CoCoSiA(ココシア)

陰キャな人に向いてる仕事5選。職業選びのポイントも併せて解説!


「陰キャな性格でなかなか仕事が続かない」「そもそも向いてる仕事が分からない」と悩んでいる方はいませんか?

陰キャな人はどちらかと言うと人とのコミュニケーションが苦手な傾向にあるため、人と接する機会が多い仕事はそれだけでストレスが溜まってしまいますよね。

合わない仕事に就いていると、いずれ心身に不調が訪れてしまう可能性もあります。

そこでこの記事では、陰キャな人に向いている仕事5選と職業選択のポイントについてご紹介していきます。

陰キャで仕事が続かないと悩むかもしれませんが、黙々と集中して作業できるのは同じ職場の人から見ても高ポイントです。

無理なく働くことのできる自分に合った仕事を見極めましょう。

陰キャとは?や特徴については、こちらの記事でも書きました。合わせて確認してみましょう。

陰キャ向けの仕事5選

自称“陰キャラ”の皆さんは自分のことを、どのように評価していますか?自分を陰の存在だと自称しているのですから、あまりポジティブで前向きな自己評価をしている人は少ないように思います。

中には、「どうせ陰キャだから社会には馴染めないよ…」「明るく陽気に人と馴染むなんて無理…」なんてネガティブな考え方をしてる人もいるのではないでしょうか。

でも、安心してください!だからといって働けないということはありませんよ。

誰にでも適材適所というものがあります。

働くために無理して自分を変える必要はありません。

ありのまま自分を活かしながら、楽しく働ける職業を見つけられれば毎日は今よりもっと充実しますよ!

1、工場


「できるだけ人と話したくない!」
「コミュニケーションは最低限を希望。」
「人を相手にする仕事はちょっと…」

こんな人にオススメの職業は、工事や倉庫での作業スタッフ!工場内の仕事と言っても、仕事はいろいろとあります。

例えば、通販サイトや小売店の在庫を管理する倉庫では商品の梱包やピッキング・仕分け・出荷など、荷物を扱うお仕事があります。

商品リストを見ながら工場内にある棚から必要なアイテムを集めたり、商品をプチプチで丁寧に包んだり、伝票の数と商品の数が合っているか検品したりと、非常に単純明快な業務内容です。

はたまた、お弁当や惣菜を扱う食品メーカーの工場では、お弁当のパック詰めをしたり、おかずの野菜をのせたりする仕事もあります。

他にも、機械系を扱う工場では、手先や専用の工具を使って精密機器を組み立てるなど、細かな作業を黙々とおこなったり、ルーペで商品の状態をチェックするような緻密な仕事を任される場合もあります。

扱う商品や工場の規模によって、仕事の内容や難易度は異なります。

1人で地道に作業ができる

倉庫や工場での仕事をオススメする理由は、上記で紹介した業務はほぼ全て個人作業だからです!仕事をスタートしてしまえば、後はもうひたすら自分との戦い。

リスト通りor手順通りにコツコツ黙々と作業することになるため、人と話したりコミュニケーションを取ることはほとんどありません。

会話といえば最低限の挨拶や困った時に質問する程度のものです。

職種によっては、社内や部署間のコミュニケーションが必要不可欠でチームワークが大切になる職場もありますが、工場はそれぞれ配属されたポジションでの働きが独立しているので、必要以上に周りとの関係を深めずともOK!

また工場の仕事は最初のうちに一連の流れを覚えて、ある程度慣れてしまえば、そこからは基本的にずっと同じ作業の繰り返し。

どんどん新しいサービスや品物が入ってくる店舗の販売やコールセンター等では、定期的に研修や勉強会を開いて新しい知識を吸収しなければいけませんが、工場は滅多に扱う商品や部門が変わりません。

業績や売上を気にしたりする必要もないので、やるべき事は実にシンプル!任されたセクションにおいてルールを厳守し、機械のように作業に没頭していれば時間はあっという間です。

あまり人と接することが好きでない人や複雑な作業をしたくない人も、これなら許容範囲ではないでしょうか!しかも工場勤務は深夜帯のシフトもあるので、満員電車に乗りたくない、人の多い昼は出掛けたくない…という人も問題解決です。

2、清掃員

「掃除をするのが好き!」
「大人数で過ごすのが苦手…。」
「コツコツ作業が得意です!」