CoCoSiA(ココシア)

お金の話をパートナーに切り出す上手...(続き3)

また、買い物の延長で、お金の話題もしやすくなっています。

月いくら自由に使えるのか、貯金はいくらしているのかなど、聞いてみるには絶好のチャンスです。

19.相手が給料日のタイミング

給料日は、お金が振り込まれて、嬉しい瞬間でもあります。

そのため、ついついお金を使ってしまうタイミングでもあります。

お財布の紐を締めるためにも、給料日のタイミングにお金の話題をするのが良いでしょう。

相手もお金が入ってきているタイミングだからこそ、お金について真剣に考えることができる瞬間です。

20.お金関連のニュースを一緒に見たとき

お金関連のニュースを見たときは、お金の話題を出しやすいタイミングだといえます。

第三者の意見を交えながら、自分たちのお金の管理の仕方を具体的に話していけるのではないでしょうか。

お金の話をするときの話し合いのポイントとは?

二人の将来を考えるのであれば、お金の話題は避けて通れません。

しかし、ポイントがずれた話し合いをしてしまうと、有効な話し合いができず、いつまでもモヤモヤした状態が続いてしまいます。

お金の話し合いをするときはポイントを絞って話すのが大切です。

では、話すべきポイントについてお伝えしていきましょう。

どちらが管理するのか決める

お金の管理は、どちらか片方が行なうべきです。

2人で常に管理すると、細かくなりすぎてしまい、喧嘩の元となるため、どちらかが責任をもって管理すると決めること。

そして、月に1回報告をすることを義務付けることで、相互監視し、お金をきちんと管理していくことを決めましょう。

2人が家計簿を共有できるようにする

貯蓄したお金や、出費などは常に2人で共有できるようにしておくことが大切です。

どちらが片方だけしか見えないと、お金の行き先が不透明になり、トラブルの元になることもあります。

家計簿は必ず共有しましょう。

最近ではスマホアプリ等で、家計簿が共有できるものが増えてきました。

お金の管理が目に見える状態になっていれば、お互いに安心して生活をすることができます。

お金のトラブルなどを起こさないためにも、きちんとした対策をしておきましょう。

同じ目標を立てる

いつまでにいくら貯めるなど、共通の目標を立てることで、お互いのお金に対する意識が高まっていきます。

また、同じ目標があれば、お金の話題もしやすくなるためオススメです。

2人で目標を決めて、その目標に向けて一緒に頑張ってみてはいかがでしょうか。

共通の目標があれば、絆もより深まりますし、二人の関係もより良いものへと発展していきます。

相手を否定しないようにする

お金の話をする時に大切なのが、相手を否定しないことです。

相手を否定すると、お金の話をすることに対して拒否反応が増幅してしまい、話題がふりづらくなります。

相手を否定せず、肯定をしたうえで、自分の意見を伝えること。

そうすれば、自然とお金の話もしやすくなります。

相手を持ち上げることを心がける

お金の話をする時のポイントは、相手が話しづらい環境を作らないことです。

相手がお金の話をしても苦にならないよう、相手を持ち上げる話し方をしましょう。

「良い買い物をしたね!」「今月は節約できたね!」「貯蓄ができていて偉い!」と相手を褒めることで、お金の話をしてもよいという自信をつけさせることが大切です。

今後不満が出ないように納得するまで話し合う

お金というのは、金銭感覚や価値観の違いから、不満が出やすい話題です。

そのため、お互いのモヤモヤがなくなるまで話し合いましょう。

きちんと話し合い、決め事を作れば、今後お金に対する不満が軽減されます。

方法を実践してスムーズにお金の話をしよう

お金の話というのは、なかなか切り出しにくい話題であり、躊躇して話せずにいる人も多いでしょう。

しかし、お金の話というのは、1人では解決することができず、2人で話す必要があることです。

二人で話し合いができなければ、いつまでもモヤモヤを抱えたままになってしまいます。

将来の事を真剣に考えたいのであれば、お金の話は避けて通れません。

逃げていても、問題を先延ばしにするだけです。