頭がいい人、俗に言う高学歴などの人のことを言いますが、そんな人たちってどのような仕事について働いているのか気になりませんか?

よく言われるのが、名のある会社に入って働いているというパターンですが、実際は名もなき会社に入って活躍されている人も多くいます。

要は、頭が良い悪いは会社の大きい小さいに関係しないのです。

一昔前だと、一流の会社に入ることで自分の株が上がるという考え方もありましたが、今ではそうでもありません。

いい会社に入ってもしっかり働いていないと評価されません。

よく、会社名や職種だけを自慢してくる人もいますが、肝心の自分はどうなのかわかっていません。

このように頭が良いからいい会社に入れるという時代は終わりに近づいています。

では、実際に頭の良い方は、現在どんな働きをしているのかと言いますと、良い会社に入って働いている人もいれば、最近は自分で事業を持たれる方も増えてきています。

上司の指示にしっかり従い、完璧に仕事をこなすと言うスタイルよりも、自分の考えで動くと言うスタイルに変貌してきているようです。

実を言うと、最近会社でも高学歴コンプレックスがあるらしく、高学歴ほど使いづらいと思っている人もいるようです。

まあ、使いづらいと思っても、人はツールではありませんので、そう考えるのもどうかと思いますが…。

そこで今回こちらの記事では、頭がいい人に向いているお仕事をご紹介します。

ぜひ、参考にしてみましょう。

頭が良い悪いは学歴では決まりませんよ。

他人から頭が悪いと言われても気にしてはいけません。

頭がいい人の仕事って何?一般職と何が違う?

頭がいい人というのは高学歴でまじめ、良い人言った感じもありますが、実際はどうなのかと言いますと、昔からエリートコースと呼ばれていた公務員は高学歴の集まりでした。

言い大学を出ているので学ぶ姿勢があり、上からの命令は絶対という感じの姿勢が身についている人が多かったです。

そのため、今でも、言われたことを完璧にこなすといったイメージが強いのが公務員です。

俗に言う、一般職よりも総合職が似合うと言われています。

しかし、一般職と総合職の違いは何かと言いますと、明確に違いはありません。

会社にとっては呼び名が違うだけで、やっていることは同じと言ったところもあります。

社会的に見ての違いは、一般職は決められたことだけをする役職で、総合職は何でもすると言った感じの役職です。

そう聞くと、頭のいい人はどちらも対応できると思えますが、ここで頭のいい人の中でも差が出るのです。

決められたことを完璧にこなす方が向いている人は一般職、自分の考えで動いて仕事をしていきたい人は総合職と言った感じに分けられるのです。

一昔前は、一般職系の人が多かったのですが、最近では総合職で勝負される方が多いです。

なぜかと言いますと、もはや1つの会社の収入だけでは生きていくことが難しい世の中になっています。

そのため、いろいろとスキルを身につけるためにも幅を広げて仕事をしていかないと収入に結び付かないのです。

副業解禁と言われていますが、副業をするにも何のスキルもなければ意味がありません。

このように生き残ること念頭にして働いているタイプが、ここ数年は頭が良い人の中に多いです。

頭がいい人はどんな仕事でもできる!

頭がいい人は完璧だと言うイメージが強いのですが、果たしてそうでしょうか?

一昔前のスタイルですと、そのようなイメージがありました。

頭がいい人は決められた仕事を完璧にこなすと言うことができるので、世話が掛らずに済むと言うことで、低学歴の人よりも優遇されていたこともありました。

よく、言われるのが会社試験の時にある学歴フィルターです。

エントリーシートや面接は形だけで、学歴で合否の判断をしていると言うことです。

現在でもあるのではないかと言われています。

それほど、高学歴に対するイメージが良かったのです。

しかし、近年は高学歴だから、頭が良いからといった感じでは通用しなくなってきています。

企業としても自分の考えで動く人、もしくは、とにかく動いてくれる人を求めるようになってのです。

頭が良くても、考えすぎて動けない人もいるほどなのです。

つまり、頭が良い悪いではなく、頭が強い弱い、もしくは頭が柔らかいかどうかなどが評価になってきています。

頭がいい人でも自分が触れたことのないことに触れようとすると何もできないと言うこともあります。

最近顕著になってきているのが、完璧だと思っていた人が実は、自分の興味の範囲以外の分野に関しては無知だったと言うことです。

完璧でいるためには、自分の興味の範囲以外は触れない。

つまりは、チャレンジ精神がないのです。

頭がいい人は何でもできるというのは虚像のようなものになっています。

ただ、完璧に仕事をこなすことは今でも出来るみたいです。

より効率的に、正確に仕事をこなす

完璧に仕事をこなすことは得意ですが、さらに頭がいい人の中で飛びぬけているのが、効率良く働く人たちです。

時間を気にして、早く終わる方法やテマヒマ変えずに終わらせる方法などを思いつく人たちです。

ここで勘違いしてほしくないのは、頭がいいから効率よく仕事ができるのではありません。

最初は面倒くさい作業をして、そこから効率良く働く方法や手段を身につけるのです。

つまり、頭がいい人も最初は面倒くさいを経験しているのです。

面倒くさいを経験しないで効率の良い方法を思いつこうとする人はほぼいないと思います。

しかし、現在の社会では面倒くさいを経験せずに効率の良い方法を模索される方が多いのです。

面倒くさいという経験をして何が、どの部分が無駄なのかをはっきりわかれば効率良く働くことができるのです。

頭がいいから効率良く働けるのではなく、頭がいいから面倒くさい部分を見つけて、効率良く働くことができるのです。

ここを勘違いしないようにしましょう。

頭が良いから効率良く働くことができる特殊能力を持っているというわけではありません。

そう、考えれば誰でも効率良く働くことが実は出来るのです。

頭が良い人はそこに気づいているだけです。

何も特別なことではないのです。

そこの部分をしっかり理解しましょう。

頭がいい人におすすめの仕事10選

頭がいい人たちがどのような考えで、どのような感じで動いているのかわかったところで、ここからは頭がいい人たちにおススメのお仕事をご紹介します。

頭がいいからと言って必ずしもこの仕事をしないといけないと言うことでもありません。

ただ、おススメと言うことで紹介しているだけです。

まずはどのような仕事があるかを見ると言った感じに見てみましょう。

所謂、高学歴しかできないような職種だから自分には関係ないと思わずに、もしかしたらチャンスはあるかもしれませんよ。

また、これからは頭が良い悪いではなく、頭が強い弱いが重要視されてきます。

つまり、能力よりも脳力が重要視されてくる世の中です。

自分で考えてしっかり行動ができているのかなどが大切になってくるのです。

1、医者


所謂、理系のエリートとも言われる医者ですが、人の命に携わるお仕事なので頭がいい人でないと患者も信頼出来ないといった側面もあります。

医科大学や医学部の大学に進学して、大学院を通して6年間みっちり研究するので、日々、学ぶ姿勢を持っていないと務まらない職業でもあります。

また、勉強だけでなく、緊急的なことなどメンタルの部分も必要になってくるので、度胸がないと務まりません。

治せないと言われている病気を治すために医者をしている人もいれば、人の命を助けたくてしている人もいますし、中には儲かるからと言ってしている人もいます。

いろいろな考えを持っている人が多いのですが、いずれにしても血のにじむ努力をして勉強をして大学で学んだ方が多いので、頭がいい人は多いです。

専門で学術的な仕事だから勉強が必要

人の臓器や薬に関しての勉強なので、かなりの専門的な分野になってしまいます。

そのため、しっかり研究に励む姿勢がないといけないのです。

頭が言い悪いよりも、研究に没頭できるかどうか、熱心かどうかの方が重要視されます。

外から見た姿勢が頭がいい人に見えるので、頭がいい人のやる仕事だというイメージがついてしまうのです。

しかも、医学試験など、狭き門でもあるので、余計に頭が良くないといけないのかなと思ってしまうらしいです。

大体、医者になっている人は、学校の試験などでは、学年で成績上位の方だったという方が多いです。

このようにいろいろな角度から見ても頭がいい人でないと出来ない仕事だというイメージが強いのです。

整理すると、頭が良くて根気強い人が似合っていると言えます。

2、弁護士


裁判の時に活躍する職業として有名なのが弁護士ですが、法律やクライアントを守るためにいろいろと考えないといけないため、日々、頭を使った作業が必要とされています。

そのため、頭がいい人でないと務まらない印象が強いのです。

しかし、最近では必ずしも高学歴でないといけないと言うわけではありません。

中卒で弁護士になったと言う方もいるので、実はあまり学歴は関係ないようになってきています。

また、最近では企業で弁護士を雇うといったことも多く、意外と需要がある職種になっています。

しかし、何も問題がなければ企業で弁護士を雇うなんてことはいらないのです。

また、勝てる弁護士、優秀な弁護士と良く聞きますが、裁判において判決を下すのは弁護士ではなく、裁判官です。

勝てる弁護士は、勝つ方法を知っている弁護士であって、負けるとわかった裁判はしません。

優秀な弁護士も同様です。

つまり、弁護士に優秀などといった表現はないのです。

多くの法律から人を守るから

とにかくクライアントからの相談のもとで、裁判に挑んだりするので、法律をしっかり知っておかないといけません。

クライアントがこう訴えたいと言っても、負けるものならば、違った法律で攻めるということも考えないといけないので、日々頭を使う職業ではあります。

また、裁判において判決の参考になるのが過去の判例なので、過去の裁判記録などもしっかり把握しないといけないのです。

クライアントは裁判のことをよく知っている人が少ないので、弁護士に頼めば勝てると勘違いしている人が多いです。

過去の判例を見ても勝てないとわかったのならば、挑んでも仕方ありません。

また、訴えようとしている中身も吟味しないといけないのです。

さらにはクライアントが依頼費などを払える能力があるのかどうかもしっかり見極めないといけないのです。

このように裁判以外でもいろいろと頭を使う仕事なので、頭がいい人のイメージが強いのです。

3、裁判官

弁護士と同様に裁判で仕事をする職種ですが、相手の人生を左右させる仕事でもあるので、頭がいい人といったイメージが強いのです。

被害者、容疑者、弁護士、検察官、証言者などの意見を集約して判決して下さないといけないのと、過去の判例や容疑者の様子や態度なども見ないといけないので、頭を使う頻度が多いのです。

何よりもいつも冷静に周囲を見ていないといけないので、冷静な心が必要になってきます。

頭がいいことも大事ですが、実はもっと重要視されているのが、メンタルの部分とも言えます。

メンタルが整っていないと冷静な判決を下すことができません。

判決1つで相手の人生を変えてしまうのだからです。

死刑判決が下って、死刑を執行した後に冤罪だったということもあるぐらいです。

また、懲役10年などと言って懲役を終えて刑務所から出てきてから冤罪だったということもあり得るのです。

この時に時間を返せと言われても返すことはできないので、非常に大きな仕事をしていると言えます。

人を裁くという重い判断力が必要だから

前文でも説明したように人の人生を左右させる仕事でもあるので、冷静に対処出来る方、しっかり判例や法律などを学ばれている方でないと務まらないのです。

そのため、頭のいい人でないと無理と言った感じに見られてしまうのです。

裁判官の言葉は地球よりも重いとも言われています。

そのため、しっかり判断しないといけないのです。

ある意味、失敗が許されない職業でもあるのです。

そのため、裁判官を目指す人は研究熱心な人が多いですし、心理学などを勉強されて相手のことをわかろうとする人もいます。

ただ、裁くだけでは務まらないのです。

いろいろな分野での知識を得てないといけないので、頭がいい人のイメージが強いのです。

同時に強靭なメンタルも必要となってくるのです。

4、会計士

会社の経理などお金に関するお仕事なので、頭が良くないと務まらないような感じがします。

なぜ、そう思うのかと言いますと、予算などに関わるお仕事なので、いわばその集団の心臓の部分を支えているお仕事でもあります。

つまり、計算などでずれが生じると大変なことになってしまうのです。

つまり、まずはしっかり計算ができないと意味がないのです。

小さい時から数学が得意だったと言う方が結構、この会計士という職業についていられる方が多くいらっしゃいます。

また、同時にお金に対してコンプレックスなどがない人でないと務まらない仕事になっています。

そう考えると自然と頭がいい人のイメージがついてしまうのです。

実際は仕事がないから会計士をしていると言う方もいらっしゃるので、これからは会計士も個人を見抜かないといけない状況になっています。

計算が得意じゃないとできない仕事

お金の大小に限らずに計算ができないと務まらない仕事なのです。

計算で間違ってしまうと場合によっては企業1つを壊してしまう恐れがあるので、それなりに重い役職でもあります。

会社によっては専門職として雇うところもありますが、外部に頼む所もあります。

たかが計算と思っていては困ります。

会社の予算などに直結するので、計算を間違えて黒字なのに赤字決算してしまい、銀行からの融資を受け付けられないと言った感じになってしまったということもありました。

このように、簡単な仕事に見えますが、実は結構重い仕事でもあるので、プレッシャーがかかるお仕事でもあります。

最近は経費削減なども騒がれる社会なので、余計に会計士の方の仕事が大変になっていると言われています。

資格を持っているから出来るというわけではありません。

5、経営者

所謂、会社を経営する方です。

主に社長などがこの役職になります。

しかし、雇われ社長もいらっしゃるので、必ずしも社長全部が経営者とは限りません。

経営と言っても、具体的にはどんな物と思う方もいらっしゃいますが、簡単に言えば、自分で事業を進めることです。

自分で事業を進めて利益を出す、もしくは営業などをして、仕事を持ってきてするなどのとにかく利益を出すために頑張るのです。

経営方法に絶対的な定義がないので、誰の、どの経営手段を学ぶかで差が出ます。

つまり、メンターが大切になってくるのです。

いくら頭が良くても自己流でしてしまうと危ないのが、この経営者なのです。

ただ、自分で何でも回すことができるし、決定権も自分にあるので、やり方さえ間違わなければ結構いいお仕事ですよ。

学校では教えてくれない、終わりのない仕事だから

利益を上げると言うことは、実は終わりのないお仕事なのです。

なぜかと言いますと、会社などを生き残らすためには、ずっと利益を上げ続けなれければ行けないのです。

つまり、終わりはありません。

ずっと上を目指さないといけないのです。

そう考えると、経営者は柔軟な姿勢で、変化を求めるタイプでないと務まりません。

つまり、頭の良い悪いは関係ないのですが、経営者タイプには頭が良い方が多いので、頭が良いイメージが広がっているのです。

最近では学生の時から経営者になっている方もいらっしゃるほどなので、以前よりも経営者になることは難しくなくなってきました。

ただ、知識をいっぱい持っていることが経営には活かせるので、勉強や研究熱心なタイプの方が向いていると言われています。

6、国際弁護士

日本だけでなく、外国でも弁護士として働くことができる弁護士を国際弁護士と言います。

勘違いされている方も多くいらっしゃいますが、国際弁護士という資格はありません。

肩書きとして使用されている方は、厳密に言えば、海外でも弁護士として働くことができることをアピールしているだけです。

また、中には外国での弁護士資格を持っているが日本での弁護士資格を持っていない人もいらっしゃるので、このような人は日本でも弁護士として働くことができません。

そのため、外国語を話せるのはもちろんですが、その国の文化や風土なども学ばないといけないので勉強熱心な方のイメージが強いのです。

つまりは、頭のいい人でないと務まらないと思われているのです。

国際弁護士の場合、海外からの事件を扱うことも多く、日本人が海外で起訴された場合に依頼されることも多いです。

世界の何万という法律を学ばなければいけない

国によって法律が違うと言われているので、弁護士資格を持っている国の法律をしっかり学んでいないといけないのです。

日本では違法でも、とある国では合法となっている場合もあるのです。

よく海外であるトラブルは、このように法律の違いによります。

麻薬が合法な国もあるので、その国で麻薬を吸っても違法にはなりませんが、それを日本で口にすると違法になってしまう場合もあります。

このように国によって法律が違うので、いざ裁判となった時にしっかり把握しておかないといけないのです。

つまり、言語だけでなく、その国の文化などを知っておかないと裁判にいどめないので、しっかり勉強しないといけないのです。

そのために、頭が良い人のイメージが強いのです。

最近は本業以外にもコメンテーターとして活躍している国際弁護士もいらっしゃいます。

7、パイロット

子どもの頃は誰でも憧れるのがパイロットです。

飛行機の操縦ができると言うことでカッコいいというイメージがつきます。

しかしなるにはかなりのせまき門です。

まず、視力が大切になってくるので、視力が悪いとまず無理です。

また、いつどんなトラブルに巻き込まれるかわからないのです。

つまり、冷静でいないといけないのと、瞬時にその場での判断能力が必要とされています。

中に浮いている状態なので、ある意味、死と隣り合わせのような環境です。

いつでも安全を求められる環境です。

そのため、ただ操縦がうまいとか、飛行機が好きというだけの理由でできる職業だと言えません。

また、操縦の仕方も覚えるのが大変なので、頭が良くないといけないと思われています。

何百、何千という人の命を預かるから

とにかく乗客、乗務員の命を預かっているので、常にプレッシャーと戦わないといけないのです。

つまり、強靭なメンタルを持っていないといけないのです。

メンタルだけならと思う方もいらっしゃいますが、求められるのは判断能力であり、仮に着水など緊急になった時に、咄嗟に判断できないと命を救うことができないこともある重要なことなのです。

判断能力が良い人は頭の回転が速い人でもあり、頭の回転が速い人は、経験豊富な人や知識がいっぱいある人など、通称すると頭が良い人なのです。

つまり、操縦が良くて、判断能力がないといけないのです。

人の命をあずかる職業は、パイロット以外にもいろいろとありますが、どれも頭がいい人でないとつとまらない職業が多いです。

8、エンジニア

最近じわりじわりと人気が出てきている職業でもあるのがエンジニアです。

エンジニアと言ってもシステムエンジニアや物を作るエンジニアなど多岐にわたりますが、どれも複雑なシステムを構築することが求められます。

つまり、頭が良くないと務まらないのです。

もともと、コンピューターシステムなど、専門的な分野を学んだ人しかできない職業だったこともあり、ある意味特殊な職業として見られていた節があります。

最近はコンピューターシステムを取り入れていない会社が少ないことからエンジニアの需要が上がっています。

そのため、以前よりもより専門的なエンジニアの方もいらっしゃれば、頭脳的な感じのエンジニアの方もいらっしゃるので、より個人で見ないといけない職業になりました。

複雑なシステムを学ばなければいけない

エンジニアと聞くと複雑なシステムを頭で理解しているようなイメージがありますが、大方そのイメージは合っています。

プログラミングなど、わけのわからないC言語などをマスターしないといけないので、コンピューターシステムをしっかり勉強しないと務まらないのです。

つまりは頭が良くないとできない。

もしくは、頭が良くないと覚えられないと言った感じになっているので、頭がいい人のイメージが強いのです。

一昔前は、コンピューターに興味がある人など、珍しい人種のような感じに見られていましたが、現在では当然のようなものになってしまっているので、エンジニアの需要はあるのです。

はっきり言えば、システムの構築で差がはっきりわかるようになっています。

9、人事

会社にとって人事は凄く重要です。

その人の適性を判断をして、部署などを決めないといけないのです。

また、採用などにも直結するので、人を見抜くことができないと務まりません。

最近では、人事権を持っていないのに、部下などにクビやカイコなどをちらつかせる上司がいますが、人事権を持っていない場合は脅迫罪にもなりえます。

つまり、人事権を持っていない人の言うことに聞く耳を持ってはいけません。

もともと人事をやるような人は人を切ろうとはしません。

なぜなら採用した責任があるからです。

その人を活かすことを考えるのが人事の役目であります。

つまり、採用不採用、解雇などを判断するのが仕事ではないのです。

人事ほど相手を良く見ないといけない仕事はありません。

人を見る目を磨かなければいけない

採用不採用の仕事も補っているので、相手を良く見ないといけません。

そのため、相手が嘘をついているかどうかもしっかり見極める目を持っていないといけません。

最近の企業に多いのが人事を兼職されている方が多く、はっきり言えば相手を見抜いていないというケースが多いのです。

雇ってから期待と外れたと言うことで退職を促してくる上司が多いです。

人事権がないのに、部下に圧力をかけてくる上司も多く、はっきり言えば、パワハラに近いです。

人事と言うのは相手をよく見ないといけないのです。

つまりは、頭の良い人がしないといけないようなイメージが強いのです。

人の好き嫌いで判断してはいけないのです。

10、大学教授

ある意味、肩書きだけで食べていける職業でもあります。

大学教授ということで、講演に呼ばれたりなど、本業以外の所でも稼ぐことができる職業でもあるので、意外と美味しい職業でもあり、最近はもぐりの教授も出てきているほどです。

まず、大学を出ていないと教授にはなれないので、大学を出ている時点で高学歴に見られるので、頭の良い人のイメージが強いのです。

また、学生を扱く職種でもあるので、知識が豊富でないと学生もついてきません。

故に能力だけでなく、行動、さらに人脈なども必要になってくるのです。

頭がいい人でないと入手できない部分もあるので、頭が良い人の仕事と言えますね。

研究者として新しい発見を常に探さなければいけない

教授と言えども常に研究をしないといけない立場でもありますので、日々研究に取り組めるかどうかが大切になってきます。

つまり、研究熱心=頭がいい人と言った感じのイメージがついてしまうのです。

まあ、知識が豊富な教授と知識がない教授だったら、どっちについて行きたいかと言われたら、ある方と答える方が多いと思います。

そのため、頭の良い方がいいと思われているのです。

頭がいい人が仕事ができる理由

ここまでの説明で頭がいい人におススメ出来る仕事について納得できた方もいらっしゃると思いますが、ではなぜ、頭がいい人は仕事ができるのでしょうか?

ここからはその疑問に関して説明していきます。

意思決定、判断力に優れている

まずもって頭のいい人は、判断能力に優れているので、立ち止まることがありません。

つまり、即判断できるので、結果を出すことに躊躇がないのです。

論理的に物事を考えることができる

物事を論理的に考えるので説得力があります。

そのためついてくる人が多いので仕事がスムーズに進むのです。

感情をうまくコントロールできる

メンタルが強い人が多いのですが、それは自分の感情をコントロールできるからです。

感情に流されることがないので、仕事を進めるのが上手いのです。

理解力が人一倍早い

頭の回転が速いので、相手の言ったことを即座に理解して、自分の考えを述べます。

いつまでも同じ答えを連呼している人とは大違いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

頭の良い方は?しかし、これからは頭のいい悪いより、強いか弱いかが重要視されてきます。

なぜなら、自分で動かないと生きていけない状況だからです。

完璧に仕事をこなすことももちろんですが、咄嗟の判断も必要とされるのです。