CoCoSiA(ココシア)

暇な時間の潰し方14選。お金をかけ...(続き4)

「男の人なのになんでこんなに綺麗なの?女性より綺麗なんじゃない?というか私より絶対綺麗だよね。」なんて実際に思ったりもします。

特に若い世代に美男子は多いですよね。

TVや雑誌で取り上げられる前に、ネットで話題になることが最近の傾向として多いと思いますが、どこか中世的な美しさが漂う子が多いですよね。

ユーチューバーのように、自分のチャンネルを持っていてネット配信している人も多く、TVで取り上げられる前にファンになって、その子たちが売れていくのをみていると、優越感のようなものも生まれます。

異性なら、イケメンをみることで女性ホルモンが活性化してくれそうですし、若返り効果もありそうですね。

何時の時代もイケメン、美女は目の保養となり、隙間時間に可愛い子、かっこいい子をネットで探すという楽しみが長生きにも繋がりそうです!

13、1時間かけてどこまで歩けるかチャレンジしてみる

普段、あまり運動する機会がない人にとっては、散歩をするだけでも息切れものだと思うのですが、そこで運動をしなかったらもっと悲惨なことになってしまいます。

そんな方は、思い立った時にこの1時間チャレンジをしてみることをおすすめします!

時間を1時間と決め、予めゴールを設定しておくことでやる気も湧きますよね。

ゴールをキロ数で決めてしまうと、「まだ歩かなきゃいけないの…?」と辛くなることもあると思います。

1時間あったら、結構な距離を歩けますよね。

都心を歩くのも楽しそうですし、田舎道を淡々と歩くのも、気持ちが洗われそうで良いですね。

何もすることがないけれど、でも漠然と運動しなきゃと思っている。

そんな状態の時にチャレンジしてみましょう。

これがきっかけで、ウォーキングが趣味になれば、それもまた良しですよね。

14、献血に行ってみる

暇つぶしで、献血に行くという行為すごくカッコイイですよね。

実際に人の役に立つことをしているし、幸福感で自分も満たされます。

良いことをしたあとは、不思議とやる気が起きたり、自分にご褒美を与えたくなったりするかもしれません。

私自身は、採血はもう何度もしたことがあるのですが、どうにも注射に慣れず、自らの意志で献血に行ったことはありません。

だからこそ献血に行く人がカッコイイなと思える部分もあり、憧れのような部分もあります。

「ちょっと空いた時間ができたから献血行ってくるわ」なんて言われた日には、その人見る目が変わってしまいそうです。

ただ、私のように注射が苦手という方は決して無理をしないようにお願いします。

暇つぶしに社会貢献!

献血の仕組みってみなさん詳しく知っていますか?

献血ができるのは16~69歳までの健康な方であることが、まずは第一の条件としてあります。

献血バスを見かけたことがある方もいると思いますが、なかなか入るのは勇気がいりますよね。

そんなバスの中ではまず医師の問診を受け、献血し、献血したものを検査した後、製造や保管に回ります。

医療機関から要請があれば、必要としている方のもとへ素早く届くようにもなっているようです。

自分には関係ないことだと思っている方もいるかもしれませんが、事故や病気などでいつ血液が必要になるかは、誰にもわかりませんよね。

また、献血にかかる時間ってみなさん知っていますか?

200ml、400mlでは通常10分から15分、成分献血では40分から90分かかるとされています。

この時間血を抜かれているのかと思うと、想像しただけで貧血になりそうなのですが、時間を持て余している方には、本当に良い暇潰し&社会貢献になりますよね。

暇を潰しながら、社会の役に立てるなんて素晴らしいことですよ。

皆さんは暇なとき、どうやって時間を潰してますか?


実際に、自分の普段生活を振り返ってみて下さい。

暇なときはどうやって時間を潰していることが多いですか?

パッと思い浮かぶ方もいれば、「何してたっけな~」と、あまり意識せずに過ごしている方もいるはず。

暇なときの時間の過ごし方は、趣味があるかないかという部分が大きく影響してくるかもしれませんね。

趣味がある方は、暇な時間があればそれに没頭することでしょう。

趣味がない方は、今回ご紹介した暇つぶしの方法を趣味にしてみませんか?

お金をかけずに暇をつぶす方法はたくさんあります!

「こういう暇つぶしの方法があったのか~。」と、軽い気持ちで挑戦してもらえると良いですね。

お金を掛ける暇潰しは数多い

趣味にお金をかけている方はたくさんいますよね。

暇潰しも同じように、お金をかけて過ごしている方もたくさんいます。

特にアウトドア派の方は、外にでることで、お金を使うことも多いのではないでしょうか。

家にいると息が詰まる。

そういう方もいますよね。