CoCoSiA(ココシア)

外出する時に使える4個の言い訳。出かける理由はこれを使おう!


外出する際に誰かに言い訳をしなければならない時もあるでしょう。

もし学生であれば、どこに行くのか、誰と遊ぶのかなど聞かれると思います。

例え社会人になったとしても聞かれることはあります。

しかし、時には言いたくないことや言いにくいこともありますよね。

そんな時に なんて言い訳しようかと悩む 人も多いのではないでしょうか?

この記事では、外出する時に使える言い訳をご紹介します。

出かける理由を探している人は参考にしてみてくださいね。

出掛けるときに使える4個の言い訳


出かける際に、良い言い訳を言おうと思ってもいきなりではなかなか思いつかない事もあるでしょう。

とっさについた言い訳が余りにも下手すぎると、かえって出掛けにくくなってしまう場合もあります。

時にはそのせいで喧嘩になる事すらあるかもしれません。

だからこそ、自分の願いを達成させる為にも良い言い訳を身につけておきましょう。

多くの言い訳を知っておくことはいつか必ず自分の役に立ってくれる事でしょう。

今は全く必要ないと思っている人も、いつかそのありがたさを感じる時が来るかもしれません。

まずは知識として様々な意見を知っておきましょう。

自分一人では思いつかないような言い訳も、ここで知ることによっていつか使う時がやってくるかもしれません。

是非参考にしてみて下さい。

1.なるべく現実的な言い訳をする

言い訳をするということは、きっと何処かで後ろめたい気持ちがあるという事なのでしょう。

その場合、言い訳はバレないに越したことはありません。

バレてしまっては、自分にとって困った事になるかもしれないからです。

だからこそ、出来るだけバレないようにする事が大切です。

その為には、極力現実的な言い訳を選びましょう。

どんなに良い言い訳も、現実味が無ければ意味がありません。

おそらく直ぐにバレてしまう事でしょう。

実際にありそうな事は、それな例え嘘だったとしても、それに気が付かれるケースは少なくバレてしまうデメリットも少ないのです。

だからこそ、言い訳はより現実的なものを選びましょう。

人間、全てが嘘だとどうしても挙動がおかしくなってしまうものです。

ですが、その中に少しでも真実があれば自信を持って言い訳をする事が出来るでしょう。

バレない言い訳には、自信を持つ事が大切です。

「仕事の関係で行かないといけない」

普段から仕事で出張に出たり不規則な生活をしている人は、その回数が増えたくらいでは家族には不審がられる事はないでしょう。

もしそれが遊びだったとしてもバレる事は無いはずです。

普段なかなか出張に出たり、外出したりする機会が少ないひとは回数がいきなり増えたりすれば途端に怪しまれてしまう事でしょう。

だからこそ、この言い訳を使う場合には普段の仕事の方法を自分できちんと把握しておく事が必要です。

自分の普段の勤務と比べ、不自然ではない形を模索しておきましょう。

そうすることによっていざという時に自然とした言い訳をする事が出来ます。

「図書館で勉強をする」

これは、学生の人にとっては実に自然と使用する事が出来る言い訳です。

テスト期間など、遊びに行ってはいけない時などには、この言い訳を使用する事なよって自然と外出をする事が出来るようになる事でしょう。

勉強をする事は大切な事です。

だからこそそれをすると言っているのですから、文句を言われる筋合いは無いはずです。

それでこそ良い言い訳と言えるのでしょう。

最近は図書館に行って勉強をする人も少ないのかもしれません。

だからこそ、いかにその言い訳を自然に見せるのかは、普段の勉強への姿勢にかかっているのでしょう。

普段真面目に勉強していない人は、図書館に行って勉強すると言っても信用されないはずです。

だからこそ、信用を得るためには普段から真面目に行動しておきましょう。