「結婚したにもかかわらず、なかなか夫や妻との合わせ方がわからない。」「結婚って夫婦が毎日仲良くラブラブに過ごせると思っていたけど、違うみたい…。」さらに、毎日一緒にいるのは大変だけど、たまになら一緒にいてもいいと思える夫婦のために、週末婚が合っているカップルの特徴や性格についてお伝えしていきます。

もしや、自分たちが週末婚が似合うカップルかも?と思っている夫婦はぜひ、こちらの記事を参考に週末婚を考えてみてはいかがでしょう。

さらに、週末婚があっているカップルにぴったりな過ごし方や結婚してからのことをお伝えしていきます。

夫や妻の事は愛しているけど、常に一緒はきついと感じる夫婦にぜひ、週末婚を提案してみたいと思います。

️新しい結婚の形、週末婚

「新しい結婚の形を提案する、週末婚。」週末婚をすることで、2人がいつまでも仲良く過ごせるのであれば、その結婚スタイルはアリなのかもしれません。

今の2人の感覚ではずっと一緒に過ごすと言うことが難しいのであれば無理して一緒にいる事はありません。

確かに、夫婦になればひとつ屋根の下で2人がいつまでも仲良く暮らしているイメージがありますよね?しかし、最近では週末婚をするカップルが徐々に増えつつあるようです。

お互いに仕事が忙しかったり、相手を気遣える余裕がないことも挙げられるかもしれません。

このように、新しい結婚の形として週末婚が注目されつつあるようです。

さらに、これから週末婚を考えている夫婦にもオススメ週末婚の過ごし方についてもお伝えしていきたいと思います。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

週末婚とは

週末だけ一緒に生活する夫婦


週末婚とは、結婚してから一緒にひとつ屋根の下で暮らすわけではなく週末にだけ一緒に生活する夫婦のことをいいます。

そのため、仕事が忙しい夫婦や出張の多い夫婦、さらにはお互いの性格上、週末にだけ一緒に過ごすことが気楽な過ごし方ができる夫婦のことも意味する場合があります。

このように、最近ではべったりな関係が苦手という夫婦がいる中で、夫婦になると一緒に過ごさないといけないと言う観念からお互いのペースや生活ペースなど合わせて行くために週末婚からスタートさせる夫婦もいるようですね。

では、そもそも昔から週末婚をしている夫婦は居たのでしょうか?

週末婚広がりのきっかけはドラマ

さて、そんな週末婚ですが一体どのようなきっかけで、最近の夫婦に「週末婚」が広がりを見せて来ているのでしょう?それは…ドラマがきっかけだったようですね。

週末婚をこれまで否定してきた夫婦も、ドラマの影響により多少受け入れられるようになり、さらに週末婚を楽しむ夫婦も増えてきているように感じています。

「週末婚」と言えば「ワケあり夫婦」や週末婚するにはそれなりの理由があるとあまりいい意味ではない捉え方をされてきたイメージです。

しかし、そんな週末婚も今やお互いの気持ちを尊重した素敵な過ごし方に変わりつつあるのです。

ではそんな週末婚ですが、一体どのような内容のドラマか記憶にありませんか?

ドラマ「週末婚」

1999年4月から金曜日に放送されていたTBS系ドラマ、「週末婚」。

複雑で、少々過激なシーンも有名ですよね?さて、そんな週末婚ですがこのドラマにより週末婚をする事に対し抵抗が少なくなってきた夫婦が増えてきたのではないでしょうか?そんな週末婚に影響を受け、夫婦のあり方について見直し、もう一度夫婦が仲良く過ごせる過ごし方を見直すきっかけにもなったのではないでしょうか?これを機に、ドラマ「週末婚」をレンタルしてみるのもアリかもしれません。

夫婦2人が仲良く素敵な夫婦生活を送る事が出来るよう、週末婚で仲良し夫婦に戻ってみてはいかがでしょう?

背景には共働き夫婦の増加が


では、その週末婚にはどのような事が背景に考えられるのでしょう?それは、夫婦共働きの増加が一つの要因になっているようですね。

そのため、専業主婦をしてきたお母さんにはなかなか受け入れられない考えではないでしょうか?ご夫婦のご両親にはあまり理解できないところもあり、週末婚をしていると伝えるとあまりいい顔はしないのかもしれません。

しかし、時代と共に夫婦のあり方や働き方も大きく変わってくるため、時代に合った生活スタイルを提案していく事が大切なのかもしれません。

いかがでしょう?週末婚に興味が湧いてきましたか?では、この後はいよいよ週末婚をするメリットやデメリットについて考えて行きたいと思います。

️週末婚のメリット

週末婚のメリットとは、一体どのような事が考えられるのでしょう?週末婚を考えている夫婦にはとても気になる内容になりますよね。

そんな週末婚のメリットには、どのようなメリットが、あるのでしょうか。

もし、メリットが夫婦にぴったりな内容であればすぐにでも始めたくなりますよね。

しかし、週末婚にはもちろんデメリットも存在します。

まずは、そんな週末婚のメリットとデメリットをうまく、バランスよく視野に入れつつ、夫婦のあり方を考えて行きましょう。

週末婚のメリットばかり、デメリットばかりを重点に置くことなく、双方のいいところ、悪いところを上手く組み合わせ、夫婦2人が素敵な生活をしていける方法を見つけ出して行きましょう。

それでは参りましょう!

仕事に集中することができる

仕事に集中することができることで、夫婦の仲がうまくいく場合があります。

つまり、毎日疲れた体で帰ってきてさらに互いに夫婦で気を使うことができない場合、夫婦生活が煩わしいと感じてしまうことがあります。

どれだけ好きな相手でも疲れた上にさらに気を使わないといけない状況に陥れば、さすがに余裕もなくなることでしょう。

そんなふうにお互いに気遣いができないまま過ごしてしまうのではなく、仕事は仕事、夫婦の時間は夫婦の時間できっちり分けるほうがうまくいく場合もあります。

このように、仕事に集中することができることで余計な心配がなくなり、互いに夫婦生活を気兼ねなく過ごせることができるのかもしれません。

家に帰ってきてまで仕事をしていたら、相手に悪いと感じてしまうことも例として挙げられます。

依存しないで生活できる

相手に依存しすぎることで、遅く帰ってきたりご飯が必要ない日など相手のために思ってしていたことが、うまくいかなくなることで夫婦の間に溝ができることも考えられます。

さらに、依存しすぎることで夫がいないと生きていけない、妻がいないと生きていけないと言うような状況が生じてしまい、相手に負担をかけてしまうことも大いに考えられます。

その点では、依存しないで生活できる事はある意味気楽なのかもしれません。

しかし、独身の頃のように身軽なため軽はずみな行動は避けるようにしたほうがいいですね。

このように、相手に依存しすぎない生活を送れることで、自分のことは自分でしなければなりませんが割と気楽に過ごせると言う人も多いのではないでしょうか。

まだまだお互いの時間が大切な夫婦であれば、依存したり依存されることに重たいと感じることもあるようです。

ずっと新鮮な2人で居られる

週末だけに会うことで、新鮮さが長続きしマンネリ化が少ないかもしれません。

そのため、付き合った頃のようにいつまでも仲良く過ごしていけることができそうです。

お互いに夫婦になっても恋人同士のようなラブラブがいつまでも続くと言う事は、いつまでも仲良くいられる秘訣になります。

さらに、いつまでも仲良くしていたい夫婦にも週末婚をすることで新鮮さがいつまでも続き、ずっと仲良くしていられる距離感なのかもしれません。

週末婚に会うことで、オシャレに気を遣ったり2人で美味しいお料理店へ出かけたり、週末に2人で楽しめる事を目標に頑張れるようになるかもしれませんね。

このように週末婚をする事でいつまでも仲良くいられる夫婦になるのかもしれませんね。

自分の生活スタイルが維持できる

結婚した事で、2人の生活スタイルが崩れてしまい、お互いやりたいことができずお互いの存在が良いものではなくなる可能性が高くなるといえます。

そのため、自分の生活態度を維持できることで、夫婦2人の仲も崩れる事はなく週末に恋人のようにお互いを思い合えることができるのかもしれません。

自分の生活スタイルを維持できないことで相手のせいにしてしまったり、また自分の生活スタイルを乱されたと感じたことで結婚が破談になると言うことも考えられます。

お互い自分のペースは自分で守り、相手のことを思いやる心の余裕があるのであれば、週末婚は非常にお互いにとってプラスに働く生活スタイルになるのではないでしょうか。

我慢をしている生活はお互いに良くありません。

自分たちのやりたいことをしながら、2人仲良くいることを優先して考える結果であれば、週末婚もアリかもしれません。

楽な結婚生活が送れる

平日は仕事に集中することができ、家庭のことや家事のことも考えなくてよくなりそうです。

そのため、独身のような生活が送れるため週末婚にすることで楽な結婚生活が送れると感じるのではないでしょうか。

体の負担より、心の負担が大きいことで結婚生活が楽しくないと思うようであれば、心にゆとりが取れる方を優先するといいかもしれません。

結婚生活が苦になってしまうのであれば、それはお互いに良い結婚生活とは言い難いでしょう。

しかし、お互いに気楽な結婚生活が送れると感じれば、結婚することも前向きに考えたり、2人が過ごす時間をより大切に過ごすことができるのかもしれません。

このように、楽な結婚生活が送れると言う安易な考えと思われがちなことでも、夫婦2人が仲良く暮らせることでより快適に結婚生活を送る事が出来るのかもしれませんね。

️週末婚のデメリット

それでは、ここからは週末婚のデメリットについてお伝えしていきたいと思います。

週末婚でメリットばかりではありません。

もちろんデメリットもあります。

それは週末婚だけではなくどのようなことに対してもメリット、デメリットが存在します。

もし、あなたが週末婚でデメリットがないと言うのであれば、すぐにでも週末婚をおすすめします。

しかし、やはりデメリットも存在すると感じるのであれば、週末婚を焦って行う必要もなく夫婦2人が譲り合えるところで話し合ってみるようにしてはいかがでしょうか?週末婚のデメリットが大きければ、週末婚をする必要はありません。

確かに、仕事が自由にできなかったり自分の好きな時間も少ないかもしれません。

しかし、一緒にいることが夫婦2人の絆になることもあり、デメリットと思うことからお互い力合わせていくことで、メリットではなくなることも考えられます。

協力し合えないときがある

やはり、週末婚をしていることで協力しあえない時がありそうです。

特に子どもが生まれると忙し過ぎて家事がままならない時もあります。

しかし、そんな時一緒に住んでいれば、お互いに家事の分担ができる場合があります。

このように、家事だけでなく子どもの行事なども協力し合えることでより家族の絆が深くなり、また夫婦の絆も深まるのかもしれません。

さらに、協力しあえない時があることで、相手を頼りにならないと思ってしまったり、子どもたちがいればなおさらのこと積極的に家族と関わる方がより家族でも一致団結できるときがあるでしょう。

このように、協力しあえない時があることで夫婦の絆が薄れてしまうことも考えられます。

協力しあえる距離がちょうどいいのかもしれません。

さらに、子どもがいればなおさらのこと協力しあえる環境が夫婦にとっても良い環境だと言えることでしょう。

経済的負担が大きくなる

週末婚をすることで、お互いに住む場所や水道光熱費、生活費などの出費がかさむ場合があります。

そのため、経済的負担が大きくなるため週末婚することで経済的リスクが高くなると言えるでしょう。

もちろん、経済的に余裕があるご夫婦であれば問題は解消できそうですが、共働きでなおさら子どもがいれば、経済的負担はかなりの打撃になるのではないでしょうか。

子どもがいることで、子どもの将来の積み立てや預金さらには自分たちの貯金の分まで考えなくてはなりません。

経済的負担が大きくなればなるほど、その貯金や預金を作ることができません。

自分たちの安定ばかりを考えすぎ、将来の事や子どものことにお金をかけられなくなるのであれば、それは果たして週末婚が成功しているとは言えるのでしょうか?もし、経済的負担が大きくなるのであれば週末婚は考えずに、お互い協力し妥協し合えるところで折り合いをつけられるよう話し合いをするべきだと感じます。

コミュニケーションが薄くなる

週末婚にすることで、お互いにホットな情報がすぐに話すことができず、コミニケーションが薄くなることも考えられます。

確かに、最近では携帯電話やスマートフォンの普及によりすぐ側に相手がいるような感覚にはなりますが、なかなか同じ空間にいるようなコミュニケーションは取れません。

そのため、「今すぐ話したいのに!」「この話は、直ぐに話たかった」などと言う話もできず、また何かが起こっても相手に負担になると思い遠慮し連絡することもためらう場合があります。

その場合、なかなか相手に伝えることができず後で相手が知ることになる場合もよくある話です。

このように、コミニケーションが薄くなることで夫婦の間も愛情も薄くなると考えられるのです。

要は、変な距離ができてしまうことにより相手に遠慮する心が生まれると言うことになります。

相手を気遣うばかりに、自分の事は後回しになってしまう場合もあります。

コミニケーションは夫婦にとってとても大切な仲良しツールですので、ぜひコミニケーションはマメに取るようにしたほうがいいですね。

否定的な目を向けられる

社会的、または身内や周りに否定的な目を向けられる場合があります。

やはり週末婚をしているカップルが増えたと言う中でなかなか周りが理解できないことも多いようです。

家族であれば自分の両親は、もちろん週末婚をしているわけでもなければ、これまで夫婦の間の事でも我慢をしてきたのかもしれません。

夫婦になると言う事は他人が1つ屋根に暮らすと言うことなので、きっと合わない部分が出てくるの当たり前の話です。

それを我慢できないと言う事は、お互いに我慢が足りないと言う意見も存在します。

このように、社会的状況により女の人も働く世の中になり、結婚してからも専業主婦と言う概念がかなり薄れてできています。

そのため、結婚してから専業主婦になった世代からは週末婚している夫婦に対し否定的な目を向けられることが十分に考えられるのです。

相手が何をしているか分からない

結婚したけれど、相手が何をしているのかがわかりません。

疑いたくは無いですが、もちろん浮気をしていても晴れにくいかもしれません。

さらに、あなたに内緒でギャンブルにはまっていることも考えられます。

週末婚にすることでお互いの気持ちが楽になるばかりでなく、相手のことを束縛しない分、相手が羽を伸ばしてしまうことも考えられるのです。

確かに、夫婦間での信頼は大切です。

しかし、100%大丈夫と言う保証はどこにもありません。

一緒に暮らしていても浮気する人はします。

ギャンブルにハマる人がはまります。

しかし、相手に見えないことではまってしまうこともあるかもしれません。

週末婚にすることで、相手が何をしてるのかわからない不安に陥るのであれば、無理をして週末婚する必要は無いように感じます。

このように、相手が何をしているのかわからない分、あなたの気持ちも不安定になりやすいのかもしれません。

️週末婚が合っている夫婦・カップルの10の特徴

それでは、ここからは週末婚があっている夫婦やカップルの10個の特徴についてお答えしていきます。

以下の項目の中にあなたが考えている事がいくつか当てはまるようであれば、週末婚があっている夫婦やカップルなのかもしれません。

しかし、以下の項目の中にあなたが考えてることがあまり当てはまらないのであれば、やはり週末婚はすべきでないと考えます。

お互いがお互いに生活しやすいことが1番ですが、やはり週末婚が合っている夫婦や合わない夫婦も以下のことを見直し、改めて週末婚について考える必要がありそうです。

ずっと仕事を続けたい

今の仕事が大好きで、ずっと仕事を続けていきたいと感じているのであれば、おそらく週末婚が楽なのかもしれません。

今までのキャリアやポジションを崩したくないと言う考えが強いのかもしれません。

さらに、仕事が好きでやめたくないと思う気持ちが強いことも1つにあります。

しかし、いつかは身を固め家庭を持ちたいと言う気持ちの表れか結婚を決断し、夫婦2人揃って仲良く暮らしていくと言う気持ちもある中、やはり仕事を続けていきたいと言う気持ちからどうしても離れられないと言う場合には、週末婚もいいかもしれません。

お互いの負担になりたくないと言う気持ちや、仕事のことで心配させたくないと言う気持ちも1部であるようです。

ずっと仕事を続けていきたいとお互いに思っている夫婦であれば、週末婚が向いているのかもしれません。

さらに、もともと距離恋愛でお互いがお互いに週末だけあっているような関係であれば、しばらく週末婚を続けていてもお互いの負担にはならないのかもしれません。

自由な生活がしたい

自由な生活がしたい夫婦にオススメですが、それであればまだ結婚しなくてもよかったのでは?と感じるのが筆者の本音です。

しかし、身を固めた上でさらに自由な生活がしたいと思う夫婦であれば、片方の意見だけではなくお互いが自由な生活がしたいと言う場合のみ、週末婚が向いていると言えるでしょう。

旦那さんか、奥さんのどちらかが週末婚をしたくないと言っているのであれば、それは自由な生活がしたいと考える方の勝手なのかもしれません。

しかし、自由な生活がしたいと言いながら自分勝手なことを言っていると感じるのであれば、気持ちを改め夫婦2人で向き合えることを考えていきましょう。

そうすることで、自由な生活がしたいと言う気持ちから家族のことを第一に考えなければならないと言う自分に少しずつ気持ちを切り替えていくことができるようになるのではないでしょうか。

生活リズムが違う

お互いの生活リズムが違いすぎるため、一緒に生活していくことが大変な場合週末婚はおすすめになります。

しかし、三勤交代などの職業の場合お互いの生活のリズムが狂う場合があります。

しかし、生活リズムが違うからといって住む場所や全く違う生活に変えるのも少々疑問が残ります。

そのため、生活のリズムがととのうようになるよう少しずつ、お互いの生活をすり合わせていくようにして行ってみてはいかがでしょう。

生活リズムが違うことで確かに過ごしにくい事はあります。

しかしそこばかりを気にしてしまっていては、夫婦2人の絆も危うくなる可能性があります。

生活リズムが違うことで相手を気遣い、合わせられる力も夫婦の絆に変わることも考えられます。

生活のリズムが違うと言う理由だけで、週末婚にしてしまう事はやはり考えが浅はかな気がいたします。

【生活リズムについては、こちらの記事もチェック!】

片方の転勤が多い

これは仕方がない話ですが、片方に転勤が多い場合週末婚になってしまう可能性が考えられます。

仕事の都合上転勤が多いのであれば、それをわかった上で結婚していますので、週末婚になってしまう心構えもできているのではないでしょうか?さらに、片方の転勤が多いことで一緒についていくのも1つの考えですが、子どもが生まれることにより、環境の変化を拒んでしまう親御さんも多く見えます。

確かに、子どものことを考えると環境の変化が激しい事は非常にかわいそうですよね。

しかし、親御さんの中には仕事だから仕方がないと言う考えもあります。

どちらにしても、転勤が多いことで「家族を巻き込めない」と思う夫婦も多いようです。

自立している

お互いに経済力も十分にあり、自立している夫婦であればお互いの時間を楽しむことを考え週末婚にすることもありかと感じます。

子どもも無く、独身のようにお互い過ごしているのであれば、経済的余裕もありますし自立していることで経済的不安もありません。

そのため、週末婚にしても自分の趣味ややりたいことにも没頭し、楽しい時間も過ごせそうですので自立している夫婦には週末婚が向いている場合もあります。

このように、経済的に余裕があり自立しているご夫婦には、やはりやりたいことをしながら自分たちの結婚生活を考えられるのではないでしょうか。

経済的に余裕がなかったり、自立できないと思う夫婦であれば、無理に週末婚をして経済的負担を増やす必要はないと感じます。

経済的に充分な余裕があり、夫婦2人にも余裕があるのであれば週末婚は非常に2人にとって良い生活になるのではないでしょうか。

相手がいない時間も楽しく過ごせる

相手がいない時間も楽しく過ごせるのであれば、おそらく週末婚に向いている可能性が高いといえます。

相手がいないことで、不安になってしまったり相手が何をしているのか気になるのであれば、週末婚は向きません。

さらに、自分が相手がいない時間も楽しく過ごせるだけではなく、お互いに相手がいない時間も楽しく過ごせると言うところがポイントです。

どちらか片方が不安になったり、週末婚をしたくないと言う意見であれば週末婚は実現できないでしょう。

しかし、お互いに相手がいない時間も楽しく過ごせるのであればそれは週末婚に向いている夫婦になるのではないでしょうか。

価値観が合っている

お互いに、付かず離れずの関係が好きなのであれば付かず離れずの生活をすることをお勧めします。

このように、お互いの恋愛の価値観や家庭の価値観が合っているのであれば、もちろん週末婚になることでお互いに気楽な気持ちで結婚生活を送りたいと感じていたり、お互いに結婚に対する価値観が合っているのであれば、週末婚することで結婚に対する負担が軽くなることも考えられます。

このように、結婚に対しどこに価値観を置いているかにもより夫婦の生活スタイルが変わってくるのではないでしょうか。

楽さを重視する

夫婦2人が楽さを重視するのであれば、お互いに気を使ったりギスギスしたりすることもなくなります。

楽しく過ごせることを第一に夫婦のあり方を考えるのであれば、楽しさを重視することも夫婦にとって大切なのかもしれません。

夫婦2人が、夫婦になることでどのようなことに重きを置くかにより2人の生活スタイルが変わってきます。

ほとんどの場合、家庭内で協力し合い子どものこともお互いに面倒見合える環境が非常に楽で、絆も深まりますが中には夫婦がお互いにくっつきすぎることで一緒にいる空間がしんどくなってしまったり、偉くなってしまうことも考えられます。

その場合、夫婦2人がいつまでも仲良くいられることを考え、週末婚にすることが良いのかもしれません。

キャパが狭くイライラしがち

お互いに、キャパの範囲が狭くイライラしがちであれば、離婚するより週末婚を楽しむ方が良いのかもしれません。

もともと性格が合わない2人が1つ屋根の下に暮らすと言う事は非常に大変なことなのです。

さらにキャパが狭くイライラしがちな2人であれば、夫婦一緒に住む事は難しいのかもしれません。

それを考えると、夫婦2人で過ごすより週末に仲良くなれる方がお互いに気持ちも安定するのかもしれませんね。

マメな連絡が取り合える

週末婚になっても、マメな連絡が取り合えることでお互いの信頼につながります。

このように、相手に不安な思いをさせるわけでもなく、まめに連絡が取り合えることで、夫婦のコミニケーションや相手を思いやる気持ちも残したまま、週末婚を楽しむことができそうです。

週末婚が苦痛になるのであれば、週末婚は当然しない方が良いといえます。

しかし、お互い性格上いくら愛している相手でも一緒に住むとなれば別だと言う考えの人も多くいます。

マメな連絡が取り合えることで、夫婦の絆も絶やさず週末婚を過ごすことができるのかもしれません。

️週末婚、あなたはどう思う?

あなたは、週末婚に対してどのように思いますか?この記事を読むことにより、週末婚に対する見方が変わりましたか?それでも週末婚を考えているのであれば、いちど週末婚してみるのもいいかもしれません。

しかし、お互いがコミニケーションをきちんと取れる状況や、お互いのことを思いやる気持ちがある中での週末婚に限ります。

どちらか一方の身勝手な週末婚では全く意味がありません。

そのことをよく頭に入れ週末婚のあり方を考えてみてはいかがでしょう?