あなたは「若気の至り」という言葉を知っていますか?

よく若気の至りでしてしまったことなどと言いますが一度は耳にしたり、口にしたりしたことがあると思います。

人によって若気の至りでしてしまったということは違うことがありますが、共通してしまっていることもあるのです。

ここではそんな「若気の至りでしてしまうあるあるなこと」を21選紹介しています。

きっとあなたもやってしまったことや、聞いたことのあることが載っていることでしょう。

ここで人生を少し振り返るのもいいと思いますし、今現に10代だったり、20代になったばかりの人は特に注目ですよ!

同じ失敗や後悔をしないためにも、経験者の声を実際に覚えてみてください♪

きっと若気の至りでやりすぎてしまうことから、少し回避できることもあると思うので、ぜひチェックしてみましょうね!

あるある!ついやってしまう若気の至り

ついやってしまうのが若気の至りで、今後悔している人もいることでしょう。

様々なことを若い時にはしてしまいますが、まさに勢いや気持ちでしてしまうことってよくあることだと思います。

今振り返って見ると、「なんでこんなことしたんだろう?」「あの頃の自分はダメだったな」
そんな風の思うこともありますよね。

もしくは今もそれの爪痕が残っていて、バカなことをしたとそれを見たり、感じたりした時に振り返ったりするものです。

でも全部が全部後悔する必要はなくて、きっと若いからしょうがないと思えることもあると思いますよ。

その度合いはありますが、笑って言えることもあることでしょう♪

若気の至りってなに?


それでは若気の至りってなんなのでしょうか?

あまりピンとこない人もいると思うので、まずはその意味を説明します。

若気の至りとは「若さゆえに勢いでしてしまうこと」「経験がないのでしてしまうこと」「ダメだと痛感したことがまだないので思わずしてしまうこと」

大きくまとめるとこんな意味になりますが人それぞれの「若気の至り」でしてしまったことがあります。

ある人は若気の至りで勉強を全然しなかったという人もいれば、夜に遊んでばかりだったという人もいます。

体を変えることをしてしまったり、または恋人とふざけすぎたり。

そんな至りって人それぞれなので、定義として掲げるのは難しいものですが大体このようなことが多く挙げられますね。

使い方

そんな「若気の至り」という言葉の使い方としては、一般的にはこのように使われています。
「若気の至りでしてしまった」「若気の至りだよ」「若気の至りで今後悔している」

多くの人がこの言葉をきっと口にしたことがあるでしょう。

またもしかしたら今若いあなたもいずれこのように思って、口にしてしまうことがあると思いますよ。

それは悲しいこともたくさんあるでしょう。

間違ったこともあると思います。

でも笑えるようなこともありますし、きっとそんな日が来るかもしれませんね!

若気の至りでやってしまうあるあるな行動


それでは若気の至りについて簡単に分かったところで、実際の例を紹介していきます。

経験したことのある人もたくさんいると思うので、共感しながら読んでくれたらと思います!

また人それぞれの人生だと思うので、それがあってもなくても、あなたの人生だと思います。

人あまり比べないで、自分も似たようなことがあったなーくらいに思ってみましょうね♪

では、実際に若気の至りでやってしまう、そんなあるあるな行動をみていきましょう!

勢いで告白

確かに若気の至りとして、あることがこの「勢いで告白してしまう」ということです。

あまり好きではないのに雰囲気で告白してしまったり、好きなあまりタイミングを無視して告白したり。

そんなことって割と多くあるみたいですね。

男性なら特に共感できるのではないでしょうか?

その人のことをよく知っていないのに告白すると、経験の浅い男子は、後でこんな人だと思わなかったと後悔することがあります。

経験を積んでいたり、好きになるまでに時間や想いがあれば、知らないところを知っていっても、受け入れられると思います。

でもまだまだ未熟な男子の場合は、それができなくて「勢いで告白しちゃった」と大人になってから思うものですね。

過度な髪の毛に染める

髪の毛を染めたいと思うのも、若気の至りの象徴ですよね!

若い時には髪を金髪にしたり、グレーにしたり、緑にしたりする人もいます。

なぜそうするのかは、その人の気持ちなのですが、大人になって昔の写真などを見ると驚愕することがありますよね。

若い人は若い時だからこそしとこう!と思う人もいれば、今流行っているから、憧れている好きなモデルや歌手みたいにしたいからと思う人もいます。

大人になると髪を染めていてもOKな会社は、ある程度なら、常識範囲内でというのがルールなので、したくてもできないのです。

また気持ちが落ち着いてくるので、髪の色にこだわらないこともあります。

染めても印象を良くしたり、落ち着いた雰囲気にしたいからだというのが大人の理由ですね♪

しかし若い時のその髪色もそうですが、それをしたいと思った理由が実に若い発想なので、なんか笑えてくるのですよね。

可愛い自分だったと思えれば、若気の至りだったとしても思い出になることもあります。

露出多めの服を着る

若い時は男性もVネックを着たりしますが、特に女性は露出が多くなりますよね。

大学生になったり、社会人になりたての人はまだまだ、露出は多く、男性をドキドキさせる格好をしています。

全ての人ではないのですが、そんな傾向もあるということですね。

若気の至りだと考えればそれまでですが、少し恥ずかしい気持ちにも、後々なると思います。

今じゃとてもそんな格好できない、若いからできるんだよ!と思う女性が多く、まさに若気の至りで勢いなどでやっていることだと言えるでしょう。

就活に背を向ける

若い時は、大学生なんかは特に就活に背を向けて遊んでいることがあります。

なんとかなるという気持ちや今しか遊べない気持ち、または遊びが楽しすぎてやめられない人もいるのですね。

若い時にはそれでもなんとか会社に勤めることができると思いますが、大人になっている場合はそれができません。

またそれをする気にはならないのです。

まさに現実を見なかったと後悔している人もいるでしょうし、その若気の至りが今の生活に繋がっているとも言えるでしょう。

でも遊んでいたからこそ、むしろ遊ばないと分からないこともあるのかもしれません。

遊んでいると楽しいこともありますが、傷をつけたり、傷ついたりすることがあります。

それを経験して、初めて人を大事にできる人もいると思うので、若気の至りが今の自分を作っている一部だと思うこともできますね。

スウェットやジャージで歩く

若い時にしかできない格好として、スウェットやジャージが挙げられます。

それは外で歩くということで、分かりやすく言えば、着替えないまま外で歩いているということです。

これは経験したことのある人が割といると思います。

昔に比べて今は減りましたが、現在のアラサー世代くらいの人は分かるのではないでしょうか?

スウェットが流行り出した時は、それを着て外で遊ぶ人もいるくらいでした。
もちろん大人ではなくて、10代の若い人たちです。

またジャージは今も昔も、外に出る時にそのまま着ている人もいますね。

こちらも若い人が多く、さすがに30代をすぎてジャージで外を歩く人はなかなかいませんね。

若気の至りとして可愛いものだと言えますが、大人からしたらだらしない印象があったりもするので、親がしっかりと教えてあげたり、または周りに指摘されたら直してみるのもいいと思いますよ♪

行きずりの恋

若い時にありがちなのが、行きずりの恋です。

かりそめの気持ちを見せて付き合っていたりすることですね。

その人といることが楽しいことよりも、周りに自慢したかったり、ルックスがいいから付き合ったりと若い人はどうしてもしてしまいがちです。

若気の至りで、好きという気持ちよりも何かを優先して付き合っていることがあるのですね。

大人になったら真剣な恋愛をしたいと思う人はたくさんいて、そんな関係をしないことが一般的になっていくことでしょう。

もともとそう思っている人もいますが、みんな経験をしてきてそう思っているのですね。

しかし大人にもそんな行きずりの恋をしている人もいますし、若気の至りだけとは限りません。

元々の本性が若い時にも出ていたということが確実にありますし、大人になっても変わらない人はいるのです。大人になれない人もいますからね。

過去にそんな恋愛をしていて、今本当の恋をしているのであれば、あれは若気の至りだったと振り返ることがあるかもしれません。

真っ黒に日焼けする

真っ黒に日焼けすることって、18歳を過ぎたくらいからする人が増えますよね。

特に男性の場合、体をかっこ良く見せたいと思って黒く日焼けさせることがあります。

もう脱ぐこと前提で考えているので、実に若い発想だと思います。

やはり周りにかっこいいと思わせたくなるのが、若い頃の特徴なので、しょうがないとも言えますが、振り返ってみるとアホだったなと思う人もいるのですね!

幸い日焼けは治ることが多いので、それほど体に残ることはありませんが、シミが残っていることもあって、後悔をしている人もいることでしょう。

ピアス開けすぎ

若い人にたくさんいるのが、ピアス開けすぎな人です。

高校生でも開けている人もいますが、やはり大学生になったり時に、たくさんピアスを開ける人もいます。

耳に何個も開けていたり、大きな穴を開けていることもありますね。

また口やまぶた、鼻にまで開けるなど、若気の至りの代名詞と言っても過言ではないでしょう。

こちらも日焼けのように治る、つまり穴が塞がってくれるのが基本的です。

しかしあまり大きな穴を開けている場合は、大人になってもまだ少し穴が残っていることがあります。

これに後悔をしたくないのであれば、ピアスの穴は小さめにした方がいいかもしれません。

ですが、あまり気にならないことでもあるので、思い切って大きな穴を開けることも悪いことではないかもしれませんね。

勢いで結婚

勢いで結婚をしてしまう人が多いのが、若気の至りとも言えます。

それほど好きではない人と結婚したり、形を求めるばかり結婚したり。

そんなことが往々にしてあるのが、この若気の至りなのかもしれません。

でも大人になるに連れて、本当の気持ちを大切にすることができるようになります。

また無意味な時間を過ごすことや好きでもない人と結婚なんてしないと思えることができるでしょう。

好きな人と結婚する。これが一番自然な流れだと思います。

しかし若い時はどうしても先走ってしまい、男子なんかはプロポースしてしまうのですよね。

今思うとそんな自分が愛おしいような、若いような複雑な気持ちですが、確かにそれは起きてしまったのですね。

でも、若気の至りとはいえ、子供を作ってはいけません。

なんの準備もしていないのに子供ができたから結婚する。

そんなことで、子供を幸せにすることは難しいでしょう。

お互いの気持ちがあって、そしてしっかりとした準備ができている。

出なければ、高い確率で子供を不幸にしてしまいます。

なので、若気の至りで子供を作ってしまい、そして「結婚する」ことはいいですが、子供を作ることは若気の至りでしてはいけません。

結婚をして、そして子供を作る。

この流れがみんなが幸せになれることだと思いますよ♪

自分探しの旅

若気の至りでは、自分探しの旅をする人もいます。

それは心の中でも探している人もいますが、実際に旅に出て自分を探している人もいます。

こちらは20代の半ば前に、大学を出た後や社会に出てみた後にする人がいますね。

旅と言っても十人十色だと思いますが、日本国内を旅することもあります。

または世界中を旅して回るなんて人もいます。

それほど自分というものが分からなくなるのが、若い時というものなのでしょう。

たくさんの人が20代を越えると自分らしさや自分のことを考え出します。

そこで旅に出るほど探している人もいて、勢いでもそうですが、これしかないと思っていく人もいるのですね。

その先に何が分かったのかも人それぞれですが、自分を探しているうちは自分は見つからないのかもしれません。

探すのを辞めた時に見つかることもあります。

そんなことが分かると、あの旅は若気の至りで行ったのかもしれないと悟ったり、感慨深くなることでしょう。

眉毛全剃り

眉毛全剃りは、若気の至りの中でも強烈なものですよね。

大人になるとつくづくそう思いますが、若いときは全然オッケイだったりするのです。

特に女性に多く見受けられ、眉毛を生やすよりも描くほうが綺麗になると思い全部剃ってしまっています。

男性からしたらあまり分からないことですが、女性の中では割と当たり前になっている人もいます。

そしてその人が大人になった時に眉毛が生えてこなくて恥ずかしい思いもすることになっちゃうんですよね。

というのも、剃ることから次は抜くことに変化していくこともあり、そうなるともう眉毛が生えてこないのですね。

若い時はごまかせたり、見せることができても、大人になると恥ずかしくなることでしょう。

今は眉毛が割としっかり生えているほうが流行っているので、あまりない現象かもしれませんが、1世代前はありえる光景だったのです。

学校を中退

勢いで学校を中退することも若気の至りですよね。

学校が楽しくない。遊んでいた方が面白い。

そんな理由から学校をやめる人もいます。

また、何か悪さをしてしまって学校を去ることになる人もいます。

ほとんどのことに言えるのが勢いでそんなことになっていることです。

今こんなことをしたら社会に迷惑がかかる。

困ったり傷つく人がいる。これはしてはいけない。

そんなことを深く考えなく、悪さもしてしまいます。

そして、また学校をやめることのデメリットを実感できていないのが原因ですね。

大人になると学校にいけばよかったと思う人がたくさんいます。

しかしそれは後になって痛感することであって、若い時にはまだまだ実感がありません。

頭では将来困ることは分かっていても、気持ちや勢いだけで動いてしまう若さなら、学校を中退してしまうのですね。

タトゥーを入れる

若気の至りで済まされることがよくあるのが、「タトゥーを入れる」ことです。

若い時は何かに憧れたり、自分に示したい言葉やものがあります。

それがあるとしっかりとできる、男になれたり、とても可愛いと思うことがあることでしょう。

それを体に入れるということが若気の至りでしてしまう人もいるんですよね。

その人が後悔するかどうかは分かりませんが、多くの人が後悔をしています。

そしてそれが原因で仕事につけなかったり、周りから嫌がられたり。

また医療的なことが受けづらかったり、消すのにお金がとてもかかったり。

はっきり言ってデメリットの方が本当に多いことなのです。

社会人として受け入れられるのには、なかなか難しいことでもあるので、若気の至りで済ませないこともあります。

しかし、若気の至りを受け入れてそれを消さない人もいますし、むしろ大切にしている人もいることでしょう。

それくらいの人でなければ必ず後悔すると言ってもいいことなので、若い方は本当に大変なことになる可能性があることは覚えておきましょうね。

根性焼き

タバコを腕や手に押し付けて、焼け跡をつける「根性焼き」も若気の至りの最たるものでしょう。

まさに勢いでしていることがほとんどですし、大人になってする人はいませんよね。

また若いとは言え、まれにしていることなので、あまり見ないこともあると思います。

でも確実に根性焼きをしている人はいて、ほとんどの人が後悔していることでしょう。

何と言っても大人になって見てみると、見た目が悪いです。

汚いですし、これ何?って突っ込まれるのが本当に嫌なんですよね。

それを言う人が嫌なのではなくて、これを再認識することが嫌なことでしょう。

また決して平和的なものには見えないので、若い時にどんなことがあったんだろう?と思われてもしょうがないかもしれません。

しかし、まさに若気の至りでやっている人がいて、それを後悔している人がいるので、それだけで判断しないようにはしてもいいと思います。

今穏やかでいる人や、真面目な人、ちゃんとしている人ならば、何かの勢いでしちゃったのかなと理解をすることもできますよ♪

火遊び

おそらく男の子だったら一度はしたことがあるのではないでしょうか?

火遊びですが、海で集まって焚き火をしてみたり、花火をたくさん持って走ってみたり。

色々な火遊びは若い時にはなぜかしてしまうものです。

これも若気の至りと言えるでしょうし、大人になったらしないことですね。

でも、もしかしたらいい思い出もあるのではないでしょうか?

友達と花火でふざけあって、今思えば危ないことでも、バカだったなーと思えることもあると思いますよ♪

全てが間違いではないと思います。

きっとその時間は嫌なことを忘れていたり、楽しい時間が流れていたなら、少し子供だった自分を認めてあげてもいいですよね♪

恋人とペアリング

若気の至りで、恋人とペアリングを買うこともあるでしょう。

こちらは可愛いもので全然アリだと思います。

憧れていてすることもあるでしょうし、お揃いのものを彼女や彼氏と使うことは嬉しいことです。

でも中には大人になってからペアリングをする感覚とは少し違うのかもしれませんね。

若い時はそれをすることが嬉しくてしていることもあると思いますが、大人になるとその人を感じていたいからだと、何かが違ってきます。

ペアリングをすることよりも、大切に思っている人を感じることが何よりなんですね♪

そして大人になって振り返ってみると子供の時は、ペアリングに憧れていてしていたのかな?と少し思うこともあるかもしれません。

ディズニーでペアルック

ディズニーランドなどに行くと、カップルの場合ペアルックを着るのがいい!と若い時は思いますよね♪

二人でお揃いの衣装を着たり、被り物をしたり、本当に楽しいと思います!

しかしどんどん歳を取ると、そんなことが恥ずかしくなっちゃうのですね。

そんな時にふと思い返してみると自分若かったなーと愛おしく感じられると思います。

こんな若い時もあったんだなと愛おしむことができるかもしれません。

若気の至りのいい例だと言えますよね♪

でも大人になっても好きな人とそんなことをするのは、楽しいでしょうし、また可愛い二人になれるのではないでしょうか?

若い時だけではなくて、今もペアルックをしたりして、また仲良しになることもいいと思いますよ♪

無計画の旅行

計画をちゃんと立てずに旅行に行くことも、若い時にはたくさんありますね!

ここまでどれだけ時間がかかって、どこに行くかなど、そんなことをあまり考えないことでしょう。

それは若い時には楽しいことでもあって、友達や恋人とそんな旅行をするのも悪くないでしょう♪

でも大人になると計画は立てるようになりますし、それをしないとリスクがあるのが分かっているのですね。

そうなると昔無計画の旅行をしていたことが懐かしく思えて、また若かったなーと思えるのです。

計画をしなくて、時間がとてもかかったり、お金も体力も使っちゃったり。

でも大人になって振り返ってみると、それはそれでいい思い出かもしれませんね♪

しかし、若いあなたは旅行に行く時は特に、お金や安全面には注意しましょうね!

クラブやバーなど若い子が集まる場所に行く

男子の若い時によくあるのが、クラブやバーなど若い子が集まる場所に行くことです。

誘われて行くことや自分から進んで行く人もいますね。

男の子なんで仕方のないことかもしれませんが、若い内にしかしないことでもあります。

大人になるとそんな所にいきたいと思わなくなる人もいて、昔は若かったなーと思うこともあります。

また少し笑えるようなこともあったり、でも反省をしていることもあったり。

色々な誘惑がある所だからこそ、そして若かったからこそ、そんな失敗があり反省をして成長していくんですね。

若気の至りでも反省をすることから成長できるので、もしかしたら失敗をすることは意味があるのかもしれません。

楽しいことも辛いことも若気の至りがゆえ。

そんな風に思えたら少し楽になることもあると思いますよ♪

記憶を無くすまで飲みまくる

こちらも若気の代名詞と言える、記憶を無くすまで飲みまくることです。

若い時はまだまだ元気で、遊びたい気持ちが強いので、お酒を飲んで酔っ払うことが大好きです。

その中でも勢い余って、たくさんお酒を飲むこともあるでしょう。

そして記憶までなくなるほど飲んでしまうこともあるので、いい思い出だと言えますが、反省もした方がいいかもしれませんね!

まず危ないです!体もそうですし、周りの人に迷惑をかけてしまうことでしょう。

財布を無くしたり、鍵が見当たらなくなったり、そんなことは若い内に経験したのであれば、もう控えましょうね。

また若い人も、危険なことがたくさんあるので、お酒はほどほどに飲むことを大切にしてくださいね!

若気の至りで注意したいこと

たくさんの若気の至りについて、あるあるなことを紹介してきました!

いい思い出になることもあれば、取り返しのつかないこともあることが分かりましたよね。

そんな若気の至りですが、やっぱり注意したいことがあります。

ここではその点を紹介しているで、若いあなたはぜひチェックしてみてください♪

きっとあなたの今後に活きてくると思うので、よく見てくださいね♪

20代中盤まで

まず若気の至りという言葉で済むことは、ずっと続かないことを知りましょう。

若い時はどうしてもバカなことや間違ったことをしてしまうこともあるでしょう。

人間なので、そんなことをしない人はそうそういません。

しかし、その言葉にずっと甘えていては本当に取り返しのつかないことになることもあります。

若気の至りを続けている人は周りから嫌われたり、見放されたりします。

そして、ずっと誰かを苦しめ続けることにもなるのですよ。

なので、若気の至りで許されていることがあったのであれば、それはせめて20代中盤までが限界でしょう。

それを超えてまだアホなことをしていると、もう一人になりますし、犯罪者にだってなりえます。

本当にそれは自覚して、自分が今何歳なのかをしっかりと把握しておきましょう!

SNSに上げないように

若気の至りというものは誰にでもありえることです。

しかし、最近ではSNSが発展していて、その行為などが明るみになったりします。

そうすると少し前までは、「まあまあ」で終わっていたことが、明確になってしまい指摘や処罰をされてしまいます。

大人もそれをせざるを得ません。

犯罪などを隠すということではなくて、少しくらいのやんちゃなら別に人に言う必要はないのです。

迷惑をかけずに遊んでいたり、楽しんでいたりすること自体はいいことですよ♪

また恥ずかしい写真や自分のことをあげすぎると、あとで恥ずかしくなるので、アップしないこともいいですね!

でもそれもいい思い出になる時がくるかもしれないので、存分にSNSは活用していきましょうね♪

一緒にいる人のことも考える

若気の至りで、勢いがあって色々なことをしてしまう場合、一緒にいる人のことも考えて見ましょう。

自分の勢いでやった行動が、一緒にいる人からしたら迷惑になっていないか。

また不快な思いをさせていたり、傷をつけていないか。

そんなことを若いうちでもきっと考えられることもあると思います。

この記事を見てくれたなら、少しでも周りの人を考えて、そして勢いで行動をしたりしすぎないように心掛けてみてくださいね!

若気の至りで他人に迷惑をかけないように!(まとめ)

若気の至りについて、詳しく紹介してきましたが、いかがでしたか?

今この記事を読んでいるあなたが大人の場合、少し懐かしい気持ちになったのではないでしょうか?

辛かったことも楽しかったことも、若気の至りだったと少し思えたらいいと思います。

また若いあなたは、これをみて本当に後悔しないと思えますか?

おそらく無理でしょう。

後悔無くして、人生を過ごすことは不可能です。

でもだからといって、自分がしたいことをしないのは勿体ないと思うので、思いっ切り生きてみてくださいね♪

そして何より、そんな時には周りの人に迷惑をかけないように注意してください!

きっと迷惑はかけることになるでしょうが、それでも心掛けることで、少し変わって行くと思いますよ♪

若い内にしかできないことはたくさんあるので、今のうちにしたいことをしてしまってもいいでしょう!