CoCoSiA(ココシア)

似ているけど違うもの25選。違いがわからないものまとめ


この世には似ているけど違いがわからないものが結構あります。

なんとなく違うということは分かっても、どういう違いがあるのか答えられないという人も多いと思います。

もしかしたら間違った呼び方をしている可能性もあるでしょう。

似ていても名前が違うということは、なにか違いがあるということです。

そこでこの記事では、似ているけど違うものを25個ご紹介します。

違いがわからないものをまとめてみましたので、この機会に覚えておきましょう!

似てるけど…違いがわからないもの25選

似ているけど違いが分からないものと言うと、すぐには思いつかないかもしれません。

しかし「〇〇と□□、この二つの違いは?」という風に聞かれると、よく分からないというものもよくあります。

今回はこの似ているけど、違いがよくわからないものについて、25個挙げて行きます。

皆さんは、この25個の「似ているように見える二つのもの」の違いがわかりますか?今回は「似ているけど、違いが分からないもの」について25個見ていきます。

1.ウインナーとソーセージ


同じように見えるウィンナーやソーセージですが、ソーセージのくくりの中にウィンナーが入っている状態です。

ソーセージは豚肉・牛肉などを細切りにした物を、香辛料とまぜて、薄い膜状の袋に詰めたものを全般的に指します。

ウィンナーは豚肉と牛肉を塩漬けにしたものを、羊の腸で詰めたものです。

ウィンナーとソーセージと言うと、普段何気に食べていて、あまりよくわからないところもあります。

「この二つの違いは?」と言われて、あまり明確に答えられなかったという人もいるかもしれませんね。

しかし、このような説明をすると違いがわかりますね。

2.ヒラメとカレイ

ヒラメとカレイの違いは、口の大きさを見たら違いが分かります。

口の大きさだけでは見分け方に自信がない場合は、目がある面を向けた場合に、左側にあるのがヒラメ、右側にあるのがカレイです。

「左ヒラメの右カレイ」について聞いたこともある方が多いでしょう。

左ヒラメに右カレイについてご存知なかったという方にとっては、その二つは非常によく似ていて違いがわからなかったところもあるでしょう。

ヒラメとカレイの違いについて説明を求められた時、左ヒラメに右カレイというのを覚えておきましょう。

3.クッキーとビスケット

本来なら、ビスケットよりクッキーのほうが高級品という分け方がなされていましたが、日本においてはクッキーもそこまで高級品でない事から、クッキーのほうが糖分と脂肪分が合わせて40%以上になるものとなっています。

ただ、これも日本だけでアメリカの場合は、ビスケットと言うと柔らかい菓子パンの事をいい、我々がビスケットだと思って食べているものもクッキーに分類されます。

イギリスではそもそも「クッキー」という言葉がない状態ですので、我々日本人がクッキーやビスケットと思っているもの全てが「ビスケット」となっています。

海外に留学をすると、日本語では外来語のように言われていて、当然英語だと思っていたものは案外そうではなかったということがよくあります。

さらにはこのように意味は通じるけれど、指すものが違うということもよくあります。

ですので海外留学や、海外旅行の前にはこの違いについて学んでいきたいものですね。

4.バターとマーガリン


バターとマーガリンの違いは、原料の違いです。

バターは牛乳が原料ですが、マーガリンは植物性・動物性の油脂が原料です。

さらにはバターは、どちらかと言うとパンに塗るのは少々塗りにくい一面があります。

しかし、マーガリンであれば、パンに塗り広げやすい所もあるでしょう。

以前、マーガリンには有害なものがあるというようなことは言われていましたが、日本人が摂取する料理程度だったら、そんなに健康被害がは及ばないということはわかってくるようになりました。

さらには以前バターが品薄になったというようなこともありましたね。