CoCoSiA(ココシア)

お金の話をパートナーに切り出す上手...(続き2)

7.ストレートに切り出す

どことなく話しづらい話だという心理が働くため、遠回しな言い方をしたり、しどろもどろな話し方になって伝わらないという人も多くいます。

お金の話をする時は、勇気を出してストレートに切り出すのも肝心です。

伝わりづらい話だからこそ、ストレートに相手にぶつけてみましょう。

8.高額なものを購入するタイミング

高額なものを購入するタイミングの時こそ、お金の話をする絶好の機会です。

高額なものを購入をするときは、ローンを組むケースも多いです。

何年ローンなのか、月々いくらの支払いなのか、またお金のことをきちんと考えて購入出来ているかを聞いてみるのもよいでしょう。

9.保険を見直すとき

大人になれば多くの人が加入する保険。

年齢を重ねると保険を見直すタイミングも出てきます。

そのタイミングで将来に向けてのお金の話をするのが良いでしょう。

二人だけではなく、ファイナンシャルプランナーなどのプロを交えて話をすることで、より有効なお金の話ができるのでオススメです。

10.不安なことがあると相談する

お金に対する不安というのは、話ができないとずっとモヤモヤがつきまといます。

軽い気持ちで聞く話でもないので、きちんと「不安なことがある」と切り出して、相手と話すのも良いでしょう。

相手もあなたのことを真剣に考えているのであれば、不安を解消するために、きちんと話してくれます。

11.あなたと真剣に向き合いたいと相談する

お金の話をするということは、真剣なお付き合いであり、将来を考えているということです。

2人で生きていきたいからこそ、お金の話を真剣にしたいという誠実な気持ちをきちんと伝えましょう。

12.お互いに言いたいことを言う時間を作る

良い付き合いをしていくためには、お互いへ言いたいことを言う時間を作ることが大切です。

お金のことに関わらず、相手に対する不安や不満などを伝える時間を作り、よりよい付き合いをしていくためにはどうしたらいいのか、二人で解決策を見つけることが大切です。

13.話したい内容を図に描くなど分かりやすくまとめてから見せる

相手に伝えたいことが上手く伝わらないと、不毛な時間となってしまいます。

せっかく勇気を出して伝えたのに、相手に伝わらなければ意味がありません。

話したい内容を紙にきちんと分かりやすく書いて話すことで、相手とコミュニケーションのすれ違いが起きないようにしましょう。

14.友達の結婚や出産の話をする

第三者の結婚や出産というのは、お金の話をするよいきっかけになります。

また、2人の将来の話をするための参考にもなるため、是非積極的に、友達の結婚や出産の話をしましょう。

第三者の話から、自分たちの話に落とし込んでいくことで、より具体的な話ができます。

15.購入したいものがあるタイミング

高い買い物をする時や、趣味などに使うものを購入するタイミングなどは、お金の話をする絶好の機会です。

相手に購入したいものを相談することで、お金の話をするきっかけにもなります。

お金の話題として有効的に使いましょう。

16.食事を割り勘したとき

最近では割り勘をするカップルも増えてきました。

お金面ではお互い対等であるからこそ、お金の話がしやすいといえます。

食事を割り勘した時こそ、お金の話をするチャンス。

結婚をしたら共同財布となるため、割り勘をすることはなくなります。

だからこそ、今お金の話をしておくべきです。

食事を割り勘した時にこそ、将来のお金の管理方法について話をしてみましょう。

17.お互いにプレゼントしあうとき


プレゼントというのは、相手のお金の悩みが浮き彫りになりやすいものです。

特にプレゼント交換は、相手のお金に対する考えが浮き彫りになる瞬間です。

あまりお金を費やしていないプレゼントだった場合、相手がケチなのかそれとも本当にお金がないのかがわかります。

プレゼントの予算を決めるついでに、お金の話題を振ってみるのが良いでしょう。

18.一緒に買い物をしているとき

一緒に買い物をしているときは、相手の金銭感覚が分かる瞬間でもあります。

無駄遣いをしていないか、不要な買い物をしていないかなどをきちんとチェックしてみましょう。