仕事がどんどん溜まっていったり、家でやることが増えるとなった時にどれから片付ければよいか解らないというようなことがありますよね?

でもそんな事を気にせずにテキパキと仕事をこなしたり、スムーズに家事をしたりする人達を羨ましいと思ったことはありませんか?

その様な人達は行動をする上で要領が良い人達なのです。

要領が良いとスムーズに仕事をこなし、どんな事があっても的確にこなし、困難なことがあってもどんどん解決していくでしょうし、家事などもまずはこれをしてあれをするというような順序を決めているという人も多いのではないでしょうか。

要領を良くするというのはその様なことを指すこともありますが、何よりストレスをかけなく行動をするというのがとても重要になります。

そんな人になりたい、なってみたいと思う人は誰もが思うことでしょうが、いざとなると自分にとっては難しいと感じますよね?

そんな時は、まず要領がいい人の特徴というのを知ることから始まるのではないかと思います。

そこから自分が今何を改善してその様になるのかというのを考えるべきだと思うのです。

いつも仕事などをしていて直ぐに手詰りになってしまう人や、要領が悪く作業のスピードがいつも遅いと感じる人、要領の良い人から学ぶことも多いと思います。

そんな要領のいい人の22個の特徴についてお話をしたいと思います。

️要領がいい人って羨ましい

要領がいい人ってとにかく羨ましいと感じることはありませんか?

例えばどんなに難しい作業や仕事でもとにかくスムーズに事が運び、納期までには仕事を終えているという人は多いのではないでしょうか?

要領というのはその人の頭の中では、ステップ事に分かれていると考えても良いでしょう。

例えば1ステップに準備、2ステップに考える、3ステップに打ち込み、というようなステップで分けていると考えて良いです。

要領のいい人というのはその様に1つ1つの目標を決めてそれを着実にこなしていくような人のことを言います。

ですがそれをするのには難しいことだと思うのです。

例えば準備をするにしても何を準備するのか、考えるとは何を考えるのか、などそこに行き着くまでの力があるのと無いのとでは差が激しいです。

ですがスタートラインは違うかもしれませんが、最終的にたどり着く場所は皆同じなので、決して嫉んだりしないようにしましょう。

羨ましいと思うのであれば、まずは目標にすることが大切になるのです。

要領がいい人の特徴から学ぼう


物事というのは何でも初めてから学ぶことが多いです。

趣味でやっていたことや、学校でやっていたということ以外で学ぶというのは全てが1からスタートすることでしょう。

そこで様々な人がいると思いますが、要領がいい人もいると思います。

この様にして作っているのか、この方法なら簡単にできそうだ、と学ぶことも多いでしょう。

要領がいい人は自分で考えを巡らせてその物事についてどんどん学んでいきます。

もちろん個人差はありますが、要領がいい人から特徴を学ぶというのはとても良いことです。

今後の自分にも関わってきますし、特徴から更に上へと目指せる可能性も出てくることでしょう。

要領というのは人それぞれですが、自分にあったものを見つけるのが一番だと思います。

まずは要領がいい人から特徴を学び、真似などをしてみてはいかがでしょうか?

すると考え方などにも違いがどんどん出てくるのではないかと思います。

️要領がいい人の22個の特徴

要領がいい人の特徴というのは様々あります。

決して頭がいいからとか、才能というものではありません。

要領がいい人というのは、その1つの事に対して無理に考えるのではなく、シンプルに捉えていたり、無駄な動きが少ないのも特徴の1つでしょう。

物事を進める上で大事なのは目的を忘れないということでもありますが、何をすべきなのか、解らない場合はすぐに他の人達、同僚などに聞いてその知識を得たりするというようなことも多いです。

何より自分自身のペースで動いており、しっかりと努力をしている人が多いのではないでしょうか。

要領がいい人というのは様々な特徴があります。

その特徴について詳しく見てみたいと思います。

もしかすると見習うべきところが数個出てくる可能性があるかもしれませんよ?

物覚えが良い


物覚えが良い人は要領がいい人の特徴の1つでもあります。

物覚えというのは人により覚えるのが苦手だという人もいるでしょう。

しかしながら、全てを覚えるというのではなく、要領がいい人の特徴は、大事な所だけを中心に覚えているということなのです。

例えばよく小学校や中学校などでは大事な所は赤線で引いたりしますよね?それと同じような感覚だと思っていただいて大丈夫です。

物覚えが良いというのは、大事なところを重点的に置いて覚えるということでもあります。

全てを覚えるのではなく、要領よくするために自分にとって必要な箇所を覚えているということをすると、要領がいい人に近づけるのかもしれません。

柔軟な思考力

物事を柔らかく考えるというのは良く重視される見方だと思いますが、柔軟な思考力を持っている人も要領がいい人の特徴でもあります。

1つの事に関してその見方をするのではなく、様々な角度から物事を見ることができるので、柔軟な思考力がつくようになるのです。

「頭が固い」という表現をよく聞きますが、頭が固いというのは言うのであればその1つの視点から物事を見ていないということになります。

1箇所だけではその物の見え方は1つにしかならないということです。

詳しく言うと例えば喧嘩をしている2人、A君とB君がいるとしてA君が言っていることとB君が言っていることどちらが本当なのだろう?となることはありませんか?

仮にA君だけの話を聞いている場合はそちらからの視点でしか物事を見られてない状況になりますよね。

ですが今回はA君だけでなくB君の話も聞いていると思います。

これでどちらが本当なのだろう?と同時に真相などを確かめたり、もっと深い理由があるのではないか、と考えるのが様々な視点から物事を見ているということになります。

要領がいい人はこれを常にしていると考えてください。

柔軟な考え方を持っているので、様々な視点から注意すべき場所、重要なことを直ぐに考えることができ、仕事や作業に移すことができるようになるのです。

シンプルに考える

シンプルに考えることも大切です。

深く難しく考えるという必要はなく、単純に「このようにすればいい」と考えることも大事になるのです。

説明書などを読んでいるとよく解らないからとりあえずやってみようと思う時がありますよね。

例えばパソコンだととりあえず電源を入れる、電源が入らない場合は原因がある、コンセントを挿すというようなシンプルな順序を立てるととても効率よく進むことがあります。

難しく考えずに、時にはシンプルに物事を進めてみてはいかがでしょうか?

シンプルという言葉は単純ということですが、その単純さにも奥深さというものがあると思うのです。

シンプルに考えられずに難しく考える人もいるでしょう。

それはその事に関していろいろなことを学ぼうとするからです。

ですが要領がいい人にとってはシンプルであればあるほど、事が運ぶので単純な考えというのも1つ大事になるのではないでしょうか。

動きに無駄がない

動きに無駄がないというのも要領がいい人の特徴の1つです。

どんな事をしていても常にシンプルにかつ、動きに無駄が無い人はいると思います。

これは仕事だけではなくスポーツなどでも同じことが言えるのではないでしょうか?

例えば相手のディフェンスなどを抜きたいと思っていても隙が無く抜けない!というような事があると思います。

それこそまさに動きに無駄がないのです。

ちょっとした油断なども与えず、ただ相手を抜かせないためにディフェンスはいるので、どんな時でも動きに無駄が無いように思えますよね。

それと似たような感覚で仕事をしている際にも、変なことなどをしようとはせずに、テキパキと行動をすることがスムーズさになるのです。

無駄な動きが多ければ多いほど、時間をかけてしまったり、無駄になってしまうというようなことも多いのではないでしょうか?

動きに無駄が無いように心がけると、要領がいい人になれるかもしれません。

適度に手を抜く

適度に手を抜くということもとても大切です。

全てが完璧にしないといけないというようなことはありません。

例えばどこかで手を抜かないと集中というものは切れてしまいますし、その作業スピードも途端に落ちてしまうことが多いでしょう。

一番は、無理をしすぎないことです。

適度に手を抜いて作業のスピードを少しだけ遅くしたりするということもとても大事になるのです。

無理をしすぎて体調を崩すという人もいますが、仕事を真剣にしていると思いますよね。

ですが仕事ができなくなる可能性が出てくるのであれば、仕事中であろうと時には手を抜くことが大切になるのです。

無理をする人が増えていますが、要領がいい人ほど無理などをせずに自分のペースで進めている人が多いです。

適度に手を抜いて仕事をしてみてはいかがでしょうか?

完璧を求めない

仕事などを完璧にこなす人もいればそうでない人もいると思います。

ですが物事全てに完璧さを求めてしまうと皆苦労したり、無理をして体調を崩してしまうという人が多くなると思うのです。

適度に手を抜くというのは完璧を求めないということにもなるので、注意をするようにしましょう。

完璧に物事をこなしたい!と思う人もいるかもしれませんが、完璧にするというのはとても体力を使うことであり、精神的にも響いてくるものが大きいのではないでしょうか?

その様な状態になってしまうといずれ体調を崩してしまうなんてこともあるかと思います。

常に完璧さを求めず、1度手を抜くというようなことも大事になるのです。

目的を忘れない

目的を忘れないというのも要領がいい人の特徴です。

例えば完成までにとても時間がかかる物を作っていたとしてその物が2年先だとします。

その時の目的を常に忘れていない人はとても要領がいい人に多い特徴だと思います。

1つ1つの目的、目標を常に決めており、それに向かって努力をしている人はとても作業の効率などがいいです。

どんなにトラブルがあって作り直しをしなければいけないとなっても、諦めずにその目的に向かって前に進んでいる人が多いのです。

求められていることが分かっている

仕事などをしている時に上司から「この仕事をしてくれ」と言われたりすることがありますよね?

その時に上司はどの様に思って私にこの仕事を出したのかと、相手が求めていることが分かっている人は要領がいい人の特徴にも当てはまります。

求められることが解っているというのは、相手が今何を欲しているのかが解るのと同じです。

基本的に求められるということは何かしなければいけないとなりますよね。

その時の内容をちゃんと解っているという人は要領がいい人に多い特徴なのです。

これをしなければいけないのだと感じることも多いのではないでしょうか?

求められていることが解る人なのであれば、物事を要領よく進むことができるようになると思います。

人に頼ることができる

人にも頼るということは大事であり、常に1人でしようと考えない人も多いでしょう。

1人でしている作業であれば、解らないことは調べるのではなく、一番は頼ることです。

解らないから教えて欲しい、解らないのでどうすればいいのか相談する、というような人に頼ることができる人は要領がいい人だと言えます。

手詰りになり何もしないというのではなく、誰かに助けを求めるということはとても大事なことです。

人に頼ることができるという人はそれほど相手のことを信用しているということでもあります。

自分が何かをする上で相手が必要だと感じるのであれば積極的に声をかけたりしても良いのです。

その結果は必ず現れることになるでしょう。

後々また同じような問題になった時に、相手も助けてくれたり、逆に相手から求められることがあれば相手の力になってあげるというような関係を築くこともできます。

人に頼るというのは良いことなので、是非積極的に頼ってみてはいかがでしょうか?

できることからやる

できることからやるというのも要領がいい人の特徴の1つです。

例えば様々な仕事や、家の家事などをしなくてはいけないとなった時に、まず何からしようと考えますよね。

その時に難しいことは置いておいて、できることを先にした方が効率が良いと思いませんか?難しいことから先にして後々に楽をするというような方法もあると思いますが、これにはデメリットがあるのです。

それは難しいところで時間を多く使うことはできますが、残された時間でできることをやるとなると、とても時間に追われる可能性があるからです。

もし仮にこれが逆の場合はどの様になるのかと言うと、まずできることはすんなり終わり、できない事に差し掛かると誰かに聞いたり、どの様にすれば良いのかという効率がどんどん聞きだせるようになると思うのです。

できることから実践をすれば、後の時間を全てできない事に回すことができるので、とても効率的に物事を進めることができます。

優先順位をつけるのが上手

優先順位をつけるのが上手なのも要領がいい人の特徴でもあります。

先ほど言ったできることから物事を進めるのと同じであり、何を先にした方が効率が良いのか、自分にとってどれに時間を割くべきなのかを考えることができます。

その時に優先順位というものをつけると思うのです。

物事には必ずそのようなことをする機会があると思います。

例えば部屋の掃除をするにしても、どこから掃除をしようとなりますよね?

いきなりベッドの下や押入れを掃除するというようなことをしないで、まずはリビングからとなるのが普通になると思います。

それと同じように優先順位をつけるのが上手な人というのは要領がいい人の特徴にもなるのです。

物事には必ず順位というものがあることを忘れないようにしましょう。

楽しみながら取り組む

嫌々ながら仕事をする人は少ないです。

要領がいいということは常にその事に関してスムーズに行えることであり、楽しみながら取り組んでいる人は要領がいい人の特徴にもなると思います。

仮に嫌々しながら仕事をするとどんな事でも後詰まりしたりしますよね。

トラブルがおこったときにどうすればいいと考える時間が多くなり、手をつける時間が少なくなるのです。

楽しみながら取り組むというのは、趣味をしている時間の時と同じです。

趣味をしている時間はとても楽しいですよね?そしてそれについて作業をするのであればとてもスムーズに行くと思います。

時間はかかるにしても詰まるというような事があまり無いので、どんなに時間をかけていても完成に導くことができるでしょう。

楽しみながらというのはとてもポジティブな考えにもなるので、効率よく進むためには必須のことと言えます。

目標設定が上手い

目標設定が上手い人がいますよね?例えば大まかにその目標を決めた後に、更に1日1日の目標を決める人もいると思います。

目標設定が上手いというのは高い目標を決めた後に更に自分の達成ができる目標を決める人のことでもあります。

要領がいい人の中に、よく1つ1つに目標を決めて作業をしている人がいるのではないでしょうか?

目標は大きくと言いますが、その大きな目標1つだけではなく、小さな目標の積み重ねで大きな目標へと進むことができるのです。

小さい目標を決めるというのは、例えば大きな目標が「物を完成させる!」であれば今日の目標は「設計図を考える」、次の日の目標は「設計図を元に土台となる物を作る!」というような小さな目標の積み重ねを常にしている人が多いです。

物事をその様に進めるとゲーム感覚として楽しむことができますし、とても作業が楽しくなるのではないでしょうか。

要領がいい人の特徴の1つにはこの様な特徴もあるということを忘れないようにしましょう。

判断力がある

判断力があるというのも要領がいい人の特徴の1つです。

判断力というのは、今何をどうすべきなのか、どちらを取るべきなのかを判断することを言います。

AとBがあり、どちらかを除けるとなった場合に、その判断する力がある人はどちらかを有効活用することができるのです。

片方が劣っているからというのではなく、完成に近づくために最終的にはどちらが良いのかを選ぶための判断力なので「この場合はAを取る、もし失敗した場合はBと入れ替える」いうようなことをする人もいるでしょう。

物事をする時には全てがとても良いものであり、有効手段として使えるものばかりです。

そして判断力には他の考えもあります。

それはどうすべきかと決める決断力にも繋がる判断力というものです。

物事をどの様に捉えて、ではどの様にするのかと判断、決断をする力がある人は要領がいい人の特徴になるのです。

もし要領がいい人になりたいと目標にしているのであれば、考え方を少し変えて判断力などをつけてみてはどうでしょうか?

優柔不断な考えになっていませんか?判断力をつけるのはとても大事なことなので覚えておきましょう。

時間を有効活用する

時間を有効活用するというのも要領がいい人の特徴の1つです。

時間を有効活用するというのは無駄な時間をあまり過ごさないということでもあります。

全てがという訳ではありませんが、日常を生活しているうえで充実感が多いという人は、要領がいい傾向にあると思います。

時間の使い方が上手いという人は、スケジュールなどを組む際にもとても計画的に組むことができ、無駄が無いと思う人も多いのではないでしょうか?

時間の使い方は人それぞれですが、時間を有効活用するということをしている人は少ないと思います。

是非、皆に与えられている時間を有効活用して、要領よく物事を進めてみてはいかがでしょうか?

時間配分も上手

要領がいい人は時間配分も上手です。

仕事終わりにどの様にするのか、休日の過ごし方はどのようにするのかなど、必ずスケジュールを組んで生活をしている人が多いです。

それが次第にサイクルになると、また新たに「今日は違うところへご飯を食べに行って見よう」というような行動に移すことができ、充実した時間を過ごすことができる人が多いです。

要領というのはこの様な時間配分にも関わってくるので、要領よく過ごしたい、要領がいい人になりたいと思う人は、スケジュールなどを組んでみてはいかがでしょうか?

その通りにせずともとりあえず実行をしてみることが大切です。

時間配分にも人により違うので、自由な時間が取れないという人もいるでしょう。

ですがその自由な時間をいかに取ることができるかが鍵になるのです。

【時間の使い方については、こちらの記事もチェック!】

地頭が良い

よく地頭が良いという言葉を聞きますが、この言葉をご存知でしょうか?

地頭というのは簡単に言うと、他の人とは違った考えをして正解へと導き出すような人のことを言います。

物事の視点を違う視点から見て、そこから解決に導くという解釈でも良いでしょう。

柔軟に考えるという特徴と少し似ていますが、地頭が良いという人も実は要領がいい人の特徴の1つになるのです。

他人から学ぶ

他人から学ぶというのは要領がいい人の特徴の1つであり、とても大事なことです。

人というのは得意なものや不得意なものがあり、その不得意なものは他人から学ぶことで大きく成長することが多いです。

例えば教科書や参考書などを見るというのではなく、それを知っている人に話しを聞くと、教科書や参考書に載っていないようなことを聞くこともできます。

体験談やアドバイス、コツなどがそれにあたるでしょう。

他人から学ぶというのはそれほど重要なことであり、要領よく物事をこなすためには必須のことと言えます。

これの積み重ねにより、人というのは1人でも物事を要領よくこなすことができるのです。

時間はかかると思いますが、他人から学ぶというのは一番物事を吸収できるチャンスだと思ってください。

これから要領よく物事を進めたいという人や、今現にその様な環境にいるという人は、積極的に学ぶことは学んでいくようにしましょう。

理解力がある

理解力がある人は要領がいい人の特徴の1つです。

理解力があるとどんな事に対してもどの様にすれば良いのかという考えをすることができるので、効率よく物事を進めることができます。

理解力というのはその物に対してどれだけのことを理解しているかということになるので、解らないというのであれば誰か知っている人に聞く以外、解決の道はないと思います。

しかし元からその物に対して理解がある、知識があるという人は他の人に聞かずとも自分ですんなりと作業をすることができるのではないでしょうか。

得意な分野だと思う人は他の人達より早く作り上げたりすることができるかもしれません。

この様な理解力のある人というのは要領よく進むための知識を持っているので、是非何かを作ったりする際にはその物をまずどの様にするのかという理解力を持つようにしましょう。

手先が器用

手先が器用な人も要領がいい人の特徴の1つです。

手先が器用であればあるほど、物を作る際に柔軟に手を動かすことができるでしょう。

このように作りたいと想像する、想像力も長けているので、手先が器用な人は積極的に手を動かすはずです。

また、考えるより手が動いてしまうという人も中にはいると思います。

この様に作ろうと思った際に、その完成形をまず思い描いて後は手を動かすだけだという人もいると思います。

クリエイターなどはこの様な特徴を多く持っており、手先が器用であればあるほど要領よく仕事などを進めることができるようになるのです。

1個1個着実にこなす

物事というのは順序というものがあり、それを飛ばして作業を進めるということはできないのです。

1個1個着実にこなすという人がいると思いますが、その様な人こそスムーズに作業をすることができ、要領がいい人ということになるのです。

どの様なことがあっても1個1個その問題に対して着実に解決をしていく、作るというような意識を持っている人は、時間は遅かれどスムーズに物事をこなすことができるでしょう。

整理整頓ができる

整理整頓とは物事を整理して、新たに順序を直すというような解釈もすることができます。

物の見方が見えやすいと、今何が問題になっているのかなどを見極めることができますよね?整理整頓ができるという人は、どのような事に対してもそのように物の順序を変えることができるのです。

要領がいいというのはスムーズにする作業を進める、というだけでなく、問題な箇所を見つけたりして解決へと自然と導くということもあることを忘れないようにしましょう。

整理整頓ができるという人は、その様にして物事を効率よく進めていることができるようになります。

要領よくこなすには様々な視点から見るというのを忘れないようにしましょう。

スケジュール管理ができる

スケジュールの管理というのは1日の生活の管理と同じであり、要領がいい人の特徴ではスケジュール管理をしている人が大半でしょう。

例えば今日1日何かをすると計画を立てる時にその通りに進める人は計画性があるということになります。

何か手違いで違うことをしなければならないという人がいたとしても、他のスケジュールを調整し、何もかもを管理してスムーズに1日を送ることができるでしょう。

この様な人も要領がいい特徴の1つに入るのです。

オンオフの切り替えが得意

オンとオフの切り替えがとても得意な人は要領がいい特徴の1つです。

仕事の時は常に仕事のことを考え、終わった途端にオフになるというような人もいるのではないでしょうか?

要領よく進めるというのはこの様なオンとオフの切り替えも大事になるので覚えておくようにしましょう。

休憩もしっかりとる

休憩もしっかりとる人はオンとオフの切り替えができているという事にも繋がります。

休憩を取るというのは、体を休めたりすることであり、常に完璧にしようとしなくても良いのです。

オフの時はしっかり好きなことをしたり、休憩をしたりと人により過ごし方は違うでしょうが、休憩はしっかり取るようにすることで要領よく物事を進めることができるようになるのです。

【休憩を効率的にするには、こちらの記事もチェック!】

隠れて努力している

隠れて努力をしている人は要領がいい人の特徴でもあります。

人には見せずにスムーズにやっているように見えますが、誰もいないところでは努力して勉強をしたりしている人もいるのではないでしょうか?

その様な人は隠れて努力して勉強をしているので、要領がいい人の特徴にもなるのです。

努力というのは必ず実るものであり、決して裏切らないものだと思うので、是非努力をし続けるようにしましょうね。

️要領がいい人を見習おう

要領がいい人や悪い人様々いると思いますが、要領よく仕事をこなしたいと思う人がいるのであれば、まずはその人を探して見習うところから始めてみてはどうでしょうか?学ぶことが多いはずです。

その人からいろいろな事を学び、今後の自分に役立てても良いのです。

要領が悪いからダメだということではありませんが、要領がいい人はカッコイイと思いますよね。

皆の憧れにもなったりする可能性があります。

要領よく進めたいという人がいるのであれば、まずは学び見習うところから始めてみてはいかがでしょうか?