CoCoSiA(ココシア)

心酔してしまう人の10個の特徴(続き3)

目標が生まれ頑張りやすくなる

目標が生まれるということも心酔対象を作ることのメリットです。

心酔対象が人生の目標となることもあります。

心酔対象に少しでも近づくために頑張ることが、人生の目標となるのです。

もしくは、心酔対象に会うためにお金を稼ぐというような現実的な目標もできるかもしれません。

例えば、心酔対象に会うためにはお金が必ず必要であるとしましょう。

そんなときには、お金を稼ぐしかありません。

心酔対象に会えないようなときには、欠乏症に陥る人も少なくありません。

その症状を押さえるためにも、しっかりとお金を稼がなくてはいけないのです。

仕事や人生を全うすることを頑張るため必要な気力ややる気を抱さえてくれるのが心酔対象なのです。

生きる手本になる

心酔対象は、時に、生きる手本となります。

このような生き方をしたい、このように生きれば良いのだという道を指示してくれる対象にもなるからです。

生きる手本を見つけることができれば、こうしていきたいという自分の人生の目標から逸れることもありません。

自分が思い描く人生を生きるためにも、心酔対象を見つけるということは悪いことではありません。

心酔するデメリット

心酔するというのは、心の支えができるというメリットもあります。

ですが、その一方で、心酔することのデメリットというのも確実にあるでしょう。

世間的にはこちらのデメリットのイメージの方が強いかもしれませんね。

心酔対象しか見えなくなる

あまりに強く心酔してしまっているような状態では、心酔している対象しか見えなくなってしまうのが問題です。

心酔対象ばかりを見つめていることで、それしか目に入らなくなる現象が起こるのです。

何をするにも、心酔対象を見ていることになりますから、自分自身というものを失ってしまうのです。

また、自分の周りで何が起きているのか、自分の周囲がどのような人であり、それらの人々がどのような関係を築いているのかということも見えなくなります。

今の自分に必要なことも分からなくなります。

心酔対象しか見えないというのは熱中している証拠でもありますが、それしか見えない状態というのは問題ですよね。

正常な判断が出来なくなる

何かに心酔しているときには、正常な判断はできなくなります。

心酔対象のことばかりが頭にあるので、そのことを考えていて、自分が正常に考えなければいけないことが頭に入らないのです。

正常な判断ができないような状態にまでなってしまうと、まるで依存症のような状態だということですね。

心酔対象がドラッグのようなものになり、まともな思考回路というものを失ってしまうのです。

他のことがどうでもよく感じる

何かに心酔しているときには、他のことがどうでも良くなったように感じるでしょう。

心酔対象以外のことがどうでも良いので、時には、自分の人生でさえもどうでも良いと思ってしまうこともあります。

他のことをどうでも良いと思ってしまうと、人生が壊れてしまうはずです。

それでも構わないというほどに心酔しているときには幸せです。

でもその心酔が冷めてしまったようなときには最悪ですね。

心酔状態から覚めると、何も自分に残されていないということが分かるからです。

心酔し過ぎると自由を奪われる

いかがでしたか?

何かに心酔するということは必ずしも悪いものではありません。

心酔しているからと言って、自分を失っていなければ人生をまともに過ごすことができるでしょう。

ですが、心酔しすぎて自分おを失ってしまうと、それはあまり良いことであるとは言えませんね。

自分の自由な時間や思考を奪われてしまう可能性があるからです。

何かに熱中しやすいという方は、自分の自由が本当に失われていないかどうか、一度自分の行動を振り返ってみた方が良いのではないでしょうか。

何かに心酔しきって失ってしまってからでは遅いことが良くあります。

心の支えとなっているものを取り去るのは難しいかもしれません。

でもまずはそうならないうちに、きちんと客観的に自分の状態や相手について考えてみると良いかもしれません。

最低限、周囲には迷惑をかけないように気を付けてくださいね。