皆さんにとって”家族”とは一体どんな存在でしょう?

家族といつも仲が良く大事にできているという人もいれば、喧嘩やトラブルばかりで家族のことがあまり好きになれない、なんて人もいるのではないでしょうか?

中には家族のことが本当に嫌いで、ずっと距離を置いている…なんて状態の人もいるかもしれませんね。

しかし例えどんな思いを抱えていても、どんな家庭の事情があろうとも、やはり家族というのは他には代えられない、かけがえのない大切な存在です。

いつも一緒にいることが当たり前すぎてなかなかその事に気付けないという人も多かったりするんですよね。

そこで今回は少しでも多くの人が家族の大切さに気付けるよう、家族の大切さを気付かせてくれた出来事などについてご紹介していきたいと思います。

これを機に家族の存在の大きさについて改めてよく考えて、家族との関係についても見直してみてくださいね。

家族の大切さを気付かせてくれた7個の出来事

冒頭でもお話したように、家族とはいつも身近にいすぎて、一緒にいることが当たり前のようになっている存在。

だから普段その存在の大きさになかなか気付けないという人は結構多かったりするんですよね。

でもそれじゃ人は一体いつどんな時に家族の本当の大切さに気付けるものなのでしょうか?

そこでまずは多くの人が家族の大切さを知るキッカケとなったある7個の出来事についてご紹介していきたいと思います。

既にこんな経験をしたことがあるという方は、現在家族との関係はどうなっていますか?

また、まだこんな経験をしたことがないという人だったら「もし自分や家族がこうなったら……」というのを想像して、家族への思いを見直してみると良いと思いますよ。

1. 突然永遠の別れが訪れた時

家族との永遠の別れ。

非常に悲しくて辛い時ですが、多くの人がこの時になってようやく家族の大切さに気付かされているようです。

やはり人は失って初めてその存在の大きさを身に染みて知るようになりますから。

その家族がいかに自分にとって大切だったかも自然と分かるようになるんですよね。

またいなくなってしまった家族の大切さを知ることで、残された家族や周囲の人の大切さにも気付かされるという人も多かったりします。

大事な人がいなくなってしまったことで誰かを失うという悲しみを知り、そしてその分他の家族や周囲の人との関係をもっと大切にしなければと思い直すようになっていくんです。

そう、当然のことですが、やはり人の死というのは本当に多くの人に多大な影響を与えるもの。

そのためそれがキッカケとなって、みんながこれまでの自分の生き方や周囲の人との関係性を改めて見直すようになっていくんですね。

2. 病気になった時家族が懸命に支えてくれた

自分が病気になった時、家族の懸命な支えがあった。

こういった時に家族の大切さに気付かされたという人も多くなってくるようです。

やはり病気の時に誰かに看病してもらえるというのは誰だって単純に嬉しいものですし、感謝の気持ちでいっぱいになりますからね。

しかも自分のことを懸命に支えてくれるということは、家族がそれだけ自分のことを大切に想ってくれているという証拠。

それが分かることで、逆に家族が自分にとってどれだけ大きな存在かも分かるようになっていくんですね。

また家族が看病してくれている間というのは一緒にいる時間が増えるものですし、辛く苦しい状況を一緒に乗り越えるという時でもあるので、自然と家族の絆も強まったりします。

もちろん病気というのはできればならない方が望ましいものですが、家族の関係を見直すための良い時間になるのかもしれませんね。

3. 離婚の時、一緒に戦ってくれた

先程の病気の話もそうですが、やはり皆さん辛い時家族に支えてもらうという経験をすることによって、家族の大切さに気付かされているようですね。

なので例えば離婚の時、一緒に戦ってくれて支えになってくれた。

こんな時に家族の大切さに気付かされたという話も多く聞くことができますよ。

離婚というのは精神的にも身体的にも本当に辛いものですし、人によっては裁判などで長く戦わなければいけない場合もありますからね。

そんな時にずっとそばに支えてくれる家族というのは本当に有り難く、大切に感じられるものなんです。

また離婚は世間体的には恥ずかしくて友人や周囲の人にはなかなか言いづらいというところもありますから。

家族は唯一素直に甘えることができる、大きな存在とも言えるんですよね。

中には離婚後実家に戻ったり子供の面倒を見てもらったりと、生活のサポートをしてもらう人も多いと思いますし、家族に感謝することがいっぱいで、余計に大切にしなければと思えるようになるのではないでしょうか。

4. 親身に介護してくれる子供たち

先程、病気になって家族に懸命に支えてもらう、という出来事についてお話しましたが。

中には子供たちに親身に介護をしてもらうことで、親が子供たちの大切さについて改めて気付かされる、というパターンもあるようですよ。

元々親は子供のことを大切に想っているものですが、子供が大人になり自分の手を離れることで、その大切さを忘れてしまったなんて人も多かったりしますから。

介護によって一緒に過ごす時間が増えることで、またその気持ちを思い出すようになっていくんですね。

しかも介護というのも看病同様、本当に大変で辛いもの。

そんな大変なことを親身になってやってくれる子供の姿を見たら、申し訳ないと思いつつもやはり嬉しい気持ちでいっぱいになり、その存在の大きさを改めて実感できるようになっていくのではないでしょうか。

5. いじめに遭った時に支え、助けてくれた

学校などでいじめに遭った時、家族に支えてもらい助けてもらった。

こういった出来事も家族の大切さを知るキッカケになっているようです。

やはりいじめというのは本当に深刻な問題で、心を深く傷つけられるものですから……そんな時にずっとそばにいて絶対の味方になってくれる家族というのは、本当に有り難くて大きな心の支えとなってくれるものなんですよね。

もちろんいじめを受けている当時は辛く悲しい思いもたくさんしますし、家族を大切に思う余裕までは持てないかもしれませんが。

でもそういう感謝というのはその後もずっと忘れないものですし、後になって家族がいかに大切かというのをじわじわと実感できるようになってくるのではないでしょうか。

難しい問題な分一緒に乗り越えた時、家族の絆もより一層強くなるはずです。

6. 引きこもりになった子供を優しく強く更生させた両親

近年はいじめや心の病気などが原因で家に引きこもってしまうという子供も多くなってきましたが……中にはその引きこもり生活がキッカケとなって家族の大切さを知れたという人もいるようです。

もっと詳しく説明すると、引きこもり生活の中での両親とのやり取りが良いキッカケとなった、ということですね。

両親が子供に対して優しく、時に強く真摯に向き合ってくれたことで、子供が引きこもりから更生できるようになり、そして両親への感謝と共に存在の大きさを実感できるようになるわけです。

また逆に両親の方も子供のことをしっかりと見つめ、大切さを再確認する時間が持てるようになるんですね。

もちろんこれもいじめ同様深刻な問題で、簡単に解決とはいかないと思いますが…家族全員が関係性を見直すチャンスと言えるのではないでしょうか。

7. 障害のある子供を大きな愛で育てる両親

世の中には障害を持って生まれ、悲しい思いや大変な思いをしながら生活をしている人もたくさんいたりしますが……でもそういう人は障害があるからこそ家族の大切さを知るチャンスも多かったりするんです。

何故なら障害がある人というのは普通の家族以上に、両親に助けてもらったりしてもらったりすることが多くなってきます。

当然それだけ苦労なども増えてきますが、でも反対にそれだけ両親に対する感謝や存在の大きさを身に染みて感じることができるんですね。

もしかすると10代などの多感な時期は両親に対する不満などもありなかなかそれに気付かないかもしれませんが、成長するにつれてきっと両親の愛情の大きさを段々と理解できるようになるはずです。

そしてこれまで愛情を受けた分今度は自分から恩返しをしていこうと、両親のことを大切に想うようになるのではないでしょうか。

家族はかけがえのない心の支えになる

家族の大切さを知るためのキッカケとなる出来事についてご紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

きっとまだこんな経験をしたことがないという人も多いと思いますし、世の中の人がみんなこんな出来事を経験するとは限りませんが……

それでも家族がどれだけ心の支えになるのか、どれだけかけがえのない存在になるのか、ということを多少は分かっていただけたのではないでしょうか?

ではここからはもっと深く家族について考えてもらうため、現代の家族像などについても詳しく見ていきたいと思います。

現代の家族とは一体どんな形なのか、そしてどんな問題があるのかというのを参考にしながら、自分の家族についても改めて考えてみてくださいね。

1. 家族を大切にしていますか?

冒頭でもお聞きしましたが、皆さんにとって家族とは一体どんな存在でしょう?

またきちんと家族を大切にできているでしょうか?

もちろんそれぞれ家庭によって様々な事情や状況などがありますから、いろんな考え方の人もいると思いますが……ただ現代では日本の家族像が昔に比べて大きく変化したことで、家族間の形も変化してきていて、そのせいで家族を大切に思えない人が増えてきているとも言われているんです。

現代は女性の自立や少子化・晩婚化など家庭に対して自由な考えを持つ人が増えてきて、それにより家族同士の距離感や絆も広がってしまうようになってしまったんですね。

そんな環境の中で自信を持って「家族を大切にしている」と言える人は一体どれくらいいるのでしょうか?

2. 昔の日本の家族像

ちなみに昔の日本の家族像といえば、やはり大家族みんなで一緒に暮らすというイメージが強いものだったのではないでしょうか?

分かりやすく言うと、アニメのサザエさんなどがそのイメージにピッタリ当てはまりますね。

両親(波平・フネ)、その子供達(カツオ・ワカメ)、長男又は長女夫婦(サザエ・マスオ)、そしてその子供(カツオ)と、大体3世代以上の家族が一緒に同居をして、共に生活をしていくわけです。

またサザエさんでいうと、男性陣が仕事に行き女性陣が家を守るという形や、女性が一歩引いて男性を立てる様子などもまさに昔らしいという感じ。

自由な形が増えてきた現代からしたら窮屈と思う部分もあるかもしれませんが、でもそういう家族像だったからこそ家庭の中が上手く回り、そしてお互いを想い合える温かな家族が完成されていたんですよね。

そう、昔はまさにこんなサザエさんのような昭和の良き古き家庭が当たり前の時代だったんです。

3. 現代日本の家族像

そんな昔の家族像に対して、現代は結婚・家庭共に自由な形式を持とうとする人が多くなってきました。

例えば親との別居・女性の自立・少子化・晩婚化・事実婚などがその例ですね。

昔のような決められた窮屈な家庭ではなく、男性も女性も自由な考えで生活しやすい家庭を作ろうというようになってきたわけです。

そしてそのおかげで確かに多くの人が幅広い選択をできるようになり、気楽に生活ができるようにもなりました。

しかしそんな自由な家族像は逆に、核家族・生活保護・離婚率の上昇など、現代の数々の深刻な問題を引き起こす原因ともなってしまったんです。

1. 核家族の問題

核家族とは、夫婦のみ、あるいは夫婦とその未婚の子供、という形から成り立っている家族のこと。

つまり簡単に言うと、おじいちゃんやおばあちゃんと同居していない家庭のことを指すのですが……現代の自由な家族像のせいでこの核家族が年々増加傾向にあり、日本ではずっと問題視されてきているんです。

何故なら核家族が増えるということは、昔のような温かい大家族の家庭が減ってきてしまっているということだから。

そうなると当然家族間の絆は薄れていってしまいますし、多くの子供も家庭の温かさを知らないまま育ってしまう可能性が高くなってしまうわけです。

もしかすると家族を大切に思えないという人はこういった孤独な家庭環境から影響を受けているのかもしれませんね。

2. 生活保護の急増

現代の日本ではニート・ホームレスの数がどんどん多くなってきていることで、生活保護の受給者が急増していることも問題視されています。

そしてその原因として2008年のリーマンショックを契機とした失業者の増加や、東日本大震災による多くの人の生活苦が挙げられているのですが……中には現代の自由な家庭像が原因になっていると考えている人もいたりするんです。

というのも多くの人が自由な働き方や生活を望むようになったことで、仕事を続ける気力がなくなりすぐに辞めてしまうようになってしまったのでは…と考えられているからです。

また近年晩婚化が進み独身の人がどんどん増えてきていますが、金銭面を支えてくれるパートナーがいない=生活が苦しくなるということに繋がっているのでは、とも言われているんですね。

3. 孤独死の問題

先程も言ったように、現代は自由な考え方から晩婚化する人、あるいは結婚をしないという人もどんどん急増してきましたが……その結果孤独死する人の数も増加するようになってきてしまいました。

つまり一生独身で最期を看取ってくれるパートナーがいないわけですから、誰にも気付かれず1人寂しく亡くなってしまうという人が増えてきてしまったわけです。

さらに近年は家族間のコミュニケーションが不足しているということから、老人だけでなく40~50代の中年の方や若者までも、孤独死する可能性は十分あるなんていう風にも言われるようになっています。

要するに家族間の交流がない=普段気にかけてもらえないということになってしまうので、万が一亡くなっても気付いてもらえないという可能性が高くなってしまうんですね。

社会人になると実家を離れ、なかなか連絡を取らないという人も多くなってくると思いますが、孤独死を防ぐためにもやはり定期的に交流を持つことは必要と言えるのではないでしょうか。

4. 離婚・未婚率の上昇

お話したように現代は結婚をしないという考え方の人がどんどん増えてきており、日本の未婚率も年々上昇している傾向にあります。

しかしその一方で日本の離婚率もまた毎年上昇してきている傾向にあるんですね。

というのもやはり多くの人が自由な生活を求めるようになったので、家庭に縛られずより自由に生きたいという思いから=離婚という考えをしやすくなってしまったのではないでしょうか。

また近年は芸能人による離婚のニュースをよく見かけるようになりましたし、離婚を斡旋しそれで稼ぐ弁護士や業者などの数もかなり多くなってきているので、そういう社会が離婚に対する抵抗を失くさせているのかもしれませんね。

そしてそれを目の当たりにし結婚≠幸せと考える人も増え、それがまた現代の未婚率を上げる原因に繋がってしまっているのでしょう。