CoCoSiA(ココシア)

自己開示とは?効果や簡単にできる6個の方法


この記事では、自己開示の効果と、その方法について詳しく解説しています。

自己開示は人と仲良くなるために欠かせないものです。

自己開示について意識しながら会話をすることで、相手と友好関係を築きやすくなります。

「自己開示の効果について知りたい」
「実際に会話の中で自己開示をするにはどうすればよいか知りたい」
そう思っている方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

この記事の目次

自己開示とは?

自己開示とは社会心理学用語で、「自分のことをありのままに話すこと」とされています。

例えば過去にあった出来事や自分の性格について、ありのままに話すことが自己開示になります。

自己開示の効果

ここからは自己開示の効果について解説します。

「自己開示をすると何が起こるのか知りたい」という方は、ぜひご覧ください。

相手の警戒心を解くことができる

ありのままに自分自身のことを話すと、「この人は自分に心を開いてくれているんだ」と相手に感じさせることができます。

誰しも初めは相手に警戒心をもってしまいますが、自ら自己開示をすることで、すぐに相手の警戒心を解くことができます。

深い信頼関係を築くことができる

効果的な自己開示を続けていくことで、相手と深い信頼関係を築くことができます。

自己開示の効果を高めるには、過去の失敗談や性格の欠点など、他人に知られたくないような情報を話す必要があります。

深い信頼関係を築きたい相手に対しては、他人に知られたくないような情報をあえて話して、徐々に自己開示の効果を高めていくとよいでしょう。

共通点を見つけるきっかけになる

自己開示をしていると、相手との共通点を見つけるきっかけが生まれることがあります。

自分の出身地や趣味について話したときに、相手との共通点があれば会話がより弾みます。

まだ友好関係を築けていない段階でも、自己開示をすることで自然と会話が盛り上がるかもしれません。

自分がどんな人間なのか知ってもらえる

自己開示をすることで、自分がどんな人間なのか相手に知ってもらえます。

自分の性格や家族構成、過去のエピソードなどを話せば、自分の人間性や生い立ちを相手に伝えられます。

長い付き合いになる相手には、このような自己開示をすることで、より深い関係を築くことができます。

相手も自己開示をしてくれるようになる

自己開示には返報性があるため、自分が自己開示をすると、相手も自己開示を返してくれやすくなります。

お互いに自己開示をし合うことで、より相手のことを知っていき、深い関係へと進展していきます。

また、相手のことで知りたい情報があるときに、先に自らその情報を自己開示するという方法もあります。

うまくいけば、相手から知りたい情報を話してくれるかもしれません。

簡単にできる自己開示の6個の方法

ここからは、簡単にできる自己開示の方法を6個紹介します。

「どう自己開示すればいいのかわからない」という方は、ぜひご覧ください。

自分の欠点について話す

自分の欠点は、できれば他人に知られたくない情報です。

あえてそんな情報を相手に話すことで、効果的な自己開示になります。

ただし出会って間もないころに自分の欠点を話すと、卑屈な人間だと思われることがあります。

自分の欠点については、ある程度関係が深まったころに話すのがオススメです。

過去の失敗談について話す

過去の失敗談について話すことは、非常に効果の高い自己開示です。

失敗談を相手に知られることはとても恥ずかしいことですが、あえて話すことで相手と深い関係を築くことができます。

今までよりも一歩踏み込んだ関係になりたいときにオススメの自己開示です。

休日の過ごし方について話す

休日の過ごし方について話すだけでも、効果的な自己開示になります。

一人の時間をどう過ごしているのかということは、意外と個人的な情報なのです。

とても話しやすい話題なので、まだ友好関係を築けていない段階において最もオススメの自己開示です。

自分の出身地について話す

自分の出身地は、個人情報にかかわるデリケートな情報です。