皆さんは超美人な人って見たことがありますか?

著者も同性ながら見とれてしまうような女性を目にすることがあります。

とはいっても、最近はこうして記事を書く仕事以外はほぼ専業状態なので、そもそも人に会う機会が減りました^^;

とはいってもテレビを見るとそのような美人を目にすることがあり、同性ながら目の保養にしています。

皆さんはいかがでしょうか?

さて、今回は同性ながらに非常にうらやましい美人ですが、そんな超美人の特徴などについても見ていきましょう。

思わず振り返る、超美人

著者は女性ですので、振り返るほどの美人のアンテナは弱くお会いしたことがなく感じますが、中に入るようですね。

女性には多いと思いますが、著者もかなりの掲示板好きでしていろいろな投稿を見ます。

(結構、人生ドラマを見ているようで面白いんですよね。そこで感情移入をしてしまったりして…。と、話が逸れました^^;)

そこで結構振り返るほどの超美人にお会いした人の書き込みは結構あります。

みんなそんなに超美人に会っているのかと同性ながら少しうらやましく感じました^^;

振り返るほどというわけではなく、お知り合いにいたのですが、やはり美人な女性って多いですよね。

女性なら「人生、得してんのかな?」なんて思いますよね。

妬み(?)半分になってしまいますが、そんな超美人について掘り下げてきましょー♪

芸能人にも劣らない超美人

中にはともすれば芸能界にいるのではないかと思うほどの超美人っていますよね。

著者は最近海外の方が空港にやってきたところを取材する番組を好んでみていますが、やっぱり美人って多いなーと思います。

お仕事を聞いてみたら本当にモデルだったりすることもあるのですが、大半は素人さんで驚きます。

もちろん超美人さんは海外の方だけではなく日本にもいます。

著者は小学生の娘がいるので圧倒的に合うのは小学生女子のみになりましたが、やっぱり原石からして輝いている子はいます(地方都市の郊外に住んでいるので芸能界入りしている子はおそらくいませんけどね^^;)

特に女性はお化粧をしたら化けますし、今の小学生女子の中にも芸能人に劣らない超美人さんが出てくることでしょう^^おばちゃんはそんな子が誕生するのを心ひそやかに楽しみにしています。

超美人にも特徴がある!

さて、そんな風に想像するだけで心が躍る超美人さんですが、もちろん特徴があります。

とはいっても「美」の基準って本当にあいまいです。

皆さんは昔(平安時代)の美人の条件をご存知でしょうか?

なんと、しもぶくれでぷっくりとした顔をした人が美人でした。

なんと当時は「死んでしまうけれど、一番美しい容姿になれる病気」と言われるものがあったというから驚きです。

その病気って何だと思いますか?

そう、「おたふく風邪」です。

現代でこそ予防接種で簡単に防ぐことができる病気ですが、当時の女性は死んでしまうと恐れながらも、美しくなれると心を躍らせていたのですね。

今でこそ、大分違う基準になりましたが、現代においてもところ変われば美人の条件は変わります。

とある東ヨーロッパの国では一本眉毛が美しいと敢えて眉毛を一文字に描く国もあります。

また、とある南国の国では太っている女性こそが美しいと言われており、女性の皆さんはこぞって体格が立派な国もあります。

もちろん、現代の日本でもそのような美人の条件はあります。

そんな美人の条件を見ていきましょう。

超美人な人の26個の特徴

では、現代の日本において、多くの人が「超美人だ!」と感じる特徴を一つ一つ紐解いていきましょう。

オーラがある

オーラというと抽象的ですが、でも何となくまとっている雰囲気ってありますよね。

例えば「この人、気が強そう」とか「優しそう」とか…。

そんな中にも超美人のオーラをまとうという事もできます。

このオーラで美人な人をよく「雰囲気美人」と言いますよね。

容姿を変えるのは化粧などではない限り容易ではなく、顔のパーツはある程度もう決まっています。

ですが、多くの方はこの雰囲気美人を目指すことができます。

まず、常に笑顔で口角が挙がっており、さわやかな印象がする人もそうですが、容姿でいうと艶々の髪、きれいな肌など、顔のパーツとは関係ない部分で美人な人っていますよね。

このような美人オーラは多くの人の参考になります。

確かにもしかしたら手に入れるのが容易ではないところもあるのかもしれませんが、肌や髪のケア、所作を気を付ける、清楚にみえるファッションなどを目指すことで、この超美人オーラをまとうことができます。

目がぱっちりしている

平安時代はどちらかというと、切れ長の目が美人と言われていました。

少し時代が進んで戦国時代になっても、織田信長の妹のお市の方が超美人だと言われていましたね。

ただ、彼女の目は切れ長だったようです。

やはり今と昔では美人の要素は違います。

現代においてはパッチリとした目が美人の条件です。

ですので、最近はアイプチなども人気です。

愛用している女性も多いことでしょう。

そしてつけまつげでより目をパッチリさせている人もいます。

このように、現代においては目がパッチリしている人が超美人の条件になっています。

ただ、現代においても切れ長の目が色っぽいという人もいますので、目がパッチリとしていないからダメだと卑下をする必要はありません。

確かにパッチリな目を目指すと美人に近づくこともできるかもしれませんが、切れ長の目でセクシーに決めるのもアリですよ。

流し目が似合うクールな目も美人

やはり先ほども上げたようにパッチリな目ばかりではなく、切れ長のセクシーな目も人気です。

どちらかというとパッチリ系の目を好む方はかわいい系が好きな人、切れ長のセクシーな目元を好むのは美人が好きな人に多いように思います。

著者もまた、最近は二重ブームではあるものの一重でも(という言い方もおかしいですが…^^;)非常に美人でモテていた人を知っています。

ですので、自分に似合うのはどちらの目かを分析してみたり、友達に聞いてみるといいですね。

もし友達だと正直に教えてくれなさそうなら、化粧品売り場の美容部員の方に聞いてみるとより的確なアドバイスをくれるでしょう。

鼻が高い

最近は目鼻立ちがくっきりしている人が美人の条件です。

しつこいようだけど、平安時代は尖ってはいるけれど小さい鼻が人気だったとか。

このように時代によって違いがあるのは気候に関係しているなんて話を聞いたことがあります。

昔は冬が非常に寒かったようです。

そして、現代は地球温暖化が問題視されているほどに地球の気温が上がっていますね。

気温が上がるほどに目鼻立ちがくっきりとした人が美人に見え、気候が下がると平安美人のほうが美人に見えるなんて話を聞いたことがありますが、諸説もありますし正確なところは微妙です^^;

この鼻の高さはやはりもう生まれ持ったものですので、自然な状態で鼻を高くするのは整形以外では難しいです。

ですが、「鼻を高く見せる」ことなら可能です。

それはハイライトなどを使って鼻筋を通して見せるなどのメイクテクニックを駆使するのです。

最近はサイトなどはもちろんのこと、動画などでもメイクテクニックについて解説しているものがあります。

ぜひ確認してみましょう。

シュッとした輪郭

現代では主っとしている輪郭も美人の条件として挙げられています。

ですので、輪郭がぼやけてくるお年頃(ええ、私のことです)だと悩みますよね。

輪郭についてもある程度は生まれ持ったものです。

尚且つ、加齢とともに輪郭がぼやけてしまうなんてこともあるようです…。

でも、ご安心ください!

こちらもメイク次第では輪郭をしゅっと見せることができるようです。

頬の高さを強調するとしゅっとして見えるという事で、頬の下に影を入れるようにするのです。

ハイライトとは逆で影を入れるメイクもありますので、チェックしましょう。

そして顎にハイライトを入れるという事で、光と影をいれていきます。

言葉での説明だと難しいですが、こちらもサイトでやり方の解説をしているサイトもありますし、動画もあることでしょう。

このしゅっとした輪郭も場合によってはメイクでも手に入ります。

ですが、やはり、顔の筋肉を鍛えたほうが化粧を落とす時になってもしゅっとした輪郭のままでいられますので、頑張ってみましょう。

肌が綺麗


やはりどんなに顔のパーツが整っていても肌の調子が良くないと美人に見えないことがあります。

やはりきれいな肌は美人の条件です。

ですので、スキンケアはもちろんですが、食べ物や睡眠などにも気を付けましょう。

まず、食べ物については緑黄色野菜などを含む野菜を摂取し、ビタミンミネラルをしっかりと摂るようにします。

また、大豆にはイソフラボンという女性ホルモンと似た構造で同じような働きをしてくれるものがあります。

大豆製品を積極的に摂りましょう。

また、発酵食品も大変有効です。

肌の状態は腸の状態を整えることが大切だと言われていますね。

ですのでヨーグルトや漬物、キムチなどは有効です。

ただ、体質に合うかどうかもありますので、ご自身に合う発酵食品を摂りましょう。

それ以外にも、もし肌の状態が芳しくないのでしたら皮膚科にかかるのもアリです。

ニキビくらいで皮膚科にかかることに躊躇する人もいるようですが、きちんとした肌の病気として認知されているので、病院に行くのは全く問題ありません。

著者も病院にかかったことがありますがビタミンCが処方されました。

そして、スキンケアも重要ですね。

化粧水と乳液もしっかりとして保湿を怠らないようにしましょう。

キリッとした眉毛

眉毛はその時の流行もありますので何とも言えませんが、今はキリッとした眉毛が人気のようですね。

そして、眉毛の太さもその時々の流行が分かれますが、今は比較的ナチュラルな眉毛が人気です。

最近、来年引退する安室奈美恵さんですが、彼女は以前アムラーという女子を作り出すほどのブームを巻き起こしました。

そして、彼女の眉が非常に細かったことから、細眉が大ブームだったのです。

ですが、そのブームも落ち着くと今度は眉毛が徐々に落ち着き始めました。

眉毛は整えたり書いたりすることができるので比較的容易に変えやすい部分です。

ですが、眉毛を抜くのはやめてください。

そこから眉毛が生えなくなってしまうかもしれません。

ですので、抜かずに眉毛を専用の機械で反る程度にとどめたほうがいいでしょう。

まつげが長い

まつげが長いというのは美人の条件なんですよね。

二女(7歳)がまつげが長く、それだけで街行く人に美人と言われることがあります。

(親ばかなので確かにかわいいとは思います。ですが、顔のパーツは標準的だと思われます^^;)

確かにまつげが長いと目がパッチリとして見えるのです。

ですので、つけまつげをすると大分違うところがあり、それで目をパッチリとするメイクをしている人もいるのではないでしょうか。

こちらも比較的容易に変えやすい部分です。

つけまつげもそうですが、マスカラもあります。

このように長く見える努力をするだけで目がパッチリにみえちゃいますので、美人に近づきやすいのではないでしょうか。

華がある


そして美人だと華があるように感じられる人が多いです。

もちろん、顔のパーツでの美人もありますが、こちらは雰囲気美人にも当てはまります。

テレビに出ている人でもたまにいませんか?

正直言うと顔のパーツはそこまででも、とても華があってオーラがある人が…。

「美人 華がある」で検索をすると、やっぱり顔のパーツは標準的で、スタイルが良いわけでもない、でもなぜか皆が振り返るほどに美人という人がいるとの投稿がありました。

やはりそのような人は存在するのですね。

それに対するレスも「所謂雰囲気美人」という結論に落ち着いているようです。

もちろん、一般の方の分析ですが、そのような方は所作がとても上品なのでは?と言われています。

あと、身だしなみも非常に整っていて、(こう言ってはなんですが)地味な中にもセンスが光るような人は華がある美人と言われている傾向にあるようです。

頬骨が出てない

頬骨が出ているとごつごつしている印象があるからか、残念ながら少し美人の条件から外れてしまう傾向にあるようです。

ですので、頬骨が出ていないことは美人の条件です。

そのような骨については仕方なく感じられるかもしれませんが、意外と後天的にそうなってしまうこともあるのだとか。

頬杖を良くつく方は後天的に頬骨が出てしまうようです。

なんと最近皆がよく使っているスマホでもそうなってしまうことがあるとか。

長時間下を向くという習慣が良くないようですね。

ですので、姿勢を気を付ける必要があるようです。

では、もう頬骨が出てしまったらだめかというとそうでもなく、それを矯正する体操があるようです。

詳しくはそのようなサイトを見て写真付きで見ていただくのが確実ですが、こめかみや耳の後ろの部分を拳でもみ、そこのコリをほぐすようです。

やはり後天的に出るという事は時間はかかってもひっこめることはできるようですね。

手っ取り早く解決するならメイクですることも可能です。

チークを使うことでできますので、比較的容易に改善できます。

ですので、メイクで隠しつつ、体操をして改善していくのがベストかもしれませんね。

歯並びが綺麗

そして、歯並びがきれいなのも美人の条件の一つです。

日本では八重歯もかわいいなんて言われていますが、そんな風に思うのも日本だけなようです。

欧米、特にアメリカは歯並びは命と言わんばかりの美の条件のようで、矯正をする人が多いようですね。

日本においても矯正はできます。

子供だと医療費にできますが、大人になると美容整形のような扱いを受け、保険が効かないところはありますが、美しい歯を手に入れることができます。

こちらは確かに手に入れることはできなくはないけれど、少しお金や手間がかかりますね。

歯並びはそこまで出なくても美人な方はいますが、やはりそこまではいかなくても清潔感がある人のほうがいいのは言うまでもありません。

きちんとケアを怠らないようにしてください。

何を着ても似合う

こちらは女性の方だと実感しませんか?美人は何を着ても似合う、と…。

著者は常々実感しています。

確かに服を選ぶときにモデルが来ているとかだと素晴らしい服に見えるんです。

だけど、いざそれと同じものとか似たものを購入して着てみるとなんだかしっくりこない、と…。

やはり顔のパーツもそうなのですが、スタイルが大きいのかな?と思います。

著者は小柄ですし、やはり年齢を重ねるほどに体系の崩れが目立ち始めました。

著者は無理に食べたいものを我慢してスタイル維持を目指すよりは、おいしいものを楽しく食べたいと思うほうなのでそこまで強く悩んでいませんが、やはり筋トレなどをして体系を整えないと似合わないのだろうなと思います。

もし、何を着ても似合う状態になりたいという事であれば、スタイルを良くするためのエクササイズをコツコツとすることを視野に入れましょう。

何をしても様になる

美人だと何をしても様になりますよね。

それを一番感じることは、コスプレーヤーを見ているときです。

(普段はしがない主婦なので、見るのはテレビでしかないですが…^^;)

やはり美人でスタイルがいい人はコスプレのような非常に奇抜な格好をしていても似合うんですよね!

著者が着ていたら「どうしたの?このおばさん?」と思われそうですが^^;やっぱり美人が着ると本当に様になります。

海外の方はスタイルも良くて娘と「やっぱり海外の人がコスプレをすると似合うねー。」なんて盛り上がりました。

非常に極端な例でコスプレについて挙げましたが、普通のファッションにおいてもそれは言えると思います。

ファッションには流行がありますよね。

それは、何を着ても似合う超美人が着るものだからだと思うのです。

それで様になっているように見えて「かっこいい!」とか「かわいい!」と思って購入しても自分が着るとパッとしないという事は著者も何度もあります。

スタイルが良い

やはり美人の条件としてスタイルも外せません。

美人となるとスタイルがいい人が多いです。

その中でもちょっとぽっちゃり目などという方もいますが、そのような方はどちらかというと「かわいい系」に分類される傾向にあります。

ですので、美人というとスタイルがいい人が多いですね。

このスタイルですが、確かに一朝一夕には手に入らないのかもしれませんが、エクササイズなどをすることでそのような肉体に近づいていく事はできます。

最近は小顔が人気で、顔の大きさを変えるのは難しいと思ってしまいますが、小顔に見える髪型やメイクをすることでスタイルを良く見せることもできます。

ですので、スタイルの良さはすぐには手に入らなくても、近づくことは可能です。

【スタイルが良い人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

身長が高め

確かに小柄でかわいらしい人もいます。

そのような人はどちらかというと「可愛い系」に分類されるところがあり、顔のパーツは美人でもかわいいと言われることが多いようです。

とは言っても、「美人」と言われる方の多くは身長は高めな傾向にあります。

最近は170㎝台の方も多いですが、女性ですので大体160㎝台くらいでしょうか。

小さい人もかわいいのですが、ちんちくりんに見えてしまう傾向にあるようです。

(ごめんなさい!陥れているわけじゃないんです。著者自身も150㎝と小柄ですし…)

笑顔が眩しい

例え容姿に自信がなくてもぜひとも身に着けてほしいのがまぶしい笑顔です。

星野源さんというと正直に言うと、顔のパーツがそろっているとはいいがたいものがあります。

ですが、今や塩顔イケメンと言われ、すっかりイケメン枠ですね。

それはいったいなぜだと思いますか?

それは彼のまぶしい笑顔があるからです。

彼のことはファンで電子書籍で彼の本を読みました。

おとなしくどちらかというといじめられやすい傾向にあったようですね。

ですが、彼は努力であのまぶしい笑顔を手に入れています。

かなり努力をしたようですね。

人によってはこのような努力をする必要はあるのかもしれませんが、比較的こちらも目指しやすいところがあります。

自分に自信を持っている

そのような人の多くは自分に自信を持っています。

超美人ですので、人を貶めて自分が上の立場だと実感する必要がないので、マウンティングなどをすることもなく本当に堂々としています。

ですので、よく人を貶めて自分が優位に立つような感じの人がいますが、このような人は「本当の意味での自信」があります。

美意識が高い

また、このような人は美意識が高いところがあります。

ですので、食生活はもちろん体に良いものを摂っていますし、エクササイズなどにも余念がありません。

著者は主婦ですが、時々非常に美しい人を目にすることがあります。

ですので、このような人は例えママでもこのような美意識に余念がないんだなーと感心します。

性格も美人

そして、このような人は正確も美人です。

先ほども触れたように、マウンティングなどをして人を陥れて自分が上の立場だとアピールする必要もないので、性格もひねくれていません。

よく「美人なのに性格が悪い」なんていわれるところがありますが、実際のところは「美人だと不当な扱いを受けることがなく、性格がゆがむことなくまっすぐ育つ」なんて事も言われているくらいです。

こちらは、とある「不細工女芸人」と言われる方が仰っていました。

(すみません、このようなフレーズで売り込んでいる方ですので、敢えてこのような表現にしました。)

心に余裕がある

また、美人な方は心に余裕があります。

例えばですが、美意識が高くスタイル維持などもしっかりとしている方ですので、自分を律する力もある方が多いです。

中には何も努力をしなくても天性の美しさを保っている人もいるかもしれませんが、そのような方は稀です。

ですので、努力をベースにした美しさを保っており、尚且つそれらがすべてうまくいっているので、その点においては心に余裕を持っている人が多いです。

また、女性は美しいと周りの人にやさしくしてもらえるという事もあり、人の優しさを受けることからも心の余裕につながっているようです。

全世代からチヤホヤされる

美人をチヤホヤしたい人は何も大人の男性だけではありません。

美人は全世代からチヤホヤされます。

それは、本当に物心がつき始めた子どもから、お年寄りまで非常に幅広いです。

美人な人は子供にも好かれている人が多いようですね。

いろいろな世代の人に親切にしてもらえることが多いので、そのような点では美人は得です。

高嶺の花で逆にモテない

こんなにチヤホヤされるのだから、とてつもなくモテるのだろうと思うと意外とそうでもない人が多く、きれいな人なのに恋人がいないとか、年齢を重ねている方でもご結婚をまだされていないという方もいます。

男性の心理について記事を書いたことがありますが、百戦錬磨のプレイボーイでも、親しくなってから「付き合おう」と告白する瞬間はやはり怯むようです。

男性はプライドが高い人も多いですので、断られて玉砕したときのことを考えるとあまり前向きになれないところがあるようですね。

ですので、美人過ぎるとむしろ高嶺の花のような扱いを受けてしまうところがあるようです。

女性からも人気

超美人というと女性からは妬まれてしまうのかと思いきや、意外と女性からも人気であることは多いようです。

著者も女性ですが、美人さん好きですし^^

やはり本当に美人な方は正確も穏やかでまっすぐな方が多いように見受けられます。

いじめられるような経験もない人も多いようですし、性格がまっすぐになるのも納得がいきますね。

本当に美人な人は女性でもうっとりと見られて、あこがれられることがあるようです。

そして、モデルなどの本当に美しい人が多いですが、その人もあこがれの的ですよね。

女の敵は女なんて言葉もありますが、美人さんに関してはそれは当てはまらないようです。

歩いてて人と良く目が合う

美人の方って著者も同性なのについつい目が行ってしまいます。

多分ほかの女性もそうなんだろうし、男性だとなおのことですよね。

こんな感じですので歩いていて人と良く目が合う事もあるようですね。

著者の場合は「あ、この人、きれい」などと思って見てしまうために目があってしまいます。

ええ、決して自分が美人だから目が合うわけではないと自覚しております^^;

ウワサされる

やっぱりかっこいい人やきれいな方はうわさになりますね。

著者は小学生の娘二人がいますが、下の子が登校渋りがあり付き添い登校をします。

その時に付き添ってくれる女の子がいるのですが、(美人とは少し話が逸れますが)イケメン歯科医に夢中です。

将来の夢はその歯科医がいるところで働きたいのだとか。

イケメンの方もそれくらいうわさされるので、美人の方もうわさされるのは納得がいきますね。

メンバーにいると男性参加率が上がる

合コンや何かのイベントの時も美人の人がいると男性の参加率が上がります。

やはり美人の方にはお近づきになりたいですよね。

同性の著者でもそうですので、異性の方でしたらもっとでしょう。

例えそんなに話せなくてもそのオーラをまとっている人と一緒に行動ができるというだけでわくわくしますが、これは男性の方も同じなのかもしれませんね。

どこにいても目立つ

例え人が多いところにいてもやはり美人の方は目を引くところがあります。

オーラがあるので、すぐにわかるところもあるのかもしれませんね。

注目度も高いのかもしれませんしよく見られるのも美人の宿命なのかもしれませんね。

うらやましいような気もしますが、ちょっとお忍びでどこかへというときは目立つのはちょっと考え物かもしれないですね。

超美人な人の素晴らしすぎる特徴

超美人と言われる人は、その容姿端麗なところはもちろんですが、性格も穏やかでまっすぐな方が多く、魅力的な人が多いです。

あと、年齢を重ねても美しい方は本物の美人だと思います。

結構美意識が高くてきれいにしている方も意地悪な感じの方は容姿も意地悪そうな人相になるところがあるのです。

ですが、年を重ねてもきれいな人は性格美人でもあります。

確かに顔のパーツをかえることはできません。

ですが、化粧をすることで欠点をカバーすることもできます。

所作に関しては逸れに関して学び、意識をすることで身に着けることもできるでしょう。

性格も磨き、皆さんも素敵な超美人女性になりましょう。