日本には美人と言われる女性がたくさんいます。

日本の芸能人も世界で注目されることが多くなってきています。

佐々木希さんや石原さとみさんなんかは世界の美人ランキングにもノミネートされたほど、日本の美人のレベルは上がってきているのです。

芸能人だけの話だと思いますか?いいえ、そんなことはありません。

一般人でも美人と思われる方はたくさんいます。

あなたの周りにも美人な女性がいるはずです。

さてそんな「美人」ですが、男性と女性によって美人の定義が少し違うようです。

一人の女性がいたとして、男性から見ると美人でも女性から見ると美人とは言えないということがあるのです。

逆も然り、男性にとって普通でも女性から見るとかなり美人!ということもよくあります。

今日は、そんな男女の美人に対する価値観の違いをご紹介していきます!男性から美人と思われたい人は、是非参考にしてみてくださいね!

女性が思う美人の特徴

女性が思う美人の特徴とは、どのようなものでしょうか?

女性は同性として男性よりも厳しい目を向けそうなイメージがありますよね。

しかし、実際のところは女性の方が「可愛い」「美人」と思う範囲は広いようです。

むしろ、男性の方が異性として相手を見ているので、かなり厳しいジャッジになるのかもしれません。

では、女性が思う美人の特徴を一つずつご紹介していきましょう!

メイクや髪型を差し引いた純粋な顔立ちが綺麗


女性は同性である女性を美人かどうか判断する時、メイクや髪型を差し引いた純粋な顔立ちのレベルを見る傾向にあります。

同じ女性として、メイクや髪型でどれだけ女性が変われるのかを知っている分、化粧で作られた顔には本当の美人だと感じることがあまりないのです。

もちろん、綺麗だなと思うことはありますが、その人自身が本当に美人かどうかはわからないといったところです。

また、髪型でも女性はかなり印象が変わります。

オフィスレディのような綺麗な髪型をしていれば雰囲気から美人に見えることがあります。

これも女性は知っているので、やはり美人かどうかの判断基準にはならないということですね。

クールビューティー

女性が美人だと思う女性とは、主にクールビューティーというジャンルに分けられる女性たちのことでしょう。

クールビューティーとは、可愛らしさや女の子らしさはなく、キリッと際立つような存在感のある女性のことです。

芸能人で言うと、黒木メイサさんや山田優さん、ななおさんなんかがクールビューティーと呼ばれる部類に入ります。

顔立ちがそもそもとても綺麗に整っており、化粧をしなくても美人だと分かる顔、そして化粧をすればとてもよく映える顔、そんな女性のことを本当の美人だと感じる女性は多いようです。

かっこいい

クールビューティーな女性が美人だと思われるように、女性の美人の基準はどちらかというと「可愛い」よりも「綺麗」「かっこいい」といった要素が判断基準となります。

女性から見てもかっこいいと感じる女性は、美人だと感じるのです。

かっこいい女性と言われる女性は、あまり親密感のあるような感じではありません。

少し遠い存在、高嶺の花と表現できるような存在がかっこいい女性です。

また、女性らしさを全面的に出すことなく、自分の顔立ちやスタイルだけで勝負しているような、男性に媚を売らないようなそんな女性がかっこいいと言われる傾向にあります。

性格も判断基準に入る

女性が同性の女性を美人かどうか判断するとき、ルックスだけではなくその性格も判断基準に入ることが多いです。

男性と女性の「美人」という相手が違うのには、これが大きな理由となっていることでしょう。

男性が美人な子紹介してと女性に言った時、女性は自分が本当に美人だと思う女性を紹介しますよね。

しかし、男性は「全然美人じゃない」なんて言うことも多いです。

これは、女性が無意識に同性のことを性格込みで判断しているからなのです。

顔がごく一般的で特に際立って美人というわけでもないけど、女性からやたらと可愛いと言われる女性。

そんな人はきっと性格がとってもいい子なんでしょう。

また、美人なのに女性からあまり憧れられない女性なんかは、きっと性格に問題があるのかもしれません。

雰囲気や仕草も綺麗

女性が美人だと思う女性は、雰囲気やしぐさも綺麗な女性だと思わせるような人が多いです。

雰囲気イケメンなんて言葉はよく聞きますが、これは女性にも言えることです。

雰囲気が美人であれば、顔が隠れていても美人に見えてしまうのです。

また、綺麗と呼ばれるにはその仕草も重要です。

男性のようながさつな行動ばかりとっている女性は、お世辞にも綺麗だとは言えません。

立ち居振る舞いやしゃべり方、ご飯の食べ方から全ての行動が華奢でおしとやかな女性は、女性から見ても非常に「美人」な女性という印象があるようです。

雰囲気やしぐさまでも綺麗でいるべきというのは、やはり女性の方が女性に対して厳しい目で美人かどうかを判断しているからかもしれませんね。

ハイセンス

女性から美人だと言われる女性は、何事においてもハイセンスでかっこいい女性です。

ハイセンスとは、つまりセンスがめちゃくちゃ良いということです。

趣味がただの趣味ではなく洗練されており、何をやっても中途半端で終わらないような、完璧な女性に近いです。

女性からすると、美人は性格も判断基準になります。

ハイセンスかどうかもまた、美人だと感じるために必要な要素なのです。

ハイセンスだと言われると少し奇抜なファッションなんかを想像してしまいますが、そういうわけではありません。

その人自身の趣味や全てが、その人に丁度合う程度に磨かれているということです。

生き方や働き方も

ハイセンスなのは趣味あ見た目だけではありません。

女性が美人だと感じる同性は、生き方や働き方までもがハイセンスなのです。

ハイセンスな生き方って何?って思いますよね。

ハイセンスとはそもそも「洗練されている」という意味合いを含みます。

つまり、仕事や自分の人生にストイックに前向きに頑張っている女性ということです。

洗練された人生を送っているということですね。

生活が充実していつも楽しそうに生きている女性は、それだけで素敵なオーラをまとっていますよね。

女性が同じ女性を美人だと思うときは、すくなからずその女性に憧れているということです。

女性が憧れるような素敵な人生を送っている女性、そんな人たちが美人だと呼ばれる存在なのでしょう。

タイプでいうとモデル

女性が美人だと思う女性の特徴と言えば、タイプで言うとモデルのような女性です。

背が高くてスタイル抜群、顔立ちもスッと鼻筋の通った綺麗な顔の女性が美人と言われています。

また、モデルのようにストイックに自分の体形を維持したり、化粧の仕方が上手かったり媚びていない感じが余計女性の憧れの的となるのでしょう。

モデルと言っても、雑誌のモデルのような女性ではなく、世界で活躍するようなトップモデルです。

モデル業でしか生きていきません!というような芯のしっかりしたモデルさんを見ると、心から綺麗な人だなと感じるようです。

やはり、女性は美人かどうかを判断するのにかなり性格を重視するようですね。

男性が思う美人の10個の特徴


女性が思う美人の特徴、女性からすればなんとなく納得がいったんじゃないでしょうか?女性は自分自身が化粧で化けれること、また体系維持がかなり難しいことを知っています。

それゆえ、そうした要素も踏まえたうえで、本当の美人を判断しているのです。

総合得点で美人かどうか決まるということですね。

ですので、女性から美人だと言われる女性は相当スペックの高い女性なのかもしれません。

一方、男性が思う美人の特徴とはどのようなものなのでしょうか?

1.顔が整っている

まずは、顔が整っていないと話になりません。

男性は女性よりも女性の顔に厳しい傾向があります。

顔が綺麗じゃない人を美人だという女性が理解できないという男性も多いほど。

雰囲気ももちろん大事ですが、まずはもともとの子が整っていないと美人には認定してもらえません。

逆に、顔が整っていれば性格が多少悪くても美人だと感じるのが男性です。

ここが女性とは大きく異なるところでしょう。

女性は性格が素敵であれば、自然とその女性が美人に見えてくるものです。

たとえその人が普通の顔だとしても、そう見えてしまうのです。

男性はそんなに甘くありません。

さすが、男は性格で女は顔が命と言われるほどはありますね。

顔が整っているというのはそもそもどんな顔の人のことを言うのでしょうか?

ここでも、女性と男性の「美人」な顔に対する考えは異なります。

女性がクールビューティーできりっとした女性のことを美人と思うのに対して、男性はどちらかというと女性らしい可愛くて綺麗な顔立ちの人を美人だと感じるようです。

肌は透明感があり瑞々しい

男性が美人だと思う女性の顔立ち、まずは肌に透明感があって瑞々しく若さを感じることが重要です。

女性の顔の印象を左右すると言っても過言ではありません。

肌がきれいにケアされていてシミのない透き通るような白肌であれば、それだけで女性らしく美人な雰囲気が出ます。

逆に、肌がボロボロでニキビ跡やシミ、くすみなんかが顔に現れてしまっていては、それだけで老けて見えてしまうのです。

男性にとって女性の綺麗な白肌は憧れです。

化粧や下地で上塗りしたような作られた人工的な肌ではなく、素肌が綺麗な女性が美人と呼ぶに値するのだとか。

女性から見ても素肌がとってもきれいな女性は憧れますよね。

肌一つでも美人かどうかを分ける大切な要素になるのです。

黒目が大きく目元がパチッとしている

男性が思う美人の顔立ち、次は目元です。

男性にとっての美人とは、黒目が大きくて目元がパチッとしたアイドルのような女性です。

目が真ん丸で大きく、涙袋もあって可愛らしい雰囲気が目元から存分に出ているような女性のことを、男性は「綺麗な女性」として考えるのです。

ここも女性とは少し違いますね。

女性にとっての美人とは綺麗な顔立ちのどちらかというとシュッとしたタイプの女性です。

一方で男性はやはり女性らしい顔立ちが好きなのかもしれません。

こうした男性の需要に合わせてか、長年目を大きくしたり二重にする女性が後を絶ちません。

会いテープやアイプチで二重の幅を広げて目を大きく見せたり、カラコンで黒目を丸く大きくするのが流行っていますよね。

男性にとっては美人な女性が増えて嬉しいのではないでしょうか。

唇はふっくらツヤツヤでぷるぷる

綺麗な顔立ち、それは唇も重要なポイントです。

唇はふっくらとしていて艶があり、ぷるぷると保湿されているのが分かる唇でなければなりません。

石原さとみさんなんかは、唇がとても印象的で美人な印象がありますね。

もともと日本人は口元が薄い人が多いですが、男性の中では薄い唇よりもふっくらとした存在感のある唇にセクシーさを感じる人が多いようですね。

しかし、これも化粧で真っ赤なリップを塗っている人よりも、少しヌーディな感じの地肌の色が分かる程度の化粧じゃないと美人とは言えないそうです。

というのも、真っ赤なリップをふっくらと塗っていると厚化粧のおばさんにしか見えないからだとか。

美人と言われるために無理やり唇に存在感を出そうとするのは、逆に引かれてしまうかもしれないので要注意ですね。

鼻筋もスッとしている

美人の一番大事な部分、それは鼻筋です。

鼻筋があるかどうかで美人なのか可愛いのか、それとも普通の顔なのかがかなり分かれてくるのです。

特に、男性が美人だと思う女性はみんな鼻筋がスッと通っていてあまり日本人ぽくないという傾向にあります。

外国人の方なんかは、鼻筋が取っていて鼻が高い印象がありますよね。

日本人男性は、目元や口元には可愛い要素を求めますが、鼻に関しては外国人のような綺麗なスッとした鼻筋が綺麗だと感じるのです。

これは女性も同じで、今は鼻にプロテーゼを入れて鼻筋をスッと引き締めるプチ整形が当たり前になってきています。

特に、芸能人なんかはみんなやっているなんてうわさもありますよね。

鼻筋が取っていると、顔全体が引き締まるので小顔に見えるという効果もあるのです。

男性はある意味女性よりも女性の顔に詳しいのかもしれません。

白い歯、綺麗な歯茎

そして忘れてはいけないのが、白い歯と綺麗な歯茎です。

女性だけでなく男性にとっても大事なのが、歯の印象です。

歯が黄色いとそれだけで不潔な印象を与えてしまいます。

また、歯茎が黒ずんでいた李、とても不健康そうな色をしていたら、とても笑顔が可愛いとは言えません。

タバコを吸っている人に多いのが、歯や歯茎が黒くなってしまっているというもの。

これも美人から遠ざけてしまう原因の一つです。

一目でタバコ吸ってるんだろうなというのが分かるような歯は、それだけで不細工に見えてしまいます。

また、歯並びも女性の印象を左右する大切な要素です。

歯ならびが綺麗でないと笑顔が素敵に見えません。

男性の中には、付き合う女性の条件として歯並びの良さを上げる人もいうほど。

歯並びと歯の綺麗さ、これは笑顔が大切な女性にとっては重要な事なのでしょう。

2.髪はストレートでさらさら

男性が美人かどうか判断する要素には、髪の毛も関係しています。

美人な女性は髪の毛がストレートでさらさらでなくてはいけない、そう考える男性は多いです。

髪の毛をコテで巻いていたり金髪に染めているような女性は、彼らにとっては美人とは言い難い存在です。

しっかりと手入れされて天使の輪が輝いているようなストレートな髪の毛、そんな女性は後ろ姿でさえ美人という雰囲気を醸し出すことができるのです。

男性からは黒が人気ですが、ほんのり茶色程度でそれが似合っていれば関係ありません。

とにかく髪の毛が綺麗かどうか、それが一番美人かどうかに大切な要素だそうです。

3.スタイルがいい

顔立ちが綺麗で髪の毛もさらさらストレート、しかしスタイルが悪ければ美人とは言いがたいですよね。

男性も女性も、スタイルの悪い女性のことを美人だとは思わないはずです。

特に、男性は女性よりも女性の身体に興味があるため、美人がスタイルが悪いなんてもってのほか!と考えている人も少なくないようです。

スタイルが良いというのは、ガリガリに痩せているというわけではありません。

しっかりと女性らしい体をしていなければ、美人認定はされないのです。

美人と言われる人は基本的に健康的という意味も含んでいます。

ガリガリな女性は魅力がなく、男性からも美人とは思われないようです。

細すぎず太すぎず凸凹がある

美人な女性の体型、それは細すぎず太すぎの凹凸がしっかりとある体です。

太っているのはもちろん対象外と言われてしまいますが、細すぎるのも見ていて痛々しいのです。

女性はやたらとダイエットをしたがりますが、男性からすると痩せすぎだということがかなり多いです。

かといって、全くダイエットをせずに太っているのもいけません。

しっかりとトレーニングをして出るとこは出ている、そんな体型の女性は健康的で男女どちらからも憧れられる存在となるのです。

4.女性らしい雰囲気

男性が女性のことを美人だと思うのは、その女性に女らしい雰囲気があるときです。

女性らしく華奢で綺麗な雰囲気があると、男性は「美人な女性だな」と直感的に思うのだとか。

女性らしい雰囲気というのは、服装であったり髪型であったり仕草だったり、その人によって様々です。

こうした全部の要素が女性らしさを作り出しているような女性は、男性から見るとしなやかで品のある綺麗な女性という印象が強いのです。

女性らしい雰囲気を作り出すには、やはり服装が一番手っ取り早いです。

少しラインの出る服やタイトスカート、シャツやワンピースなんかは、女性らしさが強調されて美人な雰囲気を出すことができます。

逆に、ゴムのパンツや体を完全に隠す服装なんかは子どもっぽく見られることが多く、美人と思われることは少ないようです。

女性らしい雰囲気は服装ですぐに取り入れることが出来ます。

まずは見た目から、女性らしさを追求するのも良いかもしれません。

5.ナチュラル

男性はナチュラルな女性が好きです。

ナチュラルで派手じゃない女性のことを美人として考えている傾向にあります。

ナチュラルな女性というのは、まずは化粧が濃くない自然な雰囲気がある女性のことです。

化粧を常に完璧に塗りたくっていれば、どこか抜け目のないキャリアウーマンのような印象を与えてしまいます。

最も、女性から見た「美人」はこのキャリアウーマンタイプであることが多いのですが、男性は全く別です。

化粧もナチュラル、服装や髪型も頑張りすぎていない自然な女性のことを美人だと思うのです。

ナチュラル美人という言葉がありますが、これはナチュラル=自然、手の込んでいないという意味から来ています。

つまり、自然体でいる綺麗な女性ということです。

あまりにも完璧に仕上げた女性には魅力がないということですね。

儚げで守ってあげたくなる

ナチュラル美人は男性からすると儚げで守ってあげたくなる存在です。

自然な雰囲気がある故に、少しつつくと崩れてしまいそうな儚さがあるのです。

化粧で完璧に顔を作っているような強い女性よりも、ナチュラルで儚い華奢な女性の方が男性は素敵だと感じます。

その感情が、「ナチュラルな人は美人だ」という思考につながっているのでしょう。

儚い女性を目指すには、完璧すぎを求めずに常に自然体で近寄りやすい雰囲気を作ることが大切なのかもしれません。

そうすることで、男性からも美人だと思ってもらえる女性に近づくことが出来るでしょう。

6.優しそうで可愛らしい

優しそうで可愛らしい女性のことも、男性は美人だと感じることが多いようです。

優しそうで可愛らしいと言えば、女性から見た美人とはかなり外れているような気がしますね。

女性は無意識に「可愛らしい」女性をライバル視してしまう傾向にあります。

もちろんほんとに可愛い女性もいますが、それがわざとらしかったり作られた「可愛らしさ」であれば、その女性を綺麗だと思う人はあまりいません。

一方で、男性は女性に対して優しさやかわいさ、近づきやすさというものを重視する生き物です。

そして、そうした女性を美人だと感じるのです。

女性は同じレベルの女性よりも遥かに上をいく手の届かないようなかっこいい女性を美人だと思うのに対して、男性は包容力や可愛さで女性がすてきかどうかを判断するということです。

女性はぶりっ子と思うようなタイプ

つまり、女性から見ると「ぶりっこ」と思われるようなタイプが男性から見ると「美人」に移るということです。

もちろん、男性の中にはぶりっこが嫌いだという人も多くいますが、ほとんどの男性は「ぶりっこ」ということに気づいても、それが悪い印象になるというわけではないのです。

可愛いからいい、という考え方なのです。

女性からするとありえないと思うようなぶりっこな女性でも、男性からなぜか人気があるという人っていますよね。

そういう人は、きっと男性からは「美人」だと思われているからこそモテているのかもしれません。

7.清潔感がある

男性が女性を美人だと考える基準として、清潔感があるかどうかも大切な要素となって来ます。

清潔感とは女性だけでなく男性にも大切な部分で、かっこいい爽やかな男性と言われる人は決まって清潔感がある人です。

男性も女性と同じで、清潔感がある人のことを美人だと思うのです。

清潔感というのは色んな部分で見られるものです。

髪の毛が綺麗、脂っこい肌をしていない、服から柔軟剤の匂いがするなど清潔感を感じるのは一つのポイントだけではありません。

これはつまり、清潔感を感じられず不潔感を感じてしまうポイントも多くあるということです。

髪の毛がパシパシだったり、服がタンスの奥にしまってあったようなカビの匂いがするなど、「ブサイク」認定されてしまう要素も様々なのです。

見た目だけではなく雰囲気や空気感

清潔感というのは見た目に出るものだけではなく、その人の雰囲気や空気感から醸し出されるものもあります。

見た目をどれだけ綺麗にしていてもなんとなく清潔感がない人っていますよね。

一方で、髪の毛が濡れていたり地面に座っているのになぜか清潔感が溢れている女性も中にはいます。

それはきっと、彼女たちが生まれ持った特徴なのでしょう。

内面から溢れ出る清潔感に男性は敏感に反応し、そうした女性を美人と考えているのです。

雰囲気や空気感から清潔感を醸し出すというのは、やろうと思ってできることではありません。

普段から品のある行動を心がけてまっとうな生活を送っていれば、自然と清潔感というのは付いてくるはずです。

逆に、普段から不摂生が多かったり男遊びが激しい女性なんかは、いくら清潔な格好をしてもどこか清潔には見えないのです。

まずは普段の生活から見直して心から清潔な女性になること、それが大切なのです。

8.若作りでも整形でもない自然さ

男性が女性を美人だと判断するには、その人が若作りでも整形でもない自然な美人であることが必要となってきます。

いい歳をした女性が若者の服装や髪型を無理やり真似していたり、明らかに整形だとわかる顔や体をしている女性には、男性はあまり興味を持たないのです。

女性の方が意外と同性の若作りや整形に対しては柔軟で、とても綺麗な人が整形していたと聞いても「でも美人だなぁ」と感じる人が多いようです。

しかし、男性は女性の顔や外見に対して厳しい意見を持っています。

それが作り物だとわかった瞬間に興味をなくしてしまう男性がかなり多いのです。

先程もお話ししましたが、男性は女性の美しさがナチュラルであることに強いこだわりを持っています。

女性はこうあるべきという憧れがあるからでしょう。

元の姿を身をもって知っている女性からすれば気にならないことも、男性からすれば「作り物じゃないか!」となるのかもしれません。

9.言葉遣いが綺麗

美人だと言われる女性は言葉遣いが綺麗だという共通点があります。

世の中には「美人」「綺麗」と言われる女性がたくさんいますが、彼女たちはみんな言葉遣いが綺麗でゆったりしているということが挙げられます。

顔がどれだけ綺麗でも、言葉遣いが汚かったり早口でまくし立てるような女性はあまり美人だと言われている印象はありません。

言葉はその人自身の性格や印象を判断するのに最適な要素です。

気性が荒い人はその性格が言葉に出ますし、焦りっぽかったり怒りやすい人はそのしゃべり方に感情が出ています。

美人な女性というのは言葉使いやしゃべり方も綺麗でなければいけません。

ちゃんとした日本語をしゃべってギャルのようなしゃべり方をしない。

そうでなければ男性は女性のことを本当に美人だとは思いません。

言葉遣いを綺麗にするのはすぐにできることです。

しかし、多くの女性がきちんとした言葉をしゃべらずに「ウマい」「だるい」「あいつ」などの言葉を使っています。

こういった言葉はその人自身を不細工に見せてしまうのです。

10.タイプでいうと女子アナ

男性が美人だと思う女性のタイプは、一言とで言うと女子アナタイプの女性です。

なんとなく女性からあまり好かれないのは分かりますよね。

女子アナといえば、綺麗な髪形にオフィスカジュアルなファッション、そして化粧も薄く女性らしさがありますよね。

男性が美人だと思う女性の特徴をすべて取り揃えているのです。

女子アナが昔から人気があるのは、男性の好みを完全に網羅しているからかもしれません。

最近の大学生なんかは女子アナっぽさを目指してファッションや髪形を真似している人も多くなってきました。

それに伴い、男性陣も日本人女性は可愛いということが多くなってきたように感じます。

男性から美人だと思われたい人は、とりあえず女子アナを目指して自分磨きをするといいのかもしれません。

【女子アナファッションをするなら、こちらの記事もチェック!】

まとめ

いかがでしたか?美人だと言われる女性は、男女の間でかなり差があるようですね。

女性にとって非常に美人で素晴らしい女性がいたとしても、彼女たちが男性から見て綺麗かどうかはまた別の話だということです。

そして、男性は女性に対して割と厳しい目を持っているのも事実です。

同性の女性がどうにもならないことを理解している一方で、男性陣は女性に一種の憧れを抱いているのです。

なので、化粧や髪形でごまかさない真の美人しか美人だとは言えないと考えるのです。

大切なのは、自分がどういう女性になりたいかです。

男性にモテたいのならば男性受けの良い美人に、女性から憧れられたいのならばそれに合わせた美人を目指せばいいのです。

これからの道は自分次第です!思い描いた「美人」になるために毎日自分磨きに励んで素敵なライフを手に入れてくださいね!