高校生の頃から音楽で何かをしていたという人が多いと思います。

例えばバンドなどを組んでライブをしていたりしたという人が多いのではないでしょうか?

またバンドをする際には様々な役割がありますよね。

まずはギターをする人、ギターというのは手の動きができないとする事は難しいです。

それと同じようにベースもそうだと思います。

ベースをする際には抑える指というのがあり、様々な指を1つずつ正確に押さえなければいけません。

またドラムは少し特殊であり、ドラムをする際には様々なリズムで叩かなくてはいけません。

ドラムの初心者がよくしてしまうことの1つには手と足が一緒に動いてしまうなんていう事もあったのではないかと思います。

どれも慣れというものが必要になるので大変に思いますよね。

そんな中で重要な役割が後1つあります。

ボーカルです。

ボーカルというのはバンドを組む際にも大事なことであり、要とも言えますよね。

ボーカルというのは歌を歌う人ですが、中にはギターを弾きながらボーカルをするという人もいます。

ボーカルがいるからこそ歌というのがあり、バンドというのがあるものですよね。

皆さんもカラオケなどには行ったことがあるのではないでしょうか?そこでは歌う場所にもよりますが、中にはステージの様な場所で歌うこともありますよね。

ボーカルというのは基本的にそのバンドの中でも中心にいなければいけません。

歌う人が隅の方にいるという事はありえないですよね。

センターに必ずいると思います。

そんなボーカルというポジションも人気のある役割で、歌いたいという人が数多くいると思います。

今回はそんなボーカルをするための条件と、ボーカルに向いている人についてお話をしたいと思います。

ただ歌うことが上手いだけではボーカルを務めることは難しいですよね。

バンドでライブなどをする際にはトーク力となるものであったり、何よりも歌うために必要な「喉」が大事になってきます。

誰もがカラオケでボーカルになれますが、実際にバンドを組んで歌う際には1人か2人となってしまうので、その際にいかにボーカル向きなのか、ボーカルに向いている人の特徴というものはどの様なものなのかについてお話をしたいと思います。

ボーカルというのは誰もが憧れたものではないでしょうか?今の人達にとって音楽というものは常に生活と共にあるものですよね。

ではどの様な特徴やボーカル向きなのであるか詳しく見てみたいと思います。

️ボーカルが向いている人

ボーカルの人のイメージとはどの様なものがありますか?ボーカルが向いているという人はどの様なものが考えられるのでしょうか?例えば歌が上手いというのもあるでしょう。

ではそれ以外にはどの様なものが挙げられますか?

ボーカルになりたいという人もいるかもしれません。

バンドはしたいけれど楽器ができないからボーカルをするなんていう事もあったのではないでしょうか?

ボーカルが向いている人というのは基本的には歌うことが好きだという事が大前提です。

嫌々で歌うような人にはまず向いていないという事ですね。

では他にはどの様な人が向いているのでしょう?

歌を歌うという事は喉を使うという事でもありますよね。

1曲だけ、2曲だけ歌って喉が疲れるとなった場合は大丈夫かな?とも思うのではないでしょうか?ボーカルが向いている人というのは喉も大丈夫でなくてはいけません。

練習の時はカラオケの時の様に何十曲と歌うことが多いです。

実際に弾いたり演奏したりする曲というのは数曲だけかもしれませんが、ボーカルが向いている人というのはこの様なこともあるので覚えておくようにしましょう。

️ボーカルになれるとき

ではそんなボーカルになれる時というのは一体どの様な時でしょうか?

例えばバンドを組んだりするという事もあるでしょうし、軽音部だったなんていうのもあるかもしれません。

また普段皆さんが経験する中でボーカルになれる時というのはカラオケで歌う時なのではないかとも思います。

ボーカルになれる時というのはこの様な時にあるのではないかと思います。

では詳しく見てみたいと思います。

バンドを組む


バンドを組む時にボーカルになれると思いますが、同じような人がいた場合は分けたりしましたよね。

例えば軽音部の人というのは人数も多く、ボーカル志望の人が多かったのではないかとも思います。

バンドを組む機会というのはこの様に学校で組むという事もあれば別のところで組んだりしますよね。

最近ではSNSなどもあり、連絡などのやり取りがとてもしやすい環境になっています。

SNSで募集をかけて集めてバンドをしたり、またライブハウスなどで募集をかけたりするという事もできるでしょう。

バンドを組むという方法はいくつもありますが、皆さんが経験した時はどの様な時だったのでしょうか?

他校の人とバンドを組んでいるという人はとても良い経験をしたのではないかとも思います。

またかけもちをしているというのもあるでしょう。

バンドを組む際にはかけもちをしてやっているという人も少なからずいるのではないかと思います。

出し物の一環

出し物の一環でするという様なこともあるかもしれません。

これは中学校や高校に通っている人であれば解りますが、文化祭などでするという様なことです。

楽器が演奏できるという人だけを集めて出し物をするという様なこともできると思います。

特に中学などの時はまだ楽器に触れるという事が少ないのでそこで出し物でかっこよく歌うことができればとても人気者になるのではないでしょうか?

中学生の時にはまだ恥じらいというものがあって新鮮味を感じるという人も多いのではないかと思います。

カラオケで歌声披露


誰でも経験があるかもしれないのがカラオケです。

そのカラオケでは誰もがボーカルになれますよね。

歌うことが好きだという人、週に1回はカラオケに行くという人、様々な人がいると思いますが、カラオケというのはとても楽しいですよね。

皆でまわしながら歌ったり、一緒に歌ったりすることもできますし、カラオケでそれだけ披露をする事ができたのであればとても良いものだとも思います。

️パートを決めるにあたってボーカル向きをの人を選ぶ

パートを決めるにあたってボーカル向きの人というのはどの様な人がいるのでしょうか?考えたことはありますか?例えばボーカル向きの人を選ぶ際に大事な事というのはいくつかありますよね。

歌が上手いという事であったり、喉が大丈夫であったりと様々あると思います。

ですがボーカルになりたいという人が多くなればどの様にして決めれば良いのでしょうか?実際にボーカルをしたいという人は多いはずです。

ですがパートを決めるにあたってボーカルが多ければ身を引くという選択肢もあるかもしれません。

他の楽器ができるのであればそちらをしてみても良いですが、どうしてもボーカルをしたいという時がありますよね。

ではボーカルに向いている素質というものはどの様なものがあるか考えたことはありますか?

ボーカルに向いている素質

ボーカルに向いている素質というのは様々あります。

例えばボーカルをしているという人は基本的にそのバンドのリーダー的存在の人が多いですよね。

ボーカルに向いている人というのはそれなりの理由があると思います。

もちろん歌が上手いというのもありますが、基本的にリーダーをする人が多いのでその人達をまとめる役にもうってつけという事です。

ボーカルの素質というのは様々ありますが、一番良いのは全員をまとめあげる力があるという事、そして何よりも自分が好きであるという事です。

ボーカルというのは特に目立ちますよね。

例えば周りの楽器弾いている人達が上手くてもボーカルの人が下手であれば意味がないです。

それに似合うような人にならなくてはいけないので、時には辛いことも多くあるのではないかとも思います。

️ボーカルに向いている人の21個の条件

ではそんなボーカルに向いている人の21個の条件というものについてお話をしたいと思います。

例えばボーカルに向いている人というのは歌声が綺麗であったり、リズム感があったりする人が向いていたりしますよね。

仮に自分が演奏をする側、ギターやベースなどをしている際にどの様な人にボーカルになって欲しいかという事を考えると解りやすいのではないでしょうか?

この様な人にボーカルになって欲しいと言うようなことをしてみてはいかがでしょうか?
他にもどの様なことが思い浮かびますか?喉が強い人だと練習も多くできたりしますし、何よりも周りの人を大事にできるという人もなって欲しいですよね。

この様にボーカルに向いている人というのは様々な要望を全て揃っているという人です。

ボーカルに向いている人というのは様々なところでこの条件を次第に身に着けたり、最初から素質があったりするという様なことになるのです。

ではその21個の条件について詳しく見てみたいと思います。

実際にボーカルをしたことがあるという人は、是非その時の自分に思い宛ててください。

歌声が綺麗

歌声が綺麗だという条件があるでしょう。

歌声というのは何よりもバンドを組む時に大事なことであり、歌声があるからこそ歌というものがより響きます。

その歌声が綺麗な歌声で発することができるのであれば、それはとても素晴らしいものになるでしょう。

また歌声が綺麗な人というのはその声自体にも特徴的です。

人により声が違い、似たり寄ったりしますが、その人が普段から話す声というものに独特なものを感じませんか?

またそれとは裏腹に歌う時に声が変わるという人もいますよね。

歌う時だけ裏声などを巧みに使い、綺麗に発することができる人もいるのです。

歌声が綺麗だという事はそれほど周りにいる人達を魅了することができるという事なのです。

ボーカルをする人にとっては大事なことなのではないでしょうか?

歌が上手い

そして歌が上手いという事も大事になります。

例えば歌手の人というのは様々な特徴のある歌声で歌いますが歌が上手い人が多いですよね。

ボーカルをするのであれば歌も上手い方が味があり、そして周りを惹きつけることができるようになります。

いろいろな人が違う歌を歌ったりする際にもその人の独特な上手さを感じるのではないでしょうか?

ライブなどでよく歌手の人が違う歌手の歌を歌ったりすることがあるのではないかと思います。

その様なことがあった場合にはよくその歌を聞いてみてはいかがでしょうか?

歌が上手いと同時にその人の特徴を捉えた歌が聞けるのではないかと思います。

リズム感がある

歌う人もリズム感というものが大事になります。

リズム感があると、歌う際にもリズムよく声を出すことができるでしょう。

自分自身も皆と同じで演奏をしているかのように歌うことができます。

よく体でリズムを取っている人もいますよね。

実際に歌う時というのはとても気持ちが良いものです。

その際に曲のリズムにのって歌うというのはとても良いことなのです。

最近ではこの様な人をあまり見かけません。

ですが心の中でリズムを取っている人も多くいるので、歌う際にはぜひリズム感を取ってみてはいかがでしょうか?

リズム感があると周りともあわせることができやすいので、ボーカルに向いている人にとっては大事になることでしょう。

自己プロデュース力がある

自己プロデュース力があるというのも大事なことです。

例えば自分で何かを企画するとなった時にどの様に考えたりしますか?良いものにしようと様々なことを考えるのではないかと思います。

ボーカルをする時にもどの様に歌うのか、楽しく歌うのか悲しく歌うのか、周りとの息も合わせないといけません。

バンドという1つのグループではボーカルの人がリーダーをする事が多いですが、自己プロデュース力があるからこそリーダーをすることができるのです。

この様にしよう、このようにしてみてはどうだろうか?と自分のことも考えながら他の人達のことも考えられるような人であるとボーカルの素質があるのではないかとも思います。

練習に耐えられる

何よりも練習というものが大事になりますよね。

練習に耐えられる人であればあるほど何度も時間をかけて練習をする事ができるのではないでしょうか?

また、練習に耐えられるという事はそれほど持久力もあるという事です。

実際にバンドをする際に、何よりも体力が消費をされることが多いのが特徴で、声や喉より先に体が疲れてしまうなんていう事もあるのではないでしょうか?

それはボーカルの人もそうですが、弾いている周りのメンバーも同じことが言えると思います。

練習に耐えられるからこそ、何度もやって上達をするものです。

ボーカルの人は特に歌うという事で喉を酷使しすぎないようにも注意をすることが必要になるでしょう。

集中力がある

数曲を歌い続けるというのはとても集中力がいることです。

1つのバンドに対して例えば3曲から5曲ほど歌うとします。

時間にしても30分くらいはあるでしょう。

その中で歌っている時にどれだけ集中をして歌うことができるかが重要になってきます。

集中力というのは歌う時に集中をいかにできるかという事です。

歌に集中をしないと歌声も変になってしまいベストコンディションで歌うことが厳しくなります。

よくあるのが途中のトークの時に休憩をして、そこで集中力を蓄えるというような方法を取ったりもします。

休憩時間というようなものですね。

ですが常に集中してい続けるというのは強い精神力が必要になるでしょう。

プレッシャーであったり、緊張で集中力が途切れるというような事がないようにすることが大切になります。

喉が強い

喉が強い人もボーカルに向いている人の条件の1つです。

ボーカルにとってはとても大事なものですよね。

その喉が仮に弱い状態だと数曲歌っただけで喉を潰してしまいます。

ですが喉が強いのであれば練習も多くすることができますし、また喉を痛めたりするというような事がありません。

ですが大事なのは練習の時でも適度な休憩です。

練習の時に何曲も連続で歌い続けるという様なことをせずに、本番と同じようなペースでの歌い方をすると良いでしょう。

そうする事で酷使しなくて済みますし、本番と同じ緊張感で練習をすることができるようになります。

自己顕示欲が強い

自己顕示欲というものをご存知でしょうか?

自己顕示欲というのは簡単に言うと自分のことをアピールしたいという欲求のことを言います。

自己アピールというものは基本的にボーカルの人がする事により、より目立つことができます。

自己顕示欲があるからこそそのバンドを盛り上げたり、周りの人をも巻き込むくらいに盛り上げたりすることができます。

自分をアピールするという事は、そのバンドの持ち味を出しているという事と同じになるので自己顕示欲というのはとても大事なことになるのです。

自分をさらけ出せる

自分をさらけ出せる人はどれくらいいるのでしょうか?自分をさらけ出せるという事はそれほど自分の事に自信があるという事です。

ボーカルをする際には他には負けないくらいの全力の自分自身を出す必要があります。

仮にそこで負けてしまっていてはそのバンドもそこまでになってしまうという可能性があります。

より自分達のバンドなどを見せてもらうためにボーカルの人というのはその味を出して、皆に広めていくことが大事になるのです。

ボーカルの人が目立てば、見に来ている人も覚えやすいですよね。

自分をさらけ出すというのはその様なこともするので、大事な条件になることでしょう。

演技力がある

演技力があるというのも大事です。

演技というのは歌う時にどの様にして歌うことができるのかという事です。

例えば歌う時でも棒立ちでそのままマイクを持って歌うだけでは意味がないですよね。

演技力があるからこそパフォーマンスというものがあると思います。

楽しい時はより体を全身使って歌うという事も大事になります。

演技力というのはその様なこともあるのです。

演技力の差でもバンドによっては盛り上がりが違いますよね。

例えばカッコイイと思うのもあれば、可愛いバンドだなと思うのもあると思います。

そのバンドの持ち味を出すためにも演技力というものが必要であり、ボーカルとして引っ張っていくには自分自身がまず楽しく動くことが必要になるのです。

演技力というのは様々な方法でありますが、その様なことをしていないというボーカルの人は是非歌う際に、感情を込めて歌ったり、体を動かして歌ってみてはどうでしょうか?
恥じらいというものは無いはずです!

カッコつけられる

カッコつけられるととてもボーカルとしてはカッコイイですよね。

カッコつけることは決して恥ずかしいことではありません。

特に歌うボーカルではそのカッコイイという事を出して人気を得ることもできるからです。

歌の質やパフォーマンスも大事にはなりますが、その時にカッコつけなければ折角の持ち味なのに残念になってしまいます。

カッコつけられる人というのは基本的に自分の事をよく知っている人です。

どの様にしたらカッコつけれるようになるのか、どの様に歌うとよりカッコよく見えるのかなど、その様なことを考えることで個人の持ち味であったり魅力というものが引き出されるのです。

悪口を真に受けない

悪口を真に受けない人もボーカルの条件の1つです。

ボーカルをするという事は、それほど同時に他の人達とライバルになったり、バンドを組んでいるという人は好き嫌いでファンがついたりつかなかったりしますよね。

今ではSNSというようなものがあり、そこでファンとの交流をすることができますが、悪口を真に受けないという事が何よりも大事になります。

悪口を真に受けてしまったりすると、ずっと気にしてしまい折角の持ち味などが台無しになってしまいますよね。

悪口があるという事は常に当然だと思うくらいの気持ちで望まなければいけません。

有名な人でもファンの人とアンチと呼ばれる人とで分かれますよね。

あなた自身のことを好きなファンと、苦手だ、嫌いだという人とで分かれてしまうのは仕方ないことなのです。

当たり前と思っていると気持ちも楽になるので、その様な精神を持つことが大事になるでしょう。

緊張しない

緊張をしないというのも大事なことの1つです。

例えば緊張して歌えなくなったり声があまり出なくなったりするというような事もあると思います。

緊張をすることで人というのは声を出せなくなったり、また頭が真っ白になってしまって歌詞が出てこないなんていうような事もあります。

緊張をするという事はそれほど自分を追い込んでしまっているという事にも繋がります。

緊張というのはあって当然のことでもありますが、その緊張に慣れる必要もあります。

バンドを組んでボーカルをするからにはその緊張と常に向き合う日々になるからです。

自分の独壇場かのように歌声を披露する場所でもあるので、緊張をしすぎないようにしましょう。

自分が大好き

自分が大好きだからこそボーカルというものができるようになります。

自分が大好きということはそれほど自分にも自信があるという事です。

ボーカルをする上では同じようにボーカルをする人が多くいると思います。

その中で弱気になってしまってはいけません。

そして何より自分が大好きであるという事で、自分の声であったり歌っている姿が何よりも好きでないといけないのです。

もしこの様な気持ちが無ければボーカルというのはとても難しいものだと思います。

何故ならその様な考え方をしてしまったら「他の人でボーカルは良いのでは?」という様な考えになってしまうからです。

自分が大好きだからこそボーカルというのはできるので、自信が持てるという人、自分自身が大好きだという人でないと務まらないでしょう。

周りの人を大事にできる

何よりも周りの人を大事にすることができる人でもあります。

基本的にバンドというのはそのボーカルだけではなく、ギターやベース、ドラムがいるからこそバンドというものが成り立っているのです。

またファンの人達がいるからこそ何度も歌いたいという気持ちが出てくるでしょう。

そんな人達のことも大事にすることができる人でなければボーカルを務めることは難しいです。

周りの人を大事にすることができる人というのはどの様な人でしょうか?きっと信頼も厚いのではないかと思います。

周りの人を大事にできるからこそ、また頑張ろうという気持ちにもなれるのでボーカルをする上では必須な条件となるでしょう。

見た目に華がある

見た目に華があるからこそ人というのはそのステージに立つことができます。

ボーカルというのはいわゆるそのステージの華的な存在です。

それは歌声だけではなく、見た目も重要ですよね。

例えば女の子が可愛い姿であればより可愛くなるでしょうし、男の子がカッコイイ姿であればよりかっこよく思いますよね。

特に歌っている姿というのはその様に感じられると思います。

見た目というのも特に重要なので十分にオシャレをしてみてはいかがでしょうか?

目立ちたがり屋

目立ちたがり屋というのもあるでしょう。

ボーカルをする際には引っ込みがちになってしまっては意味がありません。

目立つからこそボーカルの人はとても重要な存在であり中心にいるのです。

バンドの中でもボーカルがいなければ話になりません。

目立てば目立つほどよりボーカルとしての仕事を果たせるのではないかと思います。

歌うにしろ周りが目立っていては仕方ないですよね。

目立ちたがり屋というのは実はボーカルになる際の条件なのでバンドをする際には頑張って目立つようにしましょう!

恥じらいを捨てられる

恥じらいというものを捨てることが大事です。

ボーカルをするという事は皆の前に立つという事でありそこで歌うという事は、そこでパフォーマンスをしなくてはいけません。

恥じらいというものは基本的にバンドをする際にはいらないです。

何故なら主役は自分自身だからなのです。

その様な人はたくさんいますが、恥じらいを捨てて自分自身を出すことができる人がボーカルとして輝けるのではないかとも思います。

恥じらいを捨てられるというのはとても大事なことなのでボーカルになりたいという人は覚えておくようにしましょう。

個性がある

個性があるというのも大事なことです。

同じような人というのはいっぱいいます。

ボーカルでも似たようなバンドというのはいますよね。

ですがそれでも成り立っているのはボーカルの個性があるからこそです。

仮に個性が無ければ有名などにはならずに、そのままで終わってしまうことでしょう。

個性があるからこそ人というのは魅力を出すことができるので、個性を持って歌ってみてはどうでしょうか?例えば歌い方も変えたりしてみても良いのではないでしょうか?

パフォーマンス力がある

パフォーマンス力があるととても周りを引き込むこともできます。

ボーカルというのはパフォーマンス力も求められるのでとても大事なことなのです。

ボーカルの人が盛り上げることで周りも盛り上がることができますよね。

それほど大事な役割であるという事なのです。

パフォーマンスをするのとしないのでは大きな差も出てしまいます。

いかに引き込むことができるかというのが大事になるのでボーカルはそこでも見られることが多いのです。

トークができる

トークができるというのも大事です。

常に歌い続けるという様なことではなく、時にはトークをして雑談をするというような事もあると思います。

トーク力があるのと無いのでは差が出てきてしまいます。

トークを聞いて好きになったバンドというのもあるのではないでしょうか?トーク力があるからこそ場の空気を掴むことができるのです。

とても大事なことなので覚えておくようにしましょう。

️ボーカルの向き不向きはこれで見極めよう

いかがでしたか?

ボーカルの向きや不向きというのはこの様な条件があるので、それを見極めてボーカルを探したり、ボーカルをしてみてはいかがでしょうか?

誰もがボーカルになりたいと思ってボーカルを志望したりしますが、多くの人がやり続けることに挫折をしてしまっています。

それはボーカルの厳しさというものを知ってしまったからのもありますし、また他の楽器をしてみたいからという事もあるかもしれません。

ですがボーカルをする人というのは基本的にこの条件が揃っている人が多ければ多いほどボーカルとして活躍をすることができる人ということなのです。

ボーカルを迷っているという人は、まずこの条件をみて見極めてみてはいかがでしょうか?