トリオってカッコイイですよね。

昔チャーリーズ・エンジェルという映画に登場する探偵業の美女3人組に、とても憧れたことがありました。

3人一組が一丸となって戦うチームワークの良さを見て、物凄くときめいた記憶があります。

コンビとは違い割り切ることはできませんが、トリオでつるんでいる人を見ると、ついついみていまいますね。

今回はそんなトリオの魅力に付いてガッツリお伝えいたします!

トリオとは?


トリオとは3人一組で構成されるチームのことを指します。

元々の語源はイタリア語やラテン語などから取られていると、言われているほど古い言葉でもあるのです。

芸能人でもコンビや複数人で活動されている人もいますが、一番目を引きやすいのはトリオだと言われています。

グループを組んだら、トリオには敵わないのではないでしょうか。

3人で構成されるグループ

3人で構成されている芸能人はそれなりにいますが、ほとんどはコンビで活躍されている人が多いでそうです。

一般人ならともかく、芸能人の場合は各個人が目立たないと個性がないので、難しい組み方とも言われています。

極端に目立っている人やそうでもない人もいますので、バランスが難しいのだとか。

トリオの芸人8選


芸人さんでトリオとして活動されている人は、ほとんど有名な人ばかりです。

みなさんも一度は聞いたことや見たことがあるひともいるはず。

トリオ全員目立っている人や、トリオの中で一人だけ目立っている人、または全員よく分かりにくいという人もいるでしょう。

よほど目立たない限り、トリオ全員の名前を覚えられませんよね。

それぞれの持つポテンシャルや、パワーバランスによって上手くいっているところもあり、そうでもないトリオもいます。

そんなトリオで活動されている芸人さん達を細かく紹介させて頂きますね。

1.ネプチューン

ネプチューンと言えば3人組の芸人コンビの中でも、とても有名で全員の名前を覚えている人は多いのではないでしょうか。

ネプチューンのメンバーは日本人なのに東南アジア系顔でよくタイ人と間違われやすいツッコミ担当でリーダー格の潤ちゃんこと名倉潤さん、曲がったことは大嫌い~のフレーズが有名なボケ担当のたいぞーこと原田泰造さん、破天荒でメチャクチャな回答・ホリケンという愛称が有名、そしてホリケンサイズという歌が一時期一世風靡したことのある大ボケ担当の堀内健さんです。

どのメンバーも名前、そして顔もちゃんと覚えていますよね。

元々はたいぞーさんとホリケンさんがコンビとして活動されていたそうですが、2人ともボケ体質でツッコミには向かなかったそうです。

別でコンビを組んでいた潤ちゃんが、2人と一緒に組むことでツッコミが完成したと特集で見たことがありました。

ネプチューンの冠番組は昔から若者層に人気があり、ハモリで有名なハモネプや、現在も続いているクイズ番組ネプリーグや、くりぃむしちゅーさんやチュートリアルさんたちと一緒に他のゲストと話すしゃべくり007も好評あります。

あとかなり昔で終わってしまいましたが、笑う犬の冒険というお笑い番組を欠かさず見ていました。

ネプチューンを見ていると面白いですし、全員顔も知っているのでとても好きです。

3人丁度良いバランスを持っているので、テレビを見ているとほっとします。

各メンバーにそれぞれ丁度良いパワーバランスを持っているからかもと、考えたりしちゃいますね。

リーダー格でツッコミ担当の名倉さんは喋りも上手く、他のメンバーと比べると物凄く博識で難しい漢字なども知っておりネプリーグなどのクイズ番組でも善戦されています。

たいぞーさんは喋りなどが面白く、しゃべくり007にトーク番組でもくりぃむしちゅーの有田さんとの掛け合いがとても面白いです。

他のメンバーとは違い、ドラマにもよく出演されていることが多く、その時は芸人さんではなく俳優さんの顔になっているところがすごいと思います。

お顔がハンサムですが、ドスケベなのが面白くて楽しいです。

ホリケンさんは物凄く破天荒でトーク番組でも若干うるさい面もあり、クイズ番組でも正解率は低く足を引っ張る傾向があるのが否めません。

しかしお笑い系番組などでは大活躍し、他の2人以上に身体を張った芸や、可愛らしいわんこのような魅力的な笑顔があります。

一人だけでは物足りないかもしれませんが、ネプチューンの3人が一緒だととてもピカピカして見えるでしょう。

3人で番組に出演され、冠番組を現在を持っているのはネプチューンだけですし、トリオの不仲説も聞いたことがありません。

こんなに素晴らしいトリオは、ネプチューンをおいて他にはいないです。

2.ダチョウ倶楽部

ダチョウ倶楽部はトリオ芸人の古株と言っても過言ではありません。

3名ともかなりお年を召されていますが、今現在もメディアに出るほどの人気があり、特に身体を張る芸は最強です。

ダチョウ倶楽部のメンバーは実はかなりおとぼけなリーダー格でツッコミ担当の肥後克広さん、肉といえばこのひと説教担当の寺門ジモンさん、そして帽子くるりんぱやどうぞどうぞのギャグやキス芸で有名なボケ担当の上島竜兵さんの3名で構成されています。

今でこそ好きなトリオ芸人さんですが、20年位前私が子供だったころ、母からはダチョウ倶楽部が出ている番組を見るなと注意されていたことがありました。

当時はまだNGが比較的に少なく、全裸で出ていたり、いじめに近い芸風も多かったので教育上悪かったのだと思います。

志村けんのバカ殿様などが一番良い例ではないでしょうか。

そうしたこともあり、私はダチョウ倶楽部が苦手だったのですが、数年前雨上がり決死隊さんの冠番組のアメトークを見て3名にとても好感を持つようになりました。

リーダー格の肥後さんはかなりの変わり者だとネタにされるほど、実は変人だと判明して大笑いしました。

ジモンさんは他のメンバーと比べてしまうと何の芸もありません。

しかし肉の知識があり、食にもとても詳しく多趣味です。

そして無駄に身体を鍛えており、無駄にストイックな精神の持ち主でもあります。

ジモンさんだけは唯一独身とのことです。

竜ちゃんに関しては出川哲朗さんと同等と言われるほどのポンコツそして身体を張る芸が有名で、日本中の誰もが知っているのではないでしょうか。

身体を張った芸風のため、メンバーの中でひどい目に合うことも言われることもとても多いですが、ダチョウ倶楽部の要だと私は思っています。

アメトークの中でも竜ちゃんが過去に主催していた、芸人仲間で飲む会の竜兵会に関わる回はいつ見ても面白いです。

竜兵会は竜ちゃん、肥後さん、土田晃之さん、有吉弘行先生、劇団ひとりさん、カンニング竹山さんなどそうそうたるメンバーがいましたが、現在は解散状態にあります。

何でも竜ちゃんが年を取ってふがふが言うようになり、ギャグの切れも悪くなっているというのが理由だそうです。

もういい年なので身体の負担も大きいのではないのでしょうか。

ちなみに竜兵会のメンバーの中にジモンさんが入っていなかったのは、不仲ではなくお酒が飲めないという理由で入っていなかったそうです。

年齢的にキツイかもしれませんが、いつまでも現役で頑張って欲しいですね。

3.我が家

我が家は10年くらい前に一世風靡したトリオでもありました。

メンバーはリーダー格のイケメンなのに実はカッパハゲハンサムとして有名なリーダー格のボケ担当坪倉由幸さん、言わせねぇよのツッコミが特徴のツッコミ担当で肥満体の杉山裕之さん、存在感がいまいち薄いボケ担当の谷田部俊さんの3人です。

下ネタがやや混じったコントネタがとても面白かったのですが、現在はトリオで活動していません。

リーダー格の坪倉さんのみ、お昼の番組ヒルナンデスにレギュラー出演されていたり、色んな活躍をされていますが、他の2人を見たことない人もいるのではないでしょうか。

個人的にはトリオとしてはあまり良くない状態だと思っています。

坪倉さんのみが目立ち、他の2人が日陰のような状態になっているので、トリオとしては一番ダメな状態です。

4.ロバート

ロバートは10年くらい前に若者に人気のはねるのトびらという番組でレギュラー出演されていました。

当時はとても人気があり、特に女性からの支持もあったくらいです。

ロバートのメンバーは大人しめで控えめだけどボクサーとして活動されているリーダー格の山本博さん、現在は梅宮辰夫さんのネタで有名になりよくテレビにも出演している秋山竜次さん、料理男子としても名高く笑顔が可愛らしくオシャンティーな馬場裕之さんの3名で構成されています。

あまり知られてはいませんが、博さんと秋山さんは既婚者で一児の父親で、馬場さんのみ独身とのことです。

はねるのトびらの時は私もよく見ており、友人とともにファンでした。

程良いネタがとても面白かったです。

現在も3人で時々出ていることもあり、個人でテレビ出演されていることもあります。

秋山さんのたっちゃん芸はかなり面白く、インパクトがあるのではないでしょうか。

馬場さんは他の料理番組に出演されていたこともあり、料理に関してとても博識で、ためになることも多かったです。

博さんは過去はねるのトびらで出演されていた時にやっていた、ビジュアル系バンドのボーカル役がとてもサマになっていました。

5.東京03

東京03のネタは見たことはありませんが、おぎやはぎさんと劇団ひとりさんの冠番組ゴッドタンで出演されているのをよく見ます。

花形プロレスラーと婚約したがお尻舐めてあげるという変な浮気LINEで悪目立ちをした豊本明長さん、リーダー格でネタ作り担当の飯塚悟志さん、そしてゴットタンで名物になっている歌唱力が最強の角田晃広さんの3名です。

各個人で別々に出演されていることはほぼなく、基本的に3人一組でテレビ出演されています。

特に角田さんは元マネージャーさんとマジ歌というゴットタンのコーナーによく出ており、か下手な歌手顔負けの歌唱力、そしてギターやハーモニカの演奏も可能です。

どの曲も物凄く素晴らしい美声なのですが、歌の内容が内容なのでとんでもない使用になっています。

有名な曲は若者たちへ、しょんべんキスミー、愛してるなどどれも数え切れません。

飯塚さんはみひろさんというセクシー系アイドルに本気になってしまったことがあり、それをいじられていた時は申し訳ないですが本気で笑ってしまいました。

豊本さんに至っては浮気のネタ以外ほとんど何もありません。

東京03のみなさんが活躍されているゴットタンは、ユーチューブになどによくアップされているので、是非一度見てみて下さい。

6.ジャングルポケット

ジャングルポケットはロンドンハーツを見ている人にならわかるかもしれません。

メンバーは唯一の喫煙者おたけさん、モデルの近藤千尋さとの結婚が話題になった大田博久さん、そしてロンドンハーツのドッキリで話題になった斎藤慎二さんの3名で構成されています。

ジャングルポケットは特に目立ってはおらず、若干パンサーとかぶっており、よく間違われるそうです。

斎藤さんはロンドンハーツのトラップガールという、彼女がいるのにアイドルから迫られたらどうするのかというえげつないドッキリで有名になりました。

一般人の彼女さんもいたそうですが、別れてしまっているようです。

現在は有名人の人と交際されているという噂もありますが、斎藤さん自体女性にだらしないようなので大丈夫かと心配してしまいます。

私自身お笑いは好きな方ですが、斎藤さんの受け答えや芸風は何だか無理して頑張っているので見ていてちょっと苦しいです。

7.森三中

女性版のダチョウ倶楽部と言えば、やはり森三中でしょう。

女性芸人の中で唯一トリオとして頑張っており、またそれぞれに個性があり分かりやすく、安定感のある芸人さんだと思います。

メンバーはこの前病気から復帰され旦那様が構成作家として有名な鈴木おさむさんの嫁で身体を張ることが有名な大島美幸さん、料理上手で可愛らしいむーさんこと村上知子さん、メンバーの中で唯一独身そして歌も芸もある黒沢かずこさんで、3名共全員ぽっちゃり体型です。

現在3人は長寿番組として今も人気がある世界の果てまでイッテQ!に出演されています。

初期は森三中の3人でよく肉を巡る旅や、ダイエット企画に言っていましたが、最近では他の女性芸人さんともよく絡んでいます。

世界の果てまでイッテQ!自体身体を張ることが多い番組です。

大島さんが率先してバンジージャンプなど危険なことに挑戦したりしていたため、番組内では親方と言われるほどでした。

個人的に一番見てもらいたいのが、大島さんがフリーホールよいう遊園地のアトラクションから落下するというものがめちゃくちゃ面白かったですね。

落下時の重力により顔が変形しているので、是非見てもらいたいです!
むーさんは昔黄金伝説の1ヶ月1万円生活の時に大活躍しており、調理上手で家庭的な女性だと思いました。

他の2人異なりそこまで突出した芸を持っている訳ではありませんが、むーさんがいるとほんわかと和みます。

また地味に面白い部分もありますよ。

黒沢さんは他の2人が産休中1人でもイッテQ!や他の番組に出演されており頑張っています。

実は私自身、黒沢さんの芸はそこまで好きではないのですが、地味にじわじわくる発言や行動も多いので結構好きです。

ぽっちゃりしているけど、実は身体能力が高いということが判明しています。

トリオで頑張っている女性芸人さんは森三中だけなので、これからも是非たくさん身体を張って頑張って笑わせて頂きたいですね!