今回は社会人の恋愛について、お話ししたいと思います。

社会人は仕事をしていますよね。

働きながら恋愛をするとなると、仕事が忙しい場合、なかなかうまく恋愛をすることができなくなってしまうという可能性もあります。

社会人の場合、仕事がどうしても忙しいと、仕事が優先になってしまって、恋愛のことが疎かになってしまうということにもなりかねません。

そんな忙しい社会人でも、できれば仕事と恋愛をうまく両立したいと思うでしょう。

なかなか仕事と恋愛をうまく両立することができなくて、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

仕事も恋愛もうまくいくと、生活も充実することでしょう。

それでは詳しく社会人が恋愛を上手く行かせるために知っておいて欲しいことを紹介していきます。

①社会人と学生の恋愛には大きな違いがある

まず、始めに社会人と学生の恋愛の違いについて話していきます。

社会人と学生の恋愛はどういったところが違うのでしょうか。

実は大きな違いがあるのです。

学生はまだ学校で学んでいるということから、完全な大人というわけではないですよね。

社会人になるために準備をしている段階と言えるでしょう。

でも社会人はそういった学生生活を経て社会に出て、仕事をしてお金を稼いでいます。

そういった点では社会人は立派な大人なのです。

学生は割と自分が自由に使える時間が多いですから、自由に恋愛をする傾向があったり、楽しい恋愛をしたいと思っている人が多いでしょう。

しかし、社会に出て働くようになった社会人は、仕事が忙しいと自由な時間も少なくなってしまって、恋愛に関しても、現実的なことを考えるようになって、楽しいだけの恋愛ではすまないという考えの人が多いのではないでしょうか。

このように学生と社会人では恋愛に対する考え方の違いというものが、存在するのです。

付き合うことに慎重になる

まず社会人は、恋愛に対して慎重になってしまうという傾向があります。

それはどうしてでしょうか。

学生の頃は好きな人ができて、うまく付き合うことができると、デートをしたり2人の時間を楽しんで、恋愛をしていれば幸せでいられることでしょう。

しかし、社会人は楽しく恋愛をするということだけでは、いけないという考えが出てきてしまいます。

というのも年齢的な面で、将来のことを考える必要が出てきます。

つまり恋愛=結婚というものを意識しなければならなくなってしまうからです。

そうなると恋愛をすることに慎重になってしまいますよね。

軽い気持ちで相手を選んで、恋愛をするというわけにはいかなくなってしまうのです。

そういった面から、社会人は異性と付き合うということに対して慎重になってしまうという人が多いでしょう。

社会人は純粋に恋愛を楽しみにくい

できれば恋愛というものは、純粋に好きな人と楽しむことができれば良いと思いますよね。

それが1番の理想ではありますが、社会人の場合そういった訳にはいかないということがあります。

どうして社会人の場合では、純粋に恋愛を楽しみにくいということが起きてしまうのでしょうか。

まず社会人は恋愛に熱中しすぎて、仕事が疎かになってしまうということが起きてしまうと、困ったことになってしまいます。

学生時代は恋愛に熱中するということでも、本人たちが楽しければ良いという考えでも問題ないかと思います。

しかし社会人の場合、もし恋愛に熱中しすぎてしまって、仕事に響くことになってしまうと自分の生活にも関わってきますから、困ったことになってしまうのです。

もちろん恋愛をするということは大切です。

社会人は仕事をして、疲れるでしょうから恋愛をすることによって、癒しを求める人もいるでしょう。

ですが、自分が社会人であるという意識が高い人ほど、恋愛に熱中しすぎてはいけないと考えてしまうのではないでしょうか。

恋愛が自分の生活の中心にならないように、熱中しすぎないようにという風に考えてしまって、なかなか恋愛を純粋に楽しむことができない、という人が多いのです。

自由よりルールが大事

そして社会人は恋愛をする上で、考えることがあります。

それは、自由に恋愛をするということよりも、恋愛の中でもルールを大切にしたいということです。

社会人が恋愛をする上でのルールというものは、どういったものがあるのでしょうか。

例えば、できればデート中は仕事の話しをしたくないという人もいます。

オンとオフを切り替えて、恋人と一緒に過ごしている時間は、仕事のことは忘れて、癒されたいと考える人は多いでしょう。

恋人と過ごす貴重な時間まで仕事のことを考えていたくはありません。

あともう1つは、次の日も仕事が朝からあるにも関わらず、まだ一緒に居たいから帰りたくないと相手を困らせてしまったり、会いたいからといって、深夜に会うことを求めたりということは、NGなことでしょう。

楽しくて自由な恋愛をしていては、仕事に支障が起きてしまいます。

そうなってしまっては困るので、社会人は自由よりもルールを大切にしたいと考えるのです。

社会人は公私のバランスを取りにくい

社会人が恋愛する上での、出会いの場所はもちろん職場にもあるでしょう。

職場にいる人と恋愛、交際に発展するということもあるでしょう。

社内恋愛は仕事場で毎日恋人に出会うことができます。

それは嬉しいことですよね。

しかし、社内恋愛では気をつけなければいけないことがあります。

それは公私のバランスを保つことです。

会社の中にまで恋愛を持ち込んでしまうということは、他の職場の人から見ても良いと思われることではありません。

社会人としての常識的な問題にも関わってくるでしょう。

社内恋愛では公私のバランスを保つことがとても大切なのです。

恋人が同じ職場にいるからといって、イチャイチャしてしまうということは社会人としては完全にNGな行動になってしまうでしょう。

他には恋人とケンカをしてしまったからといって、会社にまで2人のケンカをしているという悪い空気を持ち込んでしまってはいけません。

逆に、同じ職場であることから、プライベートでも仕事の話をしてしまうということもあるかもしれません。

職場の仲間でもあり、恋人でもあるというのは難しいことかもしれませんが、公私のバランスをうまく保つように意識すると良いでしょう。

社内恋愛でも、あくまで職場は職場、プライベートはプライベートとして分けて恋愛をすることが重要なのです。

時間の使い方が変化する

まず社会人と学生とでは、生活スタイルが全然違います。

学生は学校に行っていますが、社会人のように朝から夜までという長い時間、授業を受けなければいけないということはありません。

ですから、学校が終われば部活やサークル活動をしたり友達と遊んだりなど、自分の自由な時間になります。

社会人と比べると時間があるので、恋愛に費やす時間も充分にあることでしょう。

しかし社会人は仕事をしています。

朝から夜まで働いて、忙しい場合は残業があって、夜遅くまで働かなければならないということになってしまうこともあります。

そのために会社が休みの日以外は、なかなか時間が作れないという人もいるでしょう。

そうなるとなかなか、恋愛に時間を費やすことができなくなってしまう、ということになってしまいますよね。

この点から社会人と学生を比べると、大きく時間の使い方が変わってきますよね。

恋人と共有できる時間が極端に少なくなる

そして社会人は仕事が朝から夜までありますから、なかなか仕事がある日は恋人と会う時間を作ることが難しかったりします。

特に相手も社会人である場合、会社が違えば相手と同じ時間に仕事が始まり、同じ時間に仕事が終わるとは限りません。

会社によって勤務時間は変わります。

残業があるかないかでも、時間の合わせ方が難しくなります。

そうなると余計に、仕事の日は恋人と会うことが難しくなってしまいます。

それならば、休みの日に会いたいと思うでしょう。

ですが、社会人同士では休みの日が重ならないということも起きてしまう可能性があるのです。

そうなると本当に恋人と会う時間を、なかなか作ることができないですよね。

恋人と会う時間、恋人と共有する時間というのが極端に少なくなってしまいますよね。

恋人と共有する時間が短いとなると、すれ違いが起きてしまったり、ケンカになる原因にもなりかねません。

恋人と共有する時間が極端に少なくなってしまうというのは、恋愛する上で大きな問題になってしまうでしょう。

そして社会人は仕事が朝から夜までありますから、なかなか仕事がある日は恋人と会う時間を作ることが難しかったりします。

特に相手も社会人である場合、会社が違えば相手と同じ時間に仕事が始まり、同じ時間に仕事が終わるとは限りません。

会社によって勤務時間は変わります。

残業があるかないかでも、時間の合わせ方が難しくなります。

そうなると余計に、仕事の日は恋人と会うことが難しくなってしまいます。

それならば、休みの日に会いたいと思うでしょう。

ですが、社会人同士では休みの日が重ならないということも起きてしまう可能性があるのです。

そうなると本当に恋人と会う時間を、なかなか作ることができないですよね。

恋人と会う時間、恋人と共有する時間というのが極端に少なくなってしまいますよね。

恋人と共有する時間が短いとなると、すれ違いが起きてしまったり、ケンカになる原因にもなりかねません。

恋人と共有する時間が極端に少なくなってしまうというのは、恋愛する上で大きな問題になってしまうでしょう。

ドキドキよりも安心感を求め始める

次に社会人が恋愛をするにおいて求めることについてです。

学生時代は恋愛はとにかく、ドキドキしたり、キュンキュンするようなときめきがある恋愛を求める場合が多いでしょう。

しかし社会人になると、そういった点を求めることは少なくなってしまいます。

それはどうしてでしょうか。

社会人は仕事があったり、年齢的な面から将来についても考えなければなりません。

ドキドキするようなときめきがある恋愛ではなく、恋愛に関しては違うことを求めるようになっていくのです。

では社会人は恋愛に対して何を求めるのでしょうか。

それは安心感、落ち着きといったものです。

社会人は仕事での疲れを癒してくれるような、恋愛を求めます。

ドキドキするような恋愛よりも、安心感や落ち着けるような人との恋愛をしたいと思いがちなのです。

もちろん、それは仕事の疲れを癒してくれるという点だけではなく、社会人は恋愛をする上で、将来のこと、つまり結婚などについて自然に考えていくようになるでしょう。

結婚をする相手となると、一緒にいると安心できて、落ち着ける相手が良いと思うのです。

学生時代とは違う責任を背負うから

そして社会人の恋愛は、学生時代の恋愛とは違う責任を負おうことになります。

学生時代と違って、社会人は立派な自立した大人です。

自分の行動にしっかりとした責任を持つ必要があるのです。

例えば会社に行く場合、社会人はしっかりと出勤時間を守らなければなりません。

会社に勤める人として、その会社のルールはきちんと守らなければなりません。

そうしなければ、仕事を失ってしまうという可能性があるからです。

学生時代のように学校に遅れて行くことを頻繁にしたり、学校をサボったりなど、自由に生活をするということはできないのです。

学生時代は何か問題を起こしてしまった場合、社会に、親に守られます。

しかし社会人は自分で起こしてしまった問題は、自分で責任を負わなければいけないのです。

そのため普段から自分の行動には、気をつけなければいけないのです。

恋愛においても、長い付き合いになった恋人に対して、結婚に対する責任が付いてくるでしょう。

20代後半にもなると結婚を意識する人も多いでしょうから、そういった面でも責任が付いてきます。

そういった点が学生時代と社会人の責任の違いでしょう。

社会人は自分で自分を守らなければなりませんし、問題を起こしてしまった場合は全て自分で、解決をしなければならないのです。

自立した関係を築きたい

そして社会人が恋愛、恋人に対して求めることの1つに、自立ということがあります。

恋愛に対して自立した関係を求めるのです。

学生時代は恋愛、恋人に依存していても、問題ないでしょう。

実際に恋人がいないと生きていけない、ずっと一緒にいたいと思う恋愛をしている人たちが多いかと思います。

会いたいときに会い、会わなければ不安になってしまうということを伝え合って、愛を確かめるというものでしょう。

そういった関係でうまくいっている人たちが多いでしょう。

しかし、社会人となるとそういう訳にはいかないのです。

確かに恋人という存在は大切な存在であることには、違いはありません。

ですが恋人に依存してしまう学生時代に送っていたような恋愛では、仕事に支障が出てしまう可能性があるのです。

そのため、自立した関係を求めます。

例えば大切な仕事があるときは、仕事と恋愛のバランスをしっかりとする必要があるのです。

仕事があるから会えないんだということを、恋人に分かってもらいたいと思うのです。

恋人に仕事のことを理解してもらえないと、やはり関係はうまくいかなくなってしまいます。

恋人も大切だけど、仕事も大切にしなければいけないのです。

学生時代では恋人に依存するという関係を求める恋愛をしがちですが、社会人になるとお互いに、自立した関係を築きたいと思うという違いがあるのです。

恋愛以外のやるべきことがハッキリする

そして社会人になると、恋愛以外にもやるべきことがハッキリしてくるのです。

もちろん、恋愛がうまくいくということは大切なことですし、恋愛がうまくいけば、生活は充実したものになることに違いはないでしょう。

学生時代では恋愛がうまくいけば、それだけで良かったかもしれません。

ですが社会人ではそういう訳にはいきません。

恋愛をするだけでは生活はうまくいきません。

恋愛以外にも仕事というしっかりとやらなければいけないことがあるのです。

仕事をしっかりとしなければ、自分の生活にも支障が出てきてしまいます。

仕事をしっかりとやらなければいけないのは、自分の生活がかかっているからなのです。

そのため恋愛だけにのめり込んでしまってはいけないのです。

恋愛ばっかりにのめり込んでしまっては、自分の生活がうまくいかないということが起きてしまう可能性があるので、学生時代と違って、恋愛以外にも仕事をしなければいけない、やらなければいけないということがハッキリしているのです。

②モテ方にも違いが出てくる

そして学生時代と社会人では、モテ方にも違いが出てきます。

例えば学生時代で男性の場合は、顔がカッコイイ人だったり、スポーツが上手な人、それから普段からオシャレに気を使っている人などが、モテるという傾向が強いと思います。

女性の場合も、可愛い人や、社交的でよく喋る明るい子、身だしなみに気を使っている人たちがモテるという傾向があるでしょう。

しかし社会人になると、モテ方が学生時代とは変わってくるのです。

男性の場合、社会人で仕事ができない人よりできる人の方が、カッコ良く見えますよね。

仕事ができる人、仕事に自信を持っていて一生懸命に働いている姿を見るとカッコイイと思えますよね。

その点で仕事ができる男性は、モテやすいでしょう。

それに、社会人になると経済面でも余裕が出てきますよね。

2人で食事をしに行ったときなど、さらっと会計をしてもらえると、素敵だなと思えますよね。

女性の場合は、若い方がモテやすいというイメージがあるかもしれません。

ですが、女性も自分の仕事を一生懸命こなしている姿はすごくかっこよく見えます。

モテるという面でいうと、やはり社交的な面がある女性はモテやすいでしょう。

仕事をバリバリこなす人がプライベートでは全然違う姿を見せると、ギャップを感じて素敵だなと魅力を感じるという人もいるでしょう。

こういった面で、学生時代と社会人とではモテ方の違いがあります。

いかに親しい異性を作れるか

社会人は学生時代と違って、仕事の時間が長いということから、プライベートの時間を確保しにくく、なかなか親しい異性を作るということは難しいかもしれません。

恋愛をするには、まず異性と親しくなる必要がありますよね。

忙しい中でも親しい異性を作ることによって、恋愛に発展していくという可能性があると言えるでしょう。

待っているだけでは、親しい異性をつくるということは難しいでしょう。

もちろん、相手から社交的に接してくれるような人がいると嬉しいですよね。

忙しい中でも親しい異性を作りたい、恋愛をしたいと思うのなら、社交的な部分は必要でしょう。

自分から積極的に異性に接してみることによって、親しい異性を作ることができて、恋愛関係に繋がっていくことが期待できるでしょう。

多くの異性に好かれている状況を作り出す

そして次に大切なことは、多くの異性に好かれている状況を作り出すということでしょう。

多くの異性に好かれている状況、つまり人気がある人になるということです。

人気がある人というのは気になる存在になりやすいと言えるでしょう。

人気を得ることができると、あの人はどうしてあんなに人気があるのだろうと、惹かれやすくなりますよね。

そのため異性が興味を惹かれる人になるということが大切です。

多くの異性に好かれている状況を作り出すというのは、なかなか簡単なことではありませんが、努力をするというのは大切なことですね。

努力をすることによって、異性から好かれている状況を作ることはできます。

仕事場でも身だしなみに気をつけたり、コミュニケーション力をつけて、異性に優しく接するなど、そういったことを意識してみると良いかもしれません。

多くの異性に好かれているという状況を作り出すことができれば、それだけ恋愛に発展する可能性はあると言えるでしょう。

そのため、多くの異性に好かれるという状況を作り出すということは大切なことなのです。

③社会人が恋愛を上手く行かせるためには仕事と恋愛の両立が必要

社会人がうまく恋愛をするためには、いろいろと意識をしなければいけないことがあります。

学生時代のように、楽しいだけの恋愛をするという訳にはいかないのです。

年齢的なこと、将来的なことを考えると、時間を無駄にするということもできませんし、のんびりと出会いを待っているという状況ではいけません。

仕事が忙しいからといって、恋愛をすることができないというのは、良いことではありませんよね。

確かに社会人になると、仕事が忙しくプライベートの時間を確保するのは難しくなってくるという事情はあるでしょう。

ですが仕事で忙しいという理由で、上手く恋愛ができないということはないのです。

仕事が忙しくても、意識をすることによって素敵な恋愛をすることができるのです。

上手く恋愛をするためには、どうすれば良いかということを紹介していきます。

仕事と恋愛をどちらも大切にしながら両立させる

まず社会人が恋愛を上手くするために必要なことは、仕事と恋愛をどちらも大切にしながら、両立をするということです。

忙しい仕事に集中しすぎてしまうと、恋愛はうまくいかなくなってしまいます。

だからと言って、逆に恋愛に集中しすぎてしまうと、仕事が疎かになってしまうということが起きてしまいます。

そうなってしまっては、どちらも上手くいかなくなってしまうという可能性だって出てきますし、それだけは避けたいですよね。

仕事も恋愛もどちらも大切にしなければなりません。

そうすることが社会人が恋愛する上で、重要なことなのです。

仕事と恋愛は別のものとして、切り替えることがとても大切と言えるでしょう。

仕事と恋愛の線引きをしっかりする

忙しい社会人が恋愛を上手く両立をさせるためには、仕事と恋愛をしっかりと線引きするということです。

仕事は仕事、恋愛は恋愛と頭の中でしっかりと線引きをしましょう。

つまり、仕事中は仕事に集中をする、恋人と一緒にいるときは仕事のことは忘れるようにするということを意識してみましょう。

仕事中に恋人と頻繁に連絡を取っていたり、恋人と一緒にいる時間に仕事をしているということでは、仕事と恋愛を線引きできているとは言えません。

もし万が一恋人とケンカやトラブルが起きたときに、仕事場にそれを持ち込んでしまってはいけません。

そのことによって周囲の人たちの空気を悪くしてしまうということは良くありません。

仕事は仕事です。

しっかりと切り替える必要があります。

恋愛という自分のプライベートな問題を持ち込んで、仕事ができなくなってしまうということが、起きてしまってはいけないのです。

そういったことが起きないように、しっかりと意識をしましょう。

逆に恋人といるときに仕事の話ばかりしてしまうということだと、恋人は退屈してしまうでしょう。

仕事で起きた出来事を聞いてほしいという気持ちはあるかもしれません。

仕事の悩みなどを相談することは悪いことではありませんが、仕事の愚痴を恋人にぶつけてしまうということはやめましょう。

仕事の愚痴をぶつけられても、恋人は楽しいとは思えないでしょう。

せっかくの2人でいれる大切な時間なのですから、恋人と一緒にいるときはできるだけ仕事の話をしすぎないようにしましょう。

仕事と恋愛を上手く両立させるためには、しっかりと仕事と恋愛を線引きするようにしましょう。

結婚について常に自己確認する

そして社会人というと、年齢的にも恋人と付き合う上で結婚について意識をしなければいけなくなってくるでしょう。

自分は早く結婚をして幸せな家庭を持ちたいのか、それとも今は仕事に集中して恋愛をしたいのかということを、考えなければいけません。

相手が結婚に対してすごく期待をしているのに、自分は今は仕事に集中していたいということでは、すれ違いが生じてしまいます。

特に女性の場合は、結婚適齢期にまわりが結婚していっているのに、自分が結婚ができないということでは、不安を感じてしまう可能性が高いです。

それに、結婚して子どもがほしいという気持ちがあるのならば、結婚が遅すぎると困りますよね。

自分は相手と結婚がしたいのか、今自分の気持ちはどうなのか、将来的なことも含めて、常に結婚について自己確認をする必要があるのです。

「今の相手と結婚するのか」を判断しながら交際する

社会人の恋愛でもう1つ考えなければならないことは、今の相手と結婚するのかということです。

社会人にもなると年齢的に将来的なことを考えていかなければならなくなりますから、今の相手と結婚するかどうかを考えるということも重要なことになります。

今の交際相手は良い人だけど、結婚はする気はないなということだったら、その付き合いを長く続けるのは良くないでしょう。

相手が結婚する気でいるのなら余計に、長い付き合いは良くないでしょう。

社会人の恋愛は、相手との結婚についてもしっかりと意識しなければいけないのです。

結婚する気がない相手といつまでも付き合っているのでは、時間が無駄になってしまいます。

それは自分のためだけではなく、相手のためでもあるのです。

そのため、しっかりと今の相手と結婚するのかということを判断しながら交際していくことが大切です。

相手本位で物事を判断し付き合う

そして次に大切なことは、自分本位で物事を判断する恋愛ではなく、相手本位で物事を判断するという恋愛を意識するということです。

恋愛をする上で、相手のことを考えるということはとても重要なことですよね。

自分のことばかり考えて、自分の仕事やプライベートに合わせて、相手を振り回すような、自分本位の恋愛は大人の恋愛とは言えません。

それでは相手とも良い関係を築くことはできないでしょう。

社会人の恋愛では、相手本位で物事を判断するようにしましょう。

相手の仕事や生活のことを、1番に考えて相手が気持ちよく恋愛ができるようにするということを、考えましょう。

そうすることによって、交際相手との関係がうまくいきやすくなるでしょう。

交際を上手くいくようにするためにも、相手本位に物事を判断して、付き合うことを意識しましょう。

相手の生活環境に配慮する

そして、相手の生活環境を配慮して恋愛をするということも大切です。

相手が自分と同じ社会人だとしても、例えば実家暮らしなのか、それとも一人暮らしなのかということで、配慮の仕方が変わってきます。

更にもし相手が学生ということであれば、余計に生活環境を配慮する必要が出てきます。

そうすることによって、交際相手が自分の生活環境のことまでも考えてくれて、付き合ってくれているんだと実感することができます。

相手に好印象を与えることができますよね。

それによって、相手との関係を上手く続けることができるでしょう。

そのため、相手の生活環境のことをしっかりと配慮して、恋愛をすることを意識することが大切なのです。

より多彩な恋愛を経験する

それから恋愛対象を広げて、より多彩な恋愛をしてみるということも上手に恋愛をするポイントの1つになります。

例えば、今までは同じようなタイプの人としか、恋愛をしてこなかった人ならば、違うタイプの人と恋愛をしてみるということを試してみると良いでしょう。

最初からこの人はタイプではないから、付き合ってもうまくいかないだろうと決めつけるのではなく、付き合ってみたことないタイプの人との恋愛はどういった恋愛ができるのだろうと、期待を持って付き合ってみると良いでしょう。

違うタイプの人との恋愛をすることによって、今までとは違った恋愛経験を得ることができるようになるでしょう。

社会人は学生の時よりも出会いの数は多いですから、積極的に出会いを探してみて、より多彩な恋愛をしてみましょう。

恋愛の楽しみも増え、豊かな人生経験が積める

より多彩な恋愛を経験することによって、いろいろなタイプの人との恋愛を楽しむことができるようになるかもしれません。

それは自分にとっても良い経験になるでしょう。

そのため今まで経験してこなかったような恋愛を経験するというのは、とても重要なことだと言えるでしょう。

仕事が忙しい社会人でも恋愛をしたいという気持ちはありますよね。

仕事ばかりだと生活は充実しないでしょうし、恋愛をすることが楽しいと思えるようになるのは、良いことですよね。

恋愛をすることによってプライベートで癒しを得ることができると、仕事も頑張れるでしょう。

いろいろな人との交際を経験していろいろな恋愛を楽しんで、恋愛経験を増やし、豊かな人生経験を積めるようになりましょう。

そうすることによって、忙しい社会人でもきっと素敵な恋愛ができるようになるでしょう。

恋愛によって豊かな人生経験を積むことができるというのは、素晴らしいことですよね。