CoCoSiA(ココシア)

心酔してしまう人の10個の特徴(続き2)

6、一途

一途だという人も、何かに対して心酔しやすいでしょう。

一途にそれを好きになってしまうので、好きだと思っていることのデメリットや欠点を見ようとしないのです。

そして、そのまままっすぐに愛し続けることができるのです。

これは長所ではありますが、心酔しきってなかなか戻ってくれない原因を作る性質の一つであるとも言えますね。

7、頑固な面がある

頑固な面がある人も、何かに心酔しやすいという特徴があるでしょう。

頑固に「こうだ」と決めたものを押し通します。

他の人が止めているのにも気づかずに、それに対して心酔しきってしまうのです。

こうと決めたことに対しては貫き通すような意思があることが、心酔への道を作ることになってしまうのです。

8、精神的・肉体的に弱っている

普段は強い人でも精神的、そして肉体的に弱っているようなときには、何かに心酔しやすい状態になっています。

何かに自分を支えてほしいという気持ちが強いからです。

自分のことを支えてくれるような存在を必要としているのです。

弱っていることで自分の中に空いてしまったぽっかりした穴を埋めてくれるものを必要としているということでしょう。

こういったときには、人だけではなくものに心酔することもあります。

同じ人間を見ていると辛いので、人ではない事物に対して心酔の気持ちが生まれることもあるということを覚えおきましょう。

9、自己否定が強い

自己否定が強いようなネガティブな人も、何かに心酔しやすいという特徴を持っています。

自己否定が強いので、自分のことを安心させてくれるものに心酔してしまうのです。

誰でも、安心させてくれるものの知覚に痛いですよね。

自己否定が強い人は、特に、自分を否定する気持ちが強いために、安心させてくれるものは重要であり、失いたくない存在なのです。

だからこそ、自己否定が強い人は、心酔しやすいという特徴があります。

10、判断基準を他人に置いている

判断基準を他人に置いているような人も、何かに心酔しやすという特徴を持っています。

自分で花にも判断することができないので、何かを判断してくれるものに依存しやすくなってしまうのです。

自分の代わりに何かを判断してくれるということを考えると、その魅力は普通の人にもわかるのではないでしょうか。

何かを判断するのは怖いことですし、責任が生じることでもあります。

その点で、判断を他の人にしてもらうことができるのなら、楽に違いないですよね。

そういった人が、きちんと判断してくれる人に心酔してしまうのです。

心酔とはそもそも何なのか

心酔とは、そもそもどのような現象のことを言うのでしょうか。

心酔しているようなときには、なかなか周りが見えなくなってしまいます。

それが心酔ということなのでしょうか。

心酔という言葉を調べると、「心を奪われてしまうこと、没頭すること、その境地に浸ること」というような意味が出てきます。

つまり、何か対象の事物に対して心を奪われてしまうことを表すのです。

心酔しているときには、その事物に心を奪われているのです。

確かに自分らしくない行動をしてしまってもおかしくはないですよね。

依存症のような状態になっているとも考えることができるかもしれません。

心酔するメリット

何かに心酔することのメリットを見てみることにしましょう。

心酔するということに怖いイメ―ジを抱いている方もいるかもしれません。

しかし、必ずしも悪いことではなく、心酔することが人生に良い影響を与えることもあるのです。

心の支えになる

まず、心酔することは、心の支えになります。

人生を辛いと感じているときに、心酔するような対象があれば、心の支えができて生きる気力が生まれるでしょう。

人間は何も心の支えがなければ生きていくことができません。

一人立つことができるほど強い人間は相違ないからです。

そんな中で、心酔することは心の支えとなりますから生きていく気力が生まれるでしょう。