他人を信用できなくなってしまう人間不信。

この人間不信に陥ってしまうと、その人の人生はとても辛いものになってしまいます。

信頼していた人からの大きな裏切りにあってしまったり、恋人を親友に奪われてしまったり、

また事件に巻き込まれるなど人間不信に陥るにはそれなりの理由があります。

人間不信に陥る人は、元々純粋で優しい人が多いといいます。

純粋であるために人を素直に信じていた分、裏切られた時のショックも大きくなります。

また長年にわたって築いてきた友情を持った親友に裏切られたり、結婚を誓い合っていた恋人に裏切られた場合、どんな人でもショックを受けるでしょう。

裏切りのショックで引きこもってしまったり、上手く人とコミュニケーションが取れなくなり仕事や日常生活に支障が出ることもあります。

ある意味病気よりも辛い人間不信ですが、その様な状態に陥っている方は一刻も早くその状態から抜け出すことが幸せな人生を送るために必要になって来ます。

ここでは人間不信になってしまう6個の原因と、人間不信に陥ってしまった場合の克服法についてお伝えします。

人間不信を克服したいと思っている方のお力になれれば幸いです。

人間不信になっていませんか?


あなたは人間不信になってはいないでしょうか?

冒頭でお伝えしたような大きなショックを受けたことがある方は人間不信の自覚がある方もいると思います。

また、繊細な方には他人と関わる日常の小さなイヤな出来事の積み重ねで徐々に人間不信になる方もいることでしょう。

人と話すことに抵抗があったり他人のことを最初から疑ってしまう自分に気が付いたら、それは人間不信に陥っているサインかも知れません。

以前の自分と比べてその傾向が感じられる方は人間不信になっている可能性があるので、それ以上その傾向が強くならない様に注意が必要です。

なぜ人間不信になるの?

そもそも人は何故人間不信になるのでしょうか?

原因としては先にお話ししました心の傷が出来るようなショッキングな出来事や、日常で受ける他人からのストレスが挙げられます。

もちろん人間関係は辛いものだけではなく、幸せになれる関係や楽しい友人関係、家族との絆など素晴らしいものも沢山あります。

しかし、人によっては辛い人間関係ばかり続いたり不幸な出来事の方に強く自分の意識が向いてしまうと人間不信になってしまう場合があります。

自己防衛のため


なぜ辛い出来事やショッキングな出来事を経験すると人間不信になってしまうのでしょうか?

それは人間の心が自分を大きなストレスやショックから守ろうとする自己防衛本能が働くからです。

体がウィルスや細菌から身体を守るために免疫機能がある様に、心にも心を守るための自己防衛本能があります。

その自己防衛本能が働き、同じ様なショックやストレスを受けて心がダメージを受けない様にしているので、人と接する時に不信感を感じてしまうのです。

また、一度火傷をしたことがある人は火に対する警戒心が強まりますが、同じ様な理由で過去に受けたショックが他人に対して警戒心を強めているのです。

人間不信の原因は?


人間不信の原因には他人、特に信頼していた人から受けた精神的なショックで心の防衛本能が働いて人を信じられなくなるとお伝えしました。

ここではより細かく人間不信になる原因を探ってゆきます。

それぞれの原因ごとに具体的に説明しますので、ご自身を振り返ってみる際や仲の良い人や身内の人、会社の同僚などで人間不信に陥っている人がいれば、

その人の過去に以下に説明するような原因がないか知る手掛かりになるでしょう。

思い当たる出来事が過去にあり、現在人間不信と思われる言動をする人は実際に人間不信に陥っている可能性が高いといえるでしょう。

もし過去に思い当たる出来事がないにも関わらず人を信じることが出来ないような態度をとる人がいるとすると、それは自閉症など別の症状の現われかも知れません。

心配な方は専門医に相談し、適切な助言を受けましょう。

それでは人間不信になる主な原因についてひとつひとつ説明してゆきます。

裏切り


大切な人、信用していた人からの裏切りは大きなショックを人に与えます。

裏切りにあうまでその裏切った相手と幸せな時間を過ごしていたり、

信頼して大きな額のお金を預けていた相手とそのまま連絡が途絶えてしまったりと裏切りから受けるショックは大きいものがあります。

元々親しい仲ではない相手と揉めたり、天災等で損害を被った場合は同じ被害でも諦めがつきやすいですが、

大好きだったり信頼していた相手からの裏切りにあうとそのまま人間不信になってしまう可能性が高くなります。

もちろん裏切る人の方が悪いのですが、元の関係に戻ることが出来ないのであれば意識的に気持ちを切り替える必要があります。

同じ被害にあわない様にする警戒心は必要ですが、同時に全ての人が裏切る訳ではないことも意識するべきです。

人を裏切る人もいる世の中ですが、同時に人を助ける人もいるのです。

最低限の警戒心を持ちつつも警戒心ばかりに囚われずに人の良い部分も見るようにすると徐々に人間不信から正常な心へ戻ることが出来るでしょう。

人から騙された


高額な商品を騙されて買ってしまったり結婚詐欺の被害にあってしまったりと、人から騙された経験があると人間不信になってしまいがちです。

信用していたのにも関わらず騙されてしまったのですから当然といえば当然の心の反応です。

裏切りと同じ様な部分もありますが騙す人の場合、初めから計画的に他人を騙すことが多いのです。

特に相手の素性がよく分からない人の怪しいビジネスの話やうまい話には注意が必要です。

騙される前に怪しい話には耳を傾けない姿勢を普段からとり、騙されて大きな損害とショックを受け人間不信にならないように注意が必要です。

過度なストレス


適度なストレスはやる気や仕事の能率を高めて生活にメリハリを与えてくれるよいものです。

しかし、何事にも限度がある様に、いき過ぎたストレスは心身を蝕んでゆきます。

毎日のような残業や緊張感が常に強いられる職場、難関に合格するための厳しい試験勉強などで過度なストレスを受けた場合、

心がそのストレスに耐え切れなくなり徐々に人間関係が億劫となり、最後にはその環境の関わる人に対して人間不信になる場合があります。

そして他人に対して閉鎖的になったり攻撃的になったりするので注意が必要です。

過度なストレスは体にも心にも人間関係にもよくはありません。

息抜きをする時はしっかりと休みましょう。

ここでいうしっかりと、とはゆるく身も心も休ませることをいいます。

プレッシャーに打ち勝つ時とゆっくり休む時の両方が人間には必要なのです。

それが出来ないと徐々にストレスによって心の疲れや不満が溜まってゆき、人間不信や鬱に陥ってしまう可能性が高まります。

ストレスを発散させる工夫が大切です。

過去のトラウマ

過去に受けた心の傷、トラウマは人間不信になる原因のひとつです。

信じていた恋人の裏切りや親友の裏切り、犯罪の被害にあってしまったなど、

大きなショックが心に傷をつけてしまいいつまでも引きずることになると、人が信じられなくなり人間不信になってしまいます。

特にトラウマの原因となった相手と似た人に出会ったり、似た境遇に遭遇すると過去のトラウマと関係ない相手にも不信感を持ってしまいます。

心の防衛本能が働くため仕方ない面もあるのですが、トラウマがある分普通の人よりも過剰に心を守ってしまい人間不信になってしまうのです。

心の深い部分にトラウマがある場合、自力で克服することは難しいといえるでしょう。

信頼のおける専門医や心理カウンセラーの治療やカウンセリングを受け、トラウマを軽減させることが大切です。

また、周りにトラウマを持った自分を受け入れてくれる相手がいると、安心感から落ち着く場合もあります。

無理は禁物ですが傷ついた心を癒すための第一歩を踏み出すことがトラウマを解消または軽減し、人間不信から抜け出すために必要です。

周囲に相手にされない

望まない孤独感はとても辛いものです。

何かのきっかけで周囲から相手にされなくなる経験があると、その辛い経験から人間不信になってしまうことがあります。

相手が一人ではなく集団で無視をされたり馬鹿にされる経験があると人間不信や対人恐怖症から引きこもりになってしまうこともあります。

自分を責めたり自信を無くしたままだとますますマイナスの循環にはまってしまうので、出来れば環境を変えて再出発をすることがよいでしょう。

新しい環境で過去の周囲に相手にされなかった経験をきれいに忘れて、新たな人間関係を構築してゆくのです。

そして何故周囲に相手にされなかったのかを自分なりに分析して、新しい環境や人間関係に活かしましょう。

自分にも非があったのか、それともなかったのか、性格や仕事の能力で改善すべきところはないか、など新しい人間関係をうまく築くために冷静に自分を分析してみましょう。

そしてその答えを新しい環境で活かせば人間不信から抜け出し、よい人間関係に恵まれることでしょう。

相手の本心が読めない

自分と関わる相手の本心が読めないと、そのことをきっかけに人間不信になることもあります。

例えば学校の先生がとても厳しい態度で自分にだけ接してくるとします。

その先生の本心は厳しくしてしまう相手にとても期待をしているから辛くあたっているのだとしても、

厳しくされる本人にはその先生の本心が見えないので、なぜ自分だけ厳しくされるのかが理解出来ません。

そのうちその状況に耐え切れなくなりその先生に不信感が芽生えてしまうのです。

そのまま状況が変わらないでいると他の人にまで不信感を広めてしまう場合もあります。

相手に疑問を持ったり理解できない言動をとられた場合は、早めになぜその様な言動を自分に対してとったのかを尋ねることが大切です。

お互いに悪気がないのにすれ違いから人間関係が悪化してしまうことは珍しくありません。

素直になる勇気と相手に尋ねる少しの勇気があれば状況が悪くなる前に相手の本心が分かり、不信感が大きくなってしまう前に解決することが出来るでしょう。

人間不信の9つの特徴を知ろう

ここまでで人間不信に陥ってしまう原因についてお話してきました。

ここからは人間不信に陥っている人の特徴についてお話ししてゆきます。

自分や身近な人でここでお話しする9つの特徴に当てはまることが多い場合は人間不信である可能性が高いといえます。

もし自分が当てはまるという方は、後程お伝えする人間不信の克服法をお試しください。

それでは人間不信に陥っている人に共通する9つの特徴についてお話してゆきます。

他人が言うことは信用出来ない


人間不信の人は他人の言うことが信用出来ません。

最初から相手を警戒しているので全てを疑って見てしまいます。

そのため相手が本心で優しさからアドバイスをしたりしても、信用することが出来ずに疑ってしまいます。

当然周りの人は常に疑われるので段々その人といることに嫌気が差してきてしまいます。

そうすると人間不信になっている人は更に他人を信じられなくなり、ますます心を閉ざしてしまうのです。

最初から他人の言うことが信用できない人は人間不信に陥っている可能性があります。

常に1人で行動している


職場や学校で常に1人で行動している人は人間不信の可能性がある場合があります。

1人で行動していても、話しかけられたり何かを他人とする際には親しく出来る人は問題ないのですが、常に他人と距離を置いて会話もしたがらない人は要注意です。

人と接しないで閉鎖的でいると、ますます他人が信用出来なくなってしまいます。

人付き合いが悪い

人付き合いが悪く、何かしらのお誘いを受けても毎回断ることも人間不信になっている人の特徴です。

人間不信に陥っている人は騙されるのではないか、と常に身構えているので人の誘いも警戒しています。

また、その様な心理状態なので周りに人がいることに極度の疲労感を覚えてしまいます。

そのため人と付き合うことを避けてしまうのです。

ものごとに対して否定的な態度

また、常に物事を否定的に捉えて否定的な態度をとってしまう特徴も人間不信になっている人にはあります。

過去に他人から受けたひどい経験で出来たトラウマや辛かった経験を元に今の出来事も判断してしまうので、

常に物事が悪い結果になるのではと否定的に見てしまい、結果否定的な態度を他人に対してしてしまいます。

この様に、常に物事に対して否定的な態度をとることも人間不信になっている人の特徴です。

自分の感情を出さない

人間は言葉だけではなく身振りや感情を交えてコミュニケーションをとります。

感情があって初めて相手が何を感じているかが分かるからです。

しかし、人間不信になっている人は自分の感情を出したがりません。

感情を出すことで深く傷ついた経験を持っていたり、反無意識的に自分は人間不信に陥っていると気づいていて、そのことを他人に知られたくないために感情を出さない場合もあります。

感情を出さないことで他人との関りを拒否しているのです。

この感情を出さないことも人間不信になっている人の特徴の一つです。

相手の反応を試している

人間不信になっている人は相手のことが信用出来ないため、相手の反応を試す行動をとることがあります。