「美人」と聞くと、どんな女性が頭に浮かびますが?

イングリット・バークマンやオードリー・ヘップバーンのような往年のハリウッドスター、または、モデルで大人気のミランダ・カーやケンダル・ジェンナーでしょうか?

彫りの深い顔に、長い手足、ブロンドやブルーアイズは確かに目を引く美しさがあります。

しかし、美しさには幅や奥行き、好みがあり、黒髪で透き通るような肌に、神秘的な顔立ちのアジア女性の美しさも、他とは比べられない輝きがあります。

私たち日本人女性の中でも、息をのむほど美しい女優さんはたくさんいらっしゃいます。

例えば、銀幕のスターの吉永小百合さんや岸恵子さんなどは、若い時から現在に至るまで、輝く美貌と、中からにじみ出る美しさで私たちを魅了し続けておられます。

また最近では、女優の桐谷美玲さんが世界的な美人ランキングで上位に入賞されました。

さらに、中国のチャンツィイーなども世界的に美人として人気がありますよね。

このようにアジア勢の美しさも、欧米に引けを取らないものとして受け入れられています。

そして忘れてはならないのが、美容大国、韓国の美女達です。

韓国美人に憧れる女子急増中!

韓国ドラマが発端で韓流ブームが起きてから、韓国の美意識の高さと、韓国女性の美しさが日本のお茶の間にも知られるようになりました。

清楚で可憐かつ妖艶な女優さんたちに、老若男女とわず皆が心を奪われましたよね。

さらにドラマや映画だけでなく、「少女時代」「KARA」「T-ara」などK-POPと呼ばれる韓国発の、少しセクシーで可愛らしい、しかもハイレベルななダンスや音楽が爆発的にヒットしました。

韓国女子の足の長さやスタイルの良さが日本人にインパクトを与えましたよね。

そんな影響もあり、韓国コスメやエクササイズが一気に流日本の市場にも流れ込み、テレビや雑誌で取り上げられるようになりました。

韓国風のメイクやファッションを真似る女子も急増しました。

そしてもはやブームとは呼べないほど、長い間支持され続け、日本の女子の美のエッセンスとして、韓国のメイク術やスキンケアは欠かせないものになっています。

ではこれから、韓国美人の特徴や、韓国流メイクやファッションの作り方をひも解いていきましょう。

オルチャンって知ってる?

「オルチャン」という言葉をテレビやファッション紙で見聞きされたことがある方も多いと思います。

でも何を意味しているかご存知の方はどれくらいいらっしゃるでしょうか?

韓国語っぽい響きではありますが、実際は何を指して、どんな風に用いられるのか見ていきましょう。

オルチャンとは

オルチャンとは、「顔」を意味する韓国語の「オルグル」と、「最高」を意味する「チャン」を組み合わせて作った造語で、最美少女や美男子を指して使われています。

直訳すると最高の顔となりますが、一般的には、彫刻のように顔立ちが整っているとか、完璧なバランスの顔というより、可愛らしく愛らしい顔立ちや、大衆に好まれるルックスに対して使われます。

ですから冷たい美人というより、ほのぼのする可愛らしさを表しており、一般人でも真似しやすいことや、多くの人に好かれるというメリットがあります。

「オルチャン」は男性にも用いることができますが、美男子のことを「ナムオル」と表現されることもあります。

ただ、韓国でも日本でも広く用いられているのは「オルチャン」です。

さらに、かわいい・愛らしいというのは顔だけではなく、メイクの仕方やファッションにも通じていくので、「オルチャンメイク」「オルチャンヘア」「オルチャンファッション」などの造語もつくられています。

オルチャンメイク

「オルチャンメイク」とは、韓国の女優やアイドルがしているような愛らしいメイクをすることで、ポイントメイクに3つの特徴があります。

まず一つ目は、目尻のアイラインを「く」の字に入れること。

韓流ドラマに出てくる女優さんは、みなさんアイラインを強調したメイクをされていますが、まつげの粘膜を埋めるようにしっかりと入れて、目尻を長めに引いた後、「く」の字になるように、下まぶたの目尻側4分の1にもラインをひきます。

こうすることによって、アイラインを強調したくりっとした目を作りながらも、純朴さが残る優しいまなざしも印象づけることができるのです。

二つ目の特徴は、涙袋です。

下まぶたのカーブに沿って、白いアイシャドーを入れると、ぷっくりと膨らんだ涙袋ができて、少女のような潤んだ瞳になります。

これだけでも十分ですが、アイブローペンシルなどを使って、涙袋に影を付けたり、白系のラメが入ったアイライナーを下まぶたのきわに引くと、より女度がアップし、見ている人を引き込むような瞳が完成します。

三つ目は、太くてフラットな眉です。

眉山を強調せずに、自然な形を生かしつつ平行に整えます。

ポイントはナチュラルさなので、あまりシェイプを整えずに、元々の太さを生かしつつ軽く隙間を埋めていき、最後に眉尻を下げます。

この3つのポイントメイクが、透き通るようなベースメイクにプラスされると、最高に愛らしい「オルチャンメイク」になります。

ざわちんさんがされているメイクを参考にされると、より細かいテクニックを知ることができます。

オルチャンファッション

美男美女はファッションにもこだわります。

「オルチャン」達が好んで着ているスタイルは、カジュアルでシンプルな色使いを特徴としたファッションです。

ですから基本アイテムは、スニーカーになります。

シンプルなワントーンコーデにカラフルなスニーカーをプラスしてスタイリッシュに仕上げたり、フェミニンな花柄のワンピースにスニーカーをONして、カジュアルダウンしたり、履くだけでどんなスタイルもこなれた感とスポーツ感を出してくれるスニーカーはオルチャンファッションに欠かせません。

しかも歩きやすさも抜群なので、一石二鳥ですよね。

シルエットは、ゆる×ピタが人気で、大きめのTシャツやニットに、スキニーパンツやタイトスカートを合わせるなら、色気と可憐さをかね揃えたオルチャンファッションを作り上げることができます。

とにかくボトムスはタイトなものを選んで、女性らしさを強調しましょう。

可愛らしいけれども色気もあるのが韓流の特徴ともなっています。

そして定番のオルチャンファッションは、花柄ワンピースです。

夏は特にサラッと一枚で着れるワンピースは重宝しますよね。

スタイルもよく見えますし、健康的で品の良い雰囲気になるので、愛され感はダントツでしょう。

特にAラインのワンピースは身体のラインをキレイに見せてくれるのでおすすめです。

オルチャンは日本でもブーム!

これまで、オルチャンメイクやオルチャンファッションを見てきましたが、「あれ?日本でも流行ってない?」とお気付きになられた方も多いと思います。

そうです。

オルチャンは日本でも大人気のスタイルとして、積極的に取り入れられて、既に定番化しています。

愛らしさと純粋さに、少しの色っぽさが程よくミックスされているオルチャンスタイルが嫌いな人がどこにいるでしょうか?

最高の美は国境を越えて愛されているのです。

韓国美人に共通する8個の特徴

美容大国と言われるだけあり、美容整形も盛んですし、コスメもエステも、美容に良い食事もエクササイズも韓国にはたくさんあります。

美を追求するために、週末弾丸旅行に韓国に行かれるOLさんや主婦の方もいらっしゃるくらいです。

そんな国を挙げて美に取り組んでいる韓国の女性達が美しくないわけはありません。

幼い時から高い美意識を植え付けられ、良質なケアをしている韓国女性は本当に美しいです。

そんな韓国美人の特徴をご紹介します。

肌が白くてキレイ

肌がキレイだとそれだけで美人に見えますが、韓国人女性の肌は、透き通るように白くて、きめが細かくつるっとしていて、まさに陶器のように美しいと言われています。

私たちと同じ黄色人種で、隣国なので環境も似ているとは思うのですが、男性も女性も色白で透明感がある印象ですよね。

それはやはり肌ケアへの高い意識が大きく関係しているようです。

とにかく美肌の基本である保湿を徹底して行っており、日本ではやり過ぎと思われるほどに毎日ケアするそうです。

素肌作りは、毎日のスキンケアや日焼け予防の成果が表れますので、やはり「絶対に素肌を綺麗に保つ」と言う覚悟が大切なようです。

またメイクでも、透明感を重視したベースを作るのがオルチャンメイクの特徴です。

決して厚塗りをせずに、肌状態やタイプに合わせて下地の色を調整します。

くすみを消すなら黄系、より白く見たいならパープル系など、色の効果を使って基礎を作ります。

その後、ファンデーションを放射線状に薄く伸ばし、表面を整えます。

そして、コンシーラーを叩き込むように馴染ませ、にきび跡やシミなどを消していきます。

最後の仕上げに、自然な艶が出るルーセントパウダーを薄く塗ると、韓国美人の最大の特徴である、透き通るような陶器肌が完成します。

日本はテカリを抑えることをポイントにしますが、韓国ではツヤ感を出すことが良いとされているという違いがあるようです。

ぱっちり二重

目元が印象的な韓国美女がですが、韓国美人さんは一重の方が多いのをご存知ですか?

なんと8割の方が一重、もしくはおく二重だと言われています。

日本だと可愛い人やキレイな人=二重というイメージが定着しており、一重まぶたは残念がられることが多いですが、そんなネガティブな印象をがらっと変えてくれるのが、韓国美人です。

世界で最も美しい顔2014年度第1位のナナさん、実は一重なのです。

つまり一重でもかわいいと世界が認めたのです。

他にも、金メダリストであるスケート選手のキムヨナや、パクスジン、ユジアンもみんな一重ですが、その美しさは誰もが認める所となっています。

なぜ彼女達は短所とも思える目をキレイに見せることができるかと言うと、それはメイク術にたけているからです。

クールな印象からキュートな印象までを自由に仕上げるテクニックを持っているのです。

韓国では、整形することにあまり抵抗がない人が多いので、最近では二重にする手術が大人気なようですが、整形しなくても、アイプチ・メザイク・アイテープなど簡単に二重が作れる便利グッズや、アイシャドウのグラデーションなどを活用すれば、ぱっちり二重は作れるのです。

スッと通った鼻筋

欧米で一番人気な整形場所は鼻筋と言われるほど、少しの違いで印象を大きく変えることができるパーツです。

私たちアジア人は顔の彫が深くないので特に気になりますよね。

整形が盛んな韓国でも、細くスッと通った鼻筋は美しいとされて、オルチャンの条件となっています。

でも整形するのは抵抗がある方も多いですよね?

安心して下さい。

メスを入れなくてもメイクの力を借りてスっと通る鼻筋を作ることができます。

鼻筋を作るポイントは、シャドウとハイライトを上手に使い分けることです。

眉頭から小鼻下までノーズシャドウを入れて影を作ります。

アイブロウやワントーン濃い色のファンデーションで代用することもできます。

何れにしても綺麗に見せるために大切なのは、指や筆でしっかりとぼかして自然な感じに仕上げることです。

ハイライトは、両目頭辺りから鼻先に向かって入れていきます。

鼻の幅が広い人は狭めに、幅が狭い人は広めにまっすぐいれるとスッキリとした印象になります。

メイクの中でも、ノウズシャドウやハイライトは少し難しいのではと、今まで手を出さなかった人も多いと思いますが、思ったよりシンプルな手順で簡単ですし、何より劇的な効果があるので是非試してみて下さい。

キレイな歯並び

「芸能人は歯が命」というキャッチコピーが随分前に流行りましたが、白くて綺麗に並んだ歯は、清潔感があり好印象を与えます。

美意識の高い韓国では、当然、デンタルケアも徹底して行われています。

歯医者さんも多く存在する韓国では、子供の頃からクリーニングや歯科矯正を行うことが習慣になっているようです。

歯並びはを整えるには、矯正するしかありませんが、針金のようなものが目立つので嫌とか、値段が高いなど、日本ではそれほど浸透していないかもしれません。

しかし最近では、裏側で固定するものや、透明の目立ちにくいものなども出てきているので、矯正中もそれほど気になりません。

ですから思いきって初めてみるのもいいかもしれませんね。

矯正までは無理だと思われる方も、毎日のお手入れにベストを尽くすなら、韓国美人のような白い歯を手に入れることができます。

そもそも韓国料理では、刺激の強い香辛料やニンニクをよく使うので、口臭ケアや色素沈着を避けるマウスケアが習慣づいています。

優秀なホワイトニンググッズもたくさんあります。

例えば「WHITE NOW」というデンタルコスメは、透明シートを歯に貼り、1時間ほどしたら剥がすだけという簡単なものですが、美白成分が直接浸透し、非常に満足度の高い結果が得られると大人気の商品です。

また人気のマウスケアブランドの「MEDIAN」の歯磨き粉と美白材が一つになったペーストも人気で、毎日の歯磨きで使用するなら、約1ヶ月で白い歯を手に入れることができると話題です。

身長が高くてスタイル抜群

韓国では、背が高いことが日本よりも重要視されています。

女子であっても高身長の方が、就職にも結婚にも有利になるので、親は子供の背が伸びるように一生懸命に努力するようです。

そして面白いことに芸能界に入るのに身長制限があるのです。

俳優の場合は、男性は173cm以上190cm以下、女性は158cm以上175cm以下と基本的に決められています。

多少の誤差は許されるそうですが、そのような場合プロフィールで公表することはないようです。

ですから私たちがスクリーンで目にする美男美女達は、そもそもその枠内に入っている人達なのです。

実際の日本と韓国の平均身長の差は、2.3cmとそれほど大きな差はありません。

ただ、韓国の女優さん達は、スラリとしたスレンダーボディで本当に美しいですよね。

大人になると自分の背丈を受け入れるしかありません。

ただ、身長が高くなくても、ボディーバランスや姿勢、女性らしいラインをキープするならスタイルがよく見えるので、エクササイズをしたり、普段の所作を一つ一つ意識して行うようにするなど、美しく見えるための努力を惜しまないようにしましょう。

スラっとした美脚

驚くほど長くて美しい脚をしている韓国美女。

その秘密は何なのでしょうか?やはり美意識の高さです。

どの国でも美脚はもてはやされていますが、韓国では求めるレベルが高いのです。

ですからマッサージ・エステ・食生活や生活習慣全てにおいて、美脚を手に入れるため習慣が子供の時から徹底されています。

まず、正座はしません。

床には座りますが、あぐらをかくように座るので、脚が曲がらないのです。

さらに、キムチなどの発酵食品をよく食べて、身体を活性化させるのでむくみにくい状態になります。

また、日本では細いことが重要視されますが、韓国ではメリハリが大切になります。

ですから適度な筋肉を付けるためのエクササイズや、女性的なラインを作るためのプロによる施術を惜しみません。

そのようにして、スキニーパンツを見事に履きこなしたり、ミニスカートから除く、健康的かつ魅力的な脚が作られるのです。

キュートなアイメイク

前述でも触れたように、韓国美女は一重や奥二重が多いです。

しかしそれこそが、アジアならではの魅力的な目元を作り出すポイントにもなっています。

そして、彼女達のメイクテクニックは、変幻自在にイメージを作り出せるほどハイレベルです。

ナチュラルで純朴なイメージにしたい時は、アイホール全体にベージュのアイシャドウをのせて、グラデーションを付けるように目元にカラーをのせます。

そして目元のきわに濃いめのブラウンシャドーを入れこむと、透明感のある目元が完成します。

逆に、ペンシルライナーで目尻にしっかりとラインを入れ、目を開けても見えるくらいの太さで目全体をカバーすると、セクシーでクールな印象を作りだせます。

このように、アイシャドーやアイライン、マスカラの付け具合によって、トレンド顔が思い通りに作れるオルチャンアイメイクのテクニックは、是非身につけたいですね。

美しロングヘアー

韓国女性はロングヘア主義と言われるほどに、美しく長い髪にこだわりがあるようです。

確かに、ロングヘアーは女性らしさの象徴とも言えるので、オルチャンになるには大事なポイントかもしれません。

ロングヘアーを綺麗に見せるのは、ツヤ感とサラサラ感です。

どんなに長くても、ダメージが強かったりぱさついていると、清潔感が薄まってしまい、おばさんぽさやあばずれ感が強くなってしまうので、カラーリングやパーマは程々にして、トリートメントケアを集中して行うようにしましょう。

韓国のロングヘアーの女優さんは、みなさんナチュラルなストレートか、毛先だけカールしているだけのサラサラスタイルですよね。

ヘアアレンジも凝ったものではなく、あくまでナチュラルに、地毛の美しさが際立つようなアレンジを心がけることが韓国美人に近づくポイントです。

韓国美人な韓国芸能人は?

ではこれから、美人が多い国の中でも選ばれし美女達を見ていきたいと思います。

女優さんからアイドル、シンガーまで美女揃いなので、それぞれの人が持っているオリジナルの美しさのポイントに注目していきましょう。

キム・テヒ

ぱっちりとした目元が印象的な、THE美人のキム・テヒは、ソウル大学という韓国でもトップ大学出身ということもあり、才色兼備な女優さんとして人気があります。

しかも、韓国では珍しい、整形をしていない「自然美人」として知られています。

確かに学生の時に写真を見ても、友達の中でも際立って整った顔ですし、今とあまり変わりません。

1980年3月29日生まれで現在37歳になりますが、美しさは健在です。

身長165cm,スリーサイズはB78 W57 H83とスタイルも抜群です。

ミュージシャンのRainと結婚し、現在、第一子妊娠中ということでプライベートも充実している正真正銘の韓国美人です。

チョン・ジヒョン

1981年10月30日、ソウル生まれのモデルから女優になった美女です。

身長172cm 体重48kgとスラリとしたスタイルで、健康的かつスポーティーなイメージがありますよね。

彼女が一躍有名になったのは、日本でもヒットした映画「猟奇的な彼女」のヒロインを演じたのがきっかけです。

アジエンスのCMなどにも出演し、日本での知名度も高いですが、流暢な英語を生かして、「Gianna Jun」という名前で世界でも活躍しています。

ティファニー

メンバー全員美女という驚異的なグループである「少女時代」のリードボーカルのティファニー。

ミュージシャン部門の美女ランキング上位の常連です。

1989年8月1日、アメリカのサンフランシスコで生まれた韓国系アメリカ人です。

2016年にはソロデビューも果たして、初のソロアルバムは、日本では2位、タイやベトナム、シンガポールなどアジアの14地域の総合アルバムチャートでは1位になるという人気ぶりです。

歌唱力が高いのはもちろん彼女の魅力ですが、身長163cm 体重46kgの抜群のスタイルと、親しみやすく、笑顔がとびきりチャーミングな彼女の美しさも、その人気の土台となっていることは間違いないでしょう。

ユナ

同じく少女時代のメンバーであるユナですが、「少女時代のプリンセス」「韓国ナンバーワンアイドル」と言われている絶世の美女です。

少女時代でもセンターポジションで、可愛いルックスと切れのあるダンスで不動の人気を維持しています。

また、身長166cm 体重48kgのスレンダーボディを生かしてモデルとしても活躍していますし、大ヒットしたドラマ「ラブレイン」でチャン・グンソクとダブル主演を務め、女優としても認められる演技力も持っている、スーパー美女なのです。

バラエティーでの茶目っ気たっぷりの姿や、やオフの時に見せるいたずら好きで気取らない性格もあり、内面も可愛いとみんなに愛されているスーパー美女です。

ソン・ジヒョ

1981年8月15日生まれ、新著168cm 体重46kg A型の女優さんです。

人気ドラマの「宮〜Love in Palace」でミン・ヒョリン役をこなし有名になりました。

さらにはバラエティ番組「ランニングマン」にも出演し、共演者のミュージシャンとの熱愛などが注目されました。

他にも事務所代表との恋愛など、彼女の恋路が韓国で話題となることが多い、女性の色かがある韓国美人です。

彼女は整形をしていない自然美人としての、ナチュラルな美しさが絶賛されています。

パク・ソラ

韓国の人気ブランドである「STYLE NANDA」のメインモデルであるパク・ソラ。

お人形みたいに均整の取れたフェイスに、身長168cm 体重48kgのスレンダーなボディで、長〜い手足が特徴の文句の付けようのない美女です。

セクシーかつクールなのに、可愛らしいと言う独特の空気感もたまりません。

どんなお洋服も着こなして、20代の女子を中心にカリスマ的な人気を誇っています。

パク・シネ

上品かつ可愛らしい顔立ちと、確かな演技力で、韓国芸能界のトップ女優として君臨しているパク・シネは、韓国では知らない人はいないと言われています。

1990年2月18日生まれで、2003年12月から放映された大ヒットドラマの「天国への階段」のチェ・ジウの幼少期演じ、同年のイ・スンファンのMV「花」で注目されたり、彗星のごとく表れた実力派女優として話題になりました。

さらに「宮」や「美男ですね」と次々と人気ドラマに出演し、お嬢様から男装まで色々な魅力をファンに見せてくれています。

ハン・チェヨン

身長172cmと韓国でも高身長として知られており、完璧な8頭身と、見事なボディラインで「バービー人形」という愛称で呼ばれていました。

2001年頃には、日本でもホリプロに所属して「レイチェル・ハン」という名前で芸能活動されておられました。

ジャニーズ事務所のタッキーとCMで共演されていたので覚えておられる方もいらっしゃるかもしれません。

とにかく完璧なスタイルの持ち主なので、どんなドラマや映画に出演されても目立っていました。

出身は韓国ですが、アメリカでの暮らしも長く、現在も子育てをアメリカでされているそうです。

キム・ヒソン

1977年6月11日生まれ、身長168cm、体重45kg、血液型O型の女優さんです。

高校生の時にデビューして、長い間トップスタートして、またファッションアイコンとして愛されてきました。

彼女が出演する作品は全てヒットし、身につけたものは完売するというその人気は、他の芸能人とは一線を画すものがありました。

演技力を磨くことにも熱心だった彼女は、徹底した役づくりと、几帳面な研究に共演者も一目置いていたそうです。

ただのキレイな女優さんではなく、非常にクリエイティブでセルフプロヂュースに優れた美女というわけです。

2007年に結婚、2009年に出産と、仕事を離れていた時期もありましたが、2012年にドラマにカムバックして、圧倒的な存在感をまた見せつけてくれました。

ルックスもおとらえていないと、改めて彼女のスター性が証明されました。

クリスタル

K-POP会で有名な美人しまいであるジェシカとクリスタル。

姉のジェシカは少女時代の元mんバーで、メインボーカルとして活躍しました。

妹のクリスタルは1994年10月24日生まれで、アイドルグループ「f(x)」のメンバーです。

二人で一緒に住んでいたり、番組をしたり、仲良し兄弟として有名です。

お互いに好きで好きでたまらないという感じがインタビューでも、バラエティーでも出ていて、おもわず周りが優しい気持ちになれる美しい二人です。

美人な姉に負けず、クリスタルも美しい顔立ちに、引き締まった肉体美で、歌手・女優・広告モデルとして活躍しています。

韓国美人、やっぱり憧れる!

たくさんの韓国美人についてみてきましたが、女性でも見とれてしまう本当に美しい方が多いですよね。

やはり美意識が高く、美しくなること、さらには美しく見せることに貪欲に取り組むなら、結果が必ずついてくることも学べました。

今回調べてみた女優さんやモデル、アイドル達は、元々つくりが整っているとはいえ、美の競争が厳しい韓国でトップを維持するには並大抵なことではありません。

しかも年齢を重ねれば、それなりの劣化は避けられません。

それでも長年韓国の芸能界でオルチャンとして愛されている秘訣は、年とともに変化する自分を受け入れて、高い美意識を保ち続け、毎日のケアを怠らないことなのです。

その時々の最高の美しさを、スキンケアやメイクテクニック、ファッションセンスで自ら引き出している彼女達は、尊敬に値するのではないでしょうか?

ぜひ今日学んだオルチャンになるテクニックを自分のものにして、憧れの韓国美人に近づきましょう。