人生を生きていると、たくさんの良い事や悪い事を経験しながら成長していきます。

辛い事や悲しい事を経験しながら壁を乗り越えて自分自身を成長させるという事はとても大事な事です。

楽しい事ばかりではなく、辛い事などがあるからこそ、相手の気持ちに配慮することが出来るようになりますし、楽しい事が本当に楽しく感じられるようになります。

しかし、時には自分自身の力だけでは乗り越えられないような困難も待ち受けいるのが事実です。

では、そんな時はどうすれば良いのか。

きっとあなたの周りにいる人が助けてくれるはずです。

普段から良い人間関係を形成していなければ望めないような事かもしれませんが、親しくしているような友人がいる場合は、その人が助けてくれたり、自分自身の家族が助けてくれるような事もあると思います。

人生において良い人間関係を形成する事はとても大事な事です。

良い人間関係が人生をよる豊かなものにしてくれますし、いざという時に味方になってくれるのは普段から信頼している仲間がいてこそですから。

しかし、世の中には協力的な人と非協力的な人がいるのは事実です。

どんなに仲良くしていても非協力的な人としか付き合っていなければ助けてはもらえません。

そこで、今回は協力的という事をテーマにして、協力的な人の特徴についてご紹介していきます。

協力的な人と一緒にいると人生うまいくいく!

協力的な人と常に一緒に時間を過ごせば。

必ずあなたが困った時があれば力になってくれるはずです。

その反対に非協力的な人と一緒にいてもあなたを助けてくれる可能性は低いかもしれません。

あなたの事が嫌いとか好きとか関係なく、やはり非協力的な人は単純に協力する、してあげるという概念がないだけかもしれませんね。

しかし、協力的な人と一緒にいた方が自分にとってもメリットがありますし、自分自身も協力的な人に対してなら協力してあげたいと思うはずです。

双方に良い関係を築くことが出来るとすれば、やはり協力的な人と一緒にいた方が良い関係を築くことが出来るのです。

つまり、それは人生レベルで考えてみても同じことです。

人生をよくするためには、協力的な人間とたくさん関わりを持っていた方が良いという事です。

なぜなら人生を通して協力してくれる場面が多くなるからです。

悪い人でなかったにせよ、非協力的な人と一緒にいても協力してくれならなら困った時に助けてくれないという事と同然で、困った時に助けてくれるかくれないかという面だけで見ると良い人間関係であるとは言えないのです。

だからこそ、いかに協力的な人と良い関係を結んでおけるかが人生をうまくいかせるコツであると判断することが出来るはずです。

協力的な人のメリットとは?

協力的な人と付き合った方が人生という長い時間においてはメリットが大きく、人生が良い方向に巡るということをご照会致しましたが、具体的に協力してくれる人と付き合うメリットはどのような事があるか気になる方も多いと思います。

特に、今まで人から協力してもらった経験がなかったり、普段から自分一人で何もかも乗り越えてきたという方にとっては協力してくれるという事自体があまり理解できない事だからです。

しかしながら、人の力というものはとても大きな力を持っています。

会社でもそうですが、知らない所で協力して仕事をしているという事は十分存在します。

会社でもあなたが一人で仕事を行っているわけではなく、たくさんの人と仕事を分担して行っているはずです。

だからこそ大きな仕事が出来、大きな利益を生み出しているはずです。

なので、協力する事が必要ない事だと思っている方こそ協力的な人のメリットについて把握いただきたいと思います。

信頼される

まずはじめにご紹介する協力的な人のメリットの一つとして信頼されるということが挙げられます。

なぜ協力的な人が信頼されるかと言いますと、協力してくれるということは自分にとって得なことがない状況でも相手のために行動をすることを指し示している場合が多いです。

もちろん利害関係が一致する場合に協力するという事もあるかもしれませんが、一般的には損得抜きにして協力してくれる場合が多いです。

報酬を支払って手伝ってもらうという事は協力とは言わないですよね。

なので、損得抜きにして行動できるような人間に関しては、感謝されやすいです。

普通に考えて何のメリットもないのに行動してくれるという事はとてもありがたい事ですし、 自分の事を思いやってくれて行動してくれていると判断することが出来るからです。

もしもあなたが困っている時に無条件で誰かが協力してくれたと想像してみてください。

見返りを求めずにあなたのことを想って協力してくれたその人に対してあなたは少なくとも感謝の念を抱くはずですし、感謝の気持ちと共に相手のことを信頼できる人間であると認識することができると思います。

なので逆を言えば相手に信頼をしてもらえる人物だと思ってもらうには相手に無条件で協力してあげたり相手のことを思いやることを率先して行動できる人間あり続ける必要があります。

相手に協力してあげることによって相手から初めて信頼をしてもらえるということを理解してください。

お互いを知れる

次にご紹介する協力的な人のメリットの一つとしてはお互いを知るということです。

なぜ協力的な人がお互いを知ることができるかと言いますと、まず協力をする事によって相手に自分を信頼してもらえるようになります。

自分の事を信頼してもらえると、相手は自分に対して色んな事を喋ってくれるようになります。

また、一緒に何か作業を行っていく中で、同じ空間で同じ目的のために向かっていくのですから、少なからず相手の事を知るチャンスが多くなったり、相手と関わりをもつ機会はたくさん増えていきます。

なので、普段から協力することが出来る人間は相手の事をたくさん知っている可能性がとても高く、相手の事を知れるという事は同時にこちらの事も知ってもらえるという事に繋がります。

なので、協力的な人はお互いを知れる事になると結論付けることが出来ます。

大きなことができる

次にご紹介する協力的な人のメリットの一つとしては大きなことができるということです。

先ほどご紹介いたしましたが人間一人の力はたかが知れていますが他の人と一緒に協力して行動することによって考えられない様な力が生み出されることもあります。

時にはそれぞれが持っている持ち味を活かして、困難なことを役割分担して自分の得意な部分を発揮することによってとても複雑なものでも簡単に行えるようになったりすることができます。

だからこそ世の中にはたくさんの会社が存在しておりそれぞれの会社が自分達の会社に特化した技術を提供したりサービスを生み出すことによって、たくさんの便利なものがこの世の中には溢れています。

世のなかに生み出されている会社がすべて自社だけで何かを作っていたりサービスを展開しているわけではないですよね。

会社単位でそれぞれの会社が得意な事を全うして、他の会社のサービスがそれを補ったりして、複数の会社の自信を持っているサービスを組み合わせてさらに大きなものを生み出しているという事は普通にあり得る事ですし、世の中を見てもたくさん存在しています。

会社は人の集まりで出来ているので、単純に会社=人と考えてもこの方程式は成り立つと思います。

複数の会社が協力して大きなものを生み出すのと同じように、複数の人が協力して大きなものを生み出すのと同じです。

なので、協力的な人が集まれば大きな事が出来るようになります。

辛いことも乗り越えられる

次にご紹介する協力的な人のメリットの一つとしては辛いことも乗り越えられるということです。

人間は孤独になってしまうと不安を感じたりしてしまう生き物です。

例えば、本当に孤独な人はなかなか世のなかにはいないと思いますが、本当の天涯孤独になってしまっている人はその寂しさから精神的に暗くなってしまったり、元気がない人が多いです。

その逆にたくさんの人の恵まれているような人間は常に明るく、楽しそうにしている人が多いです。

それは周りにいるたくさんの人からパワーをもらっているからです。

知らず知らずのうちに元気になれるようなたくさんのパワーをもらったり、もしくは自分が与えているからこそたくさんの人から好かれるようになります。

そして、たくさんの人が近くにいてくれれば、かならずあなたのために協力してくれたり、あなたが困っている時に助けてくれたり、あなたの話を聞いてくれたりします。

そのようにあなたの事を親身に思ってくれている人がいればいるほど、どんなに困難な事でも乗り越えられるようになります。

人は一人だと出来る事が限られてしまいますが、人が集まれば大きなパワーを持てるようになります。

協力的な人間の周りにはたくさんの人が集まりますので、結果的に協力的な人間はつらい事も乗り越えられるような人間である場合が多いです。

だからこそ、人に恵まれていないと感じている人はまずは自分が周りにパワーを与えられるような人間になれるように努めることが大事です。

協力する人の特徴

ここまでは協力的な人のメリットについてご紹介をしていきました。

協力的な人のメリットはたくさんのメリットがありますので、自分がいかにたくさんの協力的な人と関わりがもてるかどうかという事が大切です。

そして、周りに頼るだけではなく、自分自身がいかに周りに協力し、 積極的に周りを助けてあげられるかどうかということも協力的な人を引きつける要素の一つとして考えることができる。

協力的な人の素晴らしさについて理解していただいたところでここからは協力をする人の具体的な特徴についてご紹介をしていきたいと思います。

協力的な人と関わることがいかに人生において良いことがたくさんあるかということを知った方は協力的な人と関わりを持ちたいと考えるはずです。

しかし協力的であるか非協力的であるかどうかということはなかなか外見上だけでは判断することができません。

そこで、ここからご紹介する項目により多く該当する場合は協力的である可能性がとても高いです。

なので、積極的にかかわりを結んだ方が良い方ほど該当項目が多くなりますので、これから人間関係を結ぶ上でのひとつの基準にしていただけると有効活用できると思います。

不安な方は自分の周りにいる協力的な人間を各項目にあてはめて、自分なりに調べてみるとわかりやすいと思いますので、試してみてください。

何かを頼んだら文句言わず取り組んでくれる

まずはじめにご紹介する協力する人の特徴としては何かを頼んだら文句を言わずに取り組んでくれるという特徴を持っています。

この特徴に該当する人間は必ず協力的な人間であると判断することができます。

本来であれば人に何かを頼むということはその人にとってメリットがあることではなく単純に自分が困っているから気を貸して欲しいと言う場合が多いです。

自分に得なことがなくただ時間を消費してしまう様な内容だったとしても文句を言わずに取り組んでくれると言う人は必ず協力的な人間であると判断することが出来るからです。

逆に普段から親密な関係を築いていたとしても、自分に得がないということが判明した途端に文句を言ったり、面倒だから行いたくないという態度を取られてしまう事が多い場合は非協力的な人間であると判断することが出来ます。

文句を言わずに自分のためだからと協力してくれるような人は素晴らしい人間性を持っている事と同時に、絶対に大切にしなければいけない存在です。

気を付けなければいけないのは、その人間性を逆手にとって常に相手に対して甘えるような事です。

相手が良い人で常に協力してくれるからといって甘えてばかりではいつか見放されてしまいます。

相手を利用しようと考えるのではなく、あくまで協力という事を概念にして捉え、相手が困っている時には積極的にこちらが助けてあげるなど、関係が一方的にならないように注意する必要がある事を覚えておいてください。

昼食がコンビニや外食ではない

次にご紹介する協力する人の特徴としては、お昼ご飯がコンビニ弁当や外食ではないという人があげられます。

これはどういうことかと言いますと、 お昼ご飯がコンビニ弁当や外食などではなく手作りのお弁当などを食べている様な人は自分自身がお弁当を作っている場合と若しくは親密な関係の相手が作ってくれていると考えることができます。

自分自身で自分の栄養管理をもとに節約を心がけてお弁当を作っている人は、自己管理能力が高く、家庭的であると判断することが出来ます。

そして家庭的であるということは様々なことに対して積極的に行う素質を持っていると考えることができます。

例えば常にコンビニ弁当や外食で一向にに自分自身でお弁当などを作れないような人は家庭が出来たとしても家庭の事を協力しようとしないという事が目に見えてわかると思います。

それよりも家事ができる人の方が大変さを知っているので、協力的になってくれるはずです。

その差はとても大きく、普段の行動に関してもその性格は現れると思います。

普段の行動ひとつとっても、やはり協力的な人は協力してくれますし、協力してくれない人は協力してくれません。

そして、親密な相手が作ってくれているという場合は、相手とコミュニケーションが上手に取れているという事もわかりますので、良い関係を築くためには協力的な性格である事が必要なので、やはり協力的な人間である可能性が高いと判断できます。

1人暮らしをしている期間が長い

次にご紹介する協力する人の特徴としては一人暮らしをしている期間が長いということです。

なぜ一人暮らしをしている期間が長いと協力的であるのかといいますと、当然一人暮らしをしている期間が長い人間は身の回りのことを全て自分一人で行わなければいけません。

例えば食事を食べるにしてもご飯を炊いたり料理を作ったりする必要がありますし、洗濯をしなければ汚い服がたくさん発生してしまいますので、こまめに洗濯機を回して洗濯をしなければいけません。

それ以外にも、部屋の掃除などを行わなければ部屋が汚くなって衛生的悪くなってしまうので、掃除なども定期的に行ったりする必要があります。

このようにいわゆる家事を自ら進んで行うことができるような人間性が身につくはずです。

家事を自ら進んで行うことができるような人は何かをする時に協力的になってくれる場合が多いです。

これは仕事においてもプライベートの面においても全て同様です。

家庭で協力的な人は仕事の面やそのほかのプライベートな面においても協力的である可能性がとても高いです。

一人暮らしである程度自分の管理ができている人間は協力的な人間である可能性が高いのでそのような人と関わりを持つように積極的に行動してみてください。

両親が共働きだった

次にご紹介する協力する人の特徴としては両親が共働きだったということです。

なぜ両親が共働きであると協力的な人間になるのかと言いますと、これについては先ほどご紹介した一人暮らしが長いという点と共通する部分があるかもしれません。

本来であれば両親が近くにいて困ったことがあったりした時に両親を頼ったりすることが多いのですが、両親が共働きである場合は常に両親がいない状況が多いので何をするにしても一人で行ったりする場合が多くなります。

そして困った状況が起きたとしても周りに頼る人間がいないという状況が他の人間よりも多くなってしまいますので、当然周りに頼ることができない環境に身を置いている人間の方が意識が高く育つ様になります。

例えば、助けてくれる人間がいなければ、危険を察知する能力なども高くなるでしょうし、子どもながらに両親に頼らない、ある程度大人びた考え方を持つようにもなります。

また、一人で過ごす場合を考えると食事なども一人で自分で考えながら取っているという事を考えると、もはや幼い時に一人暮らしをしているようなものだと考えることが出来ます。

一人暮らしをしていれば当然意識が高くなりますし、自分のことを自分でするので自己管理能力も高くなります。

なので、過去に両親が共働きだったという経験を持つ方は、協力的な場合が多いです。

父が亭主関白じゃなかった

次にご紹介する協力する人の特徴としては父が亭主関白ではなかったということが挙げられます。

なぜ亭主関白でなければ協力的になるのかと言いますと、もしも父が亭主関白であったと考えるとすると、子供は親の背中を見て育つ様になりますので当然その子供もそれが当たり前と思って亭主関白なタイプに育ってしまいます。

なので女性は早い段階で付き合っている男性のお父さんが亭主関白だったかどうか聞いておいた方が良いです。

もしも亭主関白だったと言えば亭主関白になる可能性が高いので、ある程度覚悟したり予想することができます。

そして亭主関白でなかった場合に関しては亭主関白でないと言う事はある程度か耳の部分でも何らかの部分で協力してくれたりしている可能性がとても高いので、結婚をした時に困ったことがあった時に一緒に乗って助けてくれる可能性がとても高いと判断することができます。

結婚する相手は家庭的な人間が絶対に良いと思っている方は、男性の父親がどっちのタイプであるのか確認しておく必要があります。

年の差が大きい兄弟がいる

次にご紹介する協力する人の特徴としては歳の差が大きい兄弟がいるという事です。

例えば家庭によるかもしれませんがある家庭では自分の弟が10歳以上歳が離れているというような家庭もあったりします。

大抵の過程では数個くらいしか離れていないような場合が多かったりもするのですが、家庭いによって様々な状況があると思いますので、当然差はあります。

もしもあまりにも年齢の差が激しい場合についてはもはや弟と言うよりも息子、妹よりも娘に近い様な感覚になっている場合もあります。

例えば、有名人でいえば安達祐実さんの過程などでも、安達祐実さんの弟さんは年齢が離れていたので、安達祐実さんがまるで息子のように育てていたというような過去を持っていたように、大人になった立場で下の子どもの面倒を見たりするので、当然しっかりしていることが多くなります。

なので、長男や長女としての自覚を高く持っている場合は私生活でもきびきびしている事が多くなります。

きちんとメリハリを持っている人間は様々な状況でも困った時に助けてくれる場合が多いです。

仕事の面でも、プライベートの面でも、家庭の面でも協力的である可能性がとても高いと考えることが出来ます。

財布の中身が整理されている

次にご紹介する協力する人の特徴としては財布の中身が整理されているということです。

なぜ財布の中身が整理されていると協力的なのかといいますと、財布の中身が汚い人は家が汚いということが考えられます。

なぜかと言いますと例え財布という小さい範囲であったとしても、整理整頓ができる人やそれが身についている人は自分の財布の中も綺麗に整理をする癖がついています。

その反対に自分の財布の中身が整理できていない人は自分の部屋なども綺麗に整理整頓することを苦手としている方が多いです。

整理整頓ができない人間は様々な面において協力的ではない可能性があります。

例えばよく漫画なので見るような奥さんが掃除機をかけているのにテレビを見ながら横になってお菓子を食べてる様な光景を見たりすると思いますが、まさにあのような状況が思い浮かぶような人間性の場合が多いです。

家庭などでも困ったことがあった時に協力してくれなかったりする場合が考えられますので、財布の中身が綺麗に整理整頓されているかどうかを付き合っている時に確認して、相手の家の状態なども確認しておくと細かく分析できると思いますよ。

人に優しい

次にご紹介する協力する人の特徴としては人に優しいということです。

会社や若しくはプライベートの人間関係などで見るからに優しそうな見た目をしている人がいると思います。

実際に見るからに優しそうな人はそのまま優しい性格をしていることが多いのですが、人に優しい性格をしている人は人に対して協力的である可能性がとても高いです。

人に対して優しい性格をしている場合は、相手のことを常に気にかけてあげる優しさを持っています。

また優しすぎるがゆえに相手から嫌われたくないという心理も働いて相手からの頼みを断れないような人間も多かったりします。

なので人に優しい性格をしている人は様々な面で協力的な人間であると考えることができます。

しかしながら人によってはその優しさ故に自ら苦しんでいることもあったりする場合があります。

本当は本音を言いたいのに周りに気を使いすぎて本音を言えなくて悩んでいる人も多かったりするので、自分の都合ばかりを相手に押し付ける様な頼み方などは絶対にしない様に注意する必要があります。

最後まで諦めない

次にご紹介する協力する人の特徴としては最後まで諦めないということです。

最後まで諦めずに何事もやり遂げる様な人は基本的に諦めることをしない人なので、中途半端なことをすることを嫌う傾向があります。

諦めずに中途半端なことをしない人間は何事においても意識が高い場合が多いです。

意識が高い人間は様々な面でしっかりしていることが多いのでメリハリのついた生活をしていることが多く、だらしない性格をしている人とは正反対なので、家庭的な面においても頼んだことなどをきっちりと引き受けて全うしてくれる人が多いです。

最後まであきらめないような熱い性格をしているかどうか、早い段階で見極めておくと結婚後の生活をある程度安定させることが出来るかもしれませんよ。

引き受けたことはやり遂げる

次にご紹介する協力する人の特徴としては引き受けたことをやり遂げるという事です。

まず受けたことをやり遂げる人間と言うのは任務遂行能力が高いと考えることができます。

そして何かの物事をやり遂げるということは物事を逆算して常に成功させるためにはどうすれば良いかということを考えて行動できる人間だということです。

つまり、自分でどうすべきかという事を考えられる人間なので、わからない事があったとしても自分なりに努力して何かしらの工夫をして物事を行ったりすることが出来ると考えることが出来ますので、戦力として大きな人間であると判断できます。

仕事の面においてもこのようなタイプは本当に心強いですし、家庭においてもわからなくてあたふたしてしまいそうな所をきっちり仕事してくれるようなタイプなので、頼りがいもありますし、協力もしてくれる、最高のパートナーである可能性が高いです。

今は昔と比べて男女が協力しあっていく時代になっています。

昔のような亭主関白な時代は時代遅れになっていますので、今まさにこのようなタイプの男性と結婚すべきであると判断することが出来ます。

非協力的な人の特徴とは?

ここまでは協力する人の特徴についてご紹介をしていきました。

何事においても常に協力して力になってくれる人はとても魅力的ですし、信頼できる人間です。

しかし、世の中には協力してくれる人もいれば全く協力してくれない人も存在しています。

協力してくれる人間に特徴があるように、協力してくれない人間にも特徴がありますのでここからは協力してくれない、非協力的な人の特徴についてご紹介していきます。

遅刻魔

非協力的な人の特徴は遅刻魔という事です。

まず時間に遅れると言う行為自体が約束を破っていることにあたります。

そして、遅刻魔と呼ばれているという事は一回遅刻するだけではなく、定期的に遅刻をしている場合が考えられます。

つまり何度も約束を破っているということに該当しますので、時間以外にも細い約束にも対応してくれないということが容易に想像つきます。

約束を破ると言う行為は大小関係なく1番行ってはいけない行為です。

約束を破ることが常習犯になっている人は様々な面においても非協力的である可能性が高いので注意してください。

小さなことでキレる

非協力的な人の特徴は小さなことでキレるということです。

小さなことですぐに怒ってしまう人は怒りの沸点が低い場合が多いです。

怒りの沸点が低い場合は自分の気に入らない事が起こった時にすぐに怒ることが考えられますので、自分のことを中心的に考えている傾向があります。

自分のことを中心に考えている人は相手のことを思いやることができませんので、当然ながら全ての面において非協力的であると考えることができます。

面倒なことを押し付ける

非協力的な人の特徴は面倒なことを押し付けるという事です。

あなたの周りにもひとりくらいは面倒なことを常に押し付けてきたりするような人はいませんか?

面倒なことを相手に対して押し付けるということは自分が楽をして相手が苦労しても関係ないと考えてる様な人です。

自分だけが楽をするという考え自体が間違っているのですが、このような考え方をしている場合は先ほどの小さなことでキレるということと同じように、根本的に自分のことだけ中心に考えている傾向があります。

自分のことだけを中心に考えてる人はやはり非協力的であると判断せざるを得ませんので、注意する必要があります。

協力的な人と一緒にいるようにしよう!(まとめ)

今回は協力的な人の特徴やその反対に非協力的な人の特徴についてご紹介しました。

どうせ関わりを持つのであれば協力的な人の方が安心して関わりをもつことが出来ますよね。

非協力的な人全員が悪いというわけではありませんが、親密な関係を持つのであればやはり相手に対して思いやりを持っている人間である方が嬉しいはずです。

なるべく協力的な人間と関わりを持てるように、今回ご紹介した注意点を気を付けて人間関係を結ぶようにしてください。