出かける際には、家にいる人に対してなんらかの話をしていくものです。

学生の場合には、どこに行くのか。

誰と遊ぶのかを聞かれる事は当然の事です。

例え社会人になったとしても会話の流れで聞かれる事は決して珍しい事ではありません。

聞かれたのあれば自然と答えるべきでしょう。

けれど、時にはどこに行くか言いにくい事もあるかもしれません。

いくら家族や恋人などの親しい人だったとしてもどこに行くのか言いにくい事もあるでしょう。

例えややましい事が無かったとしても、内緒にしておきたい事だってあるはずです。

そんな時にはうまい言い訳が必要となります。

『何処に行こうと私の勝手』などという言い方をすれば、角が立つはずです。

わざわざ喧嘩を相手に吹っかける必要などないはずです。

せっかく家族仲良く過ごしているのであれば、そのまま平和に過ごすのが一番です。

だからこそ、あえて話題を大きくする必要はなく、上手い言い訳をする事が一番大切という事もあります。

そこで今回は、おすすめのうまい言い訳についてご紹介させていただきます。

うまい言い訳というと少々聞こえが悪いかもしれません。

ですが、嘘も方便と言う言い方があるように、上手い言い訳は時にみんなを助けてくれる場合もあります。

それがあるからこそ、物事が円滑に進むなんて事もあるかもしれません。

だからこそ、言い訳が必ず悪いわけではありません。

何処に行くかが馬鹿正直に隠したせいで、喧嘩になってしまった人も居るかもしれません。

それは実に無駄な行動です。

うまい言い訳を身に着ける事によって今後の人生を平和に過ごすことが出来るようになる事でしょう。

だからこそ、言い訳を事前に考えておいてとっさのときに自然と出す事も大切な事なのではないでしょうか。

つい喧嘩になってしまう人は、これからご紹介する言い訳について是非身に着けてみてください。

出掛ける時になんて言いますか?正直なこと言えないときもありますよね

普段出かけるさいは、おそらく『何処に行く』『誰と行って何時ごろ帰宅する』そんな事を家族や親しい人に伝えている事でしょう。

そうする事によって、相手を安心させる事が出来ます。

どこで何をしているか分からない時には、それらの情報を知る事が出来る事はとても安心できることにつながるはずです。

また、家事をしているお母さんからすれば夕飯の準備などにも関わる重要な情報です。

夕飯は居るのか。

何時に食べるのかなど、聞きたいと思っても当然です。

けれど、そうは言っても聞かれる方としては少々うっとおしいと感じてしまう場合もあります。

出来れば放っておいて欲しい。

そんな風に思う事もあるでしょう。

だからこそ、そこでいざこざが起きてしまうのです。

例え悪い事をしていなかったとしても、家族や親しい人には言いにくい事もあります。

出来れば知られたくない。

そんな風に思う事だってあるでしょう。

そんな時、それを直接言ってしまうと険悪なムードになってしまいます。

だからこそ、正直に言えない時こそ上手な言い訳を言う事が出来るかどうかが大切なのです。

『言い訳』というとどうしても良くないイメージになってしまいます。

嘘をついてしまう事にもなり、そのせいで周りの人に嫌な気持ちにさせるのではないかと心配になる人も居るでしょう。

ですが、それは間違いです。

上手な言い訳は、時に人を救う事もあるのです。

なんでも間でも素直に相手に伝えればいいいという事にはなりません。

時には言わない方が良い事もあるのです。

そんな時に馬鹿正直に真実を伝えても意味がありません。

大切な事は、相手に嫌な思いをさせずに自分の気持ちを叶える事です。

だからこそ、上手な言い訳が必要なのです。

上手な言い訳があれば、相手は嘘かどうか分からないままその現実を受け止める事になります。

そうする事によって、互いに傷つく事が無く過ごす事が出来るのです。

時には家族や身内だろうと知らない方が幸せな時もあるのです。

だららこそ、上手な言い訳をする事によって、聞く人の負担も減らす事が出来るのです。

それが結果的円満な生活に繋がってくれる事でしょう。

円滑な言い訳を身に着ける為には、最初からいくつかの候補を頭の中に入れておく事が重要です。

そうする事によって、するりと嘘をつく事が出来るようになるのです。

悩んだりいいよどんだりしてしまっては、嘘がバレテしまいます。

そうならないようにする為には、きちんと自分の言葉にする事が大事です。

学生であれば勉強で図書館


言い訳は言葉によっては、誰でも使用できるわけではありません。

学生のうちには学生にあった言い訳が、社会人なら社会人にあった言い訳があるのです。

それが分からないで適当に言い訳をしていると、その言い訳が直ぐに嘘だとばれてしまいます。

それでは意味がありません。

嘘か本当か分からない。

そんな曖昧な雰囲気が、言い訳には大切なのです。

例えば、学生の場合には『勉強』という大切な仕事があります。

だからこそ、その仕事をする為に家を空けると言うのなら、周りの人も許してくれるかもしれません。

勉強を外出るする場合、色々な場所が考えられます。

コーヒーショップのような所もあれば、ファミレスのような所もあります。

フードコートのような所で作業をする事もあるかもしれません。

しかし、それを周りの大人に言ったところで外出を許可される可能性はあまり高くないかもしれません。

どうしても遊ぶイメージがついてしまうからでしょう。

そうやならないとっておきの場所があります。

それが図書館なのです。

図書館は、遊ぶイメージがありません。

会話をすることすら禁止されているような場所なので、そこに行き勉強をしてくると言われてもさほど不思議も感じないでしょう。

だからこそ、自然と家を出る事が出来るのです。

家を出る言い訳をする場合には、いかに自然と出る事ができるかと言う事が大切です。

そこに多少の嘘が混じっていたからと言ってきにする必要はありません。

うまい言い訳を思い付く事が出来れば結果的な皆んなが幸せになる事が出来るはずです。

本当はゲームセンターやカラオケなど

図書館で勉強をすると言って本当にする人などどれ位いるのでしょうか。

勿論嘘では無く本当にする人だって居るでしょう。

けれど多くの人が言い訳として図書館を利用します。

例え本当に勉強するとしても、図書館まで行く人は少ないのでは無いでしょうか。

言い訳をするくらいですから、おそらく言いにくい場所に出かけるのでしょう。

学生で言えばゲームセンターわカラオケでしょうか。

お家の考え方によっては、それららの場所に行く事をそもそも禁止されている場合もあります。

また、普段は良くてもテスト期間などの場合には、勉強をしなければならないからこそ禁止されていると言う事もあります。

遊んでないで勉強をしろと言うのは、ある意味では当然の親心でしょう。

しかし、人間とは簡単な生き物です。

禁止されればされるほど、行きたくなってしまうものです。

特にゲームセンターやカラオケなどはある程度おおきくななければ行く事が出来ません、だからこそ、ちょっと大人の気分を味わうと言う意味でも良いのでは無いでしょうか、

会社員であれば社長の引率など

会社員になると、学生の頃とはまた違った付き合いが出てきます。

中には自分としては全く興味のない事も出てくる事でしょう。

その『付き合い」と言うものを利用することによって、出かける事をカバーする事が出来るはずです。

付き合いの中で、特に断る事が出来ないものが社長の引率です。

会社の一番偉い人の引率など断る事など出来るわけがありません。

だからこそ家族も何も言わずに受け入れてくれる事でしょう。

会社によっては社長の引率など流石にあり得ないと言う事もあるでしょう。

そんな時には、部長や課長などリアルな人を出すようにしていきましょう。

そうすることによって、言い訳がより自然な形となって周りの人に伝わるはずです。

本当はゴルフや小旅行など


例え本当に社長や部長が居たとしてもそれが仕事かどうかは分かりません。

単に遊びに出掛けているだけかもしれません。

また、会社のメンバーであったとしてもそこに偉い人がいるかどうかなど分かりません。

居ない事も勿論あるでしょう。

ゴルフや小旅行なとは、行かれる家族としては無駄に感じる事も多々ありますりお金のかかる趣味として嫌われるとこもあるでしょう。

だからこそ、家族からの風当たりが強く行きにくいと言う人は多くいるはずです。

そこで、真正面に行きたい事を直談判でもしようものなら喧嘩の原因になるだけでしょう。

そんな事をしても意味がありません。

どうせ行くのなら気持ちよく行きたいものです。

だからこそ、良い言い訳を見つける事が大切なのです。

自分の目的を達成する為には、多少の度量も必要です。

あえてワンクッション置くことによって上手く行く事もあるでしょう。

だからこそ、言い訳のレパートリーは沢山用意しておきましょう。

出掛けるときに使える4個の言い訳!この様な方法もあります!

出かける際に、良い言い訳を言おうと思ってもいきなりではなかなか思いつかない事もあるでしょう。

とっさについた言い訳が余りにも下手すぎると、かえって出掛けにくくなってしまう場合もあります。

時にはそのせいで喧嘩になる事すらあるかもしれません。

だからこそ、自分の願いを達成させる為にも良い言い訳を身につけておきましょう。

多くの言い訳を知っておくことはいつか必ず自分の役に立ってくれる事でしょう。

今は全く必要ないと思っている人も、いつかそのありがたさを感じる時が来るかもしれません。

まずは知識として様々な意見を知っておきましょう。

自分一人では思いつかないような言い訳も、ここで知ることによっていつか使う時がやってくるかもしれません。

是非参考にしてみて下さい。

1.なるべく現実的な言い訳をする

言い訳をするということは、きっと何処かで後ろめたい気持ちがあるという事なのでしょう。

その場合、言い訳はバレないに越したことはありません。

バレてしまっては、自分にとって困った事になるかもしれないからです。

だからこそ、出来るだけバレないようにする事が大切です。

その為には、極力現実的な言い訳を選びましょう。

どんなに良い言い訳も、現実味が無ければ意味がありません。

おそらく直ぐにバレてしまう事でしょう。

実際にありそうな事は、それな例え嘘だったとしても、それに気が付かれるケースは少なくバレてしまうデメリットも少ないのです。

だからこそ、言い訳はより現実的なものを選びましょう。

人間、全てが嘘だとどうしても挙動がおかしくなってしまうものです。

ですが、その中に少しでも真実があれば自信を持って言い訳をする事が出来るでしょう。

バレない言い訳には、自信を持つ事が大切です。

「仕事の関係で行かないといけない」

普段から仕事で出張に出たり不規則な生活をしている人は、その回数が増えたくらいでは家族には不審がられる事はないでしょう。

もしそれが遊びだったとしてもバレる事は無いはずです。

普段なかなか出張に出たり、外出したりする機会が少ないひとは回数がいきなり増えたりすれば途端に怪しまれてしまう事でしょう。

だからこそ、この言い訳を使う場合には普段の仕事の方法を自分できちんと把握しておく事が必要です。

自分の普段の勤務と比べ、不自然ではない形を模索しておきましょう。

そうすることによっていざという時に自然とした言い訳をする事が出来ます。

「図書館で勉強をする」

これは、学生の人にとっては実に自然と使用する事が出来る言い訳です。

テスト期間など、遊びに行ってはいけない時などには、この言い訳を使用する事なよって自然と外出をする事が出来るようになる事でしょう。

勉強をする事は大切な事です。

だからこそそれをすると言っているのですから、文句を言われる筋合いは無いはずです。

それでこそ良い言い訳と言えるのでしょう。

最近は図書館に行って勉強をする人も少ないのかもしれません。

だからこそ、いかにその言い訳を自然に見せるのかは、普段の勉強への姿勢にかかっているのでしょう。

普段真面目に勉強していない人は、図書館に行って勉強すると言っても信用されないはずです。

だからこそ、信用を得るためには普段から真面目に行動しておきましょう。

2.頻繁に同じような言い訳をしない!

人は成功パターンをすぐに記憶するものです。

だからこそ、一度上手くいった事は何度でも実践したいと思ってしまう事でしょう。

しかしながら、言い訳の場合それをしてしまうとすぐに効果が無くなってしまう事は多々ある事です。

一度なら自然に思えた言い訳もそれが続けば嘘は直ぐにバレてしまいます。

普段なら何とも思わないような言い訳もそれが頻発すれば怪しまれる原因となるのです。

それが結果的に自分の首をしてる事になってしまうという事を忘れてはいけません。

自分では自然と話をする事が出来ているとおもっていても、一度怪しいと思われてしまうと相手にはその矛盾にすぎ気がつかれてしまうという事は多々あります。

自分の不自然さには自分は気が付く事が出来ない傾向にあるのです。

だからこそ、自分の行動を客観的に判断する事もとても大切な事でしょう。

毎回同じ言い回しだと怪しまれる

その言い訳が余りにもリアルであり、実際に何度も頻発するようなものなのであればそれを繰り返したとしても周りの人から怪しまれる事はないでしょう。

けれど、殆どの場合、どうしても怪しさが出てしまうものです。

いくら自然の言い訳っぽいとしても、その言い訳が頻発すればやはり怪しいと思われても仕方がない事も多々あります。

そうなってしまっては良いわけではない時ですら怪しまれるようになってしまいます。

それはとても面倒な事でしょう。

だからこそ、毎回同じ言い訳は使用する事はおすすめ出来ません。

言い訳をする場合、とっさに行ってしまうケースが殆どです。

だからこそ、自分も何も考えていない状態ではつい同じ言い訳をしてしまうという事もあるでしょう。

だからこそ、そうならないようにする為にも言い訳を繰り返さないようにしましょう。

出来るだけ頭の中にシュミレーションをしておくのです。

そうする事によって、いざという時に困る事なく話をする事が出来るようになるはずです。

いい事かどうかはわかりませんが、言い訳を繰り返すうちにそれが嘘だったとしても実に自然と話をする事が出来るようになるものなのです。

だからこそ、なんでも数をこなす事が大事だという事も多々あります。

3.友人や同僚などに声をかける

もし自分一人の言い訳では嘘がすぐに発覚してしまうような場合には、友人に協力を要請してみましょう。

そうする事によってその言い訳がより真実味を出すという事はあります。

既に言い訳をしすぎて、自分だけの意見では全く信用されなくなってしまった人などは特に協力を頼む事をお勧めします。

自分だけでは信用されない場合にも、他人が入ってくる事によってそれが嘘か本当か分からなくな理ます。

また嘘っぽいとしてもあえて追求する事が出来なくなってしまうのです。

だから結果として出かけやすくはなるでしょう。

もし自分が相手に協力を要請するのであれば相手のピンチの際にも必ず手助けをするようにしましょう。

そうしなければ、強力をしてもらう事が出来なくなってしまう事もあるかもしれません。

更には嘘をばらされてしまう危険性もあるのです。

互いに持ちつもたれずの関係を維持していきましょう。

合わせてもらうようにする

言い訳の協力をしてもらう際には、事前に打ち合わせをしっかりとしておきましょう。

勝手に名前を出して使用していると、いざという時にバレてしまう可能性があります。

後から言い訳だとバレてしまう事ほど危険な事はありません。

そのせいで奥さんなどの家族や彼女など近い存在の人に怒られてしまう事は目に見えています。

それを一度してしまうと、どんな言い訳も一切信用してもらう事が出来なくなってしまう事もあるでしょう。

そうならないようにする為には事前の話し合いが必要なのです。

いくらこちらの状況がわかっている人でもいきなり嘘をつくのは難しいものです。

それこそとっさに違った言い訳をしてしまう場合もあり、それを繰り返していると結果的に収集が付かなくなってしまう事もあります。

そうならないようにする為にも、事前にしっかり話し合いをしておきましょう。

4.変に隠さない

嘘をついていると、自分でも気がつかないそぶりが出てしまうものです。

そのせいで状況をより悪化させてしまうなんて事もあるでしょう。

その場合、自分でも気が付かないうちに嘘をついていると頭の中で考えてしまっているのかもしれません。

だからこそ、つい不自然なそぶりが出てしまうのです。

それは意識しすぎている事が原因です。

嘘がばれないように言い訳をしようとすればするほど、肩に力が入ってしまいそれが結果的に疑われる原因となってしまいます。

だからこそ、隠そうとする気持ちを持たない事が大切です。

自分としては嘘はついていない。

ただ言葉が足りないだけ。

そんな風にあいまいな言い方をしていると自覚するだけでも、挙動不審はだいぶ抑える事が出来ます。

全ての真実をありのままに話す必要などないのです。

ようは、相手がどうとらえるかという事が問題なだけであり、自分が嘘をついていないと思えばそれは嘘ではないはずです。

実際にはそうは言っても嘘になってしまう事もあるでしょう。

けれど自分自身が嘘をついていると自覚して嘘をつく事と、嘘では無いと思って話をする事では相手の印象も大きく変わってくるはずです。

実際の話の内容が同じだとしても受け取る人の気持ちが違うのであれば、それだけでも十分意味のある行動のはずです。

時には正直にどこに行くのかを言うことも必要

いつもいつも言い訳をしていると、自分でも何が真実か分からなくなる事でしょう。

それは大きなストレスになる場合もあります。

だからこそ、そうならないようにする為には時には真実を語る事も必要です。

嘘ばかりをついていると、話を聞いている人もなんだか怪しいとすぐに感じてしまうはずです。

けれど、実際の出来事や事実が時折出てくる事によって言い訳もまた本当の事のように相手が捉える事が出来るようになるのです。

だからこそ、時には真実も話しておきましょう。

どんな人も、いつもいつも正直に話をする事が出来ないような場所に行くわけではないのでしょう。

時には素直に相手に自分の行先を告げる事だって出来るはずです。

だからこそ、聞かれても困らないようなところに行く際には出来るだけ素直に相手に伝えていくようにしてください。

そうする事によって、それ以外の日に言い訳をしたとしてもそれもまた真実に聞こえるようになるからです。

出掛ける時に言い訳をする理由

そもそも、人はなぜ言い訳をするのでしょうか。

ふつうに考えれば、わざわざ言い訳などめんどくさい事をせずに理由を説明して仕舞えば良いはずです。

何処で何をしようと自分の勝ってと言い切ってしまう事だって出来るでしょう。

けれどそうもいかないのが人間関係というものなのかもしれません。

面倒な関係ではあるものの、だからと言って切る訳にもいかない。

それが人間関係なのです。

人間関係を円滑に進めるためには良い言い訳も必要な場合もあります。

全てを正しく真っ当に生きる事が出来るのであればそれは素晴らしい事です。

ですがそれは簡単なことではありません。

誰もが多かれ少なかれ人には言いにくい事があるはずです。

多少は後ろめたい行動をしてしまう時もあるでしょう。

そんな時に言い訳が必要になるのです。

言い訳をする人に対して攻めるような事を言う人も居ます。

ですが、その理由を知る事によって、その裏にある心理を知る事が出来るようになるでしょう。

そうする事によって言い訳をしてしまう人の心に寄り添う事が出来るようになるかもしれません。

仕事と言っておかないといけない

家庭を持った場合、そう簡単に自分の自由に過ごす事は出来ません。

それは家計も時間も同じ事です。

例え全くお金がかからなかったとしても、全く家に寄りつかず遊び歩いて居れば家族の不満は大きくなる事でしょう。

自分ばかりが家事や育児をしている状況であれば、なんであなただけと責められる事も多々あります。

けれどそれが仕事の場合、相手も文句を言う事が出来ません。

仕事はお給料に直結しています。

その付き合いをしないせいでお給料が下がるような事があれば自分自身が困る事になります。

だからこそ、出かける事に対して文句を言う事も出来ないのです。

だから、つい言い訳として仕事を使ってしまうのでしょう。

仕事と言われれば、家族も文句を言う事が出来ません。

実にずるい言い訳ではあるものの、一番確実に簡単に使う事が出来る言い訳なのかもしれません。

遊びに行くとなればうるさい

仕事なら許せる外出も遊びなら許せない。

そんな人は沢山いるのではないでしょうか。

特に主婦の皆さんの場合には旦那さんの外出を心良く思っていないなんて事も良く聞く話です。

これはそもそも自由に出かける事が出来るほど、家の事をしていないという事に問題があるのかもしれませんだからこそ、そのせいで許してもらえず結果的に言い訳をしなければならないのです。

だからこそ、気持ち良く出かけたいのであれば、自分の行動を見直す事が重要となる場合も多々あります。

けれど、そうわかっていてもなお実践する事が出来ないからこそつい言い訳をしてしまうのでしょう。

無駄な喧嘩をするくらいなら言い訳をしてでかけら方がお互いの為かもしれません。

けれどこの場合、絶対に嘘はばれないようにしなければなりません。

もしバレてしまえば今以上に出かけにくくなるばかりか、言い訳を信用してもらう事すらできなくなってしまいます。

一度嘘がばれれば、どうしてそうなってしまったのかという事を必ず聞かれるはずです。

そのせいで今までばれていなかった言い訳もいもずる式にバレてしまうなんて事も良くある話です。

自分自身で墓穴を掘らないようい、言い訳は慎重に行っていきましょう。

勉強をしろと言われているから

学生の場合、勉強をする事が仕事です。

その為にお金を払っているという事だってあるでしょう。

だからこそ、親の立場になって考えれば勉強しろと言われるのも当然の事です。

けれど、そうは言ってもいく学生とはいえ、時には息抜きをしたいという事もあるでしょう。

たまにならいいじゃないか。

そんな風に思う事もあるはずです。

けれどそれを真っ向から主張しても、あいてに怒られてしまうだけです。

だからこそ、結果的に言い訳をするようになってしまうのです。

言い訳をする事は、本人も面倒だと感じているかもしれません。

ですが、わざわざ喧嘩になる事が分かっているのにも関わらず真実を相手にいうという事はいくら学生といえどもないのではないでしょうか。

だからこそ、言い訳ばかりして遊びに行くと思っている人はもしかしたら厳しすぎるのではないかと時には振り返る事も重要です。

余りにも遊び歩く事に対して注意する事は必要な事です。

けれど、何事も言いすぎてはいけません。

厳しくすればするほど、結果的に反発につながってしまう事は良くある事です。

互いの良いラインを模索しつつ遊びすぎず厳しくならない程度に注意するというお互いの歩み寄りが必要なのではないでしょうか。

本当は遊びに行くつもりでも勉強をしに図書館に行くと言う

図書館で勉強するという言い訳をしている場合、きっと最初から遊びに行く予定なのでしょう。

だからこそ、あまり勉強道具を持っていないなんて事もあるかもしれません。

全く勉強するつもりが無いからこそ、分かりやすい図書館なんて場所を選んでしまうのでしょう。

普段勉強しない人が、いきなり図書館で勉強すると言っても周りの人はそう簡単には信用してくれないでしょう。

一度や二度は信用してくれるかもしれませんが、場合によってはそれが疑われるきっかけになってしまう事もあります。

だからこそ、自分の状況を冷静に判断して言い訳はチョイスしてください。

出掛けるときには注意しよう!

普段から好き勝手に出かける事が出来ている人からすれば、言い訳などする必要がありません。

だからこそ、わざわざそんな事を考える人に対して不思議に思う事でしょう。

ですが、世の中には自由に外出する事が出来ない人も居るのです。

学生の場合には、保護者からの管理によって自由に外出する事が出来ない事もあります。

例え大人になったとしても、家族や恋人からの視線が痛く自由に出歩く事が出来ない時もあるものです。

そんな状況の中、なんの対策もせずに出歩く事は喧嘩の火種を自ら作る事と同じです。

あえて相手の事を怒らせていると言っても過言ではありません。

もし、それらの人との平和な生活を望むのであればわざわざ喧嘩の火種となるような行動をとってはいけません。

そんな時こそ、言い訳が必要となるのです。

言い訳をすると言うと、なんだか悪い事をしているようなイメージになってしまう事もあるでしょう。

けれど、言い訳をする事によって周りの人と上手くやっていく事が出来るのであれば時には言い訳も必要な事もあるのです。

すべてを正しく生きていく事などできるものではありません。

出来るだけ柔軟に臨機応変に対応していきましょう。

それが平和に生きていくための極意でもあります。

今まで素直に出かける際に報告してきた人もこれからは、上手に言い訳を使っていきましょう。

それが出来るようになれば、今よりもずっと出かける事に対して気まずい思いをする必要が無くなる事でしょう。