅茶成分を出すことを邪魔する一面があるので、100%牛乳から淹れることは難しいです。

ロイヤルミルクティーと言えば、少量のお湯である程度紅茶成分を出しておいてから、牛乳を淹れることで作ります。

しかし、この牛乳の割合は好きな量で良いと言われていて、牛乳の割合による違いはありません。

ロイヤルミルクティーと言うと、なんとなくミルクが多いのかな?というようなイメージしかありませんでしたが、この二つの違いは牛乳の割合だったのですね。

18.ワインの味

一口にワインと言っても味にも違いがあり、フルボディ、ライトボディ、ミディアムボディの三種類があります。

フルボディがずっしり来るような味わいの事を指し、ライトボディが軽い味わいのワインの事を指します。

しかし、味だけではなく見た目でも違いが分かります。

フルボディは味が濃いめなのですが、色合いも濃い物が多く香りも味も濃いです。

それに対しライトボディは色が薄く飲みやすい物が多いことが特徴です。

それに対し、中間点のミディアムボディですが、こちらは色合い的にもフルボディとライトボディの中間のような色をしています。

ミディアムボディは赤ワインの事を指し、白ワインのミディアムボディはありません。

ワインは大人で大変好きな人も多いですので、その知識は是非とも知っておきたいものですね。

下戸の方だと、この違いを体験することを分かることはできませんが、知識として知っておくと、飲み会の席などでは役に立つことでしょう。

19.リンス・トリートメント・コンディショナー

どれもシャンプー後にする髪をサラサラにするものと思われがちですが、リンス・トリートメントとコンディショナーには違いがあります。

リンスとコンディショナーはキューティクルの傷みを防ぎ髪がパサつく事を防ぎます。

それに対し、コンディショナーは髪に浸透して栄養を届ける効果があります。

また、傷んだ髪をケアするようなタイプのコンディショナーもあります。

確かに二つには違いがありますが、商品によって色々と違うところがありますので、購入される時はどのような効果があるのかや、使い方などについてもしっかりと確認しておく必要があります。

20.ヨガとピラティス

ヨガとピラティスも、どちらも健康に良いイメージがありますし、似たものだと思いますが、違う一面があります。

ピラティスはドイツ生まれで、ケガをした兵士のリハビリとして取り入れられた歴史があります。

リハビリが主ですので、インナーマッスル肩甲骨周りなどに意識を向けた運動をしています。

音楽を掛けながら楽しくというよりは、筋トレ的なイメージがあると言えるでしょう。

それに対し、ヨガはインド生まれで主に精神的な安定に意識を向けている運動です。

呼吸などに意識を向け、リラクゼーション効果を期待して行われるところがあります。

ヨガとピラティスには、そんなに違いがあるのですね。

その違いのうち、どちらが好きかということや、どのような鍛え方をしたいかによってヨガを習うかピラティスを習うかについて決めていく必要があるということでしょう。

皆さんはヨガとピラティス、どちらが好きですか?

21.ガウチョとワイドパンツ

ガウチョもワイドパンツも裾が広がっているズボンであることから、同じ物かと思われますが、違いがあります。

まずガウチョはひざ下丈から七分丈くらいのズボンを指します。

それに対しワイドパンツはくるぶし丈の女性用のものを指すケースが多いですが、全般的にゆったりとしたパンツの事をワイドパンツという事が多いです。

特に女性は、色々なものを着ることができますので、ガウチョとワイドパンツ、どちらがいいかということについて、あまり深く知らなかったということであれば、この知識を活かしていきたいものですね。

ただ見た目ですぐに分かるところがありますので、その点においてはそこまで深く知らなくても試着をしたりして決めることができるのが非常に良いところですよね。

22.ジーパンとジーンズ

ジーパンとジーンズも似ている気がしますね。

しかしこの二つも違いがあります。

まず、ジーンズは、デニム生地の他にも綿素材の厚手の生地を使って作られたズボンの事を指します。

そして、ジーパンは和製英語でジーンズの素材で作られたズボンの事を指します。

ジーパンとジーンズと言うのも、なんとなく同じという風に思っていましたが、意外にもジーンズの方はあの青っぽいデニム生地というズボンだけではなく、意外にも綿素材の厚手の生地で使ったものもジーンズと言うということは知りませんでしたので、非常に勉強になりました。

23.ジャンパーとブルゾン

ジャンパーとブルゾンも日本人ならではの使い分けが行われているところがあります。主にジャンパーは作業しやすさを第一にしていますので、あまり着心地の事に関しては重視されていません。しかし、雨にぬれずに済みますし防寒などにも優れています。ブルゾンはファッション性なども重視されているところがあります。

ジャンパーも何気なく使っていて、よく子供に「ジャンパーを着なさい」というようなことをよく言っていましたが、意外とこのような違いがあると気が付いたら、この声かけも少し変わるかもしれません(笑)。

ただここ子供の上着については、ジャンパーと明記されることが多いですよね。

やはりお洒落というよりかは、機能性を重視しているからでしょうか。

このようなことを考えてみるのも楽しいものです。

24.アメフトとラグビー

アメフトとラグビーも似ているように見えますが、様々な点で違いがあります。

防具はアメフトは必要で、ラグビーは不要といったように外見から違いがあります。

また、人数もアメフトは11人、ラグビーは15人です。

目立つところでこんなに違いがあるのです。

この競技について、自分が嗜んでいるとか、自分のお子さんが入っているということであれば違いは分かりますが、そんなにスポーツに詳しくないという人であれば、この二つは混同しがちなところがありますね。

著者もそこまで深く考えてこなかったので非常に勉強になりました。

25.ケンコバとキム兄

確かに似てる(笑)!と思うかもしれませんが、もちろんこの二人は違いがあります。

確かに髪は短髪で坊主頭の一歩手前ですし、髭のはやし方まで同じです。

実際によく間違われているのだとか。

しかし、ケンコバのほうは間違われることで利益が得られるとの事で感謝しているらしいです。

違いがわからないものってたくさんある

このように見ていると、確かに名前が違ったりするけれど、この二つの違いについてはよくわからないというものはいろいろとあります。

色々と見てきましたが、著者もそこまで深く考えてこなかったようなものも、入っているものもあり今回のことで大変勉強になりました。

このように知っている人にとっては当然と思っていても、意外にも深く考えておらず違いが良く分からないというものもたくさんありましたね。

もちろんそれは自分だけというわけではなく、最近はバラエティ番組でも違いについて解説する番組がありますので、同じく違いが良く分からないというものもよくあるのも事実です。

この番組では、海外の方にそのよくわからない二つのものの違いを聞くと、日本人が当然だと思いすぎていて全く気が付かなかったことについて疑問に思っていることが多かったです。

ですのでテレビ番組を見ていても、この二つが違うのかというのがよくわからないということもありました。

そのように日本人は、当然と思っていて、気がつかないというものについても結構あるのだなと思いましたね。

「違いのわかる大人」というフレーズ

若い方でしたらご存じない方も多いかもしれませんが、そこそこに年齢の方だと、コーヒーのCMで「違いの分かる大人」というようなフレーズのCMを見たことがあるのではないのでしょうか。

違いがわかるというのは、非常に重要なことです。

具体例を挙げると、ブランドものなどもありますが、このブランドものというのは偽物をつかまされると大変なことになります。

もちろん知らずに買ってしまうこともあるのかもしれません。

しかし、そのバッグが不要になったからフリマサイトで売るとなると、偽物と知らなかったとしても罪に問われてしまうということもあります。

だからこそ違いを知る事は大切なのです。

それはブランドものだけとは限りません。

何かを選ぶときに本物を選ぶというのは、大切なことで、そこまでではなくても違いが分かっていたら知らずに選んでいたということもありませんので、違いがわかるというのは大人として非常に大切なことなのでしょう。

違いを見つけるのが難しいこともある

ただ日常生活に入り込みすぎていて当然と思っていると、二つのものの違いについてあまり深く考えないというところもあります。

子供時代は「なんで?」「どうして?」というような質問を繰り返す時期があります。

それは見るもの全てが疑問に思うと言う、柔軟な感性があるからです。

大人だと「それは常識だから」とか「ならぬものはならぬ」ではないですけど、このように「そういうものだ」というような固定観念が生まれてきてしまいます。

ですので若い頃の感性は柔軟だけど、年齢を重ねるとだんだんと価値観の固定が行われてくるところがあります。

ですので結果的にその固定観念が、違いを見つけることを難しくさせるというところがあります。

だからこそ先ほども触れたように、テレビ番組で海外の方がこの二つの違いは何というような質問に関して「そういえば何なんだろう?考えもしなかったけれど、そういえばこの二つの違いがわからない」ということも結構あります。

名前が違うなら必ずそこには違いがある!

「名前が違うけど、何となく一緒なんじゃないの?」と思っていても、意外とそこには違いがあるということはよくあります。

今回の記事を参考に、ぜひ違いを覚えてみてくださいね!

ページトップ