日常的な会話で出てくるような言葉で、知ってはいるけど、意味を聞かれたらよくわからない…。

そんなふうに、知らなくて恥ずかしい思いをしてしまうことがありませんか?

そこで今回は、ある漢字について考えていきたいと思います。

今回のテーマは、「介入」という言葉です。

介入という言葉の意味はどの様な状況で使用するのか、をわかりやすくご紹介していきたいと思います。

️介入ってどういうもの?

介入という言葉は日常生活の中でそこまで頻繁に出てくるような言葉ではありません。

しかし、ニュースやビジネスの文章であったり、時には日常会話などに出てくる可能性もある言葉です。

日常会話に出てくる可能性がある言葉については、ある程度基本的な意味や使い方は知っておかなければいけません。

極端な例かもしれませんが、もしも言葉の意味がわからずに間違った指示を受けてしまったり、解釈をしてしまった場合。

身の回りの人に迷惑をかけてしまう可能性もあります。

こんな言葉の意味もわからないのかと相手から信頼をなくしてしまう可能性だってあるのです。

だからこそ少しでも不安な言葉については、意味と使い方を理解しておいてください。

必ずあなたの役に立つので、この機会に覚えておきましょう。

️介入の意味


あなたは介入という言葉がどの様な意味を持っており、どのような場面で使われるのかということを正しく把握していますか?

恐らく基本的な意味くらいは、ある程度年齢を重ねた方であれば理解していると思います。

漢字については知っておけば後々必ずあなたの役に立ちます。

知識を蓄える、勉強するという事は人生においても大事な事です。

常に何かしらの知らない事を勉強する癖を身に着けておけば、あなたの引き出しが増えて魅力的な人間になることが出来ますよ。

大げさかもしれませんが、この日々の積み重ねで身の回りの人間と大きく差をつけることなども可能になります。

だからこそ自分が知らないことや、自分が興味があることについては、大いに知りたいという知的好奇心を生かして様々な知識を身につけてみてください。

それを念頭において、ここからは「介入」という言葉の意味についてまずは簡単にご紹介していきたいと思います。

事件・問題などに割り込むこと

介入という言葉の基本的な意味の1つに、「事件・問題に割り込むこと」という意味があります。

これはそのままの意味ですが、例えば簡単に説明すると、世の中には様々な国が存在していますよね。

世の中に存在している様々な国は、たくさんの国々との間に多くの問題を抱えています。

例えば私たちが生まれた日本は島国であり、他の国と隣接していません。

しかしながら世界を見てみると、日本以外の国はだいたい陸続きになっています。

隣に自分の国以外の国が隣接していることがわかります。

そういった状況から移民問題であったり、両国間の領土などの様々な問題が出てきています。

いわゆる国際問題と呼ばれるものになります。

この様な国際問題に関しては、どうしても二国間での解決というのが難しかったりする場合があります。

そこで大切なのは第三者である関係ない国が「介入」して解決してくれるという場合です。

もちろん全ての問題が簡単に第三者の判断で解決できるとは思いません。

しかし、問題の性質によってはそれが一番無難な解決方法になり得る可能性もあります。

その場合国際問題に関して、介入したという風に表現することが可能になります。

様々な事件や問題などに割り込むことを、介入という言葉で表現することができるとお分かりいただけると思います。

強いてかかわること


次にご紹介する介入という言葉の基本的な意味の1つに、「強いてかかわること」という意味合いが存在しています。

そもそも強いてという言葉の意味が分からない方もいるかもしれませんね。

強いてという言葉の意味を簡単にご紹介すると、「むりをおして、あえて」というような意味合いが存在しています。

なので意味としては「無理をおしてかかわること」という意味として解釈することが出来ます。

おそらく介入という言葉の意味を知っていても、介入がこのような意味を持っているとはあまり知らなかったと思います。

このように普段自分達が使っている言葉を知っていると思い込んでいたとしても、実は自分が知らない様な意味が隠されていたりする可能性もあります。

当事者以外の者が入り込むこと

次にご紹介する介入という言葉の基本的な意味の1つに、「当事者以外の者が入り込むこと」という意味が存在しています。

当事者以外の者が入り込むということは、何らかの問題であったり事件などに関して関係している人間以外の第三者の存在が入り込むということです。

これに関しては先ほどご紹介したように、「事件・問題などに割り込むこと」という項目とまったく同じ状況を考えることが出来ます。

事件や問題などが起きた場合は争いが起こっている可能性が高いのです。

そもそも争いがなければ事件や問題に発展する可能性はありませんよね。

そして争いが起こるということは双方の主張が相違している、お互いの考え方を認めることができないという状況で起こり得るものです。

それを踏まえて考えた時に、当然ながら二人の間で解決するという事は難しい状況になっていると考えることができます。

だからこそ当事者以外の人間が入り込んで一般的に考えてどちらの言い分が正しいのか、どちらの行動が本来あるべき行動をしているのか、ということならを公正公平に考えなければいけません。

当事者たちだけで決めてしまうと、必ず自分に有利が意見を主張することは目に見えています。

それでは争いが終わらないからです。

だからこそ問題解決する際には、第三者が問題に介入をする必要性があると捉えることができます。

なのでこの様な状況を介入という言葉で表現することが出来ます。

争いやもめごとなどの間に入って干渉すること

次にご紹介する介入という言葉の意味の1つとして、「争いやもめごとなどの間に入って干渉すること」ということが挙げられます。

これに関しても先ほどご紹介した例がほぼように該当すると思います。

しかしあえてさきほどの例と変えて表現するならば、あなたとあなたの友達が何かしらの原因で口喧嘩を始めてしまったとします。

そして口喧嘩を続けていくうちにだんだんとお互いがヒートアップしていき、最終的に手を出して暴力を使った喧嘩に発展してしまったとします。

口喧嘩程度なら良いものの、実際に暴力を使った喧嘩に発展してしまった場合は、身の回りの人が止めてくれる場合が多いと思います。

まさにこの状況を介入という言葉の意味を使って説明することが可能になります。

例えば私とあなたの喧嘩に対して、友達のダイキ君が介入してきたという風に表現することが出来ます。

おそらくこの様な例は、日常生活で見かけたことが誰しもが一度くらいはある状況だと思います。

ヒートアップしているときはお互い落ち着いた考え方ができないものです。

冷静さが欠けていることは目に見えていますよね。

落ち着いて問題を対処できる、第三者が介入してあげるのが一番良い方法だからです。

間に入り込むようなイメージ

介入という言葉の基本的な意味合いについて簡単にご紹介していきました。

ここまでにご紹介してきた介入という言葉のイメージをある程度まとめて考えてみましょう。

大体のケースに入るのが、様々な場面の間に入り込む様なイメージを持つかと思います。

介入という言葉の漢字を見て分かる通り、入るという漢字を使っています。

漢字の意味を考えながら言葉の意味を推測することも可能になると思います。

この様に何かしらの複数のことを連結させて考えておけば、より具体的に物事の意味などを深く理解し記憶に定着させることができると思います。

今回ご紹介した意味をそれぞれ連結させて、インプットしておいてください。

️介入の類語

介入という言葉の基本的な意味を理解したところで、ある程度介入という言葉がどの様なものなのかということがわかりいただけたと思います。

しかしながら、介入という言葉をきちんとをマスターするためには、ただ意味を知っているだけでは心もとありません。

介入という言葉を100%理解するためには、意味を知った上で、さらに介入という言葉に意味が近い言葉を把握しておく必要性があります。

日本語には様々な単語が存在しています。

当然今回ご紹介している、介入という言葉以外にも同じ様な意味を持った言葉がたくさん存在しています。

似ている言葉などを把握してその区分理由なども出来る様になっていなければ、時には似たような言葉の意味でも、根本的には少し意味が違う様な言葉を使ってしまう可能性もあります。

正しい言葉を使うためにも介入という言葉に似ている言葉、つまり類語と呼ばれる言葉について理解しておく必要性があります。

似ている言葉を知り、区分分けが出来る様になれば、様々な言葉を連結して覚えられる様になります。

言葉のチョイスが適切なものになり、話が上手になります。

相手にスムーズに意味を伝えることができる様にもなります。

会話のセンスを上げたいと思う方であれば、合わせて類語についても正しく理解しておくようにしてください。

介在

介入という言葉は日常生活であったり、本や書類などでも見かけたりすることがあると思います。

ある程度意味を把握してる方は多いのですが、介在という言葉に関してはあまり聞いたことが無い方が多くても不思議はありません。

まずは介在という言葉がどういう意味を持っているのかということを知っておきましょう。

介在という言葉の意味は「2つのものの間に挟まってあること、両者の間に存在すること」という意味を持っている言葉です。

ではもう一度介入という言葉の基本的な意味について考えてみてください。

介入という言葉の意味は、「①事件・問題などに割り込むこと②強いてかかわること③当事者以外の者が入り込むこと④争いやもめごとなどの間に入って干渉すること」という意味を持っています。

これを踏まえて二つの言葉の意味を見比べてみると、より介入という言葉に介在という言葉が近い言葉の意味を持っていると理解することができます。

介在という言葉の2つのものの間に挟まってあることという意味は、介入という言葉の割り込むという事や間に入って干渉するという意味とほぼ同じであると理解することが出来ますよね。

若干ながらニュアンスは違うかもしれません。

しかし、間違いなく2つのものの間に存在することにはなります。

介入という言葉と介在という言葉は類語であると考えることができます。

斡旋

次にご紹介する介入という言葉の類語は、斡旋(あっせん)という言葉です。

斡旋という言葉もなかなか日常生活を送っていると聞き慣れない言葉になるかもしれませんね。

どちらかといえば仕事の場面、つまりビジネスシーンにおいて聞いたりすることがあるような言葉として知られています。

今現在ビジネスマンとして働いている方は、斡旋という言葉は知ってる方が多いと思います。

意味は「あいだに入って双方を上手く取り持つこと、ある物や人を求める人に紹介すること」という意味を持っています。

なので介入という言葉と見比べた時に、両者の間に入るという意味では介入という言葉ととても似ている言葉であると考えることができます。

よく用いられるのは、会社間や個人において様々な事を斡旋して利益を得ている会社を想像される場合が多いと思います。

これはいわゆる仲介業ともいわれている職業に当たります。

いかにも両者が同じであるような言い回しかもしれませんが、厳密には若干意味が異なり、仲介に該当し、斡旋に該当しない意味があります。

それは「特別な支援を与える立場にいる、若しくは代理として行動する」このような意味が斡旋という言葉には該当していません。

若干ながらの相違がある言葉ではあります。

しかし一般的にはほぼ同じ意味合いで解釈されているので、そこまで難しく考える必要性はありません。

仲介

次にご紹介する介入という言葉の類語は仲介という言葉です。

仲介という言葉は先ほど斡旋の項目でも簡単に触れた通りですが、斡旋という言葉とほぼ同じ意味を持っています。

斡旋という言葉と介入という言葉がほぼ同じ意味合いだったので、すでにこの時点で仲介という言葉と介入という言葉がほぼ等しいという方程式が成り立っていると考えることができます。

しかし念のために、仲介という言葉の基本的な意味について簡単にご紹介していきます。

仲介という言葉の意味は、「当事者双方の間に等便宜を図ることをまとめるということ、第三者が紛争当事者の間に立って紛争の解決に努めること」を意味しています。

これを見ていただければ分かる通り、仲介という言葉の基本的な意味も介入という言葉とほぼ等しいと捉えることができます。

このように考えてみると、たった一つの言葉であったとしても様々な言葉とほぼ代用して使うことができるということがお分かりいただけると思います。

しかし同じ様なに多様な意味を持っていたとしても、そのまま文章の中に代入すると違和感を感じる様な場合もあったりします。

しっかりと意味や使い方などは、同様に理解しておかなければ上手に使いこなすことはできませんので注意してください。

仲裁

次にご紹介する介入という言葉の類語は仲裁という言葉です。

仲裁という言葉は、「対立し争っている者の間に入って取りなし、仲直りをさせること、紛争中の当事者または当事国の合意に基づいて第三者の判断によって紛争を解決すること、労働葬儀に際し労働委員会に設けられる仲裁委員会が仲裁裁定を示して争議の解決を図ること」という意味を持っています。

仲裁という言葉の最後の意味は、少し難しい言葉なので分かりづらいかもしれません。

それ以外の意味を着目してみたときに、問題が起きてそれを第三者が介入して解決に導くという意味を踏まえれば介入という言葉と似ているという事がお分かりいただけると思います。

一般的に日常生活で仲裁という言葉は使われることがある程度存在します。

例えばよく使われるのはあなたの身の回りで誰かと誰かが喧嘩しているときに、誰かが仲裁に入ったという事を耳にすると思います。

このような状況を踏まえると、仲裁という言葉を使い機会があるという事は、ほぼ同じ意味である介入という言葉を使える機会も意外とたくさんあるという事がお分かりいただけると思います。

なので自分が介入という言葉を普段使えるチャンスや場面はどういった所にあるんだろう、と自分なりに様々な状況を考えながら見て頂けるとさらに引き出しが増えると思いますよ。

妨害

次にご紹介する介入という言葉の類語は、妨害という言葉です。

妨害という言葉は時々耳にすることもあると思います。

おそらく大部分の方が、介入という言葉との関連性について想像できない場合が多いと思います。

意外かもしれませんが、妨害という言葉の基本的な意味を見てみると「邪魔をすること」という意味が存在しています。

邪魔をするという事と介入という言葉の関連性がよくわからない方がいるかもしれませんね。

確かに一見すると全く違った意味になります。

しかし、根本的な意味を想像してみると、邪魔をするという事はその状況において誰かと誰かの間を邪魔をしようという目的が考えられます。

なので、介入という言葉の基本的な意味を考えてみると、当事者以外の者が入り込むという場合と重ねて考えることが出来ます。

全ての状況で重なるとは言えないかもしれませんが、まったく関係性がないわけでもないので類語として考えることが出来ます。

一般的には関係性がない様な言葉でもよくよくその状況や根本的の意味などをとらえてみると関連性が見えてくる場合もあります。

新しいひらめきを身につける良いきっかけにもなるという事がお分かりいただけると思います。

割り込み

次にご紹介する介入という言葉の類語は、割り込みという言葉です。

割り込みという言葉は、「割り込むこと、無理に押し入ってくる事、劇場などで連れではない人と升席に同席する事」等の意味が存在しています。

難しく考えなくてもそのまま言葉の意味を捉えていただければわかると思います。

割り込むという事は、介入するという言葉の意味とほぼ同じ意味として考えることが出来ます。

そこまでこの言葉に関しては難易度が高くなく理解いただけると思います。

よく新幹線や列車などで待っていたら後から来た人が割り込んでくる事などありますよね。

その時には順番を無視して介入してきたなどと表現することが出来ますので、理解はたやすいと思います。

干渉

次にご紹介する介入という言葉の類語は、干渉という言葉です。

干渉という言葉は「他人のことに立ち入って自分の意思に従わせようとすること、国際法で一国が他国の内政、外交にその国の意思に反して介入すること、2つ以上の同じ種類の波が重なって互いに強まったり弱まったりする現象」という意味を持っています。

干渉という言葉に関しては言葉の意味を見ていただければ明白です。

言葉の意味の中に介入という言葉が存在しています。

それだけで介入という言葉と等しい言葉であると捉えることが可能になります。

似ている言葉だけでもたくさんあります。

会話の中でどの言葉をチョイスしてどの様に表現するか、それぞれの言葉の意味を正しく理解しておけば相手にわかりやすく伝えることができます。

あなた自身のトークスキルを高めることにも繋がりますよ。

【干渉については、こちらの記事もチェック!】

️介入はどういう時に使う?

ここまでは介入という言葉の類語について簡単にご紹介していきました。

言葉の意味を知り、似ている言葉を様々把握し、区別などがある程度つけば言葉の大部分をマスターできます。

そして、さらに大事なのは言葉の使い方、そして使うことが出来る状況を知っておくという事です。

具体的にどういう時に介入という言葉を使うのかということは、知っておけば間違った使い方をしなくなる事にも繋がります。

これからご紹介する状況以外にも、自分の日常生活の中でどういうときに使えるのかということを考えてみてください。

友達が喧嘩をしているとき

まずはじめにご紹介する介入という言葉を使う時は、友達が喧嘩をしている時です。

これまでの人生で友達が喧嘩をしている事を見かけたことがあると思います。

喧嘩が始まった場合は基本的にその2人をなだめるために、第三者が間に入って話を聞いたり、解決の糸口に導いたりします。

そのように、お互いに冷静さを取り戻させるように行動することが出来ますよね。

まさにこの時には友達の間に「介入」してあげることが大切でです。

電車やお店で揉め事が起きたとき

次にご紹介する介入という言葉を使うときは、電車やお店で揉め事が起きた時です。

長い人生を生きていると様々な日常生活の場面で、揉め事が起きた場面に遭遇することがあると思います。

他人が言い争っている場合や、たまたま自分の知り合いが言い争っていた姿を見かけたりすると思います。

その様な時には先ほどと同様に争っている二人の間に入って物事の解決に導いたり、これ以上ヒートアップさせないように行動するべきです。

これもまさに争っている人の間に「介入」すると表現することが出来ます。

横から意見を言うとき

次にご紹介する介入という言葉を使う時は、横から自分の意見を言う時です。

知り合いでも他人でも関係なく、業者が言い争っている場面を見たとき。

あからさまに片方の人間が悪い、もしくは正当な文句を言っていると判断したり、個人的な感情で相手に対してモノ申したい時は人間なら体験したことがあるはずです。

そのような時にもしも争いの間に入り横から自分の意見を言ってしまった場合は、まさにあなたが両者の問題に「介入」したと表現することが出来ます。

️介入の使い方例文

ここまでは介入という言葉を使うことができる場面について簡単にご紹介していきました。

ここまでのご紹介である程度介入という言葉をマスターしてきたと思います。

最後は介入という言葉を使った例文をいくつかご紹介していきたいと思います。

介入という言葉が様々な状況で使えるという事がわかれば、そこまで難しい例文にはならないと思います。

今回ご紹介した内容を踏まえて改めて、例文の意味を正しく理解してみてください。

理解できるという事は実際に使えるようなレベルまで知識が身についているということです。

この機会にたくさんの引き出しを身に着けてみてください。

問題に介入する

まずはじめにご紹介する介入という言葉を使った例文は「問題に介入する」です。

この例文に関しては難易度も低いのですぐにわかると思います。

例文の意味は「問題に割り込むこと」という意味として解釈することが出来ます。

介入という言葉の意味を正しく理解しておけばすぐに分かりいただけると思います。

一般的に日常生活で用いられる場合はこの例文の文型が多いので覚えておいてください。

分からないので介入してもらう

次にご紹介する介入という言葉を使った例文は「分からないので介入してもらう」です。

この例文の意味は「分からないので間に入ってもらう」という意味として解釈することが出来ます。

争いが事件が起こりうる場面は様々な状況が想定できます。

時には自分よりも適任な人材が介入した方が物事がうまく収められるという場面があると思います。

そのような場面には適任に介入してもらうよう勧める事もあると思いますので、そのような場面で用いられる例文です。

争いに介入する

次にご紹介する介入という言葉を使った例文は「争いに介入する」です。

この例文の意味は「争いの間に入り込むこと」という意味として解釈することが出来ます。

この例文に関してもそこまで難しくなく、最初にご紹介した「問題に介入する」という項目と全く同じ意味として解釈できます。

介入という言葉を使う場合そこまで難しい状況で使う事はすくないので、一般的な例文さえ理解しておけば間違って使う事はほぼないと思いますので、この文型を正しく理解しておいてください。

️介入の使い方を覚えよう

今回は介入という言葉をテーマにして介入という言葉の意味や類語、使える状況、使い方などについてご紹介していきました。

意味を知っている方が改めて、今回ご紹介した内容を見て初めて知ったという所も少なからず存在すると思います。

気づかないうちに知った気になっていたとしても、気づいてみれば細かい点を気づけていなかったという事があるかもしれません。

そのような小さな気づきも大切にしていただき改めて介入という言葉の正しい使い方、意味などをもう一度見つめなおして自分の頭の中にインプットしてみてくださいね。