CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

外国人から日本人女性はモテるのに、日本人男性がモテない理由とは?


日本人女性は外国人にモテモテ!というのはどうやら事実のようです。なぜ日本人女性がモテるのでしょうか。一方で、日本人男性がモテない理由も知りたいですよね。

これを読めばモテる理由・モテない理由がわかります。

外国人によるエピソードを、どどど~んとご紹介!

この記事の目次

見た目が若い女性に比べ、男はオッサン化するから

若い女性が好きなのは、外国人男性も同じです。

ここ最近の日本人女性は、アラフォーやアラフィフになっても、見た目がとにかく若い人が多い。

アメリカ人男性のNさんは、そんな若さにひかれて日本人の奥さんと結婚した一人。奥さんも60歳を過ぎて、夫婦ともシニアライフに突入しています。

「ほかの国なら60歳というと、本当におばあちゃん。だけど日本は違うね。20歳くらい若く見えるよ」と奥さんをハグしながら語ります。

ところで日本人男性は・・・?という質問にNさんは「男性は人によってかなりの差がある。でもお腹が出てオッサンになる人も多いね」と。

だからどちらかというと、男性よりも女性のほうが、全体的にモテることがわかりました。

外国人女性と比べると小柄で守ってあげたくなるから

「日本人の女性って小さくてキュートだよ」と話すのは、イタリア生まれヨーロッパ育ちの男性Jさん。

ヨーロッパは身長が高い男性が多く、日本人はとても小柄に見えて守ってあげたいように見えるそうです。

また外国人女性は大柄な人も多いので、日本人女性とのギャップも大きめ。その差に萌える外国人も少なくないそう。

「日本人女性は憧れだよ!一回は付き合ってみたいね」とさわやかスマイルで話すJさんでした。

肌が白く外国人女性より魅力的に見えるから

日本人女性は、外国人のハッキリした容姿に憧れている人も多いですが、実は外国人をマネるような努力は不要かもしれません。

「日本人ならではの良さがもともとあるのに、モッタイナイ」と言うのは、カナダ人のDさん。

Dさんによると、日本人女性が目を大きく整形したり、鼻を高くしたりする必要はないとのこと。

「黒髪で色白の肌、小さな目だって平和の象徴だと思う」と言います。

またDさんによると、海外の女性では、大人になっても色白で健康的な肌を保っている人は少ないそう。

日本人女性は、もともと魅力的なパーツが多いようです。

控えめで素直な女性に比べ、男は感情表現に乏しいから

日本人女性がモテるのは、容姿だけではなく内面にも高い支持を得ているから。

まず日本人女性の多くは、素直。さらに感情表現が豊かで、外国人男性の恋愛対象になります。

日本に留学経験のあるアメリカ人男性Kさんは、「大学の時、日本人男性は何を考えているのかわからないことが多かった」と話します。

「海外ならジェスチャーで喜怒哀楽を表現するけど、日本人男性はおとなしい印象」とも。

また「女性も海外に比べて静かだけれど、表情が豊かで何を考えているのか想像がつく。だから付き合ってみたいなって思った」と言います。

相手の考えていることがわからないと、アプローチしにくいようです。

細やかな女性の気配りは、世界でもトップレベルだから

日本在住のオーストラリア人男性Tさんは、日本人女性と結婚して10年以上経ちます。

なぜ奥さんと結婚しようと思ったのか、その答えから日本人女性がモテるヒントが得られました。

「とにかく細かいというか。あ、いい意味でなんです。相手への心遣いが日常にありますよね。それって海外では珍しいことなんですよ」と話します。

クリスマスや誕生日ではなくても、お歳暮などでプレゼントを贈り合う習慣、「お先にどうぞ」という習慣など、Tさんにとっては来日当初、細かい習慣が新鮮だったそう。

ステキな日本人女性に気遣われたら、「僕のコト好きなのか?」って勘違いしてしまう男も多いのでは・・・と、Tさんは笑ってつけ加えました。

きれいでかわいい服装が似合う女性が多いから

日本の市場に出回っている服は、海外モノよりも凝っていてかわいいものが多いですよね。

「日本に遊びに行くなら原宿はハズせない!」という東南アジア出身の20代男性Yさんも、日本のクオリティの高さに脱帽したひとり。

「海外のTシャツは色も作りもシンプル。日本はスゴイ!女の子モノは柄もかわいいしボタンとかフリルとか。シャツ1つとってもドレス?と思えるようなのもアリマスヨネ」とYさん。

さらにYさん、そんなかわいいシャツを着ている日本人女性がツボのよう。

「小柄だし、服かわいいし、お人形さんみたい」と目を輝かせながら話します。

彼にとったら原宿は、お人形さんがいっぱい歩いている風景に見えるようです。

和服が外国人男性の心をつかむから

原宿に行く男性もいれば、古き良き日本に惹かれる外国人男性も。

京都や奈良が好きというフランス人男性Gさんは、自国の本屋で日本のアニメに触れて日本のファンになった経歴があります。

「ニホンゴ少し話せますヨ」とフランスなまりの日本語で語ってくれました。

「着物イイデスネ。日本人女性にはガンバッテ着てほしいと思います。とても似合うから」とのこと。

武士や侍も好きなGさんは、大の着物好き。

彼は舞妓さんが町を歩いていたら、必ずカメラにおさめるそう。

「着物キレイ、女性もキレイ、だから好き」だそうです。

いつでもきれいでいようと努力する女性が多いから

日本に来日してELTの先生をしているアメリカ人男性Cさんは、日本人女性が外に出る時に必ずメイクすることに驚いたそう。

実は少し前まで、日本人女性の恋人がいたらしいです。

「歩いて3分くらいのところでも、メイクに20分以上かけることはザラでした」と、Cさんは話します。

いつでもどこでもきれいにいようという意識が高く、海外の女性にはない心がけだと感じたそう。

「ベッドの中でも眉毛?描いているって、海外じゃめったにありませんよ」とあっけらかんと話します。

いつでもきれいだから、海外の男性から声をかけられやすいのですね。

相手の気持ちに敏感な女性に比べ、男は鈍感だから

忖度(そんたく)というワードが2017年の流行語にもなりましたが、日本人はとにかく相手の気持ちに敏感な人が多いです。特に女性は、男性よりも敏感。

「なんでボクのキモチわかったんだろう・・・」と、遠くを見つめながら思い出すイギリス人男性Rさんは、ある国を旅行した時に出会った日本人女性が忘れられないよう。

その日本人女性とは恋人どうしではなかったものの、仲の良い友人になったそう。

体調が悪い時に看病してくれたり、欲しいと思っていたものをプレゼントしてくれたりと、尽くしてくれる女性だったそうです。

恋人でもなく、しかも「こうしてほしい」なんて言っていないのに、「なんでわかっちゃうのかな」と、Rさん。

「心が自然と通じ合うから、日本人女性はみんな恋人候補」と笑いながら去っていきました。

外国人女性よりも自己主張が強くなく安心だから

「海外だと、どれだけ自己主張したかで、学校の成績も仕事も変わるよ」と話すのは、ニューヨーク出身の男性Eさん。

だから恋愛でも自己主張するものと考えていたものの、そんな関係に疲れを感じていたEさん。

これまで出会ったアメリカ人の彼女は、気が強く、喧嘩したらアウトという感じだそう。

「話し合いにもならなかった」と過去を振り返るEさんは、今は日本の企業で働いています。

自己主張よりも協調性が求められる日本ならではの良さも発見したそうで、「とにかく平和」を実感しているとのこと。

「日本人女性は穏やかで余裕がある雰囲気がイイ!今度付き合うなら日本人と決めてるよ」と話します。

日本人女性は、安心して付き合える相手として好印象のようです。

ページトップ