CoCoSiA(ココシア)

超絶美人の15個の特徴と有名人5選!超絶美人になるには?


美しい顔だち、そしてスタイルや身のこなし方…すべてにおいてとても素敵な人、そしてパーフェクトな人を見るととても魅力的に見えますよね。

そんな美しい最高峰ともいえる超絶美人になれたらどんなに幸せなことかと感じているでしょう。

この記事では、超絶美人の15個の特徴や有名人、そして超絶美人になるにはどうすればいいかをご紹介していきます。

ぜひ、超絶美人になるための毎日の課題に追加してくださいね♪

超絶美人の15個の特徴

あなたはどうして超絶美人のことが気になるようになったのでしょうか?

人によっては、好きなタレントや芸能人が超絶美人でその人のようになりたいからということもあれば、身近な人で超絶美人な方がいて憧れの気持ちを持っているというケースもあるでしょう。

どのような場合であれ、超絶美人に見える人ってとても美しんですよね。

ただお茶を飲んでいるだけだし、ため息をついているだけでもまるでそれが絵になってしまうような感じでしょう。

また、何をするにしてもキラキラ輝いて見えるのでうらやましく感じることもあるものです。

しかし、そんな超絶美人な雰囲気をまとっている人でも、もとはといえばあなたと同じ人間です。

超絶美人と呼ばれる人たちにはある特徴があり、それらがあるからこそ”超絶美人”と呼ばれていることが分かりました。

「美人はうまれつき」などと思わず、超絶美人たちの特徴や癖を真似すればあなたも超絶美人の仲間入りを果たせるようになるんです!では、超絶美人たちにはどのような特徴があるのでしょうか?

1.いつも笑顔

美しいな、かわいいな、素敵だな…って思う人っていつでもどこでもどんな状況でも、ニコニコしていませんか?どんなにさみしくて悲しくて怒り狂ってしまいそうな状況であっても、ムスッとした顔をすることは決してありません。

超絶美人と呼ばれる人たちは、常に笑顔でいるんです。

あなたの周りには、いつもムスッとした表情をしている人はいませんか?そのようにムスッとした表情をしている人を見ると、なんだかこちら側まで気分が悪くなったり、テンションが下がってしまいますよね。

なぜなら、その人に気遣うことになるからです。

でも逆に、いつでもニコニコしている人がそばにいたらどうでしょうか?見ているこちらまで、特にうれしいことや楽しいことがなくても自然とニコニコ笑顔があふれてくると思います。

美しい人は、周りにいる人に不快な思いをさせないだけではなく、逆に”幸せな気持ち”を感じさせてくれます。

2.肌が綺麗


美しいと思われる人は肌が綺麗な人が多いです。

作り込んだ綺麗さというわけではなく、元から綺麗な肌であることがわかるように内側からハリや潤いが弾けるような感じになっています。

そのため、メイクは薄化粧であることが多いですし、肌を露出する季節には白くきめ細やかな肌が太陽の光をさらにまぶしくさせます。

また、どんなに美しい顔立ちをしていても肌が綺麗ではないと、その美しさは半減してしまいます。

肌だけで他人への印象を大きく変えることができるんですよね。

とはいえ、超絶美人な方が美しく綺麗な肌をしているのは、何もしていないからというわけではなく「綺麗になるために毎日のスキンケアを充実させている」からです。

肌トラブルが少しでも出てくれば、それをすぐに消し去ることができる美容グッズを利用したり、行きつけの皮膚科に通います。

3.目元がはっきりしている

超絶美人は、顔立ちがはっきりしている傾向があります。

その理由として、目元がはっきりしていることがあげられます。

目元がはっきりしていると、顔全体の印象にメリハリをつけることができるので美しさを引き立たせるんですよね。

よくメイク特集で「のっぺり顔は卒業!」なんて言葉を耳にしませんか?のっぺり顔とは、顔全体にメリハリがないので、なんだか垢ぬけない顔立ちになっていることをさしています。

でも目元がはっきりしている超絶美人は、メリハリがあるのですっきり、そして輪郭も美しく見えるんですね。

目元というと、奥二重や一重まぶたを気にしている方もいると思いますが、超絶美人の方はそのような場合でもはっきりとした目元をしているのが特徴です。

4.彫りが深い

目元がはっきりしているだけではなく、彫りが深いのでさらに美しい顔立ちをしています。

彫りが深いというのは、鼻が高く、さらに鼻筋が整っていることを指します。

もっとわかりやすく言えば、外国の方の顔立ちを思い浮かべるといいと思います。

日本人の顔立ちの特徴として、鼻は低めであることが多いですが、外国の方の鼻が高い人が多いですよね。

そして鼻の脇との差があり、顔立ちがすっきりしてみえます。

超絶美人と言われる人は、まるで外国のように鼻が高い人もいます。

とはいえ、すべての超絶美人と言われる人が全員生まれつき鼻が高く、彫りが高い状態になっているわけではありません。

彼女たちは彫りが深いほうが美人に見えることを知っているので、メイクテクニックを使って彫りを深くしています。

つまり、今は自分のことを美人だと思ってはいなくても、メイクテクニックさえ身に着ければ美人になることも不可能ではないのです。

5.姿勢がいい

美しい人は、顔立ちがきれいかどうかは別として姿勢がいい人が多いです。

猫背になってはいないし、かといってあまりにも”姿勢をよくすることを意識しすぎている”というわけでもありません。

あまり想像がつかない方もいるかもしれませんね。