CoCoSiA(ココシア)

ボーカルをやる人の21個の条件。これが揃っていればセンター向き!


高校生の頃から音楽で何かをしていたという人が多いと思います。

例えばバンドなどを組んでライブをしていたりしたという人が多いのではないでしょうか?

またバンドをする際には様々な役割がありますよね。

まずはギターをする人、ギターというのは手の動きができないとする事は難しいです。

それと同じようにベースもそうだと思います。

ベースをする際には抑える指というのがあり、様々な指を1つずつ正確に押さえなければいけません。

またドラムは少し特殊であり、ドラムをする際には様々なリズムで叩かなくてはいけません。

ドラムの初心者がよくしてしまうことの1つには手と足が一緒に動いてしまうなんていう事もあったのではないかと思います。

どれも慣れというものが必要になるので大変に思いますよね。

そんな中で重要な役割が後1つあります。

ボーカルです。

ボーカルというのはバンドを組む際にも大事なことであり、要とも言えますよね。

ボーカルというのは歌を歌う人ですが、中にはギターを弾きながらボーカルをするという人もいます。

ボーカルがいるからこそ歌というのがあり、バンドというのがあるものですよね。

皆さんもカラオケなどには行ったことがあるのではないでしょうか?そこでは歌う場所にもよりますが、中にはステージの様な場所で歌うこともありますよね。

ボーカルというのは基本的にそのバンドの中でも中心にいなければいけません。

歌う人が隅の方にいるという事はありえないですよね。

センターに必ずいると思います。

そんなボーカルというポジションも人気のある役割で、歌いたいという人が数多くいると思います。

今回はそんなボーカルをするための条件と、ボーカルに向いている人についてお話をしたいと思います。

ただ歌うことが上手いだけではボーカルを務めることは難しいですよね。

バンドでライブなどをする際にはトーク力となるものであったり、何よりも歌うために必要な「喉」が大事になってきます。

誰もがカラオケでボーカルになれますが、実際にバンドを組んで歌う際には1人か2人となってしまうので、その際にいかにボーカル向きなのか、ボーカルに向いている人の特徴というものはどの様なものなのかについてお話をしたいと思います。

ボーカルというのは誰もが憧れたものではないでしょうか?今の人達にとって音楽というものは常に生活と共にあるものですよね。

ではどの様な特徴やボーカル向きなのであるか詳しく見てみたいと思います。

️ボーカルが向いている人

ボーカルの人のイメージとはどの様なものがありますか?ボーカルが向いているという人はどの様なものが考えられるのでしょうか?例えば歌が上手いというのもあるでしょう。

ではそれ以外にはどの様なものが挙げられますか?

ボーカルになりたいという人もいるかもしれません。

バンドはしたいけれど楽器ができないからボーカルをするなんていう事もあったのではないでしょうか?

ボーカルが向いている人というのは基本的には歌うことが好きだという事が大前提です。

嫌々で歌うような人にはまず向いていないという事ですね。

では他にはどの様な人が向いているのでしょう?

歌を歌うという事は喉を使うという事でもありますよね。

1曲だけ、2曲だけ歌って喉が疲れるとなった場合は大丈夫かな?とも思うのではないでしょうか?ボーカルが向いている人というのは喉も大丈夫でなくてはいけません。

練習の時はカラオケの時の様に何十曲と歌うことが多いです。

実際に弾いたり演奏したりする曲というのは数曲だけかもしれませんが、ボーカルが向いている人というのはこの様なこともあるので覚えておくようにしましょう。

️ボーカルになれるとき

ではそんなボーカルになれる時というのは一体どの様な時でしょうか?

例えばバンドを組んだりするという事もあるでしょうし、軽音部だったなんていうのもあるかもしれません。

また普段皆さんが経験する中でボーカルになれる時というのはカラオケで歌う時なのではないかとも思います。

ボーカルになれる時というのはこの様な時にあるのではないかと思います。

では詳しく見てみたいと思います。

バンドを組む


バンドを組む時にボーカルになれると思いますが、同じような人がいた場合は分けたりしましたよね。

例えば軽音部の人というのは人数も多く、ボーカル志望の人が多かったのではないかとも思います。

バンドを組む機会というのはこの様に学校で組むという事もあれば別のところで組んだりしますよね。

最近ではSNSなどもあり、連絡などのやり取りがとてもしやすい環境になっています。

SNSで募集をかけて集めてバンドをしたり、またライブハウスなどで募集をかけたりするという事もできるでしょう。