しゃべるのが上手くなると、人と会うのが億劫ではなくなるだけではなく、人生はそれだけで10%くらい楽しみが増えるんです。

自分の言いたいことを正確に、そして面白く話しをして相手に伝えられる。

そうするには一体どんなことに気を付ければいいのか、しゃべるのが上手い人の13個の特徴をご紹介します。

しゃべるのが上手い人になろう!

しゃべるのが上手い人は、しゃべるのが得意でない人が想像もしていないようなことを、あれよこれよと考えながら話しをしているんです。

一体どんな事を考えながら話しをしているのか?面白くて興味深いその内容をご紹介します。

しゃべるのが上手い人の特徴13個


しゃべるのが上手い人はしゃべることをこれっぽっちも苦だと思っていません。

むしろ、朝起きたら誰かと話したい、お昼を食べたら早く誰かと話したい、夕方も夜も、寝る前も、いつも24時間話したいことで頭がいっぱいなのです。

皆さんはどうでしょうか?もっともっとしゃべりたいと思っていれば、おしゃべり上手、私はできるだけ話しをしたくないと思っているのならば、話しをするのが苦手なのかもしれません。

1.表情に余裕がある

しゃべるのが好きな人・上手な人は、しゃべりながら表情がコロコロと変わります。

そうなるのは当たり前で、彼らはしゃべることに幸せを感じているので、しゃべりながらつい生き生きとした表情をしてしまうのです。

しゃべるのが苦手な人は、無意識の内に「話しをするのが嫌だなぁ」と思ってしまい、それが顔や表情に出てしまうので、話している話の内容が面白くても、その面白さが相手に伝わらないという悔しい思いをしてしまいます。

想像してみてください。

怖い顔とか、嫌々話しをしている顔をしながら、いい話をしたとしても、相手の心に響くと思いますか?相手には話半分くらいしか伝わってくれないのです。

2.論理的にしゃべれる

話をするのが上手い人、何を話したいのか・話している内容が分かりやすい人は、理論的に物事を捉えたり、説明するスキルを持っています。

論理的=英語では「ロジカル」と呼びますが、大企業では新入社員やマネジャークラスの研修で「ロジカルシンキング」なんていう研修を取り入れて、ロジカル・論理的なものの考え方や説明の仕方を学んでいるんです。

毎度毎度会社の人や周囲の人から「お前の話しは何がいいたいのか分からない」と言われてしまう人は、一度ロジカルシンキングの本を読んでみて下さい。

もしかしたら劇的に変わって、たった数日でしゃべるのが上手い人になるかもしれません。

3.具体的な数字や例を交えて話す


相手に状況をできるだけ正確に説明したいと思う時、言葉だけでその状況を説明しようとしても、中々伝わりにくいことがあります。

「なぜ伝わりにくいのか?」それは、自分と相手が想像することに差が生まれてしまうからです。

例えば、あなたが「赤くて大きいあれ!昨日みたあれ!何だか分かる?」と友人に言ったとします、友人は「え?スーパーで買ったりんごのこと?」など、昨日見たものの中から一生懸命に推測してみますが、あなたがいいたかったのは道路に止まっていた赤いポルシェだった・・・とか。

「大きい」という形容詞だけでは「どれくらい大きさなのか」が人によって違うので、正確な数字をいわなければ、自分以外の人間と一致させることはとても難しいのです。

誰かに何か特定のものを説明したい時は、できるだけ具体的な数字や例を交えて話すと正確に話が伝わるので、是非試してみて下さい。

4.聞く人の目をしっかり見て話す

必要以上に話をしながら相手の目を見てしまうと「え?何?」この人おかしいと逆に怪しまれてしまいますが、適度に、相槌を打つ感覚で聞く人の目をしっかり見て話すと話し方に説得力とか凄みが加わるのでオススメです。

最近不倫問題で連日世間を騒がせている政治家たちも、色々と釈明しながらも、時折カメラを見たり、報道陣の方を見たりと、「目線」の効果を良く利用しているのを見かけます。

ずっと見るのではなく、時々みる、そのタイミングが上手くなれば、もうその時は人と話をするのが怖くなっていないでしょう。

5.人生経験が豊富

しゃべる人が上手い人は人生経験が豊富です。

それは決して良い経験だけではありません。

たくさん失敗したり、時には自分以外の人のせいで辛い目にあったり、理不尽なことを繰り返して乗り越えてきたから、色んなことが広い視野で見えてくるようになるのです。

「そういうことって良く耳にするけれど、どうもぴんとこないというか、どういう感覚なのかいまいち分からない」という方には、「恋愛」で想像してみるのが1番です。

恋愛経験がない時と、いろいろ経験した後を比較してみるのです。

最初は顔だけで選んでいた男を、だんだんと経済力で選んで、次は性格で選んでとか(笑)

失恋はやっぱり二度としたいとは思えないけれど、失恋したことがあるからこそ、今の人を大事にしたり、振られないように努力したりする。

昔より化粧が上手くなったり、人前で自分が出せるようになったり、相手に合わせ過ぎないファッションになったり、男を見る目が出来たり。

人生経験も同じようなもの、色んな場所にいって、色んな経験をしたからこそ、おしゃべりにも深みが出てくるのです。

6.人を見る目がある

しゃべるのが上手い人は、人を見る、見抜く力があります。

「瞬時に見分ける力があるのか?」というと、そうではありません。

その逆で、人は瞬時に見分けられるものではないと分かっているから、平静を装って相手を上手く観察しています。

相手がどんな人かまだ分からないうちは、危険な冒険はしません。

どんな話が好きなタイプで、どこが地雷なのか、相手の手の内が見え始めたら、少しづつ会話の幅を広げていくのです。

話が上手な人の中には、自分の本心や心の内を話すまでに1年以上、それ以上を費やす人もいるくらいなんです。

7.聞く人によって話し方を変えられる

しゃべるのが上手い人は、聞く相手によって話し方を変えることができます。

ただでさえ、人と話をするのって難しいのに、相手によって話し方を変えられるなんて、一体どうやって変えるというのでしょうか。

それができる人は、24時間誰と話しをする時も、それが例え家族だったとしても、話し方を変えてしまう傾向があります。

つまり「相手によって話し方を変える」ということは意識してやることなのではなく、無意識の内に、自然とそうやってしまうのです。

例えば相手の頭が良くて、下手なことをいうと怒らせてしまうというケースなら、話しをするペースを緩めて、できるだけ言葉を少なくし、会話を終わらせようとします。

相手が何か情報を握っているのであれば、相手の話をよく聞いて、話のペースに合わせ、相手の話を上手く褒める方向にもっていきます。

相手があなたと話しをすることで気持ちよくなって、あなたと話をすることが「楽しい」と感じればもうこっちのもの、次第に心を許してこちらが欲しい情報を話してくれるかもしれません。

賢い人はこうして話し方を変えて、色んなころを考えながら戦略を練っているのです。

8.気遣いや思い遣りのある人

しゃべるのが上手い人は基本的に、気遣いや思い遣りのある人がほとんどです。

気遣いや思い遣りがあるからこそ、相手の気持ちが手にとるように分かる、だから話しも上手くなるのです。

こういう人は、相手と詳しく話しをしなくても、言葉のヒントから、「この人は今こんなことに困っているのかも」とか「この人は最近順調で何にも困っていない」などのおおまかな判断をすることができます。

気遣いや思い遣りがあって、かつ、しゃべるのが上手い人は、困っている人がする考え方の方向や、幸せな人が考える話の方向を読み取ることができるのです。

こういう人を数人友達に持つと、いつ会っても、何を話しても居心地が良くて、あなたが困っている時はかなり的確なアドバイスをしてくれるので、とても大切な友人になっていくはずです。

9.声のトーンを使い分けることができる

声のトーンを使い分ける=ぶりっこになる時だけすること、くらいにしか考えていない女性がいますが、賢い女性はあと5通りの声のトーンを使いわけて、相手によって声色を変えながら話をしています。

もっと正確にいえば、声のトーンだけでなく、声のテンポ・速さも変えているのです。

例えば相手が怒っている時、こちらの声のトーンまで荒げてしまえば、怒っている相手はますますヒートアップしてしまいます。

こんな時大切なのは、まず相手の気持ちを落ち着かせることです。

その為には、自分の声をできるだけゆっくりかつ、「?」「何のことかな?」ととぼけたような雰囲気をミックスさせます。

ただし間違っても「不思議ちゃん」のようにノロノロとした話し方をしないこと。

相手が余計イライラしてしまうと、状況はさらに悪化してしまう可能性があります。

相手の理解力が少なそうな場合は、要点を確認しながら、相手がわかりやすいトーンで話しをする。

相手が賢いタイプであれば、シンプルなトーンで、話の要点だけを簡潔に話す、それだけで話は伝わるはずです。

10.随所に冗談を交えて楽しく話す

賢い人たちが集まる会議では、なぜかいつも笑い声が絶えません。

賢い人たちの集まる会社は、そういう人たちが運営しているのですから、上手く行っているはず、だから笑い声が多いのか?というと、ただそれだけの理由ではないんです。

賢い人たちは、会話の中に、冗談を入れる傾向があるのです。

難しい話をしている時、あまり頭の回転が早くない人は、会話の内容を理解するのでいっぱいいっぱいになってしまい、自分が気の利いた冗談をいうなんて余裕がありません。

相手の話を上手い冗談で返すなんてことは、夢のまた夢、「そんなことができたらかっこいいよなぁ」なんて思ってはいるものの、中々実現するのは難しいところです。

ここ最近、不動のお笑い芸人・人気ナンバーワンといえば、ダウンタウンの松本人志さんですが、彼のことを「頭がいい」という人は大勢いると思います。

彼のような人は冗談を上手く話すことができます。

冗談を会話の中に何気なくなじませることができる、こんなテクニックができるようになるには優秀な頭脳が必要なのです。

11.感動する話題が豊富

しゃべるのが上手い人は、感動する話をいつも頭の中にいくつか隠し持っています。

しゃべるのが上手い人は、自分が話しをするのが上手いということを分かっているので、面白いことがあると「あ、今度家族に話してみよう!」なんて普段からアンテナを立てておきます。

12.自分の話し方の癖を客観的に知っている

皆さんは自分が話しをする時の癖がどんな風なのかを知っていますか?しゃべるのが上手い人は、過去にどこかで自分がどんな風に話しをするのか、プロにお金を払って直してもらったり、スマホなどを使って自分で自撮りして、「あ~こんな風な癖があるんだな」「もっとこういう風に話しをするようにしよう」なんて、陰で努力をしていた可能性が大です。

自分はまだ一度もそんなことしたことない!という方は、最初は短い時間からでもいいので、是非自撮りして、自分の話し方をチェックしてみて下さい。

13.人の話もよく聞いている

しゃべるのが上手い人は「自分が話しをするよりも、人の話を良く聞くことが重要」ということにちゃんと気が付いているんです。

人は本来人の話しを聞いている時よりも、自分の話しをしている時の方が居心地が良いと感じる生き物です。

緊張したり、気を使わなければならない相手と話しをする時以外で、リラックスしながら何を話してもいい、いわゆる「気を使わなくていい」相手と話をする時、人は話に夢中になってしまうこともしばしばあります。

だから、しゃべるのが上手い人は良く人の話しを聞いています。

相手が楽しくおしゃべりできるように相手の話しを聞き切る、これは凄く重要なポイントです。

人は自分の話しをちゃんと聞いて反応してくれる相手のことを信用する傾向もあります。

逆に自分が話している時はあまり聞いていない様子なのに、自分が話しをする時は凄く夢中になる、こういう人と一緒にいても苦痛に感じるようになってしまうのです。

しゃべるのが上手くなる秘訣は、大きく2つに分けて、①しゃべるのが上手くなること②相手の話しを聞き切ること、簡単なようで意識していない人も多いので是非覚えておいて下さい。