介入という言葉は日常生活の中でそこまで頻繁に出てくるような言葉ではありません。

しかし、ニュースやビジネス、時には日常会話などに出てくる可能性もある言葉です。

そこで今回は「介入」とはどういう意味なのか、使い方や例文などをわかりやすくご紹介していきます。

この記事の目次

️介入の意味とは?

介入とは「当事者以外の者が入り込むこと。争いやもめごとなどの間に入って干渉すること。」という意味があります。

「介」という漢字には「間にはさまる。間でとりもつ。」という意味があり、「入」という漢字には「ある範囲の中に、はいる。」という意味があります。

つまり、様々な物事や場面の間に入り込むことです。

当事者以外の者が入り込むこと

当事者以外の者が入り込むということは、まったく関係のない人がその問題に入り込むことを言います。

どちらかに協力的な場合もあれば、公平な立場として入り込んでくることもあるでしょう。

争いやもめごとなどの間に入って干渉すること

争いが起こるということは双方の主張が相違している、お互いの考え方を認めることができないという状況で起こり得るものです。

それを踏まえて考えた時に、当然ながら二人の間で解決する事は難しいでしょう。

そのため、当事者以外の人が一般的に考えてどちらの言い分が正しいのか、どちらの行動が本来あるべき行動をしているのか、ということを考えるのです。

つまり、「第三者が争いの間に入って干渉する」ということです。

これを介入と言います。

強いてかかわること

「強いてかかわること」も介入という言葉で表すことができます。

強いて関わるということは、無理やりだったり、他人の意志に逆らってまで関わってくるということです。

つまり「頼んでもないのに無理やり関わってくる」ことを介入ということができるでしょう。

️介入はどういう時に使う?

では介入とはどういう時に使う言葉なのでしょうか?

これを知っておけば間違った使い方をして恥をかくこともありません。

どういう時に使えるのかを覚えておきましょう。

友達が喧嘩をしているとき

友達が喧嘩をしている時に介入という言葉を使うことができます。

喧嘩をしている2人をなだめるために、第三者が間に入って話を聞いたり、解決の糸口に導いたりしますよね。

お互いに冷静さを取り戻させるように行動すると思います。

このように2人の問題の間に入って関わること、つまり「友達同士の喧嘩にあなたが介入する」ということです。

電車やお店で揉め事が起きたとき

日常生活の場面で、揉め事が起きている場面に遭遇することもあるでしょう。

他人が言い争っている場合や、たまたま自分の知り合いが言い争っていた姿を見かけたりするかもしれません。

その様な時には争っている二人の間に入って物事の解決に導いたり、これ以上ヒートアップさせないように行動するべきです。

これもまさに争っている人の間に「介入」すると表現することが出来ます。

横から意見を言うとき

知り合いでも他人でも関係なく、言い争っている場面を見たとき。

あからさまに片方の人間が悪い、もしくは正当な文句を言っていると判断したり、個人的な感情で相手に対してもの申したい時があるはずです。

そのような時にもしも争いの間に入り横から自分の意見を言ってしまった場合は、まさにあなたが両者の問題に「介入」したと表現することが出来ます。

️介入の使い方・例文

ここからは、介入という言葉を使った例文をいくつかご紹介していきたいと思います。

問題に介入する

「問題に介入する」とは、「当事者以外の者が問題に割り込むこと」という意味です。

例えば、夫婦同士の問題がなかなか解決しない場合、それを見かねた当事者以外の誰かがその問題に割り込んで解決しようとする時に使います。

それは友達や親、弁護士など問題がある夫婦以外の誰かということになります。

分からないので介入してもらう

この例文は、「分からないので間に入ってもらう」という意味として捉えることができます。

争いが事件が起こりうる場面は様々な状況が想定できます。

時には自分よりも適任な人が介入した方が物事がうまく収められることがあるのです。

そのような場面で用いられる例文です。

️介入の類語

介入の類語には「介在」「斡旋」「仲介」「仲裁」「妨害」「割り込み」「干渉」などがあります。

介在

介在は「2つのものの間に挟まってあること、両者の間に存在すること」という意味を持っている言葉です。

介入には第三者が無理やり入ってくるという意味がありましたが、介在は自分から積極的に入り込んでいくという意味ではありません。

そのため、若干ながらニュアンスは違うかもしれませんね。

しかし、2つのものの間に存在することという意味では同じです。

斡旋

斡旋(あっせん)は、「あいだに入って双方を上手く取り持つこと、ある物や人を求める人に紹介すること」という意味があります。

介入と比べた時に、両者の間に入るという意味では介入という言葉ととても似ています。

ビジネスシーンにおいて使うことが多いかもしれません。

仲介

仲介は「当事者双方の間に等便宜を図ることをまとめるということ、第三者が紛争当事者の間に立って紛争の解決に努めること」を意味しています。

斡旋という言葉とほぼ同じ意味を持っています。

仲裁

仲裁は、「対立し争っているものの間に入ってとりなし、仲直りをさせること。」「紛争中の当事者または当事国の合意に基づいて、第三者の判断によって紛争を解決すること。」などの意味を持ちます。

問題が起きてそれを第三者が介入して解決に導くという意味は、介入という言葉と似ています。

割り込み

割り込みという言葉には、「割り込むこと、無理に押し入ってくる事、劇場などで連れではない人と升席に同席する事」等の意味があります。

介入するという言葉とほぼ同じ意味があります。

干渉

干渉は「立ちいって他人の物事に関係すること。他人のことに立ちいり、しいて自分の意思に従わせようと指図・妨害すること。」という意味があります。

介入には「争いやもめごとなどの間に入って干渉すること。」という意味があり、干渉するという言葉が入っています。

そのため、介入と干渉は同じような意味を持ちます。

【干渉については、こちらの記事もチェック!】

️介入の対義語

介入の対義語は「傍観」が当てはまるでしょう。

傍観には「何もせずにそばで見ていること。」という意味があります。

️介入の英語表現

介入を英語で表すと「intervention」「participation」「meddle」「step in」などがあります。

️介入の使い方を覚えよう

今回は介入という言葉の意味や類語、使える状況、使い方などについてご紹介していきました。

改めて介入という言葉の正しい使い方、意味などをもう一度見つめなおして自分の頭の中にインプットしてみてくださいね。