あなたには趣味がありますか?

人それぞれ様々な趣味があり、違う趣味をもっているからこそ、たくさんの経験をしている人や様々な特技を持っているからこそ個性が生まれ、人とのつながりがとても楽しいものになりますよね。

趣味は様々ありますが、中にはたくさんの人が共通して持っている趣味などもたくさんあります。

例えば、音楽などはその中の一つであるともいえます。

音楽が趣味な方はとても多く、たくさんのアーティストや曲調の中で、自分が好きなものが必ずあるはずです。

音楽がそこまで詳しくない方でも、ひとつくらいは自分が好きな音楽があると思います。

音楽はとても不思議な効果を持っており、聞いているとリラックスできたり、気分ががあったり、様々な効果を与えてくれます。

また、音楽の中には自分の思い出の曲などもあり、聞けば昔の映像などを鮮明に思い出すようなものもあり、懐かしい思い出なども思い出させてくれます。

青春の時代に聞いた曲など、懐かしい音楽などをみなさん持っているはずです。

音楽が様々な効果を私たちにもたらしてくれるという事を理解した上で、今回は青春を思い出させてくれるような、友達の歌をテーマにして、様々な友達の歌をご紹介していきたいと
思います。

まさに今青春を過ごしているという方には、青春を思い出せるように、今この青春を懐け締めるような音楽を見つけてみてください。

️友達の歌、ワタシ的ベスト11!

AI「Story」

最初にご紹介する友達の歌は、AIさんの「Story」です。

AIさんは1981年11月2日生まれの35歳、鹿児島県鹿児島市出身の歌手でありソングライターです。

AIさんはかなり有名なアーティストなので、知らない方の方が少ないかと思います。

出身地は鹿児島県鹿児島市ですが、もともと生誕はアメリカ合衆国のカリフォルニア州ロサンゼルスで生まれています。

AIさんはロサンゼルス生まれのクォーターであり母方の祖母がイタリア系アメリカ人です。

本名自体は植村愛さんという名前なのですが、アーティスト名は英語表記でAIさんになっています。

両親と妹の4人家族で母親であるバーバラ植村さんは地元の鹿児島で様々なタレント活動などを行なっている方であり、妹の幸さんはアメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスでデザイナー兼カメラマンなどを行っているなど、様々な活動を行っている家族だといえます。

元々AIさんはロサンゼルスで10代の後半を過ごしておりアメリカ合衆国という本場のゴスペル音楽に影響を受けたことでAIさんの歌はソウルフルでありパワフルな歌を歌っている曲が多いです。

AIさん自身が女性としては、かなり低音の声質となっており、ハスキーな歌声なので、聞いただけで一目でAIさんだとわかるような歌声になっています。

実際に歌唱力についてですが、歌手である和田アキ子さんも認めるほどの実力を持っており、和田アキ子さんからは子分だと紹介されるほどの実力を持っているほどの、歌唱能力を披露しています。

AIさんはアメリカ育ちという事もあり、非常にフレンドリーな性格で、たくさんの交友関係を築いている明るい方です。

そんなAIさんの性格も音楽に反映されているともいえます。

AIさんの数々の有名な曲の中でも、昔から現在までたくさんの方から人気があるのがStoryです。

誰もがサビを聞けば一度聞いた事があるというくらい有名な曲です。

AIさんの歌うStoryは今日という日、この瞬間を大事にしないといつでも話ができると思ってもできなくなるかもしれない、という気持ちをコンセプトにして歌っている曲でもあります。

余談ですが、アーティストとして確かな地位を築いている徳永英明さんがカバーとしてAIさんのStoryを歌おうとしたが、メッセージ性の強いこの曲を完璧に歌いこなせるのはAIさんだけ、という趣旨を語っているほどメッセージ性の強い楽曲であり、プロの歌手からしても、AIさんが歌うからこその楽曲であると証言しています。

また、こちらの楽曲はメッセージ性のある歌詞と評されている通り、歌詞もとても素晴らしく、サビの部分の一人じゃないから、という言葉に何人の方が励まされたか、と思いをはせることが出来ます。

まさに、友達の歌を代表する音楽だと言っても過言ではないといえます。

ZONE「secret base~君がくれたもの~」


次のご紹介するのは、ZONEさんの「secret base~君がくれたもの~」です。

ZONEさんは、ガールズロックバンドであり、元々全員で5名で活躍していたバンドだったのですが、2001年にメジャーデビューし、2005年に解散して2011年に再結成されるも、メンバーの脱退などにより2013年に活動終了しているバンドです。

メンバーはMAIKO、TAKAYO、MIZUHO、TOMOKA、MIYUの5名で構成されています。

最後まで残ったメンバーはMAIKOだけであり、そのほかのメンバーが脱退をしている状況です。

ZONEはもともと芸能養成スクールに通っていた生徒から構成されており、もともとデビューする前は8人組などのかなり大人数で活動していましたが、メジャーデビューした時には人数が減っており、TOMOKAを除いた4人でデビューし、のちにTOMOKAが加入するようになります。

今回ご紹介するZONEさんの代表的な音楽はsecret base~君がくれたもの~であり、この楽曲はドラマであるキッズ・ウォーの主題歌であり、オリコンチャート最高2位にランクインしている曲です。

かなり有名な曲で、ZONEさん自体もかなり知名度を誇っているバンドですが、知らない方でもこの音楽を聞けば必ずある程度の歌詞を知っている方が多いです。

サビの部分の歌詞がとにかく印象的で、君と夏の終わり 将来の夢 大きな希望 忘れないという歌詞は誰もが知っている音楽であるといえます。

女性の柔らかく、透き通るような声で聞きざわりもよく、歌詞も夏の終わりを感じさせる儚く悲しいような歌詞で胸にキュンとくるような曲調となっています。

青春の曲としてこの曲を挙げている方もかなり多いと思います。

まさに青春を代表できる曲であると言えます。

BUMP OF CHICKEN「友達の唄」

次のご紹介する友達の歌はBUMP OF CHICKENさんの「友達の唄」です。

BUMP OF CHICKENさんは4人組のロックバンドであり、名前がユニークですが、もともとは弱者の一撃という意味合いを持っているなど、個性が垣間見えるようなバンド名となっています。

メンバーは藤原基央、増川弘明、直井由文、升秀夫の4人であり、ボーカルである藤原基央さんの透き通るような歌声がとても印象的なバンドです。

BUMP OF CHICKENさんはもともとあまりテレビなどで露出する事がないので、テレビなどで見たことがある人はかなり少ないといえます。

しかしながら、絶大な支持を誇っており、日本を代表するようなバンドであるといえます。

元々メンバー全員が同じ幼稚園だったという事もあり、今現在もその4人で活動しているという事を考えると素晴らしい絆を持ったバンドだともいえます。

BUMP OF CHICKENさんさんの代表的な音楽といえば、誰もが知っている天体観測がかなり有名だといえます。

藤原さんの声と歌詞が相まって、引き込まれるような世界観を持っており、魅力的に感じるきっかけとなった楽曲であるという方も多いかと思います。

今回ご紹介する「友達の唄」は、離れていく友達ともずって友達でいるという気持ちを歌詞にしたような曲であり、友達との思い出などを歌詞に組み込まれたような曲になっています。

新しい生活環境になって離れ離れになってしまう友達と一緒に聞きたい青春の曲であるともいえます。

ゆず「友達の唄」


次にご紹介する曲はゆずさんの「友達の唄」です。

ゆずさんは北川悠仁さんと岩沢厚治さんによるフォークデュオです。

ゆずさんはもともとストリートミュージシャン出身のフォークデュオであり、 路上ライブを行っている時には神奈川県横浜市中区伊勢佐木町の横浜松坂屋前で路上ライブを普段から行なっていたそうです。

元々路上ライブをするきっかけとなったのは岩沢さんが北川さんを誘ったことでありお酒を飲みながら打ち明けたところ快く返事をもらいそこから二人の路上ライブが始まったそうです。

最初は路上ライブをしても全くお客さんは集まらずにそれでも諦めずにずっとオリジナル曲を作って路上ライブを行っていた結果1年ぐらいした時にだんだんとリクエストをしてくれるようなお客さんも恵まれてきて、1998年8月30日に路上ライブを行った際に関しては台風が直撃していた状況にもかかわらず訳7.500人の人が集まって音楽を聴いてくれたようです。

元々二人は同じ小学校だったそうでそれまでは面識がなかったそうですが中学校になって同じクラスになり仲良くなり始めて一緒にキャンディーズの曲を歌ったりするなどとても仲が良かったそうです。

最初は4人組のバンドを結成して活動していたそうですが、最終的に二人になりそこからデュオを結成するということになったそうです。

ゆずさんの特徴としては2人の奏でる声質が透き通ってとても綺麗な歌声であり、なおかつパワフルな歌声で自分の心にガツンとくるような直接的なメッセージ性を持っている曲が多いです。

ゆずさんの代表的な曲としては栄光の架け橋はたくさんの方が知っている曲であるといえます。

感動的な曲もあれば、心から楽しくなれるような明るい曲調なども多く、夏色やこの友達の唄なども該当する楽曲です。

友達の唄は忙しくなり、なかなか会えなくなった友達の事を思い出し、また友達と集まって朝まで馬鹿話をして笑い語ろうというようなメッセージの歌詞になっています。

大事な友達と一緒に楽しく聞いて、楽しい時間を過ごす時にききたい曲だといえます。

GReeeeN「友達の唄」

次にご紹介するのはGReeeeNさんの「友達の唄」です。

GReeeeNさんはちょっと特殊なアーティストであり、まず前提として一切顔出しを行っていないという事が挙げられます。

なぜかといいますと、GReeeeNさんは歯科医と音楽活動を両立しているので、様々な素性が明らかになっていないという特殊な存在であるといえます。

GReeeeNという名前がかなり特徴的で、一度見たら頭から離れないような名前だといえますが、これは造語であり、このような単語は本来存在しません。

GReeeeNさんの単語の意味はもともと新人未熟者という意味を表している Green Boyという言葉からきており、GReeeeNという単語は まだまだ未完成であり続ける 未知の可能性という意味を込めてつけられたそうです。

ちなみに、eが4つあるという意味がメンバーの人数が4名である事から関連しており、歯学部という事もあり、笑った時の歯並びが並んだ姿から想像できるという事でつけられているそうです。

笑顔を届けたいという思いをこめてこのような名前を決めているあたり、かなり考えて名前もつけており、物事に対する思いなどもかなり考えられて行動しているような印象を受けますよね。

ちなみに分かっている範囲で、メンバーはHIDE、navi、92、SOHの4人から形成されています。

顔が判明していない分、プロフィールなどは後悔されているようで、経歴や趣味、好きな食べ物なども色々明らかになっています。

GReeeeNさんの作る楽曲は明るく、青春を感じさせるような音楽がたくさんあり、正統派な元気が出る曲が多く感じます。

その中でも、「友達の唄」はまさに青春ど真ん中をうたったような曲であり、歌詞の節々がぐっとくるような言葉を用いられており、心に持つ譲れない一本の道など、素敵な言葉を用いている曲です。

様々な困難がこれから迫り来たとしても、いつまでもみんなで傷を分かち合いながら頑張っていこうというような内容の歌詞になっています。

友達と一緒にこれからも心の絆でつながりあっていたいという気持ちを感じながら聞きたい曲であるといえます。

RADWINPS「リユニオン」

次のご紹介するのはRADWINPSさんの「リユニオン」です。

RADWINPSさんは4人組のロックバンドであり今かなり急上昇の話題のバンドとしてたくさんの方からの支持を得ているバンドです。

RADWINPSさんはメンバーの野田洋次郎さん、桑原彰さん、武田祐介さん、山口智史さんの4人で構成されており、RADWINPSと言うバンドの意味はすごい、強い、いかした、と言う意味合いのアメリカ英語であるradと弱虫、意気地なし、というwimwsを組み合わせた造語として命名されています。

つまり簡単に説明するとかっこいい弱虫や見事な意気地なし、腰抜け野郎、真性のびびり野郎などという意味を持っており、このような意味合いを考えるとBump of chicken さんと少し似ている部分があるかもしれないですね。

メンバーでありボーカルの野田洋次郎さんは様々な多彩なスキルを発揮しており、音楽活動だけではなく俳優活動などにもチャレンジしているアクティブな男性です。

元々実力のあるバンドとしてたくさんの人から支持を得ていましたが、さらにRADWINPSさんが活躍する場を得るきっかけとして、昨年公開された映画の「君の名は」で楽曲を担当していたことから認知度がうなぎ登りに急上昇して、まさに国民的バンドといってもおかしくないくらい有名になりました。

RADWINPSさんの代表的な楽曲は、様々ありますが、やはり君の名はで知名度を上げた前前前世が一番有名だといえます。

ボーカルである野田洋次郎さんは透き通った声で、比較的男性の中でも高い声であり、聞きざわりの良い歌声の持ち主です。

やはり、ロックバンドであり、疾走感のある楽曲がかなり多くなっており、駆け抜ける疾走感が心地よく、自分のモチベーションを上がられるような楽曲がたくさんあります。

今回ご紹介するリユニオンに関しては、友達の意味なんか知らないけど、気付けばかけがえのない友達になっていた、というような心情を表した曲になっており、リユニオンという言葉の意味は再開という言葉の意味を持っています。

若干ラップ調な感じで一定のリズムに基づいた音楽であり、一つ一つの言葉が友達という存在を大事に感じさせてくれる曲になっています。

福山雅治「友よ」

次にご紹介するのは福山雅治さんの「友よ」です。

福山雅治さんといえば、知らない人はいませんよね。

福山雅治さんは1969年2月6日生まれの48歳で長崎県長崎市出身のシンガーソングライターでありタレントであり俳優音楽プロデューサーなどの様々な肩書きを持っているアーティストです。

福山雅治さんは歌声もさることながら演技力なども確かなものを持っており幅広い活動を行っていることでも知られています。

端正なルックスを生かし、なおかつ確かな演技力でテレビドラマなどもたくさんの主演を飾っており映画なども主演をいくつも務めた事もある、まさにすべてにおいて実力のある男性です。

ちなみにたくさんの方が知っている通り福山雅治さんはラジオパーソナリティと一緒の顔を打っておりデビュー間もない頃から今現在も続けられており、そのキャリアはもう20年以上にもなると言われています。

意外かもしれませんがテレビではそこまで見せませんがラジオに関しては下ネタなどをたくさん好んで話しておりかなり過激な内容なども話してることで知られています。

もともと福山雅治さんは中学生の時にギターを弾き始めて友達とバンドを結成して体育館でライブ活動を行なったりもしていました。

またそれとは別にお兄さんとバンドを組んで活動していたりしていましたが結局は会社に勤める様になり次第に音楽への想いが止まらなくなり、 たった一人で上京して有名になるために努力を行っていたそうです。

最終的にはオーディションに応募して受かり、今現在とどまることなく活躍し続けています。

福山雅治さんはキャリアも長く、たくさんの曲を出しているので、すべてがかなりの知名度を誇っているので、どれも有名な曲ばかりですが、その中でも桜坂などはかなり有名で誰もが聞いた事がある曲であると言えます。

福山雅治さんの歌声は渋くて深みのある声でありながら、クリアな聞きざわりで心に残るような歌声です。

また、ギターが上手なので、「友よ」の楽曲に関してはギターを弾きながら自身の歌声を聞く事が出来る楽曲になっています。

最初はリズムに合わせた弾き語りですが、後半になるにつれて徐々に激しくなっていく所が注目だといえます。

歌詞なども含めて、熱い友情を感じさせるような男らしい歌詞になっているので、男性の友情を感じられるような曲だといえます。

FUNKY MONKEY BABYS「ちっぽけな勇気」

次にご紹介するのはFUNKY MONKEY BABYSさんの「ちっぽけな勇気」です。

FUNKY MONKEY BABYSさんは二人のボーカルと一人の DJの合計3人で編成されているグループでありメンバー全員が東京都八王子出身のグループです。

グループ名の由来としてはもともとその活動を行ってきたファンキー加藤がモン吉とグループを結成してファンキーという名前とモンキーと言う名前が組み合わさり、FUNKY MONKEY BABYSになったそうです。

結成当初はライブ DJとして参加していたDJケミカルに関しては後ほど正式なメンバーとして加入し合計3人で活動を行っていました。

2004年から2013年まで活動し、そこからは解散してしまっていますが、今でもその情熱を強く感じるような歌声にいやされているファンはかなり多いです。

ファンキー加藤さんは今はソロ活動などを行っており、FUNKY MONKEY BABYSの音楽なども歌っているそうです。

FUNKY MONKEY BABYSの楽曲は先ほどもお伝えした通り、熱い内容が多く、熱いメッセージ調の強い歌詞が多く、聞いているだけで力がみなぎるような、勇気を与えてくれるような楽曲がたくさん存在しています。

その中でも、FUNKY MONKEY BABYSのちっぽけな勇気はかなり知名度を誇っており、FUNKY MONKEY BABYSを代表する音楽といっても過言はありません。

疾走感あふれる曲調でありながら、FUNKY MONKEY BABYSの歌声が流れるように素敵な歌詞を歌っている曲です。

歌詞がまるで自分に問いかけるような内容になっており、自分を奮い立たせてくれるような、聞き終わった後に元気が出るような曲になっている事と、友達の大事さを再認識させてくれるような曲になっています。

西野カナ「Best Friend」

次にご紹介するのは西野カナさんの「Best Friend」です。

西野カナさんは1989年3月18日生まれの三重県松阪市出身の歌手であり作詞家です。

西野カナさんといえば可愛らしいルックスと確かな歌唱力を発揮してた、歌詞のメッセージ内容からはたくさんの女性から支持を得ているアーティストです。

また西野カナさんは音楽活動だけではなくファッションリーダーとしての一面も持っており彼女のファッションなどについても10代から20代の女性から幅広く指示をされているので様々な分野で活躍している女性だと言えます。

また、西野カナさんは話し方が伊勢弁を使っているのでとても可愛らしく人間性の部分に関しても憧れを持たれているともいえます。

西野カナさんはデビュー以来ほぼ全ての楽曲の作詞を自分自身で行っており、自分が歌う以上は自分の思いを伝えたいし、そうすることで自分自身、つまり西野カナ自身のことを知ってもらえると思うようになり自ら歌詞を書いた楽曲を発表されています。

博士に関してはかなりこだわりを持って来なっており以前音楽番組に出演した時も例えば同じ君って、と君って、という言葉でもニュアンスや思いが違えば、いろんな意味で捉えてもらえるようになると発言しており、発音などに関してもかなり細かく計算されて歌を作っているといえます。

西野カナさんの作っている楽曲はやはり若い女性が作っていることもあり現代チックな若い女性の恋愛の悩みなどについて歌詞にしている場合が多くあり、例えば今までの曲と少し違うのは若者が携帯を多く扱っていることから携帯の文化を歌詞の中に取り入れたりして、現代の女性たちの共感をたくさん得られる様な内容となっています。

西野カナさんの有名な楽曲としては会いたくて会いたくてがかなりの知名度を誇っていると思います。

そんな西野カナさんの今回ご紹介する曲は「Best Friend」ですが、 現代の文化を混ぜた歌詞として 真っ先にメールをくれる優しさに というような歌詞からもわかる通り、現代の若者が共感できるような歌詞がたくさん取り入れられており、まさに西野カナワールドともいえる曲です。

西野カナさんはその歌声も女性ならではの、綺麗で安定した高音域なども聞いていると癒され、魅力であり特徴です。

その高い歌唱力と共感できる歌詞から、一番有名な曲であるともいえる代表曲となっています。

SMAP「Best Friend」

次にご紹介するのはSMAPさんの「Best Friend」です。

Smap さんと言えば誰もが知っている国民的グループですが5人のメンバーからなるアイドルグループです。

今更紹介するまでもないかと思いますがリーダーである中居正広さん、 木村拓哉さん、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの5名からなるジャニーズのグループです。

老若男女問わず幅広い支持を得ていたまさに国民的グループでありメンバーの活躍なども幅広く今でもそれぞれが個人でそれぞれの道で活躍している方たちばかりです。

ドラマの主演を飾る様な俳優業で活躍している人もいれば、さまざまなバラエティー番組などで MCを行いリーダーシップを発揮している人もいれば、自分の冠番組を持ってバラエティなどで活躍していたり、映画などに出演して主演を飾っている人など様々な活躍を交換行っているまさにカリスマ性を持った人たちばかりだと言えます。

SMAPさんの歌う曲は歌唱力自体はとても高いものではありませんがどんな人でも気軽に歌うことができるような曲調の音楽が多くなっており幅広い世代から簡単に歌えることができる曲ばかりとなっています。

smap はたくさんの曲を発売しているのでとても有名な曲ばかりで代表的な曲と言われるとなかなか難しいかもしれませんが夜空の向こう、らいおんハート、世界に一つだけの花などはかなり認知度が高い曲であると言えます。

そんな中から友情を歌った曲として「Best Friend」が挙げられます。

Best Friendは 元々NHKのみんなの歌のために作られた楽曲でありこの頃は元メンバーであった森且行さんが在籍していた時期でもあったのでリーダーである中居正広さんはこの曲を聴いたら当時を思い出していつも泣いてしまっているようです。

もともと歌詞の最後の僕のベストフレンドはママはベストフレンドという歌詞で形成されていたようですが、CD化される際に作品のコンセプトがグループの絆とや友達の大切さを歌ったものに変更されたことで歌詞も変更されたようです。

Best FriendはSMAPさんの優しい歌声に包まれて、素直にストレートに心の訴える歌詞が魅力的で、聞くだけで大事な友達を思い出させてくれるような歌詞や曲になっています。

亀梨和也「絆」

次にご紹介するのは亀梨和也さんの「絆」です。

亀梨和也さんは1986年2月23日生まれの歌手であり、俳優、タレントです。

男性アイドルグループのKATーTUNで活躍しており、ジャニーズ事務所に所属しています。

亀梨和也さんは多彩な才能を持っており、ジャニーズとしてのアイドル活動以外にも、野球経験者なので、その身体能力から、プロ野球選手の練習などにも参加し、一緒に練習したりする姿が放送されたり、キャスターとしても活躍するなど、枠に収まらない活躍を行っています。

そんな亀梨和也さんですが、代表的な曲は様々ありますが、個人として活動している曲の中には亀梨和也さんが歌う絆がかなり有名になっています。

元々この曲はごくせんで使用されていた曲でもあります。

ごくせんは超人気テレビドラマであり、当時ごくせんを見ていた方からするととても懐かしい曲だと言えます。

ごくせんはヤンキー高校が舞台になっており、クラスのヤンキーたちが問題を起こしたりしながらも、熱い友情を持っている仲間たちと一緒に卒業を目指していくという内容になっています。

そんなドラマで歌われている絆は当時見ていた青春時代を迎えている人達からすると思い出の曲である事も多いと思います。

絆は歌いやすい曲でもあり、たくさんの人からカラオケなどでも歌われている人気の曲であり、歌詞もそのタイトルの通り、絆の深さを感じさせられるような歌詞になっており、まさに青春時代を一緒に過ごしてきた友達と一緒に歌ったり、聞きたい曲であるといえます。

️卒業式や結婚式で歌っちゃう?!

いかがでしたでしょうか?
今回は友達をテーマにしておすすめの友情ソングなどをご紹介していきました。

ご紹介した曲はどれもがかなり有名な曲なので、知っている曲がたくさんあったかもしれませんが、認知度が高い曲は幅広く誰もが知っている曲なので、思い出を共有できやすい曲であるともいえます。

今まさに青春を感じている人は青春を思い出させてくれる大切な曲にしてみてください。

卒業式で一緒に歌っても良いですし、結婚式などで懐かしい曲などを歌ってみるのも面白いかと思いますよ。