「陰キャな自分に向いている仕事ってどんなもの!?」…仕事選びに迷走している自称“陰キャ”の皆さん必見!

今回は“陰キャ”と呼ばれるタイプの人にスポットを当てて、おすすめの職業をピックアップしてきました。

今の仕事を辞めたいと思っている人、なかなか仕事が決まらない人、自分に合う仕事を見つけたい人…ぜひこの記事を読んで、新しい第一歩を踏み出してみてください。

陰キャでも仕事ができる!?

自分自身のことを“陰キャ”だと思っている人。

周りから“陰キャ”のレッテルを張られてしまった人。

なんとなく「周りと自分は違うのだ」…と悲観的になってはいませんか?

自分で自分の格を下げるような真似をしたり、周りからの評価を真に受けて凹んでいては人生もったいないですよ!

陰キャであろうがなかろうが、自分で自分らしいライフスタイルを築いて謳歌していくことが本当の人生です。

仕事にせよプライベートにせよ、自分で自分のスタイルを見つける努力をすることで、気持ちの持ちようが違いますよ。

「人と同じ」であることを求めるのではなく「自分らしい」選択をするようにすれば、毎日はグッと過ごしやすくなるはず。

もちろん、陰キャと呼ばれるようなタイプの人でも、きちんと仕事に就いて働くことは十分に可能です。

陰キャということを言い訳にして逃げている人は、ぜひこれを機会に次のステップへ進んでみましょう!

陰キャでも出世することができるって本当?

陰キャだと自称している人も、活躍する場所によっては飛躍的に出世していくことが可能です。

自分の適性に合った場所で、得意なことを生かしてスキルを磨いていけばキャリアアップを叶えることは決して難しくないでしょう。

仕事には、性格や得意分野の違いで向き不向きがはっきりと分かれます。

あなたにとって、苦手意識の強い仕事があるように、ほかの人にも不得意な分野があるはずです。

それぞれの個性やスキルを最大限発揮できる職業に就くことが本人の幸せにもつながります。

そもそも陰キャって?

“陰キャ(いんキャ)“というのは、『陰気なキャラ』という意味の造語です。

性格が大人しく目立たない人、印象が暗い人、あまりイケてないビジュアルのオタク風の人などを指すことが一般的です。

これの対義語となるのが“陽キャ”で『陽気なキャラ』という意味になります。

これは陽気でいつも明るくワイワイと盛り上がっているような社交的な人に対して使わていますね。

極端に言ってしまえば、学校のクラスで目立つポジションでスポットを浴びているような人たち…すなわち“陽”の当たる場所にいるようなタイプが“陽キャ”。

クラスの隅で目立たず、“陰”となるような場所にいるタイプが“陰キャ”です。

陰キャについては、クールな態度で人とあまり接点を持っていない人や、1人で過ごすのが好きな人など、あまり友好的じゃない人や人の輪からあえて外れたがるようなタイプを指すこともありますね。

自信なさげに縮こまっていたり、メンタルが弱く、人とのコミュニケーションを避けるような人も陰キャと呼ばれます。

説明を見て分かる通り、“陰キャ”という言葉が使われるのは、あまりいい意味ではなくマイナスイメージの表現。

人を格付けして、自分よりも劣っていると判断したり、見下しているような相手に対して用いられることが多いように思いますね。

類似する言葉を挙げるとすると、根暗・非リア充などが該当します。

陰キャ向けの仕事5選

自称“陰キャラ”の皆さんは自分のことを、どのように評価していますか?自分を陰の存在だと自称しているのですから、あまりポジティブで前向きな自己評価をしている人は少ないように思います。

中には、「どうせ陰キャだから社会には馴染めないよ…」「明るく陽気に人と馴染むなんて無理…」なんてネガティブな考え方をしてる人もいるのではないでしょうか。

でも、安心してください!だからといって働けないということはありませんよ。

誰にでも適材適所というものがあります。

働くために無理して自分を変える必要はありません。

ありのまま自分を活かしながら、楽しく働ける職業を見つけられれば毎日は今よりもっと充実しますよ!

1、工場


「できるだけ人と話したくない!」
「コミュニケーションは最低限を希望。」
「人を相手にする仕事はちょっと…」

こんな人にオススメの職業は、工事や倉庫での作業スタッフ!工場内の仕事と言っても、仕事はいろいろとあります。

例えば、通販サイトや小売店の在庫を管理する倉庫では商品の梱包やピッキング・仕分け・出荷など、荷物を扱うお仕事があります。

商品リストを見ながら工場内にある棚から必要なアイテムを集めたり、商品をプチプチで丁寧に包んだり、伝票の数と商品の数が合っているか検品したりと、非常に単純明快な業務内容です。

はたまた、お弁当や惣菜を扱う食品メーカーの工場では、お弁当のパック詰めをしたり、おかずの野菜をのせたりする仕事もあります。

他にも、機械系を扱う工場では、手先や専用の工具を使って精密機器を組み立てるなど、細かな作業を黙々とおこなったり、ルーペで商品の状態をチェックするような緻密な仕事を任される場合もあります。

扱う商品や工場の規模によって、仕事の内容や難易度は異なります。

1人で地道に作業ができる

倉庫や工場での仕事をオススメする理由は、上記で紹介した業務はほぼ全て個人作業だからです!仕事をスタートしてしまえば、後はもうひたすら自分との戦い。

リスト通りor手順通りにコツコツ黙々と作業することになるため、人と話したりコミュニケーションを取ることはほとんどありません。

会話といえば最低限の挨拶や困った時に質問する程度のものです。

職種によっては、社内や部署間のコミュニケーションが必要不可欠でチームワークが大切になる職場もありますが、工場はそれぞれ配属されたポジションでの働きが独立しているので、必要以上に周りとの関係を深めずともOK!

また工場の仕事は最初のうちに一連の流れを覚えて、ある程度慣れてしまえば、そこからは基本的にずっと同じ作業の繰り返し。

どんどん新しいサービスや品物が入ってくる店舗の販売やコールセンター等では、定期的に研修や勉強会を開いて新しい知識を吸収しなければいけませんが、工場は滅多に扱う商品や部門が変わりません。

業績や売上を気にしたりする必要もないので、やるべき事は実にシンプル!任されたセクションにおいてルールを厳守し、機械のように作業に没頭していれば時間はあっという間です。

あまり人と接することが好きでない人や複雑な作業をしたくない人も、これなら許容範囲ではないでしょうか!しかも工場勤務は深夜帯のシフトもあるので、満員電車に乗りたくない、人の多い昼は出掛けたくない…という人も問題解決です。

2、清掃員

「掃除をするのが好き!」
「大人数で過ごすのが苦手…。」
「コツコツ作業が得意です!」

こんな人にオススメの職業は清掃作業員!ショッピングモールや商業ビルといった施設において、清掃をする簡単なお仕事です。

清掃員は基本的に個人プレイで、作業はそれぞれの担当エリアで別々にで実施するため大人数で働くことはほぼありません。

2~3人のチーム制で行なう場合もありますが、話す内容は業務連絡程度です。

コミュニケーションが重要になる仕事ではないので、密な交流は求められないでしょう。

仕事内容はとても簡単で、フロアの掃除機かけ・ごみ集め・トイレ掃除など普段、家でやっている家事と大差ありません。

ピカピカになると達成感もあるので、掃除が好きな人には天職だと思います!仕事で使う用具の扱い方や効率的に掃除をするコツなども学べるので、私生活にも活かせるスキルを習得できて一石二鳥です。

仕事中にほぼ誰にも会わない

清掃は施設のオープン前やクローズ後に仕事することが多いので、お客様と会うこともなく、仕事中に出会うのは数名の同僚だけなので気軽ですよ!人と会いたくない、人が多い時間帯にでかけたくない…というタイプにうってつけの職業でしょう。

それに、仕事は一度覚えてしまえば、あとは毎日繰り返しの作業になるので難しいことはありません。

清掃や掃除が好きな人や細かい作業が苦にならない人であれば、きっとすぐに馴染めるでしょう。

清掃員のほか、ホテルのルームメイクも数名での単純作業なので人と関わらない仕事を探している人にオススメです。

3、コンビニ店員


「働きたい時間帯に希望がある。」
「家から遠い職場は嫌だ!」
「馴染みのある場所で働きたい。」

こんな人にオススメの職業はコンビニ店員!全国に数え切れないほどの店舗を展開しているコンビニなら、きっとあなたの家の近くにもあるはず。

買い物や支払いで、よく利用するという人も多いでしょう。

馴染みのある場所だから、仕事内容もおおよそ予想がつきますよね。

「えっ!こんなこともするの!?」と驚くような予想外の仕事はほぼ無いでしょう。

身近な存在だからこそ、自分の働く姿がイメージしやすいはず。

コンビニでの業務は、レジでの接客業務・商品の検品と品出し及び陳列・バックヤードでの在庫管理・クリーンアップ(清掃)くらいです。

慣れてきたら、ホットドッグや肉まんなどのフライヤーの簡単な調理や商品発注を任される場合があります。

勤務する時間帯や店舗によってアルバイトやパートに任せる仕事の範囲が違うので、必ずやるとは限りません。

そもそもコンビニと言えば、高校生や大学生などバイト未経験の人を歓迎しているため“初バイト”の代名詞でもあります。

経験のない学生さんがすんなりスタートできるということは難易度が低いということ!自分のスキルにあまり自信が無い人にも、未経験者が沢山働くコンビニならハードルが低いのではないでしょうか。

それに、未経験入社のスタッフが多いということは、コンビニで働くベテラン店員は未経験者の人に仕事を教えることに慣れているということ。

要点を抑えて、わかり易く教えてもらえるので安心感もあると思います。

それに、覚えることもそんなに多くありませんよ。

更にコンビニのメリットは、シフトの時間帯が多様なこと!24時間営業なので、朝から晩までシフトが豊富なので自分の都合のいい時間に募集している確率も高めです。

ダブルワーク(かけもち)も基本的にOKで、メインの仕事と両立している人もいるくらいですから、勤務時間帯の融通がききやすい仕事でもあります。

1日4時間程度の短時間勤務も可としている店舗がほとんどです。

しかし、一概にコンビニといっても、店舗の立地や店長の性格や運営方針によってお店の雰囲気は異なります。

駅前や人通りの多い場所にある店舗や駐車場が広い店舗は人の出入りが激しいので忙しめ。

住宅地や閑散とした場所にある店舗は比較的1日を通してゆったりとした客足など、お店の特徴はそれぞれ異なります。

気になる人はリサーチして見るのがおすすめです。

また、ピークタイムを選ぶか、避けるかでも仕事内容は違います。

通勤・退勤の時間帯やお昼時などピークタイムはレジが中心で、客入りが少ない早朝や深夜は届いた商品の品出しや店内美化のところが多いでしょう。

「暇だと時間の経過が遅いからピークタイムがいいな!」「できる限り人の少ない深夜帯で品出ししたい」などなど、理想の働き方に合わせてシフトの時間も考慮してみてください。

無駄に接客しなくていい

コンビニは接客業の中で最も難易度が低い仕事だと言っても過言ではないでしょう。

接客はレジでのシンプルな会計業務だけです。

「いらっしゃいませ!お預かりします。1点・2点…合計〇〇円になります。△△円お預かりいたしましたので、✕✕円のお返しです。ありがとうございました。」

覚えておくべき基本のフレーズはこれだけ!商品を紹介したり購入を促すような販売業務は一切ありません。

もしあったとしても、「唐揚げが揚げたてです〜」くらいのものでしょう。

店内の商品には全てバーコードが付いているので、会計も簡単。

手打ちしたりすることもなければ、日によって値引きしたりすることも無いので操作は非常に簡単。

百貨店や路面店のように、季節や打ち出し商品によって大きくディスプレイを変更することもありません。

店内を歩き回ったりして、お客様に声をかけたりすることもないので、そこまで体力も使いませんよ。

老若男女問わず働けるシンプルワーク代表です。

4、トラック運転手

「とにかく1人の時間が大切だ!」
「1人ドライブをするのが趣味。」
「狭くて自分だけの空間が好き。」

こんな人にオススメの職業はトラック運転手!トラック運転手と聞くと、特殊な免許や技術が必要なように感じますが、実は普通免許さえ持っていればOKの仕事が多いんです。

トラックの運転に不安がある人も、入社後は先輩ドライバーによる同乗研修など、安全面を配慮したサポートがありますのでご安心を!トラックに抵抗がある人は、普通自動車での配送ドライバーの募集を探してみるのもありでしょう。

トラックの運転手の仕事は、配送センターや工場からから品物を乗せて目的地まで運ぶことです。

配送距離は、短距離・中距離・長距離などさまざまですので、ご自身のライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

トラック運転手や配送ドライバーの仕事は、主に車での移動がメインになるため、車内で1人でいる時間がほとんど。

車内は、完全に自分の時間なので、好きな音楽を聴いたり歌ったりしてもOK!人と顔を合わせるのは、荷物の積み下ろしの時だけです。

あまり重たいものを持ちたくない人や腰が心配な人は、求人の仕事内容から運ぶ荷物のおおよその大きさや重さ、積み込みの時に手作業かリフトを使うかなどをチェックしておくと良いでしょう。

コミュニケーションを取らなくていい

トラック運転手や配送ドライバーは、あまり人とコミュニケーションを取る機会がありません。

配送先で長居することもありませんし、基本的には新規獲得の営業活動も行わず、配送のみに専念することができるでしょう。

ドライバー職は運転中は1人の時間を満喫できますし、配送先や社外の人と接点を多く持たなくて済む仕事なので、1人が好きな人に向いている仕事だといえます。

逆にさみしがりの人や人と話すのが好きなタイプの人には向かない職業でしょう。

これはどの職種にも言えることですが、同じ職種でも、企業によって担当する業務範囲が多少異なりますので、求人票の仕事内容の部分をよくチェックして、営業活動がないことを確認しましょう。

ドライバー職の中には、人とあまり接点を持ちたくない人をターゲットにした求人もあるので募集の前に、いくつかの企業を見比べてみるといいでしょう。

5、事務職

「タイピングの速さには自信がある!」
「人よりもPCと向き合っている方が好き!」
「立ち仕事でなくデスクワーク希望。」

こんな人にオススメの職業は事務職!一般事務職の場合、オフィスにかかってくる電話の受付・取次業務などちょっとした電話応対がありますが、自分が窓口になって対応するようなことは少ないので電話に苦手意識がある人も問題ないでしょう。

もし、可能な限り外部と接点を持ちたくない場合は、パソコンに向かって情報を入力するだけのキーパンチャーがベストだと思います。

得意なPCスキルが生かせる上に、外部の人と接点が少ない事務職は、座り仕事で疲れを残しにくいとあってどの時代でも人気の職業です。

事務職はExcelやWordなど一定のPCスキルを求められる場合もありますが、「PCでの文字入力ができる方」「基本的なスキルがある方」などといったハードルの低い募集も多いので未経験の人も要チェックです。

一番スタンダード

デスクワークは黙々作業の鉄板です。

人と顔を合わせて話すと緊張してしまう…というような人は、内勤の事務職が向いています。

対面して話すのではなく電話応対ならOKという人であれば、コールセンターも候補にしてみると選択肢が広がりますよ。

コールセンターは事務系のデスクワークの中でも給与がよく、募集が多い職種ですので、応募の間口は広めです。

コールセンターは、基本的にトークマニュアルが完備されているので難しい応用はなく、教科書通りに進めていくタイプの人でも十分対応できます。

陰キャラの特徴って何?

陰キャラと呼ばれる人もしくは自覚している人は、あえてその個性を否定したり目を逸らしたりするのではなく、1度自分自身としっかり向き合ってみることが大事。

自分の特徴を理解することで、世の中とより上手く付き合っていく方法を見つけることができるはず!

ここからは、陰キャラの特徴についてまとめてチェックしていきましょう。

パリピ系が好きじゃない

陰キャラの人は、大人数でいるワチャワチャしたスペースに居心地の悪さを感じます。

1人でいる時間や静かな空間やを好むので、たくさんの人が集まる場所やたくさんの人が集まるグループに加わることが苦手です。

いわゆる“パリピ”と呼ばれるような、キラキラワイワイした場所を好むイケイケの集団とは、一線を引いて接したいと考えているでしょう。

人目のあるような目立つ場所で騒いでいる人を見ると、一歩引いてしまう節があります。

陰キャの人は、パリピの人達と可能な限り関わりを持たないように距離を置くことを選ぶことが多いですよ。

ウェーイってはしゃぐのが苦手

パリピの人たちは、いつもテンションが高く、グループ全体でワイワイと盛り上がっています。

パリピの人達のテンションは、ココ最近よく聞くようになった“ウェーイ系”のノリです。

毎日がパーティーのような気分なのでしょう。

人生の中で、今が1番楽しくて仕方がない…という様子で、まさに“陽”の気を放ちながら日々を満喫しています。

陰キャラの人は、大人しく内気な人やクールな人が多いのでパリピの人たちの“ウェーイ系”のノリに付いていくことができません。

パリピの人達は陽気過ぎて、静かで暗い陰を好む人にとっては眩しすぎるんですね。

【パリピについては、こちらの記事もチェック!】

インドア派

パリピの人たちはバーベキューやキャンプなどアウトドアを好む傾向がありますが、陰キャの人は完全なるインドア派です。

外に出て太陽を浴びるより、暗く涼しく静かな場所でゆったり過ごす方が自分に合っていると思う人も多いでしょう。

外に出るより家でひっそりとしていたい

外に足を運ぶより自分の趣味に1人で没頭したり、部屋でのんびり過ごす方が楽しいと感じる人は、あまりフットワークが軽くありません。

あまりアクティブになることがないため、アウトドア好きの人とは趣味が合わないでしょう。

かと言って、インドア派や同じ趣味の友達が多いかというとそうでもありません。

あまり派手なことはせず、目立たずひっそりと過ごす日々こそ、自分の性分だと感じるのではないでしょうか。

家にばかり篭っていると外に出ろと言われたり、世間一般的にはアクティブな方がいい趣味だと思われがちですが、インドアなのは何も悪いことではありません。

自分が一番落ち着く環境はどんなものか、生活で重視すべきことが何なのか、きちんと分かっているということですから、それを仕事に当てはめてみれば自分に最適な職場環境が見えてくるかもしれませんよ!

SNSはほぼ裏垢

陰キャの人は、SNSの活動がオープンではなく閉鎖的な裏垢になっていることがほとんど。

よくSNSで見かけるような、自分の充実したリアルを周りに見てほしい!…という風なアプローチはしません。

SNS映えを狙ったり、フォトジェニックなスポットに行ってみたりするような活動力をSNSに向けないのです。

では陰キャラの人はSNSをどのように利用しているのかというと、ほとんど自分の独り言をつぶやくツールです。

誰に向けたでもなく、生活の中で気づいたこと、感じたことをポツリポツリと零していくようなスタイルの人が多数。

不特定多数の人に発信するのではなく、あまり多くない知り合いだけに向けて内々に呟きをもらすだけで満足だという人も多いため、全体公開でなく知り合いだけに見せる限定公開にしている人も少なくありません。

陰キャラの人の呟きの内容は、前向きでハツラツとしたポジティブな発言よりも、心の内側に溜まったフラストレーションを吐き出したようなネガティブなものが多いのも特徴です。

インスタグラムはイケイケ過ぎて怖い

陰キャの人は主にTwitterを利用しており、Instagramには手を出していないことがほとんど。

その理由はやはり、Instagramの利用者層が陽キャの人ばかりだからでしょう。

フォトジェニックやインスタ映えという言葉が流行したのも、このInstagramが発祥です。

オシャレ度が高く、トレンドに敏感な若者が好んで使うツールなので、必然的に集まる利用者はパリピ風の人やキラキラとした陽気な人が多くなるのでしょう。

スポットの当たらない日陰を好む陰キャの人からすると、Instagramは庭違い。

苦手とする要素がたくさん含まれているコンテンツだと思います。

陰キャの人が仕事を選ぶときのポイント

陰キャの人に限った話ではありませんが、仕事を選ぶ時は、自分が最も得意とすること、そして妥協できないことをハッキリさせておくことが重要。

余計なストレスを溜めることなく、自分らしく働ける環境を見つけるためには、大きな納得感と少しの我慢が必要です。

「ここの仕事なら自分にもできそう!」「この仕事は心身共に余裕が持てるぞ!」と前向きに取り組める仕事を選択することで、イキイキと最高のパフォーマンスを発揮できるはず。

自分が最も避けたい環境と最も重視する要件、そして、できれば叶えたい条件を紙に書き出してリストアップしてみると、マッチングの高い仕事が見つかりやすいと思いますよ!
あとは、本当にその仕事に向いているか、脳内で働く姿をシュミレーションしてみたり、まず長期ではなく短期でやってみるのもオススメです。

営業職など、イケイケな職業はNG

陰キャの人は、決してフットワークが軽いとは言えず、コミュニケーション能力が飛び抜けて高いわけでもありません。

どちらかというと、この2つに苦手意識を感じている人も多いでしょう。

フットワークの軽さやとコミュニケーション能力に長けている人は、営業職や販売など足や口を上手く使って働く職業が向いていますよね。

しかし、その逆の場合は、人との接点が少なく、あまり動かない仕事が向いているということ!無理して苦手分野に進まずとも、自分の働きやすい環境で頑張れば良いのです。

室内でできる仕事が向いている

インドア派で引きこもり気味の陰キャさんにオススメなのは、主に室内作業です。

なにより移動範囲が少なく済みますし、社外の人間との接点も必要最低限です。

特に規模が大きくー従業員が多い会社ほど職場内のコミュニティはあまり密接ではありませんので、煩わしい人間関係に悩みたくない場合はぜひ大きい企業を検討してみてください。

小さい規模の企業ほど、社員同士の関係が近く、親密になる確率が高いんですよ。

一人で仕事するのが得意!

陰キャの人は、人と協力してチームで働くような団体行動よりも、個人ごとのスキルを発揮して評価されるような仕事が向いています。

1人で過ごすことを好み、自分の世界や強いこだわりを持っているタイプが多いため、凝り性でコツコツと一つのことに集中する能力に長けている人が多いのです。

こういう人は、没頭し始めるとトコトン追求したり、納得のいくまできちんとやり遂げることができるため、周りを気にせず個人プレイでパフォーマンスを発揮したほうがうまくいきます!

まとめ

陰キャラであることは果たして悪いことなのか。

その答えはNOです!これは人の個性の一つに過ぎません。

人間は全員それぞれが、全く異なる生き方や考え方をしていく生き物です。

大人数でワイワイするのが好きなタイプもいれば、一人で静かに過ごすのが好きなタイプもいます。

きっと相対するタイプの人を理解しようとしても、それは到底不可能でしょう。

地球上には何千何万何億という人が存在するのですから、もしかしたら世界のどこかには自分と同じ全く同じ考えを持つ人がいるかもしれません。

ですが、その人と出会える確率は非常に低く、異なる思考の人を探す方がよっぽど簡単です。

周りの人と価値観や考え方が異なると、唐突に不安になったりしますが、そういう時こそ自分に自信を持ってしっかりあなたなりの将来プランを思い描くようにしましょう!

近くに同じタイプの人がいなくても、周りから理解されなくても、例え自分の考えが世間的に少数派だとしても、それを周囲が否定するのはおかしな話。

人としての在り方は個人の価値観によって違くて当然です。

これに関しては、何が正解だということもありません。