仕事が終わった後の「一杯の贅沢」は最高ですよね♪お酒を飲むと、毎日の心身の疲れが癒されたり、ストレス解消にもなります。

次の日がお休みの日だと、なおのことお酒を飲む時間は格別のものになるに違いありません。

皆さんは、お酒はどこで誰と飲むことが多いですか?

最近は家呑み派も多いみたいですけど、でも気分を変えるために、外でいろんなお店を開拓して呑むという方もけっこう多いみたいです。

職場の同僚や、気心知れた友人たちとワイワイ飲むのも楽しいですけど、実は最近は、外でひとりで飲むという若い女性たちが増えてきているのだとか☆

え?男の人でなくて、女の人?!と思われましたか?(笑)

そうなんです、女性たちの間でひとり飲みはひそかなブームになっているんですよ♪

今回はそんな、ひとり飲みの22個のメリットについてご紹介しますよ!

これを読んで、あなたも一人飲みデビューしませんか?

ひとり飲みデビューしてみませんか?

最近、「ひとり飲みの楽しみ方」なる本もけっこう発行されていて人気を集めていることから分かるように、ひとりで外でお酒を楽しむ人が増えています。

お酒ってみんなでワイワイ飲むから楽しいし、美味しく感じるものなんじゃないの?と思うかもしれませんが、ひとりで飲むからこその楽しみや醍醐味もたくさんあるようですよ☆

実際にひとり飲みをすでに楽しんでいる方の感想を聞くと、「この楽しみを知ってしまうと、みんなで飲むより断然お酒も美味しいからもうやめられない」とおっしゃる方も多いんです。

ひとり飲みの醍醐味…気になるところですよね(笑)

ひそかにずっと憧れを感じていて、いつかひとり飲みをやってみたいと思ってはいるのだけれど、なかなか勇気が出ずに一歩が踏み出せない…そんな方も多いかもしれません。

ひとり飲みって大人な感じ

ひとりでお酒を飲むということは、ひとりでお店に入るわけですから、何だかとっても大人なイメージがしませんか?

特に、初めてひとりでお店に入る瞬間はものすごい緊張しちゃいそうです。

みんなの目も気になりますよね。

知らないお店で、どんな店員さんがいるんだろう、どうやってオーダーしたらいいんだろう、ひとりで何やってたらいいんだろう…と、あれこれ思い悩んでしまいそうです。

ひとり飲みのイメージって、オシャレな格好をした大人な女性、あるいは男性が、バーのようなおしゃれな雰囲気たっぷりの場所で、カウンターでしっぽりと飲んでいるようなイメージ…がするのは私だけでしょうか(笑)

いずれにしても、ひとり飲みをするって、すごく大人な感じがして、ハードルが高い気がするという方も多いはずです。

友達がいないと飲めないなんてダサい!

お酒は友達と一緒にワイワイ飲むから楽しいんでしょう?

もちろんそうです、みんなと笑い合って、盛り上がりながら飲むのも、その雰囲気が楽しいからお酒や料理も一層美味しく感じられるんですよね。

でもだんだん社会人になって、年齢を重ねていくと、必ずしも友達がいなければお酒や料理はおいしく感じられない、というのは違ってきます。

むしろ、「友達がいなければお店に入れないし、お酒も飲めない」なんて考えは、ちょっとダサいと思われてしまうかもしれませんよ?

ひとり飲みに繰り出そう

ひとり飲みをまだ試したことのない方、なかなか勇気が出ずに一歩を踏み出したことのない方☆ぜひひとり飲みデビューしてみませんか?

ひとり飲みの楽しみ方やメリットについて知ると、むしろお酒はひとりで飲むほうが断然楽しいし、美味しいと感じるようになってしまうかもしれませんよ♪

ひとりで飲むのは、そんなにハードルの高いことではありません。

ひとり飲みのコツさえつかめれば、さっそく今日からすぐにでもひとり飲みに繰り出せちゃうこと間違いなしです♪

ひとり飲みの22個のメリット

では、ひとり飲みを楽しむための秘訣を学んじゃいましょう☆

もちろん、同僚や友人たち、家族や恋人と一緒にお店で飲む時間も良いものですし、リラックスを味わえるので、それはそれでぜひ続けていってください。

それとは別に、ひとりでお店で飲む時間を作ることで、みんなと飲む時間とはまた違った、“特別な時間”を楽しむことができるようになるはずです。

ここでは、ひとり飲みの22個のメリットについて取り上げていきたいと思います。

すでにひとり飲みをやっているという方も、興味はあるけれどまだ試したことはない、という方もぜひ参考になさってみてくださいね☆

大人になった気分になれる

まず一つ目に考えられるメリットは、「大人の気分を味わえる」ことです。

社会人になると、年齢を重ねるにつれて責任のある仕事を任されるようになってきたり、後輩も増えてくるようになります。

プライベートでも、恋人ができたり、趣味の幅が広がったりと、それなりに充実した生活を送っているはずです。

「ひとり飲み」と聞くと、ちょっと暗いイメージや、寂しそうだと感じる人もいるかもしれないですが、むしろ逆のメリットがたくさんあります。

ひとりで飲む時間は、忙しい毎日を送っている自分と客観的に向き合える、最高にぜいたくな時間です。

ひとりでしっぽりとお酒を飲みながら、あれこれと考えたり日々の自分と向き合うことで、新しい発見ができたりするようになります。

こうした時間を持つことで、人生もさらに豊かになりますし、自分にゆとりや余裕が生まれるようになります。

実際に「イイ女」になっていけるというわけです。

お店に流れるBGMや周りの雑踏に耳を傾けながら、静かに自分だけの心地よい時間を過ごす「ひとり飲み」は、大人になった気分を味わえますし、実際に「イイ大人」になるためにとっても大切な時間になるのかもしれないですね◎

お酒に詳しくなれる

お酒はとっても奥が深いですよね。

日本酒から焼酎、ビール、カクテル、ワイン、ウィスキーに至るまで、お酒にも種類がたくさんありますし、一つのお酒を取ってみても違いがあります。

ワインバーとか、カクテルバー、さらには個人で経営なさっているお店なんかに行くと、そこのマスターのお酒へのこだわりに触れることもできます。

今まで飲んだことがないお酒や、苦手意識を持っていたお酒でも、試してみる機会を持てるのが「ひとり飲み」の醍醐味の一つでもあります。

みんなでお酒を飲んでいると、一つのお酒に向き合うことはほぼないですよね。

みんなとのおしゃべりに夢中になるので、お酒の産地とか、作り方とか、味へのこだわりなどについて改めて考えることもないでしょうし、マスターや店主に聞く機会もなかなかないと思います。

ひとりでお酒を飲みに行くと、テーブル席よりもカウンター席の方が居心地が良いです。

カウンターに座ると、たくさんの並んでいるお酒も見えますし、マスターがカクテルなどのお酒を作っているのを近くで見ることもできます。

そうした時は、お酒のあれこれをマスターから教えてもらえるチャンスです♪

そのうちお酒の知識もどんどんと増えていくに違いありません。

お店の雰囲気をじっくり味わえる


ひとり飲みは、「そのお店ごとの雰囲気をじっくり味わう」こともできます。

お酒を飲む場所に限らず、カフェやレストランでも、何だか居心地がよく、ずっとそこにいたいと感じるお店ってありませんか?

ひとり飲みをする時は特に、その「居心地の良さ」が非常に重要なポイントになります。

みんなで飲む時には、居酒屋のようなガヤガヤしたにぎやかな場所もいいと思いますが、ひとりの時は、その時間や雰囲気をじっくりと味わえるところをぜひ選ぶようにしましょう。

お店全体の建物やインテリアのデザインや色合い、使われているグラスや食器、流れているBGM音楽も雰囲気つくりに欠かせないポイントです。

マスターや店員がどんな人か、またそのお店に来ている客層によっても雰囲気は変わってきます。

ひとりだからこそ、そうしたお店全体のかもし出す雰囲気をじっくり楽しんで、酒の肴の一つにしながら味わうことができます。

自分の時間が作れる

社会人になればなるほど、自分ひとりだけの時間を作るのはとても大切なことです。

仕事やプライベートにおいて毎日の生活に追われていると、どんなに充実したライフスタイルを送っていても、時に「自分」を見失ってしまうことがあるものです。

お酒を飲みながら、誰と会話をすることもなく、ひとりで飲む時間は、客観的に自分を見つめ直せるのにとても良い時間となります。

家に帰ってしまうと、またやらなければいけないことが見えてきてしまいますし、かといって誰かと一緒にいるとそれなりに気を遣ってしまいます。

時には自分だけの時間を作って、何も考えずにお酒を飲みながらボーっとするのも良いですし、好きなお酒と料理を楽しみながら、自分のペースで自分のやりたいことをするのも良いですよね。

こういうひとりだけの、優雅でぜいたくな時間を作ってあげることで、「心の栄養補充」ができるようになります。

また明日からがんばろう!という力にもなりますし、周りにゆとりをもって接する余裕を持てるようにもなります。

ぜひこういう自分だけの時間を大切にしましょう◎

自分のペースで飲める

誰かと一緒にお酒を飲むと、つい周りの飲むペースにつられて、飲み過ぎてしまうことってありませんか?

みんながオーダーを頼む時に一緒に頼まないと…と、つい焦って矢継ぎ早に飲んでしまって、飲み方を失敗してしまう経験をされた方もいるかもしれません。

ひとりで飲めば、「早く早く」とお酒をハイペースで空けるように強要されることも、無理に勧められることもありません。

自分の飲みたいお酒を、飲みたいスピードでゆっくりと楽しめるので、周りの人に気を遣う必要が全くない、というのは「ひとり飲み」でしか味わえない大きなメリットと言えるでしょう。

仕事後の一杯がいつでも飲める

自分一人だったら、自分が飲みたいと思ったらすぐにパッと飲める身軽さがあります。

みんなで行くと、まず場所をどこにするかから決めないといけませんよね、「あーだこーだ」と話し合っている間にも、「ひとりだったら、行きたい場所にパパっと行ってもう飲み始めているのに…」ともどかしく思ってしまう時もあります。

さらに、いざお店が決まっても、人数がたくさんいるとオーダーが決まるまでにも時間がかかりますし、みんなのお酒が席に届くまでにも時間はかかりますから、飲みたいタイミングを自分では決められない面倒くささもあるかもしれません。

今日は飲みたい気分ではないのに、同僚や友人との付き合いで仕方なく飲む、なんてこともあるでしょう。

そうなると、付き合いのお金だけがかかってしまい、ほんとうに自分が飲みたいものを飲みたい時に飲めない、というストレスを感じることにもなりかねません。

仕事が終わったあとくらい、シバリや付き合いから解放されて、一杯を自分らしく飲みたい方には、ひとり飲みがぜひおススメです◎

どっぷり自分の世界に浸れる


ひとり飲みの良さは、「自分だけの世界にどっぷり浸れる」ところにもあります。

誰に気を遣うこともなく、自分の時間とお金を好きなように自由に楽しむことができます。

好みのお酒や料理を追求する楽しさもあります。

ひとり飲みをする時には、にぎやかな場所よりも静かめな場所を好む方も多いことでしょう。

そういった静かな雰囲気たっぷりの場所で、心地よい音楽を楽しむのも良いでしょうし、ふだんなかなか読めない本をじっくり読むのも心地よい時間となるに違いありません。

ひたすらお酒と料理に向き合い、堪能するのもありでしょう(笑)

どんな形であれ、自分だけの楽しみ方ができて、自分だけの世界に浸れるので、リフレッシュ効果に抜群の時間になる事は保証できます♪

お酒の味を楽しめる

大衆居酒屋のようなところだと、どこにでも売っていて、いつでも手頃に飲めるお酒がたいていの場合取り扱われているところが多いですよね。

その点、個人経営のこだわりのお店や、バーなどでは、そこならではのお酒が豊富に取り扱われていることが多いのが特徴です。

普段なかなか飲めないようなお酒を楽しめるでしょうし、お酒そのものの味をじっくり楽しむこともできます。

若いうちは「質より量~」と思って、お酒の味を味わうこともなくひたすら飲むのも有りなのかもしれませんが、大人になってきたら、味をしっかり楽しめるような飲み方ができるようになりたいですね◎

裏メニューを知れる

自分にとってお気に入りの「行きつけ」のお店が見つかると、何度か足を運ぶうちにマスターや店主から顔を覚えてもらえるようになるでしょう。

少しずつ仲良くなっていくと、お店のメニューには載っていない、いわゆる「裏メニュー」を勧めてもらえたり、教えてもらえるのも、ひとりで行くからこその醍醐味の一つです。

ほんとうに常連さんにしか教えてくれないところも多いみたいですよ☆

自分のお気に入りのお店を見つけて、そこに通い続けて、「裏メニュー」の存在を教えてもらえたら、それは常連さんと認めてもらえた証拠でもありますから、なんだかそれだけで鼻が高くなっちゃいそうですね(笑)

色んな価値観を知り世界が広がる

次に考えたいひとり飲みのメリットは、「色んな価値観が知れるので、世界が広がる」という点を挙げることができます。

誰かと一緒にお酒を飲みに行くと、そのテーブルだけが「自分の世界」になります。

その席にいる人たちとの交流やおしゃべり、友達付き合いが、その時間の中で行なわれるすべてになります。

でもひとりで飲むと、実は世界はグッと広がるんですね。

目を周りに向ければ、たくさんの人たちが自分と同じようにひとりでお酒を楽しんでいるかもしれません。

そうした人たちとの“交流”や“つながり”によって、今まで触れることのなかった価値観に触れることができることもあります。

ではどんな「価値観や世界観の広がり」に出会える機会があるでしょうか。

初対面の人とのお喋り

ひとり飲みの楽しみ方の一つに、他のお客さんと知り合って、おしゃべりできるということが挙げられます。

それにより、人間同士のつながりが増える機会を持つことができます。

お互いにひとり飲みを楽しんでいる者同士で、価値観が合うかもしれません。

自分から必ず話しかけなければいけないわけではないので、無理におしゃべりをする必要はありませんが、もし話しかけられた時には適度な距離感を持ちながら、にこやかに応対しましょう。

マスターが、この人たちはきっと話が合うだろうと、間に入って引き合わせてくれる場合もあります。

そうした見ず知らずの人とのつながりは、自分の世界を確かに広くしてくれるものとなるに違いありません。

普段の生活では出会えない人に出会える

お店に来る人たちは、年齢も仕事も、境遇や立場もそれぞれいろんな人がいることでしょう。

普段の自分のライフスタイルの範ちゅう内では絶対に出会うことはない、と思える人にも出会う機会があるかもしれません。

そうした普段はなかなか出会えない人たちと知り合って、仲良くなることで、自分の世界観や視野がさらに広がっていく場合があります。

今まで見ることのなかった世界に触れて、趣味の幅や興味を感じることが増えていくこともあるでしょう。

それは、自分の生き方をさらに充実させて、より豊かなものにするのにきっと役立つはずです。

年上の経験ある人の言葉から救われたり、教えられる機会が持てるかもしれません。

まったく違う世界で働いている人の視点から、新たな発見ができてそれが自分の仕事のスキルや経験に役立つ場合もあることでしょう。

こうしたさまざまな人たちとの出会いも、ひとり飲みならではのメリットと言えます。

マスターや店員と仲良くなれる

ひとりで飲む場合は、カウンターがあるお店や、個人で経営するなどしていて比較的こじんまりとしているお店を選ぶのがおススメです。

なぜかというと、カウンターで飲んでいると、マスターや店員さんと必然的に会話する機会も増えるからです。

顔を覚えてもらいやすいメリットもあります。

マスターや店員さんと仲良くなれれば、こちらの好きなタイプのお酒や、リクエストしたい好みの料理や、おつまみのお願いを聞いてもらえるようになります。

マスターのおススメのお酒や料理を教えてもらうこともできます。

そのお店の人であれば、お客がいま何を求めているかに上手に合わせることができます。

その場の空気をよく汲んで、話しをしたい人には合わせて会話をしてくれたり、ひとりで黙って飲みたい気分を感じ取ってそっとしておいてくれたりもします。

だから気を遣わずに、信頼を寄せられる相手になるのです。

もちろん仕事中ですし、他のお客さんもいるので、こちらからおしゃべりしすぎて営業妨害してはいけませんが、仲良くなれば、いろんな愚痴をこぼせたり、相談できたりするようになるかもしれませんよ☆

常連さんと仲良くなれる

お気に入りのお店ができて、そこに通い続けるようになると、やはりいつもその店に来ている常連さんがだんだん分かってくるようになると思います。

お互いに顔見知りになるにつれて、自然とあいさつをするようになったり、会話のきっかけが生まれて仲良くなれるかもしれません。

これも、ひとり飲みをするからこその楽しみ方と言えます。

常連さんのことはマスターや店主もよく知っていますから、マスターを介してさらに話題のきっかけも増えるようになるかもしれません。

そうやって、常連同士の輪が広がっていって、そのお店の中で友情のきずなを深めていけたら、さらに楽しい“ひとり飲み”ができるようになると思いますよ◎

好きなように注文できる

みんなでお酒を飲みに行く時に、意外と時間もかかり面倒くさいのは、「何を食べるかを決めること」だと思います。

自分はいま食べたくないものとか、ぜんぜん興味のない料理ばかり注文されて、お酒を美味しく楽しめなかった経験をされた方も多いことでしょう。

ほとんど食べられるものも無くて、でも料金はみんなで割り勘…

正直お金と時間を無駄にしてしまった、と感じた飲み会に参加した経験がおありの方もいらっしゃると思います。

その点、ひとり飲みだったら、自分の食べたいものや好きなものを、食べたいだけ好きなだけ注文できます。

その日の気分で自由に料理やお酒を注文できるんです。

自分の好みをいくらでも追求できることは、ひとり飲みでしかできない、大きなメリットだと思います。

相手の好みと合わない、なんて経験しなくていいんです。

つまみを独り占めできる

料理やつまみを何品か頼んだとしても、もし何人かでそれを食べるとなると、一つの料理で1個か2個、あるいはほんの少しつまむしかできなくて、物足りなさを感じることもあるでしょう。

その点、ひとりなら安心です(笑)

おつまみも料理も、ぜんぶ独り占めできちゃいます。

食べたいと思っていたのに、テーブルの遠くのほうにあって、いつの間にか誰かに食べられてしまっていた…なんて経験しなくていいんです。

好きなタイミングで、お酒を飲むのに合わせてゆっくりつまみも堪能できちゃいます。

ひとりじゃなきゃ絶対にできない幸せです(笑)

行きつけのお店ができる

自分の好みに合ったお店を見つけるのは、最初は不安もあり、ワクワクする時間でもあるかもしれません。

お酒や料理のオーダーの仕方、マスターやそこにいるお客さんとの相性が合うかどうかも大切ですよね。

そのお店の雰囲気が良く、居心地がとっても良いと感じられれば、そのお店はあなたにとっての行きつけになるかもしれません。

行きつけのお店ができると、マスターや店員さんはあなたが好きな料理や、いつも頼むお酒をよく知っておいてくれるようになりますし、あなたがどれくらいのスピードで飲むか、どのタイミングで声をかけたら良いか、という雰囲気も感じ取ってもらえるようになります。

つまり、あなたにとってますます居心地よく感じられる空間になるということです。

ストレスを解放したり、リフレッシュできる最高のぜいたくなひと時を、そこで楽しめるようになります。

そんな場所を作れたら、さらに充実した毎日を送れそうですね♪

恋人や友達に自慢できる

「いま私、ひとりで飲んでるんだ~」

なんて友達や恋人に言ったら、ずいぶん自立した大人な楽しみ方ができる人なんだな~と感心してもらえるかも☆

行きつけのお店で、ひとりで飲んでるなんて、なんだかカッコよくないですか?(笑)

ひとり飲みに憧れていても、女性でなかなか実行に移せる人って少ないと思いますから、これはぜひ自慢しちゃいましょう♪

「ひとり飲みの極意を教えて~」なんて、友達に頼まれちゃうかもしれませんよ☆

出会いのきっかけがある

「ひとりで飲んでいたら、すぐ近くに座って飲んでいた男性から声をかけられて、意気投合してゴールインしちゃいました♪」

ドラマの中でしかあり得なそうな話ですが、実際にこういう経験をされた方もいらっしゃるみたいですよ♪お店で飲んでいたのがきっかけでお付き合いに発展したり、結婚までされた方もいるんだとか☆

でもよく考えてみると、自分が好きなお店に同じように来ている人で、同じように一人で飲む時間を大切にしている人なわけですから、自分と趣味や嗜好や好みが似ているってことだと思いませんか?

ということは、価値観や考え方、大事にしたいものも似ているってことですよね。

そういう人とは、交際や結婚に至ってからも、ライフスタイルが似ているので、上手くいく可能性は非常に高いと言えるのかもしれません。

もちろん、恋愛に発展するかという人との出会いだけでなく、友情の出会いのきっかけも
つかめることもあるでしょう。

人間観察ができる

ひとりでお酒飲んでいる間って何してたらいいの??と思う方もいらっしゃると思います。

ひとりで静かに飲んでいて意外と楽しいのは、周りの人の人間観察なんです☆

だからといって、ぶしつけにジロジロ見るわけではありませんが(笑)、こっそり人間観察を楽しんじゃいましょう♪

「この人ってどんな仕事してるのかな…」「既婚者かな、独身かな」「何歳ぐらいだろう」などと、妄想を膨らませて(笑)観察力を磨くんです。

二人とかで来ている人だったら、会話などを聞きながら、関係性について想像するのも楽しいかもしれませんよ。

自分のお酒のキャパシティがわかる

ひとりでお酒を飲んでいるうちに、「自分の身体に合うお酒はこれだ!」とか、「一度にこれだけの量を飲んでしまうと、次の日二日酔いになるな…」などと、自分のお酒のキャパシティも分かってくるようになります。

みんなでワイワイ飲む時は、雰囲気にのまれて酔っぱらってしまったり、お酒に失敗してしまうことも多いかもしれないですが、ひとり飲みはそんな事はないですよね。

だからこそ、じっくりとゆっくりとお酒を飲むことで、ほんとうのキャパシティが分かるようになります。

そのお酒のキャパシティが自分で分かるようになると、美味しいお酒の飲み方が理解できるようにもなります。

つまり、「大人のたしなみ方」でお酒と付き合えるようになれるということでしょうか。

好きな時間に帰れる

ひとりだったら、自分が帰りたいと思った時に帰ることもできます。

自分の行きたい時に、行きたい場所へ、居たいだけいて良い、ということです。

これは大きいメリットですよね。

みんなで飲んでいたらそうはいきません。

周りの人との付き合いもありますし、自分の気分で途中で帰れるなんてわけにもいかないものです。

でもひとりだったら、気分次第で「今日は一杯だけ飲んだら帰ろう」とすることもできますし、「2時間滞在して、ゆっくり本でも読もう」という日にすることもできます。

自分で時間を設定して、自由に決められるので、余計な気を遣ってストレスになる、なんてこともないのは良いですよね◎

ストレス発散できる

好きなお酒や料理を楽しみながら、自分のペースで気持ちをリラックスさせながら、静かに飲めるひとり飲みは、ストレス発散にもってこいの時間となるに違いありません。

社会人にもなると、さまざまな人間関係や、日々の仕事の重圧や責任などで、誰しもがストレスを感じながら生活しているものです。

そうしたストレスを上手に発散させないと、心身共に疲れ切ってしまう事にもなりかねません。

だからこそ、仕事が終わった後の時間を自分のために上手に使って、ストレスをため込まない工夫をしましょう。

お酒を飲むことがストレス発散になるという人は、おしゃれなお店でひとり飲みをして、気分をさらに変えてみましょう♪

気持ちがリフレッシュして、心にゆとりのある生活ができるようになると思いますよ◎

自分の居場所ができる

最後に考えたい、ひとり飲みのメリットは、「自分の居場所ができる」ということです。

自分がリラックスできる、居心地の良い場所を作るというのは、簡単そうに見えて意外と難しいものです。

家に帰ってからも自分の居場所が見つけられない、という人もいます。

行きつけのお店ができると、そこが自分にとって最高に居心地の良い、リラックスできる空間になるかもしれません。

そこで知り合った仲間が、自分にとっての一番の理解者になってくれる場合もあります。

そういう居場所はきっと、かけがえのないものになるに違いありません。

ひとり飲みは良いことだらけ!

こうして見てみると、ひとり飲みのメリットはけっこうあることが分かりますね。

何ごともいちばん初めの経験は、緊張と不安だらけだと思います。

ひとりでお店に入っていって、お酒を飲むのも勇気がいることだと思います。

でも慣れないのは初めのうちだけです。

すぐにひとり飲みのとりこになっちゃうはずですよ♪

食べログとかぐるなびサイトなどを使って調べれば、ひとり飲み初心者に向いているお店とかも分かるので、そうしたサイトも活用しながら、行きやすいお店をぜひ探してみてくださいね。