今、好きな人はいるけど相手が自分のことをどのように思っているのか知りたい!また、この先お付き合いすることができるのか?など、今恋をしている相手の気持ちを知りたくありませんか?今回は、両片思いの特徴についてお伝えしていきます。

「両片思い」になっているにもかかわらず、片思いだと思い込んでしまったためにチャンスを逃してしまっていては、非常にもったいないですよね。

さらに、片思いと思い込んでなかなか告白できずに、いつまでも後悔してしまうようなことにもなりそうです。

では、その両片思いとは一体どんな状況なのか知りたくありませんか?こちらでは、そんな両片思いの人がそこから一歩先に進むための方法をお伝えしたいと考えております。

あの人が、自分のことをどのように思っているのか、また具体的にどのように動けば良いのかがわからない場合、こちらの記事を参考にしていただけるとうれしいです。

️両片思いとは?

そもそも、「両方思い」とは両方がお互いに片思いをしていると思い込み、実は両想いだったと言う素敵な話です。

しかし、片思いだと思い込んでいるためなかなか先に進めず、そのままその恋もフェードアウトしてしまう可能性があります。

こんなビックチャンス誰でも逃したくありませんよね?片思いだと思い込んでいた恋は実は両方思いだったということを知れば、あなたの行動も変えられたはずです。

このように、両片思いと知らずに過ごしてしまいビックチャンスを逃してしまっていることも考えられます。

そんなビックチャンスを逃さないために、両片思いのチャンスを逃さないようアンテナを張り相手の行動をよく観察してみることも大切です。

2人がお互いに片思いだと思っている状態


2人が、お互いに片思いだと思い込んでいるためになかなか前に進むことができません。

さらに、2人が消極的なタイプであれば直前に進む事は難しいでしょう。

このように、2人が互いに片思いだと思い込んでいる状態が悪い結果を招いてしまうことにもつながります。

自分に自信がないのはわかりますが、ときには相手の気持ちや行動を冷静に判断し相手の気持ちを分析することも大切です。

2人がお互いに片思いだと思い込んでいるために、なかなかその思い込みを外すことができないことも考えられます。

このように、2人がお互いに片思いだと思っている状態が2人を苦しめている結果につながらないよう、相手の出すサインやシグナルをきちんとキャッチしていけるといいですね。

本当は両思いなのに片思いだと思い込んでいる

両片思いは、本当は両想いなのに片思いと思い込んでしまうがために、相手が好きだと言うサインをなかなか見つけることができず、スルーしてしまう場合も考えられます。

また、相手もあなたが出した際に気づかれない事で、自分には興味がないのだと勘違いしてしまうことも考えられます。

お互いが消極的な相手ですので、当然お互いが出し合うサインにも気づくことができません。

誰かが、そのことに気づきお互いに「両思いだよ!」と、伝えてもらえばラッキーですが、なかなかそんな都合の良い人は現れてくれません。

このように、ほんとは両思いなのに片思いだと、お互いが思い込んでしまっているために、両片思いの状況に陥っていると考えられます。

切ない恋のシチュエーション


お互いが、お互いに片思いだと思い込んでいるためになかなか相手に積極的なことが言えず、今ある現状が幸せだと思い込んでいることも考えられます。

つまり、どちらかが告白してしまうことでお互いの関係が崩れ去ってしまうと考えているようです。

そのため、どれだけ相手に片思いをしていてもなかなか告白することができず、現状を変えられないことがあると考えられます。

このように、お互いが消極的でお互いのことを思いやり、思い切った行動ができれば良いのですが、お互いに消極的で両想いだとは思っていないためこのままの関係がベストだと勘違いしていることも考えられます。

そうなれば、切ない恋のシチュエーションになってしまいそうですね。

また、両片思いのまま他の人に告白されたことにより、その人と付き合ってしまうなんてことになれば、ますますあなたの気持ちは後悔の念で駆られることでしょう。

️両片思いの特徴

それでは、ここからは両片思いの特徴についてお伝えしていきます。

両片思いの特徴をよく知ることで、お互いにお互いのことを片思いしている状況から脱出できるかもしれません。

このように、両片思いの特徴を知らないため、片思いと思い込み先に進むことができないのであれば、それは非常に後々後悔する結果になると考えられます。

数多くお付き合いのできる人なら良いのですが、なかなか消極的でお付き合いに至るまでが大変な人であれば、そんな両片思いを見過ごすわけにはいきません。

しっかりと相手の特徴を知り、また以下の項目と照らし合わせて、両片思いになっていないかを分析していきましょう。

よく目が合う

片思いの相手とよく目が合うことで、おそらく相手はあなたのこと気になっている様子です。

さらに、あなたはじっと見るだけでなく相手もあなたのことをよく見ている様子であれば、おそらく無意識のうちにあなたを目で追っているのでしょう。

さらに、あなたも相手をよく見ているためまた、相手もあなたをよく見ているため、よく目の合う状況になってるのではないでしょうか?そもそも、嫌いな相手とは女すらありません。

また、友達との関係であってもそこまで願う事は少ないのではないでしょうか?このように、同じ空間にいることでよく目が合うという行動がお互いに確認できるなら、相手もあなたに対し片思いをし、またあなたも相手に片思いをしている状況なのかもしれません。

よく一緒にいる

気がつけば、よく一緒になることが多く、いつも一緒にいたいと感じるようになっていませんか?無意識のうちに、片思いの相手とよく一緒にいると気づいた場合、相手もあなたと一緒にいたいと感じているのかもしれません。

また、あなたと同じように気づけば、よく一緒にいると思っていることも考えられます。

このように、お互いがお互いにわかりあえてない状況で、「よく一緒にいる。

」と感じているなら、おそらくそれはお互いが好きで一緒に入るようになってるのかもしれません。

このように、よく考えると一緒にいる機会が多い場合、お互いにお互いの気持ちを気づいていないだけで両片思いになっていることも考えられます。

連絡頻度が高い

今、1番よく連絡をとっている相手が片思いをしている相手だと思っている場合、相手も同じことを考えていることが考えられます。

このように、連絡頻度がお互いに高い場合、無意識にその人のことを好きになっているので自然と連絡の頻度も高くなります。

このように、連絡の頻度が高いことによりお互いどのような東京で、何をしているのかが気になるようです。

さらに、相手からのメッセージをすぐに返していたり、連絡が来ると嬉しく感じる場合間違いなくあなたは相手に恋をしています。

さらに、後からの連絡もあったり返信も早い場合、あなたのことを片思いしていると感じているのかもしれません。

このように、両方が片思いをしていると思い込むことにより両片思いしている可能性があるといえます。

気が合う

いろいろな価値観や、違うことで一緒にいることが楽しく感じたり、嫌なところがないと感じてしまう場合、あなたは相手のことをもっと好きになりそうですね。

しかし、無理することなく気が合う場合、相手もあなたと接することが楽しく感じたり違うと感じているため、あなたといることが心地よく感じたり、またあなたに片思いをしていると感じているのかもしれません。

このように、お互いに気が合うと思っていても、「どうせ、自分の片思い。」と思い込むばかりに、両想いだったと言うことを逃してしまってることも考えられます。

異性と気が合ううと言う事は、友達以上になることも考えられます。

この時点で、センサーを張り巡らしている人や敏感な人は、お互いの気持ちに気づくことができそうです。

近しい、片思いをしていると思い込み消極的な人であれば、まさか両思い思ってはいません。

友達以上に仲良し

気が合うことから、やはり友達以上に仲良しだったことに気づきます。

しかし、友達以上恋人未満と思い込んでいるため、あなたの片思いで終わっていると思い込んでいることも考えられます。

このように、友達以上に仲良しだけど、自分たちは恋人にはなれないと思う思い込みが、あなたの気持ちと相手の気持ちを妨げているのかもしれません。

「まさか、自分たちは…。」なんて思って見ることもなく、疑うこともなくあなたがまっさらに相手の片思いだと思い込んでいる場合、その思い込みがかなり強いので両思いを見逃してしまうことにもつながります。

まずは、友達以上に仲良しな関係であれば、友達よりかは上の関係なので、もう少し自信を持つといいかもしれません。

仲間といても横にいる

例えば、大勢の友達の中で遊んでいたとしても何かしら、ふと隣を見ると片思いの相手がいる。

なんてことありませんか?またあなたも、大勢の友達と遊んでいても、ふと気付けば片思いの相手の隣に行っている自分がいる。

なんてことになれば、周りから見ると両想いの2人でも、2人はお互いに、線を引くかのように片思いだと思い込んでいたため、なかなか両思いとは思えないのかもしれません。

そもそも、自分に自信がなく、相手との関係をこれ以上悪いものにしたくないと思い込むばかりなかなか勇気が出た行動の取れない2人なのかもしれません。

仲間といっても、隣にいることでお互いに安心していることも考えられます。

それこそが、お互いに好きだと言う証であることも考えられます。

しかし、根っからの思い込みや絶対に両想いではないと言う思い込みから相手の気持ちにも気づくことができないことも考えられます。

2人で出かける

2人で出かけたり、デートのような感じになるのであれば端から見れば、両思いに見えます。

しかし、2人で出かけるだけで恋人のように手をつないだり、ロマンチックなことをしてはいけないと思っているため、なかなか相手の気持ちにも気づけません。

さらに、ロマンチックなことをしてはいけない、ロマンチックな事をしてしまうと相手に引かれると思う気持ちから、相手もあなたから恋愛のモーションが来ないため、きっと自分には興味がないのだと思い込んでいることも考えられます。

このように、2人で出かけて両思いのような行為をしているにも関わらず、お互いに変な気の使い方や遠慮することにより、お互いの気持ちが見えなくなってしまっていることも考えられます。

なんとももったいない話ですね。

心配し合う

お互いのことを常に気遣い心配しあっている2人であれば、おそらく両片思いが考えられます。

あなたが相手のことを好きな気持ちから心配してしまう事はよくわかりますよね?しかし、相手も同じようにあなたのことを好きな気持ちから心配してしまうこともあるのです。

このように、お互いに心配し合う行為がまさか両片思いだとも思っていません。

さらに、あなたが男性の場合「相手の女性のことを心配にはなるけど、僕が心配しているために相手も心配してくれている。」また、「相手が母性本能の強い女性だから僕以外の男性のこともきっと心配してくれる心の優しい女性だと思う。」なんてことを思っていては、到底その両思いに気づくことができません。

このように、心配し合うことを両想いとは思わずに、あなたの片思いの気持ちを突っ走って考えすぎてはいませんか?

「付き合ってるの?」と聞かれる

周りから、よく「付き合ってるの?」と聞かれる事はありませんか?さらに、そう聞かれたときにもお互いが「付き合ってないよ。」と言うことにより、お互いに両思いであっても「付き合ってないと否定された。」などと勝手にショックになり、やっぱり自分だけが片思いをしていると勘違いしてしまいそうです。

どちらかが、「付き合っているの?」と聞かれても「そうだよ。」と言われてもなかなかぴんとこないかもしれません。

このように、どちらの個体に転んでも、根底に片思いをしていると言う気持ちが根強く居座るため、本当は両思いの2人でも片思いの気持ちに戻してしまうのではないでしょうか?

周りから茶化される

周りから、茶化されることにより本来は少しでも「両想いかも?」と思うのですが、片思いだと思い込んでいる人は、周りから茶化されることが恥ずかしくなり完全否定してしまう傾向にあります。

しかし、周りはよく2人のことを見ています。

周りから茶化されると言う事は2人は良い雰囲気になっていると言うことです。

しかし、お互いに消極的で片思いだと思い込んでいる2人なら、当然のこと両思いとは思いません。

さらに、周りから茶化されることにより周りに自分の気持ちを知られたくないと言う気持ちから、完全否定してしまうことも考えられます。

このように、完全否定してしまうことにより相手もその完全否定した姿を見て、やっぱり自分の片思いだったとショックを受けているのかもしれません。

お互いにお互いが片思いと思って両思いの場合、なかなか、その壁を壊すのは難しいのかもしれません。

空気感が似ている

空気管が似ていることにより、より2人が似たもの同士で居心地が良いように見えてしまいます。

さらに本人同士も空気感が似ていて居心地がいいと思っているため、2人が、このままお付き合いできればいいのにな…。

なんて、よく思っている事でしょう。

しかし、片思いと言うレッテルを自ら張ってしまっていることにより両片思いをしている相手と付き合いたいけど、あなたが告白することにより、「この関係が崩れてしまうかもしれない。」と強く思ってしまうため、なかなかあなたの気持ちも打ち明けられず、相手もまた同じことを考えているのかもしれません。

このように、空気感が似ていることで居心地が良くなる事は、お互いにリラックスしているとともに安心感にもなっているのでしょう。

誰から見てもお似合い

「誰から見てもお似合いの2人なら、いっそのことお付き合いしたらいいのに!」なんて、周りは思っている事でしょう。

また、誰から見てもお似合いの2人なら、その話が出た瞬間にどちらかが相手に告白をすれば、お付き合いができるのですが、片思いだと思い込んでいるため「誰から見てもお似合いの2人」=「理想の2人」となり、自分の中でも理想は付き合いたいけど、相手に告白し断られたらどうしようと言う気持ちが強いため、なかなかその告白まで踏み切ることができないのかもしれません。

このように、誰から見てもお似合いの2人なのに、周りは「どうして2人は付き合わないの?」と感じているのかもしれません。

誰かが、おせっかいな友人に2人をくっつけるよう頼みたくなりそうですね。

️ハタから見ると本当にもどかしい!

両片思いの人たちは、端から見るとやはり本当にもどかしい存在になっているようです。

なぜ、付き合わないのか。

またなぜそんなに片思いだと思い込んでいるのか?全く意味がわからないと思います。

また、当の本人が誰かに頼むことをすれば良いのですが、周りを使って相手に悟られたら怖いと思い、余計に自分自身をがんじがらめにしてしまっていることも考えられます。

このように、端から見るとなぜそんなに片思いにこだわるのか?と思うほどもどかしい気持ちになりそうです。

やはり、端から見る目は当の本人ではなく第三者になりますので案外客観的に物事を感じ取ることができます。

そのため、当の本人たちよりより鮮明に物事が見えているのかもしれません。

早く付き合っちゃえばいいのに…

周りは、きっと「早く付き合っちゃえばいいのに…。」と思っているようです。

早く付き合わないことで他に取られちゃうよ。

なんてことも考えているのかもしれません。

しかし、両片思いの人たちはそんな気持ちになってはいけないと思っているのか、また告白してフラれるのが怖いのか、プライドが高いのか?この関係を崩したくないのか?など、周りをも巻き込み、それ付き合うことを急かされたとしても、前に進むことができないのかもしれません。

それは、相手の気持ちに100%保証がないからでしょう。

しかし、100%の保証があるものはもの以外には考えられません。

気持ちなんてかえって100%は無いと考えられます。

そんなことをくよくよ考えているなら、「当たって砕けろ」の勢いになってほしいと感じてしまいます。

しかしこれまでの人生失敗してきたことが少ない人や、失敗することが極度に怖い人は周りから早く付き合えばいいのにと思われていても、なかなか前に進むことができないのかもしれません。

️両片思いから一歩進むための8の行動

それではここからは、両片思いから一歩進むための行動を8個ご紹介していきます。

ここまで記事を読んで、まだ不安があるなら、以下のことを試してみましょう。

両片思いから脱出するためには、今の現状ではいけません。

臆病で、奥手なあなたのために、まずはあなたができそうな項目から始めてみてはいかがでしょう?さらに、まずは失敗や振られることを恐れずに、まずは行動してみることが大切です。

行動せずに終わってしまうことで、あなたの中にもいつまでも後悔が残ってしまうことでしょう。

デートスポットへ行く

まずは、恋人らしくデートスポットに出かけてみてはいかがでしょう?素敵なデートスポットいくことで、より2人の心の距離が縮まるかもしれません。

また、デートスポットいくことで気持ちも恋人のようになり、お互い素直に気持ちを打ち明けられるかもしれません。

片思いと思い込んでいる人は、なかなか自分の気持ちを伝えることが苦手だったり、相手の気持ちを聞くことが怖いと思う人がほとんどです。

しかし、デートスポットへ行くことを相手に伝え、相手もそのデートスポットに来てくれる場合、これはお互いに、カップルに見られてもいいと思っている証拠ではないでしょうか?いちど、デートスポットに誘ってみてはいかがでしょう?

男らしさ/女らしさをアピール

男性の場合、片思いの女性に男らしさをアピールしてみましょう。

また、女性の場合片想いの男性に女性らしさをアピールしてみましょう。

このように、お互いに男である、女であるということをアピールすることにより、相手からどのように扱われるかを感じ取ることも大切です。

男らしいアピールをしたときに、相手から言葉はなくてもあなたの見る目が素敵に映っているように見えたり、また女性らしさをアピールした場合、片思いの相手からさりげないエスコートしてもらえる様子なら、恐らくアピール作戦は成功していると言えるでしょう。

もっと噛み砕いて話をすれば、男らしさはアピールする具体例としては女性の荷物を持ってあげたり、どこかお店に入るときにドアを開けてあげたり、素敵なエスコートができることも大切です。

また、女性の場合女性をアピールする具体例として、いつもハンカチやティッシュをきちんと持っていたり、男性とレストランに行った時も男性の飲み物や食べ物を優先してオーダーしたり、気の利いたそぶりを見せる事により女性らしさをアピールできるのかもしれません。

恋人が欲しいと言う

伝え方にもよりますが、「恋人が欲しい。」となれば、相手じゃなくてもいいと思われますので、必ず「あなたみたいな恋人が欲しい。」と伝えてみるようにしましょう。

これを言うと言わないのとでは、かなり差が出ることでしょう。

また、「あなたみたいな、恋人が欲しい。」と言うことで、「あなたと付き合いたい。」と間接的に伝えていることと同じになります。

万が一、相手の反応が戸惑っている様子であれば、「気にしないで。」と伝えれば良いでしょう。

しかしそこで相手もあなたに片思いをしている場合、「私もそう思っていた。」なんてことになれば、お付き合いに発展することも考えられます。

このように、恋人が欲しいと伝えることで、より2人の距離が縮まることも考えられるのです。

自分に自信を持つ

自分に自信を持つことで、両片思いをスルーしてしまうことが少なくなりそうです。

そのため、全く自分と思い相手が付き合ってくれる自信がない場合でも、「自分となら相手もうまくやっていける。」と思えるようにしていきましょう。

これまで、両片思いの特徴について24個の項目をお伝えしてきましたが、ほとんどこの項目に当てはまる場合、自分に自信を持っても良いでしょう。

また、自分に自信を持つことが悪いことではありません。

自分に自信を持つことで、相手にも積極的になり、フラれることや失敗することを恐れずに前向きにいきましょう。

人生は、選択と失敗の繰り返しです。

失敗を恐れて選択を誤れば、成功は見えないのです。

少し距離を置く

片思いの相手と、少し距離をおくことで相手の反応を見てみるようにしましょう。

また、ものすごく消極的な相手なればあなたが距離をおくことで、あなたに嫌われたと思いさらに距離を置かれることも考えられます。

この場合、少し距離を置く前に相手の性格も把握しながら距離をおくようにしてください。

相手が、あなたに対し「どうしたの?」やあなたを心配する連絡やメッセージが来る場合、おそらくあなたのことを好きなのかもしれません。

しかし、少し距離を置いたことで相手から嫌われたと思い込み離れてしまう相手だれば、なかなかそういったことも伝えることが難しいかもしれません。

友達に協力してもらう

ここは、仲の良い友達に協力してもらいましょう。

さらに言うなれば、お互い知った友人に協力してもらうといいかもしれません。

さらに、友達に協力してもらうことで、お互いの気持ちを聞き出すすることができそうです。

また、友達を頼ることにより友達も頼られたことから、精一杯2人をくっつけようと努力してくれることでしょう。

このように、友達に協力してもらうことでお互いの気持ちを知ることができたり、また相手がどのように思っているのかを知るチャンスが巡ってくるかもしれません。

このように、友達に協力してもらうことであなたには直接話せない事でも友達には話せてしまうことも考えられます。

これを機に、友達にいちど協力してもらうことも考えてみましょう。

恋愛の話をする

片思いをしている相手に恋愛の話をしてみましょう。

そこで、どのような相手が恋愛の価値観の持ち主なのか。

また、恋愛の話をすることにより相手はどのように恋愛を考えているのかなどを聞き出すといいかもしれません。

また、聞くばかりではなくあなたからも恋愛の話をすることで、より2人の共通点を見出せるかもしれません。

このように、両片思いだと思われる人たちは間接的になら自分のことを伝えることができても直接伝えることができないことも考えられます。

そのため、間接的に恋愛の話を持って行く事で、お互いの本音が聞けることも考えられます。

このように、恋愛の話をすることでお互いに恋愛の価値観を聞けるだけでなく、お互いの本音を聞けることにつながるかもしれません。

想いを伝える

ここは、ここまできたら相手にあなたの気持ちや思いを伝えてみても良いでしょう。

あなたにその勇気があるなら、ぜひあなたの思いを伝えてみてください。

あなたの思いを伝えることで、相手もあなたに対し心を開き思いを伝えてくれるかもしれません。

どちらかが心を開かなければ相手も心を開いて送れません。

あなたがきちんと相手のことを思い想いを伝えることで、相手はあなたからのまっすぐな気持ちを受け取り、また応えたいと言う気持ちになるのかもしれません。

このように、相手に思いを伝えることでより2人の気持ちが浮き彫りになり、この先どのようになりたいのかを2人で具体的に話あえるのかもしれません。

️両片思いから両思いへ!

いかがでしたか?両片思いから両思いへ移行することができそうでしょうか?あなたが思い切り、片思いの相手へ気持ちを伝えることで2人の関係が前進することも考えられます。

また、今の状況が崩れるのが怖いと思い、何もせず過ごしてしまうことで後々後悔することがないよう過ごしていきましょう。

一般的に人は、失敗した後悔より、しなかった後悔の方が心に残りやすいと言われています。

あなたがしないことによりいつまでも後悔してしまうなら、いっそのこと失敗して後悔する位の勇ましい気持ちで片思いの相手へ挑むことも大切なのかもしれません。

相手の顔色を伺いながら毎日ビクビク過ごすのではなく、あなた主導で動くことにより、運も切り開けていけるのではないでしょうか?