2014年に突如として現れ世間をあっと驚かせた「マイルドヤンキー」という言葉。

現代の若者の心を知っておくには、この言葉を除外する訳にはいきません。

知っておくと若者を見る目が変わるかもしれない、この面白い言葉をご紹介します。

マイルドヤンキーの生態をチェック!

皆さんは「マイルドヤンキー」という言葉を知っていますか?「え?ヤンキーにマイルドがつく?」「ヤンキーといえばやんちゃなイメージなのに、なぜマイルドがつくの!?」「ヤンキーがマイルドになったら、それもうヤンキーじゃないでしょ!?」などなど、色んな意見があると思います。

そんな「マイルドヤンキー」という言葉は一体どんな意味なのか、誰が作ったのか?流行語大賞にもノミネートされたことがある、この「マイルドヤンキー」という言葉をご紹介します。

1.マイルドヤンキーとは?


「マイルドヤンキー」とは何か、どんな意味なのかというと、地元に根ざしながら生きるのが好きで、同年代の友人や家族との仲間意識をかなり大切にしながら、生きていく若者のことを言います。

マイルドヤンキーたちは、現代の一般的な若者が好むと言われている、港区で暮らすことや、自由が丘や二子玉で生活することを好みません。

最近の若者は、車に乗らない、車は買わない、など、高級なものを買うことに対してもの凄く後ろ向きな気持ちを持っていると言われているのですが、マイルドヤンキーはその逆で、

車は買う・車に乗るかと思えば、昨今ニュースなどで騒がれている「晩婚化」や「少子化」にも反比例しています。

マイルドヤンキーは若いうちに結婚して、早く子供を持ち、「親として一人前にやって行くんだ!」という、今の若者にはなくなってしまったはずのかっこいい姿勢を持っているのです。

それならマイルドヤンキーたちは「人生にとても前向きな人たちなのか?」と思ってしまうと思いますが、新人類・マイルドヤンキー達の生態は、いいことだけではないんです。

マイルドヤンキーは、おひとり様が増える都会とは逆に、仲間と同乗して車を使うことを好み、1人行動があまり好きではありません。

仕事は、海外に行って活躍したい!なんてことはこれっぽちも思っておらず、地元企業に勤めて週末は幼なじみとショッピングモールに出かけるのが大好き、行動エリアは驚くことに、たったの半径5キロメートル以内で完結するという、「小心者なの?」かと思ってしまう程行動範囲が狭いのです。

2.誰が作った言葉?

「マイルドヤンキー」という言葉は誰が作ったのかというと、あの超有名企業・博報堂の社員であり、ブランドデザイン若者研究所リーダーでマーケティングアナリスト、というとんでもない肩書きの持ち主である原田曜平さんが2014年に作った言葉です。

原田曜平さんの定義した「マイルドヤンキー」に対して、作家の堀田純司さんは、「隠然たる「日本のリアル」を東京の視線が勝手に見失い、勝手に再発見した気になっている」と違和感を表明しています。

まぁいつの時代も新しいことを誰かが定義すると、それに噛みついてくる人がいるものですよね。

個人的には、「確かに、マイルドヤンキーみたいな人、いる!いる!」と思っています。

私の中学校の男の先輩は、当時中学生だった頃は不良グループの中心で、多くの生徒から恐れられていましたが、地元は下高井戸なのに、先日「俺は調布より先は行ったことがないな」と言っていました。

現在40歳の先輩、行動範囲狭っ!?とかなり驚いたことを覚えています。

3.普通のヤンキーのような攻撃性はない

マイルドヤンキーは、ひと昔前の過激で暴力的なヤンキーのイメージとは違って、外見・容姿・行動にヤンキーの素質を残しつつも、どこかマイルドな雰囲気になっている要素を含んでいるんです。

昔のヤンキーといえば、親とは不仲で、社会に不満たらたら、学校には行かないし、夜集団でたむろする怖い人たちのイメージでした。

しかし皆さんは最近こんな昔のヤンキーを見かけることがあるでしょうか?

昔は都心から少し離れた場所に行くと、そこには良くヤンキー集団がいたものですが、ここ最近彼らをほとんど見なくなってしまったのです。

なぜ普通のヤンキーはいなくなってしまったのでしょうか?

きっと、
・集団でたむろしていると警察に捕まるようになってしまった

・昔はヤンキー=かっこいいというイメージでしたが、最近はEXILEや安室奈美恵さんのような、ヤンキーだけど、やることはちゃんとやっている大人が憧れるようになった

・ヤンキー=古い、ちょっとダサいと思われるようになったのが、彼らが姿を消した原因なんではないかと思われます。

もう少し具体的に、昔のヤンキーとマイルドヤンキーの違いを説明すると、ひと昔前のヤンキーたちがバイクを改造しヘルメットもかぶらずに街中を暴走していたのに対して、マイルドヤンキーたちはバイクの改造はするけれどヘルメットはかぶり交通ルールは守りながら走るなど、マナーが大変良くなっているのです。

ちょっと待てよ・・・バイクは改造するけれど、ヘルメットはかぶって、交通ルールも守る?・・・これってただの普通の人ではないでしょうか?!

マイルドヤンキーたちには、「ヤンキー」という名前が付けられていますが、暴走族のような今となってはちょっとダサい行動には興味がないようです。

皆さんはこのマイルドヤンキー、一体どれくらいの人数がいると思いますか?

まぁ、ヤンキーといえば、クラス40人の中で1人いるかいないかといったところでしたよね。

でも、現代社会で「マイルドヤンキー」と呼ばれる人の数は、若者の約15%近くといわれているんです。

マイルドヤンキーは現代の若者像の一部を反映しているといえるほど、影響力のある存在になってきているのです。

マイルドヤンキーの特徴9個


想像以上に多かった、マイルドヤンキーたちの特徴をご紹介していきます。

1.外見

マイルドヤンキーは、どんな外見をしているのかというと、外見には多少のヤンキー性を残すものの、昔のような「どう見たって悪そう」な、リーゼントとかダボダボな特攻服のようなものを着たりはしません。

だからといって、おしゃれなのかというと、それよりはちょっと悪い雰囲気を持っています。

でも中身は大変マイルド、礼儀正しいとは言えないものの、マナーを守る若者たちなのです。

1.EXILEや安室好きが多く、ファッションも真似ている

マイルドヤンキーたちはどんな人達に憧れを持つのかというと、男のマイルドヤンキーはEXILEに、女のマイルドヤンキーは安室奈美恵に憧れているといわれています。

EXILE・安室奈美恵ちゃん、両方とも見た目の不良っぽさをキープしながらも、仲間のことを大切に考えるスタンスや、MCもせずにストイックなライブパフォーマンスをしたり、デビュー当時から売れても売れなくても、絶対にマスコミに媚びを売って売れるようなことをしたくない!というプロフェッショナルな姿勢を見せる安室奈美恵の孤高さに引かれているそうです。

安室奈美恵ちゃんは、マイルドヤンキーでなくても、彼女のことが好きな人はたくさんいると思います。

彼女の存在は唯一無二であり、孤高であり、人間として素晴らしい、日本の宝ですよね。

そう考えると、マイルドヤンキーたちって趣味いいな!なんて思ってしまいます。

2.車好きで車には凝っている

マイルドヤンキーがヤンキーたる所以を見せつけるのが、車に対しての愛情です。

基本的には低所得な人が多いマイルドヤンキーたちは、高い車を買うことはできないのですが、中古で上手くいい車を探して来たり、あの車種の〇〇年ものは、エンジンがいいんだよね。

なんて結構詳しい事情を知っていたりするんです。

家族を大事にするマイルドヤンキーたちは、ファミリータイプの車を乗ることもあります。

かっこいい乗用車も好きなのですが、SUVで家族旅行に行ったり、それ以上の大きい車で週末には軽くキャンプなんかを楽しんでしまいます。

3.お洒落にはこだわりが強い

マイルドヤンキーたちの服装は表参道とか、青山、恵比寿あたりの超おしゃれな雰囲気ではないのですが、彼らなりのこだわりがあって、めちゃくちゃお洒落に対してのこだわりが強いんです。

EXILEなら最近では、小林直己さんがリアルなファッションショー「パリコレ」に出演されていました。

出ていたのは山本耀司さんのショーだったのですが、高身長とダンスで鍛えぬいた体は、ランウェイでもとっても素敵でした。

EXILEといえば、ちょっとダボっとした服装が多いので、そこら辺を着こなせるようになると、ヤンキー感がアップするのかもしれませんね。

4.地元愛が強く地元グッズを持ち歩いている

マイルドヤンキーは本当に地元が大好きなんです。

私は良く海外に行きますが、日本って本当にいい国だなと思うので、マイルドヤンキーたちが地元を愛するのも、どこか納得してしまうところがあります。

地元って独特な哀愁があるというか、やっぱり子供の頃に、家族で過ごしていた場所だからか、不安も邪心もなかった頃の透き通った幸せが残っているように感じます。

地元の古いお店が頑張って商売している姿を見ると、少しばかり値段が高くても「ここで買おう」と思う人は私だけではないと思います。

マイルドヤンキーの性質が強い人は地元のキャラクターが大好きで、夜寝る時のTシャツにしてみたり、キーホルダーを愛用したりと、地元愛が溢れ出てしまっているんです。

2.傾向

マイルドヤンキーにはどんな傾向があるのでしょうか?

1.都会に出たいと思わない

若い人ならほぼ全員が青山・渋谷・麻布・新宿・恵比寿・自由が丘・吉祥寺などなどに行ってみたいと思うものではないかと思っていましたが、マイルドヤンキーたちは、なぜか都会に出たがらないのです。

お洒落で新しいもの、見るだけでワクワクするものがあるのに、どうして行きたいと思えないのか?

若いうちなら、六本木のディスコに行きたいとか、渋谷のクラブに行きたいなんて時代があったものですよね。

むむむ・・・そう考えてみれば、昔のような、シンボル的な面白い場所が、今はなくなってしまっているのかもしれません。

女子にはTGCのようなイベントはあるものの、他にはフェスとか、人気がありますよね。

このようないくつかの人気スポットはあるものの、良く考えてみると、ばらけているような気もするので、そのせいで都会に魅力を感じないのでしょうか?

思い切って、地元からほとんど出たことのない先輩に話を聞いてみたところ、「怖いじゃん。知らないところに行くのって・・・」と回答が返ってきたのです。

私は心の中で「あんたの方がよっぽど怖いよ。。」と思ってしまいましたが、本人は本人で怖い!という思いがあるようです。

2.良い仕事をしたり高給をもらいたいと思わない

都会に出たがらない理由と似ているのが、マイルドヤンキーたちの仕事に対する考え方です。

彼らは良い仕事をしたり高給をもらいたいと思わないのです。

誰だって楽して高い給料が欲しいと思うのは当たり前ですよね。

マイルドヤンキーたちだって、そう思っていないわけではありません。

でも、怖い思いや、家族との時間を割いてまで、良い仕事をしたいとは思わないのです。

一般的にいい仕事と言われている仕事をしている人が全員幸せなのかと言えば、確かにそうではありません。

マイルドヤンキーたちの方が、愛する家族と、適度に幸せに暮らせる給料があれば、そっちの方が幸せと思うのは、ありなのかもしれません。

3.勉強が嫌いで学歴が低め

残念ながら、マイルドヤンキーたちには低学歴で低所得者の人が多いといわれています。

それと同時に、ITリテラシーが低いともいわれているんです。

ITリテラシーとは、IT機器やIT技術を使って生活を便利にしたり、自分の欲しい情報を集めることを言うんですが、・・・手っ取り早く言うと、IT関係に弱いということなんです。

新しいことを覚えたり、新しい場所に行ったりするよりも、古き良きものの中で、あまり頑張ったりしないで生きて行こう!という考えは凄く素敵だなと思うのですが、あまりにも新しいことを取り入れないと、せっかくの新しい技術に触れる機会がなくて勿体ないんじゃないのかな?という気もしてきます。

だって、本に乗ってる地図だけを見ているよりも、グーグルマップのストリートビューで見てみれば、行ったことのない場所も、予めシュミレーションができるので、道に迷うことがなくなります。

アプリの通話機能を使えば電話代はかからないし、月額300円程度で雑誌が200冊くらい読めてしまうし、音楽だって月1000円程度で聞き放題です。

新しい電化製品が出れば使ってみたいと思うのが人の性質のはずと思っていましたが、時代は色々と変わっているのかもしれませんね。

4.地元から殆ど出ない

マイルドヤンキーたちは、一般的には大都市よりも郊外や地方に多く生息しているといわれています。

マイルドヤンキーたちが良く行く場所は、大型のショッピングモールやカラオケ店、ボーリング場など、賑やかな場所を好む傾向があります。

深夜の時間帯にドン・キホーテに行けば、高確率でマイルドヤンキーたちに出会えるという話もあるそうです!

5.できちゃった婚率が高い

地元に根付いて生活することが多いマイルドヤンキーたちは自宅から半径5キロメートル圏内で日常を過ごしているので、年を重ねても中学時代の友達との交流が主になります。

自分の身近な環境や人々を大切にするのが特徴なので、中学生の同級生や先輩と結婚することが多いそうです。

実家へのパラサイト率が高いマイルドヤンキーたちの嫁は、元々旦那さんの家族や親とも仲がいいので、その点はかなり幸せになりやすいというメリットを持っているんです。

せっかく結婚しても嫁姑問題で悩まされている人は本当にたくさんいます。

それに比べたら、マイルドヤンキーという生き方も悪くないのかもしれません。