日常生活を送っていると、時々思いっきり贅沢をしたいと思う事ありませんか?

社会人として働き出すと、どうしてもストレスが溜まったり辛いことなどがあったりする事が多くなります。

例えば、会社の人間関係によるストレスであったり会社の業務内容によるストレス、仕事がうまくいかないところからくる不安など、精神的に辛い思いをすることは数え切れないほどあります。

相当な資産を持っている方であれば、その後の人生を自分の好きな事だけをして生きていく事が出来ますが、現実的にそのような方はあまりいませんし、いたとしてもごく少数だと思います。

現実の世界は仕事をして、汗水たらしてお金を稼いで生活をしている方ばかりです。

しかしながら、辛い事があるからこそ楽しい事がより楽しく感じられるようになりますので、自分の都合の良い事しか起こらない人生はとてもつまらない人生であると判断する事もできます。

だからこそ、辛い仕事の先にちょっとした楽しみやご褒美を自分にプレゼントする事はとてつもなく幸せな事です。

今回はそんな辛い仕事の先にある楽しみである贅沢をテーマにして、贅沢な事をしてみたくなった時に行ってほしい、いくつかの方法についてご紹介します。

贅沢は自分の気持ち次第

誰しもが贅沢をついついしてしまいたいと思うことは日常生活のあらゆる場面で存在すると思います。

例えば仕事において多大なストレスを感じてしまったときや、自分が携わっている仕事の中でかなり大規模な案件の仕事が終了した時、自分の中で何かしらの目標を達成した時や、一週間の勤務の終わりの金曜日の夜や、学生であればスポーツ大会が終わった後など、頑張った自分自身に対して何かしらのご褒美をあげたいと思う事があるはずです。

そんな時には自分に何かしらプレゼントをあげたりする事で、これからまた頑張ろうという気持ちにさせてくれるための自分なりの工夫を行うことができます。

では具体的に贅沢をするというとどんな事を想像しますか?

おそらく人によって考え方は千差万別だと思いますので、何が正しいとか何が間違ってると言うこともありません。

なぜなら、あくまで贅沢とは自分自身の気持ち次第で変化するものだからです。

極端な話、月収が15万円の方からすればスーパーで1000円以上するような牛肉を買うことは贅沢であると感じると思います。

しかし、月収が50万円ある方であれば、スーパーで1000円を使うのは贅沢だとは思わない可能性が高く、20万円以上するようなバッグを購入する事が贅沢であると感じる場合もあると思います。

もちろん人の金銭感覚次第ではありますが、このように贅沢だと感じるラインは人それぞれであり、何が正解なのかという事は一切関係ない事がわかると思います。

たまには贅沢を味わおう!


人によってはもしかすると、贅沢をすること自体が悪だと思っている人がいると思います。

贅沢なんかするから余計な考え方が生まれるのであり、最初から贅沢などをしなければ、その選択肢をなくすことで贅沢をする必要がなくなると考える方もいらっしゃいます。

確かにその考え方も間違ってはいませんが、お金を使ったり贅沢を味わうということはさまざまなメリットがある行為であると考える必要があります。

もちろん自分の収入を考えずに自由にお金を使うことは危険な行為でしかありませんが、自由に使える範囲内でお金を使う事は全く悪いことではありません。

たまには頑張っている自分を認めてあげて、自分のために少しくらい贅沢をしても絶対に損はないはずです。

たった少しでも良いので、自分にとって贅沢な事を楽しむ事で毎日の活力へとつなげることができます。

例えば、良い方法として一カ月の中でこの日は贅沢をしようと決めて、その日を楽しみに毎日を過ごすことによって、毎日を生きる活力やパワーに繋がります。

なので、贅沢をしても良い日を一日くらいは設定してみて、楽しい時間を作る工夫を行ってみてください。

贅沢とはどういうこと?

人によっては贅沢の仕方がわからない方がいらっしゃると思います。

基本的に人間はお金を使うことでストレスを解消していますので、一度くらいは人生の中でお金を使って気持ち良いと感じた経験があるはずです。

しかしながら贅沢をする余裕がないという方や普段から贅沢というものに関してあまり関心がない方に関しては、贅沢ということがどういうことを行うことなのか、いまいちピンとこない方もいるはずです。

なのでここからは贅沢ということは具体的にどういうことなのかということについてご紹介していきます。

なお贅沢をするということはお金を使う以外にも様々なことが考えられます。

その辺も含めてご紹介していきますので、自分自身が感じる贅沢なと照らし合わせて考えてみてください。

お金の贅沢

まずはじめにご紹介する贅沢の一つとしてお金の贅沢をするという事が挙げられます。

お金の贅沢とはその名前の通りお金を贅沢に使うということです。

例えば先ほどご紹介したように月収が15万円だったとして、家賃や毎月かかる費用などを考えると自由に使えるお金は5万円程度しかないと仮定できます。

その中でもある程度のあまった金額を貯金に回したいと考え、2万円を貯金に回すとすれば残りは3万円ですよね。

なので、1日あたり1000円で生活をしなければいけないと考えることができます。

しかしながら、毎日節制をして一日単位500円でずっと生活をしてきて、この一カ月で15000円のお金が浮いたとします。

それくらい切り詰めていれば、贅沢をしたいと感じることもあると思いますので、そんな時には今日くらいは一切れ1000円以上する牛肉を購入してもいいかな、と思うとします。

これがまさに月収15万円の方にとっての「お金の贅沢」であると考えることができます。

結論は必要以上に本来よりもお金を少しだけ多めに使うことが、いわゆるお金の贅沢として考えることが出来ますね。

しかし、これに関しては先ほどお伝えたとおり人によって考え方が違いますので、当然自分の収入やお金の使い方の概念によってその考え方は大きく変わってくると考えることができます。

一般的な判断方法としては、今の自分の収入に比べて、ちょっと一つあたりの出費が高いかなと感じるようなものにお金を使うのはまさに贅沢だと判断できます。

しかし、頑張った自分にご褒美を上げる事は悪い事ではありません。

無理のない範囲内であれば、自分で考えて計画的にお金を遣えばそれは誰かに咎められる行為ではありませんので、計画的にストレスをためないようにお金の贅沢を取り入れてみてください。

時間の贅沢

次にご紹介する贅沢の一つとして時間の贅沢という事が挙げられます。

時間の贅沢とは、先ほどのお金を使った贅沢とは違い、目に見えないものを贅沢に使うと言うことです。

これはどういうことかと言いますと例えば月曜日から金曜日まで一週間仕事を終えたとして土日が休みだったとします。

平日は毎日朝早く起きて夜遅くまで仕事をして家に帰ってはすぐに寝てしまったりと、なかなかプライベートを満喫する時間や自由に使える時間がなかった状態が続いたとします。

この1週間本当にがんばったなと自分自身で思うのであれば、時にはお金ではなくて時間をゆっくり使った贅沢をすることも大切です。

例えばちょっとしたことかもしれませんが、普段は毎朝6時に起床している方であれば、休みの日は絶対にお昼までベッドの上から動かないなど、普段はありえないような時間の使い方をすることで休みを満喫したり自分自身の大切な時間を贅沢に使うことで、それがストレス解消へと繋がると言うことです。

時は金なりという言葉と同じ通り時間はお金以上に大切なものです。

しかしながら、常に時間に追われるような生活をしているとストレスも溜まってしまいますし、たまには時間をゆっくりと贅沢に使うという事も考えてみても罰は当たらないと思いますよ。

人によってはメリハリのある生活をしないと自分の体調が悪くなってしまうという方もいると思いますのであくまで人によって感じ方が違うということは注意してください。

人によって贅沢の基準は様々

人によって贅沢の基準は様々に設定されています。

これはとても当たり前のことに感じると思いますが、先ほども紹介したように自分の収入によって自由に使えるお金が変わってきたり元々のお金の使い方は人によって違うからです。

先ほどご紹介した例では月収が15万円の人と50万円の人と金銭感覚の差を比べましたが、あくまでこれは一例にすぎません。

先ほどの例はあくまで一般的に考えた所での観点に過ぎず、実際に月収が15万円の人と50万円の人を比べたときに全く違うお金の使い方をしているかと言われれば絶対にそうだとは言い切れません。

例えば、50万円あったとしても、様々な支払いがあり、最終的に手元に残っている金額はほんのちょっとしかないという事だってありますし、大きく手元に残っていても、人生のあらゆる事を経験してしまった人からすれば、今更何かに大きくお金を使って気分を高揚させることはない場合も考えられます。

なので、月収が多くても結局はその人のお金の使い方や価値観次第だという事です。

贅沢を人と比べて考えてみるという事は全く持って意味がない事であると理解いただけます。

贅沢なことをしたくなったらやってみて欲しい10個のこと

ここまでは贅沢がどういうことであるのかという事と、人によって贅沢の基準は全く変わってくるという事についてご紹介していきました。

贅沢がどういう事であるのか?という本質的な部分を理解いただいたところで、あなた自身に自分の心の中ですぐにぱっと思いつく自分自身だけの贅沢なことはありますか?

ある程度自分自身にとっての贅沢とは何かということが思いつく方は、贅沢をする方法も思い浮かぶと思います。

しかし、自分自身に問いかけた時に全くその答えがわからないという方は、もう少し贅沢をしてみても良いのではないでしょうか。

普通に生きているだけでも十分幸せで、贅沢をすることに何のメリットも感じないという方もいるかもしれませんが、その中でもちょっとだけ人生の中に趣味や楽しみを見つけてみると、これまでと違った新しい考え方や嬉しさに気づくきっかけに繋がるかもしれません。

なのでここからは贅沢なことをしたくなったらやってみて欲しいことについてご紹介をしていきます。

贅沢をしてみたけど、具体的に何をすれば分からないという方についてはここからご紹介する贅沢なことを参考にして、自分がしてみたいと思うものがあれば、贅沢をしたいと思った時にチャレンジするきっかけとして活用してください。

1.高級ホテルに一泊してのんびり過ごす


まずはじめにご紹介する贅沢なことをしたくなった時に行って欲しい事は、高級ホテルに一泊してのんびりと自分の時間を過ごすという事です。

高級ホテルに泊まるという事はなかなか普段は経験できないようなことですよね。

まず、ホテルに泊まるということ自体も、国内旅行や海外旅行に行く時くらいしか利用しないという方も多くいらっしゃいます。

海外旅行へ行く時は、当然旅行代金もかかりますので、ホテルにお金を使うよりかは思い出やほかのサービスにお金を使いたいと思って、ホテルは安い所で済ませようと考える方も多いと思いので、高級ホテルの宿泊経験が少なくなっているもひとつの理由です。

しかしながら、あえて高級ホテルに泊まることで高級ホテルならではのサービスを楽しむことができます。

本来であれば目的地があってホテルはサブ的な要素でしかありませんが、今回はホテルを目的にして楽しむという贅沢の行い方であり、高級ホテルに泊まったことがある方ならばわかると思いますが高級ホテルのサービスは他のホテルとは比べ物になりません。

例えば有名な高級ホテルとしてはザ・リッツカールトン京都やフォーシーズンズホテル丸の内東京やマンダリンオリエンタル東京などが有名です。

具体的に高級ホテルに泊まることによってどういうサービスが受けられるのかと言いますと、例えば宿泊した部屋に様々なフルーツやフラワーアレンジメントの花が用意されていたり到着前の客室にてシャンパンを楽しんだりすることができたりします。

それ以外にも高級ホテルと呼ばれる所以としてはやはり景色がとても綺麗である場合が多いので、綺麗な景色を眺めながら眠りにつくこともできますし、お酒を楽しむ事も出来ます。

同じホテルの中にバーなどがあったりして夜景を楽しみながら時間を忘れる事も出来ますし、朝になれば朝食ビュッフェなどが楽しめ、様々な料理やスイーツなどを楽しむ事だって出来ちゃいます。

当然ながら一流ホテルであれば対応なども他のサービスとは比べものにならないような対応をしてくれるので、まさに贅沢な時間や気分を味わうことが出来ます。

一流ホテルに宿泊した事がない方は、新しい贅沢としてホテルでの宿泊をご提案致します。