人間関係はとても複雑ですので、誰とでも仲良くなることは難しいです。

とくに女性の場合は、男性よりも感情的な性格をしていることが多いため、人間関係で喧嘩やトラブルが起こることも少なくありません。

職場のような限られた空間で嫌いな女性ができてしまったら、日々精神的なストレスに晒されてしまうことでしょう。

どんな原因で嫌いな女性ができるのか、また嫌いな女性に対処するにはどうすればいいのか、特徴や対処法をご紹介していきます!

この記事の目次

嫌いな女が職場にいる…そういう人も少なくない

人間それぞれに相性がありますので、誰とでも仲良く接するのは難しいものです。

表面上は誰とでも親しく接していても、内心で嫌いな人がいれば一緒にいることでストレスに感じてしまいますし、お互いにハッキリと嫌い合っていれば、頻繁に喧嘩やトラブルが起こってしまうでしょう。

また、こちらが仲良く接しようと努力をしても、相手が嫌いな態度を出してきたら、必死になってまで仲良くなろうという気持ちはなくなってしまいますよね。

人間関係は複雑ですし、とくに女性は男性よりも感情的で好き嫌いが激しいため、女性同士や異性間でのトラブルも少なくはないでしょう。

また、嫌いな女性ができたら、誰でもできるだけ距離を置きたいと思いますが、それが職場となると思うようにいかないため、ストレスが溜まってしまうことも多いです。

職場のような逃げ場がなく、嫌でも一緒にいなければならない状況では、嫌いな女性と一緒にいることのストレスで、ますます相手のことを嫌いになってしまう人もいるでしょう。

会話をしたくない

嫌いな人とは誰でも極力関わりたくないと思うでしょう。

職場に嫌いな女性がいれば、その女性とはできるだけ会話をしたくないと思いますし、相手の声が耳に入ってくることさえ不快に感じてしまうでしょう。

女性の声は男性の声よりも甲高く、声質によっては耳に痛いこともあります。

また、声質はそこまで高くなくても、大声で話していれば少なからず耳に障ることがあるでしょう。

それが自分にとって嫌いな女性であれば尚のこと、相手の話し声は耳につきますし、遠くで相手の声が聞こえるだけでも不快な気持ちになってしまうでしょう。

こちらが一方的に嫌っているのであればまだしも、相手もこちらのことを嫌っているのなら、嫌いな相手が何事か嘲笑していると、それが自分のことなのではないかと気になってしまうこともあるでしょう。

関わりたくない

嫌いな女性と関わると、誰でもストレスを感じてしまいます。

目の前で楽しそうに誰かとおしゃべりをしている姿を見るのも不快ですし、相手に話しかけられれば「馴れ馴れしくしないで欲しい」と不愉快さを覚えることでしょう。

嫌いな相手を見るのも、声を聞くのも、会話をするのも、それらのすべてが自分のストレスになってしまうため、極力嫌いな女性とは関わりたくないと思うのが普通でしょう。

もしもその女性が周りの誰からも嫌われているのなら、堂々とその女性を無視することもできますし、嫌いだと態度を出したところで周りの人間関係に悪影響が及ぶことは少ないでしょう。

しかし、もしも自分だけが相手の女性を嫌っている場合には、あまり態度に出してしまうと周りの人間関係に悪影響を及ぼしてしまうかもしれませんので、表立って女性を嫌った言動や態度をとることはできないでしょう。

すると自分のストレスを思うように発散できなくなってしまい、余計に職場でストレスを抱え込むことになってしまいます。

見たくない

嫌いな人のことを、わざわざ「いつも目にしていたい」と思う人はいないでしょう。

しかし嫌いな人のことほど、何故かいつも目についてしまいますし、意識してしまうものです。

とはいえ嫌いな人を目にすれば当然不快な気持ちになってしまいますので、やはり「見たくない」という気持ちが強い人が多いでしょう。

せっかくいい気分で過ごしている時に、嫌いな人が目の前に現れたら、良い気分も台無しになってしまいます。

また、自分の気分が落ち込んでいる時に、嫌いな人が楽しそうにはしゃいでいる姿を見たら、より気持ちががっくりと落ち込んでしまったり、イライラしたりすることでしょう。

嫌いな人の姿を目にすることで自分の気持ちが悪い方向へと乱れてしまうことが多いからこそ、できるだけ嫌いな人の姿を見たくないと思ってしまうのでしょう。

嫌いな原因は多くある?職場にいる嫌いな女の6個の特徴


人が人を嫌いになる時には、そこに必ず何らかの理由や原因があります。

時には「何とは言えないけれど、何となく嫌い」といった生理的嫌悪感を覚えることもありますが、その場合にも例えば清潔感がなかったり、だらしない格好をしていたりと、外見的な原因が関係していることが多いです。

職場に嫌いな女性がいる人は、その女性の外見や言動、仕事振りなどの何かが気に入らないため、相手を嫌いだと感じているのでしょう。

同じ職場の女性のことを嫌いだと感じてしまう原因にはどのようなものがあるのか、嫌われやすい女性に見られる特徴を具体的に挙げていきます。

1.言動

誰に対してもワガママだったり、自己中心的だったりする女性は、周りの人から嫌われてしまいやすいです。

自分のことしか考えずに、周りを気遣うこともなく自分勝手な女性に対しては、誰でも迷惑に感じて嫌いになってしまうでしょう。

また、同性に対しては冷たい態度をとるくせに、男性に対しては媚びを売って可愛く振舞う女性の場合は、とくに同性の女性たちから嫌われてしまうことが多いでしょう。

言動や振る舞いで人よりも目立ちたがったり、注目を集めたがったりする女性も鬱陶しがられてしまいますし、いちいち周りの人たちを振り回そうとする女性も、周りに害を与えてしまうことがあるため、男女どちらからも嫌われてしまうことが多いです。

ぶりっ子

子どもの頃から、ぶりっ子の性格をしている女の子は周りの女子から嫌われてしまうことがよくありますが、それは大人になっても変わることはありません。

ぶりっ子は周りに対してかわい子ぶったり、いい子ぶったり、または上品ぶったりと、「こうである自分」を演出することが多いです。

自分がどういった振る舞いをするかによって、周りがどう感じるのかをよく計算して、自分にとって都合の良いようにその場の性格を演じるため、とても計算高くてあざとい印象を周りに与えます。

男性は女性のかわい子ぶる姿にまんまと騙されてしまうこともありますが、同性である女性にはぶりっ子は通じないことが多いです。

そのため、ぶりっ子の女性はとくに同性の女性からは嫌われてしまうことがあるでしょう。

人の悪口ばかり言っている

人の悪口ばかり言う人は、誰からも嫌われてしまいやすいです。

職場で人の悪口ばかり言っている女性がいたら、その女性のことは信用できなくなってしまいますし、自分と笑顔で会話をしている時でも、「きっと自分のいないところでは、自分の悪口も言っているんだろうなぁ」と思えてしまうでしょう。

また、もしもうっかり女性の悪口に同意してしまえば、「○○さんが悪口を言ってたよ」とあることないことを言い触らされてしまうかもしれません。

自分は誰のことも悪く言わなくても、悪口を言っている女性と一緒にいるだけで、自分まで一緒になって悪口を言っていると思われてしまうこともあるでしょう。

悪口を言う女性とは、一緒にいるだけでもリスクを負ってしまいますし、また人の悪口を聞かされて不愉快な気持ちにもなってしまうため、人から嫌われてしまいやすいです。

上から目線

上から目線の人と会話をしていると、少なからず不快な気持ちになってしまうことがあるでしょう。

それは、上から目線で話されることによって、「相手が自分を下に見ている」「相手に舐められている」と感じるからです。

自分では無自覚の内に、上から目線の言動をしてしまう人もいますが、例え本人に悪気が無かったとしても、心の中では相手を自分よりも下に見ているというのは事実でしょう。

そうでなければ自分と接する相手に対して、上から目線で接することはありません。

それを無意識にでもやってしまう人は、少なくとも今接している相手のことを、自分よりも下だと判断しているのでしょう。

たくさんの人と接していると、「この人は自分よりも下だな」や「この人よりは自分の方がましだな」と感じる瞬間は誰にでもあるでしょう。

しかしそれをあからさまに言動に出してしまえば、相手に嫌われるのはもちろんのこと、周りの人間関係もギスギスして上手くいかなくなってしまいます。

そのため、本心を隠して表面上は上手に接する人が多い中で、自覚の有無に関わらずに上から目線で人と接してしまう人は、その感じの悪さで相手から嫌われてしまうことが多いでしょう。

2.行動

言動に問題があって人から嫌われてしまう人もいれば、言動よりも行動によって嫌われてしまうという人もいます。

行動で人に嫌われてしまう人というのは、自分の行動が少なからず周りに迷惑をかけてしまっていることが多いです。

例え行動に少々問題があっても、それで周りがまったく被害を被っていなければ、嫌われるというところにまでは到らないでしょう。

しかし、行動によって周りに迷惑をかけてしまったり、害をなしてしまったりするからこそ、周りの人たちから嫌われてしまうことがあります。

その行動を本人が自覚しているけれども止められない場合もあれば、まったく無自覚で行ってしまっていることもあるでしょう。

無自覚の場合には、誰かに注意されることで行動が改善できることもありますが、自覚があっても直せない場合には、余計にタチが悪いと周りから嫌がられてしまうでしょう。

ミスが多すぎる


仕事でミスが多い人っていますよね。

誰でも仕事に慣れない内はミスをするものですし、仕事に慣れてからでも時にはうっかりミスをしてしまうことがあります。

しかし、ミスは誰でもするものとはいえ、あまりにミスの目立つ女性の場合には、段々と周りをイライラさせたり、他の人に迷惑をかけたりすることで嫌われてしまうことがあるでしょう。

また、女性の中には「女性は男性よりも仕事ができなくても仕方がない」と考えている人もいます。

もちろんこれは少数派ですが、こうした考えの女性の場合には、例えミスが多くてもそれを「仕方がない」と思って開き直っていますので、何度注意をされてもそれを深く反省することはありません。

それどころか、上司からキツク怒られでもすれば、その場で涙を流して周囲の同情を引こうとすることもあります。

誰もいないところで悔し涙を流す女性はいますが、あからさまに同情を引くために泣いている女性に対しては、同性だけでなく男性や上司まで引いてしてしまうことでしょう。

謝らない

仕事で自分がミスをしたのに、そのミスを認めようとしない女性は、仕事で関わりのある人や周囲の人から嫌がられてしまうでしょう。

自分のミスを頑なに認めようとしない女性は、自分のミスを「体調が悪かったから・・」や「忙しくて余裕がなかったから」と何かと言い訳をして誤魔化そうとしますし、最悪の場合には他人に責任転嫁をします。

例え他の人にもミスの責任があったとしても、まずは自分がミスを認めて深く反省をした上で、1つの意見として他の人のことを話すのであればまだしも、最初から他人に責任転嫁をするのであれば、誰もその女性と一緒に働きたいとは思わないでしょう。

ミスや失態を犯しても謝ろうとしない姿はまったく可愛げがありませんし、仕事をする上でもあまりにも無責任だといえるでしょう。

そんな人のことを誰も庇おうとはしませんし、一緒に仕事をしたくはないため極力避けようとしてしまいます。

3.いじめ

いじめをする女性は、いじめの対象となっている人から嫌がられるのはもちろん、周りの人たちからも嫌がられてしまうことがあるでしょう。

悪口を言ったり、嫌がらせをしたりと、いじめをしている女性はいかにも陰湿で性格の悪さを感じさせます。

また、女性のいじめは男性よりもさらに粘着質で表面上は分かり難いことが多いため、余計に周りの人たちからの印象は悪くなってしまうでしょう。

いじめをしている本人は、「気に入らないから」という理由で特定の相手をいびったり、無視したりすることがありますが、どのような理由であってもいじめをしていることによって、女性自身で自分の評価を下げてしまっていることでしょう。

もしも自分がいじめられている立場であれば、いじめてくる女性に対して憎らしく思うのは当然ですが、自分だけでなく巻き込まれないようにしている周囲の人たちも、本心ではいじめをしている女性のことを疎ましく思っていることが多いです。

嫌がらせをしてくる

職場での嫌がらせと言えば、挨拶や会話を無視する、報連相をしない、特定の人物だけを仲間外れにする、悪口を言うなどさまざまですが、さらに周りの人たちや上司をも巻き込んで嫌がらせをすることもあります。

例えば上司に「○○さんがあなたの悪口を言っていました」とあることないことを告げ口したり、仕事でわざとミスをするように裏で仕組んだりと、仕事の出来に関してまで嫌がらせをした場合、影響が及ぶのはいじめている相手だけではありません。

誰かをいじめることによって、その人に関する仕事自体も滞ってしまうため、結局は会社にとっても迷惑がかかってしまいます。

そのようないじめをしていることが発覚した場合には、いじめた女性本人が上司から厳しく注意を受けたり、クビになったりするでしょう。

他の人をいじめていて気分が悪い

いじめは、いじめている人といじめられている人とだけの関係性に思えますが、実際には周りの人たちも否応なしに巻き込まれることもあります。

例えばいじめをする女性が、周りの同僚たちに「皆であの子を無視しようね」と言ったら、同僚たちは無視せざるをえない状況になってしまうことがあるでしょう。

いじめをする人が自分一人だけでいじめるのではなく、周りの人たちまで巻き込んでいじめようとすると、巻き込まれた人たちはいい迷惑に感じてしまい、いじめる人のことを嫌に思ってしまうでしょう。

また、例え一対一のいじめだとしても、他の人をいじめている姿は見ていてとても気分の良いものではないため、その場の空気を乱すいじめをする人は、本人は無自覚の内に周りの人たちから嫌われてしまうことがあります。

お気に入りの人には優しく接する

いじめをする人は、自分が気に入らない人のことはとことんいじめる一方で、自分のお気に入りの人にはとても優しく接します。

気に入っている人にただ優しく接するだけでなく、いじめている人に対してわざわざ差別して接していることを見せつけるようにすることも多いため、気に入られている人にとっては有難迷惑や大きなお世話に感じてしまうことでしょう。

また、自分を可愛がる一方で、いじめている人に冷たく接している様を目の前で見せつけられることもあるため、どれだけ優しくされようと気まずい気持ちが晴れることはないでしょう。

お気に入りには優しくして、気に入らない人はいじめるというそのあからさまな態度の差に、子どものような傲慢さを感じてうんざりする人も多いでしょう。

4.媚を売っている

職場で媚びを売る女性は、同性からの評判が著しく悪いです。

とくに真面目に仕事をしている女性たちからの評判は悪く、媚びを売る女性とは距離を置こうとする人も少なくはありません。

媚びを売っている女性の多くは、仕事を一生懸命にやって評価されるよりも、周りに媚びを売ることで自分の立場を上げようとしたり、周りを自分の都合の良いように使おうとしたりすることに力を入れています。

男性社員に媚びを売ることで自分の仕事をしょっちゅう助けてもらったり、他の女性に仕事を押し付けて自分だけ先に帰宅したりと、男性よりも女性を敵にするような媚びた行動ばかり取ります。

適度に媚びを売る程度であれば、そこまで周りから嫌われることはありませんが、あまりに堂々と媚びを売っていると、そのずる賢い言動に女性のみならず、男性も不快感を覚えてしまうでしょう。

上司のご機嫌取り

職場でしょっちゅう媚びを売っている人は、上司のご機嫌取りも欠かしません。

上司が出社したらすかさずお茶を入れて笑顔で差し出し、自分が気遣いの出来る人間だとアピールします。

そうやって上司に顔を覚えてもらうことで、他の社員よりも多く仕事を貰おうとしたり、自分の出世に繋げようとしたりします。

もしも上司が実力主義のタイプであれば、いざ仕事を任せたものの、お世辞を言う以外の仕事はまともにできないと分かった時には、その女性にさっさと見切りをつけるでしょう。

しかし上司が無能で人を見る目がない場合、もしくはスケベな下心が満載の場合には、媚びを売ってくる女性ばかりを贔屓することもありますので、ますます周りの人たちは女性の存在を疎ましく思うことでしょう。

5.仕事をしない

どこの職場にも一人は仕事をしない人がいるものです。

男性で仕事をしない人は、他の男性社員と比べてその出来の悪さは明らかですので、当然上司からは注意をされ、同僚たちからも馬鹿にされたり、疎まれたりするでしょう。

一方で女性の場合には、仕事をしなくてもそれが分かり辛いこともあります。

事務仕事のように、どんな仕事をしているのかが目立たない場合には、勤務中に余所事をしていてもそれが上司にバレ辛いこともあるため、女性によっては巧みに仕事をサボっていることもあります。

また、仕事が多くて面倒な時には男性社員に媚びを売って助けてもらったり、適当な理由をつけて頼まれた仕事を断ったりすることもあるため、一生懸命に仕事をしている人から見た時に、非常に不愉快な存在に思えることでしょう。

6.プライドが高い

プライドが高い人は、周りの人を見下したり、何でも自分が一番になろうとしたりします。

常に周りの誰よりも自分のことを優先するため、自分の都合ばかりで行動して、周りに迷惑をかけることも少なくありません。

例えば急な仕事が入ってしまったら、仕事を頼んだ上司には「お任せください!」と自信満々にそれを引き受け、いざ仕事に入ると周りの人たちを巻き込んで自分の仕事をいち早く終わらせようとします。

一方的に「これ営業先に頼んでおいて」や「この書類をコピーしてまとめておいて」と周りに指示を出しておき、時間までに出来ていなければ「何でできてないの!」と相手の都合などお構いなしに怒ったりします。

無事に仕事が終われば「自分がすべて一人でやりました」とばかりに上司に報告し、また仕事ができなければ「○○さんからの連絡が遅くて・・」などと言い訳をして、自分は悪くないと責任転嫁をします。

プライドが高い人はそうやって常に自分の都合を最優先にし、他の人の都合はないがしろにしたり、お構いなしだったりするため、周りの人たちから嫌われてしまうことが多いです。

職場の嫌いな女に関わりたくない時の対処法

人それぞれに性格の相性がありますので、複数の人たちが集まる職場では、一人は自分にとって苦手な人や嫌いな人がいても仕方がないでしょう。

しかし、だからといって嫌いな人と毎日顔を合わせるのは苦痛ですし、嫌いな人と接したり、相手の言動を目にしたりするだけでも不快な気持ちになって、どんどんストレスが溜まってしまいます。

そこで、ストレスをあまり溜めすぎないためにも、自分なりに出来る対処法を身に付けておきましょう。

嫌いな女性が職場にいる時の対処法をいくつかご紹介していきます。

接点を持たない

嫌いな人とは関わらないのが一番です。

嫌いな人を見かけたらすぐにその場を離れて相手を見ないようにしたり、相手の声を聞いたりしないようにすることで、それ以上のストレスを感じなくても済むようになります。

もし嫌いな女性から話しかけられた時には、適当に一言二言だけを返して、後はそそくさとその場を離れるようにしましょう。

もしもそれで相手の女性から悪く言われたところで、「嫌いな人と無理しておしゃべりに付き合わされるよりはマシだ」と思うようにすれば、精神的なストレスを減らすことができます。

さらに、予め自分に苦手な人がいるということを親しい職場の人達に知っておいてもらえれば、嫌いな人といざトラブルが起きた時には理解してくれたり、協力を求めたりすることもできるでしょう。

反応をしない

大抵の場合、自分が嫌いだと感じている人がいると、その相手もこちらが嫌っていることには気付いているでしょう。

嫌いな人がいると、どうしても言動や態度にそれが表れてしまうため、遅かれ早かれ相手に「この人は自分を嫌っているんだな」と気付かれます。

すると相手も同じようにこちらのことを嫌い、裏で悪口を言ったりあからさまに態度が悪くなったりすることも少なくありません。

元々はこちらが嫌いだと言う態度を出したことが原因ですので、それで相手からあれこれと悪く言われたところで、それには一切反応をしないようにしましょう。

いちいち反応してしまうと、諍いやトラブルが起こる可能性がありますし、どんどん周りを巻き込んだ面倒事になってしまうこともあります。

そのため、嫌いな人を無理に好きになる必要はありませんが、その代わりに徹底的に相手の言動や態度に反応せず、相手にもしないようにしましょう。

相手が何をしてこようが常に相手にしないようにすれば、相手も諦めてこちらには近づかなくなるでしょう。

勝手に言わせておく

相手がどんなに敵意を剥き出しにして何を言ってこようが、こちらは一切相手にしてはいけません。

少しでも相手にすれば、向こうも調子づいてさらにあれこれと悪口を言ってきたり、嫌がらせをしてきたりします。

人が他人からされてもっとも嫌なことは、一切反応をされない、つまり無視されることです。

自分を嫌いな人が、どんなに悪口を言ったり嫌がらせをしてきたりしても、こちらが一切相手をしなければ、向こうはまるで大人が子どもをあしらうようにされたと感じて、屈辱に思うことでしょう。

そしてもっと躍起になって嫌がらせをしてこようとしますが、その全てを勝手に言わせておき、自分は相手にほんの少しも関心がないように振る舞えば、誰が見ても相手が一方的に突っかかっているだけにしか思えないことでしょう。

そして相手の方が、「自分だけ相手に対して必死になっている」と自覚して、そのみっともなさに羞恥や屈辱を覚えて引き下がるしかなくなります。

いっそのこと思い切り喧嘩を吹っかける

あまりにも陰湿に嫌がらせをしてきたり、一向に相手からの攻撃が止まない場合には、いっそのこと思い切り喧嘩を吹っかけて、相手の女性に怒鳴り散らすという方法もあります。

ただしこれを実行する際には、予め周りに自分と嫌いな相手との関係性をハッキリと認識させておくことが重要です。

周りが自分と相手との諍いにまったく気付いていない場合には、自分が相手に切れて怒鳴り散らしたら、こちらの方に非があると勘違いされてしまいかねません。

それよりは、日頃から自分が相手にどんな嫌がらせをされているのか、その事実だけを淡々と伝えておくと、いざ相手に対して切れた時にも、周りの人たちは「ああ、ついに堪忍袋の緒が切れたんだな」と納得や理解を示してくれるでしょう。

そして周りの認識を得た後で、遠慮なく思い切り嫌いな相手に怒鳴り散らしてやりましょう。

日頃の鬱憤を晴らすように盛大に怒鳴り散らせば、相手の女性は少なからず怯むでしょう。

周りの目がある場所で言い合いになれば、相手は涙ぐんで周りの同情を誘おうとするかもしれません。

しかし周りの理解を得ていれば、相手の同情を誘う仕草に周りが騙されることはないでしょう。

陰湿な嫌がらせをする女性ほど、自分の評価を気にして周りにはいい顔をしようとします。

その周りの人たちの見ている前で、自分がされてきた嫌がらせをすべてぶちまけることによって、相手はただ怒鳴られるよりも大きな精神的ダメージを負うことでしょう。

仕事に支障が出るなら上司に相談する

嫌いな相手の存在があることによって、もしも仕事にまで支障が出てしまうようなら、上司に相談して部署を変えてもらうなり、嫌いな相手との関わりを減らしてもらうなりしましょう。

一個人の悩みなどいちいち受け入れようとしない上司もいますが、上司が部下の人間関係まで気を配れるような人であれば、相談することで少しは精神的な負担を減らせるかもしれません。

会社は仕事をする場所であって、本来は人間関係で悩む場所ではありません。

仕事以外の余計なことで悩んでしまうくらいなら、早めに上司に相談した方が良いかもしれません。

嫌いな女と上手に付き合おう

プライベートであれば、嫌いな女性とは距離を置いて関わらないようにすることができます。

しかし職場となるとそう簡単に距離を置くことができないため、嫌いな女性の存在で悩んでしまうことが多いでしょう。

とはいえ、嫌いという感情に振り回されていると、本来の仕事にも身が入らなくなってしまいますし、不要なトラブルまで引き起こしてしまうかもしれません。

そのため、嫌いな女性とは極力関わらないようにするなどして、上手に付き合っていけるように努めましょう。