最近、とある人気イケメン俳優が未成年との飲酒、さらにホテルに行ったということで無期限活動停止になっている事件がありましたね。

人気もあり、テレビでも多く活躍して、ドラマや映画などでもたくさんの作品に登場していた彼も、もしかしたら「美人局」にハメられたのかも!?ということで、ネットで話題になりました。

時に、「美人局」の被害にあったという男性がネットで書き込みをしているのを見ることがあるかもしれません。

特に出会い系などをしている人は、「美人局」の存在に気を付けるようにと、よく注意されますね。

でも、いったい「美人局」とは何なのでしょうか??
彼女たちの目的と、「美人局」を見破るポイントとは!?

️美人局とは?

読み方は”つつもたせ”

「美人局」って言葉、よくネットで聞きますよね。

多分、出会い系で遊んでいる人なら、その存在を知らないわけはないでしょう。

知らずにいたらかなり危険です。

出会い系をされていない方でも、世の中には「美人局」と呼ばれる、危険な存在がいることを理解しておいたほうが身のためです。

「美人局」、読み方は「つつもたせ」です。

「びじんきょく」ではありませんよ。

結構、「びじんきょく」って呼んでいた方も多かったのではないでしょうか?
間違って人に「びじんきょくって知っている?」とか言うと、恥ずかしいので気を付けましょう。

では、この言葉いったいどんな意味なのでしょうか?
この人たちの目的とはいったい何!?!?

美人局の意味とは?

美人局とは、出会い系サイトなどで知り合った女性といざホテルに行って、そこで性行為をしようとしたときに、急に恐い男たちがやってきて「俺の女に何をしている」と言って、脅し金を巻き上げる、そんな詐欺的行為のために体を売っている女たちです。

実際に、行為をまだ何も行っていなくても、ホテルの部屋に入ってしまうと、その写真を撮られていて後々、家族や会社にばらすぞと脅迫されて、お金を取られることもあります。

もし、美人局が未成年である場合、被害者となった男性は、その行為を行った地域の淫行条例に引っかかることがあり、それゆえにいくら脅されて金品やお金を巻き上げられても警察には被害届が出せずに、泣き寝入りするだけ、ということもあります。

さらに、児童買春、児童ポルノ禁止法などに違反していることもありますので、この場合もっと問題は大きくなるでしょう。

それで、このような被害者が被害届や告訴状を出せないようなシチュエーションを作るために、18歳未満の女性を用意している場合も多いのです。

最近の、無期限芸能活動禁止になったイケメン俳優も、未成年の女性との飲酒&ホテルでの淫行行為ということで、淫行条例に違反したと報道されていましたよね。

それも、慰謝料として最初500万ほど請求されていた、ということがニュースになっていました。

あの事件が、どのような経緯でどのような背後の力があったかははっきりとはわかりませんが、「美人局」とは、そのように女性を使って男性とホテルに行かせて、その行為の途中もしくは後に男性のほうに、因縁をつけたり、脅したりして、法外な金銭をだまし取ることです。

自分の妻にそれをやらせている場合もありますので、飲み屋などで仲良くなった女性と一晩だけ関係して、そのあとに相手が既婚者だったことがわかり、相手の旦那にそれがバレて、旦那から慰謝料を請求される、またはさらに奥さんにばらすぞということでもっとお金をせびられることもあります。

つまり夫婦がグルになって、ほかの男をひっかけて、金銭を奪おうをする搾取的な行為ですね。

最近では、ホテル内で個人情報などがわかる私物を勝手にみられていて、そのような身分証明書を控えられている場合があり、そこから携帯番号や身元を割り出されて、後日、脅迫されるケースも多いようです。

美人局の由来

でも、そのような男が女性を使って他の男を誘惑し、それをいいがかりにして金銭をゆすり取るような詐欺的な行為を「美人局(つつもたせ)」と言うようになったのでしょうか?
だって「美人局」なんて、普段は全然使わないような、そんな言葉ですよね!?
それに、どうして「美人局」と書いて「つつもたせ」って読むのでしょうか
パソコンでは「びじんきょく」って打てば、ちゃんと「美人局」って変換してくれますし、普通はそう読みますよね??
じつは、語源・由来は中国からきているらしいですよ。

「美人局」は漢語で、日本語の「つつもたせ」とは全然別の言葉だったらしいのです。

中国の美人局


「美人局」については、中国の元の時代にさかのぼります。

中国の文献には、元の時代に娼婦が何も知らない少年を誘惑して誘い込み、のちに男が出てきて彼女を自分の妻とかめかけだと偽って、少年から金品を巻き上げていた、そんな犯罪があったことが書いてあるそうです。

今の日本でされていることと同じ手口ですね。

「美人局」という字は、そのような詐欺を指す言葉として伝わったそうです。

日本の筒もたせ

日本では「筒もたせ」という言葉は、もともと賭博用語だったそうです。

筒はサイコロ賭博で使う筒で、「細工した筒を使う」という意味だそうです。

だから、この言葉自体にはもともとは、女性が男性を誘惑して搾取するような意味はなかったようですけど、細工をした筒で詐欺をする、という意味に由来していて、のちに自分の内縁の妻または情婦にわざと男を誘惑させていちゃもんをつけて金品をゆする、という意味になったのかもしれません。

俗説として、「筒もたせ」の「筒」は、女性器を表して使われていた隠語で、それを「もたせる」ということで「筒もたせ」といわれる、という説がありますけど、これはあまり信ぴょう性がないようで、単なる俗説と言われています。

合わさって美人局(つつもたせ)に

それで、日本語で妻または別の女性を使ったほかの男性を誘惑させ、その男性をのちに脅迫して金品をゆすり取ることを意味する「つつもたせ」という言葉に、同じ手口の犯罪を指している中国の漢字「美人局」を当てたということらしいです。

ちょっとややこしいですけど、まあ中国でも同じような方法で男は騙されていたんですね。

昔も今も、男の性質とそれに付け込もうとする人たちのやっていることは、全然変わっていないということか・・・。

この美人局、日本だけでなく海外でもかなりいるようです。

過去に、日本の芸人さんが海外でこのような被害にあって、なんと1千万円ほども支払っていたなんて事件もあったようです。

つまり、女性関係が乱れている男性は、かなり気を付けなければいけない存在なのです。

️美人局に注意!怪しいシチュエーション7個

「美人局」に引っかかってしまったら本当に大変なことになってしまいます。

一晩だけのベッドインで、金品を取られること、もっと恐ろしいことにその後も脅迫してきて、そのネタを家族などにバラすといって、ずっと慰謝料を取り続けて、莫大な被害を被ることもあるのです。

大切な家族が崩壊してしまうことを恐れたり、相手が未成年だったことで自分が犯罪者になってしまうことへの恐れなどを利用して、抵抗できないようなシチュエーションを作るなどされたら、人生が崩壊してしまう恐れだってあります。

金銭が奪われることはもちろん、今まで築いてきた家庭や、それに社会的な立場さえ失うことになってしまいかねないことを考えると、とても恐ろしいですよね。

でも男って単純なので、いざ目の前にキレイで可愛い女性がいると、同性なら「あれ?この人怪しい」と思うような危険なサインも見落として、まんまと騙されてしまうことが多いもの。

だから、しっかりと危険なサインを理解して、よく注意しなければいけません。

では、美人局に騙されないためにどうしたらいいのでしょうか?
怪しい危険なシチュエーションについてご紹介していきたいと思います。

1.きっかけが出会い系

美人局の被害にあうのは、だいたい出会い系で知り合った場合です。

まれに、飲み屋さんで一緒に飲んだ女の子の中に、美人局がいたなんてことがありますが、普通の友だちづきあいをしていれば、そのようなケースは一般人にはあまりないでしょう。

でも、出会い系などで出会う場合、その人の素性が全く分かりません。

それに、出会い系では自分の本性をうまく隠すことも、経歴や年齢だっていくらでも詐称できちゃいます。

それに、出会い系で異性との出会いを求めている男性の多くが、ホテルに行くことを目的としています。

そのようなセフレを探しているような男は、簡単に引っ掛けることができるので、絶好のターゲットというわけです。

誰でも簡単にアプリをインストールしたり、ネットを利用すれば、登録して使える出会い系は、利便性に優れているとはいえ、中にはその利便性を利用して、モンモンとしている男をカモにしようと狙っている人たちがいるわけです。

近年では、みんながスマートフォンを持つようになって、とにかく無料の出会い系の利用者はどんどんと増えています。

使い方も簡単だから、若い人や独身者だけでなくて、既婚者やシニア世代も利用していますよね。

なので、どの世代の人たちもカモにされる可能性があるし、むしろ既婚者とかお金を持っているシニア世代は、騙すことができたら高額の請求が可能になるので、狙いたい獲物でしょう。

出会い系サイト・アプリ

出会い系サイトやアプリの多くは、無料で簡単に登録できます。

つまりは、だれでも登録できるってことです。

サクラはいなくても、業者はわんさかいます。

それに、美人局は実際の女の人が出てくるので、その人が登録することは簡単です。

出会い系サイトに登録している男性のほとんどは、体の関係を目的にしています。

その中には既婚者も多く、アダルトな出会いができるサイトやアプリが人気です。

そんな体目的の男性がわんさかいるので、美人局にとったらエサをまきやすい環境なのです。

長年、出会い系サイトを使っている男性は、美人局とか業者とかに引っかかることはあまりないようですが、ちょっと誘惑してエサをまけばすぐに引っかかるような単純で世間知らずな男性もいるので、その人たちが狙われています。

婚活サイト・アプリ

婚活サイト・アプリは、婚活をしている人たちが利用しているので、比較的安心できるように思えるかもしれません。

しかし、婚活とは違った目的でそこにいる人たちもたくさんいることを覚えておく必要があります。

婚活サイトということで、女性は真剣に結婚相手を探していると思っていると、だまされることがあるかもしれません。

中には、そのようなことを装いつつも体の関係を求められて、それに応じたらイカツイ男たちがいらっしゃった、というケースもあるのです。

なので、婚活サイトを利用するのであれば、個人情報の登録を厳格化しているサイトのほうが安心できるでしょう。

しかし、それでも会ってすぐの女性を信用したり、すぐにホテルに行きたがる人には注意です。

出会い系掲示板

出会い系の掲示板なんて、とにかく業者とか良からぬことを企んでいる人たちだらけです。

そこにやってくる男性は、とにかくホテルに行きたい人ばかりだし、男は欲望が燃え上がると理性的に判断できなくなってしまいます。

それで、簡単にひっかけやすいわけです。

というより、出会い系の掲示板はLINEなどのIDを書いて、だれでも連絡を取ることができるようなところ。

そんなところに一般の女性たちはあまり来ませんよ。

それに、そこには援助交際や未成年がいっぱいいます。

18歳未満はID検索ができないようになっている、とか書いてあっても、そんなのを破る方法なんてたくさんあるんです。

18歳以上であると偽って、援助交際を持ち掛けている人は多いので注意してください。

未成年の美人局の被害にあってしまったら、逃げ道はありませんし、人生のすべてを失うか、それともおもいっきり搾取されるかのどちらかですよ。

2.いきなりホテル

出会い系サイトで、女性とマッチングして知り合うことができたとしても、早い段階から性的な話をしてきたり、すぐにホテルに行きたいなどと言ってくる人には、注意が必要です。

向こうからメールを送ってくる、という場合も、それは業者とかキャッシュパッカーとか、あるいは美人局の場合が多いです。

婚活アプリや、出会い系のサイトというのは、女性は登録するだけで、かなりの数のアプローチが男性から届きます。

つまり、女性は出会い系サイトでは常に”受け身”でいられるわけです。

その中から、選んで連絡できるわけなので、こちらが仕掛けてもいないのに、向こうからやたらアピールしてくる女の子は注意が必要なのです。

だいたい、「あなたのプロフィールを見て、ビビッときちゃいました♡」なんて書いてくるかもしれないけど、そんな風にメールしてくる一般女性はいません。

そして、確かにホテルに行きたいと思っている一般女性もいますが、女性側も相手が本当に信頼できる人なのかを確かめたいと思っています。

なので、メールしてすぐに会いたいとか言ってきません。

でも、美人局の場合、相手は仕事なので一人のカモにあまり時間をかけたくないのです。

それで、まだあまりメールのやり取りもしていないのに、会うことや性的なことを要求してくる女性は危ないですね。

もし、気になるようだったら、まずは電話で一時間くらいお話しができるか試してみることもできます。

相手が早く会いたいとすごく急かしてくる場合は、ちょっと危険です。

あと、「デートしてくれたら、お礼に〇万円あげます」なんてこと言ってくる人もいて、マジか!?って飛びつきたくなるかもしれないけど、世の中そんな都合の良すぎる話、ありませんよ。

都合がよすぎることには、裏があるのです。

特に相手の指定の場合は注意

さらに美人局としては、ホテルなどで行為中に男が突入して、被害者が言い逃れができないような状況で恐喝するのが一番効率的なわけです。

それで、行為中に突入するために待機していなければいけません。

なので、何人かの男はすぐに突入できる場所に待機しているわけで、突入しやすい場所に女性は誘導していきたいわけです。

それで、向こうからホテルを指定してきたり、もしくは自宅にすぐに招くような相手はかなり危ないでしょう。

もし、相手の女性の自宅で行為をしているところに、男性が入ってきて「旦那だ」と言われたら、それこそリアルすぎてテンパって、言い逃れができなくなりますよね。

なので、もし女性が「○○ホテルがいい」と執拗に言ってきたり、待ち合わせ場所を限定してきたりなんかしたら、美人局の可能性を疑いましょう。

あと、最初はこちらが指定した待ち合わせでOKするものの、あとになって何かと理由をつけて待ち合わせを変えてくるケースもよくあります。

美人局をしている女性は、共犯者の男性が複数人いて移動することに関してはすごく弱いので、こちらが指定した待ち合わせには来れないことを覚えておきましょう。

女性が指定してくる場所には、イカツイ男たちがスタンバってて、あなたを逃がさぬように待ち伏せしている場合があるのです。

3.食事の誘いに乗り気じゃない

出会い系などで、女性といざ会える!となったら、とにかくテンションが上がってしまうかもしれませんし、目的はホテルかもしれません。

しかし、焦ってはいけません。

まずは食事をしたりして、相手をちゃんと見極めてからのほうがいいでしょう。

美人局の場合、時間が無駄に取られるのを嫌がります。

相手の目的は、とにかく男性を自分たちの都合のいいところに誘導して、そこでけ行為の途中か後に脅すことです。

なので、食事なんかどうだっていいわけです。

それに、食事に行くとなると待ち合わせの場所などから遠く離れてしまうかもしれません。

そうなると共犯者のスタンバっている男性たちとグルになっている美人局にとっては、指定の場所に誘導しにくくなるわけです。

それで、食事の誘いにあまり乗り気じゃない、むしろとにかく性的なことを求めてくるといった女性なら、美人局の疑いをかけたほうがいいでしょう。

相手も巧みなので、目の前に可愛い女の子がいて、迫られたらとにかくホテルに直行したくなるかもしれませんが、そこはちょっと焦らずに時間をかけて仲良くなりましょう。

4.プライベートな話をあまりしない

相手があまりプライベートな話をしてこない場合も、怪しいです。

相手の女性は自分の正体をうまく隠してあなたをだまそうとしているので、あなたに伝えているプロフィールや自分の設定が嘘だとバレることを嫌がります。

それで、こちらの個人情報はすごく聞きたがるのに、自分のプライベートなことは教えてくれないような女性には注意しましょう。

自分のことをあまり話さない

美人局目的の女性は、自分のことが広く知られてしまったら、それから仕事がしにくくなってしまいます。

というか当たりまえですが、被害者の男性とは親しくなりたいわけでも、仲良くなりたいわけでもなく、自分たちの仕事(犯罪)のカモにしたいだけなので、自分の詳細については極力知られたくないわけです。

それで、自分のことは全然話さなくて、聞いてもはぐらかされるという場合には、怪しいなを思ったほうがいいでしょう。

5.会ってるときスマホを手放さない

美人局は、共犯者の男たちと連絡を取っています。

それで、会っているときにとにかくスマホを気にしているとか、手放さないという場合には、周りに見張っていて待機している人がいるのかもしれないので、警戒しましょう。

待ち合わせの場所に行く時には、早めに到着して、女性をまずは見張ってみるのがいいそうです。

女性が誰かとずっと連絡を取っていたり、近くに怪しい車が止まっていて、その車のほうを気にしている様子だったら怪しいです。

会わずに約束をすっぽかしたほうがいいでしょう。

誰かとLINEや電話をしているなら注意

実際に会ってみても、すぐに人気のない場所に行ってはいけません。

人通りの少ないところとか、ホテル街などで待ち合わせもNGです。

まずは、たくさん人のいるお店などに入って、相手の女性の様子を伺いましょう。

その時に、頻繁に何者かからのメールや電話の連絡を受けていたり、頻繁にトイレにいったりと、ちょっと怪しい素振りが感じられる場合は、その日は二人っきりにならないほうがいいでしょう。

日を改めて会うことを提案してみましょう。

誰かからメールや連絡を受けた後に、人気の少ない二人っきりになれる場所に行きたがるならかなり危険ですね。

6.話に違和感を感じる

美人局の場合、こちらが警戒しないように話しを作っています。

しかし、いろいろと話しているうちに「なんか違和感が・・・」と感じるような、話がズレていて、「変だな??」と感じるなら、その直感を信じたほうがよさそうです。

自分に同情をかおうとしたり、自分のことについて本当は嘘かわからないようなことを、支離滅裂に話しているようなら、自分の素性を隠しているのかもしれないと、その日はちょっと様子を見て帰り、また別の日に会う約束をしたほうがいい場合もあります。

ウソをついている

話に違和感があるのは、相手の女性がうそをついているからなのかもしれません。

先ほども述べた通り、相手は自分の素性を隠し男性を騙して、金品を奪おうとしています。

なので、本当のことなんてしゃべっていません。

相手が本当に信頼できるのか、ということは、見た目やちょっと話したくらいではよくわからないでしょう。

判断するためには、やっぱりまずはゆっくり食事でもして、徐々に仲良くなって打ち解けてからがいいでしょう。

矛盾がある

もし、相手の話に矛盾があると思ったら、うそをついてあなたに近づいているということを疑ってください。

例えば、ある男性は秋葉原で女性に声をかけられて「どこにトイレがあるのか教えてくれますか?」というような感じで声を掛けられ、それから「田舎から来たから、この辺よくわからない、案内してくれますか?」と頼まれたそうです。

そして、今度は「電車の乗り方がわからないから教えてほしい」ということでずっと行動を共にしていたらしいのですが、ここにもう矛盾点がありますね。

電車の乗り方がわからないなら、秋葉原までどうやって来たのでしょうか?
さらに、彼女はのどが渇いたといってコンビニに入ります。

でも、コンビニでは男性の分のジュースだけを買ってきて、それを強引に渡して、強引に親切にしようとするのです。

それも、自分は一切マスクも取らないし、ドリンクも飲まないそうです。

もう、ここまでくると言葉にも行動にも矛盾点がいっぱいですよね。

この男性は、怪しいと気づけたので結局は被害には合わなかったようですが、じつは周りに複数人の男たちが見張っていたことがわかったそうです。

なので、こちらの都合のいい話を持ち掛けてくる女性ほど、時間をかけて相手の言動に矛盾点はないのかをしっかり見極めたほうがよさそうですよ。

7.相手のステータスが変

さらに、女性の側のステータスにも違和感を感じた場合は、怪しいと思いましょう。

美人局は、こっちが被害者なのに、こっちを加害者にしてお金を巻き上げようとしています。

だから、被害者の男性が言い訳できなかったり、被害届を出せないような状況で、この犯罪をやってのけたいのです。

それで、相手女性がこんなステータスを持っていたら危ないので、関係を持つのはやめましょう。

彼氏持ち

彼氏がいるのに、彼氏と喧嘩したとか、彼氏じゃ満足できないといった理由で、男性に巣にホテルに行こうと誘ってくるような場合、ホテルで行為をしている途中、もしくは後になってその彼氏とやらに登場される可能性があります。

夫持ち

人妻と密会するのを目的に、夫のいる女性と会いたがる男性たちもいますが、そこには危険がいっぱいです。

人妻の場合、その相手と一回ホテルに行っただけで、数百万円といった賠償額、慰謝料を夫側から請求される場合もあります。

未成年

相手が未成年である場合、最悪です。

これは、もう被害者側も、児童売春や青少年保護育成条例に反した行為をしているので、逃げようがないし、それがバレると人生が終わってしまうので、警察には言えなくなってしまいます。

もし、相手が未成年とわかるなら絶対にダメだし、相手が18歳以上だと偽っていても、Sれが証明できないなら絶対に手を出さないようにしましょう。

風俗嬢

風俗嬢から、美人局的な脅迫をされる場合もあります。

風俗店で女性のほうから誘われて店内で本番行為をしたり、仲良くなって連絡先を交換し、お店の外で会ったりした後に、「あなたと外で会っているのが店長にバレて、罰金を科されたから、そのお金を払え」と言われたり、「お店で本番を強要された」と言い始めて、お店側から脅迫されるハメになったりすることもあるようです。

️美人局に引っかかるとどうなる?

ここまで、美人局の特徴について調べてきました。

美人局の被害に遭っている人は、じつは結構いるのかもしれません。

でも、それを表に出して公表できる人が少ないのかも。

特に、既婚者の男性の場合、家族や会社にバレたりなんかしたら終わりですからね。

では、もし美人局に引っかかってしまった場合、どのような展開になっていくのでしょうか??
ここで結末をちゃんと理解して、自分の人生を台無しにしないように注意していきましょう。

慰謝料を請求される

美人局の被害に合うという典型的なケースは、出会い系サイトなどで知り合った女性と性関係を持ち、その間際や行為の後に、彼氏または夫という男性がやってきて「俺の女に何してくれてるんだ」とか「殺してやる」とか「責任をとれ」といった形で、慰謝料として、金品を巻き上げられます。

これで終わればまだいいほうなのですが、もし被害者側の男性が既婚者だった場合には、ホテルなどで個人情報を見られていると、後日電話がかかってきて「家族にバラす」とか言われてさらに高額な金銭を要求される場合もあります。

なので、個人情報がわかるものを携帯しているのは危険です。

スマホなどにも必ずロックをかけておく必要もあるでしょう。

さらに、もしコンドームをつけずに行為を行ってしまっていた場合、相手側は「妊娠した」と言ってさらに堕胎費用を請求してきます。

つまり、かなりの額の慰謝料を払わされることになるのです。

️美人局には気をつけて…

男性の性的な欲求に付け込んで、犯罪行為を行っている美人局。

自分が実際に被害にあうなんてことを考えると、かなり恐ろしいですよね。

一度の失敗で、人生がどん底に落ちたり、今まで築いてきたものが一瞬にして壊れることも考えられます。

それで、弁護士さんはもし美人局にあった場合は、すぐにその場から逃げることを考えるようにと進めています。

そして、警察に通報してください。

それができない…という場合は、もう泣き寝入りするしかありませんね・・・。

ということで、自分の身は自分で守る必要があります。

出会い系のサイトやアプリ、出会い系の掲示板などには、このような危険がいっぱいあることを覚えておきましょう。

それに、うまい話には裏があることを肝に銘じて、都合の良すぎる話や、すぐに性関係を求めてくる女性には気を付けてください。

美人局の特徴というものをここで考えましたが、もし出会い系サイトなどで知り合った女性と会うことにした場合にも、直前に待ち合わせの場所をキャンセルしてきて自分が指定した場所をかたくなに変えようとしないなら、会わないほうがいいです。

会ったとしても、女性をまずは観察して、すぐに二人っきりになったり、人気のない場所に行かないようにして、こちらがハメているつもりがハメられたということのないようにしてくださいね。