CoCoSiA(ココシア)

頭のいい人の職業ランキング!向いている仕事10選とその理由


頭のいい人はどんな職業に就いているのか気になりませんか?

一流企業に勤めたり、国家資格などに合格しなければ就けないような仕事をしている人も多いでしょう。

医者が代表的な例ではないでしょうか。このような職業は誰でも就けるものではありません。

それなりの頭の良さが必要になるでしょう。

他にも 頭が良くなければできない仕事 はたくさんあります。

この記事では、頭がいい人におすすめの仕事や仕事ができる理由などをご紹介していきます。

頭がいい人の職業ランキングにも入るものを集めました!

頭がいい人の仕事って何?一般職と何が違う?


頭がいい人というのは 高学歴でまじめ、良い人 といった感じもありますが、実際はどうなのかと言いますと、昔からエリートコースと呼ばれていた公務員は高学歴の集まりでした。

いい大学を出ているので学ぶ姿勢があり、上からの命令は絶対という感じの姿勢が身についている人が多かったです。

そのため、今でも、言われたことを完璧にこなすといったイメージが強いのが公務員です。

俗に言う、 一般職よりも総合職 が似合うと言われています。

しかし、一般職と総合職の違いは何かと言いますと、明確に違いはありません。

会社にとっては呼び名が違うだけで、やっていることは同じと言ったところもあります。

社会的に見ての違いは、一般職は決められたことだけをする役職で、総合職は何でもすると言った感じの役職です。

そう聞くと、頭のいい人はどちらも対応できると思えますが、ここで頭のいい人の中でも差が出るのです。

決められたことを完璧にこなす方が向いている人は一般職、自分の考えで動いて仕事をしていきたい人は総合職と言った感じに分けられるのです。

一昔前は、一般職系の人が多かったのですが、最近では総合職で勝負される方が多いです。

なぜかと言いますと、もはや1つの会社の収入だけでは生きていくことが難しい世の中になっています。

そのため、いろいろとスキルを身につけるためにも幅を広げて仕事をしていかないと収入に結び付かないのです。

副業解禁と言われていますが、副業をするにも何のスキルもなければ意味がありません。

このように生き残ること念頭にして働いているタイプが、ここ数年は頭が良い人の中に多いです。

頭がいい人はどんな仕事でもできる!

頭がいい人は完璧だと言うイメージが強いのですが、果たしてそうでしょうか?

一昔前のスタイルですと、そのようなイメージがありました。

頭がいい人は決められた仕事を完璧にこなすと言うことができるので、世話が掛らずに済むと言うことで、低学歴の人よりも優遇されていたこともありました。

よく、言われるのが 会社試験の時にある学歴フィルター です。

エントリーシートや面接は形だけで、学歴で合否の判断をしていると言うことです。

現在でもあるのではないかと言われています。

それほど、高学歴に対するイメージが良かったのです。

しかし、近年は高学歴だから、頭が良いからといった感じでは通用しなくなってきています。

企業としても 自分の考えで動く人、もしくは、とにかく動いてくれる人 を求めるようになってのです。

頭が良くても、考えすぎて動けない人もいるほどなのです。

つまり、頭が良い悪いではなく、 頭が強い弱い、もしくは頭が柔らかいかどうか などが評価になってきています。

頭がいい人でも自分が触れたことのないことに触れようとすると何もできないと言うこともあります。

最近顕著になってきているのが、完璧だと思っていた人が実は、自分の興味の範囲以外の分野に関しては無知だったと言うことです。

完璧でいるためには、自分の興味の範囲以外は触れない。

つまりは、チャレンジ精神がないのです。

頭がいい人は何でもできるというのは虚像のようなものになっています。

ただ、完璧に仕事をこなすことは今でも出来るみたいです。

より効率的に、正確に仕事をこなす

完璧に仕事をこなすことは得意ですが、さらに頭がいい人の中で飛びぬけているのが、 効率良く働く人たち です。