CoCoSiA(ココシア)

育ちが悪い人の20個の特徴。周りにバレバレ!?


皆さんの周りにも素行が悪くて、見ていて不快に思う人はいませんか?そのような人達は育ちの悪さが原因かもしれません。

この記事では育ちが悪い人の20個の特徴を紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

育ちが悪い人の特徴20個!あなたは大丈夫?

昔から「お里が知れる」なんて言葉あり、育ちが悪い人に嫌味を言う時に使われます。

「親の顔が見たい」と同じ意味を持つ言葉です。

それくらい、人の行動は育った環境に左右されやすく、周りからの評価も変わってきます。

ここでは、育ちが悪い人の特徴を20個ご紹介します。

多く当てはまっていたら周りから育ちが悪いと思われているかもしれません。

1.箸の持ち方が正しくない

育ちの悪さは食事作法に出やすいです。寄せ箸・ねぶり箸・迷い箸など。

箸の持ち方や使い方が間違っている人は、教えるべき親が持ち方を間違っているか、躾を怠ってしまったなどの原因が考えられます。

箸の持ち方が良くないと、異性とのデートで見られていることもあります。

印象が悪くなってしまう可能性も考えられるので、出来れば早い段階で直した方がいいでしょう。

2.スマホを見ながら食事をする

ながら食いはお行儀が悪いです。

テレビくらいならまだしも、スマホを凝視して食べている人もいます。

誰かが気持ちを込めて作った食事を、スマホを見ながら食べるのはよくありません。

育ちが悪いのもありますが、思いやりがない人だと思われてしまいます。

3.クチャクチャと音を立てながら食べる

誰かと食事をして、クチャクチャと音を立てて食べる人は周りに不快感を与えます。

クチャクチャと咀嚼音が不快に感じてしまうのには、2つの理由があります。

1つは咀嚼音が口の中で、噛み砕いた汚い状態を連想させるから。

もう1つは、この音が人間にとっては雑音として聞こえるからです。

食事は楽しく、そしてマナーを守って食べたいものですね。

4.ドアの開け閉めの音が大きい

生活音が大きい人も困りものです。

ドアを閉める時にバタン!洗った食器を立てる時もガシャン!周りの人は、その音にビックリしてしまいます。

しかし育ちの悪い人はお構いなし。

自分以外の人が大きな音を立ててもまったく気になりません。

何故なら生活音が大きい人は、そのような環境で育ってきたからです。

周りに粗雑な人だという印象を与えてしまうので気をつけましょう。

5.一般的な教養やマナーがない

育ちの悪い人は、皆が当たり前に知っていることを知らない場合があります。

つまり一般的な教養やマナーを知らずに育ってきたのです。

社会に出て人に指摘され、自分が教養がないことに初めて気づき、赤っ恥をかいてしまいます。

一般的な教養なんて知らなくても生きていける!と思っている人もいるかも知れません。

教養を持っているといろんな場面で救われますので、教養は身につけておきましょう。

今からでも遅くはありません。

6.身だしなみ・体型に気をつけない

何日もお風呂に入らない、髪はボサボサ、服は何日も同じの着っぱなし。

そんな人いますよね。

彼らは家庭環境が良くない場所で育ったのかもしれません。

また、体型を気にしない人も、環境があまり良くなかった可能性があります。

たくさん食べても、特に注意されることもなかったか、寂しさを紛らわせるために食べたかのどちらかといえるでしょう。

7.健康に気を遣わない

育ちが悪い人は、身だしなみや体型を気にしないのと同じく、健康に気を遣わない人もいます。

煙草やお酒を嗜む程度ではなく、多量に摂取してしまいます。

酒も煙草も当たり前にある環境で育ってきたことが原因かもしれません。

また健康に無関心で、病院に行くことも嫌う傾向があります。