CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

好きな人にとりがちな隠れ好きのサイン8選


人は、知らず知らずのうちに好きな人に好意サインをとってしまうものです。

では、そんな好きな人にとりがちな行動とはどんな行動か気になりませんか?

今回は好きな人にとりがちな隠れ好意サインをご紹介します!

わかりやすいものから意外なものまで、好きな人がいるという人はチェックしてみてくださいね。

好きな人にとりがちな、隠れ好意サイン8選


それでは、ここからは好きな人には以下のような態度をとってしまいがちな片想いさんに当てはまる項目をご用意いたしました。

好きな人にはとってしまいがちな行動をチェックしてみましょう。

1、よく目が合う

よく目が合うということは、どちらかがそれだけ相手のことを意識して見ているということです。

もし目が合った時にとっさに目を逸らすようなら、恥ずかしい気持ちを隠すためか、好意があるのをバレたくないと思っているからでしょう。

2、声のトーンが高くなる

好きな人と話す際に、テンションが上がり声のトーンが高くなることも好意サインの一つです。

声のトーンが高くなることで自分の居場所をアピールすることと、自分が可愛く見られたいという気持ちがあるのです。

また、知らないうちに自分が緊張する気持ちを隠している事も考えられます。

もし、普段よりも声のトーンが高くなるようであれば、おそらく相手はあなたのことを好きなのかもしれません。

3、リアクションが大きくなる

好きな人に対しては、反応やリアクションが大きくなってしまうこともあるでしょう。

テンションが上がっていたり、緊張しているといつもよりリアクションが大きくなってしまうのです。

話しているときに、リアクションが少し大きいと感じれば好意サインと捉えていいかもしれません。

4、細かい質問をしてくる

細かい質問してくるということは、、あなたに対して非常に興味があるということですよね。

好きな人のことをもっと知りたいと思っているのです。

誰しも興味がない人に対して細かく質問しようと思いませんよね。

社交辞令で「休日は何をしてるんですか?」という質問をすることはあるかもしれません。

ですが、そこからさらに深い話しになったり、どんどん質問をしてくるようなら好意がある可能性が高いです。

5、スキンシップが多い

好きになると、自然と相手に触れたくなってしまいます。

挨拶の際に肩をポンポンと軽く叩いたり、また冗談でほっぺたをつねったり、普段から何かとスキンシップが多いようなら好意サインの可能性が高いでしょう。

確かに、好きじゃない相手には触りたいと思う事はありません。

そのため、相手にかまってもらいたい気持ちや、また相手を触れたい気持ちから自然とスキンシップが多くなることが考えられます。

ただし、好きな人だからこそ気軽にスキンシップを取ることができないという人もいます。

反対に誰にでもスキンシップが多い人もいるので、見極めが必要です。

6、デートに誘ってくる

デートに誘ってくるのであれば、ほぼ間違いなくあなたのこと気になっています。

友達として飲みに誘うことはあっても、デートは好きな人としかしませんよね。

もしデートに誘われるようなら好意がある証拠でしょう。

7、冷たい態度でツンツンしてくる

冷たくされたら嫌われていると思ってしまいますよね。

ですが、もしかしたら相手は好き避けをしているのかもしれません。

自分の気持ちを隠そうと、あなたに対し攻撃的な態度やツンツンした態度をとってしまうのです。

会っているときは冷たい態度なのに、連絡をすると必ず返信してくれたり、LINEでは優しいのなら、隠れ好意サインの可能性があります。

8、電話したがる

よく電話がかかってくるようなら、それは好意サインと捉えていいでしょう。

好きな人の声を少しでも聞きたいと思うのが恋心です。

用もないのに電話をしてくるようなら、あなたの声を聞きたいと思っているからでしょう。

好きな人ができた時の症状8個

ここからは好きな人ができたときの症状や、どのようなことが起こりやすいのかをお伝えしていきます。

好きな人ができると、知らず知らずのうちにその人のことばかりを考えてしまいますよね。

恋をしている人は共感できる内容だと思いますよ!

ページトップ