人は誰だって完璧ではありません。

時には何かから逃げ出したくなることや、すべてを投げ出したくなることだってあるでしょう。

頑張りすぎてしまったり、無理をして疲れてしまった時は、一度立ち止まって休んでみたっていいんです。

たとえそれが「ずる休み」と呼ばれるものでも、場合によっては必要になる時がありますから、必ずしも悪いこととは言いません!

心の中に今にも爆発しそうな負の感情を抱えている人。

何をしても気持ちが落ち込んで元気が出ない人。

辛いことや悲しいことがあった人。

なんだか無性に泣きたくなるような、叫びたくなるような、そんな重たい気持ちを溜め込んでいる時は、一度頑張ることをやめちゃいましょう!

大人になると、仕事をして働くことが責務になります。

やらなきゃいけないことが山積みで、休んでいる暇なんてない…と思う人もいるでしょう。

でも、仕事なんていうのは、意外とどうとでもなるものです。

自分の限界だと思うラインに突入する前に、思い切って会社を「ずる休み」をしてみてください。

▼【関連記事】会社行きたくない原因は何?こちらの記事を先にチェック!
会社行きたくない!と思う5つの原因と解決方法

会社をずる休みした時の過ごし方

ずる休みをしたところで、何をしたらいいか分からない。

何をするために休むのか。

…と思う人もいるでしょう。

ずる休みは、単に体を休めるためだけでなく、心の休息をとるために使うべきです。

ずる休みをするからには、その一日を自分のためだけに費やして、翌日へのエネルギーを沢山蓄えるのが大切。

会社は適度にずる休みしたほうがいい!

会社に限らず、学校やプライベートな予定など色々なシーンで、「今日は行きたくない」と思うことってありますよね。

前日までは何ともなくても、その日のテンションや気分によって、一気に気分が落ち込んだり、やる気を損なってしまうことも珍しくないでしょう。

ずる休みを一度もしたことがない、と堂々と言える人は、割と少ないものですよ。

ずる休みをすることで、気持ちを切り替えてリスタートすることができたり、物事ときちんと向き合う覚悟ができたりします。

マイナスなことに見えて、大きなプラスに繋がることだったりするのです。

無駄な時間じゃありません。

時には、人間がもう1歩先へ行くために必要な時間だと言えるでしょう。

上手に人生を渡って行くためには、適度にサボること、適当に息を抜くこと、「もうだめだ」と、心が圧迫される前にガス抜きをすることがとっても重要。

気持ちをリセットするためにも、いいタイミングで、上手にずる休みをしていきましょう!

ずる休みしても充実して1日を過ごす方法10選

では、実際にずる休みをした日はどんな過ごし方するのが良いか考えてみましょう。

折角休むのならば、「休んでよかった」と思える有意義な日にしましょう。

ずる休みは、過ごした方一つで全く違う姿になります。

「休んだって何も変わらない」「時間を無駄にしてしまった」と思うような休みなら、むしろ休まない方がマシです。

ずる休みは、後から思い出した時に「あの日は良い日だった」と思えるように過ごすことにこそ、意味があります。

心と体の両方を休ませてあげるために、程よく息抜きになって、気持ちをリフレッシュできることをしてみてください。

1、撮りためていたドラマやDVDを観る

本当は見たいけど、忙しくてなかなかみることの出来いドラマやDVDが溜まっていくことってありますよね。

見たい気持ちはあるけれど、疲れているとただ映像を見ることすら億劫になって面倒だと思うものです。

疲れている時は、映像を見ても頭に内容が入ってこなかったり、かえって疲れてしまうこともあるでしょう。

普段は楽しいと思うことや、好きだったことが面白く感じられなくなったら、それは心のレッドサインです。

もし、心当たりがある人がいたら、心と体が疲弊しきっている証拠なので、自分のためにも少しペースを落としてゆっくり過ごす時間を作ってみましょう。

これまで、余裕がなくてできなかった事をずる休みをした日に一気にやってみると心がスカッとして胸の中のもやもやも軽くなることがありますよ。

2、ゲームをして遊ぶ

ゲームは、現実からちょっと逃避したい時や、気分転換をしたい時に持ってこい!

今では、無料で遊べるスマホゲームも沢山あるので、お金をかけずとも遊ぶことができますよ。

普段あまりゲームをやらない人でも、パズルやテトリスなど、簡単なものならスグにチャレンジ可能。

仕事のことや家のこと、将来のことなど、考えるべきことは沢山ありますよね。

しかし、ゲームをするとそちらに意識が向けられるので、暫くの間は頭の中に抱え込んでいる悩みや煩わしいことを思い出さずに済みます。

一度、頭の中を整理するためにも、普段とは別のことに熱中することで思考回路をリセットすることができますよ。

頭の中で悶々と悩みや問題を抱えていると、どんどんこんがらがって複雑化してくるものです。

嫌なことを考えないようにしても、つい考えてしまってイライラしたり。

気分が落ち込んだりするような時は、ゲームに集中して遊んでみることで新しい考えが見えてきたりします。

3、デリバリーサービスを利用する


会社をずる休みした日は、自分を思いっきり甘やかしてエネルギーを蓄えましょう!

なにか美味しいものを食べるのがオススメですが、外に出て食事をするのは面倒だし、人に会ってしまうのではないかと心配ですよね。

そんな時は、デリバリーサービスを利用しましょう。

家に居ながら出来たての食事を食べることができます。

忙しいと、ついつい食生活が疎かになって、栄養バランスが偏ったりしがち。

それに、時間をかけず適当に食事を済ませることも多くなりますので、しっかりと温かいご飯をゆっくり食べる機会も減ります。

デリバリーで、温かいご飯を頼んで、周りの目を気にせず、好きなだけ時間をかけて、好きなように食べる時間はとっても贅沢ですよ!

自分のためにお金を使い、自分だけのプライベートな時間を満喫することで、ストレス解消になります。

4、ドライブでリフレッシュ

車を持っている人や、免許を持っている人は、1人で気ままにドライブに行くのも良いですよ。

折角の休みだし、気分転換のためにも、外に出たいけどあまり人に会いたくないし、人混みも嫌だ。

…なんて時は自分だけの空間で自由に移動できる車がうってつけ。

好きな音楽を聴いたり、好きなフレグランスに包まれながら、景色のいい道を走るだけでも大いに癒されますよ。

緑が多い場所に行ってみたり、海沿いへ出向いてみたり。

普段疎遠になりがちな自然に触れてみると、開放的な気分になって、日頃のストレスも吹っ飛びます。

急に悩み事が小さなことに思えたり、悩んでいたことがバカバカしくなったり、狭くなっていた視野が拓けることもありますよ。

5、休日に行けないスポットに足を運ぶ

通常の休日だと、なかなか行くことのできない場所ってありますよね。

例えば、土日はいつも混んでいる話題のレストランだったり、平日しかやっていないビュッフェだったり。

逆に土日が仕事の人は、土日限定のイベントやライブなど。

環境によって、普段制限されていることに違いはありますが、「いつも出来ない事をする」というのは、物凄く楽しいことです。

自分にとってあまり日常的ではない珍しい体験をすることで、ワクワクする快感を得られます。

自分を縛っている制限事項から解き放たれると、自由になったような感覚になって身も心も清々しい気持ちになれるはず。

子供の頃は大人になるにつれて、自由度が増すような気がして、大人達の姿に憧れを抱いたものです。

実際大人の生活は代わり映えがなくて新鮮さに欠けることもしばしば。

マンネリ化した日常にエッセンスを加えるのがずる休み!

たった1日でも、普段の枠から外れた行動をしてみると言うのは、なんだかとってもフレッシュな感じがするものです。

6、ジムに行って汗を流す


モヤモヤした気持ちを抱えている人や、イライラが募っている人は、適度に体を動かすことが重要!ずる休みがしたくなるような時は、憤りや不満が溜まっていることが大半。

ストレスを発散させて、頭をスッキリさせたい時は、家に閉じこもっているより、散歩したり、スポーツをすることが推奨されているのです。

しかし、手近にスポーツをする仲間もいないし、場所もない、なんて時はジムが便利。

ジムやフィットネスは、意外と都会から田舎まで幅広く展開しているので見つけやすいですよ。

それに室内なら季節や天候に左右されず、好きなタイミングで使えるので、大人にとっては都合がいいんです。

ずる休みする日を、事前に企てている人は、ジムの体験コースなんかを予約しておくのもおすすめ!

7、映画鑑賞を行う

休日の過ごし方の鉄板とも言える映画鑑賞。

映画館で見るもよし、家でDVDや映像購入で見るもよし。

自分好みのシチュエーションで、自分の好きな系統の話をサクッと1~2時間で見られるのは楽しいですよね。

それに、続きもののドラマを見るよりも、映画なら数時間で物語が完結するので見やすいところがメリットです。

ストーリーのバリエーションも豊富で、好みのものを選びやすいです。

映画作品は一生をかけても見切れないほどあるので作品選びには困りません。

疲れ気味の時は、自分のテンションが上がるような話を選ぶようにしてください。

好きなものを見て、満足感を得ることで、気持ちが高揚するでしょう。

それに、映画は短時間で人を惹きつけて、感動させたり驚かせるような巧みな演出が施されているので、見ている間は画面に釘付けになり、他のことを忘れられますよ。

作品選びに困った時は、ネットでオススメの映画をチェックしてみてください。

好みのジャンルや鑑賞する時の気分やシチュエーションごとに人気作がピックアップされて紹介されているので、参考になりますよ。

8、リラクゼーション施設に足を運ぶ


日頃の疲れを癒したい時は、リラクゼーションに行くのが手っ取り早いでしょう。

リラクゼーション施設は、体を癒すための場所というイメージですが、体の疲れをほぐすことは結果的に心を和らげることにも繋がります。

それに、リラクゼーション施設には、人がリラックスできるための仕組みやシステムが豊富に取り込まれているので、心身ともにすっきり!

体が疲れていて、だるかったりしんどかったりすると、なんだかやる気が出なくて、気分が落ち込んできますよね。

体は何をするにしても資本になるものなので、きちんと大切にケアしてあげてください。

リラクゼーションを受けて、リフレッシュしたら、モチベーションも高まりますし、足取りも軽くなります。

ずる休みをした日は、自分のために動くことが大切なので、自分の体力と気力を回復させるべく、癒し効果を求めて出かけてみましょう。

温泉

温泉と言うと、どこか敷居が高いような気がしますが実の所そんなことはありません。

ちょっと高級な旅館なんかも、日帰り入浴で手頃に楽しむことができることが多いんです。

最近では昼間に入浴して、そのまま食事をしたり、個室のお部屋で少し寛いでから帰る日帰りコースも人気になっています。

もちろんおひとり様でも利用できますよ。

近くの温泉街にふらっと出かけて温泉で癒されて、美味しいものを食べて帰ってくる一人旅。

自分のペースで周りに気を遣わず満喫できるので気兼ねなく楽しめますね。

大人になったら一度はやってみたいプランです。

スパ

温泉よりもさらに身近で立ち寄りやすいリラクゼーションと言えばスパ。

サウナ、入浴、マッサージ、休憩室、食事など、さまざまなコンテンツがまとまっている便利なスポットです。

最近ではお洒落な施設が増えているので、旅行の時のホテルがわりに、はたまた女子会やちょっとした休憩がてら立ち寄る人も増えているみたいです。

24時間営業しているところも多いので、時間を気にせずダラダラと過ごすのもいいですね。

充実したサービスが揃っているにも関わらず、利用料金もそれほど高くないので、使い勝手の良い場所だと言えます。

マッサージ

肩が凝っている、腰が痛い、体が重くてダルイ…と思う人は、マッサージに行ってプロに状態を整えて貰うのが1番です。

体を知り尽くしたプロの技術で、気になる部分をマッサージしてもらうと、みるみるうちに調子が良くなるはず!

普段の生活で気をつけるべきポイントなど、アドバイスも受けられるので、今後のためにも役立ちますよ。

数10分から数時間まで、コースはさまざまですので、予算や予定の都合に合わせて好きなものを選ぶことができるのも嬉しいですね。

アニマルカフェ

動物好きの人は、動物達と触れ合えるアニマルカフェへ行って癒されるのもおすすめです。

かわいい動物達のあたたかさを感じて、のんびり過せば、疲れた心が洗われますよ。

今ではいろいろな動物と触れ合える施設が各地にあるので、ぜひ足を運んでみてください。

9、外食をする

ずる休みをしたからには、自分をとことん甘やかして、幸せを感じる1日にしたい!

…と考える人は、普段は行かないようなお店で外食をして、優雅な食事タイムを過ごしてみるのはいかがでしょうか。

最近では1人○○という言葉も流行っており、ちょっといいお店でも1人で食事をする人は珍しいものではなくなりました。

逆に「カッコイイ!」と思われることもあるので、堂々と行きましょう。

昼から飲める居酒屋で好きなものをたらふく食べながら飲み明かしたり、そうそう入らないような高級な所に行ってみたり、気になっていたお店に出向いてみたり。

楽しみ方は、それぞれのスタイルでOK。

楽しいな、美味しいな、と感じられる良い食事をしましょう。

それに、1人で家に篭っているより、程よい喧騒の中にいる方が落ち着くこともあります。

周りをゆっくり見渡して、人々の様子を見ていると色々な人の生活や生き方が見えてきます。

自分を見つめ直すいいキッカケが見つかるなど、気持ちを切り替える新しい発見に繋がることもあるはず。

10、1週間の料理を作り溜めする


料理や家事が好きな人は、休みを利用して家のことを片付けるのもいい気分転換になるでしょう。

例えば、今後一週間の料理を作りだめしてみたり。

普段あまり掃除しない隅々まで掃除してみたり。

寝具やクッションを洗濯してみたり。

忙しいときや余裕が無いときは、身の回りのことさえゆっくりできません。

大人として、自分のことは自分でやらなくてはいけませんよね。

ですがなかなか思った通りに行かず、時には理想に描いていた自分の姿と現実のギャップに失望したりすることもあるでしょう。

きちんとやらなくては、頑張らなくては、と自分を追い詰めてしまった人も少なくありません。

仕事に生活にとバタバタしている人は、まず私生活を犠牲にしてしまうのです。

当たり前のことができない生活に追いやられると体はもちろん、精神的にも参ってしまいます。

「家事もできない生活なんて…」「どうして私は、こんな簡単なこともできないの?」と、自分を責めてしまうような生活は自身を追い詰めるだけ。

そんな時は思い切って、ずる休みをしましょう。

そして、生活の資本である食事や睡眠といった生活環境をしっかり整えなおす時間を作ることで、心の中も整ってくるでしょう。

それに、ご飯を作りだめしておけば、次の日からの生活も余裕を持てますので、安定した日々を続ける猶予ができますよね。

周囲の環境が乱れている時は、心が乱れている証拠だという説がありますよね。

綺麗になった部屋やベッドで過ごせば、乱れていた心も穏やかになれますよ。

会社をずる休みする時に注意すること

ずる休みの日の過ごし方は、休みたくなった理由や、その時のコンデションによっておすすめの内容が異なります。

最も重視して考えるべき点は、しっかりと身も心も休まる環境を整えることです。

さて、それぞれずる休みをした時の過ごし方についておおよそのイメージはできたと思います。

実際休もうと思った時には気をつけなければならない点がいくつかあります。

ここで紹介しているのは、会社公認の休みの日の過ごし方ではなく、ずる休みをした時の過ごし方です。

理由はどうあれ、誰かに嘘をついて、ずるい休み方をするわけですから、休んでいる理由や休んだ日の過ごし方は知られてはいけないということ!

紹介してきたおすすめの過ごし方は、全て会社の人にバレないことが大前提です。

ずる休みをした事がバレてしまうと、社内の評価にも影響するので気をつけましょう。

SNSの更新はしない

Twitter、Instagram、Facebookなど、自分に関する情報を発信するようなSNSは、ずる休み中に更新してはいけません。

会社の人と繋がっていてもいなくても、ネット世界は何が起きるか分かりません。

少しでも情報を漏らしたら、今すぐでなくても、いつどんな拍子でバレる可能性があるということを考えておきましょう。

もし更新する場合は、絶対に特定の人にしか知られない鍵をかけた閉鎖したアカウントで行ってください。

そのアカウントの鍵は、今後も絶対に外さないことが条件です。

また、仮に一人ではなく誰かとために過ごした場合は、その人にも、自分が共にいた事を匂わすような更新をしないようにお願いしておきましょう。

特に本名で名前を出したり、一緒に写った写真を掲載することは止めるよう言っておいてくださいね!

ゲームのログインや履歴を削除する

ゲームをしたりネットを使う場合は、最後にログインした日時や履歴が残ってしまうようなツールを避けましょう。

休んでいるにも関わらず、ゲームをしているというのが知られたらバツが悪いですよね。

会社の人と同じゲームをしている人は特に注意が必要。

そのゲームの結果やスコアがLINEやSNSに載るように設定している場合は、通知をオフにすることもお忘れなく。

なるべく1人で行動する

ずる休みをした日は、なるべく1人で過ごすことがおすすめ。

いわゆる共犯者的な人を作らないためです。

なぜ仕事を休んだか、どこで何をしたか、知っている人がいると、どこから情報が漏れてしまうか分かりません。

それに、何度も言いますがずる休みは決して世間的に推奨されていることではありません。

たとえ友人や知人だとしても、よく思わない人がいることを覚えておきましょう。

自分に置き換えてみると分かりやすいですが、一生懸命仕事をしている時に、ほかの人がサボっていたりずるで休んでいると知ったら気分はよくありませんよね。

それに、それが自分と関係ない所で起きている事だとしても、「この人はずるで仕事を休むような人なのだ」と思われてしまうと、信頼関係に支障をきたす恐れがあります。

ずる休みは、基本的に1人で楽しむものだと心得ておきましょう。

仮にどうしても休みたいプライベートの予定がある場合や、人にバレる可能性の高い場所へ行く時は、ずる休みではなく有給休暇や特別休暇をうまく利用しましょう。

会社近くで過ごさない

会社を休んでいるのに、外で会社の人に会ってしまったら大変です。

家と会社か近い人は、外出時の行き先や出かける時間に十分注意しましょう。

出かける時は、会社から離れた所へ行くなどして、知り合いに遭遇しないようにしてください。

外出するなら日中がおすすめ

外出する際は、出かけるエリアだけでなく、出かける時間帯にも注意を払ってください。

出かける時間帯に最適なのは、朝でも夜でもなく、昼間です。

夜は会社の人に会う確率が高い

朝と夜は、会社の人が出勤退勤する時間帯なので、移動中に見つかってしまう可能性が高くなります。

それに比べて、昼間は社内で働いている時間帯なので、外で遭遇することは殆どありません。

営業職など、外勤がある職種の人は、活動エリアに十分気をつけてくださいね。

羽目を外しすぎて体調不良にならないように

ずる休みをして、出かけたり、好きなことをして過ごしたり。

息抜きをして、ストレスを発散するのは良いことですが、あまり羽目を外しすぎてはいけません。

休んだ日に、あまりにもはしゃぎすぎて、翌日本当に体調を崩したりしてしまったら元も子もありませんよね。

いくら休みとはいえ、自己管理をしっかりとしつつ楽しむことが大切です。

楽しいことは、楽しいまま終わらせるようにしましょう。

仕事をサボった翌日の過ごし方

仕事をずる休みした次の日は、なんとなく罪悪感があったりして、出勤する足取りが重くなってしまうこともあります。

しかし、ずる休みをして自分のためにたっぷり時間を費やしたのですがら、いつもより元気なパワーが溜まっているはず。

普段は仕事をしているはずの、何の変哲もない1日が、いつもよりちょっと幸せな1日に変わった。

その1日を過ごして、感じたことや、考えたことは無駄じゃありません。

誰に言われたでもなく、自分で自分のためにくだした判断ですから、休んだことを後悔する必要はないのです。

むしろ前向きにポジティブに考えることで、ずる休みがさらに有意義なものになるでしょう。

堂々と出勤する


ずる休みをした翌日は、堂々と出勤しましょう。

もし、後ろめたさを感じることがあっても、それを表に出す必要はありません。

本当に致し方ない事情があって休んだ次の日と、何ら変わらないテンションで出勤してください。

周りの人も、わざわざことの真意を掘り下げるように突っ込んできはしないでしょう。

後ろめたさや後悔を感じて、自信なさげに過ごしていたら不自然ですし、折角幸せだったずる休みの1日が無意味になってしまいます。

休んだ日を無駄にしないよう、次の日からは、気持ちを切り替えて前向きに進んでいくことが大切ですよ。

休んだ日の話しはしない

ずる休みは公休と違うので、休んだ日の話を同僚や上司にするのはNGです。

ずる休みの日ことを話している最中に、うっかり口が滑ってポロリと言ってはいけない内容が出てしまうかもしれません。

話しているうちに、ずる休みだとバレる可能性が高まってしまうので、休んでいた間の話はしないようにしましょう。

もし何かを聞かれたら、これだけ答える!

…というテンプレを考えておいて、誰と話す時もその答えを出すようにしてください。

仕事はいつもの何倍もの速さで行う

ずる休みした次の日は、休みモードを引きずらないことが重要。

休んでいた間と仕事に行った時のメリハリを付けて、業務に打ち込むことで、オンオフの切り替えが上手になります。

休みモードを引きずって、ぼんやり仕事をしていると、仕事と私生活の境目が曖昧に。

逆に折角の休みにも、仕事モードが抜けず本気で余暇を楽しめなくなってしまうことがあります。

大変な仕事や忙しいスケジュールとうまく向き合って、コントロールするには、オンオフのメリハリをしっかり付ける癖を付けておかなくてはいけないんです。

ですので、ずる休みの次の日は、あえていつもより倍速くらいの感覚で仕事に励んでみてください。

すると、休みモードから仕事モードへの切り替えが上手くいき、仕事が終わった時の達成感や満足感を得られますよ。

そして、休んでいた間の仕事の遅れをズバッと片付けて、その更に翌日へと残さないこともポイント。

休んだことのツケが後々に付いて回るのは、非常にナンセンスです。

「昨日ずる休みをしたから、元気が有り余ってる!」「サクッと終わらせて早く帰るぞ!」と、やる気を出して仕事に臨みましょう。

「ずる休みしたせいで、仕事が溜まって地獄だ…」「仕事しても休んでもいい事がない…」なんて結果になってしまうことだけは、避けたいですね。

まとめ

さて、ずる休みの過ごし方とアフターケアについて紹介しましたが、いかがでしょうか。

ずる休みは「悪いもの」というイメージが強いですが、時には必要なものです。

「悪いもの」にするか「良いもの」にするかは、その人の心意気次第。

ずる休みをすることで、気分をリフレッシュさせたり、モチベーションを高めることで、パフォーマンス力が上がるなら、それはそれで万々歳ですよね!

罪悪感がある…という人は、こう考えるのはどうでしょう。

無理をして鬱々と仕事し続けるより、たった少しの罪悪感で、フリーな1日が手に入るんです。

限界を超えた状態で、辛い1日を過ごすよりも、ちょっとの後ろめたさを感じながら、好きなことをしてエネルギーチャージした方がよっぽど生産的で幸せなことです。

ずる休みをする時は、休む日のプランだけでなく、その翌日からの過ごし方をイメージしておくことが重要。

それも、飛びっきり前向きでポジティブな想像なのがいいですね。

休んだあとは、軽くなった心と体でリスタートするような気持ちになるようにシュミレーションしておきましょう!

ずる休みは、自分のために、自分で作った特別な休みです。

自分が喜ぶことを沢山して、次の日の自分がより頑張れるような素敵な1日を過ごしてみてくださいね。