今の時代は昔の時代と比べて様々な便利な商品が身近にありふれていると思います。

今の時代は昔と違ってスピード感のある時代にもなっていますので、新しい商品が販売されたと思いきや、あっという間にそれが廃れてさらに新しい商品が生み出されるような時代になっています。

ついこの間まで新しいと思っていたようなものが気づけば古いものになっており、その商品の上位互換と呼ばれるような商品が生み出されたりするようなことは珍しいことではありません。

消費者にとってみればそれは考え方によっては嬉しい考え方かもしれませんね。

なぜならば、どんどん新しい便利な商品が販売される事によって、便利な物があふれて、生活がより豊かに変化するようになってくれるからです。

しかしながら、企業によってはこれはとても厳しい環境になっていると言えます。

なぜならば、企業は自社の商品をたくさん販売して利益を上げてなんぼなので、自分の商品の上位互換の商品が生み出された場合、自社の商品の売り上げが落ちてしまうからです。

そう考えると、企業が生き残っていくためには相当な企業努力をしていかなければいけないということがすぐに理解できるはずです。

つまり、自社の商品を売るためにはどうすれば良いのかということを常に考えながら会社は毎日戦い続けているのです。

では、どうすれば企業が自社の商品を他者に負けずに販売できるのかと考える時、かならず避けて通れないのが付加価値です。

なぜならば、付加価値がないと自社の商品は購入してもらえませんし、付加価値があると商品が売れるようになるからです。

そこで、今回は付加価値をテーマにして、付加価値をつけるために仕事人が気をつけなければいけないことをご紹介していきたいと思います。

️ビジネスにおいて大切な付加価値

ビジネスにおいて付加価値をつけるということはとてつもなく大切なことです。

それは先ほどお伝えしたように、付加価値をつけることによって自社の商品を購入してもらうことができるようになるからです。

そもそも企業が存続していくためにはたくさんの利益を生み出していただければいけません。

利益を生み出す事ができなければ、社員を雇うことができませんし、社員を雇うことができなければ、そもそも労働力がなくなってしまいますので、相対的に利益を生み出す力自体もなくなってしまうのです。

そうなってしまうと、もう倒産しかありません。

なので、企業はいかにして自社の商品を付加価値を付けて売り出すかという事をとても重要視しているのです。

そして、それに対して私たちも知らず知らずのうちに付加価値によって商品を選択してしまっているというような事実を知るべきです。

私たちは実は無意識のうちに付加価値によって商品を選択してしまっている人がたくさんいるのです。

あまり意識した事がないという方もいるかもしれませんが、かならずと言っていいほど付加価値については意識をしている人の方が多いはずです。

そこで、今回は付加価値とはどういうものなのかという基本的な事を交えつつ、付加価値を生み出すために必要な事を一緒に考えていきたいと思います。

️付加価値とは


そもそも人によっては付加価値とは一体どういうものなのかということが分かっていない方もいるかもしれませんね。

ある程度社会人としての経験を持っている方であれば付加価値という言葉がどのようなものなのかという言葉理解している方が多いと思います。

しかしながら、まだ社会人経験が乏しい方であったり、社会人としての経験をまだしていないような方に関しては付加価値が理解できないのも当然の話です。

そこで、付加価値を生み出す方法をご紹介する前に、付加価値とはいったいどのようなものなのか、どのような意味を持っている言葉なのかという事を中心にご紹介していきたいと思います。

付加価値の意味

付加価値という言葉に関しては一般的にはビジネスの場面で用いられるようなことが多い言葉ではあるのですが、言葉の意味を知っていくにつれてそれがビジネスのため以外にも通じる役立つ考え方になるということがわかるようになるはずです。

ビジネスのため以外でも基本的な物事の考え方の中で必ず役に立つような性質も持っていますので、まだ社会人として働くような年齢ではないような方でも、付加価値がどのような意味を持っておりどれくらい大切なことなのかということを知っておくだけでも全く今後の人生の考え方は変わるようになると思います。

これを早い段階で知っておくことによって人生を成功させることにもつながる可能性があります。

少し大げさにお話をしているかもしれませんが、考え方によっては本当に人生が変わるレベルで大切なことになります。

なので、まだ社会人として働く年齢ではないから身につけておかなくてもいいやというような考え方は持たないようにしてください。

逆に早い段階で知ることができて自分は幸運だと思ってもらうくらい、大切な考え方になりますのでこれをきっかけに、まだ付加価値という言葉を理解していない方は付加価値という言葉や考え方を知るきっかけとして利用してください。

企業が生産によって生み出した価値


付加価値という言葉がどのような意味を持っているのかと考えた時に、付加価値という言葉の意味は「企業が生産によって生み出した価値」というような意味を持っている言葉です。

これだけの意味を考えてみると、ちょっと意味が分かりづらいと感じる方もいるかもしれませんね。

企業は自分たちが存続するために何かしらの商品やサービスを様々な人間や会社に対して販売する事で利益を得ています。

そして、商品やサービスを売る為には、独自でその商品やサービスなどを開発していかなければいけませんよね。

そうなった時に、その企業独自の商品やサービスを作り出すということにつながります。

その商品やサービスを作り出す過程の中で、その企業ならではの何かしらの価値が生まれているのであれば、それが付加価値であると考えることが出来るのです。

もっとわかりやすく言えば、例えばコーヒーカップを作って販売しようと思った時に、ただのシンプルなコーヒーカップを生み出すのであれば、他の企業と同じような商品になってしまうでしょう。

しかし企業オリジナルのマスコットキャラクターをデザインしたものにすれば、+100円で販売することが出来たとします。

そうなると、自社の付加価値としてマスコットキャラクターの100円が存在すると考えることが出来るのです。

総生産額から生産のために消費した価額を差引いた額

付加価値という言葉に関してはそれ以外にも意味が存在しており、それ以外にどのような意味があるのかと言いますと「総生産額から生産のために消費した価額を差引いた額」というような意味も存在しています。

これも少し意味を理解するのは難しい言葉かもしれませんね。

具体的にどのような意味を持っているのかと考えてみると、例えば先ほどご紹介したマスコットキャラクター入りのコーヒーカップを200円で販売していたとします。

しかしながらそのコーヒーカップを生み出すために当然ながらある程度のコストがかかるようになりますよね。

考えられるコストとしては商品の材料代であったり、加工代金であったり、人件費などなど…様々な費用が感がられます。

それらをすべて合算した金額を最終的に販売している200円から引いたものに値する金額の事を意味しているのです。

つまり、生み出すために必要なコストがすべて合わせると50円だった場合、200円から50円を引いた150円が付加価値であると判断することが出来るのです。

ビジネスシーンでよく見られる使い方

付加価値という言葉に関しては一般的な日常生活を送っている場面ではなかなか見たり聞いたりすることが少ないような言葉になると思います。

だからこそ、社会人経験が乏しいような方に関しては付加価値という言葉自体を聞いたことがないような方がいても不思議ではないのです。

しかしながら、ビジネスのシーンにおいては付加価値という言葉はとても使用頻度が高い重要性のある言葉など考えられます。

なぜならば先ほどから何度もお伝えしている通り、企業が生き残っていくためには自社の商品を周りの企業の商品と比べて付加価値をつけていかなければ、生き残っていくことができないからです。

では、ビジネスシーンにおいてどのような使い方で付加価値という言葉は用いられているのかという事についてご紹介していきたいと思います。

まだ社会人経験がない方や、もうすぐ社会人デビューをするという方には絶対に頭に入れておいたほしい知識になりますので、付加価値の基本的な求められ方を身に付けるようにしてください。

付け加えられた価値のこと

ビジネスシーンでよく見られる付加価値という言葉の使い方としては「付け加えられた価値」という意味として使われています。

これは先ほどご紹介した通りですが、その企業ならではの付け加えられるような価値という事です。

つまり、その会社だからこそ付け加えられるような独自の価値をつけて商品を開発して行かないといけないというような考え方です。

自分価値の会社だからできるようなことが価値になるわけであって、自分たち以外の会社でできるようなことを取り入れたところでそれは価値にはなりませんよね。

同じような価値ではなく、独自の価値を取り入れる事でその企業の価値は上がっていくものです。

しかし、これが最も難しい所になるもの確かです。

これが簡単に出来れば倒産するような企業はここまで多くは存在しないでしょう。

やはり、どのように価値を作っていくのかという所が一番重要であり、一番難しい問題になり得ます。

ビジネスの場面では、常にこの問題と戦い続けていると言っても過言ではないでしょう。

ビジネスの場面では主にこの使い方で解釈されている方が圧倒的に多い事を理解してください。

️仕事人が付加価値をつけるために気をつける7個のこと

付加価値という言葉の基本的な意味を理解いただけたと思いますが、付加価値を生み出していくということはとても難しいことなのです。

なぜならば、既にそのアイデアが使われてしまっているような場合などもたくさんありますし、真似することが出来ないような圧倒的な価値が存在している場合なども考えられるからです。

しかしながら、だからといって諦めていてはいつまでたっても進化することができませんよね。

そこで、ここからは仕事人が付加価値をつけるために気を付けなければいけない基本的なことについて、ご紹介していきたいと思います。

これを意識することによって、より優れたアイデアを生み出せる可能性が考えられますので、場合によってはとても魅力的な付加価値を作り出すことが可能になる場合もあります。

なので、社会人として活躍している方の中で、今まで付加価値について真剣に考えた事がない方は、付加価値についてより意識できるように潜在意識の中に刷り込むようにしてください。

そして、社会人の方だけではなく、学生の方にもこれは知って頂きたいポイントであると考えてください。

なぜならば、これはビジネスの場面だけではなく、自分の魅力を引き上げる考え方にも通じる大切なポイントになります。

例えば、自分という商品を就職活動という戦場の中でいかにアピールすることができるのか、というような考え方のヒントにもなりうるものになりますので、色々な場面を想定して、それを交えながら考えてみるとより視野が広くなったり、思考が深まったりすると思いますので、それも考慮して大切な一つの新しい考え方として取り入れるようにしてみてください。

コンセプトを考える

まずはじめにご紹介する仕事人が付加価値をつけるために気をつけることは「コンセプトを考える」ということです。

なぜコンセプトを考えることが付加価値をつけるために大切なことになるのかと考えた時に、きちんとコンセプトを考えた上で付加価値をつけてあげないと、付加価値としてうまく機能しない可能性があるからです。

具体的にどのような意味なのかと考えると、自分たちの商品は何をウリにしたいのかという事を考えなければいけないのです。

例えばあなたがハンバーガーを作って販売しようと思った場合に、もしも早く提供する事にこだわっているのであれば、付加価値として付けるには味や価格の安さなどを追及した方がはるかに価値が生まれます。

それなのに、見た目を良くしようという付加価値に着目した所で、提供までの時間が余計にかかってしまうのであれば、それは付加価値としてのコンセプトから外れてしまっているのです。

それならば、見た目の綺麗さよりもメニューの充実であったり、もっと味がおいしくなるような工夫に力を注いだ方が元々のコンセプトの邪魔もしないですし、魅力も上がるのです。

このようにきちんとコンセプトを守った上で付加価値を考えてつけないと、相反するような関係性になってしまったり、そもそもニーズに合っていないようなものを生み出してしまい兼ねないのです。

なので、仕事人が付加価値をつけるために気をつけることは、まず初めにゆるぎないコンセプトを考えなければいけないということです。