今の世の中にはたくさんの情報が存在しています。

あまり生活をしている上で考える機会はすくないかもしれませんが、私たちは毎日たくさんの情報に触れながら生きています。

例えば、社会人の方であったりある程度の年齢になっている方であれば、朝起きてその日の朝のニュースなどに目を通す方はたくさんいると思います。

言ってしまえばこれも新しい情報にほかなりません。

そのほか、仕事であったりプライベートを通して、新しい情報を得る機会などはたくさんあると思います。

業務内容で勉強しなければいけないような事であったり、プライベートで行わなければいけないことにまつわる情報、わからないものがあった時にインターネットで検索したりすると表示されたりするようなインターネットサイトに書き込まれているような情報など、考えて見ればキリがないくらい私たちの身近には情報が存在しています。

今は特に昔と違って圧倒的に情報に触れやすい世の中になっています。

インターネットの発達によって簡単に情報に目を触れる機会が増えたからです。

もちろん非常に便利な面も持ち合わせていますが、時にはこれが欠点となる場合があります。

世の中に存在している情報はすべて正しいというわけではありません。

正しい物もあれば間違っているものもあるという事です。

今回はそんな間違った情報を知る、つまり「ミスリード」という言葉をテーマにしてよくある使い方やミスリードな例をご紹介していきたいと思います。

ミスリードって知ってますか?

先ほどご紹介した通り世の中には日々たくさんの情報が生まれています。

私達は普段あまり情報量の多さを意識することはないと思いますが、何か調べものを行ったりする際にはその圧倒的な情報量の多さに戸惑ってしまうことがあると思います。

そもそも情報量が多くなっているという事は冷静に考えてみれば至極当然のことであると考えられます。

なぜなら常に私たち人間は便利な世の中になって欲しい、便利な商品が欲しい、と願い続けているからです。

だからこそ便利なものは商品に限定されず、情報に関しても需要があり、重宝されると考えることができます。

インターネットも生まれ、たくさんの方がたくさんの情報に目に触れる事が出来るようになっている時代だからこそ、常に世の中には新しい情報が存在し、さらにこれからもたくさん出回って行くと考えることができます。

正しい情報を知っているか知らないかで大きく結果は変わってしまいますので、情報、知識はとてつもなく大事な物であると考えることが出来ます。

しかし、私たちが目に触れている情報が全て正しいとは限りません。

正しいものもあれば間違っているものもありますし、時にはわざと間違った情報を流されているということも存在しています。

正しい情報を知っていることがとても大事なことであるという事の反面、間違った情報を正しい情報だと錯覚してしまう事は時には大きな損害へと繋がってしまいます。

だからこそそんな状況、つまりミスリードはなるべく防がなければいけない事であると判断することが出来ます。

さらに言えば、言葉の意味を正しく知る事も正しい情報を得るという意味では同じ意味で考えることが出来ます。

それを踏まえた上でミスリードという言葉、なかなか普段使う機会はありませんがあなたは正しい意味を理解していますか?

ミスリードの基礎基本


先ほどご紹介した中でミスリードという事をなるべく防がなければいけないということをご紹介しました。

しかしながらミスリードという言葉の基本的な知識がなければそれが何を意味しているのか全く理解ができないと思います。

何事に関しても物事の意味を知っていなければ理解することはできません。

つまり、ミスリードという言葉を知るためにはミスリードという言葉の意味を正しく知る必要があるということです。

しかしながらミスリードという言葉は残念ながら日常生活であまり耳にすることは多くない言葉だと言わざるを得ません。

頻繁に耳にしている方からすればそこまで難しくない意味だったとしても、日常生活であまりミスリードという言葉を聞く機会がない方にとってはわからないのもしょうがないことです。

なのでここからはミスリードという言葉の基礎的な意味であったり知識についてご紹介していきたいと思います。

意味

ミスリードという言葉の意味は主に「読者を誤った解釈に誘導してしまう様な文章」のことを意味しています。

しかしながら文章に限らず世の中にはたくさんの情報が存在しています。

なので一概に文章だけど限定して説明してしまうのは意味を狭めてしまいますので、解釈していただくのであれば「人を誤った方向へ導くこと、誤解させること」という意味を基礎として解釈していただければ間違いありません。

そこから派生して先ほどの意味を理解すればミスリードという言葉がどういった意味を成しているのか、正しく理解する事ができるはずです。

重ねてお伝えしますが世の中にはたくさんの情報が存在しています。

便利なインターネットに関してもあるキーワードを検索すればそのキーワードに沿ったインターネットサイトがたくさん表示されますよね。

しかしながらそこに出てくる全てのインターネットサイトが正しい情報を記載しているのかと言われればそうではありません。

中には間違った情報を記載しているインターネットサイトもあるのでその情報が正しいのか間違ってるのが正しく判断できる様に幅広い情報を集める必要性があると捉えることができます。

つまり情報の正誤性を判断せずに目に触れる情報全て正しいと考えて自分の知識としてインプットしてしまうとミスリードが発生すると表現することができ、間違った情報をミスリードであると表現することが出来ます。

類義語

ミスリードという言葉の意味を簡単にご紹介しましたが、ミスリードという言葉の意味を理解したところでこの言葉に似ている表現があると考え付く方もたくさんいると思います。

実際にミスリードという言葉に近い意味を持っている言葉はたくさん存在しています。

なので、ミスリードという言葉をより知るために、ここからは簡単にミスリードという言葉の類義語についてご紹介していきたいと思います。

一般的にミスリードという言葉の基本的な意味と似ている言葉は複数存在しますが、例えば代表的な例としては「誤らせる」「ミスを誘う」「誤認させる」という言葉が挙げられます。

簡単に意味を考えてみると、全て同じような意味である事が理解できると思いますが、例えば「誤らせる」という言葉の意味は「誤った考えを持たせるような性質であるさま」という言葉の意味を持っています。

これは「ミスを誘う」「誤認させる」という言葉でも同じ意味を持っていますので、すべて共通である、つまりミスリードという言葉とほぼ等しい意味を持っていると考えることが出来るため、類義語であると考えることが出来ます。

使い方

ミスリードという言葉を正しく理解するためにはミスリードという言葉がどの様にして使われているのかということを正しく知る必要性があります。

ミスリードという言葉自体は普段日常生活をしているとそこまで聞く機会はないかもしれませんがもちろん全くないと言うわけではありません。

ではミスリードという言葉がどのようにして使われるのかという事をビジネスシーンにおける場合と日常生活における場合の2パターンに分けてご紹介していきたいと思います。

ビジネスシーンで


まずはじめにご紹介するミスリードという言葉の使われるパターンとしてビジネスシーンにおけるパターンをご紹介していきたいと思います。

会社によって使われる会社と使われない会社があるかもしれませんが、昔と違いビジネス用語を用いる会社はとても増えています。

ビジネス用語は使われる会社では頻繁に使われることが予想されますので知っていなければ正しい意味を理解することができないということにつながり、恥ずかしい状況になることはもちろんのこと、業務上においても支障が出る可能性がありますのである程度基本的なビジネス用語は知っておく必要があります。

ミスリードという言葉は頻繁には使われないかもしれませんが、全く出てこないということもないのでこの機会にビジネスシーンでのミスリードという言葉の使い方を正しく理解しましょう。

ビジネスシーンでミスリードという言葉を使う場合は一般的に仕事においてミスを誘発してしまった行為に対して使わる事が多いです。

例えばあなたが部下に対して指示を行ったとします。

しかし、指示した内容ではない事を行ってしまってミスが発生したと考えてみてください。

この時に部下が勘違いしたのではなく、あなたがもしもわかりにくい言葉で部下に対して指示を行ってミスを発生させてしまったのであれば、それはミスリードでありそれを防ぐために常にあなたは分かりやすい説明を行うべきであったと反省しなければいけません。

ここでミスリードの基本的な意味を思い出してみてください。

ミスリードは「人を誤った方向へ導くこと、誤解させること」という意味なので、この意味を踏まえるとよりこの状況での意味を正しく理解いただけると思います。

日常生活で

ビジネスシーンにおけるミスリードという言葉の使い方について簡単にご紹介しましたが、ここからは日常生活においてミスリードという言葉を使うパターンについてご紹介していきたいと思います。

様々な状況が存在しますが例えばあなたが日常生活で何かに関して調べものをしたいと考えたとします。

今ではたくさんの方がスマートフォンを持っていると思いますので、スマートフォンを使ってその調べたいことを検索したとします。

そこである情報を調べてその情報を試した時に全くその情報が通用しなかったと考えてください。

最終的にその他の情報を集めた結果その情報は嘘であり、あからさまなミスリードだったと判断することが出来ます。

こんな状況の時にこの情報はミスリードだった、という言葉で表現することが出来ます。

そこまで難しく考えずに、間違った情報をミスリードという言葉で表現する事も出来ますので、日常生活では意識すれば幅広く使えるシーンが存在する事も容易に考えることができるはずです。

よくあるミスリードの例

ここまではミスリードという言葉の簡単な意味であったり基本的な使い方についてご紹介していきました。

ここまでご紹介した内容を踏まえていただくとある程度ミスリードという言葉が理解いただけたと思いますが、さらにミスリードという言葉を知っていただくためにここからよくあるミスリードの例についてご紹介していきたいと思います。

私たちが普段意識していないだけでミスリードという言葉を理解していればミスリードという言葉に該当する状況は想像以上にたくさん存在することが予想できます。

この機会にミスリードという言葉が用いて表現できる日常生活での状況を自分の体験してきた内容と並行して考えてみてください。

悪質サイト

まずはじめにご紹介するミスリードの例の一つとしては悪質サイトということが挙げられます。

ミスリードという言葉の基本的な意味をもう一度思い出していただくと、「人を誤った方向へ導くこと、誤解させること」という意味を持っています。

つまり、誤った方向へ導いてしまう様な情報を掲載しているインターネットサイトのことを悪質サイトと表現することができます。

この様に考えてみると誰しもが一度は悪質なサイトに目を触れた経験があると思います。

では具体的にどういった悪質なサイトが存在しているのかということをより細かくご紹介していきたいと思います。

まとめサイト

ミスリードを誘ってしまう様な悪質サイトを考えたときに、まずまとめサイトの存在を考えることができます。

そもそもまとめサイトいう言葉自体を知らない方がいるかもしれませんので簡単にご紹介すると、まとめサイトは特定のテーマで情報収集したり編集したりする様なウェブサイトのことを指し示しているサイトであり、他の呼び名ではキュレーションサイトと言う言葉で呼ぶことができます。

例えば話題の出来事などについての情報を簡単に手軽に読んだりできる様な形で閲覧者に情報提供したりする様なインターネットサイトのことであり、今では何かの情報をインターネットで検索するときによく検索欄の一番上に表示されるサイトにまとめサイトが来る様なことは頻繁に存在します。

しかしながらまとめサイトに記載されてある内容が正しいとは一概に考えることができません。

まとめサイトの中にはその情報の整合性が保たれていない様な情報が掲載されていることも当然存在しています。

残念ながらその情報が正しいかどうかを判断するすればその他の情報と比較してその情報が正しいのかどうか自分の中ですり合わせる以外には判断が難しいのが現状です。

なので、まとめサイトの中にはミスリードを誘うような内容が掲載されているという事実が一般的な例として挙げることが出来ます。