生活をしていくうえで必要不可欠なのが「お金」。

日常生活を送るための、食費、光熱費、家賃等はもちろん、趣味や習い事に費やすお金、医療費や育児、介護、冠婚葬祭等、お金の出費というのは、生活をしていく上で必要なこととなります。

しかし、世の中には後先考えず、自分の趣味に費やしてしまう人や、計画的にお金を貯めることができない人達もたくさんいます。

パートナーが浪費家であった場合、将来が不安になる…という方も多いでしょう。

今回のテーマは「お金の話」についてです。

生活をしていくうえで必要不可欠なお金…しかし、なかなか真剣な話をしづらい話題でもあります。

お金の話を切り出すにはどうしたらいいのか、話し合いのポイントは何か、「お金」についての上手な話し方について、お伝えしていきます。

この記事の目次

パートナーとお金の話ってしにくい!

真剣交際であればあるほど、将来のことを考える人も多いでしょう。

結婚、出産、育児や介護、家や車のローン、子どもの学費等、二人で生活をしていくことを考えると、お金が必要になる場面はたくさんあります。

しかし、パートナーとお金の話はなかなかし難いものです。

結婚をしているならまだしも、お付き合いをしている段階で、お金の話を真面目にしてしまうと、急に現実的になってしまい、二人の関係が冷めてしまうこともあります。

お金の話をパートナーに切り出す方法20個!是非参考にしてみて

なかなか話題として出しづらいお金の話。

唐突にしたら相手も戸惑うだろうし、かといって前もって伝えておく話でもない…。

お金の話を切り出すタイミングというのはなかなか難しいものです。

お金の話をするときは、タイミングを考える必要があります。

タイミングを間違えると、思うように会話をすることができないこともあります。

では、パートナーにお金の話を切り出すベストなタイミングはいつなのか。

具体的にお伝えしていきましょう。

1.記念日に話す

記念日
「記念日」というのは二人にとって特別な日。

二人の今後を考える良いタイミングであるといえます。

とはいえ、記念日を祝っているときに、お金の話をしすぎて雰囲気を台無しにするのは避けましょう。

「将来を考えて、貯金とかしていきたいね。」「また改めて真剣に話したいな。」と、明るい前向きな話程度に留めておくのが吉です。

2.結婚の話をする

結婚の話と切って話せないのがお金の話。

結婚に向けていくら必要か、また子どもや介護のこと、家を買うのか賃貸なのか等、生活の話をしていくことで、自然とお金の話が出てくるはずです。

将来のことを真剣に考えている二人なのであれば、結婚の話をすると同時にお金の話をするのが良いでしょう。

しかし、まだ付き合ったばかりであったり、結婚について考えていない状態のときに、突然この話題を出すのは避けましょう。

3.将来予定している子どもの話をする

結婚の話をする仲なのであれば、子どもの話をすると、より具体的なお金の話ができます。

大人であれば、それぞれの稼ぎがあり、貯蓄がなくても生きていくことができます。

しかし、子どもはある程度の年齢までいかないと自分で稼ぐことができません。

その間かかる食費や学費、習い事や塾などの費用は、当たり前ですが親が負担をしなければいけません。

お金のことを考えるのであれば、将来予定している子どもの話をすると、より計画的な話ができます。

4.お互いに休日で心が余裕があるとき

お金の話をするときに大切なのは、お互いに心の余裕があるときに話すということです。

仕事で疲れて帰ってきたあとに、更にお金の話となると、精神的負担が多くなります。

タイミングが悪くお金の話をしてしまうと、充実した話し合いができなくなる可能性があるので注意しましょう。

休日など、時間の余裕があるときに話すのがおすすめです。

5.自分の給料や貯金の話をする

お金の話をしたいのであれば、まずは自分の給料や貯金の話をしてみるのも良いでしょう。

自分からオープンにお金の話をすることで、相手も話してくれるはずです。

相手から聞き出そうとするのではなく、まずは自分のことを話すのが、お金の話をする時のコツです。

6.お互いの夢について話す

お金の話をすると、ついつい現実的な話から入ってしまいがち。

現実的な話をしてしまうと拒否反応を示す人もいるため、「将来の夢」という非現実的なテーマから、現実に落とし込んでいくのがオススメです。

将来、どんな家庭を築きたいか、どんな生活をしたいか、どこに住みたいかなど夢のある話をしてから、現実的な話をしていくことで、お金の話もしやすくなります。

7.ストレートに切り出す

どことなく話しづらい話だという心理が働くため、遠回しな言い方をしたり、しどろもどろな話し方になって伝わらないという人も多くいます。

お金の話をする時は、勇気を出してストレートに切り出すのも肝心です。

伝わりづらい話だからこそ、ストレートに相手にぶつけてみましょう。

8.高額なものを購入するタイミング

高額なものを購入するタイミングの時こそ、お金の話をする絶好の機会です。

高額なものを購入をするときは、ローンを組むケースも多いです。

何年ローンなのか、月々いくらの支払いなのか、またお金のことをきちんと考えて購入出来ているかを聞いてみるのもよいでしょう。

9.保険を見直すとき

大人になれば多くの人が加入する保険。

年齢を重ねると保険を見直すタイミングも出てきます。

そのタイミングで将来に向けてのお金の話をするのが良いでしょう。

二人だけではなく、ファイナンシャルプランナーなどのプロを交えて話をすることで、より有効なお金の話ができるのでオススメです。

10.不安なことがあると相談する

お金に対する不安というのは、話ができないとずっとモヤモヤがつきまといます。

軽い気持ちで聞く話でもないので、きちんと「不安なことがある」と切り出して、相手と話すのも良いでしょう。

相手もあなたのことを真剣に考えているのであれば、不安を解消するために、きちんと話してくれます。

11.あなたと真剣に向き合いたいと相談する

お金の話をするということは、真剣なお付き合いであり、将来を考えているということです。

2人で生きていきたいからこそ、お金の話を真剣にしたいという誠実な気持ちをきちんと伝えましょう。

12.お互いに言いたいことを言う時間を作る

良い付き合いをしていくためには、お互いへ言いたいことを言う時間を作ることが大切です。

お金のことに関わらず、相手に対する不安や不満などを伝える時間を作り、よりよい付き合いをしていくためにはどうしたらいいのか、二人で解決策を見つけることが大切です。

13.話したい内容を図に描くなど分かりやすくまとめてから見せる

相手に伝えたいことが上手く伝わらないと、不毛な時間となってしまいます。

せっかく勇気を出して伝えたのに、相手に伝わらなければ意味がありません。

話したい内容を紙にきちんと分かりやすく書いて話すことで、相手とコミュニケーションのすれ違いが起きないようにしましょう。

14.友達の結婚や出産の話をする

第三者の結婚や出産というのは、お金の話をするよいきっかけになります。

また、2人の将来の話をするための参考にもなるため、是非積極的に、友達の結婚や出産の話をしましょう。

第三者の話から、自分たちの話に落とし込んでいくことで、より具体的な話ができます。

15.購入したいものがあるタイミング

高い買い物をする時や、趣味などに使うものを購入するタイミングなどは、お金の話をする絶好の機会です。

相手に購入したいものを相談することで、お金の話をするきっかけにもなります。

お金の話題として有効的に使いましょう。

16.食事を割り勘したとき

最近では割り勘をするカップルも増えてきました。

お金面ではお互い対等であるからこそ、お金の話がしやすいといえます。

食事を割り勘した時こそ、お金の話をするチャンス。

結婚をしたら共同財布となるため、割り勘をすることはなくなります。

だからこそ、今お金の話をしておくべきです。

食事を割り勘した時にこそ、将来のお金の管理方法について話をしてみましょう。

17.お互いにプレゼントしあうとき


プレゼントというのは、相手のお金の悩みが浮き彫りになりやすいものです。

特にプレゼント交換は、相手のお金に対する考えが浮き彫りになる瞬間です。

あまりお金を費やしていないプレゼントだった場合、相手がケチなのかそれとも本当にお金がないのかがわかります。

プレゼントの予算を決めるついでに、お金の話題を振ってみるのが良いでしょう。

18.一緒に買い物をしているとき

一緒に買い物をしているときは、相手の金銭感覚が分かる瞬間でもあります。

無駄遣いをしていないか、不要な買い物をしていないかなどをきちんとチェックしてみましょう。

また、買い物の延長で、お金の話題もしやすくなっています。

月いくら自由に使えるのか、貯金はいくらしているのかなど、聞いてみるには絶好のチャンスです。

19.相手が給料日のタイミング

給料日は、お金が振り込まれて、嬉しい瞬間でもあります。

そのため、ついついお金を使ってしまうタイミングでもあります。

お財布の紐を締めるためにも、給料日のタイミングにお金の話題をするのが良いでしょう。

相手もお金が入ってきているタイミングだからこそ、お金について真剣に考えることができる瞬間です。

20.お金関連のニュースを一緒に見たとき

お金関連のニュースを見たときは、お金の話題を出しやすいタイミングだといえます。

第三者の意見を交えながら、自分たちのお金の管理の仕方を具体的に話していけるのではないでしょうか。

お金の話をするときの話し合いのポイントとは?

二人の将来を考えるのであれば、お金の話題は避けて通れません。

しかし、ポイントがずれた話し合いをしてしまうと、有効な話し合いができず、いつまでもモヤモヤした状態が続いてしまいます。

お金の話し合いをするときはポイントを絞って話すのが大切です。

では、話すべきポイントについてお伝えしていきましょう。

どちらが管理するのか決める

お金の管理は、どちらか片方が行なうべきです。

2人で常に管理すると、細かくなりすぎてしまい、喧嘩の元となるため、どちらかが責任をもって管理すると決めること。

そして、月に1回報告をすることを義務付けることで、相互監視し、お金をきちんと管理していくことを決めましょう。

2人が家計簿を共有できるようにする

貯蓄したお金や、出費などは常に2人で共有できるようにしておくことが大切です。

どちらが片方だけしか見えないと、お金の行き先が不透明になり、トラブルの元になることもあります。

家計簿は必ず共有しましょう。

最近ではスマホアプリ等で、家計簿が共有できるものが増えてきました。

お金の管理が目に見える状態になっていれば、お互いに安心して生活をすることができます。

お金のトラブルなどを起こさないためにも、きちんとした対策をしておきましょう。

同じ目標を立てる

いつまでにいくら貯めるなど、共通の目標を立てることで、お互いのお金に対する意識が高まっていきます。

また、同じ目標があれば、お金の話題もしやすくなるためオススメです。

2人で目標を決めて、その目標に向けて一緒に頑張ってみてはいかがでしょうか。

共通の目標があれば、絆もより深まりますし、二人の関係もより良いものへと発展していきます。

相手を否定しないようにする

お金の話をする時に大切なのが、相手を否定しないことです。

相手を否定すると、お金の話をすることに対して拒否反応が増幅してしまい、話題がふりづらくなります。

相手を否定せず、肯定をしたうえで、自分の意見を伝えること。

そうすれば、自然とお金の話もしやすくなります。

相手を持ち上げることを心がける

お金の話をする時のポイントは、相手が話しづらい環境を作らないことです。

相手がお金の話をしても苦にならないよう、相手を持ち上げる話し方をしましょう。

「良い買い物をしたね!」「今月は節約できたね!」「貯蓄ができていて偉い!」と相手を褒めることで、お金の話をしてもよいという自信をつけさせることが大切です。

今後不満が出ないように納得するまで話し合う

お金というのは、金銭感覚や価値観の違いから、不満が出やすい話題です。

そのため、お互いのモヤモヤがなくなるまで話し合いましょう。

きちんと話し合い、決め事を作れば、今後お金に対する不満が軽減されます。

方法を実践してスムーズにお金の話をしよう

お金の話というのは、なかなか切り出しにくい話題であり、躊躇して話せずにいる人も多いでしょう。

しかし、お金の話というのは、1人では解決することができず、2人で話す必要があることです。

二人で話し合いができなければ、いつまでもモヤモヤを抱えたままになってしまいます。

将来の事を真剣に考えたいのであれば、お金の話は避けて通れません。

逃げていても、問題を先延ばしにするだけです。

然るべきタイミングで話すようにしましょう。

また、お金の話をするためには、お金の話をしやすい環境をつくることが大切です。

環境を作り出すことができれば、自然とお金の話もしやすくなり、不安を抱えることもなくなります。

2人の将来をより充実したものにするためには、お金は必要不可欠です。

だからこそ、2人で協力して、きちんとお金を貯めていきましょう。

2人の幸せな未来のために、今からきちんと話し合いをしましょうね。