高校生の頃から音楽で何かをしていたという人が多いと思います。

例えばバンドなどを組んでライブをしていたりしたという人が多いのではないでしょうか?

またバンドをする際には様々な役割がありますよね。

まずはギターをする人、ギターというのは手の動きができないとする事は難しいです。

それと同じようにベースもそうだと思います。

ベースをする際には抑える指というのがあり、様々な指を1つずつ正確に押さえなければいけません。

またドラムは少し特殊であり、ドラムをする際には様々なリズムで叩かなくてはいけません。

ドラムの初心者がよくしてしまうことの1つには手と足が一緒に動いてしまうなんていう事もあったのではないかと思います。

どれも慣れというものが必要になるので大変に思いますよね。

そんな中で重要な役割が後1つあります。

ボーカルです。

ボーカルというのはバンドを組む際にも大事なことであり、要とも言えますよね。

ボーカルというのは歌を歌う人ですが、中にはギターを弾きながらボーカルをするという人もいます。

ボーカルがいるからこそ歌というのがあり、バンドというのがあるものですよね。

皆さんもカラオケなどには行ったことがあるのではないでしょうか?そこでは歌う場所にもよりますが、中にはステージの様な場所で歌うこともありますよね。

ボーカルというのは基本的にそのバンドの中でも中心にいなければいけません。

歌う人が隅の方にいるという事はありえないですよね。

センターに必ずいると思います。

そんなボーカルというポジションも人気のある役割で、歌いたいという人が数多くいると思います。

今回はそんなボーカルをするための条件と、ボーカルに向いている人についてお話をしたいと思います。

ただ歌うことが上手いだけではボーカルを務めることは難しいですよね。

バンドでライブなどをする際にはトーク力となるものであったり、何よりも歌うために必要な「喉」が大事になってきます。

誰もがカラオケでボーカルになれますが、実際にバンドを組んで歌う際には1人か2人となってしまうので、その際にいかにボーカル向きなのか、ボーカルに向いている人の特徴というものはどの様なものなのかについてお話をしたいと思います。

ボーカルというのは誰もが憧れたものではないでしょうか?今の人達にとって音楽というものは常に生活と共にあるものですよね。

ではどの様な特徴やボーカル向きなのであるか詳しく見てみたいと思います。

️ボーカルが向いている人

ボーカルの人のイメージとはどの様なものがありますか?ボーカルが向いているという人はどの様なものが考えられるのでしょうか?例えば歌が上手いというのもあるでしょう。

ではそれ以外にはどの様なものが挙げられますか?

ボーカルになりたいという人もいるかもしれません。

バンドはしたいけれど楽器ができないからボーカルをするなんていう事もあったのではないでしょうか?

ボーカルが向いている人というのは基本的には歌うことが好きだという事が大前提です。

嫌々で歌うような人にはまず向いていないという事ですね。

では他にはどの様な人が向いているのでしょう?

歌を歌うという事は喉を使うという事でもありますよね。

1曲だけ、2曲だけ歌って喉が疲れるとなった場合は大丈夫かな?とも思うのではないでしょうか?ボーカルが向いている人というのは喉も大丈夫でなくてはいけません。

練習の時はカラオケの時の様に何十曲と歌うことが多いです。

実際に弾いたり演奏したりする曲というのは数曲だけかもしれませんが、ボーカルが向いている人というのはこの様なこともあるので覚えておくようにしましょう。

️ボーカルになれるとき

ではそんなボーカルになれる時というのは一体どの様な時でしょうか?

例えばバンドを組んだりするという事もあるでしょうし、軽音部だったなんていうのもあるかもしれません。

また普段皆さんが経験する中でボーカルになれる時というのはカラオケで歌う時なのではないかとも思います。

ボーカルになれる時というのはこの様な時にあるのではないかと思います。

では詳しく見てみたいと思います。

バンドを組む


バンドを組む時にボーカルになれると思いますが、同じような人がいた場合は分けたりしましたよね。

例えば軽音部の人というのは人数も多く、ボーカル志望の人が多かったのではないかとも思います。

バンドを組む機会というのはこの様に学校で組むという事もあれば別のところで組んだりしますよね。

最近ではSNSなどもあり、連絡などのやり取りがとてもしやすい環境になっています。

SNSで募集をかけて集めてバンドをしたり、またライブハウスなどで募集をかけたりするという事もできるでしょう。

バンドを組むという方法はいくつもありますが、皆さんが経験した時はどの様な時だったのでしょうか?

他校の人とバンドを組んでいるという人はとても良い経験をしたのではないかとも思います。

またかけもちをしているというのもあるでしょう。

バンドを組む際にはかけもちをしてやっているという人も少なからずいるのではないかと思います。

出し物の一環

出し物の一環でするという様なこともあるかもしれません。

これは中学校や高校に通っている人であれば解りますが、文化祭などでするという様なことです。

楽器が演奏できるという人だけを集めて出し物をするという様なこともできると思います。

特に中学などの時はまだ楽器に触れるという事が少ないのでそこで出し物でかっこよく歌うことができればとても人気者になるのではないでしょうか?

中学生の時にはまだ恥じらいというものがあって新鮮味を感じるという人も多いのではないかと思います。

カラオケで歌声披露


誰でも経験があるかもしれないのがカラオケです。

そのカラオケでは誰もがボーカルになれますよね。

歌うことが好きだという人、週に1回はカラオケに行くという人、様々な人がいると思いますが、カラオケというのはとても楽しいですよね。

皆でまわしながら歌ったり、一緒に歌ったりすることもできますし、カラオケでそれだけ披露をする事ができたのであればとても良いものだとも思います。

️パートを決めるにあたってボーカル向きをの人を選ぶ

パートを決めるにあたってボーカル向きの人というのはどの様な人がいるのでしょうか?考えたことはありますか?例えばボーカル向きの人を選ぶ際に大事な事というのはいくつかありますよね。

歌が上手いという事であったり、喉が大丈夫であったりと様々あると思います。

ですがボーカルになりたいという人が多くなればどの様にして決めれば良いのでしょうか?実際にボーカルをしたいという人は多いはずです。

ですがパートを決めるにあたってボーカルが多ければ身を引くという選択肢もあるかもしれません。

他の楽器ができるのであればそちらをしてみても良いですが、どうしてもボーカルをしたいという時がありますよね。

ではボーカルに向いている素質というものはどの様なものがあるか考えたことはありますか?

ボーカルに向いている素質

ボーカルに向いている素質というのは様々あります。

例えばボーカルをしているという人は基本的にそのバンドのリーダー的存在の人が多いですよね。

ボーカルに向いている人というのはそれなりの理由があると思います。

もちろん歌が上手いというのもありますが、基本的にリーダーをする人が多いのでその人達をまとめる役にもうってつけという事です。

ボーカルの素質というのは様々ありますが、一番良いのは全員をまとめあげる力があるという事、そして何よりも自分が好きであるという事です。

ボーカルというのは特に目立ちますよね。

例えば周りの楽器弾いている人達が上手くてもボーカルの人が下手であれば意味がないです。

それに似合うような人にならなくてはいけないので、時には辛いことも多くあるのではないかとも思います。

️ボーカルに向いている人の21個の条件

ではそんなボーカルに向いている人の21個の条件というものについてお話をしたいと思います。

例えばボーカルに向いている人というのは歌声が綺麗であったり、リズム感があったりする人が向いていたりしますよね。

仮に自分が演奏をする側、ギターやベースなどをしている際にどの様な人にボーカルになって欲しいかという事を考えると解りやすいのではないでしょうか?

この様な人にボーカルになって欲しいと言うようなことをしてみてはいかがでしょうか?
他にもどの様なことが思い浮かびますか?喉が強い人だと練習も多くできたりしますし、何よりも周りの人を大事にできるという人もなって欲しいですよね。

この様にボーカルに向いている人というのは様々な要望を全て揃っているという人です。

ボーカルに向いている人というのは様々なところでこの条件を次第に身に着けたり、最初から素質があったりするという様なことになるのです。

ではその21個の条件について詳しく見てみたいと思います。

実際にボーカルをしたことがあるという人は、是非その時の自分に思い宛ててください。

歌声が綺麗

歌声が綺麗だという条件があるでしょう。

歌声というのは何よりもバンドを組む時に大事なことであり、歌声があるからこそ歌というものがより響きます。

その歌声が綺麗な歌声で発することができるのであれば、それはとても素晴らしいものになるでしょう。

また歌声が綺麗な人というのはその声自体にも特徴的です。

人により声が違い、似たり寄ったりしますが、その人が普段から話す声というものに独特なものを感じませんか?

またそれとは裏腹に歌う時に声が変わるという人もいますよね。

歌う時だけ裏声などを巧みに使い、綺麗に発することができる人もいるのです。

歌声が綺麗だという事はそれほど周りにいる人達を魅了することができるという事なのです。

ボーカルをする人にとっては大事なことなのではないでしょうか?

歌が上手い

そして歌が上手いという事も大事になります。

例えば歌手の人というのは様々な特徴のある歌声で歌いますが歌が上手い人が多いですよね。

ボーカルをするのであれば歌も上手い方が味があり、そして周りを惹きつけることができるようになります。

いろいろな人が違う歌を歌ったりする際にもその人の独特な上手さを感じるのではないでしょうか?

ライブなどでよく歌手の人が違う歌手の歌を歌ったりすることがあるのではないかと思います。

その様なことがあった場合にはよくその歌を聞いてみてはいかがでしょうか?

歌が上手いと同時にその人の特徴を捉えた歌が聞けるのではないかと思います。

リズム感がある

歌う人もリズム感というものが大事になります。

リズム感があると、歌う際にもリズムよく声を出すことができるでしょう。

自分自身も皆と同じで演奏をしているかのように歌うことができます。

よく体でリズムを取っている人もいますよね。

実際に歌う時というのはとても気持ちが良いものです。

その際に曲のリズムにのって歌うというのはとても良いことなのです。

最近ではこの様な人をあまり見かけません。

ですが心の中でリズムを取っている人も多くいるので、歌う際にはぜひリズム感を取ってみてはいかがでしょうか?

リズム感があると周りともあわせることができやすいので、ボーカルに向いている人にとっては大事になることでしょう。

自己プロデュース力がある

自己プロデュース力があるというのも大事なことです。

例えば自分で何かを企画するとなった時にどの様に考えたりしますか?良いものにしようと様々なことを考えるのではないかと思います。

ボーカルをする時にもどの様に歌うのか、楽しく歌うのか悲しく歌うのか、周りとの息も合わせないといけません。

バンドという1つのグループではボーカルの人がリーダーをする事が多いですが、自己プロデュース力があるからこそリーダーをすることができるのです。

この様にしよう、このようにしてみてはどうだろうか?と自分のことも考えながら他の人達のことも考えられるような人であるとボーカルの素質があるのではないかとも思います。

練習に耐えられる

何よりも練習というものが大事になりますよね。

練習に耐えられる人であればあるほど何度も時間をかけて練習をする事ができるのではないでしょうか?

また、練習に耐えられるという事はそれほど持久力もあるという事です。

実際にバンドをする際に、何よりも体力が消費をされることが多いのが特徴で、声や喉より先に体が疲れてしまうなんていう事もあるのではないでしょうか?

それはボーカルの人もそうですが、弾いている周りのメンバーも同じことが言えると思います。

練習に耐えられるからこそ、何度もやって上達をするものです。

ボーカルの人は特に歌うという事で喉を酷使しすぎないようにも注意をすることが必要になるでしょう。