幼いうちは、同年代の友達ばかりとかかわりを持って過ごす事が多くなります。

だからこそ、年下・年上という観点で物事を考える機会が少なく先輩後輩という感覚も少ないのでしょう。

自分と近い人々と過ごす事は気が楽な部分も多々あります。

余り多くの事を考える必要が無いので、気軽に一緒に楽しい時間を過ごす事が出来る事でしょう。

しかし、それだけでは人間は成長する事が出来ません。

人として成長する為には、時にはめんどうな人間関係を経験する必要があるのです。

その最たるものが先輩・後輩などの上下関係です。

慣れない人から見ると、上下関係に縛られる事は決して居心地がいいものではありません。

面戸だと感じる事も多い事でしょう。

だからこそ、自分が好きな人とだけ関わって生きていきたいと思うことも多々あるはずです。

けれど、人生を生きていく中ではそうはいかない部分も多々あります。

いくら自分が好きな人とだけと付き合って生きたいと思っていたとしても、それが出来ない場合も多々あるのです。

そんな時、いかに好きでもない人とうまく人間関係を作っていく事が出来るかどうかは、日ごろのコミュニケーション能力にかかっています。

先輩・後輩の関係を上手に作る事が出来る人は、自然とそれらの力も磨く事が出来るでしょう。

どうせ人間関係を学ぶ為にも先輩・後輩の関係性を作らなければならないというのであればいい関係を作っていきたいものです。

もし先輩とかかわるのであれば、好かれた方が良いに決まっています。

そこで今回は、先輩に好かれやすい後輩の特徴をご紹介させていただきます。

今までどうも先輩とうまく関係を作る事が出来なかったという方は、先輩が求めている後輩になる事が出来て否たかったのかもしれません。

何も先輩のいう事を全て鵜呑みにする必要はありません。

間違っている事は否定したとしても問題はないはずです。

ですが、同じ話をするにしても、相手に素直に聞き入れてもらう事が出来る言い方とそうではない言い方があるはずです。

そのちょっとした差を身に付ける事によって自分の立場を大きく変えるきっかけをつかむ事が出来るかもしれません。

今後の自分の生活の為にも、ぜひ今一度対応方法を考えてみてはいかがでしょうか。

先輩から好かれている?先輩に好かれる後輩って?!

『先輩』とは雲の上のような存在です。

特にまだ学生のうちは1つ年齢が上なだけでもとてつもなく上の存在だと感じていた事でしょう。

それは社会に出ても変わる事が無く、より大きな年齢の差を感じさせる先輩もいる事から、より『先輩』というものの存在感を感じさせることとなるはずです。

だからこそ、つい話しにくかったり近寄りがたい印象を持ってしまう場合もあります。

しかし先輩も、勿論人間です。

だからこそ、上手に距離を詰める事が出来ればいい関係を作っていく事が出来るはずです。

先輩といい関係を作っていく為に必要な事は、まず先輩から好かれる事です。

先輩から嫌われている後輩がいい関係を作れるわけがありません。

どんな出来た人だとしても、自分が嫌いな後輩に対して目をかけてあげようとは思わないはずです。

だからこそ、自分が好意を持っている人にこそ優しくしたり便宜を図ったりするものです。

その為、まず先輩に好かれる事が大切です。

先輩に好かれる為にはいろいろな方法があります。

それらを意識して行動するだけでも先輩からの支持を得る事が出来るかもしれません。

依然と同じ行動ととっていたとしても、先輩に好かれる場合もあるのです。

だからこそ、自分の行動はもちろん相手にいかに好かれるかを意識する事はとても大切です。

例え先輩の事が本当は好きではなかったとしても、相手に好かれるだけでメリットは沢山感じる事が出来るはずです。

だからこそ、先輩の好かれる後輩になりましょう。

▼【関連記事】先輩に気に入られるための処世術はこちらの記事を先にチェック!
先輩に気に入られるための11個の処世術

先輩に好かれる6個の共通点!こんな後輩は好まれる?

先輩に好かれ、良い人間関係を作る事はとても大切だという事が分かっていただけたはずです。

長い人生を生きていく為には、コミュニケーション能力を身に着ける事もとても大切な事です。

そう言った意味でも先輩・後輩の中で学ぶ事が出来る事は沢山ある事でしょう。

だからこそ、先輩に好かれる行動を意識して取る事は大切です。

先輩に好かれいる後輩には、いくつかの特徴があります。

その特徴を知る事によって今後どんな対応をしていけば良いのかを理解することが出来るでしょう。

先輩に好かれる自分になりたいと思うのであれば自分を変えるキッカケになるかもしれません。

是非参考にしてみて下さい。

1.先輩の言うことを素直に聞く


「先輩」と言えど所詮は人間です。

ましてや学生の頃など、本当は先輩と後輩にそれほど大きな差は無いのでしょう。

だからこそ、あえて自分の力を誇示したいという所もあふのかもしれません。

だからこそ、自分の強さや正しさをアピールしたいなんて事もあるのかもしれません。

その為、自分の話を聞いてくれる人が良いという思いが強くなるものです。

自分が出す意見に対して、あれこれ文句を言ったりしてくれば可愛いという気持ちを持つ事は無いでしょう。

ましてや正論で論破されるような事があればますます立場が無くなり相手の事が嫌いになってしまうこともあるでしょう。

だからこそまずは相手のいう事を素直に聞くという事が大切です。

後輩からしてみてもなんでも間でも先輩のいう事を聞く事に対して納得がいかない場合もあるでしょう。

自分の意見を通してみたいと思ってしまう場合もあるかもしれません。

けれど、それで下手に自分の意思を相手にアピールして、嫌われてしまっては意味がありません。

狭い世界の場合には、嫌われた事によって生活しにくくなってしまう場合もあるかもしれません。

時にはかわいい後輩を演じた方がすべてがうまくいく場合もあるのです。

だからこそ、自分の意思を持つ事は大切な事ではあるものの、相手の意見を受け入れる事も必要な場合もあります。

言い訳をしない

先輩とは、実に理不尽な生き物です。

もちろん、人によっては尊敬する事が出来るような素晴らしい人と出会う事が出来る場合もあるでしょう。

けれど、そうではない人も沢山いるものです。

年齢が上だというだけで威張り散らすような人だっているかもしれないのです。

だからこそ、そんな人に対しては、つい意見を言いたくなってしまう気持ちも分からないではありません。

けれど、そうする事によって、結果的に自分の立場を悪くしてしまう事がある事を忘れてはいけません。

もし、先輩の指摘に対して意見をしたり言い訳をしたらどうでしょうか。

その意見が正しかったとしても間違っていたとしても、先輩が良い気持ちになる事はないでしょう。

もしろ嫌な気持ちになったりしてあなたの事を嫌いになってしまう事もあるかもしれません。

まだ成長過程の思春期の先輩からすると、嫌な態度を取られてしまう事だってあるかもしれないのです。

そうなってしまっては好かれるどころか嫌われる事は目に見えています。

可愛い後輩とは、自分の事を尊敬して立ててくれる人の事を言うのかもしれません。

それがいい事なのかどうかはわかりませんが、結局人の心などそんなものなのかもしれません。

だからこそ、時には自分の気持ちを押し殺し、相手の意見を尊重する事もかわいい後輩になる為には必要な事なのかもしれません。

それが嫌だなと感じる人は、自分が先輩になったときには様々な意見を受け入れる事が出来るような優しい人になる事が出来るようになる事が大切なのかもしれないですね。

2.気配りができる

気配りが出来る人が居てくれると、それだけで一緒に居る人は居心地のいい空間を維持する事が出来るようになります。

一緒に居て楽しい・気が楽になる。

そんな事を感じる事が出来る人が傍に居てくれる事は、とても心強いものです。

だからこそ、自分の後輩がそんな人だったらおのずと気持ちも前向きになるはずです。

可愛いと思うきっかけににもなる事でしょう。

気配りが出来るというと、つい女性を想像してしまうものです。

それがモテる条件として男性から良くアピールされる事だからかもしれません。

けれど、気配りが必要なのは何も女性だけではありません。

男性だって同じように気配りをする事は大切なのです。

また、気配りをする相手は自分の身近な人だけだとは限らないのです。

自分の先輩に対して、気配りの出来る人はより気に入られるはずです。

一緒に行動する人が、わがままな行動ばかりとっているとどうでしょうか。

嫌な気持ちになる事もあるでしょう。

もっとちゃんとして欲しいとイライラした気持ちになる事もあるでしょう。

好くどころか嫌いになってしまう事だってあるかもしれないのです。

けれど、そうでは無く、自分の事を考えて行動してくれる人は可愛いものです。

何かあったときに助けてあげないという気持ちを持つ事が出来る場合もあるでしょう。

結局人の気持ちなど、お互い様なのです。

だからこそ、自分を好きになって欲しいと思うのであれば、まずは自分が相手の事を好きになり相手の事を思った行動を取るようにしてください。

3.聞き上手


先輩は、基本的に自分の事を後輩に話したがるものです。

特にいい事の場合にはより誇張して相手に伝えようとする人も居るでしょう。

自分がいかに凄いのかを相手にアピールしたいのです。

この場合、本当に尊敬できるような素晴らしい人は相手に対してそんな事はしないものです。

なぜならする必要が無いからです。

そんな事をしなくても、相手が勝手に自分の事を尊敬してくれるのでアピールする必要も無く、そんな事をしないからこそ周りの人から尊敬されていると言えるでしょう。

だからこそ、自分の事を必要以上にアピールする人は裏を返せばそれだけ自分に自信が無く自分の事を見て欲しい。

認めて欲しいと願っている人なのかもしれません。

そんな人の場合の多くは、自分の話を聞いてほしいと願っているものです。

誰か自分の話を聞いて褒めて欲しい・尊敬してほしい。

そんな風に思っている事もあるでしょう。

そんな時に必要となるのが話をしっかり聞いてくれる後輩です。

自分の話をするのではなく、相手の事をしっかりと考えて話をしてくれる。

そんな相手が居る事によって、自分の気持ちを満足させる事が出来るのです。

自分の話をしたい人にとってみると、自分の話ばかりしてくる人は苦手と感じる事もあるでしょう。

もっと一緒すごしたいと感じさせる為には相手に自分と話をする事がたのしいと感じさせる事が大切なのかもしれません。

先輩に好かれる為には、相手の事を考えてまずは気の済むまで話をする事が大切なのかもしれません。

先輩は後輩に話したがる

先輩とは、後輩に対して常に上の立場でありたいと思っています。

例え実際には全く力の差が無く、寧ろ後輩の人の方が優秀だったとしても相手より上で居たいと願うものなのです。

だからこそ、そうなる為にも自分の美談や実績をつい後輩に自慢したいと言う人も居る事でしょう。

後輩からすれば、先輩の自慢話などさほど楽しいものではありません。

本当に素晴らしい人とは、何もしなくても周りが勝手に尊敬するものです。

自分から何も言わなくとも、その噂が広がる事だってあるでしょう。

しかし、そうした事が無く自分からワザワザ言うと言うことはその程度の人だという事なのです。

ですが、残念な事にその程度の人であればあるほどいかに自分を大きく見せるかを考え相手にアピールするような行動を取る事があります。

周りが褒めてくれないからこそ、自分で自分をアピールしているのです。

先輩の自慢話を聞く事も、後輩の役割の一つです。

それすらも仕事だと割り切ってしまえば、それほど負担にもならずに過ごす事が出来るのでは無いでしょうか。

話を100%真剣に聞く必要はありません。

あくまでも聞いて居るように見せる事が大切なのです。

笑顔で話しを聞ける

誰でも自分の話を聞いてくれる人が居るのは嬉しいものです。

ましてやその相手がニコニコ笑顔で聞いてくれていたらどうでしょうか。

ますます嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。

話を聞く態度は人それぞれです。

真剣だからこそ、怖い顔になってしまう人も居るかもしれません。

反対に本当は対して真面目に聞いていないけれど、ニコニコして居るだけで話をしている人をいい気分にする事が出来る人も世の中には居るのです。

どちらの対応が良いかどうかは「、意外と分からないものです。

本当なら、まじめに話を聞いている人の方が先輩から気にそうな気がします。

自分の話を一生懸命聞いてくれる相手に対して嫌な思いをする人などいないと思うからです。

けれど、そうとは限らないのが人間関係の面白い所なのかもしれません。

というのも、怖い顔をして話を聞いている人の事を考えれば、ニコニコ話を聞いてくれる人の方が話をしやすいという事は良くある事です。

先輩としても、本当に話の内容をしっかりと聞いてほしいと思ているのかどうかは微妙な部分もあります。

内容を聞くと言うよりは、自分の話を聞いているそぶりを見せてほしい。

そんな時もある事でしょう。

その場合、話しやすい空気を出してくれるニコニコとした顔をしている人の方が気持ち良く話をする事が出来る場合もあるのです。

先輩に気に入られたいからこそ、まじめに話を聞く事は素晴らしい事です。

いい心がけともいえるでしょう。

けれど実際には意外とそこは重視されていないのです。

『聞いているように見える』『楽しそうに見える』など、結局見た目が大切になる場合が多々あります。

だからこそ、要領よく相手の求める自分を演じる事が出来る自分が出来る事がかわいがられる後輩には必要な事なのかもしれません。