CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

先輩に好かれる後輩の6個の共通点!気に入られるのには理由があった

なぜか先輩に好かれている人っていますよね。

先輩に気に入られたいと思っている人は多いのではないでしょうか?

この記事では、先輩に好かれる後輩の共通点をご紹介していきます。

今までどうも先輩とうまく関係を作る事が出来なかったという人は、是非参考にしてみてくださいね。

この記事の目次

先輩に好かれる後輩って?!

先輩というだけで、話しにくかったり近寄りがたい印象を持ってしまう場合もあります。

しかし先輩も、人間です。

上手に距離を詰める事が出来れば、いい関係を作っていく事が出来るはずです。

先輩といい関係を作っていく為に必要な事は、まず先輩から好かれる事です。

先輩から嫌われている後輩がいい関係を作れるわけがありません。

どんな出来た人だとしても、自分が嫌いな後輩に対して目をかけてあげようとは思わないはずです。

例え先輩の事が本当は好きではなかったとしても、相手に好かれるだけでメリットは沢山感じる事が出来るはずです。

早速今日から先輩に好かれる後輩になりましょう。

先輩に好かれる6個の共通点!こんな後輩は好まれる?

先輩に好かれる後輩には、いくつかの共通点があります。

その共通点を知る事によって、今後どんな対応をしていけば良いのかを理解することが出来るでしょう。

先輩に好かれる自分になりたいと思うのであれば、自分を変えるキッカケになるかもしれません。

是非参考にしてみて下さい。

1.先輩の意見を素直に聞く


先輩に好かれる後輩は、先輩の意見を素直に聞くことができます。

例えば、先輩から「こうした方がいいんじゃない?」「このやり方の方が先方のお客様も喜んでくれると思うよ」というアドバイスされることがあるでしょう。

そんな時、「自分には自分のやり方がある」と拒否せずに、「そういうやり方もあるのか」と素直に自分の中に取り入れることができるのです。

そして、その先輩の意見を聞いたことによって仕事が上手くいき、先輩もそれを見て嬉しくなります。

先輩は成長できた後輩を見ると、「もっとフォローしてあげたい」「困っているときには助けてあげよう」と思うのです。

言い訳をしない

先輩の指摘に対して意見をしたり、言い訳をしたらどうでしょうか。

その意見が正しかったとしても間違っていたとしても、先輩が良い気持ちになる事はないでしょう。

言い訳をして自分のことばかり考えている人は、先輩からだけでなく、誰からも好かれることはありませんよね。

好かれる後輩になるためには、自分が間違っていることをしてしまったり、自分のせいでミスが起こってしまった場合、言い訳をせずに素直に謝罪してすぐに改善できるように取り組むことが大切ですね。

2.気配りができる

気配りができることは、先輩に好かれる人に共通する特徴です。

気配りができる人はよく周りのことを見ていて、人の気持ちを考えて行動できるので、どんな立場の人に対しても気配りを忘れません。

それに気配りが出来る人がいてくれると、それだけで一緒に居る人は居心地のいい空間を維持する事ができます。

一緒に居て楽しい・気が楽になる、そんな事を感じる事が出来る人が傍にいてくれる事は、とても心強いものです。

もし、自分の後輩がそんな人だったら、おのずと気持ちも前向きになるはずです。

3.聞き上手

多くの人は、自分の話を聞いてほしいと思っています。

誰かに自分の話を聞いて褒めて欲しい、尊敬してほしい、そんな風に思っている事もあるでしょう。

そんな時に必要となるのが話をしっかり聞いてくれる後輩です。

そんな相手がいる事によって、自分の気持ちを満足させる事が出来るのです。

先輩は後輩に話したがる

先輩とは、後輩に対して常に上の立場でありたいと思っています。

例え実際には全く力の差が無く、むしろ後輩の人の方が優秀だったとしても相手より上でいたいというプライドがあります。

そのため、自分の美談や実績をつい後輩に自慢してしまうのです。

そしてその自慢話を聞くことも、後輩の役割の一つです。

聞き上手な後輩には、事あるごとに報告をしてくるかもしれませんね。

それは気に入られている証拠でもあるので、笑顔で聞いてあげましょう。

笑顔で話しを聞ける

相手がニコニコ笑顔で聞いてくれたら、誰でも嬉しい気持ちになりますよね。

笑顔で話しを聞いてくれる後輩は、とても話しやすい空気を出してくれています。

そのため、先輩も気持ちよく話をする事が出来るのです。

4.優しい

優しい事は、後輩に限らず人間として必要な素質です。

それがある事によって周りから好かれることは間違いありません。

後輩が優しいと、一緒に居る先輩は癒しを感じる事が出来るでしょう。

何か困った事があったら頼りにする事が出来るかもしれません。

『先輩』というと、なんでも頼りになり後輩を守ってくれるような気がするものです。

けれど、先輩だって時には落ち込んだり悲しくなったりする事もありますよね。

誰かに支えられたいと思う事だってあるでしょう。

実際に先輩を分かりやすく支える事はないかもしれません。

けれど、いざという時にそんな後輩がいると思うと、先輩の心は救われているのかもしれませんね。

先輩に限らず同僚にも

先輩にだけ優しい人は、単に媚びを売っていると思われてしまい、そこまで好かれることはないですよね。

周りから見ても好かれようとしているのが見え見えです。

本当に好かれる後輩は、先輩だけに限らず同僚や自分の後輩にも優しく接することができるのです。

誰にでも平等ということですね。

それができる人は、誰からも信頼されて好かれるでしょう。

5.積極性がある

可愛い後輩というと、自分のいう事をなんでも聞いてくれる素直な人を想像するかもしれません。

ですが、それだけではないのです。

後輩の消極的な態度が扱いにくいと感じる人もいます。

自分の意見を言ってこない後輩は、見方を変えると自主性が無くやる気がないように見えてしまうのです。

先輩の事を思ってあえて静かにしていたとしても、それがかえって先輩からの印象を悪くしている場合もあるということですね。

そのため、適度に積極性を持つ事は大切でしょう。

自分のやりたいことや、意志を持っているのであれば、それを相手に伝える事は悪いことではありません。

文句や言い訳は聞きたくありませんが、「私はこう思っています」とはっきり自分の意見を
伝えることで、お互いの為に良い環境を作ることにも繋がります。

思っている事を相手に伝えるのは、出来るようでそう簡単な事ではありません。

それが出来るように努力する事が大切なのです。

物事に興味や関心を持っている

積極的に行動する事が出来るという事は、それだけやる気を持っているという事を相手にアピール出来ます。

全くやる気のない人に何かを教える気にはなりません。

もし先輩から指導される立場なのであれ、出来るだけやる気をアピールしましょう。

分からないことは積極的に先輩に聞く

分からない事を相手に聞く事は悪い事ではありません。

聞く側としては、少々聞きにくいと感じる事もあるでしょう。

相手の話の腰をおるような真似をしてはいけないと思い、遠慮してしまう事もあるかもしれません。

けれど、それはこちらが勝手に思っているだけの場合もあります。

先輩からすれば、質問される事は嬉しいかもしれないのです。

質問される事によって、相手の意欲を感じる事が出来るでしょう。

同じ事を何度も聞かれては気分が悪いかもしれませんが、そうではない場合にはそれほど嫌な気持ちになる事はないはずです。

むしろ前向きな行動をする後輩をかわいいとさえ感じるかもしれませんね。

6.仕事に対して熱心

仕事に対して熱心な事はいい事です。

仕事が出来ない後輩だとしても、やる気があるかどうかによってその印象は変わります。

一生懸命でやる気はあるけれどなかなかうまくいかないのなら、先輩がアドアイスやフォローをしてくれるはずです。

やる気があるからいずれは出来るようになるかもしれないと期待してくれているかもしれません。

そんな希望を持つ事が出来る後輩が大切なのです。

先輩が言ったことを覚えている

先輩の話を覚えておく事は、仕事を習う上で当然の事です。

何度も同じ事を注意されたり質問していると、関わっている先輩から嫌な目で見られてしまう事もあるかもしれません。

相手の印象をよくする為にも、相手の話をしっかりと聞いてメモをとるようにしましょう。

行動に移す

相手の話を理解しているかどうかは、その後の行動にかかっています。

実際は理解しているのにも関わらず、何も行動しなければ理解できていのと同じです。

相手にきちんと自分の理解度を示す為にも、行動に移せる後輩は先輩から評価してもらえるでしょう。

後輩に好かれる先輩の4個の特徴

好かれる後輩がいるという事は、同じように好かれる先輩がいるという事です。

好かれる後輩を目指していると、いつの間にか立場が変わっている事があります。

自分がいつの間にか先輩になっているのです。

後輩として好かれる人と、先輩として好かれる人は恐らくタイプが違うでしょう。

ではここからは、後輩に好かれる先輩の特徴についてご紹介していきます。

1.後輩からの質問に真剣に答える

後輩からの質問に真剣に答えてくれる先輩は、いつも頼りにされ、後輩から尊敬されるでしょう。

後輩から好かれる先輩は、どんなに忙しくても後輩に頼りにされたら放っておけません。

「ごめん、今手が離せないんだけど、後で教えるね。」と、その場では答えることができなくても、きちんと時間をとって対応してくれます。

2.後輩に気を使う

後輩から好かれる先輩は、相手の事をきちんと一個人として尊重することができているのです。

後輩だからと言って、自分の好き勝手に相手の事を相手にしていると嫌われる事は目に見えています。

3.頼れる

後輩からすると頼れる先輩が一人いるだけで安心できます。

先輩だからといって、みんながみんな頼れるわけではありません。

自分のことで精一杯の人もいれば、後輩に教えることは時間の無駄だと思って対応してくれない人もいるでしょう。

そんな中、困っていると助けてくれたり、わからないことは一から教えてくれたり、時には叱ってくれたりと、自分に向き合ってくれる先輩がいたら心から尊敬するでしょう。

4.きちんとした指導ができる

社会人として先輩になるのであれば、きちんとした指導が出来る事が大切です。

後輩がミスをしたときは、何が原因かを一緒に考え、その対策をしっかりと考えてあげましょう。

大人なんだからできて当たり前と思わず、きちんとした指導ができる人は後輩からも尊敬されますし、自分自身も仕事ができる人なのでしょうね。

先輩から好かれる後輩でいたい!

先輩と関わりを持たなければならないのであれば、好かれた方が良いに決まっています。

そのためには、自分の行動を意識して先輩に好かれる後輩を目指してみましょう。

先輩に好かれる後輩を目指すからと言って、自分の意見を全て押し殺す必要はありません。

あくまでも先輩を立てているような行動を取ればいいだけなのです。

素直でまじめな後輩になる事も大切ですが、時にはしたたかに相手を気持ち良くさせる行動を意識してみるのも大切なポイントなのかもしれません。

ページトップ