CoCoSiA(ココシア)

無難に生きるための9個の注意点


無難という言葉は、きっと「優れている点がない」という意味だけ切り取られてイメージが先行しているように思えます。

でも危険や間違い、欠点もない無難な生き方というのは、誰もができるものではありませんよね。

これはすごいことなのではないでしょうか。

今回は、そんな無難な人生を求める人の特徴と、無難に生きるための注意点をご紹介します。

️自分らしい人生を…とは言うけれど


では聞きますが、あなたらしい人生って何ですか?

こう聞かれてすぐに答えられる人は少ないのではないでしょうか。

「◯◯らしい」という表現は、他人が使うものであって、自分が自分自身に使う言葉ではないはずです。

「A君らしいよね」と他人が言うのがそもそもの使い方であって、A君が「俺らしいだろ!」というのは、不自然ですよね。

ですが、自分の生き方はこうだ!!と決めることはできます。

自分らしい人生とは、きっと厳密な意味合いとして、「自分の心の赴くままに人生をまっとうしましょう」ということなのではないでしょうか。

無難な人生も悪くない?


もちろんそのとおりです。

「無難」という言葉自体に悪いイメージが付いているだけです。

無難とは言い換えれば、安定です。

安定が継続されればこれに勝るものはないかもしれません。

例えば、人生における充実度を棒グラフに見立てると、チャレンジャーのグラフは時期によって大きく変動しています。

高い時は非常に高く、低い時はもはや最低くらいに、振り幅が大きくなりますよね。

一方安定してる人はほぼ変わりません。

むしろ時間がたつごとに、少しずつですが、高くなっていくでしょう。

無難な人達は「負けそうな試合」は絶対にしないので、グラフが下がるということはほぼありません。

現状キープか、上がるか、どちらかです。

このグラフをイメージすると、悪くないですよね?

今より下がることはないということです。

しかもそれが最低ラインにいる、ということでもないのです。

よくよく冷静に考えると、無難に生きるとは素晴らしいことなのかもしれませんね。

無難とは

ちらっとすでに書いてしまいましたが、改めて説明しましょう。

これと言った特色がなく、格別非難されるような点もない

可もなく不可もない、それこそが不可だ、と思う人もいるかもしれません。

確かにそう言いたくなる気持ちも分かります。

やはり短所があって初めて長所も活きる、というものです。

欠点がない人、という人はいないでしょうが、もしいたとしたら、あまり人間味ない人に見えてしまうかもしれませんよね。

こういうイメージが「人生観として無難でいい」という人に対しての悪印象に繋がってもいるのでしょう。

でも性格的に無難と人生そのものが無難では、大きく意味が違いますよね?

平凡でまずまず無事

さらに「平凡」というイメージが退屈さに拍車をかけますね。

可もなく不可もなく平凡と言われて、「なんかものすごく楽しそう!!」と思う人はまずいませんよね。

そういう意味ではやはりチャレンジ精神旺盛で、いつまでも夢を追いかけている人の方が、キラキラして見えるのは間違いないでしょう。

それがいわゆるカリスマ性と言われる部分で、これに関しては無難に生きている人が圧倒的に劣勢と言えるでしょう。

ただし、それを「いい悪い」という尺度で見れば、別次元の話になります。

カリスマ性があるからいい、平凡が悪いという話には決してなりません。

平凡で些細でも、幸せが常に側にある安定した人生を無難に送ることは、とても幸せなことなのではないでしょうか。

無難こそが自分らしさという人も

こういう使い方をする人は、かなりメンタルがタフな人でしょう。

さっき書いた「自分らしく生きる」というやや甘ったるい幻想ではなく、しっかりと地に足をつけて歩いている人の言葉ですから、信用できますし、何よりとてつもない説得力を持っています。

「些細でも平凡でもいい!俺は無難こそを愛す!」

もしかしたら女性はこういう人と恋愛した方が幸せになれるかもしれませんね。

もはやちょっとかっこよく見えます。